本来の表記は「元勰」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

元 勰(げん きょう、473年 - 508年)は、北魏皇族。彭城王。献文帝の六男で、孝文帝の弟、孝荘帝の父。彦和諡号武宣

生涯編集

473年、献文帝と潘貴人の間の子として生まれた。485年、始平王に封ぜられ、侍中・征西大将軍に任ぜられた。後に侍中のまま中書令に任ぜられ、彭城王に改封された。中軍大将軍・都督南征諸軍事として、南朝を討伐した。引き続き、新野南陽に進出し、斉の蕭衍崔慧景の軍勢を撃破する功績を立てた。499年、孝文帝が病に倒れると、元勰は北魏の国政を総覧し、侍中のまま司徒・太子太傅となった。斉の陳顕達が侵攻してくると、元勰は持節・都督中外諸軍事として北魏の六軍を統率した。孝文帝が死去すると、任城王元澄らとともに宣武帝を擁立した。500年、斉の豫州刺史裴叔業が亡命してくると、元勰は寿春でこれを迎えた。司徒・揚州刺史となり、大司馬となった。諸軍を分遣して斉の陳伯之胡松を討ち、淮南を平定した。また高皇后の立后に反対し、高肇の恨みを買った。508年、京兆王元愉が乱を起こすと、元勰の母の兄弟の潘僧固が参加したため、元勰は元愉と通じていると高肇に誣告され、毒酒を飲まされて殺された。

後に孝荘帝が即位すると、元勰に文穆皇帝粛祖廟号を贈った。

妻子編集

編集

  • 李媛華(李沖の四女)

男子編集

  • 真定県公 元子直(庶子)
  • 彭城王 元劭(母は李媛華。孝荘帝により孝宣皇帝と追諡された)
  • 孝荘帝 元子攸(母は李媛華)
  • 元子正(母は李媛華)

女子編集

  • 寧陵長公主(庶女。王誦の妻)
  • 寿陽長公主 元莒犁(庶女。蕭綜の妻)
  • 襄城長公主(庶女。崔瓚の妻)
  • 光城公主 元楚華(母は李媛華。馮顥の妻)
  • 豊亭公主 元季瑤(母は李媛華。李彧の妻)

養女編集

  • 上庸公主(元禧の娘)

伝記資料編集

  • 魏書』巻二十一下 列伝第九下 献文六王
  • 北史』巻十九 列伝第七 献文六王
  • 魏故使持節侍中仮黄鉞都督中外諸軍事太師領司徒公彭城武宣王墓誌(元勰墓誌)