300三百、さんびゃく、みお)は自然数、また整数において、299の次で301の前の数である。

299 300 301
素因数分解 22×3×52
二進法 100101100
六進法 1220
八進法 454
十二進法 210
十六進法 12C
二十進法 F0
ローマ数字 CCC
漢数字 三百
大字 参百
算木 Counting rod v3.pngCounting rod 0.pngCounting rod 0.png

性質編集

その他 300 に関連すること編集

  • 300の接頭辞:trecenti(ラテン語
  • 年始(1月1日)から300日目は平年では10月27日閏年では10月26日
  • 西暦300年
  • 紀元前300年
  • 国道300号
  • ローマ帝国では、1は10箇で、約300日の構成だった。これは、1月2月を、「寒いから作物が育たない」として略いたもの。
  • 弁護士の蔑称に「三百代言」。
  • ボウリングでのパーフェクトスコアは300である。1投目から12投連続でストライクを取ると、1フレームあたり30点が加算され、1ゲームは全10フレームなので 30×10=300 が最高点となる。
  • 300メートル競走陸上競技種目の一つ。
  • 離婚後300日問題
  • 300〈スリーハンドレッド〉
  • 300勝クラブは300勝を達成した投手の集団。
  • 300系または300形を称するもの
  • 自動車では排気量などの"車格"を表す数字として車種名に使用される。
  • エアバスA300は世界初の双発ワイドボディ旅客機。座席数300席にちなみ機名が決定された。
  • 三百人委員会陰謀論で語られる秘密組織。
  • 三百(郡上踊り)
  • 新約聖書
    • マルコによる福音書
      • 「この香油は三百デナリオン以上に売って、貧しい人々に施すことができたのに。」そして、彼女を厳しくとがめた。」(マルコによる福音書 14章 5節)
    • ヨハネによる福音書
      • 「なぜ、この香油を三百デナリオンで売って、貧しい人々に施さなかったのか。」(ヨハネによる福音書 12章 5節)
  • 旧約聖書
    • 創世記
      • エノクは、メトシェラが生まれた後、三百年神と共に歩み、息子や娘をもうけた。」(創世記 5章 22節)
      • 「次のようにしてそれを造りなさい。箱舟の長さを三百アンマ、幅を五十アンマ、高さを三十アンマにし、」(創世記 6章 15節)
      • ヨセフは更に、全員にそれぞれ晴れ着を与えたが、特にベニヤミンには銀三百枚と晴れ着五枚を与えた。」(創世記 45章 22節)
    • 士師記
      • 「水を手にすくってすすった者の数は三百人であった。他の民は皆膝をついてかがんで水を飲んだ。主はギデオンに言われた。「手から水をすすった三百人をもって、わたしはあなたたちを救い、ミディアン人をあなたの手に渡そう。他の民はそれぞれ自分の所に帰しなさい。その民の糧食と角笛は三百人が受け取った。彼はすべてのイスラエル人をそれぞれ自分の天幕に帰らせたが、その三百人だけは引き留めておいた。ミディアン人の陣営は下に広がる平野にあった。」(士師記 7章 6-8節)
      • 「彼は三百人を三つの小隊に分け、全員に角笛と空の水がめを持たせた。その水がめの中には松明を入れさせ、」(士師記 7章 16節)
      • 三百人が角笛を吹くと、主は、敵の陣営の至るところで、同士討ちを起こされ、その軍勢はツェレラのベト・シタまで、またタバトの近くのアベル・メホラの境まで逃走した。」(士師記 7章 22節)
      • 「ギデオンはヨルダン川に着き、彼の率いる三百人と共に川を渡った。疲れきっていたが、彼らはなお追撃した。」(士師記 8章 4節)
      • 「イスラエルはヘシュボンとその周辺の村落、アロエルとその周辺の村落およびアルノン流域のすべての町々に三百年にもわたって住んできたが、なぜ、あなたたちはこの間にそれを取り戻さなかったのか。」(士師記 11章 26節)
      • 「サムソンは出て行って、ジャッカルを三百匹捕らえ、松明を持って来て、ジャッカルの尾と尾を結び合わせ、その二つの尾の真ん中に松明を一本ずつ取り付けた。」(士師記 15章 4節)
    • サムエル記下
      • 「ラファの子孫の一人イシュビ・ベノブは、三百シェケルの重さの青銅の槍を持ち、新しい帯を付けて、ダビデを討つ、と言った。」(サムエル記下 21章 16節)
      • 「ツェルヤの子、ヨアブの兄弟アビシャイ。三勇士の頭。槍を振るって三百人を刺し殺し、三勇士と共に名をあげた。」(サムエル記下 23章 18節)
    • 列王記上
      • 「延金の小盾も三百作った。小盾一つにつき用いた金は三マネであった。王はこれらの盾を「レバノンの森の家」に置いた。」(列王記上 10章 17節)
      • 「彼には妻たち、すなわち七百人の王妃と三百人の側室がいた。この妻たちが彼の心を迷わせた。」(列王記上 11章 3節)
    • 列王記下
      • 「ユダの王ヒゼキヤは、ラキシュにいるアッシリアの王に人を遣わし、「わたしは過ちを犯しました。どうかわたしのところから引き揚げてください。わたしは何を課せられても、御意向に沿う覚悟をしています」と言わせた。アッシリアの王はユダの王ヒゼキヤに銀三百キカルと金三十キカルを課した。」(列王記下 18章 14節)
    • 歴代誌上
      • 「ダビデの勇士たちの名簿は次のとおりである。ハクモニの子ヤショブアム、三十人隊の頭。槍を振るって一度に三百人を刺し殺した。」(歴代誌上 11章 11節)
      • 「ヨアブの兄弟アブシャイ。三勇士の頭。槍を振るって三百人を刺し殺したが、三勇士の中に名はなかった。」(歴代誌上 11章 20節)
    • 歴代誌下
      • 「延金の小盾も三百作った。小盾一つにつき用いた金は三百シェケルであった。王はこれらの盾を「レバノンの森の家」に置いた。」(歴代誌下 9章 16節)
      • 「クシュ人ゼラが百万の軍隊と戦車三百両を率いてマレシャまで出て来たとき、」(歴代誌下 14章 8節)
      • 「高官たちも、民と祭司、レビ人のために進んで提供した。神殿の主管ヒルキヤ、ゼカルヤ、エヒエルは過越のいけにえとして小羊二千六百匹、牛三百頭を祭司たちに与えた。」(歴代誌下 35章 8節)
    • エズラ記
      • 「ザトの一族から、ヤハジエルの子シェカンヤと男三百人。」(エズラ記 8章 5節)
    • エステル記
      • 「スサのユダヤ人はアダルの月の十四日にも集合し、三百人を殺した。しかし、持ち物には手をつけなかった。」(エステル記 9章 15節)

