ブルーノ・フェルナンデス

この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の姓)はボルジェス、第二姓(父方の姓)はフェルナンデスです。

ブルーノ・ミゲル・ボルジェス・フェルナンデス(Bruno Miguel Borges Fernandes,1994年9月8日 - )は、ポルトガルポルト県マイア出身のサッカー選手ポルトガル代表マンチェスター・ユナイテッドFC所属。ポジションはミッドフィールダー

ブルーノ・フェルナンデス Football pictogram.svg
Bruno Fernandes 2018.jpg
ポルトガル代表でのフェルナンデス(2018年)
名前
本名 Bruno Miguel Borges Fernandes
ラテン文字 BRUNO FERNANDES
基本情報
国籍 ポルトガルの旗 ポルトガル
生年月日 (1994-09-08) 1994年9月8日(26歳)
出身地 ポルト県マイア
身長 179cm
体重 69kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 マンチェスター・ユナイテッドFC
ポジション MF
背番号 18
ユース
2002-2004 ポルトガルの旗 インフェスタ
2004-2012 ポルトガルの旗 ボアヴィスタ
2012-2013 イタリアの旗 ノヴァーラ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2012-2013 イタリアの旗 ノヴァーラ 23 (4)
2013-2017 イタリアの旗 ウディネーゼ 86 (10)
2016-2017 イタリアの旗 サンプドリア (loan) 33 (5)
2017 イタリアの旗 サンプドリア 0 (0)
2017-2020 ポルトガルの旗 スポルティングCP 83 (39)
2020- イングランドの旗 マンチェスター・ユナイテッド 51 (26)
代表歴2
2012  ポルトガル U-19 2 (0)
2014  ポルトガル U-20 5 (1)
2014-2017  ポルトガル U-21 17 (6)
2016  ポルトガル 五輪 4 (0)
2017- ポルトガルの旗 ポルトガル 29 (4)
1. 国内リーグ戦に限る。2021年7月28日現在。
2. 2021年06月10日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

クラブ経歴編集

ノヴァーラ編集

ポルト近郊のマイア出身でユース時代の大半を過ごした地元クラブのボアヴィスタFCを経て、2012年8月27日にノヴァーラ・カルチョのプリマヴェーラに入団[1]。入団から僅か数週間でセリエBに所属するトップチームに昇格すると、2012-13シーズンはリーグ戦の半分以上の試合に出場し、チームを5位と昇格プレーオフ進出に貢献した[2]

ウディネーゼ編集

2013年夏、共同保有の形でセリエAウディネーゼ・カルチョに移籍[3]。11月3日、インテルナツィオナーレ・ミラノ戦に後半途中出場し、移籍後初出場を果たした[4]。12月7日、SSCナポリ戦でセリエA初ゴールを挙げた[5][6]。2014年1月30日、ウディネーゼが保有権を全て買い取った[7]

サンプドリア編集

2016年8月16日、UCサンプドリアに買い取りオプション付きのレンタルで加入[8][9]。移籍から12日後に、アタランタBC戦で移籍後初出場を果たした[10]。9月26日、カリアリ・カルチョ戦で移籍後初ゴールを挙げた[11]。このシーズン、セリエA33試合に出場し5得点を記録し、チームの10位でのフィニッシュに貢献した[12]。シーズン終了後、完全移籍した。

スポルティングCP編集

2017年6月27日、スポルティング・クルーベ・デ・ポルトゥガルに850万ユーロで移籍。契約期間は5年で1億ユーロの契約解除条項が設定された[13]。移籍後初めの5試合で4ゴールを挙げ、その内ヴィトーリアSC戦では1試合2得点を記録した[14][15]。9月12日、UEFAチャンピオンズリーグオリンピアコス戦でチャンピオンズリーグ初出場を果たし、ゴールも挙げた[16]。スポルティングCPでの最初のシーズンは、チーム内でバス・ドストに次ぐ公式戦16得点を記録した[17]

