メインメニューを開く

エリオ・カストロネベス

この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はアルベス・デ・カストロ第二姓(父方の)はネベスです。

エリオ・カストロネベスHélio Castroneves 本名:Hélio Alves de Castro Neves1975年5月10日 - )は、ブラジル出身のレーシングドライバー

エリオ・カストロネベス
Hélio Castroneves
Hélio Castroneves - Press conference - Carb Day 2015 - Stierch.jpg
2015年 インディ500ピットストップチャレンジにて
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1975-05-10) 1975年5月10日(44歳)
出身地 サンパウロ州サンパウロ
インディカー・シリーズでの経歴
デビュー 2001
所属 ペンスキー・レーシング
車番 3
出走回数 139
優勝回数 19
ポールポジション 32
シリーズ最高順位 2位 (2003 & 2008)
過去参加シリーズ
1996-1997
1998-2001
インディ・ライツ
CART
受賞
2001


2002
2009
インディ500 優勝
インディ500 ルーキーオブザイヤー
インディ500 優勝
インディ500 優勝

モーターレーシング・チーム「ペンスキー」に在籍し、米国のインディカー・シリーズに長きに渡って参戦。特に、最高峰である「インディ500」において3度の優勝実績を持つ。

経歴編集

ブラジル南部の大都市、サンパウロで生まれる。1998年よりアメリカのトップカテゴリーであるCARTベッテンハウゼン・モータースポーツからデビュー。翌1999年にはホーガン・レーシングに移籍するが、このチームはボディーに大きくチーム名がプリントされるだけの資金難のチームで、チームの戦闘力が劣ることもあり時折光る走りを見せるも中段の成績しか残せなかった。しまいにはシーズン終盤にチームがこのシーズン限りでの撤退を発表、最終戦もメルセデスイルモア)エンジンが派手なエンジンブローを起こしリタイヤ、カストロネベスはこれでシートを失うことになると思われていた。

しかし、そのレースで翌年ペンスキーへの移籍が決まっていたグレッグ・ムーアが指の骨折をおしてレースに出走し結果事故死、カストロネベスはムーアの代わりとして翌年からペンスキーに移籍することとなる。

トップチームのチーム・ペンスキーに所属してからは速さを見せ、CART、2002年より移籍したインディカー・シリーズでもトップドライバーとして活躍し続けている。2001年と2002年の2年連続でインディ500に優勝し、2009年には3度目の優勝を果たした。また2002年の参戦以来2011年を除く全ての年で1勝以上しており、安定した成績を残しているが、未だにシーズンタイトルとは縁がない。

人物編集

スパイダーマン編集

2000年のCARTチャンピオンシップシリーズ第7戦デトロイトで初優勝を飾った際に、コースと観客席を隔てる金網によじ登るパフォーマンスを見せたところ、これが観客や関係者に大うけしたことから、それ以後レースで優勝すると必ず「金網登り」を見せるのが恒例となっている(最近ではチームスタッフも一緒になって金網に登っている)。そのため「スパイダーマン」の異名を持ち、観客からは彼が優勝すると「Come On!」と書いたプラカードを掲げて、金網登りを扇動する光景が見られる。

脱税容疑事件編集

2008年10月2日、米検察当局は国内で555万ドルの所得を隠した脱税容疑でカストロネベスを起訴した。ALMS最終戦にポルシェ・RSスパイダーで参戦予定だったカストロネベスはマイアミの連邦裁判所に出廷し自らの無罪を主張したが、有罪の場合は最大で懲役35年の可能性があった。カストロネベスは1000万ドルの保釈金を支払ったが、アメリカ国外への渡航が認められなくなるためオーストラリアサーファーズ・パラダイスで行われるIRLオールスター戦への出場が困難となった。その後逃亡の可能性は低いと判断されたため出場は認められた。裁判の結果次第では2009年のインディカー参戦も危ぶまれたが、第2戦のロングビーチ市街地コースの初日のプラクティス開始の数時間前に無罪判決が出たため、このレースからインディカーに復帰した。

