丸川珠代

日本の女性政治家、元アナウンサー (1971-)

丸川 珠代(まるかわ たまよ、本名:大塚 珠代〈旧姓:丸川〉[1]1971年昭和46年〉1月19日 - )は、日本政治家、元テレビ朝日アナウンサー自由民主党所属の参議院議員(3期)、自由民主党参議院幹事長代行。

丸川 珠代
まるかわ たまよ
内閣広報室より公表された肖像
(2018年撮影)
生年月日 (1971-01-19) 1971年1月19日(53歳)
出生地 日本の旗 日本 兵庫県神戸市
出身校 東京大学経済学部経営学科
前職 テレビ朝日アナウンサー
所属政党 自由民主党安倍派→無派閥)
称号 学士経済学東京大学1993年
配偶者 大塚拓衆議院議員
公式サイト 丸川珠代オフィシャルサイト

内閣 菅義偉内閣
在任期間 2021年2月18日 - 2021年10月4日

日本の旗 東京オリンピック競技大会・
東京パラリンピック競技大会担当大臣
内閣 第3次安倍第2次改造内閣
在任期間 2016年8月3日 - 2017年8月3日

内閣 第3次安倍第1次改造内閣
在任期間 2015年10月7日 - 2016年8月3日

選挙区 東京都選挙区
当選回数 3回
在任期間 2007年7月29日 - 現職

その他の職歴
自由民主党広報本部長
(総裁: 菅義偉
2020年 - 2020年
自由民主党参議院幹事長代行
(総裁:岸田文雄
2022年 - 現職)
テンプレートを表示
まるかわ たまよ
丸川 珠代
プロフィール
本名 珠代
国籍 日本の旗 日本
勤務局 テレビ朝日
活動期間 1993年 - 2007年
ジャンル バラエティ、報道番組ほか
出演番組・活動
出演経歴ビートたけしのTVタックル

夫は、自由民主党衆議院議員大塚拓

菅義偉内閣内閣府特命担当大臣男女共同参画)兼国務大臣(東京オリンピック・パラリンピック競技大会担当)第3次安倍第2次改造内閣で国務大臣(東京オリンピック・パラリンピック競技大会担当)、第3次安倍第1次改造内閣環境大臣第22代)及び内閣府特命担当大臣(原子力防災)を務めたほか、厚生労働大臣政務官第2次安倍内閣)、参議院厚生労働委員長、自由民主党広報本部長、参議院北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員長等を歴任した。

来歴

兵庫県神戸市生まれ[1](現住所は東京都品川区東五反田5丁目[2])。神戸大学教育学部附属住吉小学校神戸大学教育学部附属住吉中学校大阪教育大学教育学部附属高等学校池田校舎卒業。1993年3月、東京大学経済学部経営学科卒業。同年4月、テレビ朝日に入社し、同局アナウンサー。2003年6月から2004年5月まで、ニューヨーク支局に駐在していた。

2007年参議院議員選挙

2007年、勉強会で知り合った安倍晋三首相の意向により、第21回参議院議員通常選挙自民党候補者の名に上がる[3]。朝日新聞は5月16日の朝刊で、自民党が参院選東京都選挙区(改選数5、当時)に向け、現職の保坂三蔵に続く2人目の公認候補として丸川を「擁立する」と報じた[4]。同日午前10時半頃、丸川は首相官邸に呼ばれ、安倍首相から改めて出馬要請を受けた[5]。同日付でテレビ朝日を依願退職[6]。5月22日、自民党本部で会見。「この国に生まれてよかった。日本人の美徳を守り続けていかねばいけない」と述べ、正式に出馬表明した[7]

同年7月12日、参院選が公示される。選挙戦では平沢勝栄衆議院議員が選挙対策本部長に就任し、幸福の科学から支援を受けた[8]。東京都選出の党所属の国会議員、都議、区議のほとんどは保坂三蔵の陣営についた。7月16日、新宿区役所に期日前投票に行ったところ、転入後3か月未満で選挙権がなく、投票できなかった[9]。また、安倍首相と多摩川にゴミ拾いに行くと肝心のゴミがなかったことなどが報じられた[10]。しかし選挙ポスターの標語である「日本人でよかった」[11]を街頭演説で涙ながらに語り、男性や若年層の人気を獲得[10]。投開票日の7月29日、得票数4位で初当選した[12][13][13][14]。新人の丸川が当選した一方、3選を目指した党公認の保坂三蔵が次点で落選したため、当選後の恒例である万歳三唱を省略した[13]

当選後の2007年7月、自由民主党女性局長に就任。2008年6月16日明治神宮で、同じ自民党に所属する大塚拓衆議院議員と挙式した[15]6月20日、夫婦揃って清和政策研究会に入会した[要出典]

2012年12月の第46回衆議院議員総選挙後に発足した第2次安倍内閣厚生労働大臣政務官に任命された。

2013年第23回参議院議員通常選挙では、公明党代表山口那津男を上回る得票数トップで再選された[16]2014年9月、参議院厚生労働委員長に就任。

2015年第3次安倍第1次改造内閣環境大臣内閣府特命担当大臣(原子力防災)に任命され、初入閣した[17][18]

2016年8月、内閣改造により環境相・原子力防災担当相を退任し、第3次安倍第2次改造内閣では東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会担当国務大臣に横滑りした[19]2017年8月、退任。

2019年、改選数が6に増えた参院選東京都選挙区でトップで3期目の当選を果たした。

2020年9月、菅義偉新総裁の下で自由民主党広報本部長に就任[20]

五輪相に再任

 
五輪相就任時に内閣総理大臣菅義偉

2021年2月3日、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会会長の森喜朗がJOCの臨時評議員会で女性を蔑視する発言をした[21]。国内外から批判を受けた森は2月12日に辞任。2月18日、橋本聖子内閣府特命担当大臣男女共同参画)兼国務大臣(東京オリンピック・パラリンピック競技大会担当)を辞職し、組織委員会会長に就任。同日、丸川が五輪相に再び就任した[22]

同年4月9日、丸川は男女共同参画担当相として、棚村政行教授らと会い、法曹関係者ら1094人が名前を連ねる選択的夫婦別姓制度の早期実現を求める共同声明を受け取った。丸川は同年1月30日、国会議員有志の連名で、党所属の都道府県議会議長宛てに、選択的夫婦別姓の導入に賛同する意見書を採択しないよう求める文書を郵送しており、制度導入に反対の立場であったが[23]、棚村らに「これまでにないほど、自民党での議論も活発化している」と述べた[24]

同年4月19日、斉木武志衆議院議員が衆議院決算行政監視委員会で、組織委員会が企業に業務委託する際の人件費に関する調査結果を報告。斉木が「組織委員会は95%も中抜きして人材派遣会社に委託している」疑いがあると丸川に質問すると、丸川は「守秘義務で見せてもらえない資料がある」と述べ、担当閣僚でさえ詳細を把握できていない実態が明らかになった[25]

