英国アカデミー賞 外国語作品賞

英国アカデミー賞 外国語(非英語)作品賞BAFTA Award for Best Film Not in the English Language)は、英国映画テレビ芸術アカデミーによって選出される非英語作品を対象とした賞。

第36回(1983年開催)で外国語作品賞Best Foreign Language Film)として設置され、第42回(1989年開催)より非英語作品賞Best Film Not in the English Language)に改名された。

受賞と候補の一覧編集

1980年代編集

部門 映画 監督 プロデューサー 製作国
1983年(第36回
外国語作品賞 エボリ フランチェスコ・ロージ ニコラ・カラッロ
フランコ・クリスタルディ
  フランス/  イタリア
U・ボート ウォルフガング・ペーターゼン ギュンター・ロールバッハ   西ドイツ
ディーバ ジャン=ジャック・ベネックス イレーヌ・シルベルマン
セルジュ・シルベルマン
  フランス
フィツカラルド ヴェルナー・ヘルツォーク ヴェルナー・ヘルツォーク
ヴィリー・ゼクレア
ルッキ・シュティペティック
  ペルー/  西ドイツ
1984年(第37回
外国語作品賞 ダントン アンジェイ・ワイダ マルガレート・メネゴス
バルバラ・ペツ・シレシツカ
  フランス/  ポーランド/  西ドイツ
ファニーとアレクサンデル イングマール・ベルイマン ヨルン・ドンナー   スウェーデン/  フランス/  西ドイツ
トラヴィアータ/1985・椿姫英語版 フランコ・ゼフィレッリ タラク・ベン・アマール   イタリア
日曜日が待ち遠しい! フランソワ・トリュフォー アルマン・バルボール
フランソワ・トリュフォー
  フランス
1985年(第38回
外国語映画賞 カルメン英語版 カルロス・サウラ エミリアーノ・ピエドラ   スペイン
マルタン・ゲールの帰還英語版 ダニエル・ヴィーニュ ダニエル・ヴィーニュ   フランス
スワンの恋英語版 フォルカー・シュレンドルフ マルガレート・メネゴス   フランス/  西ドイツ
田舎の日曜日 ベルトラン・タヴェルニエ アラン・サルド   フランス
1986年(第39回
外国語作品賞 連隊長レドル サボー・イシュトヴァーン ジョーゼフ・マルクス   ハンガリー/  オーストラリア/  西ドイツ
カルメン英語版 フランチェスコ・ロージ パトリス・ルドゥー   イタリア
Dim Sum: A Little Bit of Heart ウェイン・ワン トム・スターンバーグ   アメリカ合衆国
サブウェイ リュック・ベッソン フランソワ・ルジェリ   フランス
1987年(第40回
外国語作品賞 黒澤明 セルジュ・シルベルマン   日本/  フランス
ベティ・ブルー ジャン=ジャック・ベネックス ジャン=ジャック・ベネックス   フランス
ジンジャーとフレッド英語版 フェデリコ・フェリーニ アルベルト・グリマルディ   イタリア/  フランス/  西ドイツ
オテロ英語版 フランコ・ゼフィレッリ メナヘム・ゴーラン   イタリア/  オランダ
1988年(第41回
外国語作品賞 サクリファイス アンドレイ・タルコフスキー アンナ=レーナ・ヴィボム   スウェーデン/  イギリス/  フランス
愛と宿命の泉 PART I/フロレット家のジャン クロード・ベリ ピエール・グルンステイン
アラン・ポワレ
  フランス/  スイス/  イタリア
愛と宿命の泉 PART II/泉のマノン クロード・ベリ ピエール・グルンステイン
アラン・ポワレ
  フランス/  スイス/  イタリア
マイライフ・アズ・ア・ドッグ ラッセ・ハルストレム ヴァルデマール・ベリエンダール   スウェーデン
1989年(第42回
非英語作品賞 バベットの晩餐会 ガブリエル・アクセル ジャスト・ベッザー   デンマーク
さよなら子供たち ルイ・マル ルイ・マル   フランス/  西ドイツ
黒い瞳英語版 ニキータ・ミハルコフ カルロ・クッキ   イタリア
ベルリン・天使の詩 ヴィム・ヴェンダース アナトール・ドーマン   西ドイツ/  フランス

