メインメニューを開く

水橋研二

日本の俳優

水橋 研二(みずはし けんじ、1975年1月13日[2] - )は日本俳優である。東京都出身[2]ブレスヴィズミックを経て、2013年1月よりスターダストプロモーションに所属している[3]

みずはし けんじ
水橋 研二
生年月日 (1975-01-13) 1975年1月13日(43歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都
身長 168 cm[1]
血液型 O型[1]
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマCM
活動期間 1996年[1] -
事務所 スターダストプロモーション
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
映画
月光の囁き
美代子阿佐ヶ谷気分
テレビドラマ
水の中の八月
『これでいいのだ!! 赤塚不二夫伝説』

東京都立光丘高等学校卒業[4]。高校卒業後は美容専門学校に通っていた[4]。映画の制作を手伝っていた友人に誘われ、1996年に『33 1/3 r.p.m.』主演で俳優デビューとなる[5]。以降は映画を中心にオリジナルビデオテレビドラマ、テレビCMにも多く出演。

目次

出演編集

映画編集

アニメーション映画編集

テレビドラマ編集

1990年代 - 2000年代編集

2010年代編集

インターネット・配信編集

舞台編集

エドワード・ボンドの『リア』(2009年11月 - 12月、シアタートラム ほか)

CM編集

PV編集

  • MCU feat.Ryoji「いいわけ」(2005年)

脚注編集

  1. ^ a b c 水橋 研二”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ. 2017年4月23日閲覧。
  2. ^ a b スターダストプロモーション芸能1部 水橋研二
  3. ^ “報告”. 水橋研二オフィシャルブログ「えごのみ公園」. (2013年1月29日). http://ameblo.jp/kenji-mizuhashi/entry-11459593864.html 
  4. ^ a b 水橋研二 - 略歴・フィルモグラフィー”. KINENOTE. 2017年4月23日閲覧。
  5. ^ 映画「美代子阿佐ヶ谷気分」主演俳優 水橋研二インタビュー. envy.
  6. ^ 八雲ふみね (2018年8月2日). “映画『イマジネーションゲーム』は、ネット社会の闇と女性の幸せを考える作品”. シネマズ by 松竹. 松竹. 2018年8月11日閲覧。
  7. ^ 秒速5センチメートル”. メディア芸術データベース. 2016年12月4日閲覧。
  8. ^ 登場人物(キャスト)”. 4号警備. NHK (2017年). 2017年4月23日閲覧。
  9. ^ 町田(水橋研二)|キャスト”. GIVER 復讐の贈与者. テレビ東京 (2018年). 2018年8月10日閲覧。
  10. ^ 「学校へ行けなかった私が『あの花』『ここさけ』を書くまで」に出演します”. 水橋研二のブログ. スターダストプロモーション. 2018年9月1日閲覧。
  11. ^ “マツコ・デラックスが“歯周トラブル”に悩む主婦役を熱演!『ピュオーラ』新シリーズ第二弾TV-CM 「たすけてピュオーラ」篇 2月26日(月)から全国でオンエア開始” (プレスリリース), 花王, (2018年2月23日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000700.000009276.html 2018年6月21日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集