政府専用機

各国の政府が所有・運航を行い、政府要人の輸送や自国民の救難などのために使用される航空機

政府専用機(せいふせんようき)は、各国の政府が所有・運航を行い、政府要人の輸送や自国民の救難などのために使用される航空機

日本国政府専用機(初代)
訪米した小泉純一郎首相(当時)を迎える儀典官と儀仗兵 ジョージア州サバンナのハンター陸軍飛行場にて(2004年6月8日)。機種はB747-400型。
アメリカ大統領専用機エアフォースワン)の執務室で歓談するジョージ・W・ブッシュ大統領(当時)と小泉純一郎首相(当時)。

概要 編集

運用形態 編集

 
ドイツ空軍が運用しているドイツ政府専用機のエアバスA310

その国々の事情により、保有機数や機種、運用形態は様々である。通常は、ボーイング737エアバスA310などの小型から中型のジェット旅客機の他、エアバスA340ボーイング747などの大型旅客機を利用することもある。短距離ではビジネスジェットヘリコプターも使われる。

旅客機を利用する場合、世界中のあらゆる主要都市へ直行できるよう十分な航続距離が求められるため、従来はボーイング747などの大型機が主流であったが、近年は大型機の乗り入れられる空港に制約が出ることや、ETOPSの緩和により、双発エンジンの小型機でも十分な航続距離の出る機体(ボーイング777737BBJエアバスA319CJなど)が多数登場したことなどにより、政府専用機の双発化や小型化が進んでいる。

運用は空軍フラッグ・キャリアなどの支援を得て行なっていることが多い。空軍に所属していることも多いが、その場合あからさまに軍用機として運行すると外交関係が良好でない国に乗り入れる際に不都合が生じる場合がある(日本においては、新型コロナウイルス感染症に伴う武漢市からの邦人救出に政府専用機の活用が検討された際、自衛隊機であることを理由に中国側から難色を示され実現しなかった例がある[1])。このため、機体が民間扱いで登録されていることもある。カラーリングは鮮やかな場合があり、国旗の色をモチーフにしているケース(日本ドイツイタリア)や、国営航空会社の塗装に準じているケースなど(サウジアラビアカタールブルネイの一部機材)もある。

カタールやアラブ首長国連邦イギリスなどの一部の国では国王を含む王族専用機、アメリカ合衆国(米国)やロシア連邦朝鮮民主主義人民共和国などの一部の国では、大統領などの国家元首専用機を運用していることもある。反対に特定の政府専用機を持たず、フラッグキャリアやそのほかの航空会社の機材をチャーターし政府専用機として使用する国もある。

運航乗務員は空軍のパイロットが機種別の訓練を受けて乗務していることもあり、客室乗務員については空軍の兵士が民間航空会社で訓練を受けて乗務する場合や、民間航空会社の客室乗務員が乗務することもある。

ドイツのように経済大国であっても航空会社から中古機を購入したりリースにする国もある。

運行する際には、万が一の事態を想定して予備機を随行させる米国や日本のような国もある。ドイツの場合、予備機を用意していなかったために、機体トラブルの影響でG20首脳会合に出席する首相が遅刻したケースがある[2]

設備 編集

 
ブラジル政府専用機のエアバスA319のベッドルーム

政府専用機の多くは、通常の座席は取り払われるなど、機内仕様は大幅に変更されていることが多い。

設備については多くの国では機密扱いのため公開されることはないが、アメリカ合衆国大統領専用機(VC-25・通称「エアフォースワン」)や日本国政府専用機の場合、要人やその家族向けの寝室や執務室、会議室、随行員用の座席、マスコミ向けの一般客室、内蔵タラップエアステア)の他、飛行中に政府機関と連絡を取るための通信設備(アメリカや日本など、ボーイング747ベースの機材の場合は2階席に設置する)などがあることが明らかになっており、他国の専用機もほぼ同様の設備を有する。

ほかにも乗務員の休憩用ベッドやシャワー、紋章の付いたリネン類や食器、簡単な調理もできるギャレーや貨物室への階段などの特別設備や、緊急時の物資運搬に対応するため、一部の座席など設備が短時間で撤去できるような仕組みが施されているケースもある。

なお、カタールやアラブ首長国連邦、サウジアラビアなどの政府専用機の一部やアメリカの大統領専用機には、赤外線画像追尾式ミサイルによる攻撃対策として、これらのミサイルを撹乱する装置が装着されているケースもある。

歴史 編集

1910年7月15日、ブルガリア王フェルディナントがベルギーに航空機で訪れたのが首脳が航空機を使用した最初の例である[3]

1919年のパリ講和会議では、イギリス首相らが爆撃機を輸送機に再設計したエアコーDH.4英語版を使用されたがのが、政府による航空機利用の最初の例である[4][5]。それからイギリスは1928年に王族移動用として2機のウェストランド・ワピティ英語版を導入し、その後多数の機体を所有した飛行隊が結成された(イギリスでの王族・政府高官の航空輸送英語版)。

各国の政府専用機(アフリカ) 編集

エジプト 編集

 
エジプト政府専用機のエアバスA340-200
機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
エアバス A340-211 061 SU-GGG 010024 1995年2月 - [6]
ボーイング747-8 1435/37826 SU-EGY 010230 2011年にルフトハンザドイツ航空向けに製造されたが受領されず、保管されていた機材。
2022年9月よりハンブルグで保管中。
[7]

エアバスA340などを運用。今後、ルフトハンザドイツ航空向けに製造されたが、受領されなかったボーイング747-8を導入する予定。

エスワティニ 編集

機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
マクドネル・ダグラス MD-87 1945/53041 3DC-SWZ 07A200 2012年4月 - 1991年製の中古機。元日本エアシステム日本航空)機(JA8372)。 [8]
エアバス A340-313 406 3DC-SDF 07A201 2016年6月 - 2001年製の中古機。元チャイナエアライン機。 [9]

マクドネル・ダグラスMD-87を国王専用機として運用。ちなみに、この機体は2007年まで日本航空で運用されていた機体である。 他にA340も使用している。

ガンビア 編集

 
ガンビア政府専用機のイリューシンIl-62
機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
Il-62M 1356234 C5-RTG 09A01A 不明 [10][11]
ボーイング 727-1H2 20533 C5-GOG 不明 不明 [12]
ボーイング 727-95 19252 C5-GAF 不明 不明 [13]
ボンバルディア チャレンジャー 601 3043 C5-AFT 09A01E 不明 [14][15]

Il-62やボーイング727-100、ボンバルディアCL-601を運用。

ケニア 編集

機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
フォッカー 70 11557 KAF308 04C030 1997年12月 - [16]
デ・ハビランド・カナダ DHC-8 189 KAF304 不明 1989年12月 - [17][18]

コートジボワール 編集

機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
ガルフストリーム IV 1019 TU-VAD 038084 [19][20]

ジブチ 編集

機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
ダッソー ファルコン 7X 43 J2-HPV 098014 [21][22]
ボーイング727-191 23624/144 J2-KBA [23]
ボーイング767-216(ER) 19394/418 J2-KBE 退役済 [24]

タンザニア 編集

機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
フォッカー 50 20231 5H-TGF 08001F 1992年4月 - [25]
ガルフストリーム G550 5030 5H-ONE 08000F 2004年9月 - [26]

ガルフストリーム G500やフォッカー F50を運用。

ナミビア 編集

機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
ダッソー ファルコン 900B 103 V5-NAM 201001 [27]
ダッソー ファルコン 7X 127 V5-GON 20103F [28]

ブルキナ・ファソ 編集

機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
ボーイング727-282 22430/1715 XT-BFA 09C008 2005年4月 - 1981年製の中古機。 [29]


ボツワナ 編集

機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
ボンバルディア グローバル・エクスプレス 9259 OK1 030012 [30]

南アフリカ 編集

愛称はズールー語ウミワシを意味するInkwazi(インクワジ)。

機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
ボーイング737-7ED BBJ 32627/826 ZS-RSA 00AEC9 2001年6月 - [31]

リビア 編集

リビア航空やアフリキヤ航空エアバスA340などが使用される。

機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
エアバスA340-213 151 5A-ONE 018021 2006年10月 - 2013年9月までアフリキヤ航空所属。同年9月2日より政府に移管。 [32]

モーリタニア 編集

 
モーリタニア政府専用機のガルフストリーム II

かつてはガルフストリーム IIを運用していた。

機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
ボーイング737-7BQ BBJ 30547/423 5T-ONE 05E0BB 2023年2月 - 1999年製の中古機。 [33]

モロッコ 編集

 
モロッコ政府専用機の747-8型機

モロッコ王ムハンマド6世や同国首相のため、ボーイング747-8などがモロッコ空軍英語版により運用されている。

機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
ボーイング737-8KB BBJ2 37545/2696 CN-MVI 0200CC 2010年8月 - [34]
ボーイング747-428 25629/956 CN-RGA 02000F 2020年4月 - ロイヤル・エア・モロッコ機。 [35]
ボーイング747-8Z5 BBJ 37500/1440 CN-MBH 020130 2017年10月 - 2012年製の元プレジデンシャル・フライト (UAE)英語版機。 [36]
BAe Avro RJ100 E3387 CN-MSM 020125 2016年3月 - 2002年製。2020年1月に機体記号をCNA-SMから変更。 [37]

各国の政府専用機(アジア) 編集

アラブ首長国連邦 編集

各首長国がボーイング747-400777737(BBJ)、787[38]エアバスA320アブロRJなどを運用。なお塗装は各首長国ともに共通である。

イラン 編集

機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
エアバス A321-231 1202 EP-IGD 60003C 2005年11月- 2000年製造の中古機。2018年6月に機体記号をEP-AGBからEP-IGDに変更。 [39]
エアバス A340-313 257 EP-IGA 7324E1 2015年9月- 1999年製造の中古機。2017年12月に機体記号をEP-AJAからEP-DAAに変更し、その後2018年6月にEP-IGAに変更。 [40]
BAe Avro RJ85 E2323 EP-IGE 7324E5 2023年3月- 1998年製造の中古機。 [41]
BAe Avro RJ85 E2325 EP-IGF 7324E6 2023年3月- 1998年製造の中古機。 [42]

ボーイング737-200や707、エアバスA321、A340-200を運用。

インド 編集

 
インド政府専用機のボーイング777-300ER型機
機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
ボーイング777-337(ER) 36320/1537 K7066 800585 2020年9月- エア・インディアのVT-ALV(2018年製)を改造。 [43]
ボーイング777-337(ER) 36321/1541 K7067 800C3D 2020年10月- エア・インディアのVT-ALW(2018年製)を改造。 [44]

インド空軍が運航するボーイング777-300ERボーイング ビジネスジェットボーイング737-700)、E145などを使用(コールサインエアインディアワン)。以前はエア・インディアボーイング747-400が用いられていた。