2018年5月15日、リーグ戦で3位となり、チャンピオンズリーグ出場権を逃したことで、過激なサポーター約50人が練習場を襲撃し、フェルナンデスを含む選手やコーチら数人が負傷した[18][19]。しかし、フェルナンデスは翌週に予定されていたタッサ・デ・ポルトガル決勝のCDアヴェス戦に出場することに同意し[20]、出場したが試合には敗れた[21]

2018年7月6日、プリメイラ・リーガ年間最優秀選手賞を受賞した[22]。スポルティングCPを退団する決意をしていたが、の会長のブルーノ・デ・カルヴァーリョが退任したことを受けて、7月10日にクラブと新たに5年契約を締結し残留した[23][24]

2019年3月3日、ポルティモネンセ戦でPKからシーズン23点目となるゴールを挙げ、1981-82シーズンのアントニオ・オリヴェイラが記録したクラブのミッドフィールダーによるシーズン得点記録を更新した[25]。5月5日、ベレネンセスSAD戦でのハットトリックでシーズン31得点を記録し、ポルトガル人MFとしてシーズン最多得点記録を樹立した[26]。5月25日、タッサ・デ・ポルトガル決勝のFCポルト戦でシーズン33点目のゴールを挙げた[27]。2018-19シーズンの活躍を評価され、2年連続でプリメイラ・リーガ最優秀選手賞を受賞した[28]

2019-20シーズンは、最初の10試合で7ゴールを挙げ、6試合連続得点を記録した[29]。これは、21世紀のスポルティングCPの選手では、マリオ・ジャルデウバス・ドストに次いで3人目の快挙だった[30]。11月28日、PSVアイントホーフェン戦では2ゴール2アシストを記録して4-0での勝利に貢献し、チームは決勝トーナメント進出を決めた[31]

マンチェスター・ユナイテッド編集

2020年1月29日、マンチェスター・ユナイテッドに移籍することでクラブ間合意したことが発表された[32][33]。翌30日に正式に契約を締結した[34]。契約期間は1年の延長オプション付きの5年半となる。移籍金は5500万ユーロとされ、さらにボーナスが2500万ユーロ、フェルナンデスが移籍した際のユナイテッドが得る利益の10パーセントをスポルティングCPに支払われることになる[35][36][37]

2月1日、ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズで移籍後初出場を果たした[38]。2月17日、チェルシー戦ではハリー・マグワイアのゴールをアシストした[39]UEFAヨーロッパリーグラウンド32のクラブ・ブルッヘ戦1stレグでユナイテッドでのUEFA主催大会初出場を果たし[40]、2ndレグではゴールも挙げた[41] 。2月22日のワトフォード戦で移籍後初ゴールを決め、さらにメイソン・グリーンウッドのゴールをアシストした[42]。3月16日、2月のプレミアリーグ月間最優秀選手賞を受賞した[43]。6月に行われたリーグ戦では3試合で3ゴールを決めるなどの活躍で、プレミアリーグ6月の最優秀選手賞を受賞、新型コロナウイルスによる影響での中断を挟み、2ヶ月連続の受賞となった。また6月30日、第32節のブライトン戦のゴールは月間最優秀ゴール賞を受賞[44]、これらの2つのタイトルを同じ月に同時受賞した初めての選手となった[45]。また、ユナイテッドの選手としては2006-07シーズンのクリスティアーノ・ロナウド以来となる2ヶ月連続での月間最優秀選手受賞となった[46]。7月4日のボーンマス戦で直接FKを決めただけでなく2アシストも決め、勝利をもたらした。これで加入後リーグ戦では9試合で6ゴール5アシストを記録したこととなった[47]。9月に、サー・マット・バスビー賞を受賞した[48]

