鈴木貴子 (政治家)

日本の政治家

鈴木 貴子(すずき たかこ、1986年1月5日[3] - )は、日本政治家衆議院議員(2期)。

鈴木 貴子
SuzukiTakako.png
2014年5月、「みわちゃんねる突撃永田町!!」公開収録にて
生年月日 (1986-01-05) 1986年1月5日(31歳)
出生地 日本の旗 北海道帯広市
出身校 トレント大学
前職 NHKディレクター
所属政党 新党大地→)
民主党旧細野派→)
(新党大地(自由民主党無所属の会)→)
自由民主党
称号 学士(B.A. in IPEHonours)/社会学[1][2]
親族 父・鈴木宗男
公式サイト 鈴木たかこ公式サイト

選挙区 比例北海道ブロック北海道7区
当選回数 2回
テンプレートを表示

父は、北海道開発庁長官内閣官房副長官を務めた元衆議院議員新党大地代表の鈴木宗男

目次

来歴編集

北海道帯広市生まれ[4]。母方の祖父母が広島県広島市出身の被爆者で被爆3世[5]北海道教育大学附属釧路小学校港区立青山中学校カナダブリティッシュコロンビア州ロックリッジ高等学校英語版、カナダ・オンタリオ州トレント大学を卒業[6]2009年日本放送協会(NHK)に入局。長野放送局ディレクターを務めた[7]

第46回衆議院議員総選挙編集

2012年第46回衆議院議員総選挙に、公民権停止中のため立候補できない父・鈴木宗男に代わり、NHKを退職して北海道7区から新党大地公認で出馬したが、自由民主党前職の伊東良孝に敗れ、重複立候補していた比例北海道ブロックでの復活も出来ず、落選した[8]2013年5月21日比例北海道ブロック選出の石川知裕が衆議院議員を辞職[9]。同年5月31日中央選挙管理会が比例北海道ブロック次点の鈴木貴子の繰り上げ当選を決定し[10][11]6月3日に告示された[12]

第47回衆議院議員総選挙編集

2014年第47回衆議院議員総選挙では、民主党に入党し、同党公認で北海道7区から出馬。自民党前職の伊東良孝を猛追し、225票差で敗れたが、重複立候補していた比例北海道ブロックで復活し、再選[13]。当選後、自誓会に入会[14]2015年1月の民主党代表選挙では、元幹事長細野豪志の推薦人に名を連ねた[15]が、細野は決選投票で岡田克也に敗れた[16]

2016年2月26日、4月に実施される北海道第5区補欠選挙において日本共産党と共同歩調を取る民主党の対応を「国家観が全く異なる。今のままでは地元有権者との約束を果たせない」と批判、民主党に離党届を提出するも[17]、党は受理せず、同年3月1日に除籍処分を受けた[18]。民主党幹事長の枝野幸男は、比例代表での当選は民主党の党名を書いた有権者の議席だから議員辞職せよ、との旨を伝えたが、拒否された、と述べている[19]。同年9月26日、松本剛明とともに自由民主党の衆議院院内会派に参加[20]

2016年10月、同じ小学校に通っていたカメラマンの男性と結婚[21]。その後2017年7月12日にブログにて妊娠を発表[22][23]。9月8日に第一子となる女児を出産した[24]

第48回衆議院議員総選挙編集

2017年9月28日、自由民主党に入党届を提出[25]。10月22日投開票の第48回衆議院議員総選挙では同党から比例北海道ブロックに重複立候補者よりも上位の単独2位で出馬した[26]。なお、鈴木宗男は同年4月に公民権が回復したため同じ比例北海道ブロックに新党大地より名簿順位1位で出馬している。

