堂本兄弟

新堂本兄弟から転送)
堂本兄弟→新堂本兄弟
Wangan Studio.jpg
ジャンル 音楽番組 / バラエティ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
監督 吉田建(音楽監督)
加藤いづみ(コーラスアレンジ)[注釈 1]
演出 浜崎綾[注釈 2]
プロデューサー 宇賀神裕子
三浦淳[注釈 3]CP
出演者 KinKi Kids
堂本剛堂本光一
高見沢俊彦THE ALFEE
槇原敬之
西川貴教
高橋みなみAKB48
DAIGO
ほか
ナレーター 小林俊夫柳沢真由美
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
オープニング 堂本ブラザーズバンド「堂本兄弟のテーマ」(作詞・作曲:吉田建[注釈 4]
外部リンク フジテレビ
堂本兄弟
放送時間 日曜日 22:00 - 22:30(30分)
放送期間 2001年4月8日 - 2004年9月26日(168回)
新堂本兄弟
放送時間 日曜日 23:15 - 23:45(30分)
放送期間 2004年10月17日 - 2014年9月28日(454回)
堂本兄弟2015 新春かえってきましたSP
放送時間 日曜日 23:30 - 翌0:30(60分)
放送期間 2015年1月4日(1回)
堂本兄弟2016あけましておめでとうSP
放送時間 日曜日 23:30 - 翌0:30(60分)
放送期間 2016年1月3日(1回)
堂本兄弟もうすぐクリスマスSP
放送時間 金曜日 23:00 - 23:58(58分)
放送期間 2016年12月16日(1回)
テンプレートを表示

堂本兄弟』(どうもときょうだい)は、フジテレビ系列で放送されていた音楽バラエティ番組。『LOVE LOVE あいしてる』の後継番組として2001年4月8日より放送開始、毎週日曜日に放送。2004年10月17日より『新堂本兄弟』(しんどうもときょうだい)としてリニューアル、2014年9月28日まで放送された。

ステレオ放送ハイビジョン制作および字幕放送2009年6月13日放送分より、地上アナログ放送ではレターボックスでの放送)。

目次

概要編集

2000年12月に結成され、2001年1月3日放送の『21世紀だよ!!絢爛豪華新春ウルトラLOVELOVEあいしてる!!』の番組宣伝のために全国を縦断した[注釈 5]堂本兄弟」というキャラクターを母体にして、2001年4月8日から放送開始[2]。当初の放送時間は22:00 - 22:30(JST)で、日曜22時台前半がフジテレビ単独制作となるのは『クイズ!早くイッてよ』以来であった。

主に、毎週ゲスト1組を招いてトークとセッションなどを展開する。番組開始当初はメンバーをそれぞれあだ名(ニックネーム)で呼び合い“名の知れたミュージシャンが夜な夜な集まる隠れたライブハウス”という設定だった。

2004年10月17日、番組名を『新堂本兄弟』に改めリニューアル、放送時間も23:15 - 23:45(JST)に変更。

2011年5月8日、番組10周年を記念して、タイトルロゴ・スタジオセットをリニューアルした[3]。これに伴い、光一と剛の座る位置が逆になった(光一が左側、剛が右側)。

2013年春以降は、ゲスト2組を招いてトークやセッションを行う形に変更となった。

レギュラー放送最高平均視聴率2006年2月26日放送(ゲストはオリエンタルラジオ)の16.8%[注釈 6]

2014年7月20日放送の#612 「堂本兄弟メモリアルセレクション」では、番組初の試みとして、KinKi Kids高見沢俊彦、当時のCPきくち伸[注釈 7]4名が副音声で解説を行った。[5]

2014年9月28日放送のラストライブ[6]をもってレギュラー放送は終了[7]。後継番組はタモリ冠番組ヨルタモリ』がスタート[8]し、KinKi Kidsのレギュラー番組は『KinKi Kidsのブンブブーン』に引き継がれた[7]

2015年1月4日 23:30 - 翌0:30(JST)には『堂本兄弟2015 新春かえってきましたSP』として約3か月ぶりに復活した[9][10]

2016年1月3日 23:30 - 翌0:30(JST)には『堂本兄弟2016あけましておめでとうSP』として1年ぶりに正月特番が放送され[11][12]、同年12月16日 23:00 - 23:58(JST)には『堂本兄弟もうすぐクリスマスSP』も放送された[13]

