メインメニューを開く

ニコラス・ジョセフ・"ニック"・フューリー大佐Colonel Nicholas Joseph "Nick" Fury)は、マーベル・コミックの世界に登場する架空の兵士、スパイスタン・リージャック・カービーによって創造された。

ニック・フューリー
Nick Fury
出版の情報
出版者 マーベル・コミック
初登場 Sgt. Fury and His Howling Commandos #1 (1963年5月)
クリエイター スタン・リー
ジャック・カービー
作中の情報
本名 Nicholas Joseph Fury
所属チーム シークレット・ウォーリアーズ英語版
S.H.I.E.L.D.
アメリカ陸軍
C.I.A.
Howling Commandos
能力 インフィニティ・フォーミュラによる老化抑制
長年の戦闘経験
あらゆる武術や武器の扱い

目次

概要編集

初登場は『Sgt. Fury and his Howling Commandos』第1号(1963年5月)で、エリート米軍部隊員として登場した。この作品は、スタン・リーとジャック・カービーによるもので、第二次世界大戦を舞台としている。

次にフューリーは、『ファンタスティック・フォー』第21号(1963年12月)に登場、現代に活躍するCIAエージェントとなっていた。さらに『ストレンジ・テイルズ』第135号(1965年8月)では、架空のスパイ組織S.H.I.E.L.D.(シールド)のエージェントという設定で登場し、ジェームズ・ボンドのような冷戦スパイとなった。以後は同組織の長官として登場することが多い。また、インフィニティ・フォーミュラによって老化を抑えているという設定により、数十年にわたって若々しい姿を保っていた。

外見は隻眼の白人男性であり、左目にアイパッチをしているのが特徴。頭部は白髪が目立つ。1996年、X-メンのクロスオーバー作品「オンスロート」に関連し、パニッシャーに射殺された(後任のS.H.I.E.L.D.長官は複数存在し、黒人もいる)。そのため、以後の#他のメディアでは黒人として登場する場合がある。

マーベル・コミックの並行世界(出版物)だけでなく、それを原作とした映画、テレビシリーズ、コンピュータゲームにも登場する。1998年にはテレビ映画『Nick Fury: Agent of S.H.I.E.L.D.』が作られ、デビッド・ハッセルホフがフューリーを演じた。2008年の『アイアンマン』を始めとするマーベル・シネマティック・ユニバースを舞台とした映画ではサミュエル・L・ジャクソン演じるフューリーが登場する[1][2]アルティメット・マーベル版のニック・フューリーはサミュエル・L・ジャクソンをモデルとしているが、これは映画版の配役が決まる以前からそうであった[3]

出版史編集

Sgt. Fury and his Howling Commandos編集

『Sgt. Fury and his Howling Commandos』は、ニック・フューリーが初めて登場した、第二次世界大戦をテーマとしたシリーズである。彼はエリート部隊の一員という設定であった。このシリーズは合計167号(1963年5月-1981年12月)まで続いた。

ハウリング・コマンド第3号(1963年9月)では、当時OSS職員だったリード・リチャーズに遭う。第13号(1964年12月)では、キャプテン・アメリカやバッキーと共闘した。

ストレンジ・テイルズとソロ・シリーズ編集

『ストレンジ・テイルズ(Strange Tales)』第135号(1965年8月)でニック・フューリーはジェームズ・ボンド風の冷戦スパイになり、マーベルは秘密組織S.H.I.E.L.D.とその敵のHYDRA(ヒドラ)の設定を導入した[4]

経歴編集

父親のジャック・フューリーはアメリカ人であったが、第一次世界大戦の間はイギリス陸軍航空隊員であった。1916年に参加し、フランスに配属された。戦後、ジャックはニューヨークへ戻って一般女性と結婚し、長男のニック、次男のジェイコブ、長女のドーンを設けた。

能力・装備編集

ニック・フューリーはスターンバーグ博士によって作られた「インフィニティ・フォーミュラ」という血清によって老化が大幅に遅らせられている。1940年代に初めて血清を打ち、以後数年間毎年続けた。

