プロフェッショナルレスリングJUST TAP OUT

プロフェッショナルレスリングJUST TAP OUT(プロフェッショナルレスリング・ジャスト・タップ・アウト)は、日本プロレス団体。コンセプトは「本当の意味のプロフェッショナルレスリング[1]。略称は大会名などにも用いられる「JTO」。

JUST TAP OUT
Just Tap Out.png
本社所在地 日本の旗 日本
284-0024
千葉県四街道市
業種 サービス業
事業内容 プロレス興行
関連企画の運営
代表者 代表 TAKAみちのく
外部リンク https://pwjto.com/
テンプレートを表示

特徴編集

創業者のTAKAみちのくが理想として掲げる子供のころに見た「鍛え上げられた肉体のぶつかり合い、磨き上げた技術」を見せるリングを目指している。TAKA自身がスカウトした人材を育て上げることで、「普通の人にはできないもの=プロフェッショナル」という考えから誰でも入門できるというわけではなかった[1]。現在は、一般から入門生を募集している。寮設備がないため、自宅から道場や試合会場に通える者などが条件にある。また所属に関しては自身以外、純粋な生え抜きにこだわり、レギュラー参戦、他団体・フリーランスからの移籍による「所属」は行わない。

団体は所属選手とファンの距離をあえて遠くすることを明言しており、試合会場・物販ブースには所属選手は立たせず、サイン・撮影の禁止となる。他団体参戦の場合、物販には選手が立つが対応は同様である。但し、選手個人のイベント出演の際にはサイン・撮影が可能の場合がある。凱旋興行や特別興行、団体主催のイベントに関してはサイン会や撮影会(参加条件有り)を行うようになった。所属選手へのチケット取り置き禁止としていたが、現在ではLINEの専用IDから予約受け付けしている(ドタキャンなどはブロック)。所属選手の個人情報は最低限の公表とし、前団体同様に本名は非公開。練習生はイニシャルに統一し強制ではないがSNSを開設しファンと交流していく。

グッズに関してはパンフレットとアパレルに重視。ポートレート、小物などの制作はしていない。そのため、2020年から開始したクラウドファンディングや福袋などの特典用として非売品ポートレートが作成される。

歴史編集

2018年編集

2019年編集

2020年編集

  • 1月14日、後楽園ホール大会『初』開催。
  • 2月12日、『JTO House』新木場大会にてオンリーギブアップルールによる「JTOトーナメント」開催。
  • 2月18日、JUST TAP OUT GIRLS『Second Shot』レッスル武闘館大会を開催。舞華の要望で引退1週間前を控えた花月とのシングルマッチが組まれた。
  • 新型コロナウイルス感染防止のため3月の後楽園ホール大会、4月の新木場1stリング大会を中止。今後に関しても黒字収益の見込みが立たないことから千葉県の配送企業・キーラインエクセルと提携[7]。県内の倉庫の片隅を道場とし、この時点での全選手が従業員(一部は正社員)として勤務する[7]。しかし数か月後に解消され全選手が退職、道場・リングも撤去となった。
  • 7月20日、旗揚げ1周年記念を新木場1stRingで開催。メインでは舞華vs稲葉のシングルで激闘の末、稲葉が勝利。専属リングアナ三人がデビュー。
  • 7月26日、舞華が、8月からスターダム正式移籍のため退団を発表。
  • 8月14日、延期していた「JTOトーナメント」準決勝・決勝を新木場1stRingで開催。勝ち上がっていた舞華は退団したため不参加、稲葉ともかが繰り上げ出場となった。
  • 10月16日、新木場大会にて練習生に降格していたrhythmが再デビューを果たす。
  • 11月11日、後楽園大会、前所属団体の退団騒動、絶縁していたTAKAと火野裕士による遺恨マッチが決まる。また柳川澄樺、YuuRi、神姫楽ミサがデビュー。
  • 12月6日、蕨大会にて3興行を開催。1、2興行にて「JTO GIRLSトーナメント」、3興行目で『JTO HOUSE』を開催。
  • 12月21日、初の新宿フェイス大会を開催。TAKAがカズハヤシを呼び込みGLEATとの交流を発表。
  • 12月30日、田村ハヤトが1月の後楽園大会をもって退団することを発表。