同年4月27日、閣議後の記者会見で、東京オリンピックの医療体制について「医療の現場を預かるのは東京都。こうしたい、ああしたいという声は何も届いてこない」「東京都の考えがまったく聞こえてこないので、非常に懸念している」と述べ、東京都を批判した[26]。同日、小池百合子都知事は「実務的には詰めている。よく聞いていただきたい」と丸川に反論した[27]

同年5月11日、閣議後に記者会見を開催。オリンピック開催の意義を問われ、「このコロナ禍で分断された人々の間に絆を取り戻す大きな意義があると考えている。コロナ禍において東京大会は世界中の人が新たな光を見いだすきっかけになると考えている」と述べた[28]。同日の東京の新型コロナウイルスの新規感染者数は925人と高止まりが続き、大阪府の死亡者数は過去最多となる55人を記録。そのような状況下で精神論に終始する丸川の回答に、「戦時中と同じ」などと批判の声が上がった[29]。5月13日、丸川は参議院内閣委員会で、オリンピックのコロナ対策として、選手や大会関係者に求められる行動管理や感染予防策の実効性を高めるため、「監視員」を置くことを明らかにした[30]。5月14日、閣議後の記者会見で、「監視員」は組織委員会の職員の協力を仰ぐことを明らかにした[31]

同年6月2日、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会尾身茂会長は衆議院厚生労働委員会に出席し、オリンピック開催について、「今の状況で普通は(開催は)ない」「こういう状況の中でいったい何のためにやるのか目的が明らかになっていない」と述べた[32]。6月4日、丸川は閣議後の会見で尾身の発言に反論。「我々はスポーツの持つ力を信じてやってきた。別の地平から見てきた言葉をそのまま言っても、なかなか通じづらいというのが私の実感だ」と見解を述べた[33]

同年6月21日、五輪組織委員会の橋本聖子会長は、観客に対する会場での酒類の販売や提供を検討していることを明らかにした[34]。翌6月22日、丸川は閣議後の記者会見で「大会の性質上、ステークホルダー(利害関係者)の存在があるので、組織委員会としては、そのことを念頭に検討すると思うが、大声を出さない、拍手だけで応援するという観戦スタイルがしっかり貫かれるような形で検討してほしい」と述べた。会場内では、1業種1社のスポンサー契約を結んでいるアサヒビールがビールなどを独占販売できることになっており、丸川は同社の権益に配慮した発言を行った[35][36]。同日、東京新聞はアサヒビールに取材。同社は「正式発表があったわけではないので、コメントする立場にない」と答えた[37]。 同日、五輪組織委員会は一転して、会場での酒類の販売を見送る方針を固めた[38]

同年6月24日、宮内庁西村泰彦長官は定例記者会見で「天皇陛下は現下の新型コロナウイルス感染症の感染状況を大変心配されている。国民に不安の声がある中で、開催が感染拡大につながらないか、懸念されていると拝察している」と述べた[39]。翌6月25日、丸川は閣議後の記者会見で「長官ご自身の考えを述べられたものと承知している」との見解を示した[40]

同年6月26日、五輪組織委員会は大会ボランティア約7万人全員について、ワクチン接種の見通しが立ったと発表した。1回目の接種は6月30日~7月3日に行い、2回目は7月31日~8月11日に行われるとされる[41]。6月29日、丸川は閣議後に記者会見を開催。ボランティア7万人接種について、記者から「2回目の接種が大会開始までに間に合わないのでは」と問われると、「そもそもワクチン接種を前提としないで大会準備を進めている」と回答。さらに「1回目の接種でまず一時的な免疫をつけていただきたい」と述べた。6月20日に1回目のワクチン接種を受けていたにもかかわらず、28日に新型コロナ陽性が判明した額賀福志郎衆議院議員などの例があることから[42]、丸川の発言に対し「人命軽視」「非科学的」「一時的な免疫とはどういうことか」などの批判が殺到した[43][44][45]。同日夕方、内閣官房は、「一時的」は「一次的」の意味だったという趣旨の説明を行った[43]

厚生労働省のホームページには、モデルナ社のワクチンもファイザー社のワクチンも「2回の接種が必要」と明記されており、1回目の接種で「一次的免疫」ができるなどという記述はどこにもない。また、東北大学病院感染管理室の徳田浩一室長も「そういう用語を、私は聞いたことがない」と発言。「一次的免疫」が丸川の造語であることが明らかとされるとともに、長崎大学感染症共同研究拠点の安田二朗教授から「6月中旬から始めていれば、開幕までに2回打って、免疫もできたはずだ」と批判の声が上がった[46]

同年7月14日、組織委員会は、オリンピック・パラリンピックの開会式と閉会式の「式典コンセプト」を発表。開会式の作曲担当者は小山田圭吾徳澤青弦原摩利彦、景井雅之の4名とされた[47][48]。翌7月15日に各メディアで報じられると[47]、『ROCKIN'ON JAPAN』1994年1月号と1995年7月1日発売の『クイック・ジャパン』第3号における小山田のインタビュー内容がインターネット上で拡散される。小山田は小学生時代から多年にわたり障害者の児童生徒に対していじめ、虐待、暴行を行ったと告白しており、批判が相次いだ[49]。7月16日、丸川は閣議後の記者会見で「人選がふさわしかったのか」と質問を受けると、「まだ報道を確認していないので、報道を確認させていただきたい」と答えた[50]。17日から18日にかけて、『オブザーバー』やAP通信など多くの海外メディアが小山田の発言を詳細に報じ[51]、19日、小山田は官邸が主導する形で、辞任に追い込まれた[52]

同年7月30日、首相官邸で午前10時に始まった閣議に5分ほど遅刻した。閣議は7分遅れで始まった[53]。丸川は閣議後の記者会見で遅刻の理由を問われ、「高速の入り口がオリンピック対応で封鎖され、途中、渋滞していた。さらにもう1カ所の入り口を目指したが、そこも封鎖されていて遅れた」と説明した。首都高速道路は東京五輪の開催に伴い、この日の午前、30カ所以上の首都高の入り口を閉鎖していた[54]

同年8月10日の閣議後の記者会見で、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長が8月9日に東京・銀座を訪れたことについて、丸川は「不要不急かどうかは本人が判断すべきだ」と述べた[55]。東京都では7月12日から8月22日まで緊急事態宣言が発令されており[56]、8月5日には東京都で過去最多となる5042人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されており[57]、新型コロナウイルスの感染対策をまとめた規則集「プレーブック」では選手や大会関係者が観光することを禁止していた状況下でのトーマス・バッハ会長の銀座観光だった[55]

同年8月16日、政府、東京都、大会組織委員会、国際パラリンピック委員会(IPC)の4者協議が行われ、パラリンピックは原則無観客での開催が決まった[58]。丸川は協議後の記者会見でワクチンの接種率について問われた際、「把握していない」と回答した[59]

