メインメニューを開く

根来広光

根来 広光(ねごろ ひろみつ、1936年9月24日 - 2009年11月27日)は、広島県府中市出身の元プロ野球選手捕手投手)・コーチ監督

根来 広光
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県府中市
生年月日 (1936-09-24) 1936年9月24日
没年月日 (2009-11-27) 2009年11月27日(73歳没)
身長
体重
170 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手投手
プロ入り 1957年
初出場 1957年4月2日
最終出場 1968年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • 阪急ブレーブス (1970 - 1973)
  • ロッテオリオンズ (1974 - 1979)
  • ヤクルトスワローズ (1980 - 1988)
  • オリックス・ブルーウェーブ (1992 - 1997)

目次

経歴編集

1945年8月6日原爆投下直前まで広島市内に住んでいたが、現在の府中市疎開して難を逃れた。中学時代は大分県別府市で育つ[1]河村英文は根来の姉と高校が同級。府中高校時代はエースで、県内では有名なピッチャーだった。当時の広島はレベルが高く、広瀬叔功木下強三ら同期は7人がプロ入りした。卒業後の1955年東京鉄道管理局へ入部すると、1956年には熊谷組の補強選手として都市対抗に出場し、決勝戦で日本石油藤田元司と投げあった。

1957年国鉄スワローズへ投手として入団。同年は3試合に登板しているが、早々に二軍落ち。小樽で行われた巨人戦で馬場正平から本塁打を打ち、試合後の馬場に声をかけると、「生まれて初めてホームランを打たれたよ」と言われたそうである。馬場は一軍の公式戦では本塁打を打たれていない[2]。その後は宇野光雄監督からの打診により、高校・社会人でそれぞれ短期間経験した捕手に転向することとなった。球団幹部からは「金田正一の球をノーサインで捕って一人前」と無理難題に近い要求をされたが、実家を養わなければならない根来は受け入れるしかなかった。捕手としてのデビュー時は極度に緊張し、宇野は主審に「このキャッチャー、新人だから頼むよ」と言った。その時は意味が分からなかったが、1球目はストレートで主審が「ストライク!」のコール。それをパスボールし、ボールは当時は低かったバックネットの網に直接当たった。観客は失笑、チームメイトも「ストライクをパスボールしたヤツ、初めて見た。それもストレートだよ」と大笑い。監督が主審に言った意味が後から分かったという[3]。最初は金田がサインを出した。金田は直球、縦に割れるカーブ、スライダーに近いカーブと三種類しかなく、大きな手振りでサインを出すので、何を投げるかは分かり易かったが、それでもバッターは打てなかったという[4]。金田の投球を必死に研究し、やがて直球とカーブを投げる際の微妙なフォームの相違を発見し、1961年頃からはノーサインで捕れるまでになった。豪球ゆえ、指は腫れて太くなり、骨も変形、命懸けで体を張って捕球した[5]。『その努力に金田も恩義に感じてか、後にロッテの監督に就任すると根来をコーチに招くなどしている。金田の400勝は、根来なしでは到達しなかった記録である[5]王貞治が第1号本塁打を打った時の捕手であるため、王が500号を打ったあたりから、節目の本塁打を打つたび、「第1号はどんなボールでしたか」と、新聞記者からよく電話が掛かってきたという。王は開幕戦から鳴り物入りでデビューしたにも関わらず、26打席無安打が続き、とても悩んでいるという噂が流れていた。根来も捕手転向時にはとても苦労したため、王が可哀そうになり、村田元一に「お前、同じ東京(出身)だろ。打たせてやれよ」と冗談で言った。第1号本塁打の球種はスライダーだったそうである[6]。打撃面では100安打以上を記録したシーズンは1度も無かったが、1964年には当時のリーグタイ記録である8打席連続安打を達成。1965年頃からは、平岩嗣朗岡本凱孝にマスクを譲ることが多くなった。1967年阪急ブレーブスへ移籍し、1968年に現役を引退。

引退後は阪急・オリックス(1969年スコアラー, 1970年コーチ兼スコアラー, 1971年 - 1973年二軍バッテリーコーチ, 1992年 - 1997年二軍監督, 1998年 - 2001年編成部)、ロッテ(1974年 - 1976年一軍バッテリーコーチ, 1977年 - 1979年二軍バッテリーコーチ)、ヤクルト(1980年 - 1983年一軍バッテリーコーチ, 1984年 - 1986年二軍バッテリーコーチ, 1987年 - 1988年二軍監督, 1989年 - 1991年編成部)で監督・コーチ・フロントを歴任。ロッテコーチ時代には1974年のリーグ優勝・日本一に貢献し、オリックス二軍監督時代には河村健一郎二軍打撃コーチの進言を受け、入団1年目のイチローを1年間、1番・センターで起用した[7]

