1億人の大質問!?笑ってコラえて!

1億人の大質問!?笑ってコラえて!』(いちおくにんのだいしつもん わらってコラえて)は、日本テレビ系列1996年7月3日から毎週水曜日の19:56 - 20:54[1]JST)に放送されている所ジョージ司会を務める日本バラエティ番組である。通称「笑コラ」「(所さんの)笑ってコラえて!」。ステレオ放送2011年10月から)、字幕放送ハイビジョン制作2006年10月から)を実施している。

1億人の大質問!?笑ってコラえて!
ジャンル バラエティ番組
監督 小澤龍太郎(総監督)
演出 成家理恵
加納成人(進行)
矢坂義之 他
監修 大岩賞介
豊村剛(共にアドバイザー)
出演者 所ジョージ
佐藤栞里 ほか
ナレーター 真地勇志
伊倉一恵(「結婚式」のみ)
エンディング 所ジョージ「反省」
プロデューサー 久道恵
原司(統轄P)
倉田忠明CP
制作 日本テレビ
放送
音声形式 ステレオ放送2011年10月より)
放送国・地域 日本の旗 日本
公式サイト
放送開始から1998年9月まで
放送期間 1996年7月3日 - 1998年9月30日
放送時間 水曜日 19:00 - 20:00
放送分 60分
1998年10月から2009年3月まで
放送期間 1998年10月7日 - 2009年3月25日
放送時間 水曜日 19:00 - 19:58
放送分 58分
2009年4月から9月まで
放送期間 2009年4月15日 - 9月
放送時間 水曜日 19:58 - 20:54
放送分 56分
2009年10月から
放送期間 2009年10月 - 現在
放送時間 水曜日 19:56 - 20:54
放送分 58分
テンプレートを表示

概要編集

日本中にいる素晴らしい人たちをたくさん紹介すること」をコンセプトとして[2]、日本全国の一般人にスポットをあて、テーマごとに取材されたVTRをスタジオで司会の所ジョージやゲストのタレントが視聴するというスタイルで放送される。所が司会を務めていたクイズ番組どちら様も!!笑ってヨロシク』をリニューアルして、クイズを外す形で1996年7月3日にスタートした。2016年に放送開始20周年を迎えるも、番組スタイルが大きく替わることなく続く長寿番組となっている[2]

ほとんどのコーナーでは取材対象はテーマ毎に所があらゆる方法(ダーツなど)で無作為抽選し、そこで選ばれた地域等へスタッフが取材する。『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)、『YOUは何しに日本へ?』(テレビ東京系)、『ブラタモリ』(NHK総合)などに代表される、いわゆる「素人いじり番組」の元祖的番組ともいえるが、(突っ込みの)コメントやテロップなどで積極的に素人をいじろうとするのではなく、「普通の人同士(の会話)のスタンス」を守っているという[2]。特に、看板企画『日本列島 ダーツの旅』では取材をするのはディレクターアシスタントディレクターの2名のみで、文字通り“旅感”を重視したVTR構成となっている[2]

年に数回スペシャル版が放送され、世界中から取材対象を選ぶ「全世界版」もある。2004年より、年末スペシャルには明石家さんまが登場し、所・さんまとサブ司会のみで放送を進める方式をとっている。

アシスタントは番組開始から約12年間山岡三子が担当していたが、2008年9月17日放送分で卒業。翌放送回の10月1日スペシャル番組放送分からは番組をリニューアルし、新アシスタントに夏目三久(当時日本テレビアナウンサー)を迎え、源流番組である『笑って許して!!』(『クイズ笑って許して!!』)と『笑ってヨロシク』で行われていた「スペシャルゲストクイズ」が新コーナーとして登場するなど、『新装開店』として装いも新たに放送されることになった。その後2011年1月26日放送分をもってアシスタントの夏目が卒業し、2月2日放送分から新たに関根麻里が加わった。山岡・夏目はアシスタントという役回りであったが、関根はサブMCを務め、所の役割は総合司会からメインMCに変更した。2015年10月7日放送の3時間スペシャルをもってサブMCの関根麻里が卒業し、10月14日放送分から新たに佐藤栞里がサブMCとして加わった。この間、2014年10月29日はスタジオセットをリニューアルしている。

2009年4月より『サプライズ』との入れ替わりで水曜20時台(19:58 - 20:54)に移動。同年10月には放送開始が2分前倒しされ、19:56となった。

また2009年4月5日から9月27日までは日曜10:25 - 11:25に毎週の再放送を行っていた(関東ローカル)。ただ、放送する内容は1時間のレギュラー放送(2008年10月29日以降)に限る(後番組は『世界まる見え!テレビ特捜部 DX特別版』)。現在では再放送は不定期に行われている。