2020年9月26日、ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFC戦でシーズン初ゴールを挙げた[49]。このゴールは、審判が試合終了のホイッスルを吹いた後にビデオ・アシスタント・レフェリーによって相手選手のハンドが確認され、与えられたPKからのゴールであった。11月7日、エヴァートン戦で2ゴール1アシストを記録した[50]。11月は4ゴール3アシストを記録し、11月のプレミアリーグ月間最優秀選手賞を受賞した[51]。12月には、3ゴール4アシストを記録し、12月のプレミアリーグ月間最優秀選手を受賞し、1年間で4度受賞した初めての選手となった[52][53]

2021年2月2日、サウサンプトンFC戦で1ゴール2アシストを挙げ、9-0の大勝に貢献した[54]。2月4日、BBCが行った「冬の移籍マーケットでプレミアリーグに移籍した史上最高選手のファン投票」では、加入から1年あまりにもかかわらずフィルジル・ファン・ダイクを抑え1位に選ばれた[55]

代表歴編集

ユース年代からポルトガル代表に選ばれている。

2017年8月28日、負傷したピッツィに代わり2018 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選フェロー諸島戦とハンガリー戦に招集された[56]。しかしいずれの試合も出場せず終わった。

2016年リオデジャネイロオリンピックでは全試合で先発出場した[57][58][59]

2017年11月10日、ヴィゼウで開催されたサウジアラビア代表とのフレンドリーマッチで、マヌエル・フェルナンデスとの交代で途中出場しA代表初キャップ[60]

2018年6月7日のアルジェリアとのフレンドリーマッチでA代表初ゴールを決めた[61]2018 FIFAワールドカップではグループリーグの2試合に出場した[61]

プレースタイル・評価編集

常に周囲を確認することによって得られる広い視野と、長短問わず繰り出される正確なパスによって試合をコントロールする司令塔である。主にトップ下でプレーしながらも、後方からのビルドアップが上手くいかないときはセンターバックの近くまで動いてボールを受けたり、ときにはサイドライン近くでのパス交換に参加したりと、非常に広くピッチ上を動いてチャンスをうかがう。キックの精度がきわめて高く、流れの中だけでなくフリーキックコーナーキックからもチャンスを作り出せる。ペナルティーキックの名手としても知られ、その成功率は90%を超える[62]。また、スポルティングCPへ移籍した頃から、ミドルレンジだけでなくペナルティエリア内でのプレーも増え、高い得点力も見せている[63]。パスを供給するだけでなく、自ら相手の最終ラインの裏へ抜け出す能力も高いため、オン・ザ・ボールでもオフ・ザ・ボールでも大きなチャンスを作ることができる。マンチェスターユナイテッドのレジェンドOBポール・スコールズは「彼は私よりもいいね。(タイプが)自分とは違う。私よりも多くの得点を決めるし、多くのゴールを生み出す」と発言した[64]

守備面では、持ち前の視野の広さと高いインテリジェンスによって、相手のパスコースを切りながら相手にプレッシャーをかけることに長けている。自陣の守備が手薄な時には全力で相手を追いかけ攻撃を遅らせる一方で、ときには相手GKにまでプレッシャーをかけるなど運動量の豊富な選手であり、フル出場時には11~12㎞走るなど高い献身性を持っている。強靭なフィジカルを持っているわけではないが、球際の激しい競り合いもいとわずにボールを奪って、カウンターの起点となることも多い。

またプレー面だけでなく、持ち前のキャプテンシーによって精神面でもチームを引っ張ることができる。ノヴァ―ラ時代の同僚パブロ・ゴンザレスは「すぐに欠かせない選手になった。若くて落ち着いた性格だったがリーダーシップを発揮して、他の選手たちに自信を与えてくれた。」と称賛した。また、マンチェスターユナイテッドでは、加入直後からピッチ内外でチームに刺激を与え、マーカス・ラッシュフォードは「常にチームを向上させたいと思っていて、トレーニングでもそれ以外でも努力を惜しまない」と評している[65]

