メインメニューを開く
ピアノ、フルート、クラリネット、フレンチホルン等による演奏

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。
ジングルベルの楽譜

ジングルベルJingle Bells)は、クリスマスの時期に世界中で歌われているクリスマスソング代表作の一つ。

目次

概要編集

1857年ジョン・モルガンの叔父で牧師ジェームズ・ロード・ピアポント英語版が作詞作曲した歌で、ボストンにある自分の教会の感謝祭のお祝いで歌うために作った。最初につけられた歌の名前は、One Horse Open Sleigh(1頭立ての)であった(この原曲は、唱歌「旅愁」の作者ジョン・P・オードウェイ英語版に献呈されている)。大変好評であったため、クリスマスでも歌われ、その後アメリカ中に広まっていき、タイトルもジングルベルに変わった。

歌詞の中には宗教的な語句やクリスマスに対する言及がなく、若者たちが冬に橇で競争する様子を歌った歌である。4番まであるが、1番とコーラス部分だけが広く歌われている。

2007年11月28日に、「ジングルベル」作曲150年を記念して、松崎しげるら複数アーティストがカバーした「ジングルベル」を収録したアルバム『Jingle All the Way!』が発売された(詳しくは#「Jingle All the Way!」参加歌手参照)。

日本語訳詞編集

日本では1941年(昭和16年)に藤浦洸の訳詞で『青空行けば』(歌:志村道夫)が最初のジングルベルの日本語カバーとされているが、戦時下に発表されたので内容はクリスマスとは程遠いものとなっている。第二次世界大戦後は、宮澤章二の訳詞[1]・庄野正典の訳詞・高田三九三の訳詞[1]堀内敬三の訳詞[1]音羽たかしの訳詞[1]小林純一の訳詞・久野静夫の訳詞[1]・藤村閑夫の訳詞・新沢としひこの訳詞[1]安西愛子の訳詞[1]など複数の歌詞が発表されている。

1953年には江利チエミ美空ひばり雪村いづみのいわゆる「三人娘」がそれぞれ「ジングルベル」をレコード化し、同年だけで各シングルの売上はいずれも3〜4万枚に達した[2]