レース戦績編集

イギリス・フォーミュラ3選手権編集

チーム エンジン クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 順位 ポイント
1995年 ポール・スチュアート・レーシング 無限 A SIL1
Ret
SIL2
DNS
THR1
2
THR2
6
DON
1
SIL
4
SIL
6
DON1
4
DON2
4
OUL
4
BRH1
2
BRH2
4
SNE1
2
PEM1
2
PEM2
6
SIL1
2
SIL2
Ret
THR
6
3位 169

アメリカン・オープンホイール編集

インディ・ライツ編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 順位 ポイント
1996年 タスマン・モータースポーツ MIA
DNS
LBH
4
NAZ
17
MIS
5
MIL
11
DET
17
POR
8
CLE
3
TOR
23
TRO
1
VAN
10
LGA
2
7位 84
1997年 MIA
14
LBH
1
NZR
4
SAV
1
STL
3
MIL
12
DET
2
POR
2
TOR
1
TRO
20
VAN
19
LGA
3
FON
5
2位 152

CART編集

チーム シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 順位 ポイント
1998年 ベッテンハウゼン・レーシング レイナード・98i メルセデス MIA
Ret
MOT
11
LBH
9
NZR
Ret
RIO
Ret
STL
7
MIL
2
DET
12
POR
13
CLE
Ret
TOR
10
MIS
12
MDO
Ret
ROA
Ret
VAN
Ret
LS
Ret
HOU
Ret
SRF
Ret
FON
10
17位 36
1999年 ホーガン・レーシング ローラ・B99/00 MIA
Ret
MOT
9
LBH
19
NZR
Ret
RIO
Ret
STL
2
MIL
Ret
POR
Ret
CLE
Ret
ROA
Ret
TOR
Ret
MIS
Ret
DET
7
MDO
7
CHI
5
VAN
8
LS
Ret
HOU
Ret
SRF
Ret
FON
Ret
15位 48
2000年 チーム・ペンスキー レイナード・2Ki ホンダ MIA
Ret
LBH
2
RIO
Ret
MOT
13
NZR
Ret
MIL
16
DET
1
POR
7
CLE
Ret
TOR
Ret
MIS
5
CHI
Ret
MDO
1
ROA
9
VAN
Ret
LS
1
STL
9
HOU
5
SRF
6
FON
Ret
7位 129
2001年 レイナード・01i MTY
8
LBH
1
TXS
C
NZR
11
MOT
2
MIL
Ret
DET
1
POR
17
CLE
12
TOR
Ret
MIS
8
CHI
7
MDO
1
ROA
7
VAN
18
LAU
12
ROC
4
HOU
5
LS
6
SRF
20
FON
Ret
4位 141

