イアン・ウォーレス

イアン・ラッセル・ウォーレス英語: Ian Russell Wallace1946年9月29日 - 2007年2月22日)は、イングランド出身のミュージシャンドラマーキング・クリムゾンの元メンバーであり、またボブ・ディランなど多くのミュージシャンとセッション活動を行った。

イアン・ウォーレス
Ian Wallace
Ian Wallace, Sherman Oak, California 2005.jpg
ロサンゼルスのホームスタジオにて(2005年)
基本情報
出生名 Ian Russell Wallace
生誕 1946年9月29日
出身地 イングランドの旗 イングランド
グレーター・マンチェスター州ベリー
死没 (2007-02-22) 2007年2月22日(60歳没)
ジャンル ロック
プログレッシブ・ロック
ジャズ
ブルースロック
職業 ミュージシャンドラマー
担当楽器 ドラムスパーカッションボーカル
活動期間 1968年 - 2007年
共同作業者 キング・クリムゾン
アレクシス・コーナー
他多数

経歴編集

少年期から1970年まで編集

グレーター・マンチェスターベリー出身。学生時代に最初のバンド、ザ・ジャガーズを組みドラムを演奏し始めた。プロキャリアの出発は、1964年、地元の若者達のバンド「ザ・ウォリアーズ」へ加入したところまで遡る。このバンドには、後にイエスを結成するジョン・アンダーソンが兄とともに在籍していた。ウォーレスはザ・ウォリアーズにドラマーとしての腕を買われて誘われたが、彼の母が反対したので、メンバーは彼の実家に説得に行ったという[1][2]

ザ・ウォリアーズはイギリスで一枚シングルを出した後、ドイツに拠点を移し、ドイツやデンマークでライブ活動を行ったが、1967年末に解散。その後、ザ・ウォリアーズとステージで共演していたビッグ・サウンドというバンドからベーシストとドラマーが抜けたため、ザ・ウォリアーズのベーシストのデヴィッド・フォスターと共に加入しスウェーデンやデンマークを巡業。1968年にロンドンへ戻るとThe Sleepyというバンド名義でシングル3枚分をレコーディングしたが、発売されたのは2枚だけであった。この時期セッション・ミュージシャンとしても活動し、リトル・リチャードサンディー・ショウ他多くのアーティストのヨーロッパ・ツアーのバックでドラマーを務める。

60年代末、解散直前のボンゾ・ドッグ・バンドのツアーに参加したことを契機に、1970年春にヴィヴィアン・スタンシャルの企画シングルにキース・ムーンらと参加。BBCのテレビやラジオ番組にも出演した。その縁から1970年夏、ニール・イネスのバンド「ザ・ワールド」に正式メンバーとして迎え入れられた[3]

キング・クリムゾン時代編集

1970年末、ウォーレスは居候主のキース・エマーソンから、プログレッシブ・ロック・バンドのキング・クリムゾンが、脱退したボーカリスト兼ベーシストのゴードン・ハスケルの後任のオーディションを行っていると聞き、ボーカリストに応募した。結果は不合格であったが、リーダーのロバート・フリップにドラミングの技量を見込まれ、ハスケルに引き続いてキング・クリムゾンを脱退したアンディ・マカロック[注釈 1]に代わるドラマーとして加入することになった。

新しいキング・クリムゾンはフリップ(ギター、メロトロン)、ウォーレス(ドラムス、バック・ボーカル)、ボズ・バレル(リード・ボーカル、ベース・ギター)[注釈 2]メル・コリンズ(サックス、フルート、メロトロン)、ピート・シンフィールド(作詞、照明、FOH・サウンド・エンジニアリング、VCS3・シンセサイザー)の顔ぶれでライブ活動を開始。1971年4月にドイツのフランクフルトで4回のコンサート、5月から10月末までイギリス・ツアー、11月から約1か月間のアメリカ・カナダ・ツアーを行い、7月からはライブ活動と並行して4thアルバム『アイランズ』を制作して12月に発表した。ウォーレスは、多彩で複雑な楽曲を柔軟なスティックさばきで演奏し、また「レディース・オブ・ザ・ロード」ではコーラスにも参加した。

