ケレチ・イヘアナチョ

ケレチ・プロミス・イヘアナチョ(Kelechi Promise Iheanacho, 1996年10月3日 - )は、ナイジェリアイモ州出身のプロサッカー選手プレミアリーグマンチェスター・シティFC所属。ポジションはフォワード

ケレチ・イヘアナチョ Football pictogram.svg
Kelechi Iheanacho 24-02-15 02.jpg
マンチェスター・シティでのイヘアナチョ(2015年)
名前
本名 ケレチ・プロミス・イヘアナチョ
Kelechi Promise Iheanacho
ラテン文字 Kelechi Iheanacho
基本情報
国籍 ナイジェリアの旗 ナイジェリア
生年月日 (1996-10-03) 1996年10月3日(20歳)
出身地 イモ州
身長 185cm
体重 77kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 マンチェスター・シティ
ポジション FW(CF)
背番号 72
利き足 左足
ユース
ナイジェリアの旗 タイェ・アカデミィー
2014-2015 イングランドの旗 マンチェスター・シティ(英語版
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2015- イングランドの旗 マンチェスター・シティ 46 (12)
代表歴2
2013  ナイジェリア U-17 8 (6)
2015  ナイジェリア U-20 2 (0)
2015- ナイジェリアの旗 ナイジェリア 9 (6)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年5月21日現在。
2. 2017年6月1日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

目次

クラブ経歴編集

初期経歴編集

ナイジェリアイモ州オウェリのタイェ・アカデミィーに所属していた。2013 FIFA U-17ワールドカップでの活躍により、ヨーロッパのクラブから関心を集めた。本人はFCポルトへの加入を望んでいたが、父親や代理人の助言により、マンチェスター・シティFCへの加入を決めた[1]

マンチェスター・シティ編集

2014年にマンチェスター・シティFCへ加入すると、開幕前に行われたプレシーズンマッチ「インターナショナル・チャンピオンズカップ」では、ACミランを相手に得点を挙げるなど、実力を証明した。ツアー後、10月の中旬まで、コロンバス・クルーでトレーニングをすることになった[2]マンチェスター・シティFCを率いるマヌエル・ペレグリーニ監督もイヘアナチョを高く評価しているが、労働許可の問題や負傷などによりデビューが遅れていた[3]

2015-16編集

リーグ戦、第4節のワトフォードFC戦にて、89分に交代で投入されプレミアリーグデビュー[4]。第5節のクリスタル・パレスFC戦では、89分に交代で投入されると、相手GKに止められたシュートのこぼれ球を押し込み、出場から54秒後に公式戦初ゴールをあげる。イヘアナチョの得点が決勝点となり、チームは1-0で勝利した[5]。 

FAカップ4回戦のアストン・ヴィラ戦では、先発で出場すると、PKでの得点を含めたハットトリックを達成。チームの4-0での勝利に貢献した[6]。 

その後、怪我で離脱していたサミル・ナスリに代わり、チャンピオンズリーグのメンバーに登録された[7]。2016年2月24日チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦FCディナモ・キエフ戦では、後半アディショナルタイムに交代で投入され、チャンピオンズリーグデビューを果たす[8]。 

第35節のストーク・シティ戦では、2得点をあげ[9]、さらに、36節のサウサンプトン戦でも2得点を記録し[10]、2試合連続で2得点をあげる活躍を見せた。また、チャンピオンズリーグ準決勝レアル・マドリードとの試合では、途中交代での出場ながら、1st-leg、2nd-legと2戦連続で出場し、デビューシーズンながら大舞台での経験を得た[11][12]

リーグ戦では途中交代での出場が多かったが8得点をあげ、出場時間当たりの得点数では、2位につけていた、チームメイトのセルヒオ・アグエロを上回る93.88分に1得点と、リーグ全体でトップの得点率を記録した[13]

2016-17編集

リオデジャネイロオリンピックの招集メンバーに含まれていたが、クラブ側が招集を拒否し、本大会への出場は叶わなかった[14]。2016年8月18日、クラブとの契約を、2021年まで延長したことが発表された[15]