フューリーは武器の有無問わず戦闘の専門家で、元ヘビー級のボクサーであり、テコンドーの黒帯と柔術の茶帯を持っている。キャプテン・アメリカとのスパーリングによる訓練もしていた。

第二次世界大戦朝鮮戦争ベトナム戦争に参加し、その経験から時折「軍事アドバイザー」と しても活動する。他に落下傘兵、レンジャー、解体専門家、船や航空機の操縦、およびグリーンベレーとして訓練経験もある。

フューリーはS.H.I.E.L.D.の技術者によって設計された様々な武器を持っている。9層のケブラーとベータ・クロスで作られたS.H.I.E.L.D.のユニフォームを着ている。

異なる世界観での作品(出版物)編集

マーベル・ゾンビーズ
この世界では、ヒーローやヴィランがゾンビ化している。フューリーはゾンビに対抗するため、レジスタンスを組織化したが、最後はゾンビ化したファンタスティック・フォーに食い殺された。
死の直前、ゾンビが並行世界に逃亡するのを防ぐため、ソーに「トニー・スタークが作ったテレポーターを破壊するよう」に命じ、間接的に多くの世界を守った[5]
トランスフォーマー
第3号(1985年)では、ダム・ダム・デュガンと共に登場した。
アルティメット・ニック・フューリー
アルティメット・マーベルの世界では、サミュエル・L・ジャクソンをモデルとした、スキンヘッドのアフリカ系アメリカ人ニック・フューリー将軍として登場する[6]
Deadpool Merc with a Mouth
第7号では、デッドプールが未開拓の宇宙を訪問したところ、そこで保安官をしているニック・フューリーに遭遇する[7]

他のメディア編集

アニメ作品編集

マーベル・アニメイテッド・ユニバース編集

オリジナル通り、白人男性として登場する。

スパイダーマン
ゲスト出演する。声は当初フィリップ・アボットが担当していたが、後にジャック・エンジェルに変更した。日本語版は大川透
スパイダーマン・アンリミテッド
第1話「もうひとつの世界 パート1」で登場する。声優はマーク・ギボン

そのほかのアニメ作品編集

黒人男性として登場。

アイアンマン ザ・アドベンチャーズ
CGアニメ。第16話「孤独なヒーロー」で初登場し、ディーン・レッドマンが声優を務めた。
アベンジャーズ 地球最強のヒーロー
第1話から、主要な人物として登場する。第2次大戦には父のジャックが参戦し、彼がキャプテンアメリカとも共闘していた。
アルティメット・スパイダーマン
第1話でスパイダーマンをS.H.I.E.L.D.の若手ヒーローチームにスカウトし、上司となる。また、兄であるスコーピオ英語版ことマックス・フューリーも登場する。
アルティメット・アベンジャーズ(2006年)、アルティメット・アベンジャーズ2: ブラック・パンサー ライジングフランス語版
OVA作品。アルティメット・ニック・フュリーが登場、アンドレ・ウェアが声優を務めた[8]

テレビ映画編集

Nick Fury: Agent of S.H.I.E.L.D.(1998年)
フォックス放送のテレビ映画。デビッド・ハッセルホフがフューリーを演じた。

映画&ドラマ(マーベル・シネマティック・ユニバース)編集

一連の作品では、黒人男性として登場。演じるサミュエル・L・ジャクソンは、『アベンジャーズ』を含む合計9作品に、ニック・フューリー役で出演する契約を交わしている[9]が、出演作は2019年6月現在、7月5日公開予定の『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』で11本目である。

キャラクター像編集

アイアンマン』から『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』まではS.H.I.E.L.D.長官として、それ以降はアベンジャーズやS.H.I.E.L.D.を影から支える役割で登場。過去に左目を負傷して隻眼となり[注釈 1]、黒いアイパッチをあてがっている[注釈 2]。このアイパッチと黒いロングコートがトレードマークである。例え窮地に陥っても決して取り乱さずに的確な判断を下して行動できる冷静沈着な指揮官にして[注釈 3]、並の兵士を凌ぐ実戦能力を有する凄腕のスパイでもある。卓越した頭脳も有し、手練手管に長け、あらゆる計画・作戦を立案してS.H.I.E.L.D.の活動の多くを執り仕切る。その一方で、過去の様々な経験から重要な計画の全貌を味方にすら知らせないことも少なくなく、目的のためなら身近な部下の死をも間接的に利用したり、無法者にも悪事を依頼するなど、一癖も二癖もある策士としての顔も覗かせる。そのため周囲からの人望は厚いと言い切れず、皆から非難されることも度々あるが、内心では世界平和を強く望んでおり、そのために自ら現場へ赴くことも多く、どんな脅威にも戦いを挑もうとする確固たる意志を秘めている。

