メインメニューを開く

マレク・ハムシーク

スロバキアのサッカー選手
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。 Template:表記揺れ案内
  • マレク・ハムシク

マレク・ハムシークMarek Hamšík1987年7月27日 - )はスロバキアバンスカー・ビストリツァ出身のサッカー選手スロバキア代表大連一方足球倶楽部所属。ポジションミッドフィールダー

マレク・ハムシーク Football pictogram.svg
Hamsik 2016.jpg
SSCナポリでのハムシーク(2016年)
名前
愛称 Marechiaro(マレキアーロ:青い海)
ラテン文字 Marek Hamšík
基本情報
国籍 スロバキアの旗 スロバキア
生年月日 (1987-07-27) 1987年7月27日(32歳)
出身地 バンスカー・ビストリツァ
身長 183cm
体重 79kg
選手情報
在籍チーム 中華人民共和国の旗 大連一方足球倶楽部
ポジション MF
背番号 17
利き足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004 スロバキアの旗 スロヴァン・ブラチスラヴァ 6 (1)
2004-2007 イタリアの旗 ブレシア 65 (10)
2007-2019 イタリアの旗 ナポリ 408 (100)
2019- 中華人民共和国の旗 大連一方 24 (2)
代表歴2
2003-2004 スロバキアの旗 スロバキアU-17 6 (3)
2004-2005 スロバキアの旗 スロバキアU-19 6 (1)
2005-2006 スロバキアの旗 スロバキアU-21 2 (0)
2007- スロバキアの旗 スロバキア 116 (24)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年6月6日現在。
2. 2019年6月11日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

SSCナポリでは12年にわたり在籍し、クラブの最多出場記録および最多得点記録を更新[1]。キャプテンを務めた模範的な人間性からもファンに愛され、ナポリの象徴[2]バンディエラと称された[3]

スロバキア代表では2007年2月の代表デビュー以降、同国歴最多の113試合に出場し、スロバキア代表初のFIFAワールドカップ2010)、UEFA欧州選手権2016)出場と、両大会でのベスト16進出に貢献した[4]

経歴編集

クラブ編集

ハムシークはバンスカー・ビストリツァで生まれ育ったが、地元の有名なクラブであるFKデュクラ・バンスカー・ビストリツァではなくユピエ・ポドラヴィツェという小さなクラブでサッカーを学んだ[5]2002年ŠKスロヴァン・ブラチスラヴァの下部組織に移籍すると2004年に17歳でトップチームでデビューを果たし6試合で1得点を決めた。

同年、イタリア・セリエAのブレシア・カルチョへ移籍すると2005年3月キエーヴォ・ヴェローナ戦でリーグ戦デビュー。これはハムシークが17歳と237日の時の記録だった。ブレシアは2004-05シーズンに19位となったためセリエBに降格したが、ハムシークは出場機会が増し、2006-07シーズンには40試合で10得点を記録した。

2007年6月28日SSCナポリへ移籍。5年契約で移籍金は550万ユーロ[5]。同年9月16日のUCサンプドリア戦で初得点を決めると2007-08シーズンにはエセキエル・ラベッシマルセロ・サラジェタといったFWがいるにも関わらずチーム最多得点の9点を叩き出し、2008年にはイタリア人以外で初めて若手サッカー選手賞を受賞した[6][7]

2016年1月6日トリノ戦でセリエA300試合出場を達成。4月にナポリとの契約を4年間延長した[8]

2017年12月のサンプドリア戦でゴールを決めナポリでの通算得点を116とし、ディエゴ・マラドーナを凌ぎクラブ歴代最多得点者となった[9][10]

2018-19シーズンのセリエA第5節トリノFC戦でセリエA400試合出場を達成した[11]。2018年11月6日のUEFAチャンピオンズリーグ第4節のパリ・サンジェルマンFC戦でナポリでの公式戦通算出場を512試合とし、ジュゼッペ・ブルスコロッティを抜きクラブ史上最多となった[2]

2019年2月14日、大連一方足球倶楽部へ移籍することが発表された[12][1]

代表編集

スロバキア代表としてはU-17、U-19、U-21といった各年代の代表チームを経験した後、2007年2月7日ポーランドとの親善試合でデビュー。同年10月17日のサンマリノ戦で代表初得点を挙げた。

スロバキア代表に定着すると中盤の攻撃的なポジションを務め[5]2010 FIFAワールドカップでは無得点に終わったがチームのベスト16進出に貢献した。

2018年10月13日のUEFAネーションズリーグチェコ戦で代表通算108試合目の出場となり、ミロスラフ・カルハンを抜きスロバキア代表歴代最多となった[4]

