NECグリーンロケッツ東葛

日本のラグビーチーム

NECグリーンロケッツ東葛(NECグリーンロケッツとうかつ、: NEC Green Rockets Tokatsu)は、千葉県我孫子市柏市松戸市流山市野田市鎌ケ谷市白井市印西市をホストエリアとしてJAPAN RUGBY LEAGUE ONEに所属しているラグビーチームである。2021年5月までのチーム名は「NECグリーンロケッツ」。

NECグリーンロケッツ東葛
クラブカラー  
愛称 グリーンロケッツ
創設年 1985年
本拠地 千葉県我孫子市柏市松戸市流山市野田市鎌ケ谷市白井市印西市[1]
グラウンド Kashiwanoha2011110501.JPG
柏の葉公園総合競技場
収容人数 20,000
代表者 梶原健
監督 ロバート・テイラー(HC)
所属リーグ JAPAN RUGBY LEAGUE ONE
ファーストカラー
セカンドカラー
公式サイト
https://green.necrockets.net/
テンプレートを表示

概要・歴史編集

1985年に創部し関東社会人4部リーグからスタート。1987年度の関東2部リーグ優勝、さらに全国社会人大会初出場でいきなり8強進出を果たした。

その後は東日本社会人リーグで着実にレベルアップを果たす。2002年度は東日本社会人リーグ7位の低迷から巻き返して、全国社会人大会ベスト4を経て日本選手権で優勝し、初タイトルを獲得。この年の東日本社会人リーグの7位は、全国社会人大会に出場出来るギリギリの順位であり、同様に全国社会人大会のベスト4も日本選手権に出場できるギリギリの成績であった。そのような状況からの日本一に、マスコミから「ミラクル7」と呼ばれた。

2003年度に開幕したジャパンラグビートップリーグでは、初年度は6位で終わるも、上位8チームによるトーナメント戦のマイクロソフトカップでトップリーグ1位の神戸製鋼コベルコスティーラーズを破り、初代カップチャンピオンに輝く。

また2004年度は、日本選手権トヨタ自動車ヴェルブリッツとの大接戦を制し2年ぶりに日本一のタイトルを奪還した。2005年度の日本選手権でも東芝府中ブレイブルーパスと優勝を分け合い、日本選手権連覇を達成した。2006年度以降、トップリーグでの成績は徐々に下降線を辿ったが、トップリーグ終了後の日本選手権には2008年度から4季連続で出場した。2011年度はトップリーグのリーグ戦で4位に入り、初めてプレーオフトーナメントに進出したが、セミファイナルでサントリーに大敗し3位でシーズンを終えた。2014年度の日本選手権では大学王者の帝京大学に25-31で敗れた[注 1]

2020年12月、千葉県我孫子市及び柏市と連携協定を締結[2]

2021年6月、新リーグ発足に向けて、千葉県東葛エリアをホームタウンとし、チーム名を「NECグリーンロケッツ東葛」に変更[3]。7月、松戸市及び野田市と連携協定を締結[4][5]。 同年7月16日、新リーグJAPAN RUGBY LEAGUE ONEの1部リーグに振り分けされることになった[6]。9月、流山市と連携協定を締結[7]。11月、鎌ケ谷市と連携協定を締結[8]。12月、白井市及び印西市と連携協定を締結[9][10]

タイトル編集

全国大会
最上位リーグ

なし

トップリーグ・カップ戦

スタジアム・練習場編集

成績編集

全国社会人大会戦績編集

年度 地区 成績 備考
40 1987 関東 ベスト8 2 0 1 1 18 49 -31 NECのチーム名で出場
1回戦は引分(抽選で上位進出)
41 1988 東日本 ベスト8 2 1 0 1 29 40 -11
43 1990 東日本[注 4] 1回戦敗退 1 0 0 1 16 21 -5 日本電気にチーム名変更
44 1991 東日本 1回戦敗退 1 0 0 1 10 46 -36
45 1992 東日本 1回戦敗退 1 0 0 1 0 72 -72
46 1993 東日本 ベスト8 2 1 0 1 38 56 -18 NECにチーム名変更
47 1994 東日本 ベスト8 2 1 0 1 35 36 -1
49 1996 東日本 ベスト8 4 2 0 2 168 157 11
50 1997 東日本 ベスト8 4 2 0 2 110 100 10
51 1998 東日本 ベスト8 4 2 0 2 201 79 122
52 1999 東日本 ベスト4 5 4 0 1 177 125 52 日本選手権に出場
53 2000 東日本 ベスト4 3 2 0 1 122 74 48 日本選手権に出場
54 2001 東日本 ベスト8 2 1 0 1 121 27 94
55 2002 東日本 ベスト4 5 3 1 1 131 87 44 準々決勝は引分(トライ数で上位進出)
日本選手権に出場

