タレント番組出演本数ランキング

タレント番組出演本数ランキングは、ニホンモニターがその年の1月~11月のテレビ番組出演者データを基に発表するランキングである。集計対象は、キー局5局とNHK総合の東京地区地上波オンエア分である。グループ出演と個人出演の合算にて集計、またアナウンサーは別枠で集計している。通販番組、再放送番組、ナレーション出演は対象外である。

帯番組は曜日ごとに別集計となるため、帯番組のレギュラーを抱えているタレントが上位に来やすい傾向がある。

歴代トップテン編集

調査時期 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位
2010年[1] オードリー
(507番組)
加藤浩次
(470番組)
ビビる大木
(450番組)
大島さと子
(444番組)
タカアンドトシ
(427番組)
はんにゃ
(417番組)
ベッキー(416番組)
テリー伊藤(416番組)
有吉弘行
(413番組)
みのもんた
(405番組)
2011年[2] 有吉弘行
(499番組)
ビビる大木
(496番組)
テリー伊藤
(460番組)
加藤浩次
(454番組)
オードリー
(424番組)
ピース
(403番組)
大島さと子
(398番組)
タカアンドトシ
(395番組)
フルーツポンチ
(376番組)
土田晃之(362番組)
ベッキー(362番組)
2012年[3] 設楽統
(611番組)
近藤春菜
(560番組)
有吉弘行
(518番組)
加藤浩次
(496番組)
箕輪はるか
(493番組)
ビビる大木
(488番組)
若林正恭
(485番組)
春日俊彰
(477番組)
テリー伊藤
(473番組)
綾部祐二
(451番組)
2013年[4] 設楽統
(615番組)
近藤春菜
(562番組)
有吉弘行
(533番組)
若林正恭
(504番組)
春日俊彰
(487番組)
箕輪はるか
(485番組)
テリー伊藤
(476番組)
加藤浩次
(468番組)
ビビる大木
(453番組)
国分太一
(435番組)
2014年[5] 国分太一
(653番組)
設楽統
(616番組)
有吉弘行
(516番組)
加藤浩次
(492番組)
春日俊彰
(439番組)
若林正恭
(437番組)
後藤輝基
(434番組)
テリー伊藤
(425番組)
羽鳥慎一
(420番組)
坂上忍
(416番組)
2015年[6] 国分太一
(653番組)
設楽統
(556番組)
澤部佑
(458番組)
加藤浩次
(456番組)
坂上忍
(455番組)
有吉弘行
(452番組)
小島瑠璃子
(429番組)
春日俊彰
(421番組)
後藤輝基
(419番組)
博多大吉
(411番組)
2016年[7] 国分太一
(659番組)
設楽統
(621番組)
澤部佑
(480番組)
坂上忍
(458番組)
近藤春菜
(457番組)
羽鳥慎一
(455番組)
加藤浩次
(421番組)
小島瑠璃子
(413番組)
上田晋也
(411番組)
大久保佳代子
(410番組)
2017年[8] 国分太一
(671番組)
設楽統
(644番組)
近藤春菜
(498番組)
羽鳥慎一
(471番組)
坂上忍
(457番組)
上田晋也
(438番組)
澤部佑
(429番組)
大久保佳代子
(423番組)
春日俊彰
(412番組)
小峠英二
(411番組)
2018年[9] 国分太一
(663番組)
設楽統
(563番組)
近藤春菜
(495番組)
博多大吉
(492番組)
坂上忍
(456番組)
上田晋也
(453番組)
新井恵理那
(443番組)
若林正恭
(426番組)
加藤浩次
(416番組)
岡田圭右
(415番組)
2019年[10] 国分太一
(604番組)
設楽統
(526番組)
博多大吉
(512番組)
近藤春菜
(470番組)
新井恵理那
(449番組)
上田晋也
(440番組)
若林正恭
(428番組)
坂上忍
(424番組)
博多華丸
(420番組)
有吉弘行
(419番組)
2020年[11] 博多大吉
(548番組)
設楽統
(521番組)
立川志らく
(497番組)
若林正恭
(496番組)
林修
(441番組)
近藤春菜
(437番組)
春日俊彰
(433番組)
博多華丸
(424番組)
粗品
(408番組)
岡田圭右
(407番組)

