土佐浩司

日本の将棋棋士

土佐 浩司(とさ こうじ、1955年3月30日 - )は、将棋棋士清野静男八段門下。棋士番号は124。新潟県塩沢町(現在の南魚沼市の一部)出身。

 土佐 浩司 八段
名前 土佐 浩司
生年月日 (1955-03-30) 1955年3月30日(65歳)
プロ入り年月日 1976年2月1日(20歳)
引退年月日 2020年5月14日(65歳)
棋士番号 124
出身地 新潟県塩沢町(現・南魚沼市)
師匠 清野静男八段
段位 八段
戦績
一般棋戦優勝回数 1回
通算成績 666勝727敗(0.478)
テレビ棋戦の持将棋1
2020年7月4日現在
テンプレートを表示

棋歴編集

三段での公式戦編集

プロ入り前の1975年度、第6回新人王戦でベスト4進出。

十段リーグ入り編集

1976年2月、20歳でプロ入り。しかし、その頃に名人戦順位戦の主催紙移行問題があり、初の順位戦を戦うまで実質1年間待たされることになる。そのかたわら、初参加の十段戦(第16期・1977年度)において予選を6連勝で通過し、難関の十段リーグに入る。四段の棋士の十段リーグ入りは初。リーグ戦では残留はならなかったものの、米長邦雄大山康晴有吉道夫を負かしている。

長かった四段編集

順位戦デビューの第36期(1977年度)C級2組順位戦では6勝4敗の成績。その6勝のうち6回戦の白星は、この年に死去した師匠の清野に対する不戦勝であり、7回戦の白星は、谷川浩司に順位戦初黒星[1]をつけたものであった。

第20期(1979年度)、第22期(1981年度)の王位戦で、リーグ入り。 第32回(1982年度)NHK杯戦に成績優秀シード(予選免除)で初出場。

第40期(1982年度前期)棋聖戦本戦で米長邦雄、内藤國雄らに勝ち、準決勝進出。

第42期(1983年度)C級2組順位戦で前半の3勝2敗から5連勝して3位に食い込み、順位戦初昇級。これにより五段昇段。以上のように四段時代が長く、最初の昇段までに181勝を記録した(四段における最多勝記録。最も少ないのは師匠の清野静男および同門系列の花村元司。ともに四段の経験がない)[2]。なお、昇段規定に勝数規定(勝ち星昇段)の規定が加えられたのは、土佐が五段となった1984年4月1日と同時であった(同日付で多数の棋士が勝数規定で昇段した)。

五段以降の戦績編集

第35回(1985年度)、第40回(1990年度)、第43回(1993年度)のNHK杯戦で、本戦3回戦進出。

第28期(1987年度)王位戦で、6年ぶりのリーグ入り。

第48期(1989年度)C級1組順位戦で8勝2敗・2位となり、B級2組昇級。同時昇級者は10戦全勝の羽生善治(同年度に初タイトル竜王を獲得)である。土佐の2敗のうちの1敗は対羽生戦であったが、最終局で昇級争いライバルの森下卓を破ってくれたのも羽生であり、土佐の逆転昇級となった。

第42期(1994年度)、第43期(1995年度)の王座戦で2年連続本戦出場。

第55期(1996年度)B級2組順位戦では、最終戦で早い時間に勝利をおさめ、中村修および丸山忠久の結果次第では昇級の可能性があったが、両者とも勝ったため昇級できなかった(中村、丸山がB級1組昇級)。

早指し選手権戦で優勝編集

1998年度の第32回早指し将棋選手権戦(テレビ棋戦)で棋戦初優勝。本戦の対戦相手は順に、森下卓、井上慶太、米長邦雄、谷川浩司(準決勝)、森内俊之(決勝)である。棋戦決勝進出でさえ、棋士人生23年で初めてであった。ちなみに、本戦では初戦から準決勝まで振り駒で先手番を引き当てた。決勝は後手番であったが、持将棋指し直しで先後入れ換えとなったため、結局、すべて先手番で勝って優勝したことになる。決勝の手数は、持将棋局が201手、指し直し局が179手であった。なお、「将棋世界1999年5月号に掲載された決勝戦自戦記「長い道」は、第11回将棋ペンクラブ大賞・観戦記部門佳作を受賞している[3]

B級1組の壁編集

第60期(2001年度)B級2組順位戦の最終戦で、2人目の昇級枠を鈴木大介ら三人と争うが、畠山成幸に敗れ昇級を逃す(鈴木がB級1組昇級)。

第21回(2002年度)朝日オープンで本戦進出。

第63期(2004年度)B級2組順位戦では、勝てば自力昇級となる最終局で田丸昇に敗れて8勝2敗となり、野月浩貴(9勝1敗)に逆転昇級を許す。

第66期(2007年度)B級2組順位戦最終局では、昇級争いライバルの屋敷伸之が負けたものの、自分も負けてしまったため昇級を逃す。

第35期(2009年度)棋王戦で本戦進出。

2010年8月6日、第69期順位戦B級2組3回戦で桐山清澄に勝ち、55歳にして公式戦通算600勝(将棋栄誉賞)を達成(史上42人目)[4]。七段以下の棋士の達成は史上唯一[5]