リーグ戦戦績編集

トップリーグ創設以前編集

年度 所属リーグ Div. 順位 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点 得失差 備考
1985 関東社会人リーグ 4部-A 4部 1位 6 6 0 0 ≥444 ≥3 不明 1試合のスコア不明
1986 関東社会人リーグ 3部-D 3部 1位 6 6 0 0 ≥410 ≥20 不明 2試合のスコア不明
1987 関東社会人リーグ 2部-B 2部 1位 6 6 0 0 362 40 322
1988 東日本社会人リーグ 1部 6位 7 3 0 4 210 125 85
1989 東日本社会人リーグ 1部 6位 7 1 0 6 135 228 -93 3チーム同率6位
1990 関東社会人リーグ 1部 2部 優勝 詳細不明
1991 東日本社会人リーグ 1部 5位 7 3 0 4 136 140 -4
1992 東日本社会人リーグ 1部 5位 7 3 0 4 185 233 -48 同率5位
1993 東日本社会人リーグ 1部 6位 7 2 1 4 127 178 -51
1994 東日本社会人リーグ 1部 4位 7 3 0 4 179 152 27 3チーム同率4位
1995 東日本社会人リーグ 1部 6位 7 2 0 5 102 208 -106 同率6位
1996 東日本社会人リーグ 1部 4位 7 4 1 2 179 153 26
1997 東日本社会人リーグ 1部 3位 7 5 0 2 222 183 39
1998 東日本社会人リーグ 1部 3位 7 5 0 2 265 196 69
1999 東日本社会人リーグ 1部 2位 7 5 1 1 240 146 94
2000 東日本社会人リーグ 1部 2位 7 6 0 1 231 170 61
2001 東日本社会人リーグ 1部 2位 7 6 0 1 328 163 165
2002 東日本社会人リーグ 1部 5位 7 2 0 5 164 202 -38 3チーム同率5位

トップリーグ創設以降編集

シーズン 所属リーグ Div. 順位 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点 得失差 勝点 結果 カップ戦 日本選手権
2003-2004 トップリーグ 1部 6位 11 5 2 4 411 274 137 30 リーグ戦:6位 マイクロソフトカップ:優勝 ベスト4
2004-2005 トップリーグ 1部 3位 11 9 0 2 407 253 154 44 リーグ戦:3位 マイクロソフトカップ:ベスト8 優勝
2005-2006 トップリーグ 1部 3位 11 9 0 2 270 136 134 41 リーグ戦:3位 マイクロソフトカップ:ベスト4 優勝[注 2]
2006-2007 トップリーグ 1部 7位 13 7 0 6 281 321 -40 38 リーグ戦:7位  
2007-2008 トップリーグ 1部 6位 13 9 0 4 358 284 74 42 リーグ戦:6位  
2008-2009 トップリーグ 1部 5位 13 8 0 5 298 309 -11 37 リーグ戦:5位   ベスト8
2009-2010 トップリーグ 1部 10位 13 4 0 9 224 280 -56 25 リーグ戦:10位   ベスト4
2010-2011 トップリーグ 1部 6位 13 7 0 6 276 332 -56 34 リーグ戦:6位   初戦敗退
2011-2012 トップリーグ 1部 3位 13 8 0 5 349 314 35 41 リーグ戦:4位
プレーオフトーナメント:ベスト4
  ベスト4
2012-2013 トップリーグ 1部 8位 13 6 0 7 399 375 24 32 リーグ戦:8位  
2013-2014 トップリーグ 1部 8位 7 5 0 2 193 138 55 25 リーグ戦:1stステージ・プールA・2位  
7 0 0 7 130 210 -80 7 リーグ戦:2ndステージ・グループA・8位
2014-2015 トップリーグ 1部 10位 7 2 0 5 194 233 -39 14 リーグ戦:1stステージ・プールA・6位   初戦敗退
7 5 0 2 148 114 34 27 リーグ戦:2ndステージ・グループB・2位
2015-2016 トップリーグ 1部 15位 7 1 1 5 100 202 -102 7 リーグ戦:プールB・7位
順位決定トーナメント:15位
入替戦:残留
プレシーズンリーグ:12位
2016-2017 トップリーグ 1部 10位 15 6 1 8 337 401 -64 30 リーグ戦:10位  
2017-2018 トップリーグ 1部 8位 13 6 0 7 250 323 -73 26 リーグ戦:ホワイトカンファレンス・4位
総合順位決定トーナメント:8位
 