2016年9月10日、アグエロの出場停止を受けて、リーグ戦、第4節のマンチェスター・ダービーでは、スタメンで起用された。ケヴィン・デ・ブライネの先制点をアシストし、さらには、ポストに当たり、跳ね返ったデ・ブライネのシュートを冷静に押し込み、シーズン初得点を記録した。試合は1-2で、マンチェスター・シティの勝利で幕を閉じた[16]。なお、19歳342日での、マンチェスター・ダービーの得点は、マンチェスター・シティでの最年少記録となった[17]

2016年9月14日、チャンピオンズリーグボルシア・メンヒェングラートバッハとの試合では、83分に交代で投入されると、後半のアディショナルタイムに、ペナルティーエリア内で、レロイ・サネから受けたパスを得意の左足でシュートし、ダメ押しとなる4点目を決め、チャンピオンズリーグでの初得点を記録し、チームは、4-0と大勝した[18]。3日後に行われた、4-0で勝利したプレミアリーグ第5節、AFCボーンマス戦でもゴールを決めた[19]。これにより、プレミアリーグでの通算得点を10に伸ばし、アフリカ人として、またマンチェスター・シティの選手として、初めて20歳未満でのプレミアリーグ通算2桁得点を記録した[20]

冬にガブリエル・ジェズスが加入すると、フォワードとしての序列が下がり出場機会が減少した。ジェズスが怪我で長期離脱をしていた期間も、ジョゼップ・グアルディオラからの信頼を得ることはできず、ベンチ外の日々が続いた[21][22]

代表経歴編集

2013年にアラブ首長国連邦で行われたU-17ワールドカップでナイジェリアを優勝に導き、自身も最優秀選手賞に選ばれたという実績を持つ[23]。2015年11月13日のワールドカップアフリカ予選スワジランド戦にて、66分に交代で投入され、フル代表デビューを果たした[24]。2016年5月27日のマリ戦にて、フル代表での初ゴールを記録した[25]

ユース世代編集

2013 FIFA U-17ワールドカップへの出場をかけた、2013 アフリカ U-17チャンピオンシップに臨む代表メンバーに選出されると、決勝戦でコートジボワールにPK戦の末に敗北したものの、準優勝の成績を納め、U-17ワールドカップへの出場資格を得た[26]U-17ワールドカップにおいてナイジェリア代表は、総得点26得点という攻撃力を武器に優勝を勝ち取った。イヘアナチョはこの大会において、6得点7アシストと、チームの総得点の半分を演出し、攻撃の要としてチームを牽引した[27]。その活躍からU-17ワールドカップでのゴールデンボール(大会MVP)、シルバーブーツ(得点ランキング2位)を同時受賞した[28]

2015 FIFA U-20ワールドカップにも出場したが、出場は2試合にとどまりチームはベスト16で敗北した[29]

個人成績編集

クラブでの成績編集

2017年5月21日現在  出典:soccerway.com

クラブ シーズン リーグ戦 カップ戦 リーグ杯 UCL[* 1] その他 合計
リーグ 試合 得点 試合 得点 試合 得点 試合 得点 試合 得点 試合 得点
マンチェスター・シティ 2015-16 プレミアリーグ 26 8 3 4 2 2 4 0 0 0 35 14
2016-17 20 4 3 1 2 0 4 2 0 0 29 7
合計 46 12 6 5 4 2 8 2 0 0 64 21
  1. ^ 予選、プレーオフも含む。

代表編集

2017年6月1日現在  出典:national-football-teams.com

代表国 出場 得点
  ナイジェリア 2015 1 0
2016 6 4
2017 2 2
通算 9 6

代表での得点編集

  1. ^ 勝(○)、分(▲)、敗(●)

