メインメニューを開く

小手 伸也(こて しんや、1973年12月25日[1] -)は、日本俳優声優作家演出家神奈川県出身。血液型B型。株式会社オフィスPSC所属。

こて しんや
小手 伸也
本名 小手伸也
生年月日 (1973-12-25) 1973年12月25日(45歳)
出生地 日本の旗日本神奈川県
民族 日本人
身長 177 cm
血液型 B型
ジャンル 俳優声優作家演出家
活動内容 舞台映像
配偶者 既婚
主な作品
テレビドラマ
真田丸
仮面ライダーエグゼイド
コンフィデンスマンJP
SUITS/スーツ
私のおじさん〜WATAOJI〜
集団左遷!!
ナレーション
ハゲタカ

目次

概要編集

東京都立竹早高校出身。早稲田大学教育学部卒。同大学内の演劇サークル早稲田大学演劇倶楽部に所属。この時の同期に映画監督の三木孝浩、二期下に女優の安藤玉恵がいる。その後劇団innerchildを主宰。心理学神話に特化した劇作を得意とし、日本神話、特に古事記に関する造詣が深い。自身の作風と俳優としてのギャップが激しいことで良く知られ、アクの強いハイテンションな役柄から癒し系キャラまで幅広く演じる。

長年舞台での活躍が中心だったが、2016年放送のNHK大河ドラマ『真田丸』の塙団右衛門役で注目を集めたのち、2018年放送のテレビドラマ『コンフィデンスマンJP』・『SUITS/スーツ』(ともにフジテレビ系)で一般層からの認知が高くなる。「シンデレラボーイ」とするには年齢が高いとして「シンデレラおじさん」と自らを称した[2]

本業である俳優業でブレイクしたのが『真田丸』出演以降の40代半ばであったこともあり、役者業の傍ら長らく通販番組コールセンターでのアルバイトを務めていた[2]。役者業の多忙化に伴いシフトに入れなくなり結果「解雇」となってしまったが、『コンフィデンスマンJP』・『SUITS/スーツ』で大ブレイクを遂げた2019年上半期までコールセンターでのアルバイトをしていたと言う[3]

出演編集

舞台編集

  • 劇団innerchild全作品(1998年 - )
  • インチャイ☆サプリ 「小手伸也のよくわかる古事記」(2011年 - )
  • オハヨウのムスメVOL.4「私の世界〜気分はラヴ・ホラー〜」(1995年2月10日 - 12日、スタジオ赤坂プレイBOX)
  • カムカムミニキーナ 「鈴木の大地」(1997年5月1日 - 27日、池袋シアターグリーン)
  • ナイロン100℃ 11th SESSION「カメラ≠万年筆」(1997年7月31日 - 8月19日、下北ザ・スズナリ)
  • 東京グローブ座10周年記念公演「どぽんど(陥人)〜ヴェニスで溺れて」(1999年3月24日 - 28日、東京グローブ座)
  • 拙者ムニエル「DX寿姫」(1999年6月7 - 13日、下北駅前劇場)
  • 劇団☆新感線「直撃!ドラゴンロック3 轟天 対 エイリアン」(2001年11月17日 - 12月23日、赤坂ACTシアター 他)
  • 野田地図(NODA・MAP)第九回公演「オイル」 (2003年4月11日 - 6月15日、bunkamuraシアター・コクーン 他)
  • 佐野瑞樹主演「コミックジャック」(2003年7月2日 - 6日、彩の国さいたま芸術劇場 小ホール)
  • 明治座再開場10周年公演「三人吉三東青春〜さんにんきちざえどのあかつき〜」(2003年11月3日 - 24日、明治座)
  • 新国立劇場「透明人間の蒸気(ゆげ)」(2004年3月17日 - 4月13日、新国立劇場 中劇場)
  • TEAM 発砲・B・ZIN 「ツカエナイト」(2005年1月16日 - 2月5日、下北本多劇場 他)
  • こどもの城ネルケプランニングプロデュース「南国プールの熱い砂」(2006年7月26日 - 8月6日、青山円形劇場)
  • カムカムミニキーナ+ネルケプランニングpresents「陥人どぽんど(再演)」(2006年9月6日 - 10日、東京グローブ座)
  • *pnish* vol.11「マハラジャモード」(2009年10月24日 - 11月8日、池袋サンシャイン劇場 他)
  • BQMAP「風雲天狗‐ムーンライトセレナーデ」(2011年11月30日 - 12月4日、新宿シアターサンモール)
  • Theatre劇団子 劇団創立20周年記念 第29回公演「落人たちのブロードウェイ」(2012年9月13日 - 17日、新宿紀伊國屋ホール)
  • ブロードウェイミュージカル「ピーターパン」〈2012・2013〉(2012年7月・2013年7月、東京国際フォーラム ホールC 他)
  • アトリエ・ダンカンプロデュース「青春音楽活劇 詭弁・走れメロス」(2012年12月27日 - 2013年2月2日、銀座博品館劇場 他)
  • アトリエ・ダンカンプロデュース「七変化音楽劇 有頂天家族」(2014年1月16日 - 2月8日、下北本多劇場 他)
  • 三輪明宏演出主演「黒蜥蜴」(2015年4月4日 - 9月23日、新国立劇場 中劇場 他)
  • ネルケプランニングプロデュース「コミックジャック‐RETURN2016-」(2016年1月20日 - 27日、新宿紀伊国屋サザンシアター)
  • papagenoプロデュース「青春音楽活劇 詭弁・走れメロス(再演)」(2016年4月27日 - 5月14日、新宿シアターサンモール 他)
  • AKB48舞台「マジすか学園 〜Lost In The SuperMarket〜」(2016年7月25日 - 8月5日、赤坂ACTシアター)
  • ミュージカル「黒執事 〜NOAH'S ARK CIRCUS〜」(2016年11月18日 - 12月18日、TOKYO DOME CITY HALL 他) - ケルヴィン男爵 役
  • シス・カンパニー公演(作・演出:三谷幸喜) 「子供の事情」(2017年7月8日 - 8月6日、新国立劇場 中劇場)
  • PARCOステージ公演「良い子はみんなご褒美がもらえる」(2019年4月20日 - 5月7日、赤坂ACTシアター / 2019年5月11日・12日、フェスティバルホール) - 医者 役