個人成績編集

クラブ成績編集

2021年05月26日現在
クラブ シーズン リーグ リーグ カップ リーグカップ UEFA 通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ノヴァーラ 2012–13[66] セリエB 23 4 0 0 23 4
ウディネーゼ 2013–14[66] セリエA 24 4 4 0 0 0 28 4
2014–15[66] 31 3 3 1 34 4
2015–16[66] 31 3 2 0 33 3
通算 86 10 9 1 0 0 95 11
サンプドリア 2016–17[66] セリエA 33 5 2 0 35 5
スポルティングCP 2017–18[67] プリメイラ・リーガ 33 11 5 1 4 0 14[注釈 1] 4 56 16
2018–19[67] 33 20 7 7 5 3 8[注釈 2] 3 53 33
2019–20[67] 17 8 1 0 4 2 5[注釈 2] 5 27 15
通算 83 39 13 8 13 5 27 12 136 64
マンチェスター・ユナイテッドFC 2019–20[68] プレミアリーグ 14 8 3 1 5[注釈 2] 3 22 12
2020–21[69] 37 18 3 1 3 0 15[注釈 3] 9 58 28
通算 51 26 6 2 3 0 20 12 80 40
キャリア通算 276 84 30 11 16 5 47 24 369 124
  1. ^ UEFAチャンピオンズリーグ8試合1ゴール, UEFAヨーロッパリーグ6試合3ゴール
  2. ^ a b c UEFAヨーロッパリーグ
  3. ^ UEFAチャンピオンズリーグ6試合4ゴール, UEFAヨーロッパリーグ9試合5ゴール

代表成績編集

2021年3月27日現在[70]

試合数編集


ポルトガル代表国際Aマッチ
出場得点
2017 2 0
2018 9 1
2019 8 1
2020 6 0
2021 2 0
合計 27 2

代表での得点編集

# 日付 場所 スタジアム 対戦相手 スコア 結果 試合
1. 2018年6月7日  リスボン エスタディオ・ダ・ルス   アルジェリア 2 – 0 3 – 0 親善試合
2. 2019年11月17日  ルクセンブルク市 スタッド・ヨジー・バーテル   ルクセンブルク 1 – 0 2 – 0 UEFA EURO 2020予選