テレビ棋戦での健闘編集

第20期(2012年度)の銀河戦本戦Bブロックの最多勝者となり、決勝トーナメント進出。当年度出場棋士のなかでは最年長(57歳)だった。

第64回(2014年度)NHK杯将棋トーナメントに出場(12回目)。やはり出場棋士のなかで最年長(59歳)。

フリークラス宣言から引退編集

最晩年にはC級2組に在位していたが、のちに二冠となる永瀬拓矢はじめ複数の20代棋士に勝つ「若手キラー」ぶりも見せた。

しかし、第75期(2016年度)順位戦では出場40期目にして初めて全敗を喫し、降級点を2個累積させた。当期を最後にフリークラス宣言をし、順位戦への出場権を放棄した。2020年5月14日の門倉啓太戦をもって現役引退[6]。感想戦後のインタビューでは、将棋教室など今後は指導と普及活動をやりたいと答えている[7]

棋風編集

  • 早見え早指しの作戦巧者と呼ばれる[8]
  • 才気あふれる着手が多く、天才型の棋士と言われている[9]。凧金[10]・腰掛金(歩越し金)など持ち駒でないを攻めに使う、反対に自陣(三段目以内)に引き戻したと金[11]や敵陣に居る竜の利きを守りに使う、桂馬を横に並べる(中将棋の「麒麟」のような利きが前方に幾つも作れる)、等の独創的で魅惑的な技も多用していた。
  • 若い時、十段リーグに参加していた頃は先手なら居飛車、後手番なら振り飛車(特に角道を止めるノーマル向かい飛車を得意とした)が多かったが、その後は相居飛車・対抗型どちらもこなす正統派の居飛車党に転じた。
  • 近年はダイレクト向かい飛車や先手中飛車、角交換四間飛車[12]、2手目△3二飛戦法[13]などの現代振り飛車や相振飛車も指すようになり、再びオールラウンド・プレイヤーに戻った。
  • 飛車の振り場所との囲う位置を、先後手の双方で1筋から9筋まですべて対局で実践している。右玉袖飛車、一間飛車(左一間飛車[14][15]阪田流向かい飛車[16]など のような古典的な戦法から、相掛かりや角換わりでの居玉まで戦法選択は多岐にわたる。
  • 順位戦では毎回異なる戦法を採用する趣向で魅せるなど「異能の棋士」(「将棋講座テキスト・2014年NHK杯観戦記」ほか)ぶりを発揮している。観戦記者とのインタビューでは「意識して色々な戦法を指すようにしており、対戦相手によっても指し方を変えている」と答えている。
  • 序盤を重視し、位取りや金銀桂を上部に進めるなどの厚みを活かした攻め将棋[17]。序中盤で優位に立ちそのまま寄せ切るのが勝ちパターン。
  • 勝負に淡泊な面があり、相手から一度も王手をかけられていないのに投了してしまう対局も多い。現役最後の対局も、王手を全くかけられておらず詰めろでもない状態で投了している。
  • 反対に、相手に一度も王手せず、攻めを全て受けつぶして勝つこともあり、先手の金銀四枚穴熊に四間飛車で勝った1981年2月12日の王位リーグの棋譜などは40年近くたった現在でも「穴熊の姿焼き」の成功例として取り上げられている。

人物編集

  • 真部一男九段は義兄(妻の兄)。妻とは非常に仲睦まじく、一緒に散歩したり、一緒にテレビを観たりする[18]。真部とも仲がよく一緒に囲碁を度々打っていた[19]。1982年の第40期棋聖戦本戦トーナメントの準決勝で真部と対局したが、89手まで先後手どちらも居玉で戦った。真部とカシノのルーレットやドミノ(天九牌・マタドールダイス)、バカラなどの研究もした事がある[20]。「トランプや麻雀は記憶力」というのが持論で、麻雀牌で神経衰弱をする。
  • 盤上遊戯はひと通りこなすが、特に、囲碁を好んで打つ。大野八一雄七段や河口俊彦七段らと将棋会館の五階で囲碁を打つこともあった(1995年1月川口篤(当時)「対局日誌」)。
  • 現在も将棋連盟の囲碁部で、中原誠十六世名人などと共に活動している[21]。2016年度現在、棋士のなかで一番強いといわれる[22]。長女には3歳から囲碁を教えた[23]
  • 色紙には「座右の銘」(「行雲流水」といった淡々とした内容が多い)やサインの他に、「詰将棋」を書くなど、他の棋士にはないファンサービスを見せる。
  • 中川大輔八段と同じ施設で筋トレをしている。散歩が趣味[24]で歩くのには自信があり、酒を飲んだ後に徒歩で帰宅したりする。
  • 神社が好きでよく出かける。音楽会に行くのも趣味のひとつ[25]
  • 服を濡らしたり汚すのが嫌いなので、汁をこぼす可能性のある中華そば類は、将棋会館の昼休・夕休の出前では注文しないようにしている。鳥が好きで親子丼を注文することが多い。
  • 「イヤなことはやらない」が信条で、順位戦の最終局で昇級や降級点がかかった大一番でも早指しで進め、他の対局者の対局を見たりするなど楽観主義である(「将棋順位戦30年史」「週刊将棋ダイジェスト」)。
  • 負けた対局のあとでも気持ちよく感想戦に応じたり[26]、対局後には控え室を訪れ、記者の質問にも丁寧に答えたりしている。関西将棋会館の棋士室に夜中2時すぎまで残り検討に加わっている姿が中継ブログ等で紹介されたこともある(「将棋世界」、日本将棋連盟中継ブログ・携帯中継など)。
  • 羽生善治が七冠王だった1995年に、コンピューター将棋について「10年くらい後にコンピューターがプロ棋士を負かす時代が来る」と予想していた(「将棋年鑑1996年」)。コンピューターソフト「TACOS」と橋本崇載五段の公開対局の結果などにより、将棋連盟がソフトとプロ棋士との許可なしの対局を規制したのが2005年である。義兄の真部一男九段ともコンピューター将棋の可能性について語ったと言い、真部と共に2000年に、「コンピューターを悪用して、対局に勝つプロ棋士が現われる」という架空掌編(原案・土佐、文章・真部)を雑誌で発表、未来の将棋界に警戒を促している[27]