キャラクター経歴編集

『アイアンマン』
エンドクレジット後にトニー・スターク/アイアンマンの邸宅に侵入して現れ、トニーに彼以外にもヒーローは存在すると声をかけ、アベンジャーズ結成の話を持ちかける[注釈 4]
アイアンマン2
ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウやフィル・コールソンを部下に率いて登場する。
トニーのアベンジャーズの一員としての適性検査を行うために、ナターシャをスターク・インダストリーズに潜入させる。その後、アイアンマン マークIIを装着したジェームズ・ローズと対決した後のトニーの前に現れ、イワン・ヴァンコ/ウィップラッシュの情報を提供し、パラジウム中毒を一時的に抑える薬をトニーに与え、彼のアーク・リアクターの問題解決の手がかりとしてハワード・スタークのトランクボックスを託す。
物語のラストでは、トニーをS.H.I.E.L.D.の“相談役”として登用し、彼からアイアンマン・アーマー提出を求めていたアメリカ上院議員のスターンを、勲章授与式の授与者に任命するように頼まれて手配する。

なお、『インクレディブル・ハルク』(2008年)では、名前のみの登場に留まっている[注釈 5]

マイティ・ソー
エンドクレジット後に登場。S.H.I.E.L.D.に招かれた天文物理学者のエリック・セルヴィグに、“インフィニティ・ストーン”の1つである“スペース・ストーン”を宿した“テッセラクト”の研究調査を依頼する。
キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー
メインとなる時間軸から見て未来(エンドクレジット直前)に登場。冷凍睡眠の状態で保護され、目を覚まして精神的に不安定な状態のスティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカと出会い、彼を保護する。
アベンジャーズ
主要人物の一人として登場。本作では、片腕にして副長官であるマリア・ヒルや、後にアベンジャーズに加入するクリント・バートン/ホークアイも率いて活動する。
テッセラクトの実験中にロキが出現し、彼にクリントやセルヴィグが操られ、テッセラクトも奪われたことで事態を重く見て“アベンジャーズ計画”を始動。トニーやスティーブなど、本作以前に出会ったヒーローたちをS.H.I.E.L.D.の母艦・ヘリキャリアに招集する。しかし、テッセラクトの研究が強力な兵器を開発する極秘の“P.E.G.A.S.U.S.計画”であることを一堂に知られてヒーローたちの批判を買ってしまった。
だが、操られたクリントたちがヘリキャリアを襲撃した際には自ら応戦し、本艦墜落の危機が収まるとコールソンがロキによって命を奪われたことを引き合いに出してアベンジャーズを奮起・団結させ、ニューヨークでロキやチタウリと激戦を繰り広げる彼の勝利を信じて、世界安全保障委員会からの冷徹な指示を拒否し続ける。
『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』
主要人物の一人として登場。本作では「人好きするが他者を信用していなかった」という祖父や、エルムハーストを住所としていた母親がいたなどの逸話も明かされた。
インサイト計画に不信感を抱き、計画の衛星打ち上げ船舶であるレムリア・スターを、ジョルジュ・バトロック率いる海賊へ密かにシージャックさせ、それを利用してナターシャに船舶のコンピュータから計画のデータ奪取を命じた。後にスティーブからこの行為とインサイト計画を糾弾され、S.H.I.E.L.D.理事長のアレクサンダー・ピアースに計画延期を訴えるが、その矢先に謎の武装集団の襲撃を受ける。なんとか切り抜けたと思いきや、直後に襲撃してきたウィンター・ソルジャーによってスラッグ弾3発を撃ち込まれ、そのまま表向きには死を偽装する。
脊髄損傷、胸骨に亀裂、鎖骨粉砕骨折、肝臓に穴、肺が衰弱という重傷を負うが、難を逃れたスティーブたちにインサイト計画のみを止めさせることを提案する。だがスティーブからS.H.I.E.L.D.その物をヒドラ共々壊滅すべきと主張され、ナターシャたちも彼に賛成したため、スティーブをリーダーと認め、自身はサポート役として協力することを決めた。クライマックスでは、ナターシャが制圧したトリスケリオンの委員会室に現れてS.H.I.E.L.D.とヒドラの内部機密公開のためにデータベースロックを解除させ、ピアースを射殺。崩壊するトリスケリオンからサム・ウィルソン/ファルコンを間一髪で救う活躍まで披露し、事後に公的にも死を偽装してスティーブたちに一時の別れを告げ、ヒドラの残党を追って旅立つ。
