メインメニューを開く

将棋ニュースプラス

将棋ニュースプラス(しょうぎニュースプラス)とは、BIGLOBEストリームインターネットで無料配信していた将棋番組。2006年5月19日から動画配信が開始され、毎週金曜日に映像が追加されていた。2010年10月8日号をもって定期更新を終了した[1]キャッチコピーは「将棋をもっと楽しくする将棋エンターテインメント番組」。

目次

配信コンテンツ編集

初回よりナレーター松島可奈段級位称号は対局当時のもの。

レギュラー・コンテンツ編集

棋譜解説編集

棋士特集編集

  • 神吉宏充六段スペシャル 神吉印 - 神吉宏充、熊倉紫野
  • プロキシ! 先崎学スペシャル - 先崎学、鈴木環那
  • 瀬川晶司四段C級2組昇級企画 昇級への道のり - 瀬川晶司、豊川孝弘
  • 加藤一二三SPECIAL・名棋の泉 - 加藤一二三、安食総子
  • 羽生善治特別対談・将棋を科学する - 羽生善治、松原仁
  • 羽生善治スペシャルインタビュー・王者の素顔
  • 谷川浩司の揮毫解説・浩然の気
  • ザ・加藤一二三伝説

女流棋士特集編集

オリジナル大会編集

  • 激突!目隠し将棋・女流棋士編 - 甲斐智美、鈴木環那、熊倉紫野、中村桃子、佐藤紳哉飯野愛、松島可奈
  • 激突!目隠し10秒将棋・関西編 - 小林裕士、矢倉規広、村田智弘、島本亮、村田智穂、高浜愛子
  • ペア将棋トーナメント - 藤倉勇樹、西尾明佐藤和俊、佐藤天彦、早水千紗、松尾香織、上田初美、藤田麻衣子、松島可奈
  • 激突!目隠し10秒将棋II - 真田圭一、北浜健介、豊川孝弘、鈴木環那、飯野愛、松島可奈
  • アマチュア最強棋士 VS 最強将棋ソフトBonanza - 勝又清和、藤田綾、清水上徹、加藤幸男、保木邦仁
  • 激突!目隠し10秒将棋 - 佐藤紳哉、阿久津主税、片上大輔、熊坂学、飯野愛、松島可奈
  • 爆笑!アマチュア10秒将棋・将棋ニュースプラス杯 - 林隆弘、芦田理沙ほか

その他の企画編集

棋戦情報編集


ご主人様、王手です。 スタッフ編集

  • ナレーション:松島可奈 
  • 出演:一之瀬まゆ / 梨沙帆 / 綾  
  • 構成:遠山雄亮 / 木村明弘  
  • 特別出演・監修:中川大輔 
  • 撮影:竹下権
  • 音声:石井満里子 
  • VE:石原和昭(flag)
  • AD:辻村彩奈(flag)
  • CG:吉木学(flag)
  • 制作:株式会社 フラッグ
  • 協力: 社団法人日本将棋連盟
  • 総合演出:石神智(flag)
  • 制作プロデューサー:麻田俊行(flag)
  • プロデューサー:久保真(NECビッグローブ)

脚注編集

  1. ^ 定期更新終了後、清水市代女流王将コンピュータ将棋ソフト「あから2010」による対局「清水女流王将vsコンピューター 世紀の対局」が配信された。
  2. ^ 2009年までの新年1回目の配信では、『週刊将棋』との連動企画「将棋界10大ニュース」(2007年、2008年)、「保存版! 将棋界2008」(2009年)となった。
  3. ^ 2007年10月5日号から2008年4月4日号までは女流棋士が週替わりでナレーターを務め、以降の配信からはナレーションが付かなくなった。
  4. ^ ナレーションがなくなる以前には対局結果と対局予定の間に「将棋界ニュース」のコーナーを挟むことがあった。
  5. ^ 鈴木の出演からはサブタイトルがつくようになった。鈴木は相振り飛車編、木村は対振り飛車編、豊川は矢倉編、北浜は古典詰将棋編、山田は女流棋士編、戸辺は振り飛車穴熊編、田中は居飛車穴熊編、島は角換わり腰掛銀編、阿久津は角交換振り飛車編、小倉は中原誠十六世名人編、野月は石田流編、真田は一手損角換わり編、飯島は引き角戦法編、勝又はゴキゲン中飛車戦法編、飯塚は相掛かり棒銀編。
  6. ^ 加藤の将棋列伝は2006年8月11日号と2008年9月26日号の2回。
  7. ^ 2008年(第20回)より。熊倉は2009年(第21回)、中村は2010年(第22回)のリポーター。
  8. ^ 2009年までは女流棋士会会長による挨拶も配信されていた。藤森は2007年、谷川は2008年と2009年。
  9. ^ 一之瀬は2008年、梨沙帆は2009年。
  10. ^ ゲスト出演: 藤田綾、島朗、天野貴元、古河彩子、早水千紗、安食総子、藤井猛、豊川孝弘、橋本崇載、伊藤真吾中村太地

関連項目編集

外部リンク編集