インディカー・シリーズ編集

チーム シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 順位 ポイント
2001年 チーム・ペンスキー ダラーラ オールズモビル・オーロラ PHX
18
HMS ATL INDY
1
TXS PPIR RIR KAN NSH KTY GAT CHI TXS 24位 64
2002年 シボレー HMS
3
PHX
1
FON
5
NAZ
5
INDY
1
TXS
4
PPIR
2
RIR
17
KAN
3
NSH
9
MCH
6
KTY
5
GAT
2
CHI
4
TXS
2
2位 511
2003年 トヨタ HMS
3
PHX
2
MOT
22
INDY
2
TXS
7
PPIR
12
RIR
2
KAN
2
NSH
3
MCH
17
GAT
1
KTY
5
NAZ
1
CHI
20
FON
6
TXS
13
3位 484
2004年 HMS
2
PHX
6
MOT
3
INDY
9
TXS
12
RIR
3
KAN
7
NSH
3
MIL
12
MCH
10
KTY
12
PPIR
6
NAZ
5
CHI
10
FON
7
TXS
1
4位 446
2005年 HMS
5
PHX
2
STP
20
MOT
11
INDY
9
TXS
5
RIR
1
KAN
8
NSH
5
MIL
16
MCH
21
KTY
5
PPIR
4
SNM
21
CHI
2
WGL
12
FON
9
6位 440
2006年 ホンダ HMS
2
STP
1
MOT
1
INDY
25
WGL
7
TXS
1
RIR
10
KAN
6
NSH
5
MIL
14
MCH
1
KTY
3
SNM
5
CHI
4
3位 473
2007年 HMS
9
STP
1
MOT
7
KAN
3
INDY
3
MIL
16
TXS
16
IOW
8
RIR
11
WGL
18
NSH
6
MDO
3
MCH
17
KTY
9
SNM
2
DET
14
CHI
4
6位 446
2008年 HMS
4
STP
2
MOT1
2
LBH1
KAN
4
INDY
4
MIL
5
TXS
2
IOW
14
RIR
2
WGL
16
NSH
3
MDO
2
EDM
2
KTY
2
SNM
1
DET
2
CHI
1
SRF2
7
2位 629
2009年 STP
LBH
7
KAN
2
INDY
1
MIL
11
TXS
1
IOW
7
RIR
17
WGL
4
TOR
18
EDM
2
KTY
4
MDO
12
SNM
18
CHI
20
MOT
10
HMS
5
4位 433
2010年 SAO
9
STP
4
ALA
1
LBH
7
KAN
4
INDY
9
TXS
20
IOW
2
WGL
9
TOR
24
EDM
10
MDO
3
SNM
5
CHI
6
KTY
1
MOT
1
HMS
5
4位 531
2011年 STP
20
ALA
7
LBH
12
SAO
21
INDY
17
TXS
10
TXS
4
MIL
9
IOW
7
TOR
17
EDM
2
MDO
19
NHM
17
SNM
2
BAL
17
MOT
22
KTY
29
LVS3
C
11位 312
2012年 ダラーラ・DW12 シボレー STP
1
ALA
3
LBH
13
SAO
4
INDY
10
DET
17
TXS
7
MIL
6
IOW
6
TOR
6
EDM
1
MDO
16
SNM
6
BAL
10
FON
5
4位 431
2013年 STP
2
ALA
3
LBH
10
SAO
13
INDY
6
DET1
5
DET2
8
TXS
1
MIL
2
IOW
8
POC
8
TOR
6
TOR
2
MDO
6
SNM
7
BAL
9
HOU1
18
HOU2
23
FON
6
2位 550
2014年 STP
3
LBH
11
ALA
19
IMS
3
INDY
2
DET1
5
DET2
1
TXS
8
HOU1
9
HOU2
21
POC
2
IOW
8
TOR1
2
TOR2
12
MDO
19
MIL
11
SNM
18
FON
14
2位 609
2015年 STP
4
NLA
2
LBH
2
ALA
15
IMS
6
INDY
7
DET1
6
DET2
19
TXS
3
TOR
3
FON
23
MIL
2
IOW
11
MDO
15
POC
16
SNM
15
5位 453
2016年 STP
4
PHX
11
LBH
3
ALA
7
IMS
2
INDY
11
DET1
5
DET2
14
RDA
5
IOW
13
TOR
2
MDO
15
POC
19
TXS
5
WGL
3
SNM
7
3位 504
2017年 STP
6
LBH
9
ALA
4
PHX
4
IMS
5
INDY
2
DET1
7
DET2
9
TXS
20
ROA
3
IOW
1
TOR
8
MDO
7
POC
7
GTW
4
WGL
4
SNM
5
4位 598
2018年 STP PHX LBH ALA IMS
6
INDY
27
DET1 DET2 TXS ROA IOW TOR MDO POC GTW POR SNM 32位 40
2019年 STP COA ALA LBH IMS
21
INDY
18
DET1 DET2 TXS ROA TOR IOW MDO POC GTW POR LAG 27位* 33*
  • 太字ポールポジション斜字ファステストラップ。(key)
  • * : 今シーズンの順位。(現時点)
  • 1 同日に開催された
  • 2 ノンタイトル戦
  • 3 決勝レース中に多重クラッシュが発生し、この影響でダン・ウェルドンが死亡する事態となる。そのためレースはクラッシュが発生した11周目を以て中止となった。
年数 チーム数 レース数 PP数 勝利数 表彰台
(勝利以外)**
トップ10
(表彰台以外)***
インディ500勝利数 チャンピオン獲得数
15 1 232 38 23 53 167 3 (2001, 2002, 2009) 0
** 表彰台(勝利以外):2位または3位
*** トップ10
(表彰台以外):4位から10位まで
インディ500編集
 
