小島瑠璃子

日本の女性バラエティタレント、司会者、グラビアモデル、スポーツキャスター

小島 瑠璃子(こじま るりこ、1993年〈平成5年〉12月23日 - )は、日本バラエティタレント司会者グラビアモデルスポーツキャスター

こじま るりこ
小島 瑠璃子
プロフィール
愛称 こじるり
るりこ
ルーリィ
生年月日 1993年12月23日
現年齢 26歳
出身地 日本の旗 日本千葉県市原市
血液型 O型
公称サイズ(2014年[1]時点)
身長 / 体重 157 cm / kg
スリーサイズ 81 - 57 - 85 cm
カップサイズ E[2]
活動
デビュー 2009年
ジャンル バラエティタレント司会者
他の活動 グラビアモデルスポーツキャスター
事務所 ホリプロ
公式サイト ホリプロ公式プロフィール
受賞歴 2009年ホリプロTSCグランプリ
アイドル: テンプレート - カテゴリ

千葉県市原市出身[3]ホリプロ所属。

略歴編集

2009年、第34回ホリプロタレントスカウトキャラバンで3万3910人の中からグランプリ受賞[4]。同年10月25日、ホリプロの大先輩・和田アキ子が司会を務める『アッコにおまかせ!』(TBS)で、全国ネットのテレビ番組に初めて出演[5]

2010年6月から、ホリプロの芸能人女子フットサルチーム「XANADU loves NHC」のマネージャーをしている[6]。背番号はグランプリを受賞したホリプロタレントスカウトキャラバンの回数にかけて「34」。同年7月6日から放送開始されたアニメ『スティッチ! 〜ずっと最高のトモダチ〜』の主題歌「みんなのゆめ」で歌手デビューを果たした[7]

2012年3月29日、『おかしなガムボール』の一日PRガールに就任[8]。同年3月31日から、TBS制作・全国ネットのスポーツ番組『S☆1』のスタジオ進行や取材を担当。これを機に、同局が日本国内の地上波テレビ放送権を有するプロボクシング中継の進行役も務めるようになった。

2013年1月12日、TBS制作の第21回全日本高等学校女子サッカー選手権大会のダイジェスト番組及び中継番組で、中山雅史(元サッカー日本代表選手)と共にメインキャスターを担当。翌年以降の大会でも、単独でメインキャスターを務めている。

2013年からは、『パテナの神様!』(MBS)へパネラーとして出演したことを機に、関西ローカルでの放送が主体の在阪局制作番組にも随時登場している。同年12月27日から2014年1月5日までは、同局の制作による第93回全国高校ラグビー大会ハイライト番組で、大畑大介神戸製鋼コベルコスティーラーズアンバサダー、元ラグビー日本代表選手)と共にキャスターを担当[注釈 1]。出演期間中は、大会に出場した高校や選手への取材にも携わった。なお、翌年以降の大会でも、大畑と共にキャスターに起用。ダイジェスト番組では、全回にわたってスタジオ進行や取材などを担当している。日本国内で開催されるラグビーワールドカップ2019の期間中には、以上の経験を背景に、オフィシャルブロードキャスターである日本テレビ制作の中継や関連番組・イベントに「応援マネジャー」という肩書で出演していた[9]

2014年には、「PARCO SWIM DRESSキャンペーン」のキャンペーンガールへ起用された[10][注釈 2]。3月2日に生放送の『漫才Loversスペシャル〜ytv漫才新人賞決定戦〜』(読売テレビ)では、東野幸治と共に初めて司会を担当。9月23日には、TBS制作の世界バレー女子イタリア大会中継番組で、ホリプロの先輩でもある大林素子(元バレーボール全日本女子選手)と共にスタジオMCを務めている。

2015年には、4月から放送を開始した『サタデープラス』(MBSテレビ制作・TBS系列全国ネットの生活情報番組)で、小堺一機丸山隆平関ジャニ∞)と共にメインキャスターを担当。2017年3月に『S☆1』のMCを卒業するまでは、土曜日の午前中に大阪で『サタデープラス』へ出演してから、深夜に東京で『S☆1』に登場していた。ニホンモニターの調査によれば、『おはスタスーパーライブ』(テレビ東京系列)の隔週火・木の生放送レギュラーなど他番組への出演(詳細後述)も相次いだ2015年には、1月から11月までに放送されたテレビ番組への出演本数が女性タレントの中で最も多く(延べ429本)[11]、1月から6月までの上半期だけでも、延べ226本の番組に出演していた[12]