ブレイクタレントランキング編集

前年比で番組出演本数が増加したタレントのランキング。タレント番組出演本数ランキングと同様の集計方法が採られており、同時発表される。

調査時期 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位
2010年[1] JOY
(+248番組)
小森純
(+128番組)
Wコロン
(+126番組)
渡部陽一
(+109番組)
楽しんご
(+94番組)
マツコ・デラックス
(+88番組)
ミッツ・マングローブ
(+72番組)
2011年[2] ピース
(+232番組)
楽しんご
(+226番組)
SHELLY
(+167番組)
ローラ
(+162番組)
芦田愛菜
(+105番組)
藤森慎吾
(+82番組)
鈴木福
(+66番組)
武井咲
(+27番組)
2012年[3] スギちゃん
(+286番組)
鈴木奈々
(+282番組)
福田彩乃
(+197番組)
ももいろクローバーZ
(+178番組)
菊地亜美
(+127番組)
児嶋一哉
(+94番組)
栗原類
(+80番組)
きゃりーぱみゅぱみゅ
(+77番組)
嗣永桃子
(+68番組)
2013年[4] キンタロー。
(+271番組)
浜谷健司
(+255番組)
斉藤慎二
(+233番組)
神田伸一郎
(+216番組)
武井壮(+161番組)
壇蜜(+161番組)
小島瑠璃子
(+151番組)
林修
(+146番組)
ダレノガレ明美
(+141番組)
向井慧
(+123番組)
2014年[5] 坂上忍
(+276番組)
IVAN
(+162番組)
おのののか
(+140番組)
中村アン
(+111番組)
ヒロミ
(+81番組)
日本エレキテル連合
(+71番組)
DJ KOO
(+63番組)
ふなっしー
(+50番組)
May J.
(+46番組)
2015年[6] 厚切りジェイソン
(+153番組)
おかずクラブ
(+145番組)
篠原信一
(+142番組)
あばれる君
(+141番組)
とにかく明るい安村
(+119番組)
クマムシ
(+112番組)
前園真聖(+105番組)
8.6秒バズーカー(+105番組)
佐藤栞里
(+102番組)
藤田ニコル
(+91番組)
2016年[7] メイプル超合金
(+280番組)
トレンディエンジェル
(+248番組)
りゅうちぇる
(+230番組)
高畑充希(+198番組)
横澤夏子(+198番組)
アイクぬわら
(+162番組)
永野
(+160番組)
市川紗椰
(+152番組)
加藤諒
(+134番組)
東国原英夫
(+120番組)
2017年[8] カミナリ
(+230番組)
ANZEN漫才
(+205番組)
立川志らく
(+179番組)
銀シャリ
(+177番組)
千鳥
(+175番組)
ブルゾンちえみ
(+174番組)
川島海荷
(+164番組)
尼神インター
(+153番組)
サンシャイン池崎
(+151番組)
滝沢カレン
(+126番組)
2018年[9] 中井りか
(+208番組)
ノブナガ
(+178番組)
丸山桂里奈
(+164番組)
村上佳菜子
(+156番組)
長嶋一茂
(+146番組)
ひょっこりはん
(+137番組)
ガンバレルーヤ
(+124番組)
永野芽郁
(+122番組)
滝藤賢一
(+108番組)
野性爆弾
(+107番組)
2019年[10] 霜降り明星
(+248番組)
松丸亮吾
(+182番組)
EXIT
(+175番組)
風間俊介
(+138番組)
ゆきぽよ
(+130番組)
Mr.シャチホコ
(+128番組)
チョコレートプラネット
(+123番組)
りんごちゃん
(+112番組)
ミキ
(+111番組)
武田真治
(+107番組)
2020年[11] ぺこぱ
(+297番組)
フワちゃん
(+285番組)
3時のヒロイン
(+280番組)
生見愛瑠
(+198番組)
四千頭身
(+170番組)
ミルクボーイ
(+154番組)
ティモンディ
(+151番組)
エイトブリッジ
(+130番組)
山之内すず
(+127番組)
ぼる塾
(+98番組)

出典編集

  1. ^ a b “今年のテレビ番組最多出演タレントは?~ニホンモニター2010タレント番組出演本数ランキング発表~”. (2010年12月16日). http://www.n-monitor.co.jp/2010/12/16/494 2020年1月12日閲覧。 
  2. ^ a b “2011年今年テレビでよくみた顔は?~ニホンモニター2011年タレント番組出演本数ランキング発表~”. (2011年12月13日). http://www.n-monitor.co.jp/2011/12/13/472 2020年1月12日閲覧。 
  3. ^ a b “バナナマン・設楽が最多出演!マルチ芸人に人気が集中!~ニホンモニター 2012タレント番組出演本数ランキング発表~”. (2012年12月13日). http://www.n-monitor.co.jp/2012/12/13/464 2020年1月12日閲覧。 
  4. ^ a b “バナナマン・設楽が連覇達成!トップ3は不動の安定~ニホンモニター 2013タレント番組出演本数ランキング発表~”. (2013年12月12日). http://www.n-monitor.co.jp/2013/12/12/450 2020年1月12日閲覧。 
  5. ^ a b “国分太一年間王者を奪取!坂上忍 大躍進!初トップ10~ニホンモニター 2014タレント番組出演本数ランキング発表~”. (2014年12月16日). http://www.n-monitor.co.jp/2014/12/16/438 2020年1月12日閲覧。 
  6. ^ a b “国分太一2連覇!ブレイクタレントは厚切りジェイソン!~ ニホンモニター 2015タレント番組出演本数ランキング ~”. (2015年12月15日). http://www.n-monitor.co.jp/2015/12/15/426 2020年10月27日閲覧。 
  7. ^ a b “国分太一さん3連覇!ブレイクタレントはメイプル超合金さん!~ニホンモニター2016タレント番組出演本数ランキング発表~”. (2016年12月13日). http://www.n-monitor.co.jp/2016/12/13/384 2020年1月12日閲覧。 
  8. ^ a b “国分太一さん4連覇!ブレイクタレントはカミナリさん!~ ニホンモニター 2017番組出演本数ランキング ~”. (2017年12月7日). http://www.n-monitor.co.jp/2017/12/07/369 2020年1月12日閲覧。 
  9. ^ a b “朝の顔が勢ぞろい!国分太一さん5連覇!続いて設楽統さん、近藤春菜さん、博多大吉さん!~ ニホンモニター 2018番組出演本数ランキング ~”. (2018年12月3日). http://www.n-monitor.co.jp/2018/12/03/1012 2020年1月12日閲覧。 
  10. ^ a b “国分太一さん6連覇!ブレイクタレントは霜降り明星さん! ~ ニホンモニター 2019タレント番組出演本数ランキング~”. (2019年12月2日). http://www.n-monitor.co.jp/2019/12/02/1550 2020年1月12日閲覧。 
  11. ^ a b “博多大吉さんが初の年間首位!ブレイクタレントはぺこぱ! ~ ニホンモニター 2020タレント番組出演本数ランキング~”. (2020年12月2日). http://www.n-monitor.co.jp/2020/12/02/1835 2020年12月4日閲覧。 

関連項目編集