しかし、神秘主義や霊的な世界観にインスピレーションを求め続けるフリップと、アメリカでソウルブルースの影響をより強く受けたウォーレス、バレル、コリンズとは、音楽の方向性を巡って互いの間の溝を深めていった。『アイランズ』のリリースから間もない1971年の暮れに、フリップと同じく結成以来のメンバーで全曲の作詞を担当してきたシンフィールドが、フリップと対立して解雇された。そして1972年の年明けのリハーサルで、フリップとウォーレス達との間に決定的な対立が生まれた結果、解散が決定された。しかし契約を盾に取った所属事務所に押し切られる形で、2月から契約履行のアメリカ・ツアーを開始。ツアーの最中、ウォーレス達はバンドの存続を希望したがフリップに受理されなかったので、一緒にツアーを行ったブリティッシュ・ブルース・ロックの巨頭・アレクシス・コーナーに接近していった。ウォーレスはコーナーのステージに飛び入り参加してフリップを悩ませたという。4月にツアーが終了すると同時にキング・クリムゾンは解散。ウォーレス、バレル、コリンズはコーナーと「スネイプ」を結成した。このアメリカ・ツアーの模様は、ライブ・アルバム『アースバウンド』に編集されて、同年、発表された。[1]

ボブ・ディランらとのセッション活動編集

スネイプは翌年には1stアルバム『アクシデンタリー・ボーン・イン・ニュー・オーリンズ』を発表した。ウォーレスはスネイプで2枚のアルバムとアレクシス・コーナー名義のアルバム1枚に参加。また、1973年には、バレル、コリンズと共に、キング・クリムゾン時代の同僚であったシンフィールドのソロ・アルバム『スティル』の制作にゲスト参加した。その後、アルヴィン・リーのカンパニーに参加するも1975年に脱退。その後はセッション・ドラマーとしての性格を再び強め、同年にはピーター・フランプトンのバックに参加。1978年にはボブ・ディランのバンドに招かれ、日本ツアーにも同行した。その演奏は1979年発表のライブ・アルバム『武道館』の中で聴くことができる。ディラン作品としては同年のスタジオアルバム『ストリート・リーガル』にも参加し、その重厚なドラム・スタイルでバンドサウンドを特徴付けたが、バンドのベーシスト・ロブ・ストーナーのように、これを「まるで警官のようなビート」と評し、好まなかった者もいた(ストーナーは1976年発表のライブ・アルバム『激しい雨』で音作りの中核を担った人物で、ラフで疾走感のあるサウンドを志向していた)。

70年代以降も、ライ・クーダードン・ヘンリージョー・ウォルシュボニー・レイットキース・エマーソンロイ・オービソントラヴェリング・ウィルベリーズジャクソン・ブラウンエリック・クラプトンクロスビー、スティルス&ナッシュブライアン・イーノティム・バックリーリンジー・バッキンガムスティーヴィー・ニックスウォーレン・ジヴォンスティーヴ・マリオットアル・クーパープロコル・ハルム[注釈 3]、などといった様々なジャンルの多彩なミュージシャンとのセッション活動を行い、多くのレコーディングやライブに参加した[4]。1994年にはアメリカで行われたサッカーのワールド・カップ開会式で演奏に参加した。

短期間ではあったが、ロサンゼルスで元イエスピーター・バンクスや元バジャー[注釈 4]ジャッキー・ロマックス[注釈 5]らとともに、「ザ・ティーバッグス」を結成して活動したこともあった。