1990年代編集

部門 映画 監督 プロデューサー 製作国
1990年(第43回
非英語作品賞 素顔の貴婦人英語版 ベルトラン・タヴェルニエ ルネ・クライトマン   フランス
ペレ ビレ・アウグスト ペール・ホルスト   デンマーク/  スウェーデン
サラーム・ボンベイ!英語版 ミーラー・ナーイル ガブリエル・オウア
ミーラー・ナーイル
  インド/  イギリス/  フランス
神経衰弱ぎりぎりの女たち ペドロ・アルモドバル ペドロ・アルモドバル   スペイン
1991年(第44回
非英語作品賞 ニュー・シネマ・パラダイス ジュゼッペ・トルナトーレ フランコ・クリスタルディ   イタリア
モントリオールのジーザス英語版 ドゥニ・アルカン ロジェ・フラピエ
ピエール・ジェンドロン
  カナダ/  フランス
五月のミル ルイ・マル ルイ・マルヴィン・セントマル   フランス/  イタリア
ロミュアルドとジュリエット英語版 コリーヌ・セロー ジャン=ルイ・ピエール
フィリップ・カルカソンヌ
  フランス
1992年(第45回
非英語作品賞 ナスティ・ガール英語版 ミヒャエル・セントフレーベン ミヒャエル・セントフレーベン   西ドイツ
シラノ・ド・ベルジュラック ジャン=ポール・ラプノー ルネ・クライトマン
ミシェル・セイドゥー
  フランス
髪結いの亭主 パトリス・ルコント ティエリー・ド・ガネ   フランス
トト・ザ・ヒーロー英語版 ジャコ・ヴァン・ドルマル ピエール・ドゥルオー
ダニー・ジェイ
  ベルギー/  フランス/  ドイツ
1993年(第46回
非英語作品賞 紅夢 張芸謀 チュウ・フウション   中国/  香港/  台湾
ポンヌフの恋人 レオス・カラックス クリスチャン・フェシュネール   フランス
デリカテッセン ジャン=ピエール・ジュネ
マルク・キャロ
クローディー・オサール   フランス
僕を愛したふたつの国/ヨーロッパ ヨーロッパ アニエスカ・ホランド アルトゥール・ブラウナー
マルガレート・メネゴス
  ドイツ/  フランス/  ポーランド
1994年(第47回
非英語作品賞 さらば、わが愛/覇王別姫 チェン・カイコー シュー・フォン   中国/  香港
愛を弾く女英語版 クロード・ソーテ ジャン=ルイ・リヴィ
フィリップ・カルカソンヌ
  フランス
赤い薔薇ソースの伝説 アルフォンソ・アラウ アルフォンソ・アラウ   メキシコ
インドシナ レジス・ヴァルニエ エリック・ウーマン   フランス
1995年(第48回
非英語作品賞 活きる 張芸謀 チウ・フーション   中国/  香港
トリコロール/赤の愛 クシシュトフ・キェシロフスキ マラン・カルミッツ   フランス/  ポーランド/  スイス
恋人たちの食卓 アン・リー シュー・リーコン   台湾/  アメリカ合衆国
1996年(第49回
非英語作品賞 イル・ポスティーノ マイケル・ラドフォード マリオ・チェッキ・ゴーリ
ヴィットリオ・チェッキ・ゴーリ
ガエタノ・ダニエレ
  フランス/  イタリア/  ベルギー
レ・ミゼラブル クロード・ルルーシュ クロード・ルルーシュ   フランス
王妃マルゴ パトリス・シェロー ピエール・グルンステイン   フランス/  イタリア/  ドイツ
太陽に灼かれて ニキータ・ミハルコフ ミシェル・セイドゥー   ロシア/  フランス
1997年(第50回
非英語作品賞 リディキュール英語版 パトリス・ルコント フレデリック・ブリヨン
フィリップ・カルカソンヌ
ジル・ルグラン
  フランス
アントニアの食卓 マルレーン・ゴリス ハンス・ド・ビア   オランダ/  ベルギー/  イギリス
コーリャ 愛のプラハ ヤン・スヴェラーク エリック・エイブラハム   チェコ
とまどい英語版 クロード・ソーテ アラン・サルド   フランス
1998年(第51回
非英語作品賞 アパートメント ジル・ミモーニ ジョルジュ・ベナヨン   フランス/  スペイン/  イタリア
Lucie Aubrac クロード・ベリ ピエール・グルンステイン   フランス
ぼくのバラ色の人生 アラン・ベルリネール キャロル・スコッタ   フランス/  ベルギー/  イギリス
タンゴ・レッスン英語版 サリー・ポッター クリストファー・シェパード
オスカー・クレイマー
  アルゼンチン/  イギリス/  フランス/  ドイツ/  オランダ
1999年(第52回
非英語作品賞 セントラル・ステーション ウォルター・サレス アーサー・コーン
マルチーヌ・ド・クレアモント=トネーレ
  ブラジル/  フランス
ライフ・イズ・ビューティフル ロベルト・ベニーニ エルダ・フェッリ
ジャンルイジ・ブラスキ
  イタリア
愛と復讐の騎士英語版 フィリップ・ド・ブロカ パトリック・ゴドー   フランス/  イタリア/  ドイツ
ライブ・フレッシュ ペドロ・アルモドバル アグスティン・アルモドバル   スペイン/  フランス