テレビドラマ編集

バラエティ番組編集

映画編集

Vシネマ編集

テレビアニメ編集

OVA編集

ゲーム編集

脚本提供編集

  • TSミュージカルファンデーション「Calli〜炎の女カルメン」(2008年5月31日 - 6月8日、銀河劇場)
  • Dステ16th×TSミュージカルファンデーション「GARANTIDO(ガランチード)」(2015年5月21日 - 26日、東京芸術劇場プレイハウス 他) - 原作
  • ソラリネ。#16 「PANGEA」(2016年11月2日 - 13日、シアターノルン)
  • 梅田芸術劇場「ROMALE ~ロマを生き抜いた女 カルメン~」(2018年3月‐4月/東京芸術劇場プレイハウス、シアター・ドラマシティ) - 原作

TVCM編集

  • 『東北電力・オール電化篇』(東北電力
  • 『ニンテンドーDS パワプロクンポケット8』(KONAMI
  • 『コカコーラZERO』(コカコーラ
  • 『ウイルスバスター2009・もったいない篇』(トレンドマイクロ
  • 『オルセー美術館展』 - ナレーション
  • 『EPSONエコタンク搭載モデル・エコタンクのうた篇』(EPSON
  • 『i-Shirt』(はるやま商事

その他映像編集

  • 『進研ゼミ小6講座“みるみるOK「比」まるわかりビデオ”(ヒナンジャー編)』(ベネッセ
  • 『シネマのフチ子 マナーのススメ』(109シネマズ東急レクリエーション系列映画館)
  • MV 『We Are Confidence Man』(fox capture plan) ※五十嵐として主演

ネット動画編集

配信編集

  • 田中圭24時間テレビ(2018年12月15日21時 - 12月16日21時、AbemaSPECIAL2)- 小手伸也(本人) 役[9]

講演編集

  • なら記紀・万葉 古代を感じるトーク&ライブ「小手伸也のよくわかる古事記(出張版)」(2019年2月16日、奈良県御所市アザレアホール)

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 小手伸也のプロフィール”. 2011年10月29日閲覧。
  2. ^ a b ““シンデレラおじさん”小手伸也 ブレーク後もバイトを続ける理由「お客様から罵倒されるときも…」”. Sponichi Annex. (2019年1月29日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/01/29/kiji/20190129s00041000254000c.html 2019年4月15日閲覧。 
  3. ^ 小手伸也、時給1200円バイトをクビに…あす23日が最後の出勤” (日本語). デイリースポーツ (2019年4月22日). 2019年4月22日閲覧。
  4. ^ 仮面ライダーエグゼイド 第25話 New game 起動!”. 東映. 2017年3月26日閲覧。
  5. ^ “磯村勇斗:中島裕翔の“悪友”役で“月9”初出演 小手伸也は織田裕二のライバルに”. まんたんウェブ. (2018年9月7日). https://mantan-web.jp/article/20180907dog00m200012000c.html 2018年9月8日閲覧。 
  6. ^ “小手伸也:“シンデレラおじさん”が語る抱負 2019年は「勝負の年」”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2019年1月9日). https://mantan-web.jp/article/20190108dog00m200053000c.html 2019年2月14日閲覧。 
  7. ^ 《2019年度前期 連続テレビ小説「なつぞら」》アニメーション編の出演者が決定!”. NHKオンライン. 2019年3月1日閲覧。
  8. ^ 2017年2月25日発売の単行本第29巻限定版DVDに収録。
  9. ^ Abema「田中圭24時間ドラマ」にずん飯尾、尾上寛之、小手伸也、野間口徹、橋本マナミ、六角精児ら”. スポニチ. 2018年12月12日閲覧。

外部リンク編集