メインメニューを開く

ヴェラナ国際空港ディベヒ語: ވެލާނާ ބައިނަލްއަޤުވާމީ ވައިގެ ބަނދަރު‎、英語: Velana International Airport)は、モルディブの首都マレ市フルレ島にある国際空港である。過去に3度改名をしている[1]。現在第2滑走路建設中 googleマップの衛星写真参照

ヴェラナ国際空港
ވެލާނާ ބައިނަލްއަޤުވާމީ ވައިގެ ބަނދަރު
Velana International Airport
IATA: MLE - ICAO: VRMM
概要
国・地域 モルディブの旗 モルディブ
所在地 フルレ島
母都市 マレ
種類 民間
運営者 Maldives Airports Company Ltd.
標高 2 m (6 ft)
座標 北緯4度11分31秒 東経73度31分45秒 / 北緯4.19194度 東経73.52917度 / 4.19194; 73.52917座標: 北緯4度11分31秒 東経73度31分45秒 / 北緯4.19194度 東経73.52917度 / 4.19194; 73.52917
公式サイト http://www.airports.com.mv/
地図
空港の位置
空港の位置
MLE
空港の位置
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
18/36 3,200×45 アスファルト
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示


左下がマレ島、右の空港のあるのがフルレ島
空港、滑走路36(2008年)
水上機ターミナル
飛行機と着陸


歴史編集

1966年4月12日に、モルディブ唯一の国際空港として首都・マレ付近のフルレ島に開港。当時の名称はフルレ空港(Hulhule Airport)であった。

1980年代前半、当時の大統領イブラヒム・ナシルによってマレ国際空港(Malé International Airport)と改名される。

2011年7月26日の独立記念日、モルディブ政府はイブラヒム・ナシル元大統領(2008年に死去)に敬意を表し、公式にイブラヒム・ナシル国際空港(Ibrahim Nasir International Airport)に空港名を変更した。

2017年1月1日アブドゥラ・ヤミーン大統領が掲げる経済政策の一環としてヴェラナ国際空港(Velana International Airport)に名称変更。ヴェラナはイブラヒム・ナシル大統領の家の名前に由来する[2]

2018年9月18日、A380運用可能となるICAO飛行場等級Fコード対応新滑走路が旧滑走路の東側を一部埋め立て新設、テスト運用でエティハド航空のA380が運航された[3]

特徴編集

従来は島全体が空港施設とホテルで埋め尽くされており、敷地も限られていることから滑走路平行誘導路が設置できないため、滑走路の両端にターニングパッドが設置されていいたが、前述の新滑走路運用開始によって、従来の滑走路が誘導路として運用されることとなり、運用が効率化される[4]。また、従来は空港島からモルディブ首都のマレ島は海で隔てられていて船やボートなどの水上交通により結ばれていたが、2018年8月30日に空港島南部からマレ島に向け橋梁開通で車両での行き来が可能になったが[5]、これら事業は2014年に中国との首脳会談で決定していて空港は北京城建集団(Beijing Urban Construction Group)が施工していて、橋梁名称も中国モルディブ友好橋(China-Maldives Friendship Bridge)とも呼ばれている[6]

航空会社や利用クラスに関わらず有料で利用できる空港ラウンジPlaza Premium Lounge)も設けられている[7]

就航路線編集

国内線編集

航空会社就航地
  モルディビアン航空 ダラバンドゥ英語版
  フライミー英語版 マアミギリ英語版ダラバンドゥ英語版

国際線編集

航空会社就航地
  モルディビアン航空 バンコク/ドンムアンチェンナイトリヴァンドラム武漢 (バンコク経由)、成都 (バンコク経由)、重慶 (バンコク経由)、長沙 (バンコク経由)、南京 (バンコク経由)、西安 (バンコク経由)、ダッカ (チェンナイ経由)
  大韓航空 コロンボソウル/仁川 (コロンボ経由)
  中国東方航空 コロンボ昆明(コロンボ経由)
  中国南方航空 広州上海/浦東 (季節便)
  北京首都航空 北京/首都
  キャセイパシフィック航空 香港国際空港
  バンコク・エアウェイズ バンコク/スワンナプーム
  エアアジア クアラルンプール
  シンガポール航空 シンガポール
  シルクエアー シンガポール
  タイガーエア シンガポール
  エア・インディア バンガロールトリヴァンドラム
  スパイスジェット トリヴァンドラムコーチ
  スリランカ航空 コロンボ成田
  エミレーツ航空 コロンボ
  エティハド航空 アブダビ
  フライドバイ ドバイ国際空港
  カタール航空 ドーハ
  オマーン航空 コロンボアブダビ
  サウディア リヤドジェッダ
  ターキッシュ・エアラインズ イスタンブール/アタテュルクコロンボ
  ブリティッシュ・エアウェイズ ロンドン/ガトウィック (季節便)
  コンドル航空 フランクフルト
  ネオス英語版 ローマミラノ (ローマ経由)
  オーストリア航空 ウィーン (季節便)
  スイス インターナショナル エアラインズ
運航は  エーデルワイス航空
チューリッヒ
  アエロフロート・ロシア航空 モスクワ/シェレメーチエヴォ

就航都市編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ New Year brings new name to Maldives main airport”. Mihaaru.com (2017年1月1日). 2017年5月9日閲覧。
  2. ^ Maldives’ main airport renamed ‘Velana International Airport’”. maldivesindependent.com (2016年12月27日). 2017年5月9日閲覧。
  3. ^ Pivotal project - Global Times”. www.globaltimes.cn. 2019年7月19日閲覧。
  4. ^ エティハド航空、マレのヴェラナ国際空港の新滑走路にA380で着陸 | FlyTeam ニュース”. FlyTeam(フライチーム). 2019年7月19日閲覧。
  5. ^ モルディブで中国の支援による海上橋が開通_中国国際放送局”. japanese.cri.cn. 2019年7月19日閲覧。
  6. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2018年6月17日). “【世界ミニナビ】債務で主導権奪う…中国の呪縛にはまったスリランカ、モルディブにも迫る” (日本語). 産経ニュース. 2019年7月19日閲覧。
  7. ^ Lounge, Plaza Premium. “Discover A Plaza Premium Lounge | Global Airport Service Locations”. Plaza Premium Lounge. 2019年7月19日閲覧。
  8. ^ スリランカ航空、7月から成田/コロンボ線の経路とスケジュールを変更 | FlyTeam ニュース”. FlyTeam(フライチーム). 2019年7月19日閲覧。
  9. ^ 香港航空、7月10日から香港/マレ線に就航 | FlyTeam ニュース”. FlyTeam(フライチーム). 2019年7月19日閲覧。

外部リンク編集