出演者編集

堂本兄弟編集

初期設定
堂本進(兄) - 堂本剛
1978年4月11日生まれ、秋田県出身。好きなアーティストはボブ・ディラン、好物はタン塩。
堂本歩(弟) - 堂本光一
1979年1月2日生まれ、岩手県出身。好きなアーティストはジェームス・ブラウン、好物は生姜焼き定食。
2人とも父親は同じだが異母兄弟。東京のアニメ専門学校で出会い、「堂本兄弟」としてバンドデビューを目指す。2人の父の名前は「堂本拓郎」。母の名前はそれぞれ「堂本美代子」、「堂本愛子」とされている。家族の名前は、父については『LOVE LOVEあいしてる』で共演していた吉田拓郎[注釈 8]、母については浅田美代子森下愛子(それぞれ、吉田拓郎の前妻と現在の妻)に由来する。

番組開始当初はそれぞれ「進」、「歩」などの名前で呼び合うなど「堂本兄弟」としての設定が重視されていたが、徐々に役柄を演ずるコンセプトは無くなる。公式ホームページからもそのような表記が削除され、結局はタイトルだけにその名残が残った。

堂本ブラザーズバンド編集

番組内で演奏を担当するバックバンド。別表記:DOMOTO MUSIC BROS. BAND。略称:DMBB[15]。旧バンド名:堂本兄弟とゆかいな仲間たち。一部のメンバーはトークにも参加する。初期は前身の番組である『LOVE LOVE あいしてる』のLOVE LOVE ALL STARS(略称:LLAS。主なメンバーはスタジオミュージシャン)とは異なる解散した人気バンドのメンバーを起用していたが、2003年からLLASにも参加した吉田建、また吉田とともに活動していた村上“ポンタ”秀一などを起用している[16]

また、実際に番組内でオンエアされることはほとんど無いが、3本目の収録の前に堂本剛を中心とする「剛マンブラザーズバンド[17](略称:TMBB)によって不定期にセッションが行われることがある。メンバーは堂本剛を先頭(リーダー)に、吉田建、土屋公平など自由な組み合わせとなる。打ち合わせらしきものは殆ど無く、その日の気分や簡単なお題のみでのセッションとなる場合が多い。

2013年3月収録分からは、シシド・カフカ、TOKIE、YUKARIE、宮本笑里といった女性陣が参加する場合もあり、その際は「剛マンシスターズバンド」(略称:TMSB)と呼ばれていた。[18]

放送終了時のレギュラー編集

☆印はラストライブ(2014年9月28日放送)参加者。 ◇印は「堂本兄弟2015新春かえってきましたSP」参加者。 △印は「堂本兄弟2016あけましておめでとうSP」参加者。 □印は「堂本兄弟もうすぐクリスマスSP」参加者[19]

〈トーク + 演奏〉
〈演奏のみ〉

サポートメンバー編集

レギュラーではないが、不定期で参加することがあるミュージシャン。また楽曲によってはストリング・セクションやブラス・セクションなどのゲストミュージシャンが参加する場合がある。

過去のレギュラー編集

〈トーク + 演奏〉
〈演奏のみ〉

コーナー編集

放送終了時のコーナー編集

堂本!一問一答
天からの質問にゲストが一問一答形式で答える番組のメインコーナー。2011年4月で一旦放送されなくなり、「ウソホン堂本!」や他の企画にしばらく代わっていたが、2013年から再びメインコーナーとなっている。
新!ベストヒットたかみー
2011年5月に「堂本!ベストヒットたかみー」からタイトル変更。高見沢俊彦が司会進行役を務め、コーナー後に歌う曲解説をする。歌はゲストがボーカルを務めることが多いが、歌のみのゲストやKinKi Kidsがボーカルを務めたり、KinKi Kidsの新曲披露の場となることもある。のちに1曲の歌として完成し、KinKi Kidsのアルバム『L album』に収録された「むくのはね」は、玉置浩二が2011年10月30日放送回(#489)で即興で作りはじめ、完成させて2012年10月28日放送回(#533)のこのコーナーで初披露されたものである[41]。2013年4月14日放送回(#554)では、玉置浩二とKinKi Kidsの3人で歌うことも実現した[42]

