メインメニューを開く

日本製鉄尼崎製造所(にっぽんせいてつあまがさきせいぞうしょ)は、兵庫県尼崎市にある日本製鉄の製造所である。

目次

概要編集

尼崎製造所は、1919年(大正8年)に住友伸銅所尼崎工場として操業を開始した。石炭火力発電所で使用されるボイラチューブを中心に、加圧水型原子炉蒸気発生器の伝熱管、油圧シリンダー用鋼管など、ハイエンドのシームレスパイプを製造する[1]

製造所の構内は南北に走る兵庫県道57号尼崎港線の両側に広がっている。構内はトロッコ軌道が縦横に走っており、東西の構内を結ぶために軌道が県道を横断する踏切が1箇所だけある。時折、県道の交通を止めて、トロッコ列車が踏切を行き来する[2][3]

沿革編集

  • 1919年(大正8年) - 住友伸銅所尼崎工場として開所。
  • 1956年(昭和31年) - 住友金属工業に商号復帰。
  • 2012年(平成24年) - 新日本製鐵が住友金属工業を吸収合併し、新日鐵住金尼崎製造所となる。
  • 2019年(平成31年) - 新日鐡住金の社名変更に伴い日本製鉄尼崎製造所となる。

関連会社編集

  • 日鉄住金関西工業
  • 日鉄住金関西ランドスケープ
  • 日鉄住金テクノロジー

アクセス編集

出典編集

  1. ^ 製品案内」(尼崎製造所公式ページ)
  2. ^ fureki「尼崎 住友金属の踏切」(YouTubeビデオ、2010年7月8日)
  3. ^ itgwhitl「尼崎 住友金属のナロー」(YouTubeビデオ、2011年2月2日)

外部リンク編集