2007年のインディ500、プラクティス
シャシー エンジン スタート フィニッシュ チーム
2001年 ダラーラ オールズモビル 11 1 チーム・ペンスキー
2002年 ダラーラ シボレー 13 1 チーム・ペンスキー
2003年 ダラーラ トヨタ 1 2 チーム・ペンスキー
2004年 ダラーラ トヨタ 8 9 チーム・ペンスキー
2005年 ダラーラ トヨタ 5 9 チーム・ペンスキー
2006年 ダラーラ ホンダ 2 25 チーム・ペンスキー
2007年 ダラーラ ホンダ 1 3 チーム・ペンスキー
2008年 ダラーラ ホンダ 4 4 チーム・ペンスキー
2009年 ダラーラ ホンダ 1 1 チーム・ペンスキー
2010年 ダラーラ ホンダ 1 9 チーム・ペンスキー
2011年 ダラーラ ホンダ 16 17 チーム・ペンスキー
2012年 ダラーラ シボレー 6 10 チーム・ペンスキー
2013年 ダラーラ シボレー 8 6 チーム・ペンスキー
2014年 ダラーラ シボレー 4 2 チーム・ペンスキー
2015年 ダラーラ シボレー 5 7 チーム・ペンスキー
2016年 ダラーラ シボレー 9 11 チーム・ペンスキー
2017年 ダラーラ シボレー 19 2 チーム・ペンスキー
2018年 ダラーラ シボレー 8 27 チーム・ペンスキー
2019年 ダラーラ シボレー 12 18 チーム・ペンスキー
  • 2001年から2003年までのカストロネベスの決勝平均順位は1.33であり、3年単位のアベレージフィニッシュとしては歴代最高タイの記録(1970年から72年のアル・アンサーと同率)である。
  • 2017年までにインディ500で3勝を記録しているが、2位も3回記録しており、こちらは歴代最多タイ記録である。

スポーツカー編集

アメリカン・ル・マン・シリーズ編集

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 順位 ポイント
2007年 ペンスキー・レーシング ポルシェ・RSスパイダー Evo LMP2 SEB
3
STP LBH HOU UTA LIM MDO ROA MOS DET PET LGA 23位 19
2008年 ペンスキー・モータースポーツ・インク LMP2 SEB STP LBH UTA LIM MDO ROA MOS DET PET
1
LGA
4
19位 45

ウェザーテック・スポーツカー選手権編集

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 順位 ポイント
2017年 チーム・ペンスキー オレカ・07 P DAY
SEB
LBH
CTA
DET
WGL
MOS
ELK
LGA
PET
3
30位 30
2018年 アキュラ・チーム・ペンスキー HPD・ARX-05 P DAY
9
SEB
15
LBH
6
MDO
1
DET
2
WGL
12
MOS
5
ELK
10
LGA
10
PET
5
7位 243
2019年 DPi DAY
3
SEB
4
LBH
2
MDO
5
DET
3
WGL
5
MOS
5
ELK
7
LGA
2
PET
3
3位 284

参照編集

外部リンク編集