過去のコーナー編集

オープニング
「堂本兄弟のテーマ」など生演奏によるゲストの呼び込みが行われた。
堂本ソング道場
即興で歌を作る。
マジトーク
進(剛)×ゲスト、歩(光一)×ゲストの対談。
堂本恋人セレクション 赤い糸伝説
男性レギュラーがゲストに背を向けて目をつぶった状態で並び、その中で最もタイプである人を選んでもらい、そっと肩を叩いてもらう。[注釈 16]
あげテン!堂本
堂本ランキング 小耳にファイブ!
堂本ランキング ココメロファイブ!
特ダネ!堂本新聞。
ゲストに関するネタが掲載された新聞を元にトークをする。
お座敷堂本
堂本自分撮りイレブン
堂本!ベストヒットたかみー
2003年4月からのコーナー[43]。高見沢が音楽史に残る名曲の解説を行い、その後全員でセッションする。
堂本ハズコロ名言集
ウソホン堂本!
2011年5月からのコーナー[3]で、「堂本!一問一答」に代わって放送された。ゲストにまつわるエピソードが嘘が本当かをトークメンバーが当てる。

ライブ編集

堂本ブラザーズバンドファーストライブ(2005年7月17日、東京・お台場野外特設会場)
LOVE LOVE あいしてる』時代からの念願であったファーストライブを開催[44][45]。2万人を無料招待した[46]。ゲストとして大貫亜美PUFFY)や忌野清志郎が登場[30]。結婚した玉城千春(Kiroro)と12月中旬に出産予定で出産前最後の番組出演となる金城綾乃に対して「Happy Happy Greeting」を歌うなど[30]、約2時間にわたって全17曲を披露した[45]。この模様は同年7月24日と8月7日[30]、10月2日に放送された。
堂本ブラザーズバンド セカンドライブ(2006年8月1日、Zepp Tokyo
剛の提案でオリジナル楽曲制作が決定し、きくち伸プロデューサーのアイデアで担当は作詞=光一、作曲=剛に決定。7月25日に行われたこのライブのリハーサルで3時間15分をかけてオリジナル楽曲「Music of Life」が完成し、本番ライブの最後に9分50秒のフルサイズで演奏。この模様は8月27日に放送された。[47]
堂本ブラザーズバンド3rd LIVE(2009年8月23日、ディファ有明)
放送400回記念[48][注釈 17]。会場に400組800人を迎えての完全生中継生放送[49]。今までに堂本ブラザーズバンドが生演奏した500曲近い楽曲からリクエストを受け付け、上位100位を決定[50]。その中から17曲を選んでセッションを披露した[50]。『LOVE LOVEあいしてる』でのユニット「ビートルーズ」のオリジナル楽曲「The Night before your Birthday」がリクエスト投票2位となり、篠原ともえをゲストに迎えて演奏された。

これらの他、100回記念(2003年5月4日)[20]、200回記念(2005年5月1日)[51]、300回記念(2007年7月1日)の放送日にはそれぞれ生放送によるライブを行った。

拡大スペシャル(ゴールデンタイム・プライムタイム)編集

放送回 放送日 放送時間(JST 放送タイトル 備考
#169 2004年10月5日火曜日 19:00 - 20:54 最新堂本兄弟スペシャル カスペ!』枠で放送。トーク総集編などを中心に構成。
#180 2004年12月23日木曜日 新堂本兄弟クリスマス超拡大版!
女優さんも芸人さんもまとめて!
一問一答スペシャル!!
ホリデースペシャル』枠で放送。
瞬間最高視聴率ランキングが放送された(1位は坂井真紀とフラフープ、瞬間最高視聴率21.9%)。
#194 2005年3月31日(木曜日) 堂本兄弟
春祭り豪華ハワイツアーSP
瞬間最高視聴率ランキング発表とハワイロケの模様を放送。高見沢俊彦にドッキリをしかけた。
#216 2005年9月29日(木曜日) 秋の堂本兄弟スペシャル トーク総集編を放送し、深田恭子ら新加入のメンバー[34]郷ひろみへの質問とKinKi Kidsが暴露トークを繰り広げた。
#241 2006年3月29日水曜日 パーフェクト堂本兄弟
祝5周年240回まつり
江角マキコへの質問とゲストトーク総集編。
#264 2006年9月29日(金曜日 LOVE LOVE堂本兄弟
10周年記念生放送SP
生放送で演奏(生演奏)。LOVE LOVE あいしてる時代の映像も送る。
ゲストとしてLOVE LOVEの第1回ゲストの
つんく♂シャ乱Q)と安室奈美恵志村けんザ・ドリフターズ)、広末涼子
所ジョージ坂崎幸之助ポルノグラフィティ(視聴者リクエストランキング第1位)が登場した。