インドネシア 編集

 
インドネシア政府専用機のボーイング777-300ER型機
機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
ボーイング 737-8U3 BBJ2 3902/41706 A-001 8A0002 2014年4月- [45]
Boeing 777-3U3(ER) 1234/29143 PK-GIG 8A0452 2020年3月- 専用塗装であるが、ガルーダ・インドネシア航空の定期便にも投入される。 [46][47]
BAe Avro RJ85 E2239 PK-PJJ 8A0855 1994年1月- [48]

ボーイング737-800を運用。以前はガルーダ・インドネシア航空が特別機を運航していた。

オマーン 編集

 
オマーン政府専用機のボーイング747-SP
機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
エアバス A319-133 ACJ 4992 A4O-AJ 70C0BA 2013年2月 - [49]
エアバス A320-232 2566 A4O-AA 70C057 2005年12月 - [50]
ボーイング747-430 32445/1292 A4O-OMN 70C04D 2001年12月 - [51]
ボーイング 747-8H0 BBJ 39749/1466 A4O-HMS 70C0B7 2012年12月 - [52]

ボーイング747-400ボーイング747SPボーイング767ガルフストリーム IVなどを運用。

カザフスタン 編集

機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
ボーイング757-2M6 23454/102 UP-B5701 683037 1996年4月 - [53]
ボーイング767-2DX(ER) 32954/861 UN-B6701 683011 2002年2月 - 2011年8月 退役後、オランダ領アルバに売却。 [54]
エアバス A320-214 ACJ Prestige 3199 UP-A2001 6830A5 2007年8月 - [55]
エアバス A321-211 ACJ 5538 UP-A2101 68322E 2014年8月 - [56]
エアバス A330-243 Prestige 863 UP-A3001 6830ED 2010年3月 - [57]
ボンバルディア CRJ-200ER 8049 UP-C8502 683087 2013年 - [58]

カタール 編集

 
カタール政府専用機のエアバスA310

カタール空軍の政府専用機運航部門の「カタールアミリフライト」による運航で、カタール航空塗装、もしくはそれに近い塗装を施したエアバスA340やA319、ガルフストリームなどの機材を運用している。

大韓民国 編集

ボーイング737-300(空軍2号機)の1985年製機を運用、長距離時には大韓航空アシアナ航空ボーイング747-400も利用されていた。

しかし、通常運用しているボーイング737-300の老朽化と航続距離が問題となった。李明博政権時代の2010年2月、空軍1号機として使用するために、大韓航空と同社所有のボーイング747-400を5年間1,157億ウォンで長期賃借する契約を結んだ。この契約は、朴槿恵政権時代の2014年末に、同社との間で2020年3月まで1,421億ウォンの再契約が行われた[59]。2020年5月29日、国防部は後継機として大韓航空のボーイング747-8(HL7643)を5年間(2021年~2026年)3,000億ウォンで長期賃借する契約を結んだ[60]

なお、当初は民間からのリース機材であるため、軍用の機体記号ではなく大韓航空時代の機体記号(HL7465)のまま、機内の改造および塗装を変更して使用していたが、2011年に空気吸入口が故障し、航空安全保安基準に達していないことから[61]、2012年にラオスで行われたアジア欧州会合では、以前使われていたボーイング737を利用した。また、2018年の第5回南北首脳会談においても、白頭山に向かうために三池淵飛行場を利用する際、空港の制約からボーイング747-400(空軍1号機)が使えないために利用された。

このほかに、CASA CN-235を改造した、VCN-235(空軍3号機)も運用されている。大統領が搭乗することはないものの、大統領随行員が利用するため「大統領専用機」と呼ばれている。2020年には、ダイヤモンド・プリンセスに乗船している韓国人を帰国させるために使用された[62]

2020年5月29日、韓国国防部は大統領専用機の空軍1号機として、新たに大韓航空とボーイング747-8Iを賃借する契約を結んだことを発表した。2021年から2026年までの賃借料は約3000億ウォン。なお、契約後の改造だけでも17カ月を要すると見込んでおり、実際の任務は2022年11月以降となる見込み[63]

2022年1月15日、文在寅大統領の中東訪問より、新しい空軍1号機が任務に就いた。

クウェート 編集

 
クウェート政府専用機のボーイング747-8

クウェート航空塗装のエアバスA310やA320、A340、同社のボーイング747-400の特別機を運用。

サウジアラビア 編集

 
サウジアラビア政府専用機のガルフストリーム IV

ボーイング747-SPボーイング747-400マクドネル・ダグラスMD-90マクドネル・ダグラスMD-11ガルフストリーム IVなどを運用。

スリランカ 編集

スリランカ空軍ベル 412などを運用。

タイ王国 編集

機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
エアバス A319-115 (ACJ) 1908 HS-TYR 885332 2004年9月 - 空軍所属。タイ空軍における機体番号: 60202 [64]
エアバス A320-214 ACJ Prestige 6112 HS-TYT 885334 2014年11月 - 空軍所属。タイ空軍における機体番号: 60203 [65]
エアバス A340-541 698 HS-TYV 885336 2016年9月 - 空軍所属。2005年製の元タイ国際航空機。タイ空軍における機体番号: 60204 [66]
ATR 72-500 872 60313 881B6D 2009年9月 - 空軍所属。 [67][68]
ATR 72-500 881 60314 881C62 2009年9月 - 2012年4月 空軍所属。2012年4月にシャージャラル国際空港ダッカ)で着陸失敗事故を起こして退役した。 [69][70]
ATR 72-500 887 60315 881B6E 2009年10月 - 空軍所属。 [71][68]
ATR 72-500 893 60316 881B6F 2009年10月 - 空軍所属。 [72][68]
ボーイング737-4Z6 27906/2698 HS-CMV 880DB6 1995年2月 - 空軍所属だったが、2016年10月にタイ王室ラーマ10世)へ移管。 [73]
ボーイング737-448 24866/1867 HS-HRH 882248 2004年11月 - 1990年製の中古機(元エアリンガス機)。 [74]
ボーイング737-8Z6 62445/5609 HS-HMK 8821AB 2016年9月 - 空軍所属(機体記号:HS-TYU)だったが、2017年2月にラーマ10世へ移管。 [75]
ボーイング737-8Z6 35478/1955 HS-MVS 8836D3 2007年4月 - 空軍所属(機体記号:HS-TYS)だったが、2017年11月にラーマ10世へ移管。 [76]

タイ王国空軍が運用する航空機に加え、王室(ラーマ10世)が保有する専用機が存在する。

中華人民共和国 編集

 
要人専用機として運航される中国国際航空のボーイング747-8(B-2479)

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮) 編集

 
北朝鮮の政府専用機のIl-62M
 
高麗航空のAn-148(P-671)
機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
イリューシン Il-62M 2850236 P-882 [77][78]
イリューシン Il-62M 2546624 P-618(P-883) 米朝首脳会談および2018年平昌オリンピックの要人輸送で利用。 [79][80][81][82]

同国唯一の航空会社である高麗航空の機体が用いられる。飛行機嫌いで知られた金日成金正日時代は運用はほとんどなかった[83]

金正恩が最高指導者になってからは、政府専用機塗装のIl-62M(2機)が運用に充てられており、北朝鮮の国鳥であるオオタカ(チャムメ)にちなんで「チャムメ1号」「チャムメ2号」と呼ばれている[84][85]。少なくとも2014年には金正恩がIl-62Mに搭乗している姿が報道されている[86]。また、An-148を利用している様子も報じられており[83][87]聯合ニュースはP-671が専用機のような扱いになっていると報じている[88]

Il-62Mは老朽化によるトラブルの多さも指摘されている。2014年に崔竜海が訪露した際には機材故障で引き返しが発生しているほか[89]、2016年には火災を起こして中国瀋陽の空港に不時着したことがある[90]

2018年米朝首脳会談では、金正恩本人は中国国際航空で中国首脳の移動に利用されるボーイング747-400(機体記号:B-2447)に搭乗し、随行する関係者がIl-62Mに搭乗した[91]

なお、Il-62Mは2機とも政府専用機塗装に改修されてから機体記号が記されていないため、航空機データベースなどでは機体記号を表示していた時代の番号で便宜上取り扱われている[80][82][77][79]。また、米朝首脳会談時にはP-618が利用されたが、航空管制上は高麗航空の通常機である「P-885」として応答している[91][80][82]

トルコ 編集

 
トルコ政府専用機のボーイング747-8
機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
エアバス A318-112 ACJ Elite 3751 TC-ANK 4B85CB 2018年4月 - 元ヨルダン政府専用機。 [92]
エアバス A319-133 ACJ 4042 TC-IST 4B85CB 2018年6月 - 北京首都航空機。 [93]
エアバス A330-243 Prestige 1240 TC-TUR 4BD2B2 2011年10月 - [94]
エアバス A330-243 Prestige 902 TC-TUR 4B8C2E 2016年12月 - チュニジア政府専用機。2017年4月に機体記号をTC-TRKから変更。 [95]
ボーイング 747-8ZV BBJ 42096/1468 TC-TRK 4BD24B 2018年10月 - 2012年製の中古機。 [96]
ガルフストリーム G500 5212 TC-DAP 2009年3月 - [97]
ガルフストリーム IV 5346 TC-ATA 2009年3月 - 同一の機体記号が歴代の要人輸送機に割り当てられており、トルコ語版ウィキペディアには独立した記事が存在する(tr:TC-ATA [98][99]

エアバスA319ガルフストリーム IVガルフストリーム G500などを運用。2015年10月7日にエルドアン大統領夫妻が来日した際は2011年から運用開始されたA330-200が飛来した[100]

トルクメニスタン 編集

機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
ボーイング737-7GL 37234/2682 EZ-A007 60185A 2008年7月 - [101]
ボーイング737-72K BBJ 64802/6760 EZ-A700 601831 2018年2月 - [102]
ボーイング777-22K(LR) 39548/889 EZ-A700 601861 2010年8月 - [103]
ボンバルディア チャレンジャー 850英語版 10332 EZ-B024 60183E 2012年4月 - [104]

トルクメニスタン航空が運航しており、同社の塗装となっている。また、政府専用機以外の同社機(ボーイング777-200LR)も政府のコールサインであるTUGを用いて政府向けに運航されることがある[105]

日本国 編集

 
日本国政府専用機(ボーイング777)

ボーイング777-300ERを2機運用。2019年3月まではボーイング747-400を運用していた。

なお、国内など短距離の要人輸送においてはU-4 多用途支援機が利用され[106]、政府専用機に準じた存在と位置づけられることもある[107][108]

パキスタン 編集

機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
ガルフストリーム IV SP 1325 J-755 762AF3 [109]
ガルフストリーム G450 4090 J-756 762BF4 [110]
エアバス A310-304 473 J-757 7602F5 2007年2月 - 2013年 [111]

