松嶋菜々子

日本の女優、モデル

松嶋 菜々子(まつしま ななこ、1973年〈昭和48年〉10月13日 - )は、日本女優ファッションモデル神奈川県横浜市出身。セブンス・アヴェニュー所属。夫は俳優の反町隆史。2女の母。

まつしま ななこ
松嶋 菜々子
松嶋 菜々子
本名 野口 奈奈子(のぐち ななこ)
(旧姓:松嶋)
生年月日 (1973-10-13) 1973年10月13日(47歳)
出生地 日本の旗 日本 神奈川県横浜市[1]
身長 172 cm
血液型 A型
職業 女優ファッションモデル
ジャンル 映画テレビドラマファッション雑誌
活動期間 1991年 -
活動内容 ViVi専属モデル
配偶者 反町隆史2001年[1] - )
事務所 セブンス・アヴェニュー
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
テレビドラマ
ひまわり[1]
GTO
救命病棟24時』シリーズ
魔女の条件
百年の物語
やまとなでしこ
利家とまつ〜加賀百万石物語〜[1]
美女か野獣
家政婦のミタ
ラッキーセブン
砂の塔〜知りすぎた隣人

映画
恋と花火と観覧車
リング
ホワイトアウト
眉山 - びざん -
犬とあなたの物語 いぬのえいが
藁の楯
テンプレートを表示

略歴

1990年代

2000年代

2010年代

  • 2011年 - 10月スタートのドラマ『家政婦のミタ』(日本テレビ)で2年ぶり(単独主演としては11年ぶり)の連ドラ主演。仕事は完璧にこなすも、無表情で機械的な家政婦を演じ、視聴率は平均視聴率25.2%、最高視聴率は日本のテレビドラマ史上歴代3位タイとなる40.0%という驚異の高視聴率を記録した[1]。このドラマは社会現象となり、困難な実社会で働く女性たちから共感と支持を集め、往年の「奈々子の神通力」を業界に改めて知らしめる結果となった[1]
  • 2012年 - 『ラッキーセブン』(フジテレビ)に2クール連続でドラマ出演(前述の『家政婦のミタ』から引き続き。松嶋の2クール連続出演は14年振り、月9枠の出演は11年振り)。
  • 2015年 - 8月、TBSの終戦70年スペシャルドラマ『レッドクロス〜女たちの赤紙〜』で4年ぶりのドラマ主演[5]

人物

神奈川県横浜市出身。小学生までを横浜市鶴見区で過ごし、その後はデビューまで座間市で過ごした。がいる。小さい頃は目が悪くて、眼鏡を手放せない状態だった。横浜市立矢向小学校相模女子大学中学部・高等部卒業。

高校1年の終わりごろ、モデルにスカウトされ、両親の反対を説得しデビュー。労働省のポスターを手始めにマクドナルドの「てりやきバーガー」のCMのほか、雑誌『ViVi』などで活躍、『なるほど!ザ・ワールド』(フジテレビ)への出演を経て、高校3年の1991年11月、「旭化成 水着マスコットガール」決勝全国大会でキャンペーンガールに選出され1992年度の水着キャンペーンガールを務めた。

この抜擢をきっかけに本格的に芸能界に進出。1995年のCM「アベニール・サリュー」(日産)での「お~ま~た」の台詞とミニスカートの脚線美が話題を呼び、指名の仕事が急増。松下電工のCMでは水野真紀に続く「きれいなおねえさん」に扮して話題となった[6]

歌手のMISIAのファンであり、ドラマやCMでのタイアップが多い。女優の深浦加奈子のことを姉のように慕っていた。運転免許普通自動車普通自動二輪車を所持。

私生活

ドラマ『GTO』で共演した反町とは、『GTO』撮影終了から約1年後の1999年11月に交際がスタートし、2001年2月21日ZEPP TOKYOでのライブ(国内最後のライブとなっている)を終えた後に結婚。2月22日に、反町自身の公式サイトでファンに報告し、フジテレビのスタジオで反町、松嶋2人揃って会見を開いた[7]