301 から 399 までの整数編集


301から320編集


301 = 7 × 43、95番目の半素数


302 = 2 × 151、96番目の半素数


303 = 3 × 101、97番目の半素数、回文数


304 = 24 × 19、7番目の原始擬似完全数


305 = 5 × 61、98番目の半素数


306 = 2 × 32 × 17、17番目の矩形数、85番目のハーシャッド数


307 = 素数、17番目の8n + 3型の素数


308 = 22 × 7 × 11、86番目のハーシャッド数、3連続偶数の平方和(82+102+122)


309 = 3 × 103、99番目の半素数


310 = 2 × 5 × 31、33番目の楔数


311 = 素数、エマープ(311 ←→ 113)、双子素数(311, 313)、数字を入れかえた131も素数


312 = 23 × 3 × 13、87番目のハーシャッド数


313 = 素数、双子素数(311、313)、回文数回文素数、数字を入れかえた331も素数


314 = 2 × 157、100番目の半素数


315 = 32 × 5 × 7、88番目のハーシャッド数


316 = 22 × 79


317 = 素数、4番目のレピュニット素数R317


318 = 2 × 3 × 53、34番目の楔数


319 = 11 × 29、12番目のスミス数、101番目の半素数


320 = 26 × 5、89番目のハーシャッド数


321から340編集


321 = 3 × 107、102番目の半素数


322 = 2 × 7 × 23、90番目のハーシャッド数、12番目のリュカ数、35番目の楔数


323 = 17 × 19、103番目の半素数、回文数


324 = 22 × 34平方数182、91番目のハーシャッド数


325 = 52 × 13、25番目の三角数、13番目の六角数


326 = 2 × 163、104番目の半素数


327 = 3 × 109、105番目の半素数、11番目の完全トーティエント数


328 = 23 × 41、最初から15個の連続した素数の和


329 = 7 × 47、106番目の半素数


330 = 2 × 3 × 5 × 11、92番目のハーシャッド数、15番目の五角数、8番目の五胞体数


331 = 素数、19番目のスーパー素数、18番目の8n + 3型の素数


332 = 22 × 83


333 = 32 × 37、回文数、93番目のハーシャッド数


334 = 2 × 167、107番目の半素数


335 = 5 × 67、108番目の半素数


336 = 24 × 3 × 7、高度合成数、94番目のハーシャッド数


337 = 素数、エマープ(337 ←→ 733)、32番目の4n + 1型の素数、32番目の3n + 1型の素数、14番目の8n + 1型の素数、6番目の24n + 1型の素数、8番目の六芒星数


338 = 2 × 132


339 = 3 × 113、109番目の半素数


340 = 22 × 5 × 17、4の累乗和(41+42+43+44)


341から360編集


341 = 11 × 31、110番目の半素数


342 = 2 × 32 × 19、18番目の矩形数、12番目の七角数、95番目のハーシャッド数


343 = 73立方数、10番目のフリードマン数、2番目のナイスフリードマン数((3+4)3)、回文数


344 = 23 × 43、4連続偶数平方和(62+82+102+122)