2010年11月3日放送の『吹奏楽の旅スペシャル2010』では番組初の生放送を行った。その後、2013年8月28日(3時間SP)、2016年1月20日、2018年12月26日に生放送を行っている。2018年12月26日の場合は、年内最後の放送だったため「ダーツの旅 村人グランプリ」も放送されたが、同コーナーを含め例年通り明石家さんまが出演するパートは事前収録し、前半2時間に放送した。そのため、生放送部分は後半2時間に集約された。生放送パートでは「スペシャルゲストクイズ」、東京スカイツリータウンからの中継で「人生は生クイズだ!の旅」などを放送。

ハイビジョン番組だが16:9画面になるのは司会者とゲストが出演するスタジオ部分だけだったが、2009年になってから一部VTR(主に日本列島ダーツの旅)でも16:9画面にて放送されている。それ以外は左にコーナータイトル(以前はHPアドレス)、右に番組タイトルが表示されている。文字の色は紫。

2004年11月3日放送に放送された「笑ってコラえて! 文化祭 吹奏楽の旅 完結編 一音入魂スペシャル」が、バラエティ番組として初となる「第42回ギャラクシー賞テレビ部門大賞」を受賞している[2][3]

2016年7月6日19:00 - 22:54には放送開始20周年を記念した4時間スペシャル『笑ってコラえて!20すSP』が放送された。

所は『どちら様も!!笑ってヨロシク』開始以来、29年間一度も休むことなく出演していたが、2018年8月24・31日に行われた収録を欠席し緊急入院し、胆のうの摘出手術を行った。同日の収録は代理司会を立て予定通り行われ、同年9月12日放送分を当初、スペシャルゲストクイズの解答者として参加を予定していた劇団ひとりが、9月19日放送分(2時間スペシャル)を木梨憲武とんねるず)がそれぞれ務めた[4]。9月19日放送分では、番組途中からスタジオに出演し、ゲスト席に座った。

2019年5月1日19:00 - 22:54には新元号を記念した4時間スペシャル『笑ってコラえて! 令和元年5月1日記念番組 新時代に世界の頂点を目指せ!イケてる新コーナー大集合!4時間スペシャル!』[5]が放送された。

出演者編集

歴代司会者編集

期間 総合司会
→メインMC
アシスタント
→サブMC
1996.07.03 2008.09.17 所ジョージ[6] 山岡三子
2008.10.01 2011.01.26 夏目三久
2011.02.02 2015.10.07 関根麻里
2015.10.14 現在 佐藤栞里[7][8]