政策・主張編集

所属団体・議員連盟編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 同大学のジョイントメジャー(複数学士位)制度によるもの。Honoursは名誉学士位を表し、論文評価等の方法によって認定される所属学部学位に加えて学内の他学部が認定する学位。
  2. ^ International Political Economy - Trent University - SchoolFinder
  3. ^ 基本データ(鈴木たかこFacebook、2013年6月1日閲覧)
  4. ^ 鈴木たかこ - プロフィール
  5. ^ 被爆3世として|鈴木たかこオフィシャルブログ「お便りたかこ」2013年8月6日。
  6. ^ プロフィール/信条・理念 | 新党大地 北海道第7区支部長 鈴木たかこ
  7. ^ “鈴木宗男代表の長女・貴子氏が出馬表明 大地公認、道7区”. スポーツニッポン. (2012年11月26日). http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/11/26/kiji/K20121126004645780.html 2012年11月26日閲覧。 
  8. ^ “宗男氏の長女・鈴木貴子氏、比例復活ならず”. 読売新聞. (2012年12月17日). http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2012/news/20121216-OYT1T00709.htm 2012年12月17日閲覧。 
  9. ^ 2013年(平成25年)5月23日『官報』第6051号「国会事項 衆議院 議員辞職」
  10. ^ “大地・鈴木氏が繰り上げ当選=衆院”. 時事通信. (2013年5月31日). http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013053100429 2015年3月27日閲覧。 
  11. ^ 平成24年12月16日執行の衆議院比例代表選出議員選挙北海道選挙区おける欠員による繰上補充の選挙会において決定された事項 (PDF) (総務省2013年5月31日プレスリリース、同年6月3日閲覧)
  12. ^ 2013年(平成25年)6月3日中央選挙管理会告示第15号「平成二十四年十二月十六日執行の衆議院比例代表選出議員選挙北海道選挙区における名簿届出政党等に係る欠員による繰上補充による当選人の住所及び氏名に関する件」
  13. ^ “比例当選の鈴木貴子氏、笑顔と涙 小選挙区は225票差で敗戦”. 北海道新聞. (2014年12月15日). http://www.hokkaido-np.co.jp/news/2014shuin/580371.html 2015年3月27日閲覧。 
  14. ^ “【夜の政論】細野氏、目指すは「七人の侍」…民主党内の偏差値競争から決別 「反対だけでは政権復帰できぬ」”. 産経新聞. (2015年3月20日). http://www.sankei.com/premium/news/150320/prm1503200008-n1.html 2015年3月27日閲覧。 
  15. ^ “民主代表選候補の推薦人名簿”. 時事通信社. (2015年1月7日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201501/2015010700415&g=pol 2015年1月8日閲覧。 
  16. ^ “<民主代表選>新代表に岡田氏 挙党態勢を重視”. 毎日新聞. (2015年1月18日). http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150118-00000030-mai-pol 2015年1月18日閲覧。 
  17. ^ 鈴木貴子氏、民主に離党届=自民と共同歩調時事通信
  18. ^ 民主、鈴木貴子氏を除籍処分へ 議員辞職勧告の方針 朝日新聞 2016年2月29日
  19. ^ 民主・枝野幹事長が激怒!「離党するなら議席をお返し頂きたい」「重大な反党行為だ」産経新聞
  20. ^ “松本剛明、鈴木貴子両氏が自民衆院会派入り”. 読売新聞. (2016年9月26日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/20160926-OYT1T50059.html 2016年9月26日閲覧。 
  21. ^ 鈴木貴子衆院議員が結婚へ 宗男氏の長女 お相手はカメラマン”. 産経新聞 (2016年10月1日). 2017年7月17日閲覧。
  22. ^ ご報告”. お便りたかこ (2017年7月13日). 2017年7月17日閲覧。
  23. ^ 鈴木宗男氏長女の鈴木貴子衆院議員が第1子妊娠”. 日刊スポーツ (2017年7月13日). 2017年7月17日閲覧。
  24. ^ 鈴木宗男氏の長女・鈴木貴子議員が第一子を出産「体重2780グラムの女の子です」”. 日刊スポーツ (2017年9月27日). 2017年9月9日閲覧。
  25. ^ 鈴木貴子氏が自民に入党届”. 日本経済新聞 (2017年9月29日). 2017年9月30日閲覧。
  26. ^ 自民が比例名簿発表 安倍晋三首相、小泉進次郎氏は重複せず 鈴木貴子氏は北海道2位 杉田水脈氏は中国で出馬”. 産経新聞 (2017年10月9日). 2017年10月9日閲覧。
  27. ^ 「女性国会議員に『選択的夫婦別姓』の賛否を聞いてみた」、女性自身、2015年12月25日。
  28. ^ 2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査
  29. ^ a b c d e “2012衆院選 北海道7区 鈴木 貴子”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A01007001001 2014年4月12日閲覧。 
  30. ^ パチンコチェーンストア協会(PCSA)
  31. ^ 袴田巌死刑囚救援議員連盟 再始動!|鈴木たかこオフィシャルブログ「お便りたかこ」Powered by Ameba(2014年3月18日の記事)
  32. ^ “12日にアイヌ議連が白老の民族博物館など視察”. 室蘭民報. (2014年5月10日). http://www.muromin.mnw.jp/murominn-web/back/2014/05/10/20140510m_08.html 2014年12月23日閲覧。 
  33. ^ 日本・エストニア関係概要/在エストニア日本国大使館

外部リンク編集

党職
先代:
(創設)
新党大地代表代理
初代:2013年 - 2017年
次代:
(不在)
名誉職
先代:
今枝宗一郎
最年少衆議院議員
2013年 -
次代:
-