2023年4月7日、自民党は丸川を衆議院東京7区の選挙区支部長予定者とすることを決めた。次期衆院選において衆議院にくら替えして出馬する予定[60]

2024年1月12日、自民党5派閥の政治資金パーティーの裏金問題をめぐり、2018年 - 2022年の5年間で丸川が清和政策研究会(安倍派)のパーティー券の販売ノルマを超えて集めた分700万円を「中抜き」し、派閥側に納入しなかったことが明らかとされた[61]

政策・主張

憲法問題
防衛問題
選択的夫婦別姓
  • 丸川は結婚後の姓である「大塚」ではなく、旧姓の「丸川」を用いて公務を行っているが[1]、2021年1月30日、自民党国会議員有志とともに、47都道府県議会議長のうち同党所属の約40人に、選択的夫婦別姓の導入に賛同する意見書を採択しないよう求める文書を郵送した。地方議員や市民団体は、地方議会の独立性を脅かす行為だとして丸川らを批判した[23][64][65][66][67]
  • 2021年2月18日、丸川は橋本聖子の後任として、東京五輪大臣と男女共同参画担当大臣に就任。2月24日、上記文書を郵送した経緯を記者から問われると「私個人の信念だ」と説明した。オリンピックはその憲章においてジェンダー平等をうたっており、そのため丸川は同日の衆議院内閣委員会で野党議員から、個人の信念と閣僚としての職責の矛盾を追及された。丸川は「国民が深い議論をするような環境を後押ししていくことが、私の役目だ」と答弁した[68][69]
LBGT差別問題
  • 2021年3月19日、加藤勝信官房長官は記者会見で「LGBTの人々は社会生活のさまざまな場面で課題が生じている」と指摘し、その上で「各府省庁が責任を持って協力・連携して進めていくことが重要だ」と述べたが、丸川珠代男女共同参画担当相は同日の閣議後会見で、同性婚を認めないのは憲法に反するとの札幌地裁の判断について問われ、「LGBTに対する差別は私の所管ではない。厚生労働省だと聞いている」と、加藤の会見と矛盾する内容を述べた[70]。なお、丸川は国務大臣(東京オリンピック・パラリンピック競技大会担当)も兼任しているが、オリンピック憲章ではLGBT差別が禁じられており[71]、2018年10月には東京都が「東京都オリンピック憲章にうたわれる人権尊重の理念の実現を目指す条例」を議会にて可決施行し、LGBTQの人たちへの差別を禁止した状況下での発言であった[72]
その他
  • 首相や閣僚靖国神社への参拝に賛成[62]
  • 村山談話河野談話の見直しについて、見直すべきか否かは「分からない」としている[62]
  • 企業側が金銭を払えば労働者を解雇しやすくする、解雇規制の緩和に反対[62]
  • 死刑制度に賛成[62]
  • 女性天皇、女系天皇、女性宮家の創設などについてはすべて「反対」[63]

人物

  • クイズプレゼンバラエティー Qさま!!(2007年5月21日放送)では丸川も出演者の一人だったが、参院選出馬が報じられた後だったため、オンエアでは丸川が映っているシーンはカットされていた[73]
  • 丸川を含む参議院自民党の議員の議会におけるヤジがたびたびメディアで報じられ、伊吹文明から苦言を呈された[74]
  • 2010年3月25日参議院厚生労働委員会民主党鳩山由紀夫内閣の主導により平成二十二年度等における子ども手当の支給に関する法律(子ども手当法)案が強行採決された際、厚生労働委員長の柳田稔に対し「この愚か者めが!」「このくだらん選択をしたばか者どもを絶対忘れん!」と委員会室でやじを飛ばした[75][76]。自民党は同年5月20日、「この愚か者めが」をデザインしたTシャツを発売した[77]。安倍晋三は、丸川が再選を目指した2013年の参院選の公示日に「『この愚か者めが!』『ルーピー!』発言で注目を浴びた丸川珠代さん、出陣です」とツイートした[78]2023年1月、採決当時、厚労相であった長妻昭が少子化対策について質疑を行った際、丸川の発言を批判し、総理大臣の岸田文雄は「議論を行う際の態度、発言等において、節度を超えていたのではないか。こういったご指摘については、謙虚に受け止め、反省すべきものは反省しなければならない」と答弁した。その後、丸川は「ヤジについては、総理のご発言を真摯に受け止め、反省すべきは反省したい」と述べた[79]
  • 2010年5月21日、民主党政権下で野党議員として参議院本会議において鳩山由紀夫内閣総理大臣(当時)に対して「ルーピー」と野次を飛ばした[80]
    • 鳩山は2021年4月28日にtwitterで「丸川五輪相、組織委員会が看護師5百人の確保を要請したことに、他人事のような返答をされましたね。コロナで看護師不足が深刻な状況で五輪に回せる訳がないのではないですか」と批判し、「五輪か人の命かどちらが優先か、ルーピーでないならお分かりでしょう」と皮肉った[81]
  • 参院議員在職中の2012年6月26日に第1子の長男を出産した[82]
  • 自民党は2014年から「120万党員獲得運動」を始め、所属全議員に新規と継続を合わせた党員を1千人以上集めるよう指示し、達成しなければ不足1人につき2千円の罰金を命じていたが、丸川は2016年2人の獲得に留まった[83]
  • 2017年2月、第2代サイバーセキュリティ担当大臣(サイバーセキュリティ戦略本部に関する事務を担当する国務大臣)在任中に自身の公式サイトが改竄される被害を受けた[84]

不祥事

選挙権がないまま参院選に立候補

2007年7月16日期日前投票をするために新宿区役所を訪れたが、丸川は選挙人名簿に登録されておらず、同区における選挙権を有していなかった。さらに、2004年アメリカ合衆国から帰国して以来、6回の国政・地方選挙でまったく投票に行っていなかった。さらに住民税の未納疑惑も取り沙汰されたが、丸川事務所によれば給与支払者(テレビ朝日)から特別徴収はされており、居住の実態があるため、住民税は新宿区に納付されていた[85][86]

人材派遣会社広告記事への登場

2013年2月25日付の日本経済新聞に掲載された人材派遣会社ヒューマントラストの広告に、厚生労働大臣政務官在任中ながら登場した(広告の内容は丸川・阪本美貴子ヒューマントラスト社長の対談)。その広告において「日雇い派遣の原則禁止は見直すべき」と発言し、3月15日衆議院厚生労働委員会で「見直しは省の見解」と答弁したが、禁止規定自体が2012年10月に労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の就業条件の整備等に関する法律で施行されたばかりであり、厚労省内でも具体的な検討はなされていなかった。丸川のこれらの発言に対し、民主党議員が「厚生労働省の公式見解か」「自民党も禁止に賛成したのにおかしい」と追及し、丸川も「個人的見解。議論をしてほしいというのが厚労省としての見解」と述べ、発言を事実上撤回した[87]3月28日参議院厚生労働委員会で、「以後は誤解を招くことのないようにしたい」「派遣労働者に失礼に当たる点があると認識している」と陳謝した[88]。この問題を受け、厚生労働委員会は理事会で、丸川に答弁をさせない「謹慎扱い」を全会一致で決定した[89]6月25日、参議院 厚生労働委員会民主・社民みんな3党が提出した丸川政務官に対する問責決議が、日本共産党も加わった4党の賛成により全会一致(自由民主党及び公明党は欠席)により可決された[90]