その一方で、池上彰の進行・解説によるテレビ東京制作の報道・情報番組にも、パネラーとして頻繁に出演。『池上彰の選挙ライブ』(池上がメインキャスターを務める選挙開票特別番組)へ登場することもある。2017年10月22日に放送された第48回衆議院議員総選挙開票特別番組『池上彰の総選挙ライブ』では、立憲民主党希望の党開票センターからの生中継リポートを担当。選挙関連の本格的な取材を初めて任されたにもかかわらず、政治記者やアナウンサーに引けを取らない取材と堂々としたリポートによって、「こじるり無双」と呼ばれるほど高い評価を受けた[13]

2019年12月16日、集英社「グラジャパ!アワード2019」検索部門賞受賞[14]

2020年7月、漫画家・原泰久との交際が報じられ[15]、小島も8月8日放送の『みむこじラジオ!』(ニッポン放送)の中で交際を認めた[16]

人物編集

  • 家族構成は父、母、2歳下の弟[17]。父の実家は館山市[18]
  • 小学校高学年頃から中学生頃までは「変な眼鏡をかけたようなガリ勉だった」といい[17]、高校は県内有数の進学校である千葉東高校出身[19]。共立女子大学中退。
  • 高校時代はサッカー部のマネージャーをやっていた[20][21]
  • 空手経験有り[17]
  • 特技はオセロ[22][19]
  • GACKTの熱狂的ファン[23]。他にL'Arc〜en〜Cielも好きで、3、4歳の頃は氷室京介をテレビなどで視て異様にテンションが上がっていたと言う[17]。好きな男性のタイプは、内面は『S☆1』で共演していた爆笑問題田中裕二[24]で、ルックスは向井理[25]
  • 『パテナの神様!』では、本業がシンガーソングライターである円広志と6回共演していた。しかし、最後に共演した回のスタジオ収録(2013年8月21日放送分)では円を「師匠」と呼んだことから、同番組の最終回(同年9月25日)では、「イマドキの若い子は円広志のこと(本業)を何だと思っているの?」という街頭調査を実施するに至った[26]
  • 2014年12月14日(現地時間:日本時間同15日)、TBSの企画でホノルルマラソンに参加。自身初のフルマラソンを6時間5分43秒で完走した[27]。翌2015年にも、5時間30分以内での完走を目標に同マラソンへ参加。前年より遅いタイム(6時間9分58秒)ながら、総合順位10,598位(女性出場者4,691人中4,215位)で2年連続の完走を果たしている。
  • 元々は歌手を目指して芸能界入りしたが、バラエティ班の居心地が良すぎて忘れていたと言う。憧れの歌手は事務所の先輩で元AKB48板野友美。現在は番組共演以来、プライベートでも仲が良い[28]
  • 一方、女優業については「せりふとなると本当にせりふくさくなっちゃいそうで心配」と乗り気ではない[29]
  • ミッツ・マングローブクリス松村ピーター(池畑慎之介☆)と、本人曰く「新宿二丁目関係」の有名人との親交も多い[17]
  • デヴィ・スカルノとは嘗て共演NG状態であったが、小島も謝罪したこともあり現在は和解し、7年ぶりにクイズ!THE違和感で共演を果たした。[30]

