メインメニューを開く

日本の山小屋一覧

ウィキメディアの一覧記事
白馬岳頂上直下の日本最大規模の山小屋である白馬山荘 (収容人数1,200人) と村営白馬岳頂上宿舎のキャンプ指定地
白山室堂山荘 (収容人数750人)

日本の山小屋一覧(にほんのやまごやいちらん)は、日本に現存する、あるいはかつて存在した山小屋の一覧である。以下は地域別・五十音順。避難小屋を含む。名称には、小屋、山荘、ヒュッテ、温泉などが付く。

目次

概要編集

登山口や登山道及び山頂などに、宿泊ができる施設が整備されている。北海道などでは、無人で食事提供がない避難小屋が多い。尾瀬中央アルプスなどの一部の山域では、完全予約制を採用している。大部分の山小屋は、登山シーズン以外には閉鎖される。期間外に一部が緊急避難場所として開放される場合がある。北アルプス西穂山荘八ヶ岳の複数の山小屋などは通年営業を行っている。八ヶ岳の山域には非常に山小屋が多く、八ヶ岳が『小屋ヶ岳』と称されることがある。一部の山小屋ではキャンプ指定が併設されていて、国立公園の山域では指定地以外の幕営が禁止されている。豪雪地帯の山域の避難小屋では、小屋の上部に冬期用の入口が設けられている場合があるが、白山などでは小屋全部が雪に埋もれていまうこともある。小屋の建設と運営は、や地元の自治体、民間、山岳会などが行っている。大部分では入浴施設がないが、ごく一部で温泉露天風呂が併設されている[1]

北海道編集

名称 よみ 所在地 標高(m) 収容人数 テント 山域 開業 備考
木下小屋 きのしたごや 斜里町岩尾別温泉 230 30人 羅臼岳 知床国立公園
忠別岳避難小屋 ちゅうべつだけひなんごや 忠別岳と五色岳の中間点東 1,620 30人 15張 忠別岳 大雪山国立公園
白雲岳避難小屋 はくうんだけひなんごや 白雲岳の南東の肩 1,990 60人 80張 大雪山 大雪山国立公園
ヒサゴ沼避難小屋 ひさごぬまひなんごや ヒサゴ沼畔 1,600 30人 30張 トムラウシ山 大雪山国立公園

東北編集

名称 よみ 所在地 標高(m) 収容人数 テント 山域 開業 備考
県営くろがね小屋 けんえいくろがねごや 鉄山直下東 1,660 43人 安達太良山 磐梯朝日国立公園

関東編集

丹沢山地編集

名称 よみ 所在地 標高(m) 収容人数 テント 山域 開業 備考
蛭ヶ岳山荘 ひるがたけさんそう 蛭ヶ岳山頂 1,673 41人 蛭ヶ岳 通年営業
尊仏山荘 そんぶつさんそう 塔ノ岳山頂 1,491 塔ノ岳 通年営業
みやま山荘 みやまさんそう 丹沢山山頂 1,567 丹沢山 通年営業
青ヶ岳山荘 あおがたけさんそう 檜洞丸山頂付近 1,590 檜洞丸
鍋割山荘 なべわりさんそう 鍋割山山頂 1,273 鍋割山 通年営業

富士山編集

富士山の山頂近辺の標高3,740 m付近には、日本最高所に位置する頂上富士館、扇屋、山口屋の小屋がある。食料の運搬やゴミの搬出は、以前は「歩荷」や「強力」と呼ばれる人力であったが、富士山レーダー建設以降は、その資材運搬で初めて用いられたブルドーザー(高地と急傾斜に適応するよう噴射ポンプ燃料ポンプに改造が加えられている)と当時建設された専用道が用いられている。