レギュラー放送終了後の単発特番編集

放送回 放送日 放送時間(JST 放送タイトル 備考
#1 2015年1月4日() 23:30 - 翌0:30 堂本兄弟2015
新春かえってきましたSP
3か月ぶりに復活。レギュラー放送時と同様にゲストを交えてのトークと演奏。
ゲストとして玉置浩二小嶋陽菜(AKB48)、柏木由紀(AKB48)、横山由依(AKB48)、AKB48[注釈 18]森山直太朗が登場した。[52][53]
#2 2016年1月3日(日) 堂本兄弟2016
あけましておめでとうSP
長瀬智也(TOKIO)や綾小路翔MAXEvery Little Thing[54]をゲストに招いてトークを展開し、ゲッターズ飯田によってメンバーの2016年の運気が発表された[55]。演奏では長瀬とKinKi Kidsとの思い出の曲「たよりにしてまっせ」を共に歌い、東京スカパラダイスオーケストラと堂本ブラザーズバンドによるKinKi Kidsスペシャルメドレーも披露された[56]
#3 2016年12月16日() 23:00 - 23:58 堂本兄弟もうすぐクリスマスSP ゲストにトレンディエンジェルHey! Say! JUMP山田涼介乃木坂46を迎えてトーク[57]。そしてKinKi Kids最新曲「道は手ずから夢の花」を作詞・作曲者の安藤裕子とコラボレーションした[19]他、KinKi Kids合作曲「愛のかたまり」を山田と歌ったり、CDデビュー20周年を記念してKinKi Kidsメドレーも披露された[57]

ネット局と放送時間編集

スタッフ編集

最終回時点のスタッフ編集

◇は「堂本兄弟2015新春かえってきましたSP」を担当。

  • 音楽:吉田建[注釈 21]
  • コーラスアレンジ:加藤いづみ[注釈 21]
  • ナレーション:小林俊夫柳沢真由美
  • 構成:津曲ラッキー、山内浩嗣、御影屋聖福田雄一
  • TD(テクニカルディレクター):長田崇(以前はSW(スイッチャー)担当)
  • SW(スイッチャー):米山和孝
  • CAM:上田容一郎
  • VE:田淵昌樹
  • AUD:吉永哲也
  • 音響:松田勝治
  • LD:西野大介
  • バリライト:PRGアジアライティング、安達浩也
  • カムリモート:ダブルビジョン
  • 美術制作:楫野淳司
  • デザイン:越野幸栄
  • 美術進行:内山高太郎
  • 大道具:吉野雅則
  • アートフレーム:菅沼和海
  • 電飾:今石純一
  • 特殊装置:坂之下啓輔
  • アクリル装飾:池澤明徳
  • 視覚効果:小熊雅樹
  • 装飾:佐藤翔平
  • 楽器:岡松利真
  • TK(タイムキーパー):石原由季
  • 編集:財城敬(IMAGICA
  • MA:伊藤一馬(IMAGICA)
  • 音響効果:中田圭三・大平拓也(4-Legs
  • CG:瀬井貴之
  • ペイント:吉澤真純(IMAGICA)
  • マルチ:西尾知巳(インターナショナルクリエイティブ)
  • WEB MASTER:鬼熊陽一郎
    • WEB COMIX:川村麻子
  • メイク:大平真輝
  • スタイリスト:四方修平(光一担当)、渡辺奈央(剛担当)
  • 広報:佐藤未郷
  • 技術協力:共同テレビジョン、サンフォニックス、fmt(2013年6月まではFLTと表記)
  • 協力:EASTESPYAMAHA
  • ディレクター:正木友美子、松本絵理、黒岩栄治、深沢ボン◇
  • フロアディレクター:大野悟
  • AD:青木あゆみ、相場優衣子◇、阪本玲以◇、前田侑里香◇、常松雪菜◇
  • AP:福井倫子、加藤万貴
  • プロデューサー:宇賀神裕子
  • チーフプロデューサー:三浦淳[注釈 3]
  • 演出:浜崎綾[注釈 2]
  • 収録スタジオ:東京メディアシティフジテレビ湾岸スタジオ2007年10月2日収録分から[58]。)
  • 制作著作:フジテレビ