作品編集

音楽配信編集

小島瑠璃子 feat.小澤ちひろ

映像作品編集

DVD

出演編集

テレビ編集

現在の出演番組

特別番組

  • 全国高校ラグビー大会ハイライト番組(2013年 - 、MBS) - 第93回大会から大畑大介と共にキャスターを担当[注釈 3]
  • 世界の超S級危険生物コレクション(2013年4月3日、TBS)- 進行役
  • ytv漫才新人賞決定戦(2014年3月2日、読売テレビ ) - 司会
  • 想像を絶するテレビ(2014年9月25日、2015年12月10日、2016年9月22日、読売テレビ・日本テレビ) - 進行役
  • 有吉の壁(日本テレビ、2015年4月7日) - 進行役
  • キワミコトノハ得心寺!(2015年4月30日、NHK BSプレミアム)- 司会
  • 歌がうまい王座決定戦スペシャル(2015年7月17日・2016年1月1日・5月20日、フジテレビ) - 司会
  • 第49回日本有線大賞(2016年12月5日、TBS) - 司会 [33]
  • 野球の未来へ。侍ジャパン目指せ世界一!(2016年10月7日 - 12月23日、TBS) - ナビゲーター
  • MBS開局65周年記念特別番組 「アートの日」アーッと驚く!カンサ偉ジン博覧会(2017年3月25日[注釈 4]、MBS) - 『サタデープラス』メインキャスター陣の1人である丸山と共にMCを担当
  • TXN衆院選SP 池上彰の総選挙ライブ(2017年10月22日)
  • 日曜夕方の池上ワールド(テレビ東京)
  • 至極の楽園 世界の海をのぞいて見よう!(BS日テレ) - ナビゲーター
    • 至極の楽園 世界の海をのぞいて見よう!(2018年8月18日)
    • 至極の楽園 世界の海をのぞいて見よう!2(2019年1月4日)
    • 至極の楽園 世界の海をのぞいて見よう!3(2019年)
    • 至極の楽園 世界の海をのぞいて見よう!4(2020年1月19日)
  • 世界ふしぎ発見! 1500回シリーズ 大発見!キングダムの世界(2019年1月12日、TBS) - ミステリーハンター

過去の出演番組

スポーツ番組

  • S☆1(2012年3月31日 - 2017年3月26日、TBS) - メインキャスター[35]
  • UEFA EURO2012(2012年6月 - 7月、TBS) - EUROサポーター
  • 全日本高等学校女子サッカー選手権 - スペシャルサポーター(メインキャスター)
    • 第21回全日本高等学校女子サッカー選手権(2013年1月、TBS)
    • 第22回全日本高等学校女子サッカー選手権(2014年1月、TBS)
    • 第23回全日本高等学校女子サッカー選手権(2015年1月、TBS)
    • 第24回全日本高等学校女子サッカー選手権(2016年1月、TBS)
    • 第25回全日本高等学校女子サッカー選手権(2016年12月 - 2017年1月、TBS)
    • 第26回全日本高等学校女子サッカー選手権(2017年12月 - 2018年1月、TBS)
    • 第27回全日本高等学校女子サッカー選手権(2019年1月、TBS)
  • 全国高校ラグビー大会 - キャスター
    • 第93回全国高校ラグビー大会(2013年12月 - 2014年1月、MBS)
    • 第94回全国高校ラグビー大会(2014年12月 - 2015年1月、MBS)
    • 第95回全国高校ラグビー大会(2015年12月 - 2016年1月、MBS)
    • 第96回全国高校ラグビー大会(2016年12月 - 2017年1月、MBS)
    • 第97回全国高校ラグビー大会(2017年12月 - 2018年1月、MBS)
    • 第98回全国高校ラグビー大会(2018年12月 - 2019年1月、MBS)
    • 第99回全国高校ラグビー大会(2019年12月 - 2020年1月、MBS)
  • 2014年バレーボール女子世界選手権(2014年9月、TBS) - MC
  • 2016別府大分毎日マラソン(2016年2月、RKB・OBS) - スペシャルナビゲーター[36]
  • クロスカントリー日本選手権
    • クロスカントリー日本選手権2016(2016年2月、RKB) - ナビゲーター(MC)[37]
    • クロスカントリー日本選手権2017(2017年2月、RKB) - ナビゲーター(MC)[38]
  • ラグビーワールドカップ2019(2019年2月 - 11月、日本テレビ)- 応援マネージャー

テレビドラマ

ウェブテレビ編集

ラジオ編集

CM編集

広告編集

MV編集

吹き替え編集

舞台編集

ゲーム編集

イベント編集

書籍編集

写真集編集

  • こじるりっ! (2013年7月10日、集英社

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ ただし、放送期間の前半(2013年末)に体調を崩した影響で、スタジオではなくVTRでの出演にとどまる回が多かった。
  2. ^ ホリプロ所属のタレントとしては、2012年の優香以来、2年ぶりに選出された。
  3. ^ 2013年中の放送(12月27日・28日・29日)には、体調不良を理由にスタジオへの出演を見合わせたため、事前に収録した出場校への取材企画「コジルリの花園S1」にのみ登場。最終放送日になった2014年1月5日放送分のみ、『S☆1』のスタジオから他のTBS系列局にも同時ネットで放送した。
  4. ^ 関西ローカルで11:58 - 16:00に生放送。当日は『サタデープラス』のレギュラー放送日でもあったため、丸山と共に同番組に続いて出演した。
  5. ^ 永谷園の子会社。
  6. ^ 当日は同競馬場のイベントにも出演。

