初雪

東京の初雪(2016年)

初雪(はつゆき)は、その初めて降る、または新年になってから初めて降る雪のこと。あるいは、その雪が降った日(雪の初日)のこと。反意語は終雪(しゅうせつ)である。

目次

定義編集

気象庁及び各地の気象台が発表する「初雪」の定義では、その冬の最初に雪か(雨交じりの雪、または融けかかった雪)による降水があった場合を初雪とする。高山では夏に雪が降ることもあるため、「高山では、その年の日平均気温が最も高い日以降、初めて降った雪」を初雪とする定義があるが、富士山などで観測が廃止された現在は終雪から初雪まで長い期間のある観測地点しか存在せず、統計上は考慮の必要がなくなった[1]。観測地点は、日本国内各地の有人気象観測所58か所(5管区気象台、50地方気象台、2測候所、沖縄気象台)のうち、沖縄県の4か所と鹿児島県名瀬を除く53か所、および自動観測数か所である。1997 - 2010年にかけて行われた測候所の廃止により、大幅に減少した。北海道の特別地域気象観測所数か所など、一部では計器による自動観測に切り替えて初雪の観測が続けられている所もある。

時期編集

初雪が観測される時期は、毎年ばらつきが激しい。各地の初雪が観測される平年の時期は、北海道東北山間部では9月後半から10月中旬にかけて、同じく内陸平野部では10月中旬から11月上旬頃である。信越地方北陸地方は11月中旬から12月上旬、北関東・山梨県・岐阜県・滋賀県・北近畿山陰は11月下旬から12月中旬にかけて、関東平野部・東海京阪神南紀山陽四国北部九州の平野部では12月中旬から1月上旬にかけて観測される。

東京など関東南部から九州南部にかけての太平洋沿岸部は初雪の観測が遅く、年明けの1月以降の地域が多い。これらの地域では南岸低気圧によりもたらされる雪が初雪となる場合がほとんどで、年によっては、静岡宮崎などで初雪そのものが観測されなかった年もある。

また、冬でも温暖な小笠原諸島南西諸島では基本的に雪は観測されない。

なお、2004年に測候所が廃止されるまで、富士山(富士山測候所)は最も初雪が早く、1971 - 2000年の平年値で9月14日であった(同じく、終雪は7月11日)。富士山では7月や8月にも雪が降るので、「その年の日平均気温が最も高い日以降」という定義[1]が適用されていて、「初雪」になりうる雪のあともっと暑くなり、それが「終雪」に変わることもあった。最も早い初雪は1963年7月31日だった[2]

初雪の時期はふつう、その冬初めて最低気温が0°C以下になる「冬日初日」に近くなるが、一致はしない。雪は、地上の気温が0°C以上でも、条件により完全に溶けずに雪として降るためで、気温・湿度・雪片の大きさの3つが大きな要素である。雪の落下の過程で、湿度が低いほど、昇華や蒸発に伴う冷却作用が長く持続するため、より高い気温でも融けきらない。詳しくは雪#雪・霙・雨の境目、雪の目安を参照。

降雪のおおよその目安は、850hPa高層天気図(目安として上空1500mの気温を表す天気図)において0°C以下で山地で雪、-6°C以下で平地で雪、また500hPa高層天気図(目安として上空5500mの気温を表す天気図)において-30°C未満で平地で雪とされる。

日本国内主要都市における初雪および終雪の平年値
(1981 - 2010年、気象庁、観測地点は2012年時点)
都市 初雪
初雪から終雪までの期間
▷10/1
5/31◁
終雪 備考
稚内 10月22日
193日
5月2日 観測が行われている地点では最も初雪が早い。
網走 10月31日
191日
5月9日 観測が行われている地点では最も終雪が遅い。
札幌 10月28日
174日
4月19日  
仙台 11月24日
135日
4月7日
新潟 11月24日
127日
3月30日
東京 1月3日
68日
3月11日
横浜 1月7日
64日
3月11日
長野 11月21日
137日
4月6日
名古屋 12月20日
78日
3月7日
金沢 11月29日
120日
3月28日
京都 12月15日
96日
3月20日
大阪 12月22日
80日
3月11日
高松 12月23日
69日
3月1日
広島 12月11日
91日
3月11日
福岡 12月15日
81日
3月5日
宮崎 1月21日
 
18日
2月7日 観測が行われている地点では最も初雪が遅く、終雪が早い。
鹿児島 1月2日
46日
2月16日
那覇 なし 0日 なし 観測開始以来雪が観測された事がない。

出典編集

脚注編集

  1. ^ a b 予報用語 季節現象『初雪』 気象庁2012年11月22日閲覧。
  2. ^ 富士山の初雪は夏に降る 富士山NET(山梨日日新聞社・山梨放送)、2012年11月22日閲覧。

関連項目編集