ゲスト編集

  • 毎週、3 - 4組のゲストが出演する。

ナレーション編集

現在のコーナー編集

日本列島 ダーツの旅
1996年の初回から放送している人気コーナー。初回から1998年9月までは放送順にその日最後のコーナーだったが、同年10月から冒頭のコーナーに変更された。2008年11月12日からは19時30分をまたぐ真ん中のコーナーになり、2009年6月からは番組最後のコーナーに戻った。2013年7月からは再びスペシャルゲストクイズの次の最初のコーナーになり、その後、番組最後のコーナーに戻っている。番組開始当初は「日本列島 当て物の旅」というタイトルで放送1回目は「ダーツ」、放送2回目は「おもちゃのボーガン」で日本地図に矢を放って行き先の村や町を決めていたが放送1回目のダーツが好評で、なおかつ所の得意技であったことから放送3回目以降は現在のタイトルである「日本列島 ダーツの旅」となり、必ずダーツで行き先を決定することとなった(過去に所自身がダーツの旅に出かける回もあったほか、スペシャルでは所が行くのが恒例になっている)。
年末(2002年までは翌年1月、および7月)には、その年に取材した村(町)人で一番面白かった人を決める「村人グランプリ」が開催される。2004年以降の年末SPでは明石家さんまを特別ゲストに迎えて、「村人グランプリ」を決めている。なお2007年11月は久々に6人のゲストによっての審査となり(その時は特別審査委員として泉ピン子が2票持つことになった)、さんまがゲスト時はこれとは別に過去すべての村人からのグランプリを決めるグランドチャンピオン大会として放送された。基本的には面白い人がグランプリに選ばれるが、廃線となった下北交通大畑線の車両を復活させた感動話がグランプリになったこともある。
このコーナーの進行は以下のとおり。
  1. 取材ディレクターの前で所が日本地図にダーツの矢を投げ当たった地域の地図(昭文社の「県別マップル」)の中から取材する町(村)を決め(その際、町や村の名前を所が駄洒落にする)、その町(村)に取材ディレクターが行く(所自身や所の代わりにダーツを投げた芸能人が自ら取材に出かける場合もある)。
  2. その町(村)で最初に発見した人を「第一町(村)人」と呼ぶ。
  3. 2.の他は「○○町(村)のここが素晴らしい」というコーナーになり(ここで独自のアタック音が流れる)、その町(村)の人に町(村)の良いところをインタビューしてまわる。番組開始当初は「イヤなところ」を聞くコーナーもあった。
  4. 最後にその町(村)の名物料理を紹介し、地元の人をスタジオに呼んで作ってもらう。
平成の大合併以後も、合併前の町村の単位で訪ねている。ダーツで当たった場所から行き先を決める際も、合併前の地図が使われている。当たった町村が、既に合併により消滅している場合は、第一町(村)人紹介の前にその旨をアナウンスする。仮に△△町(村)が合併で消滅して○○市になった場合は、「○○市△△のここが素晴らしい」と紹介する。なお、平成の大合併以前に市だった場所は行き先に選ばない。
24時間テレビ』では2003年からこの企画の発展形の「ダーツの旅的インタビュー」を行っている。
2009年11月26日に、この番組の前に放送された『SUPER SURPRISE』では、過去のダーツの旅の総集編と、えなりかずき三遊亭楽太郎(現:六代目三遊亭円楽)によるダーツの旅が放送された。
この番組が放送開始される以前に、ABCの『探偵!ナイトスクープ』で放送された、視聴者からの“新しいウキウキするような旅番組を作ってほしい”という依頼をもとにした企画「俵太のダーツにおまかせ!!ひとり旅」(1992年6月12日放送分)が「ダーツの旅」に酷似している。用意した地図にダーツを投げ、ダーツの刺さった地域を訪れるというものである。放送の際にはこの企画を担当した越前屋俵太が「業界関係者の方、どんどんマネしてください」ともコメントしていたことから、この企画がダーツの旅の原型であるといわれており、2008年10月18日にABCでこの回の番組が再放送された際には、出演者である岡部まりと当時の回想を求めた三代澤康司ABCアナウンサー)との間で「この企画が他局の番組に採用された」という趣旨のやりとりがなされている[9]。また『クイズ!ヘキサゴンII』が当番組の裏で放送されていた際、当コーナーのパロディでレギュラーメンバーを全国に行かせ知名度を聞くという企画が放送されていた。
第1回の行き先は栃木県栗山村(現在の日光市)だった。当時はダーツボードはなく、日本の分県図にダーツを投げ当たった県の市町村図に取り替えてもう一度ダーツを投げる方式だった。この方式は現在、ダーツの旅の全世界版スペシャルで使われている。なお、栃木県は第1回で訪ねて以降、2010年2月17日まで14年にわたって一度も行っていなかった。ただし、「ダーツの旅的インタビュー」では、2007年にタカアンドトシ芳賀町に当て、訪れている。
2007年11月7日の放送では、1999年に成家ディレクターが取材した山口県大島郡久賀町(現在の周防大島町)に第一町人として登場した15歳(当時、現在は24歳と紹介)の少年がダーツの旅の第一町人になった縁から高校時代から付きあっていた女性と結婚するということになり、番組が総力を挙げて祝った(「結婚式の旅」のやり方とほぼ同じ)。
2008年春までに訪ねた町は350カ所、取材した町人は2万人にのぼる。ダーツの矢は北海道から東北地方にかけてに当てることが多く、逆に関東地方近畿地方に当てることは少ない。ただし、前述の24時間テレビ「ダーツの旅的インタビュー」の場合は関東地方や山梨県が多い。これは、チャリティパーソナリティーにジャニーズのアイドル・大物女優・当時旬である芸人が多く、スケジュール上の問題等で関東近郊になっている。
埼玉県と神奈川県には一度も訪れていない。大阪府も2010年の年末スペシャルで明石家さんまが行くまで当たったことがなかった。