出典編集

  1. ^ 小島瑠璃子、撮影スタッフも驚いた「こじるり伝説」を大検証!”. 週プレNEWS. 集英社 (2014年5月2日). 2015年4月12日閲覧。
  2. ^ “こじるり、隠れ巨乳対決で佐藤美希に惜敗!Fカップ告白され「私より大きい」”. SANSPO.COM(サンスポ) (産経デジタル). (2014年12月23日). http://www.sanspo.com/geino/news/20141223/oth14122314480023-n1.html 2015年5月8日閲覧。 
  3. ^ 参加ランナー”. 第42回JALホノルルマラソン. TBSテレビ. 2016年3月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月12日閲覧。
  4. ^ “15歳小島瑠璃子さんがホリプログランプリ”. 日刊スポーツ. (2012年11月14日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20091019-557061.html 
  5. ^ “新世代美少女・小島瑠璃子TV初登場 アッコと遭遇”. exciteニュース. アメーバ. (2009年10月26日). http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20091026/Ameba_48423.html 2015年4月12日閲覧。 [リンク切れ]
  6. ^ シュ!!”. 田代さやかオフィシャルブログ「Moちょtto しゃかり気」 (2010年6月6日). 2012年11月14日閲覧。
  7. ^ “ホリプロGPの小島瑠璃子が歌手デビュー”. 日刊スポーツ. (2012年11月14日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20100705-649604.html 2020年3月26日閲覧。 
  8. ^ ホリプロTSCグランプリ・小島瑠璃子、青いネコ「ガムボール」をチア姿で応援”. De☆View. オリコン (2009年10月19日). 2012年11月14日閲覧。
  9. ^ “小島瑠璃子、日テレ系ラグビーW杯応援マネジャーに就任!”. WalkerPlus. (2019年2月11日). https://news.walkerplus.com/article/178801/ 2020年3月26日閲覧。 
  10. ^ “こじるり 自身の巨大水着看板に感激”. デイリースポーツ. (2014年3月18日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2014/03/18/0006788957.shtml 2020年3月26日閲覧。 
  11. ^ “国分太一2連覇!ブレイクタレントは厚切りジェイソン!|ニホンモニター 2015タレント番組出演本数ランキング” (プレスリリース), ニホンモニター, (2015年12月15日), オリジナルの2015年12月15日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20151215043110/http://www.n-monitor.co.jp/pressreiease/2015/1215.html 2020年3月26日閲覧。 
  12. ^ “国分太一 連覇に向け好発進!小島瑠璃子 初のクイーン!|ニホンモニター 2015年上半期タレント番組出演本数ランキング” (プレスリリース), ニホンモニター, (2015年7月14日), オリジナルの2015年7月17日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20150717004019/http://www.n-monitor.co.jp:80/pressreiease/2015/0714.html 2020年3月26日閲覧。 
  13. ^ “こじるり無双!現場も驚く小島瑠璃子選挙リポート力”. 日刊スポーツ. (2017年10月23日). https://www.nikkansports.com/entertainment/column/umeda-b/news/201710230000554.html 2017年12月24日閲覧。 
  14. ^ 集英社「週刊プレイボーイ」2019年12月30日No.52 138頁
  15. ^ “小島瑠璃子 19歳上キングダム漫画家と「福岡縁結び連泊愛」”. NEWSポストセブン (小学館). (2020年7月31日). https://www.news-postseven.com/archives/20200731_1582784.html?DETAIL 2020年8月9日閲覧。 
  16. ^ “小島瑠璃子 漫画家・原泰久氏との交際報道に「もうその通りです」ラジオで語る”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2020年8月8日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/08/08/kiji/20200808s00041000293000c.html 2020年8月9日閲覧。 
  17. ^ a b c d e 週刊文春 2015年11月19日号 p.118 - 122「阿川佐和子のこの人に会いたい」
  18. ^ “こじるり 先輩イジリーの“ベロ芸”横移動で継承「しかるべき時に」”. スポーツニッポン. (2015年5月2日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/05/02/kiji/K20150502010278900.html 2015年7月13日閲覧。 