過去のスタッフ編集

  • ナレーター:古賀慶太
  • チーフプロデューサー:きくち伸
  • プロデューサー:山本布美江
  • 演出:城野智則、藪木健太郎
  • ディレクター:深沢ボン、志方聡、塩谷亮
  • 制作進行:望月靖子
  • 監修:田家秀樹
  • 広報:猪熊伴子、清野真紀、為永佐知男
  • TP(テクニカルプロデューサー)・TD(テクニカルディレクター):馬場直幸、勝村信之
  • SW(スイッチャー):菅野恒雄、二見健二(二見→以前はカメラマン担当)
  • CAM:石井友幸
  • AUD(オーディオ音声):太田宗孝、中村峰子
  • LP:植松晃一
  • LD:三好裕治
  • 編集:ゴン三浦(IMAGICA)
  • MA:若月正幸(4-Legs)
  • 美術制作:石鍋伸一朗、井上明裕、大坊雄二、宮崎かおる
  • 装飾:高橋君
  • 楽器:磯元洋一
  • CG:松本幸也
  • マルチ:柿崎知巳
  • メイク:小林ちえ
  • 振付:カーニヴァル三浦
  • 制作協力:CELL
  • 制作:フジテレビ音組

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 2011年5月8日放送回(#468)から。
  2. ^ a b ディレクターの中から毎週1名担当、浜崎綾が1人で演出する回もある。
  3. ^ a b 2014年7月27日放送回(#613)から。
  4. ^ 2014年4月27日放送「堂本兄弟600回一気に振り返りスペシャル!!」クレジット参照。
  5. ^ この様子を放送したのが『KinKiのLOVE LOVE ウルトラ大作戦』(2000年12月30日放送)であり、きくち伸プロデューサーはこれを“「堂本兄弟」発祥の番組”としてのちに#199と無理矢理『堂本兄弟』でナンバリングした[1]
  6. ^ (関東地区ビデオリサーチ調べ)
  7. ^ この回が『LOVE LOVE あいしてる』から合わせて18年間、当初から(チーフ)プロデューサーを務めてきたきくちが携わった最後となった[4]
  8. ^ 吉田拓郎は2004年4月の3周年記念ハワイロケの際(#145、#146)にゲスト出演し、この番組でも共演が実現している[14]
  9. ^ めちゃ×2イケてるッ!』の収録と重なる事が多い為。メンバーから度々指摘されていた。
  10. ^ 2011年6月より誰かの代理で出演することがあったが、2012年4月29日放送回(#510)で正式メンバーになったと発表された。
  11. ^ 2003年4月20日放送回(#097)から2013年3月10日放送回(#550)まではベースを担当。2013年4月からは演奏に参加せず音楽監督に専念したが、2014年4月27日放送回(#600)や2014年8月14日放送回(#615)でコーラスとして、「2016 SP」では音楽監督兼ベーシストとして再び参加した。
  12. ^ 2014年3月9日放送回(#594)では、「堂本ブラザーズバンドメンバー」として高見沢俊彦が紹介した。
  13. ^ 「2016 SP」、では、コーラスアレンジとして、「たよりにしてまっせ」「夢を見れば傷つくこともある」のコーラスに参加。
  14. ^ 2013年5月26日放送回(#560)で堂本ファミリーとして紹介され、トークにも参加した。
  15. ^ 2007年1月から5月までは療養のため一時降板し、5月22日の収録分から復帰していたが、心身の回復が思わしくなく、所属事務所との契約が解除となったため同年6月に正式に降板。
  16. ^ 2014年03月2日放送回(#593)Every Little Thing・谷村美月で復活。以降、不定期で復活している。
  17. ^ 実際には放送399回目だった。
  18. ^ Everyday、カチューシャ」の演奏のみ
  19. ^ 本来の時間帯には『嵐にしやがれ』の時差ネットと『LIVE MONSTER』の同時ネット(両者とも日本テレビ系)を放送している。
  20. ^ 本来の時間帯には『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』と『Music Lovers』(日本テレビ系)を同時ネット放送している。
  21. ^ a b 「新春SP」ではアレンジとして参加している。