エアバスA310ガルフストリーム IVなどを運用。

バーレーン 編集

 
バーレーン王室航空のボーイング747SP
機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
ボーイング747-4P8 33684/1324 A9C-HMK 894014 2003年2月 - [112]
ボーイング747-4F6 28961/1174 A9C-HAK 894082 2015年10月 - プレジデンシャル・フライト英語版アブダビ)機。 [113]
ボーイング767-4FS(ER) 34205/965 A9C-HAK 894082 2015年10月 - ボーイングによるE-10実証機として製造されたが、同機の計画が中止されたためバーレーンに売却された。 [114]
ボーイング767-4FS(ER) E2306 A9C-HWR 894016 2004年10月 - [115]

バーレーン王室航空(Bahrain Royal Flight)がバーレーン王家のためにボーイング747-400などを運航。かつてはボーイング747SPボーイング727-200エアバスA340を保有していたが、退役している[116]

長距離飛行可能な機材を持たないヨルダンがチャーターすることもある[117]

バングラデシュ 編集

ビーマン・バングラデシュ航空の特別機を仕立てて利用。777またはエアバスA310の利用。

ブルネイ 編集

 
ブルネイ王族専用機のボーイング747-8
機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
ボーイング767-27G(ER) 25537/517 V8-MHB 8953C7 2000年2月 - [118]
ボーイング747-8LQ BBJ 41060/1459 V8-BKH 8953DF 2016年9月 - [119]
ボーイング787-8 BBJ 44572/325 V8-BKH 8953E3 2018年9月 - [120]

王族専用機としてボーイング747-8ボーイング747-400ボーイング767、エアバスA340やガルフストリーム Vなどを運用。

マレーシア 編集

機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
エアバスA319-115 ACJ 2949 9M-NAA 750156 2007年8月- [121]
エアバスA320-214 ACJ Prestige 4199 9M-NAB 75026D 2015年3月- 2010年製の中古機(元コムラックス・マルタ)。 [122]

ベトナム 編集

要人の外国訪問ではベトナム航空の旅客機を利用する。2023年時点ではボーイング787エアバスA350が利用されている[123][124]

フィリピン 編集

フォッカー F28ベル 412などを運用。

機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
フォッカー F28 11153 RP-1250 758001 1979年12月- [125][126]
ガルフストリーム G280 2199 RP-1251 758674 2020年9月- [127][128][129]
ホーカー 800XP 258571 RP-1252 2022年5月- 元RP-C8576 [130][131]

モンゴル国 編集

大統領の国外訪問ではMIATモンゴル航空の機体が用いられる[132]

ヨルダン 編集

エアバスA340などを運用。

台湾(中華民国) 編集

 
台湾空軍のボーイング737-800総統専用機

台湾では総統専用機として、空軍ボーイング737-800(機体番号3701)を運用、台北松山基地に所属する。

カリブ海諸国への長距離移動などにおいてはチャイナエアラインなどの民間機が使用されることもある[133]

機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
ボーイング737-8AR 30139/428 3701 1999年12月 - [134]
フォッカー 50 20229 5001 899180 1992年3月 - [135]
フォッカー 50 20238 5002 899181 1992年3月 - [136]
フォッカー 50 20242 5003 899182 1992年3月 - [137]

各国の政府専用機(アメリカ) 編集

アルゼンチン 編集

 
アルゼンチン政府専用機のボーイング757
機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
ボーイング757-200 29306/920 ARG-01 E200DD 2023年4月- 2000年製の中古機。 [138][139]
ボーイング737-500 26456/2527 ARG-02 E01645 2014年6月 - 1993年製の中古機。2023年4月まで機体記号はT-04であった [140]

アメリカ合衆国 編集

 
アメリカ大統領専用機のボーイング747-200(VC-25A)

ボーイング747-200、ボーイング757-200、ボーイング737-700などを運用。

ウルグアイ 編集

機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
エンブラエル EMB 120 120089 550 不明 1999年7月 - 1988年製の中古機。 [141]

エクアドル 編集

機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
エンブラエル EMB-135BJ Legacy 600 14501082 FAE-051 E84035 2008年12月 - [142]
ダッソー ファルコン 7X 185 FAE-052 E84834 [143][144]
ボーイング737-236/Adv 21798/658 FAE-630 2013年12月 - [145]

エルサルバドル 編集

ホーカー 400ベル 412などを運用。

カナダ 編集

機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
エアバス CC-150 ポラリス英語版 446 15001 C2B355 1996年8月 - 民間機のエアバスA310カナディアン航空のC-GBWD)を取得し、改造したもの。
CC-330の導入に伴い退役予定。
[146][147]
エアバス CC-330 (A330-243) 1653 330002 不明 受領予定 クウェート航空で2015年8月から2023年2月まで運航されていた中古機(9K-APC)を改造し、受領予定。 [148][147]

2016年現在、カナダ空軍第437輸送飛行隊がエアバスA310(カナダ空軍の形式はCC-150)を運用[149]

キューバ 編集

クバーナ航空のイリューシンIl-96Il-62がよく用いられる。

コロンビア 編集

 
コロンビア政府専用機のフォッカー F28
機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
ボーイング 737-74V BBJ 29272/323 FAC0001 0AC3A8 1997年12月 - [150]
フォッカー F28 11992 FAC0002 0AC005 1970年6月 - [151]

チリ 編集

機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
ボーイング737-58N 28866/2929 921 E80642 1997年9月 - [152]
ボーイング737-330(QC) 23524/1272 922 E80647 2001年8月 - 1986年製の中古機(元ルフトハンザ機)。 [153]
ボーイング767-3Y0(ER) 26205/474 985 E80648 2008年8月 - 1993年製の中古機。 [154]

チリ空軍ボーイング737-500などを運用。

ブラジル 編集

 
ブラジル政府専用機のエアバスA319CJ
機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
エアバス VC-1A (A319-133 ACJ) 2263 FAB2101 E400D9 2005年1月 - [155]
エンブラエル VC-2 (ERJ-190AR) 19000214 FAB2590 E483BA 2009年9月 - [156]
エンブラエル VC-2 (ERJ-190AR) 19000277 FAB2591 E483BB 2009年11月 - [157]

ブラジル空軍による運用。

ペルー 編集

機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
ボーイング737-200 19707/82 FAP350 2005年12月- [158]
ボーイング737-500 27426/2739 FAP356 E8C007 1995年9月- 2001年に機体記号をPRP-001から変更。 [159]

ボリビア 編集

ダッソー ファルコン 900などを運用。

機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
ダッソー ファルコン 900EX 209 FAB-001 E940FA サッカークラブのマンチェスター・ユナイテッドFCの専用機として製造されたが、クラブ側のキャンセルでボリビア政府専用機として引き渡された[160] [161]
ダッソー ファルコン 50 289 FAB-002 E940FB [162]

メキシコ 編集

2016年2月3日、ボーイング787の飛行試験機6号機「ZA006」を改装した上で受領した[163]。しかしアンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール(アムロ)大統領は就任後、同機は不要であるとして一切公務に使用せず、売却を決定した[164][165]

買い手を見つけるために機体をアメリカ・カリフォルニア州に展示したが、購入者が現れなかったため、アムロ大統領などは機体をメキシコに戻し、宝くじの景品として出すことも検討した[166]。その後、2023年4月21日にはタジキスタン政府への売却が発表された[164]。同年5月14日にはタジキスタン政府に引き渡され、2日後の16日からタジキスタン大統領の外遊に利用されている[167]

機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
ボーイング737-2B7(A) 23133/1049 3520 0D01E0 2002年7月 - 1984年製の中古機。 [168]
ボーイング737-7ED BBJ 24095/1737 3529 0D003F 1992年1月 - 1984年製の中古機。 [169]
ガルフストリーム G100英語版 314 3915 0D0914 [170]
ガルフストリーム G550 5296 3910 0D088C [171][172]
ボーイング787-8 40695/6 XC-MEX 0D0795 2014年10月 - 2023年5月 [173]

各国の政府専用機(ヨーロッパ) 編集

アイルランド 編集

機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
リアジェット45 45-234 258 4CA204 2004年- [174][175][176]

リアジェット45が要人輸送および急患輸送に利用されている。しかし、老朽化が進んだことから2024年を目処に機材更新が計画されている[174]

アルメニア 編集

機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
エアバス A319-100 (ACJ) 913 701 60003C 2007年11月- 1999年製造の中古機。2014年12月に機体記号をEK-RA01から701に変更。 [177]

イギリス 編集

 
イギリス王室専用機のアブロRJ
 
イギリス空軍のエアバス A330 MRTT。ベスピナ英語版
機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
BAe 146 E1021 ZE700 43C146 1986年2月 - 2022年3月 退役し、サウスウェールズ航空博物館に引き渡された。 [178][179]
BAe 146 E1029 ZE701 43C147 1986年2月 - 2022年1月 退役済。 [180]
BAe 146 E1124 ZE702 不明 1986年2月 - 2001年12月 2001年に退役済。民間に払い下げられ、インドネシアに売却された。 [181]
エアバス A330-200MRTT 1363 ZZ336 43C6F9 2015年9月- 2020年よりVespinaと称されている。 [182]
エアバス A321neo 10238 G-GBNI 407A3F 2021年3月 - タイタン エアウェイズが運航。 [183]

エアバス A330 MRTTを運用[184]。また、王室専用機として2機のBAe 146空軍第32飛行隊英語版に配備されている。

2016年現在、航続距離の関係から欧州各国にむけては政府専用機、欧州域外へ向かう場合には民間航空会社の機体をチャーターする。ブリティッシュエアウェイズヴァージン・アトランティック航空タイタン エアウェイズの機材が用いられている[149]

イタリア 編集

機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
エアバス A319-115 (ACJ) 1002 MM62173 不明 2000年2月 - 2005年4月 2005年にトルコ政府に売却され、トルコの政府専用機として運航開始。
2020年2月よりアルバニア政府専用機として運用中。
[185]
エアバス A319-115 (ACJ) 1157 MM62174 33FFF9 2000年9月 - [186]
エアバス A319-115 (ACJ) 1157 MM62174 33FFF9 2000年9月 - [187]
エアバス A319-115 (ACJ) 1795 MM62209 33FFC1 2003年7月 - [188]
エアバス A340-541 2507 I-TALY 30064A 2016年7月 - 2018年6月 アラブ首長国連邦エティハド航空からリース。同社から運航に際して支援を受けた。 [189][190]

イタリア空軍エアバスA319ダッソー ファルコン 50ダッソー ファルコン 900などを運用。

A319は、2000年に導入されたが、航続距離が短い等の問題を抱えていたため、2015年にエアバス・A340機をVVIP(very very important person)機として導入した。なお、イタリア国内ではフラッグキャリアアリタリア航空ですら運用していない大型の機体であり、アラブ首長国連邦(UAE)のエティハド航空が運行の支援を行った。

ウクライナ 編集

 
ウクライナ政府専用機
機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
エアバス A319-115 ACJ 3260 UR-ABA 50815F 2008年12月- [191]

2019年現在ではA319を運用[192]。以前はイリューシンIL-62Mを運航していた。

オランダ 編集

 
オランダ政府専用機(PH-GOV)
機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
フォッカー 70 11547 PH-KBX 4840CE 1995年3月 - 2017年2月 退役後、オーストラリアに売却。 [193]
ボーイング 737-700 BBJ 64970/6845 PH-GOV 485920 2018年4月 - [194]