加藤俊夫大矢明彦古田敦也に継がれてきたスワローズ球団の正捕手の背番号27は根来から始まる[8]。審判・平光清は自著の中で、400勝の金田のようにノーサインで容赦なく投げてくる投手の快速球を受け続けながら、みずからは決してPRすることのなかった「ゴロちゃん」のような縁の下の力持ちこそ、真のナンバーワン捕手ではないか、と述べている[9][10]

2009年11月27日胃がんのため神奈川県藤沢市内の病院で死去。根来の訃報を受けた金田は「(根来さんは)私の野球人生に欠かすことの出来ない人物だった」と語った[11]。73歳没。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1957 国鉄
サンケイ
20 25 24 3 5 1 0 0 6 1 0 0 0 0 1 0 0 5 0 .208 .240 .250 .490
1958 101 293 267 18 60 9 2 7 94 28 1 2 7 1 17 2 1 43 10 .225 .274 .352 .626
1959 112 303 271 26 55 5 1 9 89 32 0 1 9 2 14 0 7 46 8 .203 .260 .328 .589
1960 112 265 239 20 46 7 1 4 67 18 2 3 6 1 17 2 2 31 3 .192 .252 .280 .532
1961 120 380 340 24 75 11 2 4 102 30 1 0 10 5 23 7 2 48 5 .221 .274 .300 .574
1962 130 390 359 16 72 9 1 5 98 19 1 2 10 0 15 0 6 52 8 .201 .245 .273 .518
1963 138 415 385 25 88 4 1 5 109 33 3 2 6 3 18 1 3 32 13 .229 .268 .283 .552
1964 118 383 356 24 87 15 2 5 121 33 3 2 5 3 14 5 5 32 11 .244 .283 .340 .623
1965 109 294 272 20 59 8 0 8 91 28 0 1 4 2 14 1 2 40 4 .217 .260 .335 .595
1966 57 73 72 0 7 1 0 0 8 3 0 0 0 0 1 0 0 10 0 .097 .110 .111 .221
1967 阪急 55 125 112 10 20 1 1 3 32 9 1 0 6 0 6 0 1 19 2 .179 .227 .286 .513
1968 11 9 8 0 1 0 0 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 1 0 .125 .125 .125 .250
通算:12年 1083 2955 2705 186 575 71 11 50 818 234 12 13 64 17 140 18 29 359 64 .213 .259 .302 .561
  • 国鉄(国鉄スワローズ)は、1965年途中にサンケイ(サンケイスワローズ)に球団名を変更

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1957 国鉄 3 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 39 10.0 10 2 1 0 0 1 0 0 6 5 4.50 1.10
通算:1年 3 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 39 10.0 10 2 1 0 0 1 0 0 6 5 4.50 1.10

記録編集

節目の記録
  • 1000試合出場:1966年7月24日 ※史上113人目
その他の記録

背番号編集

  • 57 (1957年)
  • 27 (1958年 - 1966年)
  • 24 (1967年 - 1968年)
  • 71 (1971年 - 1973年)
  • 82 (1974年 - 1979年、1992年 - 1997年)
  • 72 (1980年 - 1988年)

脚注編集

  1. ^ 懐かしの別府ものがたり: No1285
  2. ^ 『聞き書き みんな、野球が好きだった』p52
  3. ^ 『聞き書き みんな、野球が好きだった』p71
  4. ^ 『聞き書き みんな、野球が好きだった』p75
  5. ^ a b 『洋泉社MOOK プロ野球「最強捕手」伝説』洋泉社、2009年10月26日発行、p3、94
  6. ^ 『聞き書き みんな、野球が好きだった』p66
  7. ^ 産経新聞、2009、4、16
  8. ^ 根来以後、捕手以外で27番を着けたのは1989年のロン・デービス投手のみである。
  9. ^ 『「憧れの記憶」野手編』、p121(ベースボール・マガジン社、2007年9月)
  10. ^ 平光清『審判失格―それでも私は野球が好きだ。』p217、218(ニッポン放送出版)
  11. ^ 訃報:根来広光さん73歳=金田正一投手とバッテリー 毎日新聞 2009年11月28日

参考文献編集

  • 根来広光・小田豊二『聞き書き みんな、野球が好きだった』(集英社、2006年) ISBN 4834251241
  • 平光清『審判失格―それでも私は野球が好きだ。』(ニッポン放送出版、1994年)

関連項目編集