タイトル編集

クラブ編集

スポルティングCP

個人編集

代表編集

脚注編集

  1. ^ Roseiro, Bruno (2017年6月27日). “Bruno Fernandes. O miúdo que começou a rolar na capital do hóquei” (ポルトガル語). Observador (Lisbon). オリジナルの2020年11月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201128051013/https://observador.pt/2017/06/27/bruno-fernandes-o-miudo-que-comecou-a-rolar-na-capital-do-hoquei/ 2018年5月25日閲覧。 
  2. ^ Italian Serie B Table” (英語). ESPN. 2020年12月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月2日閲覧。
  3. ^ Bruno Fernandes, l’ennesimo colpo dell’Udinese” [Bruno Fernandes, Udinese's umpteenth steal] (イタリア語). Yahoo! Sports (2013年12月3日). 2016年3月27日閲覧。
  4. ^ Udinese-Inter 0–3: Palacio, raddoppia Rannocchia, tris di Alvarez” (イタリア語). Calciomercato.com. Calcioinfinito (2013年11月3日). 2020年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月27日閲覧。
  5. ^ Pareggio al San Paolo, doppietta di Pandev e gol di Dzemaili per gli azzurri” (イタリア語). S.S.C. Napoli (2013年12月7日). 2020年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月27日閲覧。
  6. ^ Malfitano, Mimmo (2014年4月19日). “Udinese-Napoli 1–1, gol di Callejon e Bruno Fernandes. Espulso Fernandez” (イタリア語). La Gazzetta dello Sport (Milan). http://www.gazzetta.it/Calcio/Serie-A/19-04-2014/udinese-napoli-1-1-gol-callejon-bruno-fernandes-espulso-fernandez-80482800612.shtml 2016年3月27日閲覧。 
  7. ^ Calciomercato Udinese, ecco due riscatti: Bruno Fernandes-Douglas” (イタリア語) (2014年1月30日). 2016年3月27日閲覧。
  8. ^ Official: Sampdoria sign Bruno Fernandes”. Football Italia (2016年8月16日). 2016年8月26日閲覧。
  9. ^ “Ufficiale: Bruno Fernandes alla Sampdoria” (イタリア語). Corriere Dello Sport. (2016年8月16日). http://www.corrieredellosport.it/news/calcio/calcio-mercato/2016/08/16-14450411/ufficiale_bruno_fernandes_alla_sampdoria/ 2016年8月26日閲覧。 
  10. ^ “Atalanta ancora ko: 2–1 per la Samp – Non riesce la rimonta in dieci uomini” (イタリア語). L'Eco di Bergamo. (2016年8月28日). オリジナルの2018年5月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180520124145/https://www.ecodibergamo.it/stories/Sport/sampdoria-atalanta-le-ultime-notizieil-modulo-e-il-3-5-2-gioca-carmona_1198963_11/ 2017年6月28日閲覧。 
  11. ^ “Serie A, Cagliari-Sampdoria 2–1: Joao Pedro e Melchiorri show, ma che papera di Viviano” (イタリア語). Corriere dello Sport (Rome). (2016年9月26日). http://www.corrieredellosport.it/news/calcio/serie-a/2016/09/26-15799051/serie_a_cagliari-sampdoria_2-1_joao_pedro_e_melchiorri_show_bruno_fernandes_non_basta/ 2017年6月28日閲覧。 
  12. ^ League Table | Lega Serie A” (英語). www.legaseriea.it. Serie A. 2020年11月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月2日閲覧。
  13. ^ “Sporting: Bruno Fernandes com cláusula de 100 milhões” (ポルトガル語). Mais Futebol. (2017年6月27日). http://www.maisfutebol.iol.pt/liga/27-06-2017/oficial-sampdoria-confirma-bruno-fernandes-no-sporting?_ga=2.128693580.1153459493.1498137173-1125892984.1471973876 2017年6月27日閲覧。 
  14. ^ “Jorge Jesus: "Dupla Bruno Fernandes-Bas Dost não serve para todos os jogos"” (ポルトガル語). Record (Lisbon). (2017年8月19日). http://www.record.pt/futebol/futebol-nacional/liga-nos/sporting/detalhe/jorge-jesus-dupla-bruno-fernandes-bas-dost-nao-serve-para-todos-os-jogos.html 2017年6月27日閲覧。 