2000年代編集

部門 映画 監督 プロデューサー 製作国
2000年(第53回
非英語作品賞 オール・アバウト・マイ・マザー ペドロ・アルモドバル アグスティン・アルモドバル   スペイン/  フランス
ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ ヴィム・ヴェンダース ローザ・ボッシュ
ウルリッヒ・フェルスベルク
ディーパック・ネイヤー
  ドイツ/  キューバ/  アメリカ合衆国/  フランス/  イギリス
セレブレーション トマス・ヴィンターベア ブリギッテ・ハルド
モーティン・カウフマン
  デンマーク/  スウェーデン
ラン・ローラ・ラン トム・ティクヴァ シュテファン・アルント   ドイツ
2001年(第54回
非英語作品賞 グリーン・デスティニー アン・リー シュー・リーコン
ビル・コン
アン・リー
  台湾/  香港/  アメリカ合衆国/  中国
橋の上の娘 パトリス・ルコント クリスチャン・フェシュネール   フランス
ハリー、見知らぬ友人 ドミニク・モル ミッシェル・サン=ジャン   フランス
花様年華 ウォン・カーウァイ ウォン・カーウァイ   香港/  フランス
マレーナ ジュゼッペ・トルナトーレ ハーヴェイ・ワインスタイン
カルロ・ベルナスコーニ
  イタリア/  アメリカ合衆国
2002年(第55回
非英語作品賞 アモーレス・ペロス アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ   メキシコ
アメリ ジャン=ピエール・ジュネ クロディー・オサール   フランス/  ドイツ
ビハインド・ザ・サン ウォルター・サレス アーサー・コーン   イギリス/  フランス/  スイス
モンスーン・ウェディング ミーラー・ナーイル キャロライン・バロン   インド/  アメリカ合衆国/  フランス/  イタリア/  ドイツ
ピアニスト ミヒャエル・ハネケ ファイト・ハイドゥシュカ   フランス/  ドイツ/  ポーランド/  オーストラリア
2003年(第56回
非英語作品賞 トーク・トゥ・ハー ペドロ・アルモドバル アグスティン・アルモドバル   スペイン
天国の口、終りの楽園。 アルフォンソ・キュアロン ホルヘ・ベルガラ   メキシコ
シティ・オブ・ゴッド フェルナンド・メイレレス
カティア・ルンド
アルドレア・バラタ・ヒベイロ
マウリシオ・アンドラーデ・ラモス
  ブラジル/  フランス/  アメリカ合衆国
Devdas サンジャイ・リーラー・バンサーリー バハラット・シャー   インド
The Warrior アシフ・カパディア ベルトラン・フェヴル   イギリス/  フランス/  ドイツ
2004年(第57回
非英語作品賞 イン・ディス・ワールド マイケル・ウィンターボトム アンドリュー・イートン
アニタ・オーヴァーランド
  イギリス
みなさん、さようなら ドゥニ・アルカン ドゥニ・ロベール
ドゥニ・アルカン
  カナダ
ベルヴィル・ランデブー シルヴァン・ショメ ディディエ・ブリュネール   フランス/  ベルギー/  カナダ/  イギリス
ぼくの好きな先生英語版 ニコラ・フィリベール ジル・サンドーズ   フランス
グッバイ、レーニン! ヴォルフガング・ベッカー シュテファン・アーント   ドイツ
千と千尋の神隠し 宮崎駿 鈴木敏夫   日本
2005年(第58回
非英語作品賞 モーターサイクル・ダイアリーズ ウォルター・サレス マイケル・ノジック
エドガード・テネンバウム
カレン・テンコフ