福島第一原発事故後の除染等の長期目標に関する失言

環境相在任中の2016年2月7日長野県松本市で行った講演において、東京電力福島第一原発事故後に当時の細野豪志環境大臣の下で定められた除染の長期目標について、「『反放射能派』と言うと変ですが、どれだけ(線量を)下げても心配だという人は世の中にいる。そういう人たちが騒いだ中で、何の科学的根拠もなく時の環境相が決めた」と発言した[91]
この発言は、原発事故が発生した当時の内閣官房長官だった枝野幸男や、福島4区選出の衆議院議員である小熊慎司南相馬市長の桜井勝延らの批判を受け[92]衆議院予算委員会で当の細野豪志から追及を受けた際は発言の撤回を拒否していた[92] が、2月12日に開いた緊急の記者会見で「(原発事故被災者に)心からおわび申し上げる」と述べ、撤回した[91]。発言は撤回する一方で、「福島のみなさまの思いに応えることが大事だ。引き続き職責を果たしてまいりたい」と述べ、閣僚辞任は否定した[91]。なお除染等の長期目標である「年間1mSv以下」の数値は、人工放射線による一般人の年間追加被曝限度を「1mSv/年」とした国際放射線防護委員会(ICRP)の勧告に基づいて定められたものである[91]

事実誤認発言

2015年7月13日放映の自民党のネット番組「カフェスタ」に丸川は安倍首相とともに出演。丸川は「忘れてならないといえば、あの世界一周の旅行のピースボート。あのピースボートに乗っていたのは、民主党の辻元清美議員でございますが、あのピースボートは、海賊が出る海域を通るときにたしか、自衛隊に護衛してくれって頼んで、自衛隊に守ってもらったんですよね」と発言。これを受けて安倍も「海賊対処のための法案を出したときも、民主党は反対でした。しかし実際にいざ危なくなると、助けてくれと、こういうことなんだろうなと思いますね」と述べた[93]

辻本清美は丸川の発言に対し「乗船もしていないし、指示もしていない」と抗議。7月14日、丸川は辻元を訪ね、直接謝罪した。自民党の馳浩広報本部長も7月15日までに詫び状を提出。「カフェスタ」の丸川・安倍出演の回は同日までに削除された[94]

国会中に居眠り

2022年1月の参院本会議の最中に居眠りをしていたことが、FNNプライムオンラインで報道された[95]。同年11月にもFLASHが参院本会議の最中の居眠りを報じた[96]

政治資金パーティー収入の裏金問題

2023年12月1日、朝日新聞が、自民党5派閥が開いた政治資金パーティーをめぐる問題で、安倍派が、所属議員が販売ノルマを超えて集めた分の収入を裏金として議員側にキックバックする運用を組織的に続けてきた疑いがあるとスクープした[97]。安倍派は2018~2022年に毎年1回パーティーを開き、計6億5884万円の収入を政治資金収支報告書に記載している[98]。一方、収入・支出のいずれにも記載していない裏金の総額は直近5年間で1億円を超えるとされ(のちに5億円に修正[99])、共同通信は「実際のパーティー収入は少なくとも8億円前後に膨らむ可能性がある」と報じた[100]。清和政策研究会の政治資金収支報告書の記載内容は下記のとおり[注 1]

清和政策研究会
年月日 パーティー名 会場 収入 購入者数 出典
2018年5月22日 清和政策研究会との懇親の集い 東京プリンスホテル 2億802万円 7,021人 [106]
2019年5月21日 清和政策研究会との懇親の集い 東京プリンスホテル 1億5338万円 5,177人 [107]
2020年9月28日 清和政策研究会との懇親の集い 東京プリンスホテル 1億262万円 3,464人 [108]
2021年12月6日 清和政策研究会との懇親の集い 東京プリンスホテル 1億2万円 3,376人 [109]
2022年5月17日 清和政策研究会との懇親の集い 東京プリンスホテル 9480万円 3,200人 [101]
(合計) 6億5884万円

パーティー券は通常1枚2万円であるため、販売枚数が推計できるが、枚数に対する購入者の比率は2018年から2022年にかけてすべて「0.675」で統一されている。日本大学名誉教授の岩井奉信は「絶対にあり得ない」とし、安倍派は政治資金収支報告書に架空の購入者数を記入したとみられる[110][111]

同年12月22日、安倍派においては、議員側の「中抜き」を含む3つのパターンで裏金づくりを行っていたことが関係者の証言により明らかとなった[112][注 2]。12月25日、安倍派では少なくとも参議院議員選挙があった2019年と2022年に開いたパーティーについて、改選となる参議院議員に販売ノルマを設けず、集めた収入を全額キックバックしていたことが報道により明らかとなった[115][注 3]

2024年1月12日、丸川が直近5年間でパーティー券の販売ノルマを超えて集めた分700万円を「中抜き」し、派閥側に納入しなかったことが明らかとされた[61]。ネット上では「丸川珠代」などの関連ワードがトレンド入りし、丸川が2010年に国会で発した「この愚か者めが」[75]の言葉がX(旧ツイッター)にあふれた[117][118]

所属団体・議員連盟

支援団体

アナウンサー時代の出演番組

同期アナウンサー

脚注

注釈

  1. ^ 2023年11月24日、総務省は2022年分の政治資金収支報告書を公表。自民党5派閥がそれぞれ同年に開催した政治資金パーティーの収入額もあわせて公表された。金額は清和政策研究会(安倍派)が9480万円、志帥会(二階派)が1億8845万円、平成研究会(茂木派)が1億8142万円、志公会(麻生派)が2億3331万円、宏池政策研究会(岸田派)が1億8328万円。安倍派はパーティ開催時で所属国会議員98人を有する最大派閥であるにもかかわず収入の金額が著しく低いことが明らかとなった[101][102][103][104][105]
  2. ^ 安倍派における裏金づくりの3つの手法の詳細は以下のとおり[112][113][114]
    (1)支援者は派閥の口座に直接代金を振り込み、派閥側はノルマ超過分を議員に還流(キックバック)する。
    (2)支援者は頼まれた議員の口座に代金を振り込み、議員は振り込まれたパーティー券代のうち、ノルマ分だけを派閥に納めて「中抜き」し、残った分は手元にプールし事実上の還流とする。
    (3)支援者は頼まれた議員の口座に代金を振り込み、議員はその全額を派閥に納め、派閥側はノルマ超過分を議員に還流する。
  3. ^ 2019年改選時の安倍派所属の参議院議員と2022年改選時の同所属の参議院議員のそれぞれの内訳は下記のとおり(当選回数順)。詳細不詳の井上義行についてはその他とした。2020年8月入会の吉川有美(2019年改選)[116]と2023年4月入会の片山さつき(2022年改選)は含めていない。
    2019年改選
    橋本聖子世耕弘成衛藤晟一北村経夫西田昌司古川俊治、丸川珠代、宮本周司森まさこ赤池誠章石井正弘石田昌宏太田房江大野泰正酒井庸行滝波宏文長峯誠羽生田俊堀井巌
    2022年改選
    山崎正昭岡田直樹末松信介野上浩太郎山谷えり子山本順三上野通子江島潔長谷川岳佐藤啓松川るい山田宏
    その他
    井上義行

