初霜

初霜(はつしも)とは、その年のからにかけて最初に降りるのこと。あるいは、その霜が降りた日(霜の初日)のこと。

1981 - 2010年の平均では、旭川10月8日札幌10月25日仙台11月10日東京12月20日名古屋11月27日京都11月18日大阪12月5日福岡12月12日頃。地域により時期に大きな差があるが、最低気温の低さと相関性が高く、平均気温が同じ地点で比較すれば、沿岸よりも朝の冷え込みが厳しい内陸や高地の方が早い。1941 - 1970年の平年値分布図では、北海道道央から道東にかけての高地で9月、北海道や北東北の大部分、南東北から飛騨山脈にかけての内陸、中国山地九州山地の一部で10月、その他の九州以北の大部分で11月、九州から房総半島にかけての南岸や西岸で部分的に12月となっている。

目安としては晴れて風の穏やかな放射冷却の強い朝で最低気温が5 - 6°C程度とされ、この気温のとき地表面温度がちょうど0°C前後となり霜が降り始める。ただ、雨や雪が降っているとき、湿度が低く地表面でも露点に達しないとき、風が強く大気がかき混ぜられて気温が下がりにくいときなどは、霜が降りないことがある。霜は農作物に凍霜害を引き起こすため、初霜の時期は霜への対策を始める目安となる。

日本の多くの地域では、初霜のあと初雪が訪れることが多いが、初雪の方が早い場合もある。なお1981 - 2010年の平均では、新潟金沢神戸広島では初雪の方が僅かに早く、稚内では16日、下関では29日、それぞれ初雪の方が早い。また同様に初霜より初氷のほうが遅いが、例外がある。

都市化によるヒートアイランド現象地球温暖化の影響で、近年は遅くなる傾向にある。東京における変化を見ると、1930年代までは11月中心で12月の観測例は皆無、10月下旬の初霜も見られたが、1970年代後半から12月中心となり、1月にまでずれ込む年が出始める。1988 - 1989年冬の11月27日を最後に、11月の初霜は観測されていない。また1994 - 1995年冬は2月6日と、異常な遅さだった。

日本国内主要地点における初霜および終霜の平年値
(1981 - 2010年、気象庁)
都市 初霜
初霜から終霜までの期間
▷10/1
5/31◁
終霜 備考
旭川 10月8日
220日
5月15日 統計のある気象官署では最も初霜が早く、終霜が遅い。
札幌 10月25日
182日
4月24日  
仙台 11月10日
151日
4月9日
新潟 11月25日
126日
3月30日
東京 12月20日
63日
2月20日
横浜 12月10日
82日
3月1日
長野 10月28日
183日
4月28日
名古屋 11月27日
119日
3月25日
金沢 12月1日
122日
4月1日
京都 11月18日
140日
4月6日
大阪 12月5日
103日
3月17日
高松 11月24日
129日
4月1日
広島 12月14日
90日
3月13日
福岡 12月12日
89日
3月10日
鹿児島 12月10日
82日
3月1日
那覇 なし 0日 なし 霜は観測されていない。

なお、ベンケイソウ科多肉植物Graptopetalum paraguayenseは「初霜」の園芸名で古くから日本で栽培されてきた。グラプトペタルム参照。

外部リンク編集

関連項目編集