  19. ^ a b 「行けばわかるから!」小島瑠璃子が品川で過ごす1dayプランを提案 こじるりオススメの“物凄いモノ””. イープラス (2017年12月14日). 2020年6月2日閲覧。
  20. ^ 小島瑠璃子 (2012年9月5日). ほっぺたがぴくぴく痙攣. インタビュアー:森 綾. 萩庭桂太 YOUR EYES ONLY, 週刊文春.. http://shukan.bunshun.jp/articles/-/1721 2012年11月14日閲覧。 
  21. ^ “小島瑠璃子がU世代のマネジャーに立候補 「サッカー日本代表応援WEEK」”. 朝日新聞デジタル&M (朝日新聞社). (2015年5月26日). http://www.asahi.com/and_M/information/SDI2015052550651.html 2018年2月23日閲覧。 
  22. ^ 小島瑠璃子(コジマルリコ) | ホリプロオフィシャルサイト
  23. ^ “小島瑠璃子、短冊の願いはGACKTに「会いたい」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2012年7月5日). オリジナルの2012年7月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120705091806/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20120705-OHT1T00006.htm 2018年2月23日閲覧。 
  24. ^ 小島瑠璃子 タイプは爆笑田中「結婚したい」”. 東スポWeb (2012年12月25日). 2014年4月21日閲覧。
  25. ^ “小島瑠璃子の理想の男性は、内面が爆笑・田中でルックスは向井理”. リアルライブ. (2014年12月1日). http://npn.co.jp/article/detail/33712283/ 2014年12月27日閲覧。 
  26. ^ MBSテレビ『パテナの神様!』公式サイト
  27. ^ “小島瑠璃子、初フルマラソン完走に喜び 「走ってよかった!」”. RBBTODAY (IID, Inc.). (2014年12月16日). http://www.rbbtoday.com/article/2014/12/16/126530.html 2015年1月5日閲覧。 
  28. ^ “小島瑠璃子、芸能界入りした理由を思い出す「全然忘れてた」”. モデルプレス. (2014年7月21日). http://mdpr.jp/news/detail/1392664 2014年12月27日閲覧。 
  29. ^ “小島瑠璃子、女優業には消極的? 「私はバラエティータレント」”. エンタメOVO (共同通信社). (2015年5月2日). https://tvfan.kyodo.co.jp/news/996705 2020年3月26日閲覧。 
  30. ^ https://news.livedoor.com/article/detail/18430653/
  31. ^ “関ジャニ・丸山、生番組初MCに「30代を代表して伝えたい」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2015年3月18日). https://www.oricon.co.jp/news/2050166/full/ 2020年3月27日閲覧。 
  32. ^ “小島瑠璃子、Eテレ『サイエンスZERO』司会に就任”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年2月22日). https://www.oricon.co.jp/news/2106216/full/ 2018年2月23日閲覧。 
  33. ^ “日本有線大賞司会に高橋英樹&こじるり「精一杯頑張ります」”. スポーツ報知. (2016年11月30日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161129-OHT1T50152.html 2016年11月30日閲覧。 
  34. ^ “小島瑠璃子「ヒルナンデス!」卒業、「お酒も飲めず田舎臭さも抜けず、そんな時から…」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2020年3月26日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/03/26/kiji/20200326s00041000183000c.html 2020年3月26日閲覧。 
  35. ^ “TBS『S☆1』MCの爆笑問題・田中&こじるり卒業 2012年から5年間担当”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年3月28日). https://www.oricon.co.jp/news/2088203/full/ 2020年3月26日閲覧。 
  36. ^ 2016別府大分毎日マラソン TBS、2016年2月7日閲覧。
  37. ^ クロスカントリー日本選手権2016 RKB、2016年2月14日閲覧。
  38. ^ クロスカントリー日本選手権2017 RKB、2017年2月25日閲覧。
  39. ^ “こじるりドラマ初挑戦で刑事役 「ついに来たか!」 柄本佑演じる“コック警部”相棒に”. ORICON STYLE. (2016年8月28日). http://www.oricon.co.jp/news/2077427/full/ 2016年8月29日閲覧。 