主なカバー編集

日本以外の歌手・演奏家編集

日本の歌手・演奏家編集

歌手名 訳詞[注 1] 収録作品
江利チエミ 音羽たかし 1952年、シングル「サイレント・ナイト/ジングル・ベル」、1953年、シングル「ジングル・ベル/ホワイト・クリスマス
美空ひばり 藤浦洸 1953年、シングル「ジングル・ベル/クリスマス・ワルツ」
雪村いづみ 井田誠一 1953年、シングル。裏面はナンシー梅木の「ホーリー・ナイト」。1955年にはアレンジ版「ジングル・ベル・マンボ」(訳詞:井田誠一。シングル。裏面はフランク永井の「グッド・ナイト・スイート・ハート」)としてカバー
大橋節夫とハニーアイランダース 井田誠一 1954年、シングル
古賀さと子 井田誠一 1954年、シングル「ジングル・ベル/きらめく星よ」、B面は田端典子の歌唱
近藤圭子 音羽たかし シングル「ジングルベル/サンタ・クロースさんいらっしゃい」、B面は石井玲子の歌唱
小坂一也ワゴン・マスターズ 服部レイモンド 1955年10月、シングル「ジングル・ベルズ/ホワイト・クリスマス」(B面は旗照夫ダーク・ダックスの歌唱)、1957年発売のコンパクト盤『ジングルベル』
川田孝子、ゆりかご会 野上彰 1956年、シングル「たのしいクリスマス/ジングル・ベル」のB面、A面は田端典子の歌唱
山下敬二郎とレッド・コースターズ 1958年、シングル「敬ちゃんのジングル・ベル」
ザ・ピーナッツ 音羽たかし シングル。1960年録音版(演奏:シックス・ジョーズ)と1962年録音版(演奏:レオン・サンフォニエット)の2種あり。初期録音版は「ジングル・ベルズ」。B面曲は盤によって「サンタクロースがやってくる」「サンタが町にやってくる」「ホワイト・クリスマス」の3種あり
森山加代子 ホセしばさき 1960年11月、シングル。裏面は水原弘の「ホワイト・クリスマス」
北原謙二スリー・グレイセス 服部レイモンド 1961年、シングル。裏面は飯田久彦の「サンタ・クロースがやって来る」
田代みどり タカオカンベ(神戸孝夫 1961年、シングル「ジングル・ベル/サンタクロースが町に来る」
坂本九ダニー飯田とパラダイスキング ホセしばさき 1961年11月、シングル「九ちゃんのジングル・ベル/赤鼻のトナカイ
弘田三枝子 高田三九三 1962年、シングル「ミコのジングル・ベル/ブルー・クリスマス」
中尾ミエ 井田誠一 1962年、シングル「ジングルベル/ホワイト・クリスマス」
バッキー白片とアロハ・ハワイアンズ シングル「マンボ・ジングルベル/蛍の光」
梅木マリ ホセしばさき 1962年、シングル「ジングル・ベル/赤鼻のトナカイ」
後藤久美子 高田三九三 1962年、シングル「ジングル・ベル/ママがサンタにキッスした」
吉永小百合アンサンブル・ボッカ 井田誠一 1963年、吉永のシングル「きよしこのよる/ジングルベル」
鶴岡雅義とトリオ・ロス・カバジェロス 1963年、シングル「ジングル・ベル/きよしこの夜」
西郷輝彦 高田三九三 1964年、シングル「ジングルベル/きよしこの夜」
クール・キャッツ 1964年、シングル「ジングル・ベル/ママがサンタにキスした」
藤木孝 シングル「ジングル・ベル/聖夜」
奥村チヨ ホセしばさき 1965年、シングル「ジングル・ベル/赤鼻のトナカイ」
美樹克彦 1965年、シングル「ジングルベル/サンタクロースが町に来る」
ジャッキー吉川とブルー・コメッツ 1965年発表、1966年、シングル「ジングル・ベル/ブルー・クリスマス」。
詳細はジングル・ベル (ジャッキー吉川とブルー・コメッツの曲)を参照
加山雄三 堀内敬三 1966年、シングル「ジングル・ベル/ぼくのクリスマス」
石原裕次郎 1966年、アルバム『裕次郎のクリスマス・キャロル』収録
舟木一夫 丘灯至夫 1966年、シングル「ジングル・ベル/おやすみ恋人よ」
山田淑子コロムビアゆりかご会 高田三九三 1966年、LP『よいこのクリスマスとお正月』(コロムビア/KKS-20001)に収録
由美かおる 高田三九三 1967年、シングル「ジングル・ベル/赤鼻のトナカイ」
小畑ミキ 1967年、コンパクト盤『ミキのクリスマス』収録。曲名は「ジングル・ベルズ」
山本リンダ 小川道雄 1967年、シングル「サンタが町にやってくる/ジングル・ベル」
ピンキーとキラーズ 音羽たかし 1969年、シングル「ピンキラのジングルベル/ホワイト・クリスマス」
ベイビー・ブラザーズ 1970年10月、シングル「ジングル・ベル/赤鼻のトナカイ」
デストロイヤー 1974年、シングル「赤鼻のトナカイ/ジングル・ベル」
香山リカボニージャックス 1974年、コンパクト盤『リカちゃんクリスマス』に収録。曲名は「リカちゃんのジングルベル」
天地真理 1974年、 『天地真理オン・ステージ』収録
クリケッツ 1976年、シングル「ジングルベル/赤鼻のトナカイ」
東京少年少女合唱隊 1979年、『楽しいよい子のクリスマス』収録
柏原よしえ 音羽たかし 1982年11月5日、『よしえのクリスマス』収録
チェリッシュ 高田三九三 1989年、『チェリッシュのたのしいサンタクロース』収録
小鳩くるみ
和田弘とマヒナスターズ
山野さと子コロムビアゆりかご会 宮澤章二
内田順子森の木児童合唱団 宮澤章二
一城みゆ希 1994年11月9日、『親子で歌うクリスマス』収録
矢口真里モーニング娘。)、アヤカ松浦亜弥石井リカ 小林純一 2001年11月29日発売のアルバム『ザ・童謡ポップス1 クリスマスと冬のうた集』収録
タンポポ児童合唱団 宮澤章二 アルバム『たのしいクリスマス』収録
ボニージャックス
馬場祐美東映児童合唱団 フジテレビ系列で毎年クリスマス時期に放送されている『明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー』ではオープニングテーマとして使用されている
MUSASHI'S (ムサシーズ)
Q;indivi Starring Rin Oikawa アルバム『Winter Celebration』収録
doa アルバム『Christmas Non-Stop Carol』収録
岩男潤子 ミニアルバム『18番街の奇跡』収録
林原めぐみ 宮澤章二 アルバム『たのしいどうよう』収録
大和田美帆今井清隆伊東えり原田優一 音羽たかし 2018年、アルバム『今宵あなたとメリー・クリスマス!』収録

