メインメニューを開く

パティ・シュナイダー(Patty Schnyder、1978年12月14日 - )は、スイスバーゼル出身の女子プロテニス選手。WTAツアーでシングルス11勝、ダブルス5勝を挙げた。自己最高ランキングはシングルス7位、ダブルス15位。左利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。「シュニーダー」と表記されることも多い。

パティ・シュナイダー
Patty Schnyder
Tennis pictogram.svg
Patty Schnyder at the 2010 US Open 01.jpg
パティ・シュナイダー
基本情報
国籍 スイスの旗 スイス
出身地 同・バーゼル
生年月日 (1978-12-14) 1978年12月14日(40歳)
身長 168cm
体重 57kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1994年
引退年 2011年(2015-2018年復帰)
ツアー通算 16勝
シングルス 11勝
ダブルス 5勝
生涯通算成績 899勝675敗
シングルス 669勝430敗
ダブルス 230勝245敗
生涯獲得賞金 $8,570,479
4大大会最高成績・シングルス
全豪 ベスト4(2004)
全仏 ベスト8(1998・2008)
全英 4回戦(2007)
全米 ベスト8(1998・2008)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 ベスト8(2009)
全仏 ベスト4(2005)
全英 3回戦(2004)
全米 ベスト4(2004)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 7位(2005年11月14日)
ダブルス 15位(2005年6月6日)

目次

来歴編集

1994年8月にプロ入り。1996年から女子国別対抗戦・フェドカップのスイス代表選手となる。1998年にシュナイダーは好調なシーズンを送り、全仏オープンで初の準々決勝進出を果たす。ウィンブルドンの終了直後、シュナイダーは7月の試合で2週連続優勝を遂げ、一気に年間5勝を記録する。その後全米オープンの4回戦で、シュナイダーは初顔合わせだった第8シードのシュテフィ・グラフを 6-3, 6-4 で破った。次の準々決勝でヤナ・ノボトナに 2-6, 3-6 で敗れたが、シュナイダーは全仏と全米のベスト8進出で世界ランキングを一気に上げた。この年のフェドカップで、シュナイダーとマルチナ・ヒンギスのコンビは決勝まで勝ち進み、9月19日・20日の決勝戦は地元のジュネーヴスペイン・チームと戦うことになった。しかしシュナイダーがスペインのアランチャ・サンチェス・ビカリオコンチタ・マルティネスの両選手に敗れてしまい、最後のダブルス戦でヒンギスとコンビを組んだ試合も落として、スイス・チームは準優勝に終わった。

 
パティ・シュナイダーと夫のライナー・ホフマン

その後シュナイダーは1999年2001年2002年に女子ツアーで1勝ずつを挙げたが、1998年のような好成績を出せなくなり、不本意な低迷期が長期間続いた。2003年12月5日、コーチのライナー・ホフマン(Rainer Hoffmann)と結婚。2004年1月の全豪オープンで、ついに4大大会の準決勝に駒を進める。そこではキム・クライシュテルスに 2-6, 6-7 で敗れた。2005年には年間2勝を挙げ、7月第3週にアメリカシンシナティの大会の決勝戦で日本森上亜希子を 6-4, 6-0 で破った優勝もある。

2008年、シュナイダーは全仏オープン全米オープンの両大会で10年ぶり2度目のベスト8進出を決めた。10年ぶりの舞台では、全仏はエレナ・ヤンコビッチセルビア)に 2-6, 3-6 で敗れ、全米はエレーナ・デメンチェワロシア)に 2-6, 3-6 で敗れて、ともにストレート負けに終わっている。

パティ・シュナイダーはダブルスでも、2004年全米オープン2005年全仏オープンで2度女子ダブルスのベスト4に入ったことがある。パートナーの選手は、2004年全米はバルバラ・シェットオーストリア)で、2005年全仏ではコリーナ・モラリューアメリカ)と組んだ。ドイツアンナ=レナ・グローネフェルトと組んで好成績が多く、2009年全豪オープン全仏オープンで2大会連続の女子ダブルスベスト8に入っている。