2021年編集

  • 1月15日、後楽園大会、参戦予定だった火野裕士が諸事情により、GLEATの渡辺壮馬が新型コロナウイルス陽性と判定されたため、同団体の伊藤貴則と共に、ブラック・チャンギータが病欠のためと、開催残り数日の間に立て続けに欠場が発表された。また、東京都での緊急事態宣言が発表され、会場側から20時までに全試合の終了の要請があり、メイン以外の試合時間を15分1本勝負、メインは残り時間で決めることが発表(最終的に30分1本勝負となった)。石川修司が参戦が決まり綾部蓮との巨人シングルマッチが実現。翔太が自身のタイトル防衛から、新(あらた)とタイトル戦が決まる。メインは、KANON、TAKA vs 武蔵、田村に決定してたが、試合開始前に試合を終えた新(あらた)とイーグルマスクが乱入し参加を直訴、最終的にKANON、TAKA、新 vs 武蔵、田村、イーグルに変更された。最後は武蔵がTAKAを破り、所属選手が代表から初のピンフォール勝ち。この日を持って退団する田村を所属選手が送り出した。
  • 3月19日、後楽園大会にてファイヤー勝巳、SEKIYAがデビュー。
  • 5月28日、プロレスリングWAVE主催のリーグ戦「Catch the wave -Young Block-」に参戦した稲葉ともかが優勝。
  • 5月29日、後楽園大会にてAoiがデビュー。
  • 7月7日後楽園大会をもって、旗揚げから定期参戦していた超人勇者Gヴァリオンが離脱を発表。
  • 8月8日、王子大会にてケンイチがデビュー予定。

タイトルホルダー編集

団体の方針として団体管轄のベルトは創設せず、ランキング方式としてトーナメント優勝者から順位付けとなり、以降はランキングマッチの結果で順位が変動していく。(変動があれば太字)

トーナメント開催当時には女子選手も参加したが、ランキングに関しては男女別にする方針を決めた。

KING OF JTO編集

日付 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位
2020年8月14日

新木場1string

TAKAみちのく 田村ハヤト 超人勇者Gヴァリオン
武蔵龍也、ブラックイーグル
ブラックチャンゴ、KANON
イーグルマスク、BM
2020年9月27日

レッスル武道館

ヴァリオン 武蔵龍也 Bイーグル Bチャンゴ KANON イーグル
マスク
BM
2020年10月16日

新木場1string

KANON Bチャンゴ
2020年12月6日

レッスル武道館

KANON 武蔵龍也 ヴァリオン Bイーグル 綾部蓮 BM 圏外降格
2020年12月21日

新宿フェイス

武蔵龍也 KANON
2021年1月15日

後楽園ホール

武蔵龍也 KANON ヴァリオン Bイーグル Bチャンゴ イーグル
マスク
綾部蓮 田村ハヤト退団
2021年4月10日

新木場1stRing

ヴァリオン
2021年5月3日
横浜にぎわい座
イーグル
マスク
Bイーグル Bチャンゴ
2021年5月29日
後楽園ホール
イーグル
マスク
2021年6月6日
レッスル武道館
綾部蓮 Bイーグル Bチャンゴ
2021年7月7日
後楽園ホール
SEKIYA ヴァリオン離脱
2021年8月15日
後楽園ホール
イーグルマスク

綾部蓮

Bイーグル Bチャンゴ SEKIYA

QUEEN OF JTO編集

日付 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位
2020年12月6日

レッスル武道館

雫有希 稲葉ともか ブラックR
ブラック・チャンギータ
rhythm 柳川澄樺 YuuRI 神姫楽ミサ
2020年12月21日

新宿フェイス

ブラックR チャンギータ
2021年1月15日

後楽園ホール

YuuRI 柳川澄樺
2021年5月3日

横浜にぎわい座

rhythm ブラックR チャンギータ
2021年5月16日

BASEMENT MONSTAR

神姫楽ミサ チャンギータ YuuRI 柳川澄樺
2021年6月20日

BASEMENT MONSTAR

YuuRI 神姫楽ミサ チャンギータ Aoi 柳川澄樺
2021年7月7日
後楽園ホール
稲葉ともか 雫有希
2021年7月23日
高島平区民間
Aoi 神姫楽ミサ 柳川澄樺 チャンギータ

JTOトーナメント編集

プロフェッショナルレスリングJUST TAP OUTが開催しているトーナメント戦
タイトル 覇者 年代
JTOトーナメント TAKAみちのく 2020年8月14日
KANON 2021年3月19日

JTOランキングマッチおよびトーナメントでのルール編集

※(2020年8月14日現在)

  • 勝敗はギブアップ、又はロープエスケープ3回でTKO負けとなるロストポイント制。
  • 時間切れの場合はロストポイントの判定。同ポイントの場合は延長戦
  • 場外にエスケープした場合はレフェリーが速やかにリングに戻す。場外、ダウンカウントはなし。

