メインメニューを開く

山根基世

山根 基世(やまね もとよ、1948年昭和23年)3月22日 - )は、日本のフリーアナウンサー

やまね もとよ
山根 基世
プロフィール
本名 戸張基世
出身地 日本の旗 日本 香川県高松市生まれ[1]山口県防府市育ち(2・3歳から)[1]
生年月日 (1948-03-22) 1948年3月22日(70歳)
最終学歴 早稲田大学第一文学部英文科卒業
職歴 大阪[2]東京アナウンス室[3]放送総局[4]→フリー
活動期間 1971年 -
ジャンル 報道
配偶者 あり
出演番組・活動
過去NHKニュース7』『NHK週刊ニュース

NHKエグゼクティブアナウンサー理事待遇)、東京大学客員准教授を歴任。現在は有限責任事業組合ことばの杜」の共同発起人。本名・戸張 基世(とばり もとよ)。

目次

人物編集

山口県立防府高等学校卒業後、一浪を経て、早稲田大学を卒業後入局。

2005年6月の人事異動で、NHK初の女性アナウンス室長に就任。さらに管理職経験がない中での大抜擢だった。室長時代は女性アナの地方異動の増加、インタビュー番組の作成、アナウンサーの海外支局解説委員へのキャリアパス導入、子どものこどば教育を行うなどの取り組みを行った。同年、『第56回NHK紅白歌合戦』の総合司会を務めた。

アナウンス室長経験者は、NHK放送研修センター・日本語センターに移動しセンター責任者を務めることが慣例化しているが、山根はアナウンス業にこだわり、元アナウンサー仲間の広瀬修子(現跡見学園女子大学教授)、宮本隆治(2007年3月いっぱいで退職)らとともに、退職翌月に「ことばの杜」を立ち上げた[5]。以後、フリーランスの立場で活動している。

2007年10月18日放送分のテレビ朝日徹子の部屋』に出演し、民放初出演を果たす。

2009年には第九回徳川夢声市民賞を受賞した。

2011年から女子美術大学芸術学部ファッションテキスタイル表現領域非常勤講師。

エピソード編集

テレビ・ラジオ出演編集

NHK時代編集

フリー後編集

音声ガイド編集

  • 東京国立博物館・九州国立博物館「国宝 大神社展」(2013年)

著書編集

  • 『であいの旅』(毎日新聞社 1988)(文春文庫 1991)
  • 『歩きながら』(文化出版局 1989)(文春文庫 1994)
  • 『旅のあとさき』(文化出版局 1991)
  • 『日本列島幸せ探し』(講談社 1993)
  • 『ネコのあぶく』(毎日新聞社 1995)
  • 『ことばで「私」を育てる』(講談社 1999)(講談社文庫 2006)
  • 『女・今を一心に生きる』(三笠書房 2001)
  • 『「ことば」ほどおいしいものはない』(講談社 2003)
  • 『感じる漢字 心が解き放たれる言葉』自由国民社 2014
  • 『こころの声を「聴く力」』潮出版社 2015
  • 『山根基世の朗読読本』評論社、2015 

共著・監修編集

翻訳編集

  • ダイアン・アダムズ文 ペイジ・カイザー絵『このてはあなたのために』評論社 2014

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 斉藤明美『家の履歴書 文化人・芸術家篇』キネマ旬報社、2011年、p252
  2. ^ 1971.6-1974.3
  3. ^ 1974.4-2007.6
  4. ^ 2007.6
  5. ^ 「現役続行」 退職アナが事業組合 NHK・山根さんら”. 朝日新聞 (2007年6月14日). 2007年6月29日閲覧。
  6. ^ 本人の当時の肖像(画像)を含む。

外部リンク編集