出演

テレビドラマ

映画

テレビアニメ

劇場アニメ

プロモーションビデオ

バラエティ

ドキュメンタリー

  • スーパープレミアム「古代エジプト 3人の女王のミステリー」(2017年11月25日、NHK BSプレミアム) - ナビゲーター
  • 古代エジプト 3人の女王のミステリー(2018年3月27日、NHK総合) - ナビゲーター

CM

受賞歴

書籍

  • 松嶋菜々子と行くパリの旅本(2004年、集英社

写真集

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.119.
  2. ^ 番組エピソード 大河ドラマ『利家とまつ〜加賀百万石物語』 - NHKアーカイブス
  3. ^ 松嶋菜々子さん女児出産 ファクスに喜びつづる”. 47NEWS (2004年6月1日). 2012年9月8日閲覧。
  4. ^ 松嶋菜々子さん、二女出産 11月30日”. 47NEWS (2007年12月10日). 2012年9月8日閲覧。
  5. ^ 松嶋菜々子×チーム半沢で終戦70年ドラマ 視聴率40%超えコラボ!”. スポーツ報知 (2015年5月16日). 2015年5月16日閲覧。
  6. ^ 松嶋菜々子”. www.tvdrama-db.com. 2020年5月14日閲覧。
  7. ^ 坂口友香 (20200501T113000+0900). “最強夫婦「反町&松嶋」VS 「木村&工藤」 家庭円満、娘2人…共通する理想の家庭像 〈dot.〉” (日本語). AERA dot. (アエラドット). 2020年5月2日閲覧。
  8. ^ “2019年度前期 連続テレビ小説「なつぞら」キャスト発表!”. NHKドラマトピックス (日本放送協会). (2018年4月26日). http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/1000/296281.html 2020年10月20日閲覧。 
  9. ^ 西島秀俊、松嶋菜々子の夫に!満州で出会い恋に落ちる…”. シネマトゥデイ (2015年7月3日). 2015年7月3日閲覧。
  10. ^ “松嶋菜々子“職場復帰”3年ぶり連ドラ主演 低迷フジ救う!?”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年5月20日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/05/20/kiji/K20160520012620930.html 2016年5月20日閲覧。 
  11. ^ “松嶋菜々子3年ぶり連ドラ主演で「働く女性」に!”. ニュースウォーカー. (2016年5月20日). http://news.walkerplus.com/article/78263/ 2016年5月20日閲覧。 
  12. ^ “松嶋菜々子が山崎豊子作品に初出演 劇中衣装デザイン公募も”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2016年12月12日). http://www.sanspo.com/geino/news/20161212/geo16121210400023-n1.html 2016年12月12日閲覧。 
  13. ^ “織田裕二と松嶋菜々子、17年ぶりに共演キター!揃って「楽しみ」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2017年10月24日). http://www.sanspo.com/geino/news/20171024/geo17102405060006-n1.html 2017年10月24日閲覧。 
  14. ^ “松嶋菜々子:テレ朝ドラマ初主演 一人娘を誘拐された弁護士役で「緊迫感を私なりに演じたい」”. まんたんウェブ. (2018年8月27日). https://mantan-web.jp/article/20180826dog00m200029000c.html 2018年9月13日閲覧。 
  15. ^ “阿部寛「新参者」シリーズ完結へ 最大の謎が明らかに”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2017年6月26日). https://www.cinematoday.jp/news/N0092468 2017年6月26日閲覧。 
  16. ^ “町田くんの世界:実写映画主演に新人2人抜てき 岩田剛典、高畑充希、戸田恵梨香ら豪華キャストも”. まんたんウェブ (MANTAN). (2019年1月22日). https://mantan-web.jp/article/20190121dog00m200049000c.html 2019年1月23日閲覧。 
  17. ^ “『第24回日本ジュエリーベストドレッサー』に剛力彩芽、松嶋菜々子ら選出”. ORICON NEWS (oricon ME). (2013年1月24日). https://www.oricon.co.jp/news/2020967/full/ 2018年4月26日閲覧。 

関連項目

外部リンク