他団体タイトル編集

  • 団体所属時に獲得した他団体管轄のタイトル
他団体が管理している王座
獲得者 タイトル 管理団体 歴代 防衛回数 獲得日付
舞華
ジュリア&朱里
アーティスト・オブ・スターダム王座 スターダム 第23代 2 2020年2月8日
舞華 フューチャー・オブ・スターダム王座 スターダム 第3代 2 2020年7月17日
田村ハヤト ZERO1 世界ヘビー級王座 ZERO1 第28代 3 2020年8月28日
インディペンデント・ワールド・
ジュニアヘビー級王座
- 第33代 3 2021年1月15日
イーグルマスク ヤングドリーム選手権 MAGICBOX 第2代 0 2021年6月20日
第3代 2021年7月7日

所属選手編集

身長:180cm。体重:90kg。誕生日: (1996-09-23) 1996年9月23日(24歳)。出身地:石川県金沢市。A 型。スポーツ歴:水泳バレーボールアメフト
デビュー戦:2019年7月8日の対武蔵龍也戦。
得意技:Kスパイク。Kスパイラル。入場曲:KANON。
身長:165cm。体重:70kg。誕生日: (1999-06-21) 1999年6月21日(22歳)。出身地:東京都杉並区。O型。
デビュー戦:2019年7月8日の対佐藤嗣崇戦。
得意技:イーグルブレイカー。入場曲:EAGLE BREAKER。
  • 綾部蓮(あやべ れん - )
身長:200cm。体重:110kg。誕生日: (1997-02-13) 1997年2月13日(24歳)[8]。スポーツ歴:バスケットボール柔道
デビュー戦:2020年9月2日の対 KANON 戦。
得意技:レンドライバー。入場曲:REN。
  • ファイヤー勝巳( - かつみ)
元・練習生I。
デビュー戦:2021年3月19日の対 SEKIYA 戦。
  • SEKIYA( せきや - )
元・練習生S。
デビュー戦:2021年3月19日の対 ファイヤー勝巳 戦。
  • ケンイチ
元・練習生K。
デビュー戦:2021年8月8日の対 ファイヤー勝巳 戦。
練習生時、丸坊主と自作のシャツを着ながら自作の唄を熱唱する奇抜キャラに突然、変貌した。

GIRLS編集

身長:154cm。体重:54kg。誕生日: (2002-07-24) 2002年7月24日(19歳)。出身地:愛知県豊川市。O型。スポーツ歴:空手
デビュー戦:2019年7月8日の対安納サオリ&日向小陽&rhythm戦。
得意技:一撃必殺!ともか蹴り、Tロック。 入場曲:KARATE GIRL。
身長:163cm。体重:57kg。誕生日: (2001-11-26) 2001年11月26日(19歳)。出身地:東京都江戸川区。A型。
デビュー戦:2019年7月8日の対ジュリア&米山香織&稲葉ともか戦。
得意技:rhythm cross、rhythm bomb、rhythm crush 入場曲:rhythm。
2019年11月、デビューから不甲斐ない試合内容から練習生へ降格[9]。2020年8月に査定を行うも不合格[10]。幾度のエキシビジョンを行い、10月16日に再デビュー戦(対稲葉ともか戦)を行った。
身長:160cm。体重:50kg。誕生日: (1991-02-13) 1991年2月13日(30歳)、出身地:山形県。O型[11]
デビュー戦:2020年11月11日の対 YuuRI 戦。
得意技:コンテンポラリーキック、スピンキック、鎌固め 入場曲:氷の翼。
プロレス女子YouTuber「長州女力」として活動がきっかけでスカウトされる。
身長:156cm。体重:50kg。誕生日: (1997-09-16) 1997年9月16日(23歳)、出身地:東京都。A型[12]
デビュー戦:2020年11月11日の対 柳川澄樺 戦。
得意技:なし 入場曲:YuuRI。
ネットでは定期的にゲーム配信している。
身長:153cm。体重:53kg。誕生日:9月24日、出身地:岩手県盛岡市。A型[13]
デビュー戦:2020年11月11日の対ブラックR&ブラックチャンギータ&BM戦。
得意技:パロスペシャル、ミサロール 入場曲:KAGURA。
練習生として入門するがリングアナ転向を勧められ、20年7月20日にリングアナデビュー。ブラック軍の乱闘に反撃したことで、選手復帰を代表に訴えるが叱咤される。再度、ブラック軍の乱闘に反撃したことから、11月後楽園で選手デビューする。
アイドル活動経験があり、杏ちゃむとはお互いにレスラーになる前から知り合いである。
  • AOI(あおい - )
身長:168cm。体重:58kg。出身地:北海道札幌市[14]
デビュー戦:2021年5月29日の対神姫楽ミサ戦。
得意技:AOI(エーオーアイ)、A-Wing 入場曲:入場テーマ。
ストリートダンスをルーツとし、デビューから現在まで連勝している。