2018-2019 トップリーグ 1部 10位 7 3 0 4 171 191 -20 14 リーグ戦:レッドカンファレンス・5位
総合順位決定トーナメント:10位
トップリーグカップ:10位
2020 トップリーグ 1部 大会中止[11] トップリーグカップ:プール戦敗退[注 5]
2021 トップリーグ 1部 9位 7 0 0 7 139 324 -185 1 リーグ戦:ホワイトカンファレンス・8位
プレーオフトーナメント:2回戦敗退
 
2022 リーグワン DIVISION 1 1部 12位 16 2 0 14 307 535 -228 14 リーグ戦:12位
入替戦:残留

2022-23シーズンの順位編集

JAPAN RUGBY LEAGUE ONE 2022-23
Division 1 順位表
(2023年1月17日時点[12]
編集
チーム 試合数 勝ち点 得点 失点 得失差
1 埼玉ワイルドナイツ 4 17 4 0 0 111 57 54
2 クボタスピアーズ船橋・東京ベイ 4 16 3 1 0 175 64 111
3 東京サンゴリアス 4 14 3 0 1 139 92 47
4 三菱重工相模原ダイナボアーズ 4 13 3 0 1 89 92 -3
5 横浜キヤノンイーグルス 4 11 2 1 1 163 96 67
6 東芝ブレイブルーパス東京 4 10 2 0 2 84 68 16
7 コベルコ神戸スティーラーズ 4 9 2 0 2 150 147 3
8 ブラックラムズ東京 4 8 2 0 2 78 98 -20
9 トヨタヴェルブリッツ 4 6 1 0 3 100 116 -16
10 グリーンロケッツ東葛 4 4 1 0 3 95 167 -72
11 静岡ブルーレヴズ 4 2 0 0 4 78 109 -31
12 花園近鉄ライナーズ 4 1 0 0 4 89 245 -156
  • 勝ち点は、勝ち4点、引き分け2点、負け0点。[13]
  • ただし、7点差以内の負けは1点を付与、3トライ差以上での勝ちは追加で1点を付与。
  • 同じ勝ち点である場合は下記の順番で順位を決定する。
  1. 勝ち点
  2. 勝利数
  3. ①および②が同数であったチーム間の勝ち点
  4. ①、②および③が同数であったチーム間の得失点差
  5. 全試合の得失点差
  6. 当該チーム間のトライ数
  7. 全試合でのトライ数
  8. 当該チーム間のトライ後のゴール数
  9. 全試合でのトライ後のゴール数
  10. 抽選

2022-23シーズンのスコッド編集

NECグリーンロケッツ東葛2022-23シーズンのスコッドは下記のとおり[14]

