ハイ!土曜日です

ハイ!土曜日です』(ハイ どようびです)は、1966年12月3日から1982年3月27日までフジテレビ系列ほかで生放送された、関西テレビ制作の朝のワイドショートーク番組である。放送時間は、1980年3月までは毎週土曜 9:00 - 10:25、同年4月以降は8:30 - 9:55 (JST)。

ハイ!土曜日です
デジタルエイトビル.JPG
番組の生放送が行われていた関西テレビ旧社屋
(現存せず)
ジャンル ワイドショートーク番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 関西テレビ
プロデューサー 古吟勲一
出演者 南都雄二
桂米朝
小松左京
桑原征平
ほか
1980年3月まで
放送時間 土曜 9:00 - 10:25(85分)
放送期間 1966年12月3日 - 1980年3月
1980年4月以降
放送時間 土曜 8:30 - 9:55(85分)
放送期間 1980年4月 - 1982年3月27日
テンプレートを表示

2016年現在に至るまで40年以上にわたり続く関西テレビ制作の土曜午前帯のワイドショー番組としては、本番組が第1作に当たる。

目次

概要編集

元々、この時間帯はフジテレビ制作によりFNS系全国ネットで放送されていた帯番組『小川宏ショー』が月~土の週6日編成で放送されていたが、同年11月に土曜日の放送を打ち切り、フジテレビの意向でその枠を準キー局の関西テレビに譲って本番組が開始された。ただし開始当初は『小川宏ショー』の土曜版という位置づけであり、テーマ曲もアレンジ曲が使われていた。また、初回の放送には小川宏もゲスト出演している[1]。番組プロデューサーは古吟勲一。『ウィークエンドモーニングショー』(毎日放送制作・NETテレビ(現・テレビ朝日)系列)に次ぐ2番目に誕生した在阪局制作のワイドショー番組である。

出演者編集

放送開始当初は総合司会に漫才師俳優南都雄二、アシスタント役に元宝塚歌劇団男役トップスターの藤里美保(本名:松永園子で出演。)と鈴木紘夫(当時関西テレビアナウンサー)を起用していた。後の南都の病気降板に伴い、1967年6月からは落語家桂米朝がメイン司会を受け継ぎ、程なくしてSF作家の小松左京がレギュラー(コーナー司会)として参加。このほか、西洋史学者の会田雄次京都大学名誉教授)と薬師寺住職の高田好胤E・H・エリック俵萌子、文化人類学者の石毛直道国立民族学博物館名誉教授・元館長)が準レギュラーとして出演した。また、イーデス・ハンソン藤本統紀子藤本義一夫人)、古城都本郷功次郎夫人)、芥川麻実子などが歴代のアシスタントを務めた。

主なコーナー編集

当初は硬派なトーク番組だったが、後にゲストを迎えてトークをする形式に変更された。

1976年頃まではオープニングで前述のテーマ曲をBGMにして体操を行い、放送当日の内容紹介を行っていた。そして最後には、フジネットワークのマークと「制作著作 関西テレビ」のテロップとネット局一覧を表示した。

1975年からは、番組アシスタントの桑原征平(当時関西テレビアナウンサー)が毎週日本各地または世界各国で体を張って危険なことに挑戦する「征平の挑戦!」のコーナーを放送。

とれとれ全国天気概況」のコーナーでは、関西テレビのお天気キャスター、日本気象協会福井敏雄気象衛星ひまわりからの画像を交えて気象情報を伝えていた。このコーナーは、後の番組にも引き継がれた。