出典

  1. ^ a b c 丸川 珠代(まるかわ たまよ)”. 参議院. 2021年6月4日閲覧。
  2. ^ 政治資金収支報告書 自由民主党本部(4/11)(令和4年分 定期公表)”. 総務省 (2023年11月24日). 2023年12月20日閲覧。
  3. ^ “新閣僚の横顔 五輪相・丸川珠代氏”. 日本経済新聞. (2021年2月18日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQODE1866W0Y1A210C2000000/ 2021年8月16日閲覧。 
  4. ^ 『朝日新聞』2007年5月16日付朝刊、2社会、34面、「参院選、自民『カオ』頼み Jリーガー」・三浦和良氏、テレ朝アナ・丸川珠代氏」。
  5. ^ 『朝日新聞』2007年5月17日付朝刊、政治、4面、「首相動静 16日」。
  6. ^ “「あの笑わないアナウンサー」 参院出馬「不思議じゃない」”. J-CASTニュース. (2007年5月16日). https://www.j-cast.com/2007/05/16007660.html 2021年4月29日閲覧。 
  7. ^ 『朝日新聞』2007年5月23日付朝刊、東京都心、31面、「(07参院選@東京) 自民からの出馬、丸川氏正式表明 /東京都」。
  8. ^ 政界めざす「幸福の科学」が森田健作らを支援”. FACTA online. ファクタ出版. 2015年11月27日閲覧。
  9. ^ 『朝日新聞』2007年7月17日付朝刊、東京西部、27面、「選挙権ない...自民・丸川氏うっかり 転入届出し忘れ 参院選立候補 /東京都」。
  10. ^ a b 「選挙権なくても運はあった 『嫌われ丸川珠代の一生』 参院選ワイド・美しいケジメ」 『週刊朝日』2007年8月10日号、138頁。
  11. ^ 武田砂鉄能町みね子「逃げ足オリンピックは終わらない」 『文學界』2021年9月号、130頁。
  12. ^ “東京選挙区、元アナウンサーの自民・丸川氏が初当選”. 読売新聞. (2007年7月29日). オリジナルの2008年6月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080611122348/http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin2007/news/20070729i418.htm 2017年1月2日閲覧。 
  13. ^ a b c “丸川珠代氏当選も笑顔なし万歳も自粛”. 朝日新聞. (2007年7月30日). https://www.asahi.com/senkyo2007/nikkan/NIK200707300014.html 2017年1月2日閲覧。 
  14. ^ “丸川氏が最下位当選お願い「5番目でも」”. 朝日新聞. (2007年7月13日). https://www.asahi.com/senkyo2007/nikkan/NIK200707130006.html 2017年1月2日閲覧。 
  15. ^ “丸川珠代「KY婚」に小泉“下ネタ”ジョークも 会期中、宮城内陸地震直後なのに…”. 夕刊フジ. (2008年6月17日). http://www.zakzak.co.jp/gei/2008_06/g2008061701_all.html 2008年6月17日閲覧。 
  16. ^ “自民・丸川氏が再選、公明・山口氏は3選”. 読売新聞. (2012年6月27日). http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/2013/news/20130721-OYT1T00586.htm 2012年6月27日閲覧。 
  17. ^ “安倍首相「未来へ挑戦する内閣」 1億総活躍で行程表も策定 「少子高齢化…課題にチャレンジする」”. 産経新聞. (2015年10月7日). https://www.sankei.com/article/20151008-CG6DFLAAYBIITHQR66MU7SZVGU/2/ 2017年1月2日閲覧。 
  18. ^ “第3次安倍改造内閣の閣僚名簿発表 初入閣・留任が9人ずつ”. 日本経済新聞. (2015年10月7日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS07H2E_X01C15A0000000/ 2017年1月2日閲覧。 
  19. ^ “内閣改造:五輪担当相に丸川環境相 顔ぶれ固まる ”. 毎日新聞. (2016年8月3日). http://mainichi.jp/sportsspecial/articles/20160803/k00/00e/010/174000c 2017年1月2日閲覧。 
  20. ^ “菅自民執行部が発足 総裁選で支持受けた5派閥に5ポスト”. 毎日新聞. (2020年9月15日). https://mainichi.jp/articles/20200915/k00/00m/010/334000c.amp 2020年9月22日閲覧。 
  21. ^ 「女性がたくさん入っている会議は時間かかる」森喜朗氏”. 朝日新聞 (2021年2月3日). 2021年2月3日閲覧。
  22. ^ “橋本五輪相の後任に丸川珠代氏”. NHK. (2021年2月18日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210218/k10012874161000.html 2021年4月27日閲覧。 
  23. ^ a b 【全文】夫婦別姓反対を求める丸川大臣ら自民議員の文書、議員50人の一覧”. 東京新聞 TOKYO Web (2021年2月25日). 2021年2月25日閲覧。
  24. ^ “夫婦別姓実現で丸川氏に要請 法曹関係者”. 時事通信. (2021年4月9日). https://web.archive.org/web/20210427062803/https://www.jiji.com/jc/article?k=2021040900935 2021年4月27日閲覧。 
  25. ^ 高橋祐貴 (2021年4月9日). “見えない予算 「守秘義務で…」五輪担当相、人件費詳細把握できず”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20210419/k00/00m/010/228000c 2021年4月27日閲覧。 
  26. ^ 松本晃 (2021年4月27日). “丸川氏「東京都の考えがまったく聞こえない」五輪医療体制で苦言”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20210427/k00/00m/050/069000c 2021年4月27日閲覧。 
  27. ^ “小池知事「よく聞いていただきたい」丸川五輪相に反論”. 東京新聞. (2021年4月27日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/100856 2021年4月28日閲覧。 
  28. ^ “丸川珠代五輪相、五輪開催で「分断された絆を取り戻す」 池江への五輪辞退要請は「許されない」”. スポーツ報知. (2021年5月11日). https://hochi.news/articles/20210511-OHT1T51025.html 2021年5月12日閲覧。 
  29. ^ “丸川大臣「五輪で絆を取り戻す」発言に“戦時中と同じ”と戦慄の声”. 女性自身. (2021年5月12日). https://jisin.jp/domestic/1979095/ 2021年5月12日閲覧。 
  30. ^ “五輪での行動管理に「監視員」 コロナ対策徹底へ、丸川五輪相”. 共同通信. (2021年5月13日). https://web.archive.org/web/20210513115532/https://this.kiji.is/765542991094218752 2021年5月14日閲覧。 
  31. ^ “五輪合宿断念、45自治体に 選手村「監視員」は組織委職員で”. 共同通信. (2021年5月14日). https://web.archive.org/web/20210514014114/https://this.kiji.is/765750859411767296 2021年5月14日閲覧。 
  32. ^ “五輪「何のためにやるか明らかでない」 尾身氏、政府に説明求める”. 毎日新聞. (2021年6月2日). https://mainichi.jp/articles/20210602/k00/00m/010/127000c 2021年6月4日閲覧。 
  33. ^ “丸川五輪相「通じづらいというのが私の実感」尾身会長発言に見解”. 日刊スポーツ. (2021年6月4日). https://www.nikkansports.com/olympic/tokyo2020/news/202106040000275.html 2021年6月4日閲覧。 
  34. ^ “東京五輪会場での酒類の販売や提供を検討 大会組織委”. NHK. (2021年6月22日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210622/k10013097401000.html 2021年6月23日閲覧。 
  35. ^ “丸川五輪相 五輪会場での酒類販売容認、スポンサーへの配慮も「ステークホルダーの存在がある”. 東京新聞. (2021年6月22日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/112059 2021年6月23日閲覧。 
  36. ^ “五輪会場内での飲酒禁止に 持ち込み含め 批判相次ぎ提供断念”. 毎日新聞. (2021年6月23日). https://mainichi.jp/articles/20210623/k00/00m/040/059000c 2021年6月23日閲覧。 
  37. ^ “販売契約のアサヒビール「コメントする立場にない」 五輪会場、酒類販売容認で調整”. 東京新聞. (2021年6月22日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/112088 2021年6月23日閲覧。 
  38. ^ “五輪会場、酒類の販売を一転見送りへ”. 共同通信. (2021年6月22日). https://web.archive.org/web/20210622135611/https://nordot.app/780055399012384768 2021年6月23日閲覧。 
  39. ^ “陛下、五輪で感染拡大を懸念 宮内庁長官が「拝察」”. 東京新聞. (2021年6月24日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/112507 2021年7月1日閲覧。 
  40. ^ 倉沢仁志、松本晃 (2021年6月25日). “丸川氏「宮内庁長官ご自身の考え」 五輪懸念「拝察」発言巡り”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20210625/k00/00m/010/090000c 2021年7月1日閲覧。 
  41. ^ “ボランティア7万人、ワクチン接種見通し 東京五輪・パラ”. 朝日新聞. (2021年6月27日). https://www.asahi.com/articles/DA3S14953191.html 2021年6月30日閲覧。 
  42. ^ “自民・額賀氏がコロナに感染 ワクチンの接種後に判明”. 朝日新聞. (2021年6月29日). https://www.asahi.com/articles/ASP6Y3VHVP6YUTFK004.html 2021年6月30日閲覧。 
  43. ^ a b “丸川五輪相“1回目接種で免疫を”発言に「人命軽視」と批判殺到”. 女性自身. (2021年6月30日). https://jisin.jp/domestic/1995460/ 2021年6月30日閲覧。 
  44. ^ 上東麻子 (2021年7月1日). “丸川五輪相「1回目の接種で1次的な免疫」 ぞんざいな発言に批判”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20210630/k00/00m/040/237000c 2021年7月1日閲覧。 
  45. ^ “丸川珠代五輪相 また“トンデモ発言” ワクチン接種「ボランティアは1回で一時的な免疫を」”. スポーツニッポン. (2021年6月30日). https://www.sponichi.co.jp/society/news/2021/06/30/kiji/20210630s00042000140000c.html 2021年6月30日閲覧。 
  46. ^ 古川雅和 (2021年7月2日). “厚労省も使わない…丸川五輪担当相の「一次的な免疫」発言に批判殺到 2回目接種は必要ないの?”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/114149 2021年7月2日閲覧。 
  47. ^ a b “五輪パラ開閉会式、共通コンセプト&クリエイティブチームのメンバーなど発表”. 北國新聞. (2021年7月15日). https://www.hokkoku.co.jp/articles/-/469559 2021年7月20日閲覧。 
  48. ^ 東京2020大会開閉会式4式典共通コンセプトならびに東京2020オリンピック開閉会式コンセプトを発表”. 東京2020オリンピック競技大会公式ウェブサイト (2021年7月14日). 2021年7月20日閲覧。
  49. ^ “小山田圭吾さん 東京五輪作曲陣から辞任の意向 大会関係者”. NHK. (2021年7月19日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210719/k10013148301000.html 2021年7月19日閲覧。 
  50. ^ “小山田圭吾の起用の是非について丸川五輪相「まだ報道を確認していない」”. Abema Times. (2021年7月16日). https://times.abema.tv/news-article/8666660 2021年7月19日閲覧。 
  51. ^ 日高奈緒 (2021年7月19日). “小山田さんのいじめ問題 海外メディアも相次いで詳報”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASP7M6HX4P7MUHBI02B.html 2021年7月19日閲覧。 
  52. ^ “五輪直前…小山田氏が辞任の意向背景は”. 日本テレビ. (2021年7月19日). https://news.ntv.co.jp/category/politics/908679 2021年7月19日閲覧。 
  53. ^ “丸川五輪相、閣議に遅刻「五輪で渋滞」と釈明”. 東京新聞. (2021年7月30日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/120554 2021年8月1日閲覧。 
  54. ^ 小泉浩樹 (2021年7月30日). “丸川五輪相が閣議に遅刻「高速が封鎖され渋滞していた」”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASP7Z4FHGP7ZULFA011.html 2021年8月1日閲覧。 
  55. ^ a b バッハ氏の銀座散策 丸川五輪相「不要不急かは本人が判断すべきだ」”. 毎日新聞. 2021年8月10日閲覧。
  56. ^ 東京都に緊急事態宣言 12日から適用 酒類提供を停止”. 日本経済新聞 (2021年7月10日). 2021年8月10日閲覧。
  57. ^ 日本放送協会. “東京都 新型コロナ 過去最多の5042人感染確認 5000人超は初”. NHKニュース. 2021年8月10日閲覧。
  58. ^ 村上正 (2021年8月16日). “パラリンピックは原則無観客 学校観戦は認める 4者協議で決定”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20210816/k00/00m/050/136000c 2021年8月17日閲覧。 
  59. ^ 原田遼、原昌志、飯田樹与 (2021年8月17日). “丸川五輪相はワクチン接種率「把握してない」 都は入院確約できない これで東京パラ大丈夫?”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/124826 2021年8月17日閲覧。 