ヘッドコーチ: ロバート・テイラー

選手 ポジション 身長 体重 誕生日(年齢[15] 登録区分[16]
土井貴弘 プロップ 182cm 113kg (1986-08-22)1986年8月22日(36歳) カテゴリA
瀧澤直 プロップ 175cm 115kg (1986-09-30)1986年9月30日(36歳) カテゴリA
上田聖 プロップ 181cm 112kg (1989-04-08)1989年4月8日(33歳) カテゴリA
當眞琢 プロップ 183cm 120kg (1996-09-21)1996年9月21日(26歳) カテゴリA
石田楽人 プロップ 178cm 110kg (1998-01-09)1998年1月9日(24歳) カテゴリA
久保優 プロップ 178cm 110kg (1998-04-28)1998年4月28日(24歳) カテゴリA
菊田圭佑 プロップ 174cm 115kg (1998-06-15)1998年6月15日(24歳) カテゴリA
山本耕生 プロップ 173cm 98kg (1999-08-24)1999年8月24日(23歳) カテゴリA
アッシュ・ディクソン フッカー 182cm 102kg (1988-09-01)1988年9月1日(34歳) カテゴリB
佐藤耀 フッカー 178cm 100kg (1994-01-27)1994年1月27日(28歳) カテゴリA
新井望友 フッカー 170cm 94kg (1998-02-15)1998年2月15日(24歳) カテゴリA
小林恵太 フッカー 174cm 106kg (1999-08-04)1999年8月4日(23歳) カテゴリA
大澤蓮 フッカー 180cm 103kg (1999-10-04)1999年10月4日(23歳) カテゴリA
ジェイク・ボール ロック 199cm 121kg (1991-06-21)1991年6月21日(31歳) カテゴリC
ルーク・ポーター ロック 201cm 119kg (1997-04-03)1997年4月3日(25歳) カテゴリB
山極大貴 ロック 198cm 103kg (1997-07-24)1997年7月24日(25歳) カテゴリA
権丈太郎 フランカー 185cm 100kg (1986-01-09)1986年1月9日(36歳) カテゴリA
細田佳也 フランカー 192cm 103kg (1987-08-05)1987年8月5日(35歳) カテゴリA
フェトゥカモカモ・ダグラス フランカー 190cm 110kg (1991-04-18)1991年4月18日(31歳) カテゴリB
大和田立 フランカー 178cm 95kg (1992-01-14)1992年1月14日(30歳) カテゴリA
亀井亮依 フランカー 178cm 97kg (1994-10-08)1994年10月8日(28歳) カテゴリA
アセリ・マシヴォウ フランカー 189cm 108kg (1997-03-09)1997年3月9日(25歳) カテゴリA
カヴァイア・タギヴェタウア フランカー 190cm 104kg (1997-08-08)1997年8月8日(25歳) カテゴリA
ジョージ・リサレ ナンバー8 186cm 115kg (1993-01-22)1993年1月22日(29歳) カテゴリB
田中史朗 スクラムハーフ 166cm 75kg (1985-01-03)1985年1月3日(37歳) カテゴリA
ニック・フィップス スクラムハーフ 180cm 87kg (1989-01-09)1989年1月9日(33歳) カテゴリC
木村友憲 スクラムハーフ 168cm 78kg (1992-10-23)1992年10月23日(30歳) カテゴリA
藤井達哉 スクラムハーフ 164cm 64kg (2000-03-15)2000年3月15日(22歳) カテゴリA
前田土芽 スタンドオフ 179cm 91kg (1996-11-30)1996年11月30日(26歳) カテゴリA
金井大雪 スタンドオフ 178cm 88kg (1997-01-29)1997年1月29日(25歳) カテゴリA
松尾健 スタンドオフ (1979-07-17)1979年7月17日(43歳) カテゴリA
レメキロマノラヴァ   ウイング 178cm 96kg (1989-01-20)1989年1月20日(33歳) カテゴリA
タンゲレ・ナイヤラボロ ウイング 195cm 130kg (1991-12-07)1991年12月7日(31歳) カテゴリC
後藤輝也 ウイング 177cm 80kg (1991-12-18)1991年12月18日(30歳) カテゴリA
児玉健太郎 ウイング 183cm 90kg (1992-01-28)1992年1月28日(30歳) カテゴリA
宮島裕之 ウイング 182cm 85kg (1992-09-23)1992年9月23日(30歳) カテゴリA
尾又寛汰 ウイング 171cm 82kg (1994-11-02)1994年11月2日(28歳) カテゴリA
杉本悠馬 ウイング 178cm 86kg (1997-12-16)1997年12月16日(25歳) カテゴリA
宮宗翔 ウイング 182cm 86kg (1999-06-22)1999年6月22日(23歳) カテゴリA
ティム・ベネット センター 183cm 95kg (1990-08-01)1990年8月1日(32歳) カテゴリA
マリティノ・ネマニ センター 181cm 101kg (1991-05-24)1991年5月24日(31歳) カテゴリB
松浦康一 センター 183cm 95kg (1993-08-03)1993年8月3日(29歳) カテゴリA
クリスチャン・ラウイ センター 180cm 105kg (1998-09-08)1998年9月8日(24歳) カテゴリA
小幡将己 センター 181cm 83kg (1998-12-25)1998年12月25日(23歳) カテゴリA
トム・マーシャル フルバック 183cm 94kg (1990-07-05)1990年7月5日(32歳) カテゴリB

過去の所属選手編集

( )内の数字は代表キャップ数、アルファベットは国籍

所属選手の不祥事編集

2021年12月30日、当時の所属選手ブレイク・ファーガソンコカインを使用したとして、麻薬及び向精神薬取締法違反容疑で警視庁に逮捕されたことを受け、2022年1月2日に同選手との契約を解除[17]

緊急対策として、チームの選手・スタッフ全員に対し外部機関による薬物検査を実施し、1月4日までに全員の検査結果が陰性であることが確認された[18]。チームは、「全力でのプレーを通じて信頼回復に努め、ラグビーをはじめとするスポーツ振興や地域活性化への責任を果たしていきたい」とし、1月8日のJAPAN RUGBY LEAGUE ONEの開幕戦に出場することを決定した[18]