昇段履歴編集

昇段規定は、将棋の段級 を参照(ただし、四段昇段は旧規定)。

  • 1971年 6級 = 奨励会入会
  • 1973年 初段
  • 1976年2月19日 四段 = プロ入り
  • 1984年4月1日 五段(順位戦C級1組昇級)
  • 1989年4月14日 六段(勝数規定)
  • 1997年7月25日 七段(勝数規定)
  • 2014年9月18日 八段(勝数規定)
  • 2020年5月14日 引退(フリークラス棋士引退規定)[6]

主な成績編集

棋戦優勝編集

表彰編集

  • 将棋栄誉賞 = 通算600勝(2010年) - 史上最低段(七段)での達成。

主な著書編集

  • 自在向かい飛車 (1977年、日本将棋連盟)

脚注編集

  1. ^ 谷川は次の対局でも田中寅彦に負け、最終的に8勝2敗の5位に終わった。なお、谷川は当時、加藤一二三に次いで史上2人目の中学生棋士として注目を浴びていた。
  2. ^ 将棋世界」2020年8月号
  3. ^ 将棋ペンクラブ大賞歴代受賞者一覧
  4. ^ 土佐浩司七段、600勝(将棋栄誉賞)を達成!(日本将棋連盟)
  5. ^ 現行の昇段規定では、全て勝数規定の昇段でも560勝を挙げれば八段となるため。土佐が七段で600勝に達したのは現行の昇段規定より遙かに多い181勝まで五段に昇段できなかったために起こった現象である。
  6. ^ a b 土佐浩司八段、伊藤博文七段が引退|将棋ニュース|日本将棋連盟”. 日本将棋連盟 (2019年6月8日). 2020年6月9日閲覧。
  7. ^ 日本将棋連盟・携帯中継「第33期竜王戦6組 昇級者決定戦 土佐浩司・門倉啓太戦(2020年5月14日)」
  8. ^ 将棋世界」2000年1月号付録
  9. ^ 先崎学著「一葉の写真」より
  10. ^ 第74期順位戦 C級2組 6回戦(2015.10.30)など
  11. ^ 第28期竜王戦 6組 ランキング戦 1回戦(2015.1.7)など
  12. ^ 第12回朝日杯将棋オープン戦 一次予選(2018.7.17)など
  13. ^ 第28期竜王戦 6組 昇級者決定戦(2015.4.7)など
  14. ^ 地下鉄飛車やひねり飛車から、9筋(後手なら1筋)に飛車を振り、右玉にする。(「将棋ジャーナル観戦記」横田稔 1987年)
  15. ^ 第68期王座戦 一次予選(2019.9.25)など
  16. ^ 第57期王位戦予選(2015.8.19)
  17. ^ 「将棋は攻めなくてはいけない」(五段昇段インタビューより)
  18. ^ 日本将棋連盟モバイル(2015.7.23)
  19. ^ 「棋士たちが「なべ君」(真部への呼称)宅に麻雀で集まった時、妹さん(のちの妻)が「浩司さん」(土佐への呼称)ばかり見ていた」(「将棋世界」1981年3月号、能智映「恐るべき雀士たち」)
  20. ^ 「将棋論考」(1999年3月)
  21. ^ 2010年4月河口俊彦「新・対局日誌」
  22. ^ 日本将棋連盟web「中原誠十六世名人も参加、将棋連盟囲碁部の活動に潜入」(2016年10月07日)
  23. ^ 「将棋世界」1984年5月号)
  24. ^ NHK「将棋講座テキスト付録・2014年NHK杯出場者」
  25. ^ 将棋ペンクラブ(2016年1月30日)
  26. ^ 「感想戦は敗者の権利」とも言われるが、棋譜速報・携帯中継で「すぐに駒が片付けられた」とコメントの対局が年に何度もある。
  27. ^ 「将棋世界」2000年11月号

関連項目編集

外部リンク編集