プレースタイル・評価編集

テクニック、豊富な運動量、視野の広さ、得点力を兼ね備えた完成度の高いミッドフィールダー[6][7]

チェコ代表パベル・ネドベドはハムシークの実力を高く評価しており[13]、「私の現役時代と同じように彼には試合の重要な局面でゴールを決める決定力がある[13]」、「マレクには全てが揃っている。私よりも優れているし、今後も活躍できると確信している[14]」と評している。 2013年2月4日付けのニュースでは[15]、ヨーロッパのリーグでアンドレス・イニエスタの持つMFでの得点+アシスト記録(1つのチームに在籍した総合成績)を追い抜きレコード記録を作り、ヨーロッパNo,1の称号を手にした。

人物編集

 
側頭部を刈り上げていなかった頃の髪型(2009年)

その風貌とは裏腹の常識人であり[3]、ピッチ内外での模範的な行動からナポリのファンに愛された[1][3]。ハムシーク自身もナポリへの愛をたびたび語っており、ACミランボルシア・ドルトムントへの移籍が近づいても最終的にはナポリへ残留した[16][17]。ハムシークの代理人は選手を頻繁に移籍させる方針をとっており剛腕として知られるミノ・ライオラであったが、ナポリへの残留を希望するハムシークと対立し代理人契約を解除した[18][19]

ロベルト・バッジョへ憧れていることを公言しており、ブレシアへの移籍もバッジョの影響だったと言われる[6]

トレードマークであるモヒカンヘアは10歳の頃から続けており、2010 FIFAワールドカップへの出場を決めた際にチームメイトとの約束で丸刈りとして以降は、側頭部も刈り上げた完全なモヒカンスタイルにもするようになった[20]。ハムシーク自身もこのヘアースタイルをトレードマークと考えており、サッカー選手として現役を続ける間は髪型を変えないと話している[17]

個人成績編集

クラブ編集

年度 クラブ リーグ リーグ カップ 欧州カップ 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
2004 ブラチスラヴァ ツォルゴン 6 1 0 0 - - 6 1
2004-05 ブレシア・カルチョ セリエA 1 0 0 0 - - 1 0
2005-06 セリエB 24 0 4 1 - - 28 1
2006-07 40 10 5 1 - - 45 11
2007-08 SSCナポリ セリエA 37 9 3 1 - - 40 10
2008-09 32 9 2 1 6 2 40 12
2009-10 37 12 2 0 - - 39 12
2010-11 37 11 2 0 10 2 49 13
2011-12 37 9 5 1 8 2 50 12
2012-13 38 11 2 0 4 0 44 11
2013-14 28 7 5 0 8 0 41 7
2014-15 35 7 5 1 14 5 54 13
2015-16 38 6 2 0 6 2 46 8
2016-17 38 12 3 1 8 2 49 15
2017-18 38 7 1 0 10 0 49 7
2018-19 13 0 0 0 6 1 19 1
2019 大連一方 中国超級 10 1 1 0 0 0 11 1
合計 489 111 40 7 80 16 609 134

代表編集

 
スロバキア代表で主将を務めるハムシーク(2010年)


スロバキア代表国際Aマッチ
出場得点
2007 9 2
2008 9 3
2009 11 3
2010 13 0
2011 9 0
2012 9 2
2013 8 1
2014 7 3
2015 8 3
2016 12 3
2017 8 1
2018 8 1
2019 3 2
通算 114 24