出典編集

  1. ^ きくち伸 (2005年5月1日). “2005/05/01『堂本兄弟200回記念!ノンストップメドレースペシャル』生放送+『新堂本兄弟』収録”. きくちPの音組収録日記. 2014年4月5日閲覧。
  2. ^ “堂本兄弟、キンキに挑戦! フジテレビ系音楽バラエティー8日スタート”. zakzak. (2001年4月4日). オリジナル2001年4月10日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20010410111122/http://www.zakzak.co.jp/geino/n-2001_04/g2001040402.html 2014年4月5日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g h i j “「新堂本兄弟」にAKB高橋!槇原も加入”. SANSPO.COM. (2011年4月20日). オリジナル2011年4月23日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110423085403/http://www.sanspo.com/geino/news/110420/gng1104200506000-n1.htm 2014年4月5日閲覧。 
  4. ^ “口パク排除”実現させた名物プロデューサー、「新堂本兄弟」最後の収録に立ち会えず”. RBB TODAY (2014年9月17日). 2014年12月29日閲覧。
  5. ^ 2014/07/15『堂本兄弟』収録。『夜想 特集 アーバンギャルド』発売。”. 2014年7月21日閲覧。
  6. ^ 堂本兄弟最終回は全編ブラザーズバンドライブ”. 音楽ナタリー (2014年9月17日). 2014年12月29日閲覧。
  7. ^ a b “フジ日曜夜から昼のKinKiに!新番組で“おもてなし”ロケ”. SANSPO.COM. (2014年8月30日). http://www.sanspo.com/geino/news/20140830/joh14083005040002-n1.html 2014年8月30日閲覧。 
  8. ^ 2014フジテレビ秋の新番組・特別番組”. フジテレビ. 2014年9月13日閲覧。
  9. ^ “光一&剛歓喜!「堂本兄弟」復活 高見沢らメンバー再集結”. スポーツ報知. (2014年11月25日). オリジナル2014年11月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141124232631/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20141125-OHT1T50009.html 2016年1月10日閲覧。 
  10. ^ “KinKi Kidsの2人が語る「堂本兄弟2015」新春SP”. SANSPO.COM. (2014年12月29日). http://www.sanspo.com/geino/news/20141229/joh14122905030001-n1.html 2014年12月29日閲覧。 
  11. ^ 『堂本兄弟』新春SP決定 長瀬智也がゲスト出演”. ORICON STYLE (2015年11月21日). 2015年11月21日閲覧。
  12. ^ チーフディレクター 浜崎綾のTwitter、2015年11月27日のツイート
  13. ^ “「堂本兄弟SP」キンキが山田涼介、乃木坂46、安藤裕子と豪華コラボ”. 音楽ナタリー. (2016年11月9日). http://natalie.mu/music/news/208584 2016年11月9日閲覧。 
  14. ^ “「堂本兄弟」3周年記念ハワイロケの大物ゲスト”. SANSPO.COM. (2004年3月16日). オリジナル2004年3月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20040317131027/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200403/gt2004031609.html 2014年4月5日閲覧。 
  15. ^ きくち伸 (2005年7月30日). “2005/07/29 発売「oricon style」8/8 2005 No.30-1305”. きくちPの音組収録日記. 2014年4月5日閲覧。
  16. ^ a b “大物が勢ぞろいで「堂本兄弟」新装! 関西系”. スポニチOSAKA. (2003年4月19日). オリジナル2003年4月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20030421011451/http://www.sponichi.com/ente/200304/19/ente113481.html 2014年12月29日閲覧。 
  17. ^ きくち伸 (2010年2月23日). “2010/02/23『堂本兄弟』収録。”. きくちPの音組収録日記. 2014年4月5日閲覧。
  18. ^ MD report 130312 New DMBB!”. 2014年5月6日閲覧。
  19. ^ a b 堂本兄弟もうすぐクリスマスSP -とれたてフジテレビ”. フジテレビ (2016年11月9日). 2016年12月17日閲覧。