名称 よみ 所在地 標高(m) 収容人数 テント 山域 開業 備考
佐藤小屋 さとうごや 富士吉田口五合目 2,230 100人 富士山 通年営業

富士箱根伊豆国立公園内にある。

八ヶ岳編集

名称 よみ 所在地 標高(m) 収容人数 テント 山域 開業 備考
湯元本沢温泉 ゆもとほんざわおんせん 夏沢峠北東 2,100 170人 125張 天狗岳 通年営業、露天風呂

中部編集

名称 よみ 所在地 標高(m) 収容人数 テント 山域 開業 備考
雨飾温泉 あまかざりおんせん 鉱度倉沢 900 100人 10張 雨飾山 妙高戸隠連山国立公園
五の池小屋 ごのいけごや 御嶽山飛騨頂上直下南 2,800 100人 御嶽山 小坂口(濁河温泉
小秀山避難小屋 こひでやまひなんごや 小秀山頂上西側 1,980 小秀山 2010年 バイオトイレ
白山南竜山荘 はくさんなんりゅうさんそう 白山南の南竜ヶ馬場 2,086 150人 100張 別山 白山国立公園、美濃禅定道
白山室堂 はくさんむろどう 白山室堂平 2,450 750人 白山 夏山診療所、白山国立公園、禅定道

日本アルプス編集

北アルプス編集

北アルプスは日本の山小屋の中で、最も大規模で利用者が多い山域の一つである。涸沢周辺の山小屋では、夏期休暇の他に紅葉シーズンにも多くの利用者がある。いくつかの小屋では、夏期に大学の医学部による夏山診療所が開設されている。

後立山連峰編集

名称 よみ 所在地 標高(m) 収容人数 テント 山域 開業 備考
白馬山荘 はくばさんそう 白馬岳頂上直下南 2,840 1,200人 白馬岳 1906年 夏山診療所、日本最大規模
白馬岳頂上宿舎 はくばだけちょうじょうしゅくしゃ 白馬岳頂上南西 2,730 1,000人 100張 白馬岳 1932年 夏山診療所、簡易郵便局
白馬岳蓮華温泉ロッジ はくばだけれんげおんせんろっじ 白馬大池北下の蓮華温泉 1,470 250人 50張 朝日岳 1848年 露天風呂、内湯
白馬鑓温泉小屋 はくばやりおんせんごや 白馬鑓ヶ岳南東下 2,020 150人 15張 白馬鑓ヶ岳 1928年 露天風呂
山小屋祖母谷温泉 やまごやばばだにおんせん 黒部峡谷祖母谷と祖父谷出合 780 50人 30張 黒部峡谷 明治の頃 露天風呂
唐松岳頂上小屋 からまつだけちょうじょうごや 唐松岳南東の肩 2,465 350人 30張 唐松岳 1933年
五竜山荘 ごりゅうさんそう 白岳と五竜岳との鞍部 2,490 300人 30張 白岳 1951年 遠見尾根
キレット小屋 キレットごや 八峰キレット 2,470 100人 鹿島槍ヶ岳 1933年
種池山荘 たねいけごや 柏原新道の稜線との合流部 2,450 200人 20張 爺ヶ岳 1919年 種池畔
新越山荘 しんごしさんそう 新越乗越の北東近傍 2,465 80人 鳴沢岳 1971年
大沢小屋 おおさわごや 篭川の大沢出合 1,670 20人 3張 扇沢駅 1925年 針ノ木雪渓
針ノ木小屋 はりのきごや 針ノ木峠 2,536 100人 22張 針ノ木岳 1930年