  15. ^ Tornesi, Duarte; Toucedo, Rafael (2017年9月10日). “Bruno Fernandes arranca como Balakov” (ポルトガル語). O Jogo (Porto). https://www.ojogo.pt/futebol/1a-liga/sporting/noticias/interior/bruno-fernandes-arranca-como-balakov-8760054.html 2017年9月12日閲覧。 
  16. ^ Sporting derrota Olympiacos na Grécia” (ポルトガル語). UEFA (2017年9月12日). 2017年9月13日閲覧。
  17. ^ “Quarta vez de Bruno Fernandes” (ポルトガル語). Record (Lisbon). (2018年4月29日). https://www.record.pt/futebol/futebol-nacional/liga-nos/sporting/detalhe/quarta-vez-de-bruno-fernandes.html 2018年5月25日閲覧。 
  18. ^ 19 jogadores do Sporting contam tudo sobre o ataque a Alcochete (e como Palhinha protegeu Montero)” (ポルトガル語). MSN. Microsoft (2018年5月23日). 2018年5月24日閲覧。
  19. ^ Kiley, Ben (2018年5月15日). “Sporting Lisbon players attacked at training ground after failing to secure Champions League spot”. SportsJOE.ie. Maximum Media. 2018年5月16日閲覧。
  20. ^ Sporting Lisbon: Players agree to play Portuguese Cup final after attack”. BBC Sport (2018年5月16日). 2018年6月2日閲覧。
  21. ^ “Aves ganha a Taça de Portugal graças a bis de Guedes” (ポルトガル語). O Jogo (Porto). (2018年5月20日). https://www.ojogo.pt/futebol/taca-portugal/noticias/interior/aves-ganha-a-taca-de-portugal-gracas-a-bis-de-guedes-9360212.html 2018年7月26日閲覧。 
  22. ^ “Bruno Fernandes eleito melhor jogador da 1 Liga” (ポルトガル語). O Jogo (Porto). (2018年7月6日). https://www.ojogo.pt/futebol/1a-liga/sporting/noticias/interior/bruno-fernandes-eleito-melhor-jogador-da-i-liga-em-201718-9561926.html 2018年8月18日閲覧。 
  23. ^ Bruno Fernandes pens Sporting Lisbon deal”. Sports Mole (2018年7月10日). 2018年8月18日閲覧。
  24. ^ “Bruno Fernandes passará a ganhar o dobro” (ポルトガル語). A Bola (Lisbon). (2018年7月8日). https://www.abola.pt/nacional/Noticias/Ver/739382 2018年7月9日閲覧。 
  25. ^ Roseiro, Bruno (2019年3月3日). “Bruno Fernandes e um recorde que fica bem na fotografia: médio bate registo de golos de Oliveira” (ポルトガル語). Observador (Lisbon). https://observador.pt/2019/03/03/bruno-fernandes-e-um-recorde-que-fica-bem-na-fotografia-medio-bate-registo-de-golos-de-oliveira/ 2019年3月5日閲覧。 
  26. ^ Ribeiro, Patrick (2019年5月5日). “Sporting put eight past Belenenses following big wins for title-tussling Benfica and FC Porto”. PortuGOAL.net. 2019年5月7日閲覧。
  27. ^ Ribeiro, Patrick (2019年5月25日). “Sporting complete cup-double over Porto and secure Taça de Portugal title”. https://portugoal.net/club-news/1166-sporting-complete-cup-double-over-porto-to-secure-taca-de-portugal-title 2020年1月13日閲覧。 
  28. ^ “Bruno Fernandes eleito o melhor jogador da Liga em 18/19” (ポルトガル語). (2019年7月5日). https://maisfutebol.iol.pt/sporting/06-07-2019/bruno-fernandes-eleito-o-melhor-jogador-da-liga-em-18-19 2020年5月18日閲覧。 
  29. ^ “Sporting 2–1 LASK Linz: Relato” (ポルトガル語). (2019年10月3日). https://www.zerozero.pt/match_live.php?id=7049462 2020年5月17日閲覧。 
  30. ^ “Ainda há palavras para os registos históricos deste senhor capitão?” (ポルトガル語). (2019年10月4日). https://www.zerozero.pt/news.php?id=264683 2020年5月17日閲覧。 