クロアチア 編集

 
クロアチア政府専用機
機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
ボンバルディア チャレンジャー 604 5322 9A-CRO 4680D1 1997年 - [195][196]

スペイン 編集

 
スペイン政府専用機(T.22-2)
機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
エアバス A310-304 550 T.22-1 354555 2002年1月 - 1990年製の中古機。元エールフランス機(F-GEMP)。 [197]
エアバス A310-304 551 T.22-2 354556 2002年5月 - 1990年製の中古機。元エールフランス機(F-GEMQ)。 [198]
ダッソー ファルコン 900 38 T.18-1 341390 [199][200]
ダッソー ファルコン 900 90 T.18-2 341391 [201][202]
ダッソー ファルコン 900 77 T.18-3 3542C3 2003年5月 - 元オーストラリア空軍機(A26-077)。 [203][204]
ダッソー ファルコン 900 74 T.18-4 3542C4 2003年6月 - 元オーストラリア空軍機(A26-074)。 [205][206]
ダッソー ファルコン 900 73 T.18-5 3542C5 2003年7月 - 元オーストラリア空軍機(A26-073)。 [207][208]


スウェーデン 編集

機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
TP 102 C(ガルフストリーム IV) 1274 102004 4A8199 [209][210]
TP 102 D(ガルフストリーム G550) 5200 102005 4A822A [209][211]

スウェーデン空軍ガルフストリーム IVなどを運用。

スイス 編集

 
スイス政府専用機のセスナ・サイティーション・エクセル
機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
ボンバルディア チャレンジャー 604 5530 T-751 4B7F44 2019年 - スイス・エア=レスキューのHB-JRB [212]

[213]

ボンバルディア チャレンジャー 604 5530 T-752 4B7F43 2019年 - スイス・エア=レスキューのHB-JRC [214][213]
セスナ サイテーション・エクセル英語版 560-5269 T-784 4B7FD4 [215]
ダッソー ファルコン 900 195 T-785 4B7F4C [216]
ピラタス PC-24英語版 121 T-786 4B7F45 スイス国産機 [217][218]

スロバキア 編集

機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
エアバス A319-115 ACJ 2550 OM-BYA 505C06 2016年5月 - 2005年製の中古機。 [219]
エアバス A319-115 ACJ 1485 OM-BYK 505C09 2016年12月 - 2001年製の中古機。 [220]
フォッカー 100 11403 OM-BYB 505C07 2016年6月 - 1992年製の中古機。 [221]
フォッカー 100 11368 OM-BYC 505C08 2016年6月 - 1991年製の中古機。 [222]

内務省航空団ツポレフTu-154MおよびヤコブレフYak-40を運用。

セルビア 編集

機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
エンブラエル ERJ-135BJ Legacy 14501006 YU-SRB 4C4A21 2018年10月 - [223][224]
ダッソー ファルコン 50 43 YU-BNA 4C05A0 [225][226]

ダッソー ファルコン 50リアジェット31英語版などを運用。

チェコ 編集

機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
エアバス A319-115 ACJ 2801 2801 498422 2007年1月 - [227][228]
エアバス A319-115 ACJ 3085 3085 498421 2007年1月 - [227][229]
ボンバルディア チャレンジャー 600 5105 5105 498426 不明 [230][231]

チェコ空軍エアバスA319ボンバルディア チャレンジャー 600などを運用。

デンマーク 編集

機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
ボンバルディア チャレンジャー 604 5468 C-168 45F424 [232]
ボンバルディア チャレンジャー 604 5515 C-215 45F426 [233]

デンマーク空軍ボンバルディア チャレンジャー 604を運用。

ドイツ 編集

 
ドイツ空軍のA340-300

ドイツ空軍輸送隊Flugbereitschaft des Bundesministeriums der Verteidigungドイツ語版が運用している。

以前にはインターフルク航空から購入したエアバスA310を運用していた。A340-300の導入後はフランス国立宇宙研究センター傘下のノヴァスペースフランス語版社に売却され、機内で微小重力環境を作り出す科学実験機A310 ZERO-Gとして運用されている。

A340
A310の退役後は、ルフトハンザドイツ航空から購入した中古のエアバスA340-300を主に使用していたが、老朽化により2010年代からトラブルが多発し[234]、2018年にはA340が、2019年にはA319が、それぞれ国外で機体トラブルで運行を取りやめている。政府は、老朽化した機体を交換することを検討していた[235]。2024年末まで運用する予定であったが、不具合による飛行中止が多かったため予定を早めて2023年8月に退役した[236][237]
A350
2019年5月20日にエアバスはドイツ政府がエアバスA350 XWBの長距離のプライベートジェット仕様のACJ350-900 XWBを3機発注し、1号機を2020年の納入、残りを2022年の納入予定で契約締結を発表した。A350の取得により、ドイツ政府専用機はドイツから殆どの国へノンストップ運用が可能となる[238]
2020年5月には、1号機のA350-900(10+03)がルフトハンザ・テクニクで改修作業に入り、8月20日にドイツ空軍に暫定仕様のまま引き渡された[239]。2022年11月16日に寝室、会議エリア、集中治療室などが搭載された状態で納入された[240]。2023年3月16日に2機目のテオドール・ホイスドイツ語版が導入された[241]

ノルウェー 編集

王室の通常の移動には、スカンジナビア航空の民航便を利用。まれにノルウェー空軍ダッソー ファルコン 20を利用。

バチカン 編集

 
教皇専用機として運航されたアリタリア航空のボーイング777

ローマ教皇の国外訪問にはアリタリア-イタリア航空のチャーター便がよく用いられており、同社の倒産後はITAエアウェイズが後継となると見られている[242]

ローマ教皇が搭乗したボーイング777型機にアメリカ人が Shepherd One(シェパードワン) というニックネームを付けたことが由来で広く勘違いされているが[243][244]、正式なコールサインは、Volo Papale の後に教皇が飛行した回数を付けたものである。

バチカン市国内にはヘリの発着場 バチカンシティヘリポート英語版があり、教皇が保有するアグスタウエストランド AW139が要人輸送ヘリとして使用されている。

フランス 編集

 
フランス政府専用機のエアバスA330-200

フランス空軍においてエアバスA319エアバスA340ダッソー ファルコン 50ダッソー ファルコン 900などを運用。2010年から大統領専用機としてエア・カライベスから中古機購入したエアバス330-200を運用している[245]

アメリカのように大統領が搭乗する飛行機がエアフォースワンとなるように、大統領搭乗時はコールサインがCotam Unitéフランス語版、もしくはCOTAM 0001が使用される。また、フランス首相が搭乗時には、COTAM 0002もしくは、Cotam Deuxフランス語版が割り当てられる。

なお、COTAMフランス語版は 軍用空輸部隊を意味する Commandement du transport aérien militaire の頭字語による略である。

ベラルーシ 編集

 
ベラルーシ政府専用機のボーイング737-800
機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
ボーイング737-8EV BBJ2 33079/1075 EW-001PA 51002B 2003年12月- ベラヴィアが運航。 [246]
ボーイング767-32K(ER) 33968/926 EW-001PB 51005E 2012年5月- 2004年製の中古機(元トルクメニスタン政府専用機)。 [247]
ボンバルディア チャレンジャー850英語版 8057 EW-301PJ 510055 2010年10月- 2007年製の中古機。ベラヴィアが運航。 [248]

ボーイング737-800およびツポレフTu-154を運用。

ベルギー 編集

第15輸送航空隊英語版に要人輸送機としてダッソー ファルコン 900Bを1機、エンブラエル ERJ 145を2機、エンブラエル ERJ 135を2機を保有していたが、コスト削減のために退役させ、外部委託に切り替えた[249][250]

ポーランド 編集

 
ポーランド政府専用機のツポレフTU-154M
機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
ガルフストリーム G550 5547 0001 48D960 [251]
ガルフストリーム G550 5554 0002 48D961 [252]
ボーイング737-86X 61358/6370 0110 48D980 2017年11月 - 九元航空機。 [253]
ボーイング737-8TV BBJ2 64927/7152 0111 48D982 2021年10月 - [254]
ボーイング737-8TV BBJ2 63990/7297 0112 48D981 2021年10月 - [255]
エンブラエル ERJ-175LR 17000283 SP-LIG 48AD06 2010年5月 - LOTポーランド航空からのリース機 [256]
エンブラエル ERJ-175LR 17000288 SP-LIH 48AD07 2010年6月 - LOTポーランド航空からのリース機 [257]

2010年4月10日、当時運用されていたツポレフTu-154が、レフ・カチンスキ大統領の搭乗中に墜落した

ポルトガル 編集

TAP ポルトガル航空エアバスA340などのチャーターのほか、ポルトガル空軍ダッソー ファルコン 50などを運用。

機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
ダッソー ファルコン 50 195 17401 497C71 [258][259]
ダッソー ファルコン 50 198 17402 497C72 [260][261]
ダッソー ファルコン 50 221 17403 497C73 [262][263]
ダッソー ファルコン 900B 135 不明 HEX 元CS-DTP。2021年にブラジルで覚醒剤を密輸していたとして、当時の保有者から押収された機体。2023年に中古で導入。 [264][265][266]

モルドヴァ 編集

Yak-40などを運用。

機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
Yak-40 9831458 ER-YGD 不明 不明 [267]

モンテネグロ 編集

機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
リアジェット45 45-044 4O-MNE 516001 [268]

ルーマニア 編集

 
ルーマニア政府専用機のボーイング707

ボーイング707BAC 1-11などを運用。

ルクセンブルク 編集

リアジェット35などを運用。[要出典]

ロシア 編集

 
ロシア大統領専用機のイリューシンIl-96から降り立つドミートリー・メドヴェージェフ大統領

Il-96などを運用。

各国の政府専用機(オセアニア) 編集

オーストラリア 編集

 
オーストラリア政府専用機のボーイングBBJ
機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
ボーイング 737-7DT BBJ 30829/738 A36-001 7CF85C 2002年6月 - [269]
ボーイング 737-7DF BBJ 30790/613 A36-002 7CF85D 2002年9月 - [270]
エアバス KC-30A(A330MRTT) 898 A39-007 7CF9C9 2019年5月 - カンタス航空エアバス A330(VH-EBI)を改修。 [271]

オーストラリア空軍の第34飛行隊がボーイング737(ボーイング ビジネスジェット)やボンバルディア チャレンジャー 604を運用。

ニュージーランド 編集

 
イングランドグロスタシャーニュージーランド空軍ボーイング757-200
機種 製造番号 機体記号 hexコード 運用期間 備考 出典
ボーイング757-2K2(C) 26633/519 NZ7571 C87F00 2003年4月 - [272]
ボーイング757-2K2(C) 26633/519 NZ7572 C87F01 2003年6月 - [273]

王立ニュージーランド空軍(RNZAF)第40飛行隊(オークランド空軍基地フェヌアパイ飛行場所属)がニュージーランド政府専用機(ボーイング757-200)2機を2003年6月から運用。首相や政府要人の輸送の他、ニュージーランド国王イギリス王室のメンバーがNZ訪問時には政府専用機として運用される。通常時は空軍輸送機として兵士や物資の輸送を行っている。1980年代から2003年まではボーイング727 2機を政府専用機として運用した。


出典 編集

  1. ^ 綱渡りだった「武漢邦人救出ミッション」の全舞台裏
  2. ^ 独首相、専用機トラブル 半日遅れ、民間機でG20に”. 日本経済新聞 (2018年12月1日). 2019年6月27日閲覧。
  3. ^ King up in Aeroplane: Ferdinand of Bulgaria First Monarch to Do It – Sons Fly Also”. New York Times website (1910年7月16日). 2010年7月17日閲覧。
  4. ^ “Foreign Passenger-Carrying Aeroplanes Introduce a New Era of Transportation”. Popular Mechanics Magazine 31: 510–511. (April 1919). https://babel.hathitrust.org/cgi/pt?id=uc1.a0013490313&view=1up&seq=554. 
  5. ^ “British Premier's Altered DH-4 Shows Unusual Speed”. Popular Mechanics Magazine 32: 65. (July 1919). https://babel.hathitrust.org/cgi/pt?id=uc1.a0013490321&view=1up&seq=131. 
  6. ^ SU-GGG EGYPT GOVERNMENT AIRBUS A340-211”. Planespotters. 2023年8月4日閲覧。
  7. ^ SU-EGY EGYPT GOVERNMENT BOEING 747-830”. Planespotters. 2023年8月4日閲覧。
  8. ^ 3DC-SWZ KINGDOM OF ESWATINI MCDONNELL DOUGLAS MD-87 (DC-9-87)”. Planespotters. 2023年8月4日閲覧。
  9. ^ 3DC-SDF KINGDOM OF ESWATINI AIRBUS A340-313”. Planespotters. 2023年8月4日閲覧。
  10. ^ 機体記号「C5-RTG」航空機ガイド”. Flyteam. 2023年8月5日閲覧。
  11. ^ Flight history for aircraft - C5-RTG”. Flightradar24. 2023年8月5日閲覧。
  12. ^ C5-GOG/C5GOG aviation photos on JetPhotos”. JetPhotos. 2023年8月5日閲覧。
  13. ^ Boeing aviation photos on JetPhotos”. JetPhotos. 2023年8月5日閲覧。
  14. ^ C5-AFT/C5AFT aviation photos on JetPhotos”. JetPhotos. 2023年8月5日閲覧。
  15. ^ Flight history for aircraft - C5-AFT”. 2023年8月5日閲覧。
  16. ^ KAF308 KENYA AIR FORCE FOKKER 70 (F28 MARK 0070)”. Planespotters. 2023年8月6日閲覧。
  17. ^ KAF304 KENYA AIR FORCE DE HAVILLAND CANADA DHC-8-103 DASH 8”. Planespotters. 2023年8月6日閲覧。
  18. ^ Rigathi Gachagua's soft life photos light up social media”. Pulse (2022年9月23日). 2023年8月6日閲覧。
  19. ^ TU-VAD Gulfstream G-IV 1019 JetPhotos”. Jetphotos. 2023年8月6日閲覧。
  20. ^ TU-VAD - Gulfstream IV 1019 - Flightradar24”. Flightradar24. 2023年8月6日閲覧。
  21. ^ 機体記号「J2-HPV」航空機ガイド”. Flyteam. 2023年8月6日閲覧。
  22. ^ ADS-B Exchange - track aircraft live”. ADSB Exchange. 2023年8月6日閲覧。
  23. ^ 機体記号「J2-KBA」航空機ガイド”. Flyteam. 2023年8月6日閲覧。
  24. ^ 機体記号「J2-KBE」航空機ガイド”. Flyteam. 2023年8月6日閲覧。
  25. ^ 5H-TGF GOVERNMENT OF TANZANIA FOKKER 50 (F27 MARK 050)”. Planespotters. 2023年8月12日閲覧。
  26. ^ 5H-ONE GOVERNMENT OF TANZANIA GULFSTREAM AEROSPACE G-V-SP GULFSTREAM G550”. Planespotters. 2023年8月12日閲覧。
  27. ^ V5-NAM - Dassault Falcon 900B 103 - Flightradar24”. Flightradar24. 2023年8月12日閲覧。
  28. ^ V5-GON - Dassault Falcon 7X 127 - Flightradar24”. Flightradar24. 2023年8月12日閲覧。
  29. ^ XT-BFA GOVERNMENT OF BURKINA FASO BOEING 727-282(A)(RE)(WL)”. Planespotters. 2023年8月12日閲覧。
  30. ^ 機体記号「OK1」航空機ガイド”. Flyteam. 2023年8月19日閲覧。
  31. ^ ZS-RSA SOUTH AFRICAN AIR FORCE BOEING 737-7ED(WL) BBJ”. Planespotters. 2023年8月19日閲覧。
  32. ^ 5A-ONE LIBYA GOVERNMENT AIRBUS A340-213”. Planespotters. 2023年8月19日閲覧。
  33. ^ 5T-ONE GOVERNMENT OF MAURITANIA BOEING 737-7BQ(WL) BBJ”. Planespotters. 2023年8月19日閲覧。
  34. ^ CN-MVI MOROCCO GOVERNMENT BOEING 737-8KB(WL) BBJ2”. Planespotters. 2023年8月19日閲覧。
  35. ^ CN-RGA MOROCCO GOVERNMENT BOEING 747-428”. Planespotters. 2023年8月19日閲覧。
  36. ^ CN-MBH MOROCCO GOVERNMENT BOEING 747-8Z5 BBJ”. Planespotters. 2023年8月19日閲覧。
  37. ^ CN-MSM MOROCCO GOVERNMENT BAE SYSTEMS AVRO RJ100”. Planespotters. 2023年8月19日閲覧。
  38. ^ “【大山文兄のV1ウオッチ#36】UAEからの初飛来機”. 産経フォト. 産業経済新聞社. (2017年4月22日). https://www.sankei.com/photo/story/news/170422/sty1704220012-n1.html 2017年4月23日閲覧。 
  39. ^ EP-IGD ISLAMIC REPUBLIC OF IRAN AIRBUS A321-231”. Planespotters. 2023年8月4日閲覧。
  40. ^ EP-IGA ISLAMIC REPUBLIC OF IRAN AIRBUS A340-313”. Planespotters. 2023年8月4日閲覧。
  41. ^ EP-IGE ISLAMIC REPUBLIC OF IRAN BRITISH AEROSPACE AVRO RJ85”. 2023年8月4日閲覧。
  42. ^ EP-IGF ISLAMIC REPUBLIC OF IRAN BRITISH AEROSPACE AVRO RJ85”. 2023年8月4日閲覧。
  43. ^ K7066 GOVERNMENT OF INDIA BOEING 777-337ER”. Planespotters. 2023年8月4日閲覧。
  44. ^ K7067 GOVERNMENT OF INDIA BOEING 777-337ER”. Planespotters. 2023年8月4日閲覧。
  45. ^ A-001 INDONESIA GOVERNMENT BOEING 737-8U3(WL) BBJ2”. Planespotters. 2023年8月4日閲覧。
  46. ^ PK-GIG INDONESIA GOVERNMENT BOEING 777-3U3ER”. Planespotters. 2023年8月4日閲覧。
  47. ^ 一般人も乗れる大統領専用機!? 「ガルーダ・インドネシア・ワン」VIPじゃなくても羽田に来るワケ”. 乗りものニュース (2022年8月5日). 2023年8月4日閲覧。
  48. ^ PK-PJJ INDONESIA GOVERNMENT BRITISH AEROSPACE AVRO RJ85”. 2023年8月4日閲覧。
  49. ^ A4O-AJ ROYAL FLIGHT OF OMAN AIRBUS A319-133 ACJ”. Planespotters. 2023年8月5日閲覧。
  50. ^ A4O-AA ROYAL FLIGHT OF OMAN AIRBUS A320-232”. Planespotters. 2023年8月5日閲覧。
  51. ^ A4O-OMN ROYAL FLIGHT OF OMAN BOEING 747-430”. Planespotters. 2023年8月5日閲覧。
  52. ^ A4O-HMS ROYAL FLIGHT OF OMAN BOEING 747-8H0 BBJ”. Planespotters. 2023年8月5日閲覧。
  53. ^ UP-B5701 KAZAKHSTAN - AIR FORCE BOEING 757-2M6”. Planespotters. 2023年8月5日閲覧。
  54. ^ P4-CLA COMLUX ARUBA BOEING 767-2DXER”. Planespotters. 2023年8月5日閲覧。
  55. ^ UP-A2001 GOVERNMENT OF KAZAKHSTAN AIRBUS A320-214 ACJ PRESTIGE”. Planespotters. 2023年8月5日閲覧。
  56. ^ UP-A2101 GOVERNMENT OF KAZAKHSTAN AIRBUS A321-211(WL) ACJ”. Planespotters. 2023年8月5日閲覧。
  57. ^ UP-A3001 GOVERNMENT OF KAZAKHSTAN AIRBUS A330-243 PRESTIGE”. Planespotters. 2023年8月5日閲覧。
  58. ^ UP-C8502 GOVERNMENT OF KAZAKHSTAN BOMBARDIER CRJ-200ER (CL-600-2B19)”. Planespotters. 2023年8月5日閲覧。
  59. ^ 韓国の「格」に見合わない?大統領専用機の購入を求める声高まる―韓国”. レコードチャイナ (2018年2月19日). 2018年3月10日閲覧。
  60. ^ 韓国大統領専用機交代へ 約260億円で5年間賃借契約”. 聯合ニュース (2020年5月29日). 2020年5月29日閲覧。
  61. ^ http://www.yonhapnews.co.kr/local/2011/04/15/0802000000AKR20110415104900051.HTML
  62. ^ 일본 크루즈선 한국인 이송‘공군 3호기는 무엇?”. 京郷新聞 (2020年2月18日). 2020年2月18日閲覧。
  63. ^ 韓国大統領専用機交代へ 約260億円で5年間賃借契約”. 聯合ニュース (2020年5月29日). 2022年1月17日閲覧。
  64. ^ HS-TYR ROYAL THAI AIR FORCE AIRBUS A319-115 ACJ”. Planespotters. 2023年8月12日閲覧。
  65. ^ HS-TYT ROYAL THAI AIR FORCE AIRBUS A320-214(WL) ACJ PRESTIGE”. Planespotters. 2023年8月12日閲覧。
  66. ^ HS-TYV ROYAL THAI AIR FORCE AIRBUS A340-541”. Planespotters. 2023年8月12日閲覧。
  67. ^ 60313 ROYAL THAI AIR FORCE ATR 72-500 (72-212A)”. Planespotters. 2023年8月12日閲覧。
  68. ^ a b c The Royal Thai Air Force receives its first VIP ATR 72-500”. revistaaerea (2009年9月10日). 2023年8月12日閲覧。
  69. ^ 60314 ROYAL THAI AIR FORCE ATR 72-500 (72-212A)”. Planespotters. 2023年8月12日閲覧。
  70. ^ ASN Aircraft accident ATR 72-212A (ATR 72-500) L16-2/52 Dhaka-Shahjalal International Airport (DAC)”. revistaaerea. 2023年8月12日閲覧。
  71. ^ 60315 ROYAL THAI AIR FORCE ATR 72-500 (72-212A)”. Planespotters. 2023年8月12日閲覧。
  72. ^ 60316 ROYAL THAI AIR FORCE ATR 72-500 (72-212A)”. Planespotters. 2023年8月12日閲覧。
  73. ^ HS-CMV HIS MAJESTY KING MAHA VAJIRALONGKORN BOEING 737-4Z6”. Planespotters. 2023年8月12日閲覧。
  74. ^ HS-HRH HIS MAJESTY KING MAHA VAJIRALONGKORN BOEING 737-448”. Planespotters. 2023年8月12日閲覧。
  75. ^ HS-HMK HIS MAJESTY KING MAHA VAJIRALONGKORN BOEING 737-8Z6(WL)”. Planespotters. 2023年8月12日閲覧。
  76. ^ HS-MVS HIS MAJESTY KING MAHA VAJIRALONGKORN BOEING 737-8Z6(WL)”. Planespotters. 2023年8月12日閲覧。
  77. ^ a b Карточка самолёта: Ильюшин Ил-62М P-882 (зав.н. 2850236) ✈ russianplanes.net ✈ наша авиацияавиация”. RussianPlanes. 2023年8月12日閲覧。
  78. ^ P-882/P882 aviation photos on JetPhotos”. Jetphotos. 2023年8月26日閲覧。
  79. ^ a b Карточка самолёта: Ильюшин Ил-62М (зав.н. 2546624) ✈ russianplanes.net ✈ наша авиация”. RussianPlanes. 2023年8月12日閲覧。
  80. ^ a b c P-618/P618 aviation photos on JetPhotos”. Jetphotos. 2023年8月26日閲覧。
  81. ^ P-883/P883 aviation photos on JetPhotos”. Jetphotos. 2023年8月26日閲覧。
  82. ^ a b c 'P-618' PHOTO RESULTS”. Jetphotos. 2023年8月26日閲覧。
  83. ^ a b 列車、船、飛行機 金正恩氏はどのように旅しているのか”. BBC (2018年5月10日). 2023年8月26日閲覧。
  84. ^ 金正恩氏 ハノイまでの移動手段は?=専用機利用が有力”. 聯合ニュース (2019年2月18日). 2023年8月26日閲覧。
  85. ^ 金正恩委員長、ワシントンまで行く飛行機がない?”. 聯合ニュース (2018年4月12日). 2023年8月26日閲覧。
  86. ^ 金正恩が誇る専用機、海外では安全性の問題で運航禁止された老朽機種”. 中央日報 (2014年5月13日). 2018年4月14日閲覧。
  87. ^ N.K. leader's personal plane makes rare flight amid heightened tensions: aviation tracker”. 聯合ニュース (2020年6月17日). 2023年8月26日閲覧。
  88. ^ 金正恩氏の専用機がウラジオストク到着 首脳会談に向け人員投入か”. 聯合ニュース (2023年9月12日). 2023年9月21日閲覧。
  89. ^ 北朝鮮の崔竜海、紆余曲折の末にモスクワ到着”. 中央日報 (2014年11月18日). 2023年8月26日閲覧。
  90. ^ 正恩氏専用機は太平洋超えられない? 米朝会談の場所選びに影響も”. 朝鮮日報 (2018年4月11日). 2018年4月14日閲覧。
  91. ^ a b How Kim Jong Un and the North Korean Delegation Traveled to the Singapore Summit”. Flightradar24 (2018年6月11日). 2023年8月24日閲覧。
  92. ^ TC-ANK TURKEY GOVERNMENT AIRBUS A318-112 ACJ ELITE”. Planespotters. 2023年8月12日閲覧。
  93. ^ TC-IST TURKEY GOVERNMENT AIRBUS A319-133 ACJ”. Planespotters. 2023年8月12日閲覧。
  94. ^ TC-TUR TURKEY GOVERNMENT AIRBUS A330-243 PRESTIGE”. Planespotters. 2023年8月12日閲覧。
  95. ^ TC-CAN TURKEY GOVERNMENT AIRBUS A340-542”. Planespotters. 2023年8月12日閲覧。
  96. ^ TC-TRK TURKEY GOVERNMENT BOEING 747-8ZV BBJ”. Planespotters. 2023年8月12日閲覧。
  97. ^ 機体記号「TC-DAP」航空機ガイド”. Flyteam. 2023年8月12日閲覧。
  98. ^ Aircraft Data TC-ATA, 2011 Gulfstream Aerospace GV-SP (G550) C/N 5346, 1990 Boeing 737-4YO C/N 24687, 1988 Gulfstream Aerospace IV C/N 1043”. Airport-data. 2023年8月12日閲覧。
  99. ^ Erdoğan TEKNOFEST'e böyle geldi | GAZETE VATAN”. gazetevatan. 2023年8月12日閲覧。
  100. ^ https://www.sankei.com/photo/story/news/151007/sty1510070020-n1.html
  101. ^ EZ-A007 TURKMENISTAN AIRLINES BOEING 737-7GL(WL)”. Planespotters. 2023年8月12日閲覧。
  102. ^ EZ-A700 TURKMENISTAN AIRLINES BOEING 737-72K(WL) BBJ”. Planespotters. 2023年8月12日閲覧。
  103. ^ EZ-A777 TURKMENISTAN AIRLINES BOEING 777-22KLR”. Planespotters. 2023年8月12日閲覧。
  104. ^ EZ-B024 TURKMENISTAN AIRLINES BOMBARDIER CHALLENGER 870 (CL-600-2C10)”. Planespotters. 2023年8月12日閲覧。
  105. ^ Turkmen Government Plane Made a Secret Flight to Germany”. Turkmen News (2022年6月21日). 2023年8月12日閲覧。
  106. ^ 空自の多用途支援機U-4が3機熊本へ、陸自UH-60JAヘリ事故の葬送式で”. Flyteam (2023年6月29日). 2023年9月12日閲覧。
  107. ^ 「準政府専用機」って? 空自のVIP機U-4誰が乗る?「多用途支援機」の名はダテじゃない”. 乗りものニュース (2020年11月27日). 2023年9月12日閲覧。
  108. ^ 国内移動に政府専用機は「too much」 災害時など「VIPの足」として…空自U4多用途支援機”. 産経新聞 (2016年6月8日). 2023年9月12日閲覧。
  109. ^ J-755 - Gulfstream IV SP 1325 - Flightradar24”. Flightradar24. 2023年8月12日閲覧。
  110. ^ J-756 - Gulfstream G450 4090 - Flightradar24”. Flightradar24. 2023年8月12日閲覧。
  111. ^ J-757 PAKISTAN AIR FORCE AIRBUS A310-304”. Planespotters. 2023年8月12日閲覧。
  112. ^ A9C-HMK BAHRAIN ROYAL FLIGHT BOEING 747-4P8”. Planespotters. 2023年8月12日閲覧。
  113. ^ A9C-HAK BAHRAIN ROYAL FLIGHT BOEING 747-4F6”. Planespotters. 2023年8月12日閲覧。
  114. ^ A9C-HMH BAHRAIN ROYAL FLIGHT BOEING 767-4FSER”. Planespotters. 2023年8月12日閲覧。
  115. ^ A9C-HWR BAHRAIN ROYAL FLIGHT BRITISH AEROSPACE AVRO RJ85”. Planespotters. 2023年8月12日閲覧。
  116. ^ Bahrain Royal Flight”. Planespotters. 2023年8月12日閲覧。
  117. ^ 深水千翔 (2023年4月15日). “外遊はいつも「他国の特別機」なぜ!? 激レア“ジャンボ”来日に羽田沸く 一体どこの国王?”. のりものニュース. 2023年8月12日閲覧。
  118. ^ V8-MHB BRUNEI GOVERNMENT BOEING 767-27GER”. Planespotters. 2023年8月12日閲覧。
  119. ^ V8-BKH BRUNEI GOVERNMENT BOEING 747-8LQ BBJ”. Planespotters. 2023年8月12日閲覧。
  120. ^ V8-OAS BRUNEI GOVERNMENT BOEING 787-8 BBJ”. Planespotters. 2023年8月12日閲覧。
  121. ^ 9M-NAA FEDERAL GOVERNMENT OF MALAYSIA AIRBUS A319-115 ACJ”. Planespotters. 2023年8月19日閲覧。
  122. ^ 9M-NAB FEDERAL GOVERNMENT OF MALAYSIA AIRBUS A320-214 ACJ PRESTIGE”. Planespotters. 2023年8月19日閲覧。
  123. ^ 【G7広島サミット】ベトナム・チン首相が来日 空港到着の様子(2023年5月19日). 広島空港: THE PAGE. 19 May 2023. 2023年8月12日閲覧
  124. ^ Thủ tướng Phạm Minh Chính đến Trung Quốc”. tuoitre.vn (2023年6月25日). 2023年8月12日閲覧。
  125. ^ Fokker F28-3000 Fellowship - 11153, operated by Philippine - Government”. Jetphotos. 2023年8月19日閲覧。
  126. ^ ADS-B Exchange - track aircraft live”. ADSB Exchange. 2023年8月19日閲覧。
  127. ^ PAF's new Gulfstream G280 assigned to airlift missions”. Philippine News Agency (2023年9月22日). 2023年8月19日閲覧。
  128. ^ Command and Control Jet Aircraft Acquisition Project of the Philippine Air Force - Philippine Defense Resource”. PH Defense Resource (2023年4月29日). 2023年8月19日閲覧。
  129. ^ ADS-B Exchange - track aircraft live”. ADSB Exchange. 2023年8月19日閲覧。
  130. ^ PAF RECEIVES BEECHCRAFT AIRCRAFT”. Philippine Air Force (2023年5月6日). 2023年8月19日閲覧。
  131. ^ PAF receives Hawker 800XP”. AviationUpdatesPH.com (2023年5月7日). 2023年8月19日閲覧。
  132. ^ Presidents of Mongolia and Russia to hold talks today”. MONTSAME News Agency (2021年12月16日). 2023年8月19日閲覧。
  133. ^ Belize reaffirms ties with Taipei as Taiwanese president visits”. Reuters (2023年4月4日). 2023年8月20日閲覧。
  134. ^ 3701 TAIWAN AIR FORCE BOEING 737-8AR(WL)”. Planespotters. 2023年8月19日閲覧。
  135. ^ 5001 TAIWAN AIR FORCE FOKKER 50 (F27 MARK 050)”. Planespotters. 2023年8月19日閲覧。
  136. ^ 5002 TAIWAN AIR FORCE FOKKER 50 (F27 MARK 050)”. Planespotters. 2023年8月19日閲覧。
  137. ^ 5003 TAIWAN AIR FORCE FOKKER 50 (F27 MARK 050)”. Planespotters. 2023年8月19日閲覧。
  138. ^ 新しい大統領専用機が“誇らしげに”到着「そんなことしてる場合か!」 批判殺到の背景 アルゼンチン”. のりものニュース (2023年6月2日). 2023年6月11日閲覧。
  139. ^ ARG-01 PRESIDENCIA DE LA NACIÓN ARGENTINA BOEING 757-200”. Planespotters. 2023年8月4日閲覧。
  140. ^ ARG-02 PRESIDENCIA DE LA NACIÓN ARGENTINA BOEING 737-500”. Planespotters. 2023年8月4日閲覧。
  141. ^ 550 FUERZA AÉREA URUGUAYA (URUGUAYAN AIR FORCE) EMBRAER C-120 (EMB-120ER BRASILIA)”. Planespotters. 2023年8月4日閲覧。
  142. ^ FAE-051 FUERZA AÉREA ECUATORIANA EMBRAER EMB-135BJ LEGACY 600”. Planespotters. 2023年8月5日閲覧。
  143. ^ FAE-052 - FA7X - Dassault Falcon 7X - RadarBox Flight Tracker”. AirNav Radarbox. 2023年8月5日閲覧。
  144. ^ Presidential aircraft flew to tax havens in ex-government”. Ecuador Times (2019年3月14日). 2023年8月5日閲覧。
  145. ^ 機体記号「FAE-630」航空機ガイド”. Planespotters. 2023年8月5日閲覧。
  146. ^ 15001 GOVERNMENT OF CANADA AIRBUS CC-150 POLARIS (A310-304)”. Planespotters. 2023年8月5日閲覧。
  147. ^ a b 広島サミットで飛来したカナダ政府専用機 A310、いよいよ置き換え開始!A330がお目見え”. Flyteam (2023年6月2日). 2023年8月5日閲覧。
  148. ^ 9K-APC KUWAIT AIRWAYS AIRBUS A330-243”. Planespotters. 2023年8月5日閲覧。
  149. ^ a b セントレアが迎えた各国首脳専用機”. セントレア. 2019年6月27日閲覧。
  150. ^ FAC0001 FUERZA AEREA COLOMBIANA (COLOMBIAN AIR FORCE) BOEING 737-74V(WL) BBJ”. Planespotters. 2023年8月6日閲覧。
  151. ^ FAC0002 - Fokker F-28 Fellowship - Colombia - Air Force - Flightradar24”. Flightradar24. 2023年8月6日閲覧。
  152. ^ 921 FUERZA AÉREA DE CHILE (CHILEAN AIR FORCE) BOEING 737-58N”. Planespotters. 2023年8月12日閲覧。
  153. ^ 922 FUERZA AÉREA DE CHILE (CHILEAN AIR FORCE) BOEING 737-330(QC)”. Planespotters. 2023年8月12日閲覧。
  154. ^ 985 FUERZA AÉREA DE CHILE (CHILEAN AIR FORCE) BOEING 767-3Y0ER”. Planespotters. 2023年8月12日閲覧。
  155. ^ FAB2101 FORÇA AÉREA BRASILEIRA (BRAZILIAN AIR FORCE) AIRBUS VC-1A (A319-133 ACJ)”. Planespotters. 2023年8月12日閲覧。
  156. ^ FAB2590 FORÇA AÉREA BRASILEIRA (BRAZILIAN AIR FORCE) EMBRAER VC-2 (ERJ-190AR)”. Planespotters. 2023年8月12日閲覧。
  157. ^ FAB2590 FORÇA AÉREA BRASILEIRA (BRAZILIAN AIR FORCE) EMBRAER VC-2 (ERJ-190AR)”. Planespotters. 2023年8月12日閲覧。
  158. ^ 機体記号「FAP350」航空機ガイド”. Flyteam. 2023年8月19日閲覧。
  159. ^ FAP356 PERUVIAN AIR FORCE BOEING 737-528”. Planespotters. 2023年8月19日閲覧。
  160. ^ Bolivian Presidency Buys Manchester United Dassault Falcon Craft”. MercoPress (2010年5月13日). 2023年8月19日閲覧。
  161. ^ Flight history for aircraft - FAB-001”. Flightradar24. 2023年8月19日閲覧。
  162. ^ Flight history for aircraft - FAB-002”. Flightradar24. 2023年8月19日閲覧。
  163. ^ 竹内 修 (2018年10月17日). “幸運なセントレアの787、2号機は…? 世界の名機も大半スクラップ、保存航空機の現状”. 乗り物ニュース. 2018年10月17日閲覧。
  164. ^ a b “贅沢すぎる”メキシコ政府専用機、ようやく売却決定!新オーナーはタジキスタン政府”. Flyteam (2023年4月26日). 2023年8月19日閲覧。
  165. ^ 「贅沢すぎる」メキシコ前大統領の専用機はボーイング787-8、新大統領が売却へ” (2018年12月6日). 2019年1月3日閲覧。
  166. ^ 売りにかけられていたメキシコ大統領専用機、売れなくてついに宝くじの景品に”. ハーバー・ビジネス・オンライン(2020年2月14日作成). 2020年2月14日閲覧。
  167. ^ タジキスタン787 初運航!メキシコが売却した「豪華すぎる政府専用機」、中国へ初外遊”. Flyteam (2023年5月19日). 2023年8月19日閲覧。
  168. ^ 3520 FUERZA AÉREA MEXICANA (MEXICAN AIR FORCE) BOEING 737-2B7(A)”. Planespotters. 2023年8月19日閲覧。
  169. ^ 3529 FUERZA AÉREA MEXICANA (MEXICAN AIR FORCE) BOEING 737-33A”. Planespotters. 2023年8月19日閲覧。
  170. ^ Flight history for aircraft - FAM-3915”. Flightradar24. 2023年8月19日閲覧。
  171. ^ 機体記号「3910」航空機ガイド”. Flyteam. 2023年8月19日閲覧。
  172. ^ ADS-B Exchange - track aircraft live”. ADSB Exchange. 2023年8月19日閲覧。
  173. ^ EY-001 REPUBLIC OF TAJIKISTAN BOEING 787-8 DREAMLINER”. Flyteam. 2023年8月19日閲覧。
  174. ^ a b Ireland's New Government Plane: Everything You Need To Know”. Simple Flying. 2023年8月4日閲覧。
  175. ^ LEARJET 45”. Irish Defence Forces. 2023年8月4日閲覧。
  176. ^ 258 - LJ45 - Learjet 45 - Irish Air Corps - RadarBox Flight Tracker”. 2023年8月4日閲覧。
  177. ^ 701 ARMENIA GOVERNMENT AIRBUS A319-100 ACJ”. Planespotters. 2023年8月4日閲覧。
  178. ^ G-CMFY AIRCRAFT MAINTENANCE SERVICES BRITISH AEROSPACE 146-100”. Planespotters. 2023年8月4日閲覧。
  179. ^ Royal jet Flies in For Retirement At South Wales Museum”. RAF NEWS (2022年3月17日). 2023年8月4日閲覧。
  180. ^ G-CMEU AIRCRAFT MAINTENANCE SERVICES BRITISH AEROSPACE 146-100”. Planespotters. 2023年8月4日閲覧。
  181. ^ PK-TNV TRANSNUSA BRITISH AEROSPACE 146-100”. Planespotters. 2023年8月4日閲覧。
  182. ^ ZZ336 GOVERNMENT OF THE UNITED KINGDOM AIRBUS A330-200MRTT”. Planespotters. 2023年8月4日閲覧。
  183. ^ G-GBNI GOVERNMENT OF THE UNITED KINGDOM AIRBUS A321NEO”. Planespotters. 2023年8月4日閲覧。
  184. ^ イギリス政府専用機、空軍のボイジャー空中給油・輸送機を改装
  185. ^ TC-ANA ALBANIA GOVERNMENT AIRBUS A319-115 ACJ”. Planespotters. 2023年8月4日閲覧。
  186. ^ MM62174 AERONAUTICA MILITARE (ITALIAN AIR FORCE) AIRBUS A319-115 ACJ”. Planespotters. 2023年8月4日閲覧。
  187. ^ MM62174 AERONAUTICA MILITARE (ITALIAN AIR FORCE) AIRBUS A319-115 ACJ”. Planespotters. 2023年8月4日閲覧。
  188. ^ MM62209 AERONAUTICA MILITARE (ITALIAN AIR FORCE) AIRBUS A319-115 ACJ”. Planespotters. 2023年8月4日閲覧。
  189. ^ I-TALY AERONAUTICA MILITARE (ITALIAN AIR FORCE) AIRBUS A340-541”. Planespotters. 2023年8月4日閲覧。
  190. ^ イタリア政府専用機、エティハド航空からA340-500をリース”. FlyTeam (2015年10月22日). 2023年8月27日閲覧。
  191. ^ UR-ABA UKRAINIAN GOVERNMENT AIRBUS A319-115 ACJ”. Planespotters. 2023年8月4日閲覧。
  192. ^ https://flyteam.jp/registration/UR-ABA
  193. ^ VH-KBX ALLIANCE AIRLINES FOKKER 70 (F28 MARK 0070)”. Planespotters. 2023年8月5日閲覧。
  194. ^ PH-GOV GOVERNMENT OF THE NETHERLANDS BOEING 737-700(WL) BBJ”. Planespotters. 2023年8月5日閲覧。
  195. ^ Official Aircraft Challenger CL-604”. Government of the Republic of Croatia. 2023年8月6日閲覧。
  196. ^ Official Aircraft Challenger CL-604”. Radarbox. 2023年8月6日閲覧。
  197. ^ T.22-1 FUERZA AEREA ESPAÑOLA (SPANISH AIR FORCE) AIRBUS A310-304”. Planespotters. 2023年8月6日閲覧。
  198. ^ T.22-2 FUERZA AEREA ESPAÑOLA (SPANISH AIR FORCE) AIRBUS A310-304”. Planespotters. 2023年8月6日閲覧。
  199. ^ Dassault Falcon 900 - 38, operated by Spain - Air Force”. Jetphotos. 2023年8月6日閲覧。
  200. ^ ADS-B Exchange - track aircraft live”. ADSB Exchange. 2023年8月6日閲覧。
  201. ^ Dassault Falcon 900 - 90, operated by Spain - Air Force”. Jetphotos. 2023年8月6日閲覧。
  202. ^ ADS-B Exchange - track aircraft live”. ADSB Exchange. 2023年8月6日閲覧。
  203. ^ Dassault Falcon 900 - 77, operated by Spain - Air Force”. Jetphotos. 2023年8月6日閲覧。
  204. ^ ADS-B Exchange - track aircraft live”. ADSB Exchange. 2023年8月6日閲覧。
  205. ^ Dassault Falcon 900 - 74, operated by Spain - Air Force”. Jetphotos. 2023年8月6日閲覧。
  206. ^ ADS-B Exchange - track aircraft live”. ADSB Exchange. 2023年8月6日閲覧。
  207. ^ Dassault Falcon 900 - 73, operated by Spain - Air Force”. Jetphotos. 2023年8月6日閲覧。
  208. ^ ADS-B Exchange - track aircraft live”. ADSB Exchange. 2023年8月6日閲覧。
  209. ^ a b TP 102 - Försvarsmakten”. Försvarsmakten. 2023年8月6日閲覧。
  210. ^ 102004 - GLF4 - Gulfstream Aerospace TP 102C (G-IV-SP) - Swedish Armed Forces - RadarBox Flight Tracker”. RadarBox. 2023年8月6日閲覧。
  211. ^ 102005 - GLF5 - Gulfstream Aerospace TP 102D (G550) - Swedish Armed Forces - RadarBox Flight Tracker”. RadarBox. 2023年8月6日閲覧。
  212. ^ T-751 - Bombardier Challenger 604 - Switzerland - Air Force - Flightradar24”. Flightradar24. 2023年8月6日閲覧。
  213. ^ a b Ehemalige Rega-Challenger nun bei der Luftwaffe”. SkyNews.ch. 2023年8月6日閲覧。
  214. ^ T-752 - Bombardier Challenger 604 - Switzerland - Air Force - Flightradar24”. Flightradar24. 2023年8月6日閲覧。
  215. ^ T-784 - Cessna 560XL Citation Excel - Switzerland - Air Force - Flightradar24”. Flightradar24. 2023年8月6日閲覧。
  216. ^ T-785 - Dassault Falcon 900EX - Switzerland - Air Force - Flightradar24”. Flightradar24. 2023年8月6日閲覧。
  217. ^ T-786 - Pilatus PC-24 121 - Flightradar24”. Flightradar24. 2023年8月6日閲覧。
  218. ^ スイス製の政府専用機が完成”. swissinfo.ch (2019年2月21日). 2023年8月6日閲覧。
  219. ^ OM-BYA SLOVAK GOVERNMENT FLIGHT SERVICE AIRBUS A319-115 ACJ”. Planespotters. 2023年8月6日閲覧。
  220. ^ OM-BYK SLOVAK GOVERNMENT FLIGHT SERVICE AIRBUS A319-115 ACJ”. Planespotters. 2023年8月6日閲覧。
  221. ^ OM-BYB SLOVAK GOVERNMENT FLIGHT SERVICE FOKKER 100 (F28 MARK 0100)”. Planespotters. 2023年8月6日閲覧。
  222. ^ OM-BYC SLOVAK GOVERNMENT FLIGHT SERVICE FOKKER 100 (F28 MARK 0100)”. Planespotters. 2023年8月6日閲覧。
  223. ^ Embraer ERJ-135BJ Legacy - 14501006, operated by Serbia - Government”. Jetphotos. 2023年8月6日閲覧。
  224. ^ ADS-B Exchange - track aircraft live”. ADSB Exchange. 2023年8月6日閲覧。
  225. ^ YU-BNA Dassault Falcon 50 43 JetPhotos”. Jetphotos. 2023年8月6日閲覧。
  226. ^ ADS-B Exchange - track aircraft live”. ADSB Exchange. 2023年8月6日閲覧。
  227. ^ a b 921 FUERZA AÉREA DE CHILE (CHILEAN AIR FORCE) BOEING 737-58N”. Ministry of Defence of the Czech Republic. 2023年8月12日閲覧。
  228. ^ 2801 CZECH AIR FORCE AIRBUS A319-115 ACJ”. Planespotters. 2023年8月12日閲覧。
  229. ^ 3085 CZECH AIR FORCE AIRBUS A319-115 ACJ”. Planespotters. 2023年8月12日閲覧。
  230. ^ Canadair CL-600-2B16 Challenger 601-3A - 5105, operated by Czech Republic - Air Force”. Jetphotos. 2023年8月12日閲覧。
  231. ^ ADS-B Exchange 5105”. ADSB Exchange. 2023年8月12日閲覧。
  232. ^ C-168 - Bombardier Challenger 604 - Denmark -Air Force - Flightradar24”. Flightradar24. 2023年8月12日閲覧。
  233. ^ C-215 - Bombardier Challenger 604 - Denmark -Air Force - Flightradar24”. Flightradar24. 2023年8月12日閲覧。
  234. ^ ドイツ政府専用機でトラブル相次ぐ 今度は外相が足止め - NHK
  235. ^ ドイツ政府の専用機でまた不具合、外相が国連安保理に遅参”. AFP (2019年4月2日). 2019年6月27日閲覧。
  236. ^ VIPを最も怒らせた政府専用機に「ええ加減にせえよ!」 政府ブチギレ”即刻クビ宣告”までの経緯 独”. 乗りものニュース (2023年8月17日). 2023年8月17日閲覧。
  237. ^ ドイツ空軍 A340政府専用機 即時退役を発表、外相外遊中の機材トラブル受け - FlyTeam 2023年8月16日
  238. ^ ドイツ政府、ACJ350-900を3機導入へ
  239. ^ 井上孝司「航空最新ニュース・海外軍事航空 ドイツの新政府専用機A350を納入」『航空ファン』2020年10月号 文林堂 P.115
  240. ^ NDR. “Airbus A350 "Konrad Adenauer" an die Bundeswehr übergeben” (ドイツ語). www.ndr.de. 2023年8月17日閲覧。
  241. ^ Eiselin, Stefan (2023年3月16日). “Deutschland hat jetzt zwei vollwertige VIP-Airbus-A350” (ドイツ語). aeroTELEGRAPH. 2023年8月17日閲覧。
  242. ^ Linda Bordoni (2023年4月14日). “Pope to ITA Airways staff: You give wings to the Pope!”. Vatican News. 2023年8月12日閲覧。
  243. ^ 7 Things to know about Shepherd One, the Pope’s plane” (英語). Nairobi News (2015年11月25日). 2023年5月25日閲覧。
  244. ^ Pope's US tour: Reporter's diary” (英語) (2008年4月18日). 2023年5月25日閲覧。
  245. ^ 初飛行の仏大統領専用機、改良費膨張で野党が批判 2010年11月12日ロイター 2013年4月1日閲覧
  246. ^ EW-001PA BELARUS GOVERNMENT BOEING 737-8EV(WL) BBJ2”. Planespotters. 2023年8月19日閲覧。
  247. ^ EW-001PB BELARUS GOVERNMENT BOEING 767-32KER”. Planespotters. 2023年8月19日閲覧。
  248. ^ EW-301PJ BELARUS GOVERNMENT BOMBARDIER CHALLENGER 850 (CL-600-2B19)”. Planespotters. 2023年8月19日閲覧。
  249. ^ Belgian Air Force to sell its five VIP aircraft”. Aviaton24.be (2018年1月13日). 2023年8月19日閲覧。
  250. ^ Belgian Air Force”. Planespotters. 2023年8月19日閲覧。
  251. ^ 0001 - GLF5 - Gulfstream Aerospace GV-SP (G550) - Polish Air Force - RadarBox Flight Tracker”. Radarbox24. 2023年8月19日閲覧。
  252. ^ 0002 - GLF5 - Gulfstream Aerospace GV-SP (G550) - Polish Air Force - RadarBox Flight Tracker”. Radarbox24. 2023年8月19日閲覧。
  253. ^ 0110 POLISH GOVERNMENT BOEING 737-86X(WL)”. Planespotters. 2023年8月19日閲覧。
  254. ^ 0111 POLISH GOVERNMENT BOEING 737-8TV(WL) BBJ2”. Planespotters. 2023年8月19日閲覧。
  255. ^ 0112 POLISH GOVERNMENT BOEING 737-8TV(WL) BBJ2”. Planespotters. 2023年8月19日閲覧。
  256. ^ SP-LIG POLISH GOVERNMENT EMBRAER ERJ-175LR (ERJ-170-200 LR)”. Planespotters. 2023年8月19日閲覧。
  257. ^ SP-LIG POLISH GOVERNMENT EMBRAER ERJ-175LR (ERJ-170-200 LR)”. Planespotters. 2023年8月19日閲覧。
  258. ^ Dassault Falcon 50 - 195, operated by Portugal - Air Force”. Jetphotos. 2023年8月19日閲覧。
  259. ^ ADS-B Exchange - track aircraft live”. ADSB Exchange. 2023年8月19日閲覧。
  260. ^ Dassault Falcon 50 - 198, operated by Portugal - Air Force”. Jetphotos. 2023年8月19日閲覧。
  261. ^ ADS-B Exchange - track aircraft live”. ADSB Exchange. 2023年8月19日閲覧。
  262. ^ Dassault Falcon 50 - 221, operated by Portugal - Air Force”. Jetphotos. 2023年8月19日閲覧。
  263. ^ ADS-B Exchange - track aircraft live”. ADSB Exchange. 2023年8月19日閲覧。
  264. ^ Flight history for aircraft - CS-DTP”. Flightradar24. 2023年8月19日閲覧。
  265. ^ Falcon 900 seized with drugs is Portugal’s new presidential aircraft”. ADN (2023年3月5日). 2023年8月19日閲覧。
  266. ^ Unexpected new arrival for the Portuguese Air Force”. Scramble.nl (2023年3月5日). 2023年8月19日閲覧。
  267. ^ Фотография самолёта · Яковлев · Як-40 · ER-YGD (зав.н. 9831458) · Молдова - Правительство ✈ russianplanes.net ✈ наша авиация”. RussianPlanes. 2023年8月19日閲覧。
  268. ^ Flight history for aircraft - 4O-MNE”. Flightradar24. 2023年8月19日閲覧。
  269. ^ A36-001 ROYAL AUSTRALIAN AIR FORCE BOEING 737-7DT(WL) BBJ”. Planespotters. 2023年8月5日閲覧。
  270. ^ A36-002 ROYAL AUSTRALIAN AIR FORCE BOEING 737-7DF(WL) BBJ”. Planespotters. 2023年8月5日閲覧。
  271. ^ A39-007 ROYAL AUSTRALIAN AIR FORCE AIRBUS KC-30A (A330-203MRTT)”. Planespotters. 2023年8月5日閲覧。
  272. ^ NZ7571 ROYAL NEW ZEALAND AIR FORCE BOEING 757-2K2(C)”. Planespotters. 2023年8月12日閲覧。
  273. ^ NZ7572 ROYAL NEW ZEALAND AIR FORCE BOEING 757-2K2(C)”. Planespotters. 2023年8月12日閲覧。

関連項目 編集

事故・事件
  1. ^ “最強部隊を率いる男の行方”. NHK. (2018年12月3日). オリジナルの2018年12月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181226000650/http://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2018_1203.html