レギュラー参戦編集


ブラック軍 JKO (JUST KNOCK OUT)編集

イーグルマスクのブラック版。
武蔵龍也のブラック版。
rhythmのブラック版。
  • BPM (2020年11月11日 - )
ブラック軍結成時からツイッター上にて今後の展開を不気味に書き込みしている謎の人物。BlackPlayMakerの略。
チャンギータ、ブラックRに続く女性選手。2020年は9月のみ登場し離脱した。

略歴編集

  • 2019年9月24日後楽園大会にてブラックイーグル(当時:ブラックイーグルマスク)とブラック・チャンゴが初登場。イーグルマスク・ヴァリオン組との抗争が始まる[15]
11月14日、新たな刺客としてブラック・ザ・ジャイアントが初登場[16]
2月12日新木場大会にてBMが初登場[18]
8月14日新木場大会にてブラック軍の試合終了後の乱闘にてドラゴンが初登場。武蔵、雫を勧誘するも失敗に終わる[19]
9月2日後楽園大会にて敗者覆面剥ぎマッチが敢行されチャンゴが敗戦するも条件に応じず退場。また試合前から一触即発状態であったドラゴンとジャイアントは試合中に仲間割れを起こし、終了後にジャイアントは自らマスクを取り軍団を離脱した。
試合終了後に稲葉を勧誘するも失敗に終わり制裁、雫、アレックス・リー、女性練習生、神姫楽ミサを巻き込んでの大乱闘となる中、新たなブラック軍メンバーとして、ディアブロ、Rが初登場した[20]
9月24日蕨大会にてブラックR、ブラック・ディアブロがデビュー。
11月11日後楽園大会にてセコンドにBPMが初登場。

フリー、他団体参戦選手編集

2021年から参戦した選手のみ列記。

男子プロレスラー編集

フリー
OWE
J STAGE
新日本プロレス
全日本プロレス
ダブプロレス
DEP
パンクラスMISSION
プロレスリングZERO1

女子プロレスラー編集

フリー
アイスリボン
スターダム
PURE-J女子プロレス
  • AKARI
  • 久令愛
ブルアーマーリングサービス
  • めぃりぃ

過去の所属選手編集

リングアナ・レフェリー編集

リングアナ編集

レフェリー編集

脚注編集

  1. ^ a b 『TAKA「レスリングのプロフェッショナルを追求したい」/『JUST TAP OUT』会見(1)』”. 女子プロレスマガジン (2019年5月14日). 2019年8月16日閲覧。
  2. ^ [https://wp.bbm-mobile.com/sp2/Result/ResultShow.asp?sendtime=20200904172058&s=043005&type=past&pi=1079&yy=2018&mm=11&pkt=2 試合結果より
  3. ^ [1] TAKAみちのく公式Twitterより
  4. ^ 【JUST TAP OUT】プロフェッショナルレスリング JUST TAP OUT 旗揚げ戦『始』後楽園ホール<試合結果>TAKAは鈴木みのると復帰戦!舞華は林下詩美を呼び込み武蔵龍也はサイバーコングとの対戦を熱望”. プロレスTODAY (2019年7月8日). 2019年8月16日閲覧。
  5. ^ 【JUST TAP OUT】TAKAみちのく 新団体旗揚げ戦に手応え”. 東京スポーツ (2019年7月9日). 2019年8月16日閲覧。
  6. ^ 。rhythmのツイッター(2019年11月24日)
  7. ^ a b ベースボール・マガジン社「週刊プロレス」2020年5月6日号 No.2026 94-95頁
  8. ^ 公式パンフレットより
  9. ^ TAKAみちのく公式ツイッター
  10. ^ rhythm公式ツイッター
  11. ^ 公式パンフレットより
  12. ^ 公式パンフレットより
  13. ^ 公式パンフレットより
  14. ^ 公式ウェブサイトより
  15. ^ 9/24 JUST TAP OUT試合結果
  16. ^ 11/14 JUST TAP OUT 試合結果
  17. ^ 1/14 JUST TAP OUT 試合結果
  18. ^ 2/12 JUST TAP OUT 試合結果
  19. ^ 8/14 JUST TAP OUT 試合結果
  20. ^ https://wp.bbm-mobile.com/sp2/Result/ResultShow.asp?sendtime=20200904172706&s=046618&type=past&pi=1079&yy=2020&mm=9&pkt=2 9/2 JUST TAP OUT 試合結果]

外部リンク編集