  アメリカ合衆国/  ドイツ/  イギリス/  アルゼンチン/  チリ/  ペルー/  フランス
コーラス クリストフ・バラティエ アーサー・コーン
ニコラ・モヴェルネ
ジャック・ペラン
  フランス/  スイス/  ドイツ
ロング・エンゲージメント ジャン=ピエール・ジュネ フランシス・ボーフラッグ   フランス/  アメリカ合衆国
バッド・エデュケーション ペドロ・アルモドバル アグスティン・アルモドバル   スペイン
LOVERS 張芸謀 ウィリアム・コン   中国/  香港
2006年(第59回
非英語作品賞 真夜中のピアニスト ジャック・オーディアール パスカル・コシュトゥー   フランス
長い旅英語版 イスマエル・フェルーキ アンベール・バルザン   フランス/  モロッコ
戦場のアリア クリスチャン・カリオン クリストフ・ロシニョン   フランス/  ドイツ/  ベルギー/  イギリス/  ルーマニア
カンフーハッスル 周星馳 チャウ・シンチー
チェイ・ポーチュウ
ジェフ・ラウ
  中国/  香港
ツォツィ ギャヴィン・フッド ピーター・フダコウスキ   イギリス/  南アフリカ共和国
2007年(第60回
非英語作品賞 パンズ・ラビリンス ギレルモ・デル・トロ アルフォンソ・キュアロン
ベルサ・ナヴァロ
フリーダ・トレスブランコ
  メキシコ/  スペイン
アポカリプト メル・ギブソン ブルース・デイヴィ   アメリカ合衆国
ブラックブック ポール・バーホーベン テイン・ヒルテ
サン・フ・マルタ
イェンス・メウラー
  オランダ/  ベルギー/  イギリス/  ドイツ
Paint It Yellow (Rang De Basanti) ラケーシュ・オムプラカーシュ・メーラ ロニー・スクリューワーラー   インド
ボルベール〈帰郷〉 ペドロ・アルモドバル アグスティン・アルモドバル   スペイン
2008年(第61回
非英語作品賞 善き人のためのソナタ フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク クイリン・ベルク
マックス・ヴィーデマン
  ドイツ
潜水服は蝶の夢を見る ジュリアン・シュナーベル キャスリーン・ケネディ
ジョン・キリク
  フランス/  アメリカ合衆国
君のためなら千回でも マーク・フォースター ウィリアム・ホーバーグ
ウォルター・F・パークス
レベッカ・イェルダム
E・ベネット・ウォルシュ
ローリー・マクドナルド
  アメリカ合衆国
エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜 オリヴィエ・ダアン アラン・ゴールドマン   フランス/  イギリス/  チェコ
ラスト、コーション アン・リー アン・リー
江志強
ジェームズ・シェイマス
  アメリカ合衆国/  中国/  台湾/  香港
2009年(第62回
非英語作品賞 ずっとあなたを愛してる フィリップ・クローデル シルヴェストル・ガリノ
イヴ・マルミオン
  フランス
バーダー・マインホフ 理想の果てに ウーリ・エーデル ベルント・アイヒンガー   イギリス
ゴモラ マッテオ・ガローネ ドメニコ・プロカッチ   イタリア
ペルセポリス マルジャン・サトラピ
ヴァンサン・パロノー
マルク=アントワーヌ・ロベール
サヴィエ・リゴ
  フランス
戦場でワルツを アリ・フォルマン アリ・フォルマン
セルジュ・ラルー
ゲルハルト・メイクスナー
ヤエル・ナフリエリ
ロマン・ポール
  イスラエル/  ドイツ/  フランス/  アメリカ合衆国