エージェント・オブ・シールド』シーズン1
本シリーズでは、ゲストキャラクターとして登場する。実はニューヨーク決戦後に、コールソンの死を惜しみ、彼を蘇生させることを決意して、“ゲスト・ハウス”と呼ばれるS.H.I.E.L.D.の記録からも隠された秘密施設で“T.A.H.I.T.I.計画”を極秘に行い、コールソンを蘇らせていた。しかし、かつてコールソン自身が監督していたオペレーションでもあるT.A.H.I.T.I.計画は、被験者の精神に異常をきたす危険性を秘めていたため、コールソンに彼の少数精鋭チームの編成を認めて、移動拠点の“バス”も提供すると共に[注釈 6]、敏腕エージェントのメリンダ・メイをコールソンの監視役として彼のチームに配属させ、コールソンの様子を密かに報告させていた。
コールソンがT.A.H.I.T.I.計画で蘇生したと知ると、彼の復活に関する資料を送るが、コールソンが自身に接触を求めた時にはその居場所を長らく知らせず、S.H.I.E.L.D.壊滅後も暫くの間コールソンたちに死亡偽装して姿を現さなかった。
『084』(原題:『0-8-4』)
本エピソードのラストに登場。コールソンと彼のチームが、“084”を巡るペルー軍との戦いでバスの機内を損傷させたことについて修理中のバスを訪れ、珍しく腹を立てている様子を見せながら、新しく水槽などの装飾などを取り付けないよう咎めると同時に、外部から新しくチームに加えた民間人のコンサルタントであるデイジー・ジョンソン/スカイについても危険だと警告する。
なお本エピソードは、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』以前の物語である。
『終わりの始まり』(原題:『Beginning of the End』)
ヒドラの一員だったグラント・ウォードによって死の危機に瀕したコールソンの部下であるレオ・フィッツとジェマ・シモンズからの救難信号をキャッチして彼らを救出した後、ヒドラの一員であるジョン・ギャレットと対峙するコールソンと合流する。ギャレット打倒後、コールソンからT.A.H.I.T.I.計画で彼を蘇生させたことを非難されながらも、彼の素養を見込んでコールソンをS.H.I.E.L.D.の新長官に任命し、ツールボックスとS.H.I.E.L.D.の再建を託して再び行方を晦ます。
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
主要人物の一人として登場。南アフリカでのウルトロンとの戦いで消耗し、クリントの自宅農場で静養中のアベンジャーズの下に現れ、ウルトロンから核ミサイル発射コードを謎の存在が守っているという情報を伝え、ウルトロンを倒すようにヒーローたちを励ました。
クライマックスでは、旧型のヘリキャリアをマリアたちと共に運用して、ウルトロンによって浮上してしまったソコヴィアの市街地から、多くの市民を避難させる支援をした。物語のラストでは、ブルース・バナー/ハルクが失踪して意気消沈していたナターシャに、バンダ海に墜落した機影の存在を知らせ、バナーの生存を示唆する。
アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
エンドクレジット後に登場。アトランタでマリアと共にサノスが引き起こした異変に遭遇し、その異常性にいち早く対応し、何者かにポケベルで救援信号を送信する。しかしその直後、自身も塵となって消えてしまう。
キャプテン・マーベル
キャプテン・マーベルの誕生に関わった主要人物の一人として登場。1990年代がストーリーの舞台となるため、若い頃の姿で登場する。
アベンジャーズ/エンドゲーム
物語の終盤に登場。主要人物らと共にトニー・スタークの葬式に参列する。
スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム
主要人物の一人として登場。マリアとともにピーター・パーカーに接触し、彼に任務を言い渡す。