  20. ^ a b c d “フジ系「堂本兄弟」100回記念で初の生放送”. SANSPO.COM. (2003年4月19日). オリジナル2003年4月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20030419215946/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200304/gt2003041911.html 2014年4月5日閲覧。 
  21. ^ 「新堂本兄弟」13年半の歴史に幕……高橋みなみ「宝物です」”. RBB TODAY (2014年9月29日). 2014年12月29日閲覧。
  22. ^ a b c d e 「堂本兄弟」新メンバーに樽美酒、シシド・カフカ、TOKIEら”. ナタリー (2013年3月17日). 2014年4月5日閲覧。
  23. ^ 2014/03/11『堂本兄弟』収録。”. 2014年3月12日閲覧。
  24. ^ SCANDAL・TOMOMIが“堂本バンド”加入”. ORICON STYLE (2014年3月11日). 2014年4月5日閲覧。
  25. ^ 「8周年!!」 加藤いづみオフィシャルブログ『diary』(2009年4月7日付)”. 2016年6月6日閲覧。
  26. ^ 「新堂本兄弟」 加藤いづみオフィシャルブログ『diary』(2011年4月22日付)”. 2016年6月6日閲覧。
  27. ^ “篠原ともえ堂本兄弟終了でKinki労う”. nikkansports.com. (2014年9月29日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20140929-1374853.html 2014年12月29日閲覧。 
  28. ^ Gackt、『堂本兄弟』に5年9ヶ月ぶりに出演”. ORICON STYLE (2009年1月13日). 2014年4月5日閲覧。
  29. ^ Takahashi (2005年). “☆堂島孝平インタヴュー☆”. Neowing. 2014年4月5日閲覧。
  30. ^ a b c d “堂本バンドが結婚Kiroroを祝福”. nikkansports.com. (2005年7月18日). オリジナル2005年7月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20050721021532/http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/p-et-tp0-050718-0007.html 2014年4月5日閲覧。 
  31. ^ “吉村由美、フジ「堂本兄弟」レギュラー”. nikkansports.com. (2003年4月18日). オリジナル2003年10月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20031005101512/http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/f-et-tp0-030418-0022.html 2014年4月5日閲覧。 
  32. ^ きくち伸 (2006年3月8日). “2006/03/07『堂本兄弟』『パーフェクト堂本兄弟 祝5周年240回まつり 314人すべて見せます』収録”. きくちPの音組収録日記. 2014年4月5日閲覧。
  33. ^ 13歳のスーパー中学生、上原奈美が歌手デビュー!メッセージ映像とPV到着”. BARKS (2005年2月14日). 2014年4月5日閲覧。
  34. ^ a b c d e “フジ系「新堂本兄弟」で、深キョンピアノでバンド参加!”. SANSPO.COM. (2005年9月23日). オリジナル2006年1月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20060109162609/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200509/gt2005092303.html 2014年4月5日閲覧。 
  35. ^ きくち伸 (2006年5月24日). “TV LIFE 連載:KIKCHY FACTORY #154(06/05/24)インタビュー×武田真治×浅倉大介×屋敷豪太2006年4月11日 午后『堂本兄弟』収録の合間 砧 東京メディアシティ 楽屋でインタビュー”. TV LIFE. 2015年3月25日閲覧。
  36. ^ 『速報!堂本ブラザーズバンド新たなる旅立ち』より。
  37. ^ きくち伸 (2004年12月9日). “2004/11/09『新堂本兄弟』第4回収録”. きくちPの音組収録日記. 2014年4月6日閲覧。
  38. ^ きくち伸 (2007年2月14日). “2007/02/14『堂本兄弟』会議、トラックダウン、、、ほか。。。”. きくちPの音組収録日記. 2014年4月6日閲覧。
  39. ^ きくち伸 (2008年12月10日). “2008/12/10『堂本兄弟』そのあと。『僕らの音楽』郷ひろみ×高島彩 インタビュー収録。。会議/打合せ めちゃいっぱぃ。。。”. きくちPの音組収録日記. 2014年4月6日閲覧。
  40. ^ TOKIE公式twitter2014年3月23日の発言
  41. ^ 玉置浩二がKinKi Kidsをイメージした曲を披露”. オリ★スタ (2012年10月28日). 2014年4月5日閲覧。