345 = 3 × 5 × 23、36番目の楔数


346 = 2 × 173、13番目のスミス数、111番目の半素数


347 = 素数エマープ(347 ←→ 743)、双子素数(347、349)、13番目の安全素数、19番目の8n + 3型の素数、11番目のフリードマン数


348 = 22 × 3 × 29


349 = 素数、双子素数(347、349)、さよく(左翼)の語呂合わせ


350 = 2 × 52 × 7、8番目の原始擬似完全数


351 = 33 × 13、26番目の三角数、96番目のハーシャッド数


352 = 25 × 11


353 = 素数、20番目のスーパー素数、回文数、回文素数


354 = 2 × 3 × 59、37番目の楔数


355 = 5 × 71、112番目の半素数、14番目のスミス数


356 = 22 × 89


357 = 3 × 7 × 17、38番目の楔数


358 = 2 × 179、113番目の半素数


359 = 素数、エマープ(359 ←→ 953)、21番目のソフィー・ジェルマン素数、14番目の安全素数、18番目の8n - 1型の素数


360 = 23 × 32 × 5、高度合成数、97番目のハーシャッド数、双子素数の和(179 + 181


361から380編集


361 = 192平方数


362 = 2 × 181、115番目の半素数


363 = 3 × 112回文数


364 = 22 × 7 × 13、12番目の三角錐数、98番目のハーシャッド数、4連続素数平方の和(52 + 72 + 112 + 132)


365 = 5 × 73、116番目の半素数、2連続平方の和(132 + 142)、3連続平方の和(102 + 112 + 122


366 = 2 × 3 × 61、39番目の楔数、4連続平方数の和(82 + 92 + 102 + 112


367 = 素数、21番目のスーパー素数


368 = 24 × 23、9番目の原始擬似完全数


369 = 32 × 41


370 = 2 × 5 × 37、40番目の楔数、99番目のハーシャッド数、4連続三角数の平方和(32 + 62 + 102 + 152


371 = 7 × 53、117番目の半素数、3連続奇数の平方和(92 + 112 + 132)、5連続三角数の平方和(12 + 32 + 62 + 102 + 152


372 = 22 × 3 × 31、100番目のハーシャッド数


373 = 素数、数字を入れかえた337、733も素数、回文数、回文素数、5個の連続した素数の和(67 + 71 + 73 + 79 + 83)、5個の連続した素数の平方和(32 + 52 + 72 + 112 + 132


374 = 2 × 11 × 17、41番目の楔数


375 = 3 × 53、101番目のハーシャッド数、最初から11個の連続したフィボナッチ数列の和


376 = 23 × 47、16番目の五角数


377 = 13 × 29、14番目のフィボナッチ数、118番目の半素数、最初の6個の素数の2乗の総和


378 = 2 × 33 × 7、102番目のハーシャッド数、27番目の三角数、14番目の六角数、15番目のスミス数


379 = 素数、20番目の8n + 3型の素数


380 = 22 × 5 × 19、19番目の矩形数、最初から19個の連続した偶数の和


381から399編集


381 = 3 × 127、119番目の半素数、最初から16個の素数の総和(2 + 3 + 5 + 7 + 11 + 13 + 17 + 19 + 23 + 29 + 31 + 37 + 41 + 43 + 47 + 53)


382 = 2 × 191、120番目の半素数、16番目のスミス数


383 = 素数、15番目の安全素数回文数回文素数


384 = 27 × 3、1桁の偶数の総乗(2 × 4 × 6 × 8)、双子素数の和(191 + 193


385 = 5 × 7 × 11、10番目の四角錐数、42番目の楔数


386 = 2 × 193、121番目の半素数


387 = 32 × 43


388 = 22 × 97


389 = 素数、エマープ(389 ←→ 983)、入れ替えた839も素数


390 = 2 × 3 × 5 × 13


391 = 17 × 23、122番目の半素数、17番目のスミス数


392 = 23 × 72、5番目のアキレス数、103番目のハーシャッド数


393 = 3 × 131、123番目の半素数、回文数


394 = 2 × 197、124番目の半素数


395 = 5 × 79、125番目の半素数


396 = 22 × 32 × 11、104番目のハーシャッド数


397 = 素数、8番目のキュバン素数、12番目の中央六角数、数字を入れかえた379、739、937も素数


398 = 2 × 199、126番目の半素数


399 = 3 × 7 × 19、43番目の楔数、105番目のハーシャッド数、7の累乗和(71 + 72 + 73


関連項目編集

300 から 399 までの整数
300 301 302 303 304 305 306 307 308 309
310 311 312 313 314 315 316 317 318 319
320 321 322 323 324 325 326 327 328 329
330 331 332 333 334 335 336 337 338 339
340 341 342 343 344 345 346 347 348 349
350 351 352 353 354 355 356 357 358 359
360 361 362 363 364 365 366 367 368 369
370 371 372 373 374 375 376 377 378 379
380 381 382 383 384 385 386 387 388 389
390 391 392 393 394 395 396 397 398 399
  • 斜体で表した数は素数である。