北アルプス南部編集

名称 よみ 所在地 標高(m) 収容人数 テント 山域 開業 備考
燕山荘 えんざんそう 燕岳頂上直下南 2,710 600人 30張 燕岳 1921年 夏山診療所、表銀座
鏡平山荘 かがみだいらさんそう 弓折岳直下南東 2,280 100人 弓折岳 1965年 小池新道
涸沢小屋 からさわごや 涸沢カール 2,350 100人 穂高岳 1939年 カール
涸沢ヒュッテ からさわひゅって 涸沢カール 2,300 200人 500張 穂高岳 1951年 夏山診療所、カール
北穂高小屋 きたほたかごや 北穂山頂直下 3,100 80人 20張 北穂高岳 1948年
常念小屋 じょうねんごや 常念乗越 2,450 300人 40張 常念岳 1917年 夏山診療所、高山蝶
水晶小屋 すいしょうごや 水晶岳直下南東 2,900 30人 水晶岳 1933年 裏銀座
双六小屋 すごろくごや 双六岳と樅沢岳との鞍部 2,550 200人 60張 双六岳 1935年 夏山診療所、小池新道
高天原山荘 たかまがはらさんそう 岩苔小谷右岸 2,130 50人 雲ノ平 1970年 露天風呂
岳沢小屋 だけさわごや 前穂高岳南西下の岳沢 2,170 30人 30張 前穂高岳 1956年 旧称「岳沢ヒュッテ」
蝶ヶ岳ヒュッテ ちょうがたけひゅって 蝶ヶ岳頂上直下北 2,650 250人 30張 蝶ヶ岳 1958年 夏山診療所
西穂山荘 にしほさんそう 西穂高岳独標南 2,370 250人 30張 西穂高岳 1941年 夏山診療所、新穂高ロープウェイ
野口五郎小屋 のぐちごろうごや 野口五郎岳直下北 2,870 50人 野口五郎岳 1965年 裏銀座、テント場廃止
穂高平小屋 ほたかたいらごや 蒲田川右俣谷左岸の穂高平 1,340 30人 15張 穂高岳
穂高岳山荘 ほたかだけさんそう 涸沢岳と奥穂高岳との鞍部 2,983 300人 30張 奥穂高岳 1924年 夏山診療所
槍ヶ岳山荘 やりがだけさんそう 槍ヶ岳頂上直下南 3,060 650人 30張 槍ヶ岳 1926年 夏山診療所
槍平小屋 やりだいらがごや 蒲田川右俣谷左岸の槍平 1,990 80人 50張 南岳 1924年 奥丸山
湯俣温泉晴嵐荘 ゆまたおんせんせいらんそう 高瀬川の湯俣川と水俣川との出合 1,410 100人 15張 槍ヶ岳 1927年 露天風呂、北鎌尾根
横尾山荘 よこおさんそう 上高地最奥の横尾 1,615 250人 100張 横尾 1947年 入浴施設、梓川
わさび平小屋 わさびだいらごや 蒲田川左俣谷左岸のわさび平 1,402 60人 30張 笠ヶ岳 1947年 入浴施設、小池新道

中央アルプス編集

中央アルプスで有人の営業を行っている山小屋は、北部の木曽駒ヶ岳周辺に集中している。南部では大部分の小屋が避難小屋である。

名称 よみ 所在地 標高(m) 収容人数 テント 山域 開業 備考
池山小屋 いけやまごや 空木岳東の池山尾根 1,750 20人 空木岳 林内作業所
空木駒峰ヒュッテ うつぎこまほうひゅって 空木岳頂上直下東 2,800 30人 空木岳 1969年
空木平避難小屋 うつぎだいらひなんごや 空木岳東の空木平 2,520 20人 空木岳
恵那山山頂小屋 えなさんさんちょうごや 恵那山頂上 2,190 15人 恵那山
越百山屋 こすもごや 越百山頂上西の鞍部 2,340 30人 越百山
駒ヶ岳頂上山荘 こまがたけちょうじょうさんそう 木曽駒ヶ岳と中岳との鞍部 2,870 200人 100張 木曽駒ヶ岳
摺鉢窪避難小屋 すりばちくぼひなんごや 南駒ヶ岳東下摺鉢窪 2,560 30人 南駒ヶ岳 摺鉢窪カール

