メインメニューを開く

お色気番組(おいろけばんぐみ)とは、下ネタや性的な描写、いわゆるお色気を扱ったバラエティ番組およびテレビドラマ。主に深夜番組の枠で放送される。「エロ番組」と表現されることもある。

目次

概要編集

番組放映当時は、通常の情報番組やバラエティー番組として放送されていたが2000年代以降、このような番組が地上波から減少していったため、視聴者やメディアからこのような名称で呼ばれるようになった。なお現在でも「深夜番組=お色気番組」と捉えている視聴者も少なからずいる。

放映される時間帯は、一部はプライムタイム(22時台など。中には昼過ぎに放送されたものもある)以前の時間帯に放送されるケースもあるが、深夜帯を主とする。1984年、フジテレビオールナイトフジ』が深夜番組としては驚異的な視聴率を獲得し、他局も同様の番組を土曜深夜に放送するようになったためである。

放送局別に見ると後述のように、TBSとフジテレビには歴史的にも放映例が少なく特にNHK公共放送としての使命上皆無とならざるを得ない。ワイドショー形式の全国ネット番組が特にそうである。若干は存在するが、TBSではこの種の番組を全国ネットしようとすると準キー局・朝日放送(ABC)と毎日放送(MBS)にネット受けを拒否されるケースがあり、実際にそれを理由とした打ち切りも起こるなど他局に比べて短命であった。

また、多くの番組は独立局をはじめとするローカル局BS、CSで製作・放送されており、キー局ではテレビ東京で製作されている程度である。その分、インターネットテレビでの製作は盛んとなっている。

本来はレジャー情報・事件、さらには政治・経済等を含む時事問題などをも取り上げる深夜・プライムタイムの情報番組やワイドショー形式の番組であっても、お色気を含む場合は番組自体が「お色気番組」とされることが多かった。しかしこのような硬軟・清濁を織り交ぜた番組は、1960年代から1990年代こそ多かったが2000年代後半以降では皆無である。2000年代後半頃からはスカパー!などの衛星放送で、そのような番組を扱うチャンネルが新設されている。

世間一般では「低俗番組」や「女性蔑視」などの評価を受けることが多く、保護者(PTA)や放送倫理・番組向上機構(通称:BPO)からは常に批判の対象とされている。しかし、BPOは視聴者・スポンサーなどからの苦情を審議する団体であり、テレビ番組に直接クレームを入れている訳ではない。

1990年代までは男女共にも放送されていたものの、2000年代頃からは地上波では水着が限界となっている。女性の場合、その水着でさえもクレームを受ける状況にあり、内容の過激さは年々失われている。これは、未成年者が夜更かしをしてしまうためにBPOなどで審議された結果、規制されたとされている。AV女優のテレビ進出・タレント化もあり、前述の状況と相反し、お色気番組に限らず、AV女優や風俗嬢などが深夜番組に出演するのは珍しいことではなくなっている。

また2010年代以降はコンプライアンス問題による自主規制により、そのテイストはCS専門局やウェブ配信番組に移行している[1][2]

主なお色気番組編集

1960年代編集

1970年代編集

1980年代編集

1990年代編集

2000年代編集

2010年代編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ パンチラ、おっぱいの揉み合い、ブラジリアンワックス!――過激な内容でもオイシイ現場!? AbemaTVとグラドルの関係”. サイゾーpremium (2018年9月30日). 2019年5月10日閲覧。
  2. ^ ネット版『モヤさま』でグラドル大暴れ! 火花バチバチのセクシーアピール合戦で男性スタッフを悩殺” (日本語). メンズサイゾー (2019年4月16日). 2019年5月10日閲覧。
  3. ^ a b c d シロツグ、54頁
  4. ^ a b c d シロツグ、55頁
  5. ^ こじへい (2017年9月12日). “全裸姿がカメラに……伝説のお色気番組を振り返る” (日本語). エキサイトニュース. 2019年5月11日閲覧。
  6. ^ 下地直輝 (2016年12月20日). “乳首も丸出し…もの凄くエロかった「志村けんのバカ殿様」” (日本語). エキサイトニュース. 2019年5月11日閲覧。
  7. ^ こじへい (2017年3月14日). “全裸のAV女優が多数登場……「低俗の限界」に挑んだ伝説の企画とは?” (日本語). エキサイトニュース. 2019年5月11日閲覧。
  8. ^ a b シロツグ、56頁
  9. ^ 男性ウケお色気番組受難の時代 独自路線の深夜バラエティーは生き残れるか – 東京スポーツ新聞社” (日本語). 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社 (2018年4月2日). 2019年5月11日閲覧。

参考文献編集

  • シロツグケンイチ「BPOにモノ申す! オレたち、やっぱり地上波で裸が見たい!! 伝説の『TVエロ企画』30年史」『CIRCUS MAX』第6巻第3号(平成25年6月号)、ベストセラーズ、2013年5月10日、 54-57頁、 全国書誌番号:01022562

関連項目編集