他に、高田好胤がお経を読むコーナーもあった。

ネット局編集

系列は当時の系列。

放送対象地域 放送局 系列 備考
近畿広域圏 関西テレビ フジテレビ系列 制作局
関東広域圏 フジテレビ
北海道 札幌テレビ 日本テレビ系列
フジテレビ系列
1972年3月まで[2]
北海道文化放送 フジテレビ系列 1972年4月の開局時より
岩手県 岩手放送 TBS系列 現:IBC岩手放送、1980年3月打ち切り[3]
宮城県 仙台放送 フジテレビ系列 1970年9月までは日本テレビ系列とのクロスネット局
秋田県 秋田テレビ フジテレビ系列
テレビ朝日系列
1969年10月の開局時から
1981年3月まではフジテレビ系単独加盟局
山形県 山形テレビ フジテレビ系列 1970年4月の開局時から
新潟県 新潟総合テレビ フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
1968年12月の開局時から、1981年3月28日打ち切り[4]
長野県 長野放送 フジテレビ系列 1969年4月の開局時から
静岡県 テレビ静岡 1968年11月の開局時から
富山県 富山テレビ 1969年4月の開局時から
石川県 石川テレビ
福井県 福井テレビ 1969年10月の開局時から
中京広域圏 東海テレビ
島根県
→島根県
鳥取県
山陰中央テレビ 旧呼称:テレビしまね、1970年4月の開局時から
当初の放送エリアは島根県のみ
1972年9月に鳥取県との相互乗り入れで鳥取県にもエリアを拡大
岡山県
岡山県
香川県
岡山放送 旧呼称:テレビ岡山、1969年4月の開局時から
当初の放送エリアは岡山県のみ
1979年4月に香川県との相互乗り入れで香川県にもエリアを拡大
広島県 広島テレビ 日本テレビ系列
フジテレビ系列
1975年9月まで放送
テレビ新広島 フジテレビ系列 1975年10月の開局時から
山口県 テレビ山口 TBS系列
フジテレビ系列
1970年4月の開局時から[5]
愛媛県 愛媛放送 フジテレビ系列 1969年12月の開局時から
福岡県 テレビ西日本
佐賀県 サガテレビ 1969年4月の開局時から
長崎県 テレビ長崎 フジテレビ系列
日本テレビ系列
熊本県 テレビ熊本 フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
大分県 テレビ大分 1970年4月の開局時から
宮崎県 テレビ宮崎[6]
鹿児島県 鹿児島テレビ 1969年4月の開局時から
沖縄県 沖縄テレビ フジテレビ系列 1970年10月から[7]

エピソード編集

  • 1976年10月30日の放送では、前日に山形県酒田市酒田大火が発生したのを受けて番組の内容を大幅に変更し、山形テレビと随時中継を繋いでの放送された。
  • 1981年4月には「征平の挑戦」のコーナーが特番化。ポートピア'81でロケを行い、『征平のポートピアに挑戦!』と題して放送された。

脚注編集

  1. ^ 『関西テレビ放送10年史』169頁より。
  2. ^ ただし、札幌テレビはFNSのみ加盟のクロスネット局だった。
  3. ^ ネット開始時期については不明
  4. ^ テレビ新潟開局による番組改編に伴う。平日が『小川宏ショー』から、新潟放送(BSN)から放映権移行した『溝口泰男モーニングショー』(テレビ朝日系列)に変わると同時に、『おはようワイド・土曜の朝に』(ABCテレビ制作)をネットするために打ち切り。
  5. ^ 1978年9月まではテレビ朝日系列とのトリプルクロスネット局だった。
  6. ^ 開局当初はFNNFNS両方とも未加盟。FNSには1972年4月に、FNNには1973年1月にそれぞれ加盟。
  7. ^ 1972年5月15日の本土復帰と同時にFNNFNSに正式加盟。
関西テレビ 土曜朝のワイドショー
前番組 番組名 次番組
小川宏ショー
(1965年5月 - 1966年11月)
※ここまでフジテレビ制作枠
ハイ!土曜日です
(1966年12月3日 - 1982年3月27日)
DOサタデー
(1982年4月3日 - 1984年3月31日)
フジテレビ 土曜9:00 - 10:30枠
小川宏ショー
ハイ!土曜日です
(1966年12月3日 - 1980年3月)
8:30-ハイ!土曜日です
【30分繰り上げ】
9:55-そのときあなたは?
10:00-日本のこころ ふるさとの味
10:15-いい旅チャレンジ20,000km
フジテレビ 土曜8:30 - 9:55枠
8:30-地球と子どもたち
9:00-ハイ!土曜日です
ハイ!土曜日です
(1980年4月 - 1982年3月27日)
DOサタデー