2010年代編集

部門 映画 監督 プロデューサー 製作国
2010年(第63回
非英語作品賞 預言者 ジャック・オーディアール パスカル・コシュトゥー
マルコ・チェルキ
アリックス・レイノー
ジャック・オーディアール
  フランス
抱擁のかけら ペドロ・アルモドバル アグスティン・アルモドバル
ペドロ・アルモドバル
  スペイン
ココ・アヴァン・シャネル アンヌ・フォンテーヌ キャロル・スコッタ
カロリーヌ・ベンジョー
フィリップ・カルカソンヌ
アンヌ・フォンテーヌ
  フランス
ぼくのエリ 200歳の少女 トーマス・アルフレッドソン ヨン・ノードリング
カール・モリンデル
トーマス・アルフレッドソン
  スウェーデン
白いリボン ミヒャエル・ハネケ シュテファン・アルント
ファイト・ハイドゥシュカ
マルガレート・メネゴズ
ミヒャエル・ハネケ
  オーストリア/  ドイツ/  フランス/  イタリア
2011年(第64回
非英語作品賞 ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 ニールス・アルデン・オプレヴ ニールス・アルデン・オプレヴ
ソロン・スターモス
  スウェーデン
BIUTIFUL ビューティフル アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
アルフォンソ・キュアロン
ギレルモ・デル・トロ
フェルナンド・ボバイラ
サンドラ・ヘルミダ
ジョン・キリク
アン・ルアーク
  メキシコ
ミラノ、愛に生きる ルカ・グァダニーノ ルカ・グァダニーノ
ティルダ・スウィントン
  イタリア
神々と男たち グザヴィエ・ボーヴォワ グザヴィエ・ボーヴォワ
パスカル・コシュトゥ
  フランス
瞳の奥の秘密 フアン・ホセ・カンパネラ フアン・ホセ・カンパネラ
マリエラ・ベスイエフスキー
フアン・ホセ・カンパネラ
  アルゼンチン
2012年(第65回
非英語作品賞 私が、生きる肌 ペドロ・アルモドバル ペドロ・アルモドバル
アグスティン・アルモドバル
  スペイン
別離 アスガル・ファルハーディー アスガル・ファルハーディー   イラン
しあわせの雨傘英語版 フランソワ・オゾン フランソワ・オゾン
ニコラス・オルトメイヤー
エリック・アルトメイヤー
  フランス/  ベルギー
Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち ヴィム・ヴェンダース ヴィム・ヴェンダース
ジャン=ピエロ・リンゲル
  ドイツ/  フランス/  イギリス
灼熱の魂 ドゥニ・ヴィルヌーヴ ドゥニ・ヴィルヌーヴ
リュック・デリ
キム・マクロー
  カナダ
2013年(第66回
非英語作品賞 愛、アムール ミヒャエル・ハネケ ミヒャエル・ハネケ
マルガレート・メネゴス
  オーストリア
ヘッドハンター モルテン・ティルドゥム モルテン・ティルドゥム
マリアンヌ・グレイ
アスレ・ヴァトゥン
  ノルウェー
偽りなき者 トマス・ヴィンターベア トマス・ヴィンターベア
シーセ・グラウム・ヨルゲンセン
モーテン・カウフマン
  デンマーク
君と歩く世界 ジャック・オーディアール ジャック・オーディアール
パスカル・コシュトゥー
  ベルギー/  フランス
最強のふたり エリック・トレダノ
オリヴィエ・ナカシュ
エリック・トレダノ
オリヴィエ・ナカシュ
ニコラ・デュヴァル・アダソフスキ
ヤン・ゼノウ
ローラン・ゼイトゥン
  フランス
2014年(第67回
非英語作品賞 グレート・ビューティー/追憶のローマ パオロ・ソレンティーノ パオロ・ソレンティーノ
ニコラ・ジュリアーノ
フランチェスカ・シーマ
  イタリア/  フランス
アクト・オブ・キリング ジョシュア・オッペンハイマー ジョシュア・オッペンハイマー
シーネ・ビュレ・ソーレンセン
  ノルウェー/  デンマーク/  イギリス
アデル、ブルーは熱い色 アブデラティフ・ケシシュ アブデラティフ・ケシシュ
ブラヒム・シウア
ヴァンサン・マラヴァル
  フランス
メトロマニラ 世界で最も危険な街 ショーン・エリス ショーン・エリス
マチルド・シャルパンティエ
  イギリス
少女は自転車にのって ハイファ・アル=マンスール ハイファ・アル=マンスール
ゲルハルト・マイクスナー
ローマン・ポール
  サウジアラビア/  ドイツ
2015年(第68回
非英語作品賞 イーダ パヴェウ・パヴリコフスキ エリック・エイブラハム
ピョートル・ヂェチョウ
エヴァ・プシュチンスカ
  ポーランド
裁かれるは善人のみ アンドレイ・ズビャギンツェフ アレクサンドル・ロドニャンスキー   ロシア
めぐり逢わせのお弁当 リテーシュ・バトラ アルン・ラングチャーリー
アヌラーグ・カシャップ
グニート・モーンガー
  インド/  フランス/  ドイツ
トラッシュ! -この街が輝く日まで- スティーブン・ダルドリー ティム・ビーヴァン
エリック・フェルナー
クリス・サイキエル
  ブラジル/  イギリス
サンドラの週末 ジャン=ピエール・ダルデンヌ
リュック・ダルデンヌ
ジャン=ピエール・ダルデンヌ
リュック・ダルデンヌ