代表での得点編集

獲得タイトル編集

クラブ編集

SSCナポリ

個人編集

脚注編集

  1. ^ a b c “ナポリも発表、主将ハムシクの中国移籍が合意…クラブ史上最多520戦出場”. サッカーキング. (2019年2月15日). https://www.soccer-king.jp/news/world/ita/20190215/907208.html 2019年6月11日閲覧。 
  2. ^ a b “ナポリの“象徴”、クラブ史上最多の公式戦出場プレイヤーに! 11年在籍で512試合”. フットボールチャンネル. (2018年11月17日). https://www.footballchannel.jp/2018/11/07/post296063/ 2019年6月11日閲覧。 
  3. ^ a b c “モヒカン頭なのに常識人の若頭。ハムシクと武闘派ナポリ、結束せよ。”. Number. (2017年9月22日). https://number.bunshun.jp/articles/-/828898 2019年6月11日閲覧。 
  4. ^ a b “ハムシクがスロバキア代表史上最多108キャップを記録”. 超ワールドサッカー. (2018年10月14日). https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=330967 2019年6月11日閲覧。 
  5. ^ a b c “Marek Hamsik”. Goal.com. http://www.goal.com/jp/people/slovakia/9282/marek-hamsik/profile 2011年4月10日閲覧。 
  6. ^ a b c マレク・ハムシーク”. コリサカ. 2019年6月11日閲覧。
  7. ^ a b マレク・ハムシク”. ゲキサカ. 2019年6月11日閲覧。
  8. ^ “Marek Hamsik signs new four-year deal to stay with Napoli”. ESPN Soccernet. (2016年8月6日). http://www.espnfc.com/napoli/story/2924626/marek-hamsik-signs-new-four-year-deal-to-stay-with-napoli 2016年8月7日閲覧。 
  9. ^ “Marek Hamsik passes Diego Maradona to become Napoli's all-time top goalscorer”. Goal.com. (2017年12月23日). http://www.goal.com/en/news/marek-hamsik-passes-diego-maradona-to-become-napolis-all/o923gxf38lxg1bxt47vab3s0y 2017年12月23日閲覧。 
  10. ^ Marek Hamsik breaks Diego Maradona's Napoli scoring record”. ESPN FC (2017年12月23日). 2017年12月23日閲覧。
  11. ^ インシーニェの2Gにヴェルディ移籍後初ゴールのナポリがトリノに完勝!ハムシクセリエA400試合目を勝利で飾る」『超ワールドサッカー』、2018年9月23日。2018年9月23日閲覧。
  12. ^ “Accordo raggiunto per il passaggio di Hamsik al Dalian” (イタリア語). SSC Napoli Sito ufficiale. (https://www.sscnapoli.it/static/news/Accordo-raggiunto-per-il-passaggio-di-Hamsik-al-Dalian-16955.aspx) 
  13. ^ a b “ネドヴェド氏、ハムシク獲得を推薦?”. Goal.com. (2010年10月26日). http://www.goal.com/jp/news/1867/%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A2/2010/10/26/2183668/%E3%83%8D%E3%83%89%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%89%E6%B0%8F%E3%83%8F%E3%83%A0%E3%82%B7%E3%82%AF%E7%8D%B2%E5%BE%97%E3%82%92%E6%8E%A8%E8%96%A6 2011年4月10日閲覧。 
  14. ^ “ネドヴェド氏:「ハムシクは私より優れている」”. Goal.com. (2010年11月16日). http://www.goal.com/jp/news/1867/%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A2/2010/11/16/2216418/%E3%83%8D%E3%83%89%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%89%E6%B0%8F%E3%83%8F%E3%83%A0%E3%82%B7%E3%82%AF%E3%81%AF%E7%A7%81%E3%82%88%E3%82%8A%E5%84%AA%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B 2011年4月10日閲覧。 
  15. ^ “ヨーロッパNo.1MF”. http://www.napolimagazine.com.cn/?action=read&idnotizia=170159 
  16. ^ “ナポリ愛を貫くハムシク、過去に心が揺らいだクラブがあった それは……”. the WORLD. (2017年7月31日). https://www.theworldmagazine.jp/20170731/01world/italy/174025 2019年6月11日閲覧。 
  17. ^ a b “ナポリのハムシク、16年にドルトムント移籍に迫っていた…「交渉は事実」”. サッカーキング. (2018年11月30日). https://www.soccer-king.jp/news/world/ita/20181130/870234.html 2019年6月11日閲覧。 
  18. ^ “サッカー界で最もスキャンダラスな代理人、ミノ・ライオラとは何者か。生い立ち、過去のビッグディールを解説【TRIBE SCOUT】”. Football Tribe. (2017年6月20日). https://football-tribe.com/japan/2017/06/20/1412/3/ 2019年6月11日閲覧。 
  19. ^ 片野道郎 (2018年1月11日). “ミーノ・ライオラ。メンデスの”領土”を切り崩した移籍市場の主役”. footballista. https://www.footballista.jp/column/41246 2019年6月11日閲覧。 
  20. ^ “ハムシクの「ツンツン・モヒカン」の秘密。小学生から好み、恋人に整髪料を薦められる”. サッカーダイジェスト. (2019年1月17日). https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=52921 2019年6月11日閲覧。 
  21. ^ ハムシクが2年連続でスロバキア最優秀選手賞を受賞ワールドサッカーキング 2011年3月30日
  22. ^ ナポリMFハムシクがスロバキア年間最優秀選手に…2年連続4度目soccerking 2015年3月31日

外部リンク編集