南アルプス編集

要所には、山梨県静岡県が整備した小屋が多い。収容人数は、北アルプスと比べると少ない。また隣接する小屋間の距離は、北アルプスと比べると長い。稜線上以外の山小屋では、流水の水場がある山小屋がある。

南アルプス北部編集

名称 よみ 所在地 標高(m) 収容人数 テント 山域 開業 備考
北岳山荘 きただけさんそう 北岳と中白根山との鞍部 2,880 150人 80張 北岳 1978年
塩見小屋 しおみごや 塩見岳頂上直下北西 2,760 40人 塩見岳
仙丈小屋 せんじょうごや 仙丈ヶ岳頂上直下南 2,880 55人 仙丈ヶ岳 藪沢カール

南アルプス南部編集

名称 よみ 所在地 標高(m) 収容人数 テント 山域 開業 備考
赤石小屋 あかいしごや 赤石岳東尾根の富士見平下 2,540 100人 15張 赤石岳 1926年 静岡県営
赤石岳避難小屋 あかいしだけひなんごや 赤石岳山頂直下南 3,100 30人 赤石岳
中岳避難小屋 なかだけひなんごや 荒川中岳東側の山頂直下 3,060 30人 荒川岳
荒川小屋 あらかわごや 荒川前岳と小赤石岳との鞍部 2,610 100人 30張 荒川岳 静岡県営
兎岳避難小屋 うさぎだけひなんごや 兎岳山頂直下の東 2,740 8人 兎岳 飯田市
大沢渡山荘 おおさわわたしさんそう 大沢渡の東400 m 1,247 15人 兎岳 飯田市、老朽化
ウソッコ沢小屋 うそっこさわごや 上河内沢とウソッコ沢との出合 1,170 30人 7張 茶臼岳
小河内岳避難小屋 こごうちだけひなんごや 小河内岳山頂直下東 2,780 10人 小河内岳
聖光小屋 せいこうごや 便ヶ島 970 24人 40張 聖岳 長野県側の聖岳登山口
千枚小屋 せんまいごや 千枚岳の南東 2,610 60人 50張 荒川岳 2009年焼失、再建
高山裏避難小屋 たかやまうらひなんごや 板屋岳と荒川前岳との鞍部 2,410 20人 20張 荒川岳
茶臼小屋 ちゃうすごや 茶臼岳北東下 2,400 60人 45張 茶臼岳 静岡県営
光小屋 てかりごや イザルガ岳と光岳との鞍部 2,510 40人 8張 光岳 1998年にリニューアル、静岡県営
二軒小屋ロッジ にけんごやろっじ 大井川の東俣林道 1,390 32人 20張 赤石岳 東海フォレスト
広河原小屋 ひろがわらごや 小渋川上流部の福川出合 1,450 30人 5張 荒川岳 無人
百間洞山の家 ひゃっけんぼらやまのいえ 赤石岳と大沢岳との鞍部南 2,430 60人 20張 兎岳 静岡市営
横窪沢小屋 よこくぼさわごや 茶臼岳登山道の横窪沢左岸 1,610 60人 60張 茶臼岳

西日本編集

近畿編集

名称 よみ 所在地 標高(m) 収容人数 テント 山域 開業 備考
朝明ヒュッテ あさけひゅって 朝明渓谷 500 300人 20張 釈迦ヶ岳 キャンプ場
藤内小屋 とうないごや 三滝川北谷 665 20人 御在所岳 1959年 藤内壁

中国編集

四国編集

名称 よみ 所在地 標高(m) 収容人数 テント 山域 開業 備考
剣山頂上ヒュッテ つるぎさんちょうじょうひゅって 剣山頂上 1,920 150人 剣山 1955年 キャンプ場

九州編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『山と溪谷2011年1月号付録(山の便利手帳2011)』 山と溪谷社、2010年12月、pp.74-192、ASIN B004DPEH6G。

参考文献編集

関連項目編集

この一覧は未完成です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています