新内眞衣

日本の女性モデル、ラジオパーソナリティ、女優、乃木坂46の元メンバー、元OL

新内 眞衣(しんうち まい、1992年平成4年〉1月22日 - )は、日本ファッションモデルラジオパーソナリティタレント舞台女優、元OLであり、女性アイドルグループ・乃木坂46の元メンバー、『andGIRL』、『Oggi.jp』のレギュラーモデルである[2]埼玉県[1]朝霞市[要出典]出身。セント・フォース所属[1][3]。身長165 cm[1]。血液型はB型[1]

しんうち まい
新内 眞衣
新内 眞衣
台北松山空港にて(2020年1月18日)
生年月日 (1992-01-22) 1992年1月22日(30歳)
出身地 日本の旗 日本埼玉県朝霞市[要出典]
国籍 日本の旗 日本
身長 165 cm[1]
血液型 B型
職業 タレント
女優
活動期間 2013年 -
事務所 乃木坂46合同会社
(2013年 - 2022年)
セント・フォース
(2022年 - )
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
テレビドラマ
ザンビ
舞台
すべての犬は天国へ行く
じょしらく弐 〜時かけそば〜
『墓場、女子高生』
あさひなぐ
続・時をかける少女
熱海殺人事件 ラストレジェンド 〜旋律のダブルスタンバイ〜
ラジオ
『OL兼任アイドル 新内眞衣のまいちゅんカフェ』
乃木坂46 新内眞衣のオールナイトニッポン0(ZERO)
乃木坂46のオールナイトニッポン
備考
乃木坂46元メンバー(2013年 - 2022年)
テンプレートを表示

来歴編集

小学生時代、ピアノ、水泳、英会話、モダンバレエを習っていた[4]。中学生時代、バドミントン部に所属、市の大会で団体1位を獲得した[注 1]。高校生時代、街頭で『Seventeen』(集英社)の編集部から読者モデルを勧められ「ミスセブンティーン2008」に応募[4]、オーディションでは最終選考まで残った[4][注 2]

高等学校を卒業後、経営学を学ぶために大学へ進学[6]。サークルや部には所属せず、学業とアルバイトを中心とした学生生活を過ごした[注 3]。また、学園祭の副実行委員長を務めたこともあった[6]。大学3年生以降は、システムインテグレーターを目指し[7]、就職活動を開始。求人情報をチェックしていた時[4]ソニー・ミュージックのサイトで乃木坂46・2期生募集のオーディションの開催を知り、応募した[8]

2013年(平成25年)3月28日、乃木坂46の2期生オーディションに合格[4]。同年5月4日、『16人のプリンシパル deux』(赤坂ACTシアター)の夜公演(アダルトチーム)でお披露目され[9][10]、乃木坂46の研究生としてデビュー。同年7月1日、乃木坂46研究生公式ブログを開始した[11]。同年8月4日、6thシングル「ガールズルール」の発売記念全国握手会イベントでパフォーマンスを初披露[12]

2014年(平成26年)3月2日、7thシングル「バレッタ」の発売記念個別握手会で正規メンバーへの昇格、および、次の8thシングル「気づいたら片想い」からアンダーメンバーとして活動することが発表された[13]。同年3月27日、大学を卒業し[14]、乃木坂46で初の学位取得者となる[15]。 乃木坂46の研究生になって1年経っていたが、このままの給料では大学入学時に受けた奨学金の返済もままならないため、スタッフに相談したところOLにならないかという話があり[16]、同年4月1日、ニッポン放送の関連会社エル・ファクトリー(現・ミックスゾーン[17]に就職し[18]、入社式を迎える[19]。入社後は、管理部で[7]、週5日[18]、定時に出社[6]、OLとして経理事務の仕事をこなしつつ[18]、乃木坂46のレッスンを受けながら[6]、アイドル業を兼任[19]。同年10月、乃木坂46のカフェマネージャーに就任した[20]

2015年(平成27年)3月22日、『OL兼任アイドル 新内眞衣のまいちゅんカフェ』(bayfm)のMCを務めることが発表され[21]、1年間出演。同年5月11日、乃木坂46の12thシングル「太陽ノック」で初の選抜メンバーを務めることが発表された[22]

2016年(平成28年)3月22日、『オールナイトニッポン0(ZERO)』(ニッポン放送)の水曜パーソナリティを務めることが発表され[23]、同年3月31日に『乃木坂46 新内眞衣のオールナイトニッポン0(ZERO)』が放送開始された[注 4]。同年11月14日、埼玉応援団(コバトン倶楽部)のメンバーに就任[25]

2017年(平成29年)10月26日(25日深夜)、『乃木坂46 新内眞衣のオールナイトニッポン0(ZERO)』の放送中、埼玉県公式マスコットのコバトンが「埼玉県一日広報課長」を依頼し、その場で受諾(就任)、同時に、11月14日に行われる埼玉県民の日・県庁オープンデーのイベント出演も発表された[26]。同年11月14日、ファーストソロ写真集『どこにいるの?』(光文社)を発売[27]

2018年(平成30年)3月29日(28日深夜)、『乃木坂46 新内眞衣のオールナイトニッポン0(ZERO)』では、アイドルとしての仕事が忙しくなり、出勤日数が減っていき、勤めていたラジオ局制作会社の合併を契機に、3月いっぱいで退社することを発表した[28]

2019年(平成31年)3月7日、『andGIRL』(エムオン・エンタテインメント)と『Oggi.jp』(小学館)のレギュラーモデルに就任[2]。同年3月13日、ニッポン放送の発表会見で4月4日(3日深夜)から『オールナイトニッポン』の水曜パーソナリティを乃木坂46が担当し、新内がメインパーソナリティを務めることが発表され[29]、同年4月3日から『乃木坂46のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)が放送開始された[30](『乃木坂46 新内眞衣のオールナイトニッポン0(ZERO)』は3月28日で終了)。

2020年(令和2年)11月1日、Instagramを開設した[31]

2021年(令和3年)11月18日(17日深夜)、『乃木坂46のオールナイトニッポン』の番組内で乃木坂46からの卒業を発表した[32]。発表時は卒業時期を2022年1月末頃の予定としていた[32]。さらに12月15日に発売される乃木坂46初のベストアルバム『Time flies』に初のソロ曲「あなたからの卒業」が収録されることも発表された[32]

2022年(令和4年)1月22日に30歳の誕生日を迎え、乃木坂46初の30代メンバーとなった[33]。同年1月25日、2nd写真集『夜が明けたら』が発売された[34][35]。同年2月10日、東京国際フォーラムで卒業セレモニーを開催し、乃木坂46を卒業した[36][37]。同年2月17日、乃木坂46合同会社からセント・フォースへ移籍した[1][3][38]。同年3月9日放送のテレビ東京『あちこちオードリー』で、卒業後初めてのゲスト出演を果たし、乃木坂46時代の苦労話などをオードリー若林正恭春日俊彰、またゲストに来ていたファーストサマーウイカに話した[39]。同年3月31日、乃木坂46公式サイト内の公式ブログが閉鎖された[40]

人物編集

愛称は、まいちゅん[41]、まいまい[注 5]、ナチュラル姉さん(ナチュ姉)[注 6]。メンバー内では「OLババア」[注 7]、OLとして働いていた社内では他の部署のウォーターサーバーの水を頻繁に頂戴していくことから「水泥棒」と呼ばれていた[43]。そのほか、ニッポン放送の元アナウンサーでのちにエル・ファクトリー(ミックスゾーン)で後輩となる上柳昌彦や彼の番組リスナーからは「新内ちゃん」とも呼ばれた[44]

尊敬する女性はオードリー・ヘプバーン吉永小百合篠原涼子松嶋菜々子[45]

嗜好編集

好きな食べ物は、アイスクリーム[注 8]、納豆、寿司[注 9]、焼肉、しゃぶしゃぶ、豚汁、なす味噌炒め、オムライス、ハンバーグ[46]、乾物[47]、餃子。好きなパンはメゾンカイザーのクロワッサンダマンド[48]。好きな飲み物は炭酸水、フルーツスムージー[47]

よく聞く年代の楽曲は、1980年から2000年代前半の曲[46]。好きなアーティストは、AKB48NMB48ELLEGARDEN宇多田ヒカル椎名林檎Mr.Children[46]CHEMISTRYaikoback number[47]。おすすめしたことがある楽曲はELLEGARDEN「Supernova」、青山テルマいつか王子様が」、Every Little Thing「fragile」、Bruno Mars「Marry You / マリー・ユー〜ふたりの未来」、東京事変群青日和[49]

好きな数字は1、2、4[46]。1と2は自身の誕生日と重なるため、小さい頃から好きだった[46]。4は『真夏の全国ツアー2013』の東京公演(Zeep Tokyo)で使用していたマイクの番号が4であったことなど[50]、大きな節目に4が付くことから好きになった[46]。好きな色は白、黒、青、紫[47]

好きなブランドはFree's Mart[51]、COCODEAL、LIMITLESS LUXURY、MIIA、HEATHER、MERCURYDUO、dazzlin[50]。好きな靴はREZOY、RANDA[47]。好きな石鹸はマルセイユ石鹸[52]

好きな教科は社会科、家庭科[53]。好きなドラマは『やまとなでしこ』『LIARGAME』『ランチの女王』『アットホームダッド[47]。好きな場所は東京タワー皇居外苑北海道ディズニーシー丸の内[47]

趣味編集

趣味は旅行、買物、お菓子作り、食事[11]、映画鑑賞、読書、路線図を見ること、カフェ巡り、ピラティス、岩盤浴[47]、中医学[1]

特技編集

特技は東京メトロ都営地下鉄含む)の色(ラインカラー)当て、バドミントン[11]、タイピング[54]

得意料理はハンバーグ[55]。保有資格は普通自動車運転免許[56]秘書技能検定2級[56]

乃木坂46編集

乃木坂46のカフェマネージャー[注 10]、an・an美脚選抜[58]

卒業時、乃木坂46の最年長メンバーであった[注 11][61]

乃木坂46で好きな曲は「君の名は希望」、「羽根の記憶」、「あの日 僕は咄嗟に嘘をついた[62]。好きなミュージック・ビデオは「夏のFree&Easy」、「生まれたままで」、「立ち直り中[63]。好きな振付は「生まれたままで」、「スカイダイビング」、「命は美しい[要出典]

交友関係編集

元AKB48の小嶋真子と親友[64]三四郎相田周二とマブダチ[65]。「ALL LIVE NIPPON Vol.6」で共演した井上苑子とも連絡先を交換する仲である[66]。また、2か月に一回、ゲストに坂道メンバーが来ていたが、その時々に来たゲストを「新内組」と評し、新内が顔見知りになるという番組上の定番の流れが生まれた(1期生と同期の2期生は含まない)。その中でも、とくに梅澤美波菅井友香土生瑞穂とはプライベートで7時間にわたる鍋パーティーを開くほどの親密な関係を築くまでにいたった[67]。その後、同じ乃木坂46から、3期生の佐藤楓向井葉月、『乃木坂46のオールナイトニッポン』のディレクターであり、親交の深い舟崎彩乃も「新内組」としてリスナーからは認知された[68]

『乃木坂46 新内眞衣のオールナイトニッポン0(ZERO)』の次枠で放送されている『上柳昌彦 あさぼらけ』のパーソナリティである上柳昌彦とはOL時代から交流がある[69]。新内より後に上柳が入社した[69]ことから「年上の後輩」という間柄でたびたび双方の番組内でネタにしており、新内は上柳を「公認・親戚のおじさん」としていた[70]。その縁もあって上柳は新内の卒業セレモニーにも企画コーナーの司会役としてゲスト出演している[70][71]

2018年、「坂道グループ合同新規メンバー募集オーディション」が開催された。これに伴いオーディションの全国PR活動が行われ、東海地域の担当として、乃木坂46からは新内、欅坂46(現・櫻坂46)からは尾関梨香、けやき坂46(現・日向坂46)からは松田好花というメンバーによる周知活動(坂道グループのメンバー同士の初の個人活動)が行われた[72][注 12]。後にプライベートでフレンチ料理を食べに行ったことが、ラジオの番組での共演の際に明かされている。

作品編集

シングル編集

乃木坂46

アルバム編集

乃木坂46

映像作品編集

出演編集

テレビドラマ編集

その他のテレビ番組編集

舞台編集

ラジオ編集

吹き替え編集

ウェブメディア編集

イベント編集

書籍編集

雑誌編集

写真集編集

  • 1st写真集『どこにいるの?』(2017年11月14日、光文社[27]
  • 2nd写真集『夜が明けたら』(2022年1月25日、小学館[34]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ ただし、参加校が3校のみの大会だった[5]
  2. ^ この年のグランプリは滝沢カレン
  3. ^ アルバイトはコンビニエンスストアファミリーレストランファーストフードなどの経験がある[6]
  4. ^ パーソナリティ就任後、通いやすい環境へ引っ越した[24]
  5. ^ ただし、「まいまい」は学生時代のあだ名である[42]
  6. ^ 乃木坂工事中』内で、設楽統が名づけた。
  7. ^ 和田まあやによる[43]
  8. ^ 全般的に甘いものが好きで、特に抹茶、きな粉、黒ごま、紫芋などの和テイストまたはチョコのアイスクリームを好む[46]
  9. ^ 寿司はエンガワ、中トロを好む[46]
  10. ^ 乃木坂46のカフェマネージャーとして、フードメニューやドリンクメニューなどのプロデュースも手掛ける[57]
  11. ^ 2016年6月16日に当時最年長メンバーだった深川麻衣が卒業したことによる[59]。新内卒業後は秋元真夏が最年長メンバーとなった[60]
  12. ^ 尾関は2019年4月に『櫻坂46 こちら有楽町星空放送局』メインパーソナリティに就任[73]し、松田は2021年10月に放送開始した『ひなこい presents 日向坂46松田好花の日向坂高校放送部』のパーソナリティに就任[74]しており、新内・尾関・松田は3人ともニッポン放送の番組のパーソナリティを務めることとなった。その後、互いの担当番組にゲスト出演・コメント出演している。また、尾関はこの活動の際の新内の立ち居振る舞いから後輩に接する姿勢を学んだ、と語っている[75]
  13. ^ 愛原実花とのダブルキャスト[87][88]
  14. ^ 2018年3月29日放送分までは本編終了後、LINE LIVE限定アフタートークも配信。
  15. ^ 2020年9月12日発売号をもって、雑誌が休刊。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g “新内 眞衣”. セント・フォース. (2022年2月17日). https://www.centforce.com/profile/t_profile/shinuchimai.html 2022年2月17日閲覧。 
  2. ^ a b c d “乃木坂新内眞衣が2媒体同時にレギュラーモデル決定”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2019年3月7日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201903070000033.html 2020年12月14日閲覧。 
  3. ^ a b “元乃木坂46・新内眞衣、セント・フォース入り「伝えるお仕事をしていきたい」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2022年2月17日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/02/17/kiji/20220216s00041000763000c.html 2022年2月17日閲覧。 
  4. ^ a b c d e 橘川有子 編「新内眞衣 しっかり者のお姉さん アイドル兼OLが生まれた理由」 『日経エンタテインメント! アイドル Special 2015』日経BP社〈日経BPムック〉、2014年12月2日、56-57頁。ISBN 978-4-8222-7597-6 
  5. ^ “乃木坂46新内眞衣、OL勤務先の親会社で番組担当「この枠の重さが分かる!」”. マイナビニュース (マイナビ). (2016年3月23日). https://news.mynavi.jp/article/20160323-a469/ 2016年3月23日閲覧。 
  6. ^ a b c d e 新内眞衣」 『季刊 乃木坂』 vol.2 初夏、東京ニュース通信社、2014年5月12日、76-85頁。ISBN 978-4-86336-409-7https://www.youtube.com/watch?v=r5EQFmMA1do 
  7. ^ a b “乃木坂46新内眞衣の“OL生活”が明らかに 庶民的素顔を披露”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2015年8月10日). http://mdpr.jp/news/detail/1510898 2016年3月10日閲覧。 
  8. ^ 石渡嶺司 (2016年3月14日). “テレビ就活番組から考える 「良き偶然」と「ちょっとした一歩」”. J-CAST会社ウォッチ (ジェイ・キャスト). http://www.j-cast.com/kaisha/2016/03/14261057.html 2016年3月14日閲覧。 
  9. ^ 2期生お披露目に関して”. 乃木坂46 運営スタッフ 公式ブログ (2013年5月3日). 2022年2月20日閲覧。
  10. ^ “乃木坂46 2期生、キャプテン桜井からムチャぶりの洗礼”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2013年5月13日). http://natalie.mu/music/news/90471 2013年5月13日閲覧。 
  11. ^ a b c 新内眞衣 (2013年7月4日). “初ブログο(`ω´)ο 01”. 乃木坂46 研究生 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2022年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月27日閲覧。
  12. ^ “乃木坂46、2期生がファン1万人を前に初パフォーマンス”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2013年8月4日). http://natalie.mu/music/news/96463 2013年8月4日閲覧。 
  13. ^ “乃木坂46、握手会終了後に西野センター曲サプライズ披露”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2014年4月2日). http://natalie.mu/music/news/111036 2016年3月10日閲覧。 
  14. ^ 新内眞衣 (2014年3月28日). “卒業式”. 乃木坂46 新内眞衣 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2022年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月28日閲覧。
  15. ^ 「総力特集 乃木坂46「ソロとして、グループとして」」 『UPDATE girls』 vol.1、ぴあ〈ぴあMOOK〉、2015年7月31日、21頁。ISBN 978-4-8356-2498-3 
  16. ^ “乃木坂46新内眞衣、“OL兼任アイドル”時代の誤解?を訂正「まったく関係のないことなのに…」”. E-TALENTBANK. (2021年10月21日). https://e-talentbank.co.jp/news/enta/256676/ 2021年11月17日閲覧。 
  17. ^ 上柳昌彦が感無量 新内眞衣卒業発表の“聞き役”を果たし「かえって、とてもありがたい気持ちでいっぱい」”. ニッポン放送 (2021年11月19日). 2021年11月21日閲覧。
  18. ^ a b c “週5日OLの乃木坂・新内眞衣、オールナイトニッポンの新パーソナリティーに”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2016年3月23日). オリジナルの2016年3月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160324235030/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160323-OHT1T50129.html 2016年3月23日閲覧。 
  19. ^ a b “乃木坂46新内眞衣、“OL兼任アイドル”として活動開始”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2014年4月1日). http://natalie.mu/music/news/113524 2016年3月10日閲覧。 
  20. ^ “乃木坂46“OL兼任”新内、丸の内カフェで奮闘”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2014年10月8日). http://natalie.mu/music/news/128079 2016年3月10日閲覧。 
  21. ^ 新内眞衣がMCを務める新番組「OL兼任アイドル 新内眞衣のまいちゅんカフェ」がBayFmで放送決定!”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2015年3月22日). 2022年2月24日閲覧。
  22. ^ “OL兼任アイドル新内眞衣「選抜メンバーになりました。OL、乃木坂どちらにも何か還元できるようがんばります」”. J-CAST会社ウォッチ (ジェイ・キャスト). (2015年5月12日). http://www.j-cast.com/tv/2015/05/12234962.html 2016年3月14日閲覧。 
  23. ^ 『オールナイトニッポン0』新パーソナリティ5組決定 欅坂46の新番組も”. ORICON STYLE. oricon ME (2016年3月23日). 2016年4月2日閲覧。
  24. ^ “乃木坂46新内眞衣「快眠できる」ANN0目指す”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2016年3月23日). http://www.nikkansports.com/entertainment/nogizaka46/news/1620707.html 2016年3月23日閲覧。 
  25. ^ “乃木坂46新内眞衣の地元愛実る!「埼玉応援団」メンバーに就任”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2016年11月14日). http://natalie.mu/music/news/209320 2016年11月14日閲覧。 
  26. ^ 10月25日の新内眞衣のオールナイトニッポンzeroは???”. ニッポン放送 (2017年11月1日). 2018年3月29日閲覧。
  27. ^ a b 若月、新内、堀、松村のファースト写真集発売決定!”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46運営委員会 (2017年10月4日). 2017年10月4日閲覧。
  28. ^ 一刀流”. 乃木坂46 新内眞衣 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会 (2018年3月30日). 2022年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月27日閲覧。
  29. ^ a b 乃木坂46「オールナイトニッポン」パーソナリティ決定 新内眞衣「“コネ”だと言われていましたが…」”. モデルプレス (2019年3月13日). 2019年3月13日閲覧。
  30. ^ オールナイトニッポン 新パーソナリティ決定!! 水曜・乃木坂46 金曜・三四郎”. ニッポン放送 NEWS ONLINE (2019年3月13日). 2020年9月19日閲覧。
  31. ^ “乃木坂・新内眞衣「ひっそりと」インスタ開始&初投稿 ファン歓喜&驚き「楽しみ」「ビックリ」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2020年11月2日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/11/02/kiji/20201102s00041000332000c.html 2020年11月2日閲覧。 
  32. ^ a b c “乃木坂最年長の新内眞衣ラジオ生放送で涙の卒業発表、来年1月末頃予定”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2021年11月18日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202111170001050.html 2021年11月18日閲覧。 
  33. ^ ENCOUNT編集部 (2022年1月22日). “乃木坂46・新内眞衣、30歳を報告「ついに…!」 同日誕生日の生田絵梨花にも祝福”. ENCOUNT (Creative2). https://encount.press/archives/272229/ 2022年1月23日閲覧。 
  34. ^ a b “卒業発表の乃木坂新内眞衣がセカンド写真集「私の集大成」来年1・25発売”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2021年11月23日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202111200000407.html 2021年11月23日閲覧。 
  35. ^ 乃木坂46新内眞衣「ドキドキした」2nd写真集の20代ラストビキニ解禁”. 日刊スポーツ (2021年12月9日). 2021年12月9日閲覧。
  36. ^ 2022年1月13日の発言
  37. ^ “乃木坂46新内眞衣、ラジオ公開収録風卒業式で涙 異彩放った9年のアイドル活動に幕”. ORICON MUSIC♪ (oricon ME). (2022年2月10日). https://www.oricon.co.jp/news/2224025/full/ 2022年2月11日閲覧。 
  38. ^ セントフォース【公式】 [@centforce.official] (2022年2月17日). "本日より、新内眞衣さんが、セント・フォースに所属することになりました。". Instagramより2022年2月17日閲覧
  39. ^ 新内眞衣&ファーストサマーウイカ『あちこち』登場 オードリーとディープなトーク”. ORICON NEWS. oricon ME (2022年3月9日). 2022年3月10日閲覧。
  40. ^ 新内眞衣、星野みなみのブログクローズに関しまして”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2022年3月29日). 2022年4月14日閲覧。
  41. ^ “新内 眞衣(しんうち まい) - 乃木坂と、まなぶ 〜 乃木坂46×朝日新聞 - 教育”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2014年4月3日). http://www.asahi.com/edu/nogizaka46/profile/shinuchimai.html 2016年4月3日閲覧。 
  42. ^ 「特別付録 乃木坂46 アンダーメンバー 私立乃木坂アンダー学園 出席名簿」 『週刊ヤングジャンプ』 2015年4月23日号(NO.19)、集英社、2015年4月9日、6頁。ASIN B009CND5S0 
  43. ^ a b “乃木坂46兼水泥棒OL”新内眞衣、脚の長さに称賛集まるも、愛称は“2足のBBA”に決定?”. おたぽる (2017年9月17日). 2020年12月14日閲覧。
  44. ^ “乃木坂46新内眞衣、新語「前シャン」を解説 上柳昌彦アナとラジオでトーク”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年1月19日). https://www.oricon.co.jp/news/2221673/full/ 2022年1月23日閲覧。 
  45. ^ 新内眞衣; 深川麻衣 (2015年10月13日). 時短ワザ、ニオイ…乃木坂46の「女子力」がスゴい! 【連載・乃木坂46の女子力】. インタビュアー:加藤秀和. Woman Insight.. http://www.womaninsight.jp/archives/171137/3 2016年3月24日閲覧。 
  46. ^ a b c d e f g h 新内眞衣 (2013年8月25日). “秋が待ち遠しい(*^ ^*)(新内眞衣)”. 乃木坂46 研究生 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2022年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月27日閲覧。
  47. ^ a b c d e f g h 新内眞衣 (2015年6月7日). “personal”. 乃木坂46 新内眞衣 公式ブログ. 乃木坂46LLC. 2022年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月27日閲覧。
  48. ^ 新内眞衣 (2015年2月6日). “領収書”. 乃木坂46 新内眞衣 公式ブログ. 乃木坂46LLC. 2022年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月27日閲覧。
  49. ^ 西廣智一・大窪由香 編「NOGIZAKA46 My Favorite PLAY-LIST 新内眞衣」 『別冊カドカワ 総力特集 乃木坂46』 vol.03、KADOKAWA〈カドカワムック〉、2016年10月3日、174-175頁。ISBN 978-4-04-895693-2 
  50. ^ a b 新内眞衣 (2013年9月7日). “食欲の秋フライング中!新内眞衣”. 乃木坂46 研究生 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2022年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月27日閲覧。
  51. ^ 「夏の2期生の作り方 [乃木坂46 2期生]」 『OVERTURE』 No.007、徳間書店〈Town Mook〉、2016年6月18日、54-55頁。ISBN 978-4-19-710456-7 
  52. ^ 新内眞衣; 深川麻衣 (2015年10月27日). 狙ってないけど男心をくすぐる! 乃木坂の”私服力”【連載・乃木坂46の女子力】. インタビュアー:加藤秀和. Woman Insight.. http://www.womaninsight.jp/archives/173754/3 2016年3月24日閲覧。 
  53. ^ 新内眞衣 (2013年9月20日). “今夜も月が綺麗ですね(新内眞衣)”. 乃木坂46 研究生 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2022年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月27日閲覧。
  54. ^ 「堀未央奈解説付き! 乃木坂46 2期生 2016 ブレイク予報」 『FLASHスペシャル グラビアBEST』 2016年新春号(FLASH増刊)、日光文社、2015年12月25日、97頁。ASIN B0198OSLRW 
  55. ^ 新内眞衣 (2013年8月12日). “リンゴ酢にハマる夏(新内眞衣)”. 乃木坂46 研究生 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2022年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月7日閲覧。
  56. ^ a b 新内眞衣 (2013年10月3日). “卵焼きはしょっぱい派です(新内眞衣)”. 乃木坂46 研究生 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2022年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月27日閲覧。
  57. ^ ““OL兼任”新内眞衣がマネージャー、乃木坂46カフェが原宿に”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2015年2月23日). https://natalie.mu/music/news/139156 2021年2月4日閲覧。 
  58. ^ “乃木坂46“美脚”選抜10人、タオル一枚のセクシーショット”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2015年5月18日). https://mdpr.jp/news/detail/1487766 2021年2月4日閲覧。 
  59. ^ 深川麻衣「乃木坂46の聖母」から「大人の女優」に変身【アイドルグループ「最年長メンバー」列伝vo.3】”. 日刊大衆. 双葉社 (2020年10月31日). 2021年2月4日閲覧。
  60. ^ 乃木坂46秋元真夏、新内眞衣の卒業後“最年長”メンバーになる上での心がけ「言葉遣いとか…」”. ETALENTBANK (2022年1月19日). 2022年2月11日閲覧。
  61. ^ 新内眞衣の転機「サヨナラの意味」20代最後も挑戦”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社 (2020年9月8日). 2021年2月4日閲覧。
  62. ^ 斉藤貴志「乃木坂46楽曲総選挙」 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2015』 2015年10月15日号(増刊号)、集英社、2015年9月17日、90頁。ASIN B01518F35W 
  63. ^ 筒井優太 編「乃木坂46楽曲MV総選挙」 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2016』 2016年12月30日号、集英社、2016年11月24日、93頁。ASIN B01M67T85Q 
  64. ^ NEWS ONLINE 編集部 (2016年4月28日). “挨拶したことのないAKB48と乃木坂46のメンバーが共演したらどうなる?”. ニッポン放送 NEWS ONLINE (ニッポン放送). https://news.1242.com/article/98213 2022年1月23日閲覧。 
  65. ^ “乃木坂46新内眞衣、オールナイトニッポンでの卒業発表に万感の思い語る「夢物語な感じだった」”. COCONUTS (BizNews). (2021年11月18日). https://coconutsjapan.com/entertainment/post-71083/71083/ 2022年1月23日閲覧。 
  66. ^ 新内眞衣 (2017年2月17日). “さいたま”. 乃木坂46 新内眞衣 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2022年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月27日閲覧。
  67. ^ NEWS ONLINE 編集部 (2018年12月26日). “乃木坂46新内眞衣、後輩や欅坂46メンバーと念願の鍋パーティーを開催!”. ニッポン放送 NEWS ONLINE (ニッポン放送). https://news.1242.com/article/164346 2020年5月23日閲覧。 
  68. ^ 渡辺彰浩 (2019年3月31日). “乃木坂46 新内眞衣、最年長メンバーとして示す独自の立ち位置 ANN昇格や専属モデル抜擢での躍進”. Real Sound (blueprint). https://realsound.jp/2019/03/post-341094.html 2022年1月23日閲覧。 
  69. ^ a b 上柳昌彦が感無量 新内眞衣卒業発表の“聞き役”を果たし「かえって、とてもありがたい気持ちでいっぱい」”. ニッポン放送 NEWS ONLINE. ニッポン放送 (2022年2月22日). 2022年2月22日閲覧。
  70. ^ a b 上柳昌彦 (2022年2月12日). “新内眞衣さんの事”. 上柳昌彦 ラジオの人. ニッポン放送. 2022年2月22日閲覧。
  71. ^ 西廣智一 (2022年2月11日). “新内眞衣が切り拓いてきた乃木坂46の新たな王道 ラジオパーソナリティとしての軌跡も存分に詰め込んだ卒業セレモニー”. Real Sound. リアルサウンドテック. 2022年2月22日閲覧。
  72. ^ 乃木坂46・新内眞衣、欅坂46・尾関梨香、けやき坂46・松田好花が登場!”. RadiChubu. CBCラジオ (2018年6月21日). 2022年2月17日閲覧。
  73. ^ 欅坂46・長濱ねる、“卒業”で涙 メインパーソナリティ最終回で「ラジオ愛」を明かす”. ニッポン放送 NEWS ONLINE. ニッポン放送 (2019年4月5日). 2022年2月22日閲覧。
  74. ^ 日向坂46松田好花、ラジオで初の冠番組決定 メンバーがゲスト出演”. モデルプレス. ネットネイティブ (2021年9月24日). 2022年2月22日閲覧。
  75. ^ 渡辺彰浩 (2022年1月23日). “乃木坂46 新内眞衣、グループの垣根を超える影響力 櫻坂46 尾関梨香と日向坂46 松田好花に見せた先輩としての背中”. Real Sound. リアルサウンドテック. 2022年2月22日閲覧。
  76. ^ “乃木坂46新曲で現役×OG初タッグ 白石・西野・生駒に市來&斎藤アナもコロナ感染拡大防止呼びかけ”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年5月25日). https://www.oricon.co.jp/news/2162850/full/ 2020年5月25日閲覧。 
  77. ^ 第(6)球 恋のデッドボール”. ドラマ24「初森ベマーズ」. テレビ東京 (2015年). 2021年11月14日閲覧。最終球 もう少しの夢”. ドラマ24「初森ベマーズ」. テレビ東京 (2015年). 2021年11月14日閲覧。
  78. ^ 乃木坂46齋藤飛鳥主演ドラマ「ザンビ」与田祐希ら新キャスト21人発表”. モデルプレス. ネットネイティブ (2019年1月13日). 2019年1月13日閲覧。