「Jingle All the Way!」参加歌手編集

「Jingle All the Way!」は、様々な歌手が歌った「ジングルベル」を収録したコンピレーションアルバム。2007年11月28日発売。以下、参加歌手。「」内は、曲名。

アニメ・ゲーム・子供向け番組関連のもの編集

歌手名 作品名 訳詞[注 1] 収録作品
キャラクター名 歌手名[注 3]
Q太郎 曽我町子 オバケのQ太郎(初代) 高田三九三 1966年11月10日発売
『オバQクリスマス』(コロムビア盤)収録
P子 水垣洋子
正ちゃん 田上和枝
松島みのり[注 4] 怪物くん しばさきそうすけ 1968年11月発売
『怪物くんのクリスマス』収録
白石冬美
大竹宏
兼本新吾
玉川さきこ ムーミン 庄野正典 1970年12月発売
『ムーミンのクリスマス』収録
館野令子
高木均
高村章子
西本裕行
堀絢子[注 5]
石毛恭子 ママとあそぼう!ピンポンパン 1973年11月発売
『ピンポンパンのクリスマス』(コロムビア盤)
『クリスマス・ソング』(キャニオン盤)収録
小原乃梨子 バーバパパ
1977年版)
庄野正典 1977年11月発売
『バーバパパのクリスマス たのしいうたとおはなし』収録
肝付兼太
鶴岡弥生 スーキャット 大矢弘子 曲名は「スーキャットのジングルベル」
1980年11月発売
『スー・キャット物語 青い風の日』収録
ヨーヨー
小山茉美 Dr.スランプ アラレちゃん 高田三九三 1981年11月発売
アラレちゃんのクリスマス』収録
内海賢二
堀絢子[注 5] 忍者ハットリくん(アニメ版) 高田三九三 1982年12月1日発売
『ドラえもんのクリスマス/もうすぐお正月、ハットリくん』収録
三田ゆう子
緒方賢一
神谷明 キン肉マン 高田三九三 1984年11月発売
『キン肉マンのクリスマス』収録
松島みのり[注 4]
こおろぎ'73
森みゆき おかあさんといっしょ 音羽たかし 1985年発売
『NHKおかあさんといっしょ にこにこぷんのクリスマス』(カセットテープ。NHKサービスセンター・ポリドール/15CX-3719)収録
坂田おさむ
堀江美都子 愛少女ポリアンナ物語 宮澤章二 1986年11月1日発売
『ポリアンナのクリスマス』収録
ドリーミング[注 2] それいけ!アンパンマン 宮澤章二 1989年録音[注 2]
じゃじゃまる 肝付兼太 にこにこぷん 1988年11月26日発売
『にこにこぷんのクリスマス』(8cmミニアルバム)収録
ぴっころ 横沢啓子
ぽろり 中尾隆聖
神崎ゆう子 おかあさんといっしょ 音羽たかし
坂田おさむ
野原しんのすけ 矢島晶子 クレヨンしんちゃん AIKO 曲名は「しんちゃんのジングル・ベル'93」
1993年11月28日発売
『クレヨンしんちゃん クリスマス&お正月』収録
野原みさえ ならはしみき
タンポポ児童合唱団 ミッフィー 宮澤章二 ミッフィーCDシリーズ
速水けんたろう おかあさんといっしょ 「クリスマス・メドレー」の1曲として収録
1995年10月20日発売
『NHKおかあさんといっしょ みんなでクリスマス』収録
茂森あゆみ
岸祐二 激走戦隊カーレンジャー 宮澤章二 曲名は「ジングルベル〜フルアクセル・ヴァージョン」
1996年11月1日発売
『激走戦隊カーレンジャー Merry Xmas! from CARRANGER』収録
増島愛浩
福田佳弘
本橋由香
来栖あつこ
まるたまり
久川綾 美少女戦士セーラームーンSuperS 宮澤章二 1995年12月1日発売
美少女戦士セーラームーンSuperS Christmas For You』収録
菅原祥子 もっと!ときめきメモリアル 1997年11月21日発売
『ときめきメモリアル ファンタスティック・クリスマスパーティー』収録
黒崎彩子
川口雅代
きらめき合唱隊
春風どれみ 千葉千恵巳[注 6] おジャ魔女どれみ 音羽たかし 1999年11月21日発売
おジャ魔女CDくらぶ その7 MAHO堂のおジャ魔女クリスマスカーニバル!!』収録
藤原はづき 秋谷智子[注 6]
妹尾あいこ 松岡由貴[注 6]
高石タケル 山本泰輔 デジモンアドベンチャー02 宮澤章二 2000年11月2日発売
『デジモンアドベンチャー02 クリスマスファンタジー』
火田伊織 浦和めぐみ
田中真弓[注 7] ONE PIECE 藤林聖子 曲名は「歌え!クリスマス〜ジングルベル」。
2004年11月25日発売
ワンピースのクリスマス』収録
中井和哉[注 7]
岡村明美[注 7]
山口勝平[注 7]
平田広明[注 7]
大谷育江[注 7][注 8]
山口由里子[注 7]
矢尾一樹[注 7]
ガッシュ・ベル 大谷育江[注 8] 金色のガッシュベル!! 宮澤章二 2004年11月26日発売
『金色のガッシュベル!! キャラクターソングデュエットシリーズ LEVEL.1』収録
ティオ 釘宮理恵
キャンチョメ 菊池正美
エルモ 松本健太 セサミストリート
テレビ東京版)
2005年11月16日発売
『ハッピー! セサミストリート クリスマス』収録
ティーナ 水城レナ
ビッグバード 鶴岡聡
クッキーモンスター 菊地慧
モジャボ 田中英樹
アーサー 竹田佳央里
東京少年少女合唱隊
マイメロディ 佐久間レイ おねがいマイメロディ すっきり♪ 宮澤章二 2007年12月5日発売
『おねがいマイメロディ クリスマすっきり♪』収録
夢野歌 片岡あづさ
桃園ラブ 沖佳苗[注 9] フレッシュプリキュア! 六ツ見純代 曲名は「プリキュア☆ハッピー☆クリスマス」。
2009年11月26日発売
フレッシュプリキュア! ボーカルアルバム2 〜笑顔のおくりもの〜』収録
ヤング・フレッシュ[注 9]
松原美香 しまじろう ヘソカ 音羽たかし 曲名は「パパとママへのジングルベル」
2011年に音楽配信で発売
2012年3月28日発売
『しまじろう うた・ダンス ヒットソングコレクション2』収録
横山だいすけ おかあさんといっしょ 音羽たかし 2016年6月1日発売
『おかあさんといっしょ とっておきのこどものうた』収録
三谷たくみ
ポッピーピポパポ 松田るか 仮面ライダーエグゼイド ポッピーピポパポ 曲名は「ピンプルペル」
2017年8月16日発売
『仮面ライダーエグゼイド TV主題歌&挿入歌 ベストソングコレクション』収録