ドゥニ・フロイド
  ベルギー/  フランス/  イタリア
2016年(第69回
非英語作品賞 人生スイッチ ダミアン・ジフロン ウーゴ・シグマン
アグスティン・アルモドーバル
ペドロ・アルモドーバル
マティアス・モステイリン
エッシャー・ガルシア
フェリペ・フォティアデス
ヘラルド・ロシン
  アルゼンチン/  スペイン
黒衣の刺客 ホウ・シャオシェン 廖慶松   台湾/  中国/  香港
フレンチアルプスで起きたこと リューベン・オストルンド エリク・ヘンメンドルフ
マリー・シェルソン
  スウェーデン
ディーブ英語版 ナジ・アブ・ヌワール Bassel Ghandour
Rupert Lloyd
Nadine Toukan
Nasser Kalaji
Laith Majali
Diala Al Raie
Yanal Kassay
  ヨルダン/  イギリス
禁じられた歌声英語版 アブデラマン・シサコ Sylvie Pialat
Étienne Comar
  フランス/  モーリタニア
2017年(第70回
非英語作品賞 サウルの息子 ネメシュ・ラースロー シポシュ・ガーボル
ライナ・ガーボル
  ハンガリー
ディーパンの闘い ジャック・オーディアール パスカル・コシュトゥー
ジャック・オーディアール
  フランス
ジュリエッタ ペドロ・アルモドバル アグスティン・アルモドバル
ペドロ・アルモドバル
エッシャー・ガルシア
  スペイン
裸足の季節 デニズ・ガムゼ・エルギュヴェン シャルル・ジリベール   フランス/  トルコ/  ドイツ
ありがとう、トニ・エルドマン マーレン・アデ マーレン・アデ
ヨナス・ドルンバッハ
ヤニーネ・ヤツコフスキ
ミヒェル・メルクト
  ドイツ/  オーストリア
2018年(第71回
非英語作品賞 お嬢さん パク・チャヌク パク・チャヌク
シド・リム
  韓国
エル ELLE ポール・バーホーベン ミヒェル・メルクト
サイド・ベン・サイド
  フランス
最初に父が殺された アンジェリーナ・ジョリー アンジェリーナ・ジョリー
リティ・パニュ
テッド・サランドス
マイケル・ヴィエイラ
  カンボジア
ラブレス アンドレイ・ズビャギンツェフ アレクサンター・ロンダヤスキー
セルゲイ・メルクモフ
グレブ・フェティソフ
  ロシア
セールスマン アスガル・ファルハーディー アレクサンドル・マレ=ギィ
アスガル・ファルハーディー
  イラン
2019年(第72回
非英語作品賞 ROMA/ローマ アルフォンソ・キュアロン アルフォンソ・キュアロン
ガブリエラ・ロドリゲス
ニコラス・セリス
  メキシコ/  アメリカ合衆国
存在のない子供たち ナディーン・ラバキー ミヒェル・メルクト
ハーレド・ムザンナル
  レバノン
COLD WAR あの歌、2つの心 パヴェウ・パヴリコフスキ タニヤ・セガッチアン
エヴァ・プシュチンスカ
  ポーランド/  イギリス/  フランス
ドッグマン マッテオ・ガローネ マッテオ・ガローネ
ジェレミー・トーマス
ジャン・ラバディ
パオロ・デル・ブロッコ
  イタリア
万引き家族 是枝裕和 石原隆
依田巽
中江康人
  日本