なお、今回の一件に関しては、事件の発生後、緊急会議で「開幕戦、あるいは2022年シーズンの出場そのものの辞退や、休廃部などによるリーグ戦自体からの撤退など、あらゆることを検討していた」[19]ことを会見で明かしている。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ トップリーグのチームが大学チームに敗れたのは第43回大会トヨタ自動車早稲田大学に敗れて以来、2例目
  2. ^ a b 東芝府中ブレイブルーパスと両チーム優勝
  3. ^ 2003-2004シーズンから2005-2006シーズンまで開催されたマイクロソフトカップ・トップ8トーナメントを指す。2006-2007シーズンから2008-2009シーズンまで開催された同名称のトップリーグプレーオフは含まない。
  4. ^ 関東社会人リーグ(2部相当)からの出場
  5. ^ 大会名表記は「ジャパンラグビートップリーグカップ2019

出典編集

  1. ^ NECグリーンロケッツ、NECレッドロケッツ  新代表就任およびリブランディングについて
  2. ^ NECグリーンロケッツ 我孫子市・柏市と相互連携協定を締結 . スポーツナビ(2020年12月15日). 2020年12月15日閲覧。
  3. ^ NECグリーンロケッツ、NECレッドロケッツ  新代表就任およびリブランディングについて . NECグリーンロケッツ公式サイト(2021年6月17日). 2021年6月23日閲覧。
  4. ^ NECグリーンロケッツ 松戸市との相互連携に関する協定締結 . NECグリーンロケッツ公式サイト(2021年7月5日). 2021年7月5日閲覧。
  5. ^ NECグリーンロケッツ ラグビーの街、東葛”の実現に向け、新たに千葉県野田市を「ホストエリア」に。 . NECグリーンロケッツ公式サイト(2021年2021/07/16).2021年7月20日閲覧。
  6. ^ ラグビー新リーグ名称は「リーグONE」22年1月7日開幕 1部は神戸製鋼、パナソニックら12チーム”. ヤフースポーツ (2021年7月16日). 2021年7月16日閲覧。
  7. ^ NECグリーンロケッツ 流山市との連携協定を締結 . NECグリーンロケッツ公式サイト(2021年9月17日). 2021年9月27日閲覧。
  8. ^ NECグリーンロケッツ 鎌ケ谷市との連携協定を締結 . NECグリーンロケッツ公式サイト(2021年11月12日). 2021年11月16日閲覧。
  9. ^ NECグリーンロケッツ 白井市との連携協定を締結 . NECグリーンロケッツ公式サイト(2021年12月15日). 2021年12月15日閲覧。
  10. ^ NECグリーンロケッツ 印西市との連携協定を締結 . NECグリーンロケッツ公式サイト(2021年12月17日). 2021年12月19日閲覧。
  11. ^ ジャパンラグビー トップリーグ2020 大会中止のお知らせ”. 日本ラグビーフットボール協会. 2020年3月23日閲覧。
  12. ^ 順位 - JAPAN RUGBY LEAGUE ONE
  13. ^ NTTジャパンラグビー リーグワン2022-23 大会概要およびアーリーエントリーについて - JAPAN RUGBY LEAGUE ONE
  14. ^ NECグリーンロケッツ東葛 選手一覧 - JAPAN RUGBY LEAGUE ONE
  15. ^ 年齢は2022年12月17日の開幕時点のもの
  16. ^ カテゴリ A(日本代表の実績または資格あり)試合登録枠:17 名以上 同時出場可能枠:11 名以上。カテゴリ B(日本代表の資格獲得見込み)試合登録枠:任意 同時出場可能枠:任意。カテゴリ C(他国代表歴あり等、カテゴリ A, B以外)試合登録枠:3名以下
  17. ^ (1/2 追記)NECグリーンロケッツ東葛所属の契約選手の逮捕について | ニュース” (日本語). NECグリーンロケッツ東葛公式サイト. 2022年1月4日閲覧。
  18. ^ a b NECグリーンロケッツ東葛元契約選手逮捕を受けた今後の対応について | ニュース” (日本語). NECグリーンロケッツ東葛公式サイト. 2022年1月4日閲覧。
  19. ^ 東葛が謝罪会見 廃部検討も1・8開幕戦出場へ ラグビーリーグワン(スポーツニッポン)

関連項目編集

日本電気のスポーツチーム編集

外部リンク編集