BS笑点ドラマスペシャル

BS笑点ドラマスペシャル(ビーエスしょうてんドラマスペシャル)は、BS日テレ2017年平成29年)から放映されている、単発スペシャルのテレビドラマのシリーズ。

BS笑点ドラマスペシャル
ジャンル テレビドラマ
脚本 寺田敏雄
監督 雨宮望(1)
猪股隆一(2)
井坂聡(3)
音楽 吉川清之(1)
得田真裕(2)
エンディング 中村八大『笑点のテーマ』
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
シリーズ数 3
製作総指揮 神蔵克
金澤宏次
プロデュース 栖川一郎
黒川浩行
制作 ユニオン映画(制作協力)
日テレアックスオン(制作協力)(1)
製作 BS日テレ
放送
放送チャンネル BS日テレ
映像形式 16:9
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
第1作「BS笑点ドラマスペシャル
桂歌丸」
(第1弾)
出演者 尾上松也
泉ピン子
水川あさみ
笹野高史
渡辺いっけい
藤田弓子
桜井日奈子
放送期間 2017年10月9日
放送時間 月曜日19:00 - 20:54
放送分 114分
回数 1
公式ウェブサイト
第2作「BS笑点ドラマスペシャル
五代目三遊亭圓楽」
(第2弾)
出演者 谷原章介
貫地谷しほり
駿河太郎
塚本高史
ナレーター 六代目 三遊亭円楽
放送期間 2019年1月12日
放送時間 土曜日19:00 - 20:54
放送分 114分
回数 1
公式ウェブサイト
第3作「BS笑点ドラマスペシャル
初代林家木久蔵」
(第3弾)
出演者 柄本時生
成海璃子
橋爪功
柄本明
ナレーター 林家木久扇
放送期間 2020年1月11日
放送時間 土曜日19:00 - 20:54
放送分 114分
回数 1
公式ウェブサイト
テンプレートを表示

概要編集

日本テレビ演芸番組笑点』にまつわる人物の半生をフィクションを交えてドラマ化したものである。

第1弾『BS笑点ドラマスペシャル 桂歌丸』が2017年(平成29年)に、第2弾『BS笑点ドラマスペシャル 五代目三遊亭圓楽』が2019年(平成31年)に放送され、第3弾『BS笑点ドラマスペシャル 初代林家木久蔵』が2020年令和2年)に放映された。

提供クレジット等一部シーンでは当時の映像や写真も使用されている。

3作のキャスティングは共通しており、現行の笑点メンバーも「スーパーエキストラ」として特別出演している[注 1]。このうち現司会者の春風亭昇太は3作とも笑点のプロデューサー・小里光役として出演している。

また各作品の主人公となった人物の弟子が落語指導要員として参加している。

第1作「BS笑点ドラマスペシャル 桂歌丸」編集

2017年(平成29年)10月9日放映

桂歌丸の入門から笑点の前身である『金曜夜席』レギュラー入りまでを描いた作品。冒頭では案内役として歌丸本人が登場した。

あらすじ(第1弾)編集

スタッフ(第1弾)編集

キャスト(第1弾)編集

第2作「BS笑点ドラマスペシャル 五代目三遊亭圓楽」編集

2019年(平成31年)1月12日放映

5代目三遊亭圓楽の落語界入りから笑点4代目司会者就任までを描いた作品。冒頭の案内役とナレーションは6代目三遊亭円楽が担当した。2019年日本民間放送連盟賞番組部門(テレビドラマ)優秀賞[1]

あらすじ(第2弾)編集

スタッフ(第2弾)編集

キャスト(第2弾)編集

第3作「BS笑点ドラマスペシャル 初代林家木久蔵」編集

2020年(令和2年)1月11日放映

初代林家木久蔵の高校合格から1982年頃まで[注 4]を描いた作品。冒頭の案内役とナレーションは初代木久蔵こと林家木久扇本人が担当した。

あらすじ(第3弾)編集

スタッフ (第3弾)編集

キャスト(第3弾)編集

宣伝番組(第3弾)編集

  • 『春風亭昇太のとっておきの1本 ~今宵のつまみはBS笑点ドラマSP~』(2019年12月25日、2020年1月11日(再放送) 、BS日テレ)[2][注 7]

   出演:春風亭昇太、柄本時生、成海璃子、谷原章介、駿河太郎                     ナレーター:藤田弓子

オールスタッフ編集

放送日程編集

放送回 放送日 タイトル 監督
第1弾 2017年10月09日 BS笑点ドラマスペシャル 桂歌丸 雨宮望
第2弾 2019年01月12日 BS笑点ドラマスペシャル 五代目三遊亭圓楽 猪股隆一
第3弾 2020年01月11日 BS笑点ドラマスペシャル 初代林家木久蔵 井坂聡

受賞歴編集

  • 2019年日本民間放送連盟賞 番組部門 テレビドラマ番組 優秀賞(第2弾『BS笑点ドラマスペシャル 五代目三遊亭圓楽』)

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 第3作のみ6代目円楽・山田は出演していない(ただしクレジットでは出演表記あり)。
  2. ^ ドラマ本編にも役名はないが落語家として出演。
  3. ^ 実の息子が父を演じている。
  4. ^ 師匠・彦六を見送り、高座で「彦六伝」を口演。最後は大喜利(司会は5代目圓楽に交代後という設定)で全国ラーメン党結成を発表したところで終わる。
  5. ^ 4代目の母で5代目の祖母。
  6. ^ 清水基吉(俳人、小説家)の本名と同姓同名だが、基吉とは無関係と思われる。
  7. ^ 収録場所は、元日本テレビ社員で笑点ディレクターだった中田志保が経営する小料理屋「やきもち」(東京・秋葉原)。

出典編集

  1. ^ “[https://www.bs4.jp/information/wpx948zmhu0km4uf.html 「BS笑点ドラマスペシャル 五代目三遊亭圓楽」 2019年日本民間放送連盟賞番組部門(テレビドラマ)優秀賞受賞!さらにピュア4Kで再放送決定!]”. BS日テレ. 2020年1月5日閲覧。
  2. ^ 春風亭昇太がドラマ「笑点」キャストとトーク、結婚にまつわるエピソードも”. お笑いナタリー (2019年12月23日). 2020年1月15日閲覧。

外部リンク編集