2011年全仏オープンを最後に32歳で現役を引退したが、2015年に復帰した。2018年の全米オープンで予選を突破し7年ぶりに本戦出場を果たす。1回戦でマリア・シャラポワに敗れた[1]

シュナイダーは2018年11月22日に、自身のSNSで2度目の現役引退を表明した[2]

WTAツアー決勝進出結果編集

シングルス: 27回 (11勝16敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 1996年9月15日   カルロヴィ・ヴァリ クレー   ルクサンドラ・ドラゴミル 2–6, 6–3, 4–6
優勝 1. 1998年1月18日   ホバート ハード   ドミニク・ファン・ルースト 6–3, 6–2
優勝 2. 1998年2月22日   ハノーファー カーペット (室内)   ヤナ・ノボトナ 6–0, 3–6, 7–5
優勝 3. 1998年5月24日   マドリード クレー   ドミニク・ファン・ルースト 3–6, 6–4, 6–0
優勝 4. 1998年7月12日   マリア・ランコヴィッツ クレー   ガラ・レオン・ガルシア 6–2, 4–6, 6–3
優勝 5. 1998年7月19日   パレルモ クレー   バルバラ・シェット 6–1, 5–7, 6–2
準優勝 2. 1998年9月28日   ミュンヘン ハード (室内)   ビーナス・ウィリアムズ 2–6, 6–3, 2–6
優勝 6. 1999年1月10日   ゴールドコースト ハード   マリー・ピエルス 4–6, 7–6(5), 6–2
準優勝 3. 2000年7月16日   クラーゲンフルト クレー   バルバラ・シェット 7–5, 4–6, 4–6
準優勝 4. 2001年7月12日   ウィーン クレー   イロダ・ツルヤガノワ 3–6, 2–6
優勝 7. 2001年11月11日   パタヤ ハード   ヘンリエッタ・ナギョワ 6–0, 6–4
準優勝 5. 2002年4月21日   ヒルトン・ヘッド クレー   イバ・マヨリ 6–7(5), 4–6
優勝 8. 2002年10月20日   チューリッヒ カーペット (室内)   リンゼイ・ダベンポート 6–7(5), 7–6(8), 6–3
優勝 9. 2005年1月8日   ゴールドコースト ハード   サマンサ・ストーサー 1–6, 6–3, 7–5
準優勝 6. 2005年5月15日   ローマ クレー   アメリ・モレスモ 6–2, 3–6, 4–6
優勝 10. 2005年7月24日   シンシナティ ハード   森上亜希子 6–4, 6–0
準優勝 7. 2005年10月23日   チューリッヒ カーペット (室内)   リンゼイ・ダベンポート 6–7(5), 3–6
準優勝 8. 2005年10月30日   リンツ ハード (室内)   ナディア・ペトロワ 6–4, 3–6, 1–6
準優勝 9. 2006年4月16日   チャールストン クレー   ナディア・ペトロワ 3–6, 6–4, 1–6
準優勝 10. 2006年7月30日   スタンフォード ハード   キム・クライシュテルス 4–6, 2–6
準優勝 11. 2007年8月5日   サンディエゴ ハード   マリア・シャラポワ 2–6, 6–3, 0–6
準優勝 12. 2007年10月28日   リンツ ハード (室内)   ダニエラ・ハンチュコバ 4–6, 2–6
準優勝 13. 2008年3月9日   バンガロール ハード   セリーナ・ウィリアムズ 5–7, 3–6
優勝 11. 2008年9月8日   バリ ハード   タミラ・パシェク 6–3, 6–0
準優勝 14. 2009年7月12日   ブダペスト クレー   アグネシュ・サバイ 6–2, 4–6, 2–6
準優勝 15. 2010年7月11日   ブダペスト クレー   アグネシュ・サバイ 2–6, 4–6
準優勝 16. 2010年10月17日   リンツ ハード (室内)   アナ・イバノビッチ 1–6, 2–6