コンピュータゲーム編集

パニッシャー(1993年)
2Pキャラクターとしてフューリー(白人男性)が使用可能。
THE PUNISHER(2005年)
ノンプレイヤーキャラクターとしてフューリー(白人男性)が登場する。
MARVEL VS. CAPCOM 3 Fate of Two Worlds(2011年)
クリムゾン・ヴァイパーのエンディングに登場し、彼女をS.H.I.E.L.D.にスカウトしようとする。
『パニッシャー』とは容貌が大幅に異なり、アルティメット・マーベル版と同様の黒人男性として描写されている。

パロディ編集

ブラインド・フューリー
ルトガー・ハウアーの主演映画。主人公は、ニック・フューリーと同姓同名である。

コレクテッド・エディション編集

  • Marvel Masterworks: Nick Fury, Agent of S.H.I.E.L.D. Vol. 1 (Strange Tales #135-153, Tales of Suspense #78, Fantastic Four #21)
  • Marvel Masterworks: Nick Fury, Agent of S.H.I.E.L.D. Vol. 2 (Strange Tales #154-168, Nick Fury, Agent of S.H.I.E.L.D. #1-3)
  • Marvel Masterworks: Sgt. Fury Vol. 1 (Sgt. Fury and his Howling Commandos #1-13)
  • Marvel Masterworks: Sgt. Fury Vol. 2 (Sgt. Fury and his Howling Commandos #14-23, Annual #1)
  • Marvel Masterworks: Sgt. Fury Vol. 3 (Sgt. Fury and his Howling Commandos #24-32, 'Annual #2)
  • Secret Warriors Vol. 1: Nick Fury Agent of Nothing (Secret Warriors #1-6)

参考編集

出典編集

  1. ^ Sara Wayland (2010年4月19日). “Samuel L. Jackson Talks IRON MAN 2, NICK FURY, CAPTAIN AMERICA, THOR and THE AVENGERS”. Collider. 2010年4月23日閲覧。
  2. ^ Kit, Borys (2009年2月25日). “Jackson's Fury in flurry of Marvel films”. The Hollywood Reporter. オリジナルの2009年2月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090226213213/http://www.hollywoodreporter.com/hr/content_display/film/news/e3i57845f198f95ed93c4667e6a026a4c6b 2010年1月25日閲覧。 
  3. ^ Samuel L. Jackson's Official Site - August 2005 Interview
  4. ^ Cronin, Brian (2010年4月15日). “A Year of Cool Comics – Day 105”. Comic Book Resources CSBG Archive. 2010年9月29日閲覧。
  5. ^ Marvel Zombies: Dead Days
  6. ^ Samuel L. Jackson”. Copyright Kamal Larsuel, 2005. 2007年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年8月20日閲覧。
  7. ^ Deadpool Merc with a Mouth #7
  8. ^ http://www.imdb.com/name/nm0912107/
  9. ^ Samuel L. Jackson Signs 9 Picture Deal With Marvel - Marvel”. Garrulousness.com. 2010年11月12日閲覧。

注釈編集

  1. ^ 左目跡に小さな切り傷が付いており、眼球は白く濁っている。
  2. ^ S.H.I.E.L.D.壊滅後は一時アイパッチではなく、サングラスをあてがっていた。
  3. ^ 声をやや荒げることはある。
  4. ^ 物語はここで終了したが、この話はトニーにすぐさま拒否されて追い返されたことが『アイアンマン2』で言及された。
  5. ^ オープニング・クレジットに出てくる公文書で、ニック・フューリーの名前が確認できる。
  6. ^ バスの提供は、かつてアベンジャーズ団結の一環として彼の宝物であるキャプテン・アメリカのトレーディングカードを血糊で汚した詫びである。

外部リンク編集