歌詞編集

1番
Dashing through the snow, in a one-horse open sleigh,
O'er the fields we go, laughing all the way.
Bells on bob-tails ring, making spirits bright,
What fun it is to ride and sing a sleighing song tonight.
コーラス
Jingle bells, jingle bells,
Jingle all the way!
O what fun it is to ride
In a one-horse open sleigh.
2番
A day or two ago
I thought I'd take a ride
And soon Miss Fanny Bright
Was seated by my side
The horse was lean and lank
Misfortune seemed his lot
We ran into a drifted bank
And there we got upsot
3番
A day or two ago
The story I must tell
I went out on the snow
And on my back I fell
A gent was riding by
In a one-horse open sleigh
He laughed at me as I there lay
But quickly drove away
4番
Now the ground is white
Go it while you're young
Take the girls along
and sing this sleighing song
Just bet a bobtailed bay
Two-forty as his speed
Hitch him to an open sleigh and crack!
You'll take the lead

解説編集

1番は雪の中を橇で走り行く楽しさを歌っている。2番では女の子を誘って、2人で乗っていたが、雪の塊に突っ込み、橇をひっくり返してしまう。3番では、数日前に橇をひっくり返してしまい、近くを橇で通りかかった人に笑われてしまったことを本人が語っている。4番では、再び女の子を誘い、友達とスピードを競い合い、賭けに興じている。

替え歌編集

雛祭りの歌「うれしいひなまつり」と同じように、無数の替え歌が作られており、次のように始めの歌詞を作り変えているものが有名である。この後にも銃をモチーフにした替え歌が続く。

Jingle bells, shotgun shells
ジングルベル、ショットガン・シェルズ(弾)