タイトル編集

クラブ編集

マンチェスター・シティFC

代表編集

ナイジェリアU17

個人編集

  • FIFA U-17ワールドカップ 2013 ゴールデンボール[23]
  • FIFA U-17ワールドカップ 2013 シルバーブーツ[31]
  • CAF モスト・プロミシング・タレント・オブ・ザ・イアー: 2013[32] 2016[33]
  • CAF ベストイレブン(サブメンバー): 2016[33]

出典編集

  1. ^ ポルト加入の可能性もあったイヘアナチョ 「シティで未来があるとは思わなかった」:Goal.com 2015年10月30日
  2. ^ Young Manchester City Striker Kelechi Iheanacho Training With Crew:The Columbus Dispatch 2014年9月3日
  3. ^ サッカーキング:U-17W杯MVP、マンC期待の18歳FWイヘアナチョが最終節でデビューかサッカーキング
  4. ^ Man City 2–0 Watford:BBC Sport 2015年8月29日
  5. ^ Crystal Palace 0–1 Man City:BBC Sport 2015年9月12日
  6. ^   シティが4得点快勝、イヘアナチョのハットトリックにペジェグリーニもご満悦:Goal.com 2016年1月31日
  7. ^ シティ、CL登録リストにイヘアナチョ 負傷中のナスリが外れる 成長著しいイヘアナチョがCLリスト入り:Goal.com 2016年2月5日
  8. ^ Iheanacho makes Champions League debut in Manchester City win:Goal.com 2016年2月24日
  9. ^ Manchester City 4-0 Stoke City:BBC Sport 2016年4月23日
  10. ^ Southampton 4-2 Manchester City:BBC Sport 2016年5月1日
  11. ^ シティー、マドリーとスコアレスで分ける:UAFA公式サイト 2016年4月26日
  12. ^ マドリー、シティーを退け決勝進出:UAFA公式サイト 2016年5月4日
  13. ^ Nigeria Wonderkid Iheanacho Named Deadliest Striker In The Premier League:All NIGERIAN soocer 2016年5月19日
  14. ^ Kelechi Iheanacho: Man City to block Nigeria striker from playing at Olympics:BBC 2016年7月4日
  15. ^ Kelechi Iheanacho signs new City deal:マンチェスターシティ公式サイト 2016年8月18日
  16. ^ Manchester United 1-2 Manchester City:BBC 2016年9月10日
  17. ^ Manchester City Confirm Iheanacho Is Their Youngest Player To Score In EPL:All NIGERIAN soocer 2016年9月11日
  18. ^ Manchester City 4-0 B M'gladbach:BBC 2016年9月14日
  19. ^ Manchester City 4-0 Bournemouth:BBC 2016年9月17日
  20. ^ Iheanacho joins select teenage club:プレミアリーグ公式サイト 2016年9月22日
  21. ^ Iheanacho ready to fight for place at Manchester City:BBC 2017年4月22日
  22. ^ Kelechi Iheanacho at a career crossroads at Manchester City:espnfc.com 2017年2月15日
  23. ^ a b c Kelechi IHEANACHO:FIFA.com
  24. ^ Swaziland 0-0 Nigeria:FIFA.com
  25. ^ Nigeria 1-0 Mali: Iheanacho ends Super Eagles' wretched run:Goal.com 2016年5月27日
  26. ^ 2013 African U-17 Championship:BBC
  27. ^ 将来のバロンドール候補か。U-17W杯で輝きを放ったタレントたち:フットボールチャンネル 2013年11月10日
  28. ^ FIFA 2013 U-17 World Cup Technical Study Group reports:FIFA.com
  29. ^ FIFA 2015 U-20 World Cup Technical Study Group reports:FIFA.com
  30. ^ Corsica 1-1 Nigeria: Iheanacho strike saves Super Eagles from defeat:Goal.com 2017年5月26日
  31. ^ Accolades for Iheanacho and Nigeria:FIFA.com 2013年11月8日
  32. ^ Iheanacho adjudged Most Promising Talent:アフリカサッカー連盟公式サイト 2014年1月9日
  33. ^ a b RIYAD MAHREZ CROWNED AFRICA'S BEST PLAYER:africanfootball.com 2017年1月6日

外部リンク編集