  31. ^ “Europa League: All smiles for Sporting, Porto and Braga, Vitória unlucky again”. (2019年11月29日). https://portugoal.net/club-news/1395-europa-league-all-smiles-for-sporting-porto-and-braga-vitoria-unlucky-again 2020年5月17日閲覧。 
  32. ^ Man Utd agree deal to sign Bruno Fernandes” (英語). Manchester United FC (2020年1月29日). 2020年1月29日閲覧。
  33. ^ ブルーノ・フェルナンデスの移籍交渉が合意に”. マンチェスター・ユナイテッド (2020年1月29日). 2020年1月30日閲覧。
  34. ^ ブルーノ・フェルナンデスの移籍が成立”. Manchester United FC (2020年1月30日). 2020年1月31日閲覧。
  35. ^ “Bruno Fernandes: Manchester United agree deal with Sporting Lisbon”. (2020年1月29日). https://www.bbc.co.uk/sport/football/51301424 2020年2月2日閲覧。 
  36. ^ “Bruno Fernandes: Manchester United sign Sporting Lisbon midfielder”. (2020年1月30日). https://www.bbc.co.uk/sport/football/51292312 2020年1月30日閲覧。 
  37. ^ “Sporting oficializa venda de Bruno Fernandes ao Man. United: todos os detalhes do negócio” (ポルトガル語). Record (Lisbon). (2020年1月29日). https://www.record.pt/futebol/futebol-nacional/liga-nos/sporting/detalhe/sporting-oficializa-venda-de-bruno-fernandes-ao-manchester-united-os-detalhes-do-negocio 2020年2月2日閲覧。 
  38. ^ Stone, Simon (2020年2月1日). “Manchester United 0–0 Wolverhampton Wanderers”. https://www.bbc.co.uk/sport/football/51246502 2020年2月2日閲覧。 
  39. ^ McNulty, Phil (2020年2月17日). “Chelsea 0-2 Manchester United”. https://www.bbc.co.uk/sport/football/51439302 2020年2月17日閲覧。 
  40. ^ “Club Bruges 1–1 Manchester United”. (2020年2月20日). https://www.bbc.co.uk/sport/football/51533294 2020年2月20日閲覧。 
  41. ^ Begley, Emlyn (2020年2月27日). “Manchester United 5–0 Club Brugge”. BBC Sport. 2020年2月28日閲覧。
  42. ^ “Manchester United 3–0 Watford”. (2020年2月23日). https://www.premierleague.com/match/46871 2020年2月23日閲覧。 
  43. ^ Fernandes: I'm happy with my start at Man Utd”. Premier League (2020年3月16日). 2020年3月17日閲覧。
  44. ^ Hafez, Shamoon (2020年6月30日). “Brighton 0-3 Man Utd: Visitors score through Greenwood and Fernandes' double”. BBC Sport. https://www.bbc.co.uk/sport/football/52072990 2020年6月30日閲覧。 
  45. ^ “1月のマンU移籍から絶賛活躍中…B・フェルナンデスが史上初の“2冠”!”. web.gekisaka.jp. (2020年7月11日). https://web.gekisaka.jp/news/detail/?305509-305509-fl 2020年7月11日閲覧。 
  46. ^ France, Sam (2020年7月10日). “Fernandes matches Ronaldo's Man Utd feat with latest Premier League Player of the Month award”. Goal.com. https://www.goal.com/en/news/fernandes-matches-ronaldo-man-utd-premier-league-player-of/19bgfcebthnuq1u96efo56gyh2 2020年7月13日閲覧。 
  47. ^ “止まらないブルーノ・フェルナンデス、躍動の1G2A…16戦無敗のマンチェスター・U、18歳の怪物グリーンウッド2発などで5発大勝。”. www.goal.com. (2020年7月4日). https://www.goal.com/jp/ニュース/manchester-united-202007050100/1pqqlr41mi0vr1acv53zbay47p 2020年7月7日閲覧。 
  48. ^ Ganley, Joe (2020年9月18日). “Fernandes voted Sir Matt Busby Player of the Year”. Manchester United. https://www.manutd.com/en/news/detail/bruno-fernandes-wins-sir-matt-busby-player-of-the-year-award-for-2019-20 2020年9月18日閲覧。 
  49. ^ Wright, Chris (2020年9月26日). “How did Man United's Bruno Fernandes score winner vs. Brighton AFTER full-time whistle was blown?”. ESPN. https://www.espn.co.uk/football/manchester-united/story/4192046/how-did-man-uniteds-bruno-fernandes-score-winner-vs-brighton-after-full-time-whistle-was-blown 2021年1月15日閲覧。 