  40. ^ “ますおか岡田圭右と小島瑠璃子が身近な商品を徹底比較!『違う de SHOW!』AbemaTVで12・18スタート”. TVLIFE web (学研プラス). (2016年12月13日). https://www.tvlife.jp/entame/92600 2020年3月26日閲覧。 
  41. ^ “ビアードパパ 小島瑠璃子さん出演TVCM放送のご案内” (プレスリリース), 株式会社麦の穂, (2017年1月27日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000055.000007024.html 2020年4月26日閲覧。 
  42. ^ “小島瑠璃子:CMでパルコアラとダンス 着ぐるみ姿も”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2014年6月22日). https://mantan-web.jp/article/20140622dog00m200014000c.html 2020年3月26日閲覧。 
  43. ^ 「LINE レンジャー」CMにアンジャッシュ渡部建さん、小島瑠璃子さん、長州力さん出演!”. LINE GAME公式ブログ (2015年2月13日). 2015年2月18日閲覧。
  44. ^ こじるり、犬の着ぐるみでコミカルダンス”. ORICON (2015年7月15日). 2015年7月15日閲覧。
  45. ^ “小島瑠璃子、CM発表会見にキンタロー。がサプライズ登場”. T-SITE NEWS. (2016年4月21日). http://top.tsite.jp/entertainment/geinou01/i/28556998/index 2016年4月25日閲覧。 
  46. ^ 「プリパラ」に小島瑠璃子さんが「プリパラおうえん大使」として就任!”. タカラトミーアーツ (2016年4月13日). 2016年4月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月26日閲覧。
  47. ^ “小島瑠璃子:「プリパラ」初の「おうえん大使」就任 CMに出演”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2016年4月13日). http://mantan-web.jp/2016/04/13/20160413dog00m200004000c.html 2020年3月26日閲覧。 
  48. ^ “小島瑠璃子さん出演!こじるりがあなたのピッタリを見つけます! ブラザー新TVCM発表 「プリビオ」新TVCM「あなたにぴったり年賀状」篇(15秒) 12月2日(金)から放送開始” (プレスリリース), ブラザー, (2016年11月22日), http://www.brother.co.jp/news/2016/priviocm/index.htm 2020年3月26日閲覧。 
  49. ^ ブラザー、大容量インクカートリッジ採用の新インクジェット複合機”. デジカメ Watch (2016年7月5日). 2016年10月11日閲覧。
  50. ^ “小島瑠璃子さんをブランドキャラクターに起用し、自動車保険新CMのオンエアを開始” (プレスリリース), SBI損害保険株式会社, (2018年7月19日), https://www.sbisonpo.co.jp/company/news/2018/0719.html 2020年3月26日閲覧。 
  51. ^ 小島瑠璃子さんインタビュー『続けることの大切さ――3年続けた頃にようやく仕事への向き合い方が見えてきた』”. タウンワークマガジン. リクルート (2018年12月27日). 2019年1月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月26日閲覧。
  52. ^ 小島瑠璃子 バレンタインデーに一緒に飲みたい人とは?「キリン のどごし<生>」に桐谷健太とともに新CMキャラクターに”. Edge Line (2019年2月12日). 2019年2月18日閲覧。
  53. ^ 小島瑠璃子が出演するキリンビール キリン のどごし<生>のCM「キンキンの差し入れ 小島瑠璃子」篇”. 動画NOW!! (2019年6月17日). 2019年6月22日閲覧。
  54. ^ こじるり、さわやかワンピースで登場「海と空をイメージ」”. ORICON (2015年7月1日). 2015年7月1日閲覧。
  55. ^ “「2100年 未来の天気予報」(新作版)の公開について” (プレスリリース), 環境省, (2019年7月8日), http://www.env.go.jp/press/107008.html 2020年3月26日閲覧。 
  56. ^ “「インクレディブル・ファミリー」小島瑠璃子、サンシャイン池崎が吹替キャストに”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年6月15日). https://natalie.mu/eiga/news/286741 2020年3月26日閲覧。 
  57. ^ “小島瑠璃子、ふなっしーと共演舞台で声優初挑戦「ヒロイン役、うれしいです!」”. ORICON STYLE. (2016年4月27日). http://www.oricon.co.jp/news/2070813/full/ 2016年4月27日閲覧。 
  58. ^ 小島瑠璃子と小林幸子が「サチルリ」結成を約束”. 日刊スポーツ (2016年1月26日). 2016年1月26日閲覧。
  59. ^ 千葉県出身タレント「小島瑠璃子」さんが、「千葉県観光・アクアラインマラソン応援団長」に就任されました。”. ちばアクアラインマラソン実行委員会事務局 (2016年7月22日). 2016年10月24日閲覧。

外部リンク編集