晩年編集

2003年、キング・クリムゾンの元メンバー達が結成した「21stセンチュリー・スキッツォイド・バンド」にマイケル・ジャイルズの後任として加入。同僚だったコリンズと再共演した[4]。また生涯唯一のソロ・アルバム『ハピネス・ウィズ・ミニマル・サイド・エフェクツ』を発表した。2005年には「クリムゾン・ジャズ・トリオ」を結成し[5]、『キング・クリムゾン・ソング・ブック vol.1』(2005年)を発表した。

また、1972年に袂を分かってから久しく疎遠だったフリップとも連絡を取り合うようになり[注釈 6][6]、それをきっかけに、ウォーレス在籍時のライブ演奏を編集した『レディース・オブ・ザ・ロード』(2002年)や、フリップが主宰するディシプリン・グローバル・モービルが通信販売する『キング・クリムゾン・コレクターズ・クラブ CLUB9』(2000年)、『同 CLUB14』(2000年)、『同 CLUB18』(2001年)、『同 CLUB30』(2005年)に、当時を回想した興味深いライナーノーツを提供した。

こうして新たな活動が軌道に乗り始めた矢先の2006年8月、ウォーレスは食道癌の診断を受け、闘病生活に入る。同じ病気に苦しむ人々を励ます意味もあり、闘病の様子をブログに綴るなどして過ごしていた。手術も成功が伝えられたが、翌2007年2月に容態が悪化、妻に看取られつつ死去した[7]。60歳歿[8]

死後は未亡人によってガン研究の基金が設立されている。2009年には、クリムゾン・ジャズ・トリオの『キング・クリムゾン・ソング・ブック vol.2』が発表された[注釈 7][9]

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ 『クリムゾン・キングの宮殿 風に語りて』 (シド・スミス著)に掲載されたインタビューより。
  2. ^ Smith (2019), p. 108.
  3. ^ Smith (2019), p. 107-109.
  4. ^ a b Smith (2019), p. 388.
  5. ^ Smith (2019), p. 130.
  6. ^ Smith (2019), p. 129-130.
  7. ^ Smith (2019), p. 388-389.
  8. ^ 元キング・クリムゾンのイアン・ウォレスが死去 - CDjournal
  9. ^ Smith (2019), p. 390.

注釈編集

  1. ^ ウォーレスはエマーソン宅にマカロックと共に居候していた関係から、オーディションへ参加した。
  2. ^ バレルはボーカリストとして加入したが、加入が決まっていたベーシストがリハーサルの直前に加入を断ったので、急遽ベーシスト兼任となり、フリップとウォーラスとがベース・ギターを教えた。
  3. ^ 1993年のツアーに参加した。
  4. ^ 1972年に元イエストニー・ケイと、元ザ・ウォリアーズのデイヴィッド・フォスターによって結成された。
  5. ^ 1960年代から活動し、1968年8月にアップル・レコードから、ジョージ・ハリソン作の「サワー・ミルク・シー」をシングルで発表。ハリソンがプロデュースを担当し、ハリソン、ポール・マッカートニーリンゴ・スターエリック・クラプトンニッキー・ホプキンスが録音に参加した。1969年には同曲を収録したデビュー・アルバム ”Is This What You Want?” を発表した。
  6. ^ フリップは2002年に発表された『レディース・オブ・ザ・ロード』のライナーノーツに、"For Ian and myself, we have become friends."と記した。
  7. ^ 彼の生前に完成していた作品。コリンズが客演した。

参考文献編集

  • 『キング・クリムゾン』 北村昌士著、シンコー・ミュージック
  • レコード・コレクターズ』1989年3月号、「特集・キング・クリムズン」、ミュージック・マガジン社
  • 『クリムゾン・キングの宮殿 風に語りて』 シド・スミス著、ストレンジ・デイズ
  • en:Ian Wallace (drummer) (UTC: 08:57, 2 March 2012)
  • Smith, Sid (2019), In the Court of King Crimson: An Observation over Fifty Years, Panegyric, ISBN 978-1916153004 

外部リンク編集