他にはアメリカのスーパーヒーローを歌詞に歌いこんだものが、アメリカの小学生の間で受け継がれている。このバージョンは1960年代半ばから知られるようになった[3] 。歌詞中のロビンは、鳥の名前とキャラクターの名前を引っ掛けてある。このバージョンはテレビ番組で歌われることがあり、アメリカで1992年(日本放送は1993年)に放送された『バットマン』の「メリークリスマス ジョーカー!」ではジョーカーが歌い[注 10]、『ザ・シンプソンズ』の「シンプソン家のクリスマス」という回ではバート・シンプソンが歌った[4][注 11]。映画『プリズナーズ』の劇中でも歌われる。 また、このバージョンからさらに派生したバージョンも存在する[5]

Jingle bells, Batman smells,
Robin laid an egg,
the Batmobile lost a wheel
and the Joker got away.
ジングルベル、バットマンはくさい
ロビンはドジをふんだ(直訳:卵を産んだ)
バットモービルのタイヤがパンクして
ジョーカーは逃げてしまった

替え歌とは少し違うものの、デンマークの音楽家カール・ワイズマン(Carl Weismann)[注 12]とドン・チャールズ(Don Charles)[注 13]が、1955年に犬の鳴き声のテープを使って(「シンギング・ドッグス英語版」名義)ジングルベルの歌を作り上げたものも有名になっている。アメリカでは1972年ビルボード誌のクリスマス・チャートで1位を獲得した。日本では1972年RCAレコードから「わんちゃんのジングル・ベル」(カール・ワイズマン(指揮)、わんわん合唱団、SS-2222(M))として発売され、その年だけで5万枚を売り上げた[6]

サンプル編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ a b いる場合や判明している場合のみ記述。
  2. ^ a b c ドリーミングは、『それいけ!アンパンマン』内で「ジングルベル」を歌唱。その後、別バージョンではあるが、ドリーミング歌唱の「ジングルベル」が「Jingle All the Way!」にも収録されている。
  3. ^ 声優などのキャラクターの担当者の名前。
  4. ^ a b 松島みのりは、『怪物くん』と『キン肉マン』の2作品のキャラクターソングで、「ジングルベル」を歌唱している。なお、担当するパートなども別のものとなっている。
  5. ^ a b 堀絢子は、『ムーミン』と『忍者ハットリくん』の2作品のキャラクターソングで、「ジングルベル」を歌唱している。なお、担当するパートなども別のものとなっている。
  6. ^ a b c MAHO堂名義での発売。
  7. ^ a b c d e f g h 7人の麦わら海賊団名義での発売。
  8. ^ a b 大谷育江は、『ONE PIECE』と『金色のガッシュベル!!』の2作品のキャラクターソングで、「ジングルベル」を歌唱している。なお、担当するパートなども別のものとなっている。また、この2作品のキャラクターソングの発売日は偶然にも同年の11月25日と11月26日で、それぞれ他の歌手(声優)とのユニットとしての参加ではあるものの、大谷の「ジングルベル」が2日連続で発売された。
  9. ^ a b 桃園ラブ(沖佳苗)withヤング・フレッシュ名義での発売。
  10. ^ 英語版の音源は2016年発売のCD『The Music of DC Comics Vol.2』に「Christmas With the Joker / Jingle Bells Batman Smells」として収録。歌手名は「Shirley Walker feat. Mark Hamill」。
  11. ^ ただし、日本語版「シンプソン家のクリスマス」のバージョンは歌詞が若干異なる
  12. ^ 『読売新聞』1973年3月7日付夕刊、9面の記事ではオランダ人となっている。
  13. ^ イギリスの音楽プロデューサードン・チャールズ英語版とは別人。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g ジングルベルの歌詞が知りたい。歌詞の違いがあるのはなぜか?、レファレンス協同データベース、2017年11月22日 11時47分更新。
  2. ^ 「前年の旧盤が売れる クリスマス・レコード」『読売新聞』1954年11月5日付夕刊、2面。
  3. ^ Studwell, William Emmett (1994). The Popular Song Reader: A Sampler of Well-Known Twentieth Century-Songs. Psychology Press. pp. 224. 
  4. ^ Groening, Matt (2001年). The Simpsons season 1 DVD commentary for the episode "Simpsons Roasting on an Open Fire" (DVD). 20th Century Fox. 
  5. ^ Bronner, Simon J. (1988). American Children's Folklore. August House. pp. 105. 
  6. ^ 「本もの使った異色レコード カエルが歌う」『読売新聞』1973年3月7日付夕刊、9面。

外部リンク編集