  60. ^ “丸川珠代参院議員が衆院東京7区から次期衆院選出馬へ 自民党会議で選挙区支部長予定者に”. 日刊スポーツ. (2023年4月7日). https://www.nikkansports.com/m/general/nikkan/news/amp/202304070000665.html 2023年4月8日閲覧。 
  61. ^ a b 【独自】安倍派で複数の閣僚経験者が「中抜き」か 自民党「裏金」事件”. TBS (2024年1月12日). 2024年1月12日閲覧。
  62. ^ a b c d e f g “2013 参院選 選挙区 東京 丸川 珠代”. 毎日新聞. http://senkyo.mainichi.jp/2013san/kaihyo_area_meikan.html?mid=B13000009001 2017年1月2日閲覧。 
  63. ^ a b 朝日・東大谷口研究室共同調査”. 朝日新聞 (2019年). 2019年7月8日閲覧。
  64. ^ “全国40議長に別姓反対文書 自民・丸川氏、高市氏ら閣僚経験者も連名”. 東京新聞. (2021年2月25日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/88139 2021年3月2日閲覧。 
  65. ^ 飯田樹与 (2021年2月25日). “夫婦別姓反対を求める丸川担当相らの文書 「地方の意思決定を無視、失礼だ」埼玉県議長が不快感”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/88152 2021年3月2日閲覧。 
  66. ^ “丸川大臣「残念すぎる」選択的夫婦別姓、反対議員50人へ質問状 市民団体”. 東京新聞. (2021年2月27日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/88547 2021年3月2日閲覧。 
  67. ^ 奥野斐 (2021年4月1日). “選択的夫婦別姓 自民議員が反対派に思うこと「理解不足と差別思想を感じた」”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/94526 2021年4月7日閲覧。 
  68. ^ “日本の男女共同参画担当大臣、選択的夫婦別姓に反対”. BBC News. (2021年2月27日). https://www.bbc.com/japanese/56220551 2021年7月2日閲覧。 
  69. ^ McCurry, Justin (2021年2月26日). “Japan women's minister opposes plan to allow keeping of birth names”. The Guardian. https://www.theguardian.com/world/2021/feb/26/japan-minister-opposes-move-to-allow-women-to-keep-maiden-names 2021年7月2日閲覧。 
  70. ^ 加藤官房長官「LGBT対応、省庁横断で」 丸川担当相「所管ではない」発言に:時事ドットコム”. 時事ドットコム. 2021年8月25日閲覧。
  71. ^ オリンピック憲章2019年度版”. 2021年8月25日閲覧。
  72. ^ 東京都総務局人権部 じんけんのとびら”. 東京都総務局人権部 じんけんのとびら. 2021年8月25日閲覧。
  73. ^ “丸川出馬でテレ朝社長困惑「個人的感想いっぱいある」”. 夕刊フジ. (2007年5月23日). http://www.zakzak.co.jp/gei/2007_05/g2007052301.html 2015年11月27日閲覧。 
  74. ^ 菅首相が閉口する“ヤジ将軍”ウラに控えるのはあの元首相”. 週刊文春WEB. 文藝春秋 (2010年12月16日). 2015年5月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月27日閲覧。
  75. ^ a b 内閣改造 丸川珠代大臣「愚か者め」女王様キャラに注目”. 週刊朝日. 朝日新聞社 (2015年10月14日). 2017年1月2日閲覧。
  76. ^ 曽田晋太郎 (2023年2月1日). “丸川珠代氏「愚か者めが」発言を反省 子ども手当に強硬に反対した自民党…首相は「過去の反省」語らず”. 東京新聞. 2023年2月1日閲覧。
  77. ^ “丸川氏の「この愚か者めが」Tシャツ試作品完成”. スポーツ報知. オリジナルの2010年5月22日時点におけるアーカイブ。. https://megalodon.jp/2010-0522-1720-56/hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20100521-OHT1T00057.htm 2010年5月21日閲覧。 
  78. ^ 安倍晋三 Twitter 2013年7月4日 午後4:56”. 2023年2月1日閲覧。
  79. ^ 「愚か者めが、このくだらん選択をしたバカ者ども絶対忘れん」丸川珠代議員が過去のヤジ「反省」 民主党政権期の子ども手当法案の採決 | TBS NEWS DIG (1ページ)”. TBS NEWS DIG (2023年1月31日). 2024年2月1日閲覧。
  80. ^ “首相に「ルーピー」のヤジは自民・丸川珠代氏 与党から「失礼だ」「出て行け」の声も”. 産経新聞. (2010年5月21日). オリジナルの2010年5月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100524144856/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100521/plc1005211302009-n1.htm 2015年11月27日閲覧。 
  81. ^ 鳩山由紀夫氏、丸川五輪相に“ルーピー返し”「五輪か人の命かどちらが優先か、お分かりでしょう」”. スポーツ報知 (2021年4月28日). 2022年8月3日閲覧。
  82. ^ “丸川珠代議員が第1子の男児出産”. 日刊スポーツ. (2012年6月27日). オリジナルの2012年6月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120629034706/http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp3-20120627-973830.html 2012年6月27日閲覧。 
  83. ^ 丸川珠代氏わずか2人! 昨年の党員獲得数、産経ニュース、2017年7月8日
  84. ^ 丸川大臣HP、改ざんされる 同様の被害450以上、朝日新聞、2017年2月7日
  85. ^ “丸川氏、過去の投票「すっぽかし」”. 朝日新聞. (2007年7月18日). https://www.asahi.com/senkyo2007/nikkan/NIK200707180006.html 2021年8月16日閲覧。 
  86. ^ “丸川氏仰天!選挙権がなかった”. 朝日新聞. (2007年7月17日). https://www.asahi.com/senkyo2007/nikkan/NIK200707170027.html 2015年11月27日閲覧。 
  87. ^ “派遣会社の広告に登場した丸川政務官 国会でもデタラメ答弁”. しんぶん赤旗. (2013年3月17日). https://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2013-03-17/2013031702_02_1.html 2017年1月2日閲覧。 
  88. ^ “日雇い派遣禁止見直し発言 丸川氏が陳謝 政務官の資格問われる問題”. しんぶん赤旗. (2013年3月29日). https://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2013-03-29/2013032902_02_1.html 2017年1月2日閲覧。 
