メインメニューを開く

フェニックス・プラザは、福井県福井市田原1丁目にある文化・福祉複合施設である。1985年11月9日開館。

フェニックス・プラザ
Phoenix Plaza
Phoenix Plaza.JPG
情報
用途 多目的ホール
管理運営 (公財)福井市ふれあい公社
敷地面積 15,326 m²
建築面積 5,687 m² (建蔽率37%)
延床面積 13,488 m² (容積率88%)
階数 地上4階地下1階
竣工 1985年11月1日
開館開所 1985年11月9日
所在地 910-0018
福井県福井市田原1丁目13番6号
座標 北緯36度4分27.4秒
東経136度13分1.9秒
座標: 北緯36度4分27.4秒 東経136度13分1.9秒
テンプレートを表示

概要編集

福井中央卸売市場が市北部の大和田一丁目に移転後、その跡地に福井市と周辺12町村(現在の福井市編入区域、あわら市坂井市永平寺町)に係る田園都市中核施設(旧自治省助成金・交付金事業利用)として建設された。既に福井市の単独所有ではあるが、その経緯から現在も建造物名としては「福井市」を冠していない。

現在に至るまで各種式典やライヴ、演劇など多岐にわたる催事に利用されている。また、福井市出身の国際的水墨画家である渡辺悟仙の大作「越前寿海」(4m×26m)が寄贈されており、常時鑑賞することができる。

当初は施設内に一部事務組合の福井坂井地区広域市町村圏事務組合が組合本部や計算センターを設置していたが、後に福井市が電算事務を独立させて2012年に組合を部分脱退し、組合の動産や人員はあわら市笹岡へ転出。その空きスペースを利用する形で建物の老朽化が著しい福井市春山二丁目の旧・福井市民福祉会館(2017年に閉館し翌年までに解体)が担っていた機能の大半が転入し、同会館の名称も当施設が引き受け現在に至る(旧会館ホールの舞台設備は同市中央一丁目のハピリンホールへ移設)。指定管理者制度を導入しており、(公財)福井市ふれあい公社が管理、運営を行っている。

施設編集

  • 4階―第1・第2和室茶室会議室401・402・403・404、応接室405
  • 3階―トレーニングルーム、会議室301、ギャラリー、映像ホール、メディア実習室、スタジオ、(公社)ふくい市民国際交流協会、福井市日本中国友好協会、 福井街角放送(株)
  • 2階―小ホール(500名収容)、リハーサル室、(公社)福井市シルバー人材センター、喫茶ミール
  • 1階―ふれあい広場(ロビー)、応接室、大ホール(2,000名収容)、管理事務所、福井市消費者センター、(福)福井市社会福祉協議会、福井市身体障害者福祉連合会
  • 地下1階―楽屋、大会議室(195名収容)

コンサートを行ったアーティスト(五十音順)編集

周辺編集

アクセス編集

関連項目編集

外部リンク編集