  42. ^ 新堂本兄弟-ゲスト”. フジテレビ (2013年4月14日). 2014年9月13日閲覧。
  43. ^ “堂本兄弟リニューアル”. Sponichi Annex. (2003年4月19日). オリジナル2003年4月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20030419072631/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/kiji/2003/04/19/04.html 2014年4月5日閲覧。 
  44. ^ きくち伸 (2005年7月18日). “2005/07/17「堂本ブラザーズバンドファーストライブ」収録”. きくちPの音組収録日記. 2014年4月5日閲覧。
  45. ^ a b “ファン大満足!「堂本ブラザーズバンド」初ライブ”. SANSPO.COM. (2005年7月18日). オリジナル2005年12月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20051212063442/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200507/gt2005071802.html 2014年4月5日閲覧。 
  46. ^ “堂本兄弟 2万人野外ライブ”. デイリースポーツonline. (2005年6月19日). オリジナル2005年6月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20050620234957/http://www.daily.co.jp/gossip/2005/06/19/176999.shtml 2014年4月5日閲覧。 
  47. ^ きくち伸 (2006年8月2日). “2006/08/01「堂本ブラザーズバンド セカンドライブ」収録”. きくちPの音組収録日記. 2014年4月5日閲覧。
  48. ^ 『新堂本兄弟』、400回記念の生放送ライブ開催決定”. ORICON STYLE (2009年6月15日). 2014年4月5日閲覧。
  49. ^ きくち伸 (2009年8月23日). “2009/08/23「堂本ブラザーズバンド 3rd LIVE」ディファ有明 生中継!”. きくちPの音組収録日記. 2014年4月5日閲覧。
  50. ^ a b きくち伸 (2009年8月24日). “2009/08/24「堂本ブラザーズバンド 3rd LIVE」そのあと。。。『MUSIC FAIR』平原綾香 生演奏本人リハーサル。”. きくちPの音組収録日記. 2014年4月5日閲覧。
  51. ^ きくち伸 (2005年5月1日). “2005/05/01『堂本兄弟200回記念!ノンストップメドレースペシャル』生放送+『新堂本兄弟』収録”. きくちPの音組収録日記. 2014年4月5日閲覧。
  52. ^ 3カ月ぶり復活「堂本兄弟」で即興作詞セッション&たかみな卒業談義”. 音楽ナタリー (2015年1月1日). 2015年1月12日閲覧。
  53. ^ 「堂本兄弟」が3ヶ月ぶりに復活、Kinki光一が「Everyday、カチューシャ」を披露”. modelpress (2015年1月4日). 2015年1月12日閲覧。
  54. ^ 「堂本兄弟」新春復活特番ゲストは長瀬智也、スカパラ、ELT”. 音楽ナタリー (2015年11月21日). 2016年1月10日閲覧。
  55. ^ 新堂本兄弟”. フジテレビ. 2016年1月10日閲覧。
  56. ^ 「堂本兄弟」新春SPの放送が決定!ゲスト長瀬智也がデビュー前の秘話を紹介”. TVfanWEB (2015年11月21日). 2016年1月10日閲覧。
  57. ^ a b “【イチ押し!フジテレビ】「堂本兄弟2016もうすぐクリスマスSP」”. SANSPO.COM. (2016年12月16日). http://www.sanspo.com/geino/news/20161216/geo16121605000001-n1.html 2016年12月18日閲覧。 
  58. ^ きくち伸 (2007年10月2日). “2007/10/02『堂本兄弟』フジテレビ湾岸スタジオ 初収録”. きくちPの音組収録日記. 2014年4月8日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

フジテレビ系列 日曜22:00 - 22:30枠
前番組 番組名 次番組
スーパーナイト
(1997年10月5日 - 2001年3月25日)
※22:00 - 23:00
【この番組まで関西テレビとの共同制作枠】
堂本兄弟
(2001年4月8日 - 2004年9月26日)
【この期間はフジテレビが単独で制作】
情報ライブ EZ!TV
(2004年10月3日 - 2005年9月18日)
※22:00 - 23:15
【この番組から関西テレビとの共同制作枠】
フジテレビ系列 日曜23:15 - 23:45枠
EZ!TV
(2001年4月1日 - 2004年9月26日)
※22:30 - 23:45
【この番組まで関西テレビとの共同制作枠】
新堂本兄弟
(2004年10月17日 - 2014年9月28日)
【この番組からフジテレビが単独で制作】
ヨルタモリ
(2014年10月19日 - 2015年9月20日)
フジテレビ系 KinKi Kidsの30分番組
LOVE LOVE あいしてる
※土曜23:30 - 翌0:00
堂本兄弟

新堂本兄弟