2020年代編集

部門 映画 監督 プロデューサー 製作国
2020年(第73回
非英語作品賞 パラサイト 半地下の家族 ポン・ジュノ クァク・シンエ
ムン・ヤングォン
チャン・ヨンファン
  韓国
フェアウェル ルル・ワン ルル・ワン
アニタ・ゴウ
ダニエル・テイト・メリア
アンドリュー・ミアノ
ピーター・サラフ
マーク・タートルーブ
クリス・ワイツ
ジェーン・チェン
  アメリカ合衆国
娘は戦場で生まれた ワアド・アル=カデブ
エドワード・ワッツ
ワアド・アル=カデブ   イギリス/  アメリカ合衆国/  シリア
ペイン・アンド・グローリー ペドロ・アルモドバル アグスティン・アルモドバル   スペイン
燃ゆる女の肖像 セリーヌ・シアマ ベネディクト・クーヴルー   フランス
2021年(第74回
非英語作品賞 アナザーラウンド トマス・ヴィンターベア シシ・グラウム・ヨアンセン
カスパー・ディシング
  デンマーク
親愛なる同志たちへ アンドレイ・コンチャロフスキー アンドレイ・コンチャロフスキー
アリシェル・ウスマノフ
  ロシア
レ・ミゼラブル ラジ・リ Toufik Ayadi
Christophe Barral
  フランス
ミナリ リー・アイザック・チョン ジェレミー・クライナー
デデ・ガードナー
クリスティーナ・オー
  アメリカ合衆国
Quo Vadis, Aida? ヤスミラ・ジュバニッチ Damir Ibrahimović
Jasmila Žbanić
  ボスニア・ヘルツェゴビナ

出典編集

外部リンク編集