  50. ^ Magowan, Alistair (2020年11月7日). “Everton 1-3 Manchester United: Bruno Fernandes scores twice at Goodison”. BBC Sport. https://www.bbc.com/sport/football/54758065 2020年11月8日閲覧。 
  51. ^ Fernandes voted November EA SPORTS Player of the Month”. Premier League (2020年12月11日). 2020年12月11日閲覧。
  52. ^ Hall, Peter (2021年1月15日). “Manchester United’s Bruno Fernandes sets Premier League Player of the Month record”. The Independent. https://www.independent.co.uk/sport/football/premier-league/manchester-united/bruno-fernandes-player-of-the-month-b1787879.html 2021年1月15日閲覧。 
  53. ^ “Bruno Fernandes: Manchester United midfielder named Premier League Player of the Month for December”. Sky Sports. (2021年1月15日). https://www.skysports.com/football/news/11095/12188313/fernandes-named-player-of-the-month-smith-wins-manager-award 2021年1月15日閲覧。 
  54. ^ Stone, Simon (2021年2月2日). “Man Utd beat nine-man Southampton 9-0” (英語). BBC Sport. https://www.bbc.co.uk/sport/football/55806211 2021年2月3日閲覧。 
  55. ^ ユナイテッドMFフェルナンデス、プレミア冬の移籍「歴代ベストプレーヤー」選出” (日本語). www.football-zone.net. 2021年3月8日閲覧。
  56. ^ “Bruno Fernandes chamado para o lugar de Pizzi” (ポルトガル語). Rádio Renascença. (2017年8月28日). http://rr.sapo.pt/noticia/92067/bruno_fernandes_chamado_para_o_lugar_de_pizzi 2017年9月12日閲覧。 
  57. ^ “Vitória na estreia” (ポルトガル語). Portuguese Football Federation. (2016年8月4日). http://www.fpf.pt/pt/Notícias/Notícia/news/8190/contextid/174 2017年9月12日閲覧。 
  58. ^ “Portugal vence e garante quartos de final” (ポルトガル語). Portuguese Football Federation. (2016年8月7日). http://www.fpf.pt/pt/Notícias/Notícia/news/8222/contextid/174 2017年9月12日閲覧。 
  59. ^ “Portugal assegura primeiro lugar” (ポルトガル語). Portuguese Football Federation. (2016年8月10日). http://www.fpf.pt/pt/Notícias/Notícia/news/8235/contextid/174 2017年9月12日閲覧。 
  60. ^ “Portugal vence Arábia Saudita com golos de Manuel Fernandes, Gonçalo Guedes e João Mário” (ポルトガル語). SAPO. (2017年11月10日). https://desporto.sapo.pt/futebol/amigaveis-selecoes/artigos/portugal-vence-arabia-saudita-com-golos-de-manuel-fernandes-goncalo-guedes-e-joao-mario 2017年11月11日閲覧。 
  61. ^ a b “Bruno Fernandes National team” (英語). www.transfermarkt.co.uk. https://www.transfermarkt.co.uk/bruno-fernandes/nationalmannschaft/spieler/240306 2020年6月27日閲覧。 
  62. ^ モウリーニョが「PKばっかり」と苦言 B・フェルナンデスは堂々と反論する!”. Qoly. 2021年3月8日閲覧。
  63. ^ マンUの超高額新戦力、ブルーノ・フェルナンデスとは何者か? 挫折に暴徒の襲撃…苦難越えた男の略歴” (日本語). フットボールチャンネル. 2021年3月8日閲覧。
  64. ^ 「俺よりすげぇ」 スコールズ、ブルーノ・フェルナンデスに脱帽する”. Qoly. 2021年3月8日閲覧。
  65. ^ #71 2週連続マンチェスター・ダービーSP 第1弾ユナイテッド編を今すぐ観戦 | DAZN JP” (英語). DAZN. 2021年3月8日閲覧。
  66. ^ a b c d e Bruno Fernandes: Summary”. Soccerway. Perform Group. 2020年2月7日閲覧。
  67. ^ a b c Bruno Fernandes”. ForaDeJogo.net. 2020年1月28日閲覧。
  68. ^ "ブルーノ・フェルナンデスの2019/2020での成績". Soccerbase. Centurycomm. 2020年8月16日閲覧
  69. ^ "ブルーノ・フェルナンデスの2020/2021での成績". Soccerbase. Centurycomm. 2021年5月26日閲覧
  70. ^ National football team player Bruno Fernandes”. EU-Football.info. 2021年3月27日閲覧。

外部リンク編集