メインメニューを開く

ジャパン・オータムインターナショナル

ジャパン・オータムインターナショナルJapan Autumn International)は、日本中央競馬会が実施している国際競走シリーズである。

目次

概要編集

2008年度よりエリザベス女王杯からチャンピオンズカップまで4週連続で行われる、秋季の国際GI競走ならびにワールドスーパージョッキーズシリーズに海外の主要競走で好成績を挙げた外国馬および騎手の参戦を促すため、2007年11月19日に賞金総額約12億円の国際競走シリーズを実施することが発表された。

このシリーズでは指定された海外競走に優勝もしくは2着に入った外国調教馬に優先出走権が付与されるほか、対象の競走で外国調教馬が3着以内に入った場合、賞金に加え褒賞金を交付している。

歴史編集

褒賞金対象となる指定海外競走の変更については、各競走の記事を参照のこと。

対象競走編集

2015年〜編集

競走名 施行競馬場 施行距離 賞金総額
第1戦 エリザベス女王杯 京都競馬場 芝2200m 1億9270万円
第2戦 マイルチャンピオンシップ 京都競馬場 芝1600m 2億1300万円
第3戦 ジャパンカップ 東京競馬場 芝2400m 5億2100万円
第4戦 チャンピオンズカップ 中京競馬場 ダ1800m 1億7940万円

〜2014年編集

競走名 施行競馬場 施行距離 賞金総額
第1戦 エリザベス女王杯 京都競馬場 芝2200m 1億9270万円
第2戦 マイルチャンピオンシップ 京都競馬場 芝1600m 2億1300万円
第3戦 ジャパンカップ 東京競馬場 芝2400m 5億2100万円[1]
第4戦 チャンピオンズカップ 中京競馬場 ダ1800m 1億7940万円[2]
ワールドスーパージョッキーズシリーズ 東京競馬場(西暦偶数年)
阪神競馬場(西暦奇数年)
 

優先出走権対象競走編集

2008年6月にジャパンカップへの優先出走権が付与される競走4競走が発表された。2009年5月には新たにエリザベス女王杯とマイルチャンピオンシップへの優先出走権が付与される競走とジャパンカップへの優先出走権が付与される1競走が追加された。なお優先出走権を持った馬がジャパン・オータムインターナショナル指定競走への出走は2008年のジャパンカップに出走したペイパルブルが初めてとなった。

対象競走名 開催国・優先出走権付与競走名 付与設定年 優先出走順位
エリザベス女王杯  オペラ賞 2009年 1着
マイルチャンピオンシップ  ムーラン・ド・ロンシャン賞
 クイーンエリザベス2世ステークス
ジャパンカップ  キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス 2008年 1着及び2着
 アーリントンミリオンステークス 2009年 1着
 アイリッシュチャンピオンステークス 2008年
 バーデン大賞
 凱旋門賞 1着及び2着

褒賞金制度編集

当シリーズでは外国調教馬の出走を促すため指定の海外競走で優勝もしくは2着となった外国調教馬が優勝した場合、優勝賞金に加え褒賞金も交付している。また2009年の改定で、3着以内に入った外国調教馬にも褒賞金が交付されることになった。褒賞金の獲得は2010年のエリザベス女王杯で優勝したスノーフェアリーが初めてとなった。指定の海外競走は各競走の記事を参照のこと。

歴代シリーズ優勝馬・騎手編集

2008年~2014年編集

実施年 エリザベス女王杯 マイルCS JC チャンピオンズC(2013年まではJCダート) WSJS
優勝馬 優勝騎手
2008年  リトルアマポーラ  ブルーメンブラット  スクリーンヒーロー  カネヒキリ  イオリッツ・メンディザバル
2009年  クィーンスプマンテ  カンパニー  ウオッカ  エスポワールシチー  横山典弘
2010年  スノーフェアリー  エーシンフォワード  ローズキングダム  トランセンド  ライアン・ムーア
2011年  スノーフェアリー  エイシンアポロン  ブエナビスタ  トランセンド  ジョン・ムルタ
2012年  レインボーダリア  サダムパテック  ジェンティルドンナ  ニホンピロアワーズ  ザカリー・パートン
2013年  メイショウマンボ  トーセンラー  ジェンティルドンナ  ベルシャザール  リチャード・ヒューズ
2014年  ラキシス  ダノンシャーク  エピファネイア  ホッコータルマエ  浜中俊

2015年以降編集

実施年 エリザベス女王杯 マイルCS JC チャンピオンズC
優勝馬
2015年  マリアライト[3]  モーリス[4]   ショウナンパンドラ[5]   サンビスタ[6]  
2016年  クイーンズリング[7]  ミッキーアイル[8]  キタサンブラック[9]  サウンドトゥルー[10]
2017年  モズカッチャン[11]   ペルシアンナイト[12]  シュヴァルグラン[13]  ゴールドドリーム[14]
2018年  リスグラシュー[15]  ステルヴィオ [16]  アーモンドアイ  ルヴァンスレーヴ

※国旗は優勝時の調教国、ワールドスーパージョッキーズシリーズは出場国。

出典編集

  1. ^ ICSC(国際セリ名簿基準委員会) 2014 International Cataloguing Standards Book - The Jockey Club、2014年12月10日閲覧
  2. ^ 2014年(1 - 12月)ダート交流重賞競走一覧 - 地方競馬全国協会、2014年12月10日閲覧
  3. ^ 2015年エリザベス女王杯JBISサーチ、2015年11月16日閲覧
  4. ^ 2015年マイルCSJBISサーチ、2015年11月24日閲覧
  5. ^ 2015年ジャパンカップnetkeiba.com、2016年2月27日閲覧
  6. ^ 2015年チャンピオンズCnetkeiba.com、2016年2月27日閲覧
  7. ^ クイーンズリングが差し切り悲願のGI初制覇!/エリザベス女王杯netkeiba.com、2016年11月13日閲覧
  8. ^ ミッキーアイル逃走V! 2年6か月ぶりのGI制覇!/マイルCSnetkeiba.com、2016年11月20日閲覧
  9. ^ 【ジャパンC】(東京)~キタサンブラックが人気に応えて逃げ切るラジオNIKKEI、2016年11月27日閲覧
  10. ^ 【チャンピオンズC】サウンドトゥルーが直線一気でV!サンケイスポーツ、2016年12月4日閲覧
  11. ^ モズカッチャンが古馬を破って初戴冠! 鮫島師もGI初制覇/エリザベス女王杯netkeiba.com、2017年11月12日閲覧
  12. ^ またミルコ! ペルシアンナイトが17年ぶりの3歳馬V!/マイルCSnetkeiba.com、2017年11月19日閲覧
  13. ^ 5番人気シュヴァルグランが優勝 キタサンブラックは3着に敗れる GIジャパンカップ産経新聞、2017年11月26日閲覧
  14. ^ ゴールドドリームが差し切りV! JRAダートGI両制覇!/チャンピオンズCnetkeiba.com、2017年12月3日閲覧
  15. ^ 【エリザベス女王杯】GI・2着4度のリスグラシューがついに戴冠”. サンケイスポーツ (2018年11月11日). 2018年11月11日閲覧。
  16. ^ “【マイルCS】ステルヴィオが激戦を制しGI初V! W.ビュイック騎手もJRA・GI初制覇!/JRAレース結果 | 競馬ニュース - netkeiba.com”. netkeiba.com. https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=146896 2018年11月19日閲覧。 

関連項目編集