  89. ^ “「日雇い派遣原則禁止の見直し」公言 丸川珠代政務官を「謹慎扱い」 自民含め全会一致”. しんぶん赤旗. (2013年5月25日). https://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-05-25/2013052503_01_1.html 2017年1月2日閲覧。 
  90. ^ “第183回国会 参議院 厚生労働委員会 第17号 平成25年6月25日”. 国立国会図書館. (2013年6月25日). https://kokkai.ndl.go.jp/#/detail?minId=118314260X01720130625&current=2 2021年2月19日閲覧。 
  91. ^ a b c d “丸川環境相「根拠ない」撤回/年間1ミリシーベルト基準めぐる発言”. しんぶん赤旗. (2016年2月13日). https://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2016-02-13/2016021301_04_1.html 2017年1月3日閲覧。 
  92. ^ a b “丸川氏「除染の目標、何の根拠もなく決めた」 これが環境相の発言か”. 毎日新聞. (2016年2月24日). http://mainichi.jp/articles/20160224/dde/012/010/052000c 2017年1月2日閲覧。 
  93. ^ 安倍晋三総裁と丸川珠代議員の発言の撤回と謝罪を”. 辻元清美WEB (2015年7月14日). 2021年7月1日閲覧。
  94. ^ “自民・丸川参院議員が民主・辻元衆院議員に謝罪”. エコノミックニュース. (2015年7月15日). http://economic.jp/?p=51183 2020年9月23日閲覧。 
  95. ^ (日本語) 議会中の政治家を勝手に観察してみた 追跡スクープ!【しらべてみたら】, https://www.youtube.com/watch?v=4vYZnTlJBhk 2023年11月16日閲覧。 
  96. ^ bw.asuka (2022年11月28日). “居眠り議員が多すぎる!本誌直撃に苦しい弁明続々…橋本聖子氏は「認識ない」、萩生田光一氏は「無回答」”. Smart FLASH/スマフラ[光文社週刊誌]. 2024年2月1日閲覧。
  97. ^ 安倍派、1億円超の裏金か パー券ノルマ超えを還流 地検が立件視野”. 朝日新聞 (2023年12月1日). 2023年12月8日閲覧。
  98. ^ 松野博一官房長官を更迭へ パー券還流、裏金1000万円未記載疑惑”. 毎日新聞 (2023年12月9日). 2023年12月9日閲覧。
  99. ^ 安倍派の裏金、5億円か 所属議員の大半に還流 派閥側の立件不可避”. 朝日新聞 (2023年12月12日). 2023年12月12日閲覧。
  100. ^ 安倍派、8億円前後収入か 裏金含め、記載は6億円超”. 共同通信(東京新聞) (2023年12月1日). 2023年12月9日閲覧。
  101. ^ a b 政治資金収支報告書 清和政策研究会(令和4年分 定期公表)”. 総務省 (2023年11月24日). 2023年11月28日閲覧。
  102. ^ 政治資金収支報告書 志帥会(令和4年分 定期公表)”. 総務省 (2023年11月24日). 2023年11月28日閲覧。
  103. ^ 政治資金収支報告書 平成研究会(令和4年分 定期公表)”. 総務省 (2023年11月24日). 2023年11月28日閲覧。
  104. ^ 政治資金収支報告書 志公会(令和4年分 定期公表)”. 総務省 (2023年11月24日). 2023年11月28日閲覧。
  105. ^ 政治資金収支報告書 宏池政策研究会(令和4年分 定期公表)”. 総務省 (2023年11月24日). 2023年11月28日閲覧。
  106. ^ 政治資金収支報告書 清和政策研究会(平成30年分 定期公表)”. 総務省 (2019年11月29日). 2021年7月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年12月12日閲覧。
  107. ^ 政治資金収支報告書 清和政策研究会(令和元年分 定期公表)”. 総務省 (2020年11月27日). 2021年8月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年11月28日閲覧。
  108. ^ 政治資金収支報告書 清和政策研究会(令和2年分 定期公表)”. 総務省 (2021年11月26日). 2023年11月28日閲覧。
  109. ^ 政治資金収支報告書 清和政策研究会(令和3年分 定期公表)”. 総務省 (2022年11月25日). 2023年11月28日閲覧。
  110. ^ 浜崎陽介、三輪喜人 (2023年12月31日). “安倍派の「パー券購入者比率」は6年連続「0.675」 架空の数字を記入か 毎年同比率は二階派と2派閥のみ”. 東京新聞. 2024年1月4日閲覧。
  111. ^ パー券購入者数 捏造 疑惑の方程式「×0.675」 安倍派資金報告 二階派も 日曜版が特報”. しんぶん赤旗 (2023年12月25日). 2024年1月4日閲覧。
  112. ^ a b 安倍派、3パターンで裏金化 ノルマ超過分、議員側と調整か”. 共同通信(東京新聞) (2023年12月22日). 2023年12月23日閲覧。
  113. ^ <独自>安倍派複数議員「中抜き」 パーティー収入不記載拡大、10億円超か」『産経ニュース』、2023年12月17日。2023年12月17日閲覧。
  114. ^ 小泉法務大臣の二階派退会は「何の役にも立たない」 元法務大臣が語る検察への「指揮権」とは 安倍派議員10人以上の“中抜き”も判明【news23】”. TBS (2023年12月21日). 2023年12月24日閲覧。
  115. ^ 安倍派 参院選の年は改選参院議員に全額キックバックか”. NHK (2023年12月25日). 2023年12月25日閲覧。
  116. ^ 時事通信社 Facebook 2020年8月6日”. 2023年12月28日閲覧。
  117. ^ 丸川珠代・元五輪相『中抜き700万円』報道に「愚か者めが!」ネットから過去の発言ブーメラン”. 中日スポーツ (2024年1月12日). 2024年1月16日閲覧。
  118. ^ 自ら「この愚か者めが!」に転落した丸川珠代の「700万円ウハウハ中抜き」議員生活”. アサ芸プラス (2024年1月15日). 2024年1月16日閲覧。
  119. ^ “2019年6月号”. 全国たばこ新聞 (全国たばこ販売協同組合連合会). (2019年5月27日). http://zenkyou.xsrv.jp/wp-content/uploads/2019/06/2019%E5%B9%B46%E6%9C%88%E5%8F%B7.pdf#page=4 2019年6月30日閲覧。 
  120. ^ 応援しています!”. 神道政治連盟. 2019年7月7日閲覧。

関連項目

外部リンク

公職
先代
遠藤利明
橋本聖子
  国務大臣(東京オリンピック・パラリンピック競技大会担当)
第2代:2016年 - 2017年
第7代:2021年
次代
鈴木俊一
堀内詔子
先代
望月義夫
  環境大臣
第22代:2015年 - 2016年
次代
山本公一
先代
望月義夫
  内閣府特命担当大臣原子力防災
第6代:2015年 - 2016年
次代
山本公一
先代
橋本聖子
  内閣府特命担当大臣男女共同参画
第26代:2021年
次代
野田聖子
先代
糸川正晃
梅村聡
  厚生労働大臣政務官
渡嘉敷奈緒美と共同

2012年 - 2013年
次代
高鳥修一
赤石清美
議会
先代
山谷えり子
  参議院北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員長
2019年 - 2021年
次代
山谷えり子
先代
石井みどり
  参議院厚生労働委員長
2014年 - 2016年
次代
三原じゅん子
党職
先代
平沢勝栄
自由民主党広報本部長
2020年
次代
有村治子
その他の役職
先代
(創設)
関東広域圏キー局
地上デジタル放送
推進大使テレビ朝日担当

初代:2004年 - 2007年
次代
野村真季