ダブルス: 16回 (5勝11敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 1998年4月12日   アメリアアイランド クレー   バルバラ・シェット   マリー・ピエルス
  サンドラ・カシック
6–7, 6–4, 6–7
優勝 1. 1998年5月3日   ハンブルク クレー   バルバラ・シェット   マルチナ・ヒンギス
  ヤナ・ノボトナ
7–6, 3–6, 6–3
準優勝 2. 1998年7月19日   パレルモ クレー   バルバラ・シェット   パブリナ・ノーラ
  エレナ・ワグナー
4–6, 2–6
準優勝 3. 1999年4月4日   ヒルトン・ヘッド クレー   バルバラ・シェット   エレーナ・リホフツェワ
  ヤナ・ノボトナ
1–6, 4–6
準優勝 4. 2000年7月16日   クラーゲンフルト クレー   バルバラ・シェット   ラウラ・モンタルボ
  パオラ・スアレス
6–7, 1–6
準優勝 5. 2001年10月28日   ルクセンブルク ハード (室内)   ビアンカ・ラメード   ダニエラ・ハンチュコバ
  エレーナ・ボビナ
3–6, 3–6
優勝 2. 2002年2月17日   アントワープ カーペット (室内)   マグダレナ・マレーバ   ナタリー・ドシー
  メイレン・ツー
6–3, 6–7, 6–3
優勝 3. 2003年2月9日   パリ カーペット (室内)   バルバラ・シェット   マリオン・バルトリ
  ステファニー・コーエン=アロロ
2–6, 6–2, 7–6(5)
準優勝 6. 2003年5月4日   ボル クレー   エマニュエレ・ガグリアルディ   ペトラ・マンデュラ
  パトリシア・ワーツシュ
3–6, 2–6
優勝 4. 2004年2月15日   パリ カーペット (室内)   バルバラ・シェット   フランチェスカ・スキアボーネ
  シルビア・ファリナ・エリア
6–3, 6–2
準優勝 7. 2004年10月31日   リンツ ハード (室内)   ナタリー・ドシー   ヤネッテ・フサロバ
  エレーナ・リホフツェワ
2–6, 5–7
準優勝 8. 2005年4月10日   アメリアアイランド クレー   クベタ・ペシュケ   サマンサ・ストーサー
  ブリアン・スチュアート
4–6, 2–6
優勝 5. 2008年10月5日   シュトゥットガルト ハード (室内)   アンナ=レナ・グローネフェルト   クベタ・ペシュケ
  レネ・スタブス
6–2, 6–4
準優勝 9. 2008年10月19日   チューリッヒ ハード (室内)   アンナ=レナ・グローネフェルト   カーラ・ブラック
  リーゼル・フーバー
1–6, 6–7(3)
準優勝 10. 2009年4月19日   チャールストン クレー   リガ・デクメイエレ   ベサニー・マテック
  ナディア・ペトロワ
7–6(5), 2–6, [9–11]
準優勝 11. 2009年7月27日   イスタンブール ハード   ユリア・ゲルゲス   ルーシー・ハラデツカ
  レナタ・ボラコバ
6–2, 3–6, [10–12]

4大大会シングルス成績編集

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2017 2018 通算成績
全豪オープン LQ 4R 4R 2R 4R 1R 1R 4R SF QF QF 4R 2R 2R A 1R A LQ 31–15
全仏オープン 1R 3R QF 3R 1R 2R 4R 4R 2R 4R 4R 4R QF 1R 1R 1R A A 29–16
ウィンブルドン 1R 1R 2R 1R 2R 3R 2R 1R 2R 1R 2R 4R 1R 1R 1R A A LQ 10–15
全米オープン A 3R QF 3R 2R 2R 3R 2R 4R 4R 4R 3R QF 2R 3R A LQ 1R 31–15

脚注編集

  1. ^ シャラポワが全米OP初戦突破、39歳大ベテランの猛追かわす”. AFPBB News (2018年8月29日). 2018年9月8日閲覧。
  2. ^ 元世界7位が2度目の引退へ”. tennis365.net (2018年11月25日). 2018年11月25日閲覧。

外部リンク編集