  79. ^ “たけし、鶴光、ナイナイ岡村、水道橋博士ら登場「ANN」50周年記念特番”. お笑いナタリー (ナターシャ). (2017年10月6日). http://natalie.mu/owarai/news/251802 2017年10月17日閲覧。 
  80. ^ “新内眞衣 4月スタートのテレ朝「バクモン伯山の刺さルール!」アシスタント決定!面白解答に期待”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2022年3月24日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/03/24/kiji/20220324s00041000584000c.html 2022年3月24日閲覧。 
  81. ^ “これは、壊れた女たちの西部劇──乃木坂46が歩む新たな道。舞台『すべての犬は天国に行く』”. ダ・ヴィンチニュース (KADOKAWA). (2015年10月28日). https://ddnavi.com/news/265647/a/ 2021年1月21日閲覧。 
  82. ^ 舞台 『じょしらく弐〜時かけそば〜』上演決定!”. 乃木坂46オフィシャルサイト (2016年4月4日). 2022年4月14日閲覧。
  83. ^ “乃木坂46が再び落語家に! 生駒里奈らも参戦の「じょしらく弐」舞台は2066年”. ステージナタリー (ナターシャ). (2016年4月5日). https://natalie.mu/stage/news/182346 2021年5月25日閲覧。 
  84. ^ 西廣智一 (2016年11月8日). “乃木坂46公認コラム『のぼり坂』vol.61 舞台『墓場、女子高生』囲み会見&ゲネプロレポート”. 楽天ブックス. 楽天. 2021年1月21日閲覧。
  85. ^ “乃木坂46齋藤飛鳥ら、なぎなたさばき披露「あさひなぐ」明日から”. ステージナタリー (ナターシャ). (2017年5月19日). https://natalie.mu/stage/news/233364 2017年8月1日閲覧。 
  86. ^ “上田誠脚本・演出「続・時をかける少女」全キャスト&ビジュアル発表”. ステージナタリー (ナターシャ). (2017年11月16日). http://natalie.mu/stage/news/256969 2021年1月21日閲覧。 
  87. ^ “紀伊國屋ホール改装前最終公演「熱海殺人事件」に味方良介・荒井敦史ら”. ステージナタリー (ナターシャ). (2020年11月20日). https://natalie.mu/stage/news/405510 2021年1月21日閲覧。 
  88. ^ お知らせ - 2021年3月放送決定!舞台「熱海殺人事件 ラストレジェンド〜旋律のダブルスタンバイ〜」”. TBS CS|TBSチャンネル. TBSテレビ (2021年1月31日). 2021年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月22日閲覧。
  89. ^ “「『新・熱海殺人事件』ラストスプリング」に味方良介&新内眞衣、演出は岡村俊一”. ステージナタリー (ナターシャ). (2022年2月17日). https://natalie.mu/stage/news/465992 2022年2月17日閲覧。 
  90. ^ 新内眞衣「新・熱海殺人事件」で乃木坂卒業後初舞台 膨大なせりふ量のヒロインに再挑戦”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツNEWS (2022年2月17日). 2022年2月17日閲覧。
  91. ^ DJ 松永や久保史緒里「ANN」55周年記念公演「あの夜を覚えてる」に登場、新内眞衣は音声出演”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2022年3月10日). 2022年3月10日閲覧。
  92. ^ "スーパー銭湯を舞台にした"ノンストップコメディLIVE"、主演は田村心・新内眞衣". ステージナタリー. ナターシャ. 12 April 2022. 2022年4月13日閲覧
  93. ^ "室龍太主演「ON AIR ~この音をキミに~」新内眞衣・小西成弥ら全キャスト解禁". ステージナタリー. ナターシャ. 20 April 2022. 2022年4月20日閲覧
  94. ^ “乃木坂レギュラーラジオ4月から計8本”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2015年4月2日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1455515.html 2015年4月2日閲覧。 
  95. ^ “現役OLの乃木坂・新内眞衣「ANN0」抜てき! 欅坂ラジオも開始”. SANSPO.COM (産経新聞社). (2016年3月24日). https://www.sanspo.com/article/20160324-4U75RMBBRZL6LO2CWJQCPGRUN4/ 2016年3月24日閲覧。 
  96. ^ 12月24日 新内眞衣のオールナイト"R"は???”. オールナイトニッポン0[ZERO]. ニッポン放送 (2016年12月27日). 2022年1月23日閲覧。
  97. ^ 元乃木坂・新内眞衣 土田晃之ラジオの新パートナーに「ラジオの世界に帰って来られてうれしい”. スポニチアネックス. スポーツニッポン新聞社 (2022年3月18日). 2022年3月18日閲覧。
  98. ^ "新内眞衣、ニッポン放送SDGs番組のパーソナリティー就任「リスナーのあなたと一緒に考えたい」". ORICON NEWS. oricon ME. 2022年4月7日. 2022年4月7日閲覧
  99. ^ "新内眞衣、鈴木奈々と生理についてトーク ニッポン放送で特別番組". ORICON NEWS. oricon ME. 2022年5月18日. 2022年5月27日閲覧
  100. ^ “一言だけ!「ストレンジャー・シングス」シーズン4ゲスト声優4名が決定”. シネマトゥデイ. (2022年5月26日). https://www.cinematoday.jp/news/N0130323 2022年5月26日閲覧。 
  101. ^ 【乃木坂46】新内眞衣さんがOggi.jpレギュラーモデルになります!”. Oggi.jp. 小学館 (2019年3月7日). 2019年3月10日閲覧。
  102. ^ “乃木坂46新内眞衣、地元・メットライフドームの始球式に「いいんですか新内で」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年7月26日). https://natalie.mu/music/news/292760 2018年7月27日閲覧。 

外部リンク編集