主題歌・挿入歌編集

  • 『僕の犬』
  • 『質問』
  • 『わかんない2
  • 農家の唄
  • 『反省』
  • 『アイスクリーム買いに行きましょうか』

以上はすべて所ジョージの歌唱。現在はエンディングテーマとしては流れず、番組途中の提供バックで稀に使用されている。

挿入歌

ネット局と放送時間編集

『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』ネット局と放送時間
放送対象地域 放送局 系列 放送日時
関東広域圏 日本テレビ(NTV)
制作局
日本テレビ系列 水曜日 19:56 - 20:54
北海道 札幌テレビ(STV)
青森県 青森放送(RAB)
岩手県 テレビ岩手(TVI)
宮城県 ミヤギテレビ(MMT)
秋田県 秋田放送(ABS)
山形県 山形放送(YBC)
福島県 福島中央テレビ(FCT)
山梨県 山梨放送(YBS)
長野県 テレビ信州(TSB)
新潟県 テレビ新潟(TeNY)
静岡県 静岡第一テレビ(SDT)
富山県 北日本放送(KNB)
石川県 テレビ金沢(KTK)
福井県 福井放送(FBC) 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
中京広域圏 中京テレビ(CTV) 日本テレビ系列
近畿広域圏 読売テレビ(ytv)
鳥取県島根県 日本海テレビ(NKT)
広島県 広島テレビ(HTV)
山口県 山口放送(KRY)
徳島県 四国放送(JRT)
香川県・岡山県 西日本放送(RNC)
愛媛県 南海放送(RNB)
高知県 高知放送(RKC)
福岡県 福岡放送(FBS)
長崎県 長崎国際テレビ(NIB)
熊本県 くまもと県民テレビ(KKT)
大分県 テレビ大分(TOS) 日本テレビ系列
フジテレビ系列
鹿児島県 鹿児島読売テレビ(KYT) 日本テレビ系列
宮崎県 宮崎放送(mrt)[10] TBS系列 土曜日 12:54 - 13:54
沖縄県 沖縄テレビ(OTV) フジテレビ系列 日曜日 13:00 - 14:00[11]
過去の放送局
放送時間の変遷
期間 放送時間(日本時間
1996.07 1998.09 水曜日 19:00 - 20:00(60分)
1998.10 2009.03 水曜日 19:00 - 19:58(58分)
2009.04 2009.09 水曜日 19:58 - 20:54(56分)
2009.10 現在 水曜日 19:56 - 20:54(58分)

関連番組編集

日本テレビの火曜・水曜に放送された所ジョージの冠番組を記載する。

脚注・出典編集

  1. ^ 放送開始当初から2009年3月までは、19:00 - 19:58(JST)、2009年4月から9月までは、19:58 - 20:54(JST)に放送されていた。
  2. ^ a b c d e “主役はあくまで一般人 “笑コラ”が20年支持された理由”. ORICON STYLE. (2016年7月2日). http://www.oricon.co.jp/news/2074434/full/ 2016年7月2日閲覧。 
  3. ^ 第42回ギャラクシー賞受賞作品”. 放送批評懇談会. 2016年7月2日閲覧。
  4. ^ 所ジョージが胆のう摘出手術「3日で仕事再開」鉄人ぶり語る”. 女性自身 (2018年9月10日). 2018年9月12日閲覧。
  5. ^ 事前発表では『笑ってコラえて!令和1発目!新企画祭り4時間SP』
  6. ^ 前番組『笑ってヨロシク』より続投。
  7. ^ 就任前に、10回ゲスト出演している。
  8. ^ 当番組直前に放送される『有吉の壁』にも、アシスタントとして兼任している。
  9. ^ <長寿番組の条件>日本テレビ「笑ってこらえて」の“ダーツの旅”はいかにして生まれたか? 元プロデューサーの吉川圭三によると、ナイトスクープの企画は知らなかったという。
  10. ^ 本来の系列局であるテレビ宮崎フジテレビ系列主体の日本テレビ系列テレビ朝日系列とのクロスネット局で放送枠が無いため、現在、本番組としては唯一TBS系列局による番販放送となっている。なお先述の『24時間テレビ』内「ダーツの旅的インタビュー」はテレビ宮崎で放送する。(なおネット枠の関係上、全てを放送する訳ではない)
  11. ^ 行列のできる法律相談所」が司会の島田紳助引退で休止した際には穴埋めを兼ねて8:57~9:55で放送した時期もある。

外部リンク編集

日本テレビ系列 水曜19:00 - 19:56枠
前番組 番組名 次番組
1億人の大質問!?笑ってコラえて!
(1996.7.3 - 2009.3.25)
サプライズ
※19:00 - 19:58
日本テレビ系列 水曜19:56 - 19:58枠
どちら様も!!笑ってヨロシク
※19:00 - 20:00
1億人の大質問!?笑ってコラえて!
(1996.7.3 - 2009.3.25)
サプライズ
※19:00 - 19:58
SUPER SURPRISE
※19:00 - 19:58
【2分縮小して継続】
1億人の大質問!?笑ってコラえて!
(2009.10 - )
-
日本テレビ系列 水曜19:58 - 20:00枠
どちら様も!!笑ってヨロシク
※19:00 - 20:00
1億人の大質問!?笑ってコラえて!
(1996.7.3 - 1998.9)
速報!歌の大辞テン
※19:58 - 20:54
【2分拡大】
日本史サスペンス劇場
※19:58 - 20:54
(2008.4.16 - 2009.3.11)
1億人の大質問!?笑ってコラえて!
(2009.4.15 - )
-
日本テレビ系列 水曜20:00 - 20:54枠
日本史サスペンス劇場
※19:58 - 20:54
(2008.4.16 - 2009.3.11)
1億人の大質問!?笑ってコラえて!
(2009.4.15 - )
-
日本テレビ 水曜20:54 - 21:00枠
日テレ+・まだまだ1億人の大質問!?笑ってコラえて!
(2017.5.3 - )
※『日テレ+』の水曜版自体は2017.4.26開始
-