メインメニューを開く

スリランカ航空英語: SriLankan Airlines, シンハラ語: ශ්‍රීලංකන් ගුවන් සේවය, タミル語: இலங்கை விமானச்சேவை)は、スリランカの航空会社。

スリランカ航空
SriLankan Airlines
Srilankan a340-300 4r-adf arp.jpg
IATA
UL
ICAO
ALK
コールサイン
SRI LANKAN
法人番号 5700150003702
設立 1979年7月
ハブ空港 バンダラナイケ国際空港
焦点空港 バンコク スワンナプーム国際空港
マイレージサービス FlySmiLes
会員ラウンジ Serendib Lounge
航空連合 ワンワールド
保有機材数 22機
就航地 34都市
本拠地 スリランカ コロンボ
代表者 Lalith Withana (CEO)
外部リンク www.srilankan.com
テンプレートを表示

目次

概要編集

スリランカのナショナル・フラッグ・キャリアであり、2018年度(2018年4月-2019年3月)の純利益は57億スリランカ・ルピー[1]

コロンボバンダラナイケ国際空港ハブ空港としており、東アジア東南アジア南アジア中東西アジア)、ヨーロッパなど22カ国37都市(2019年現在)を結んでいる。

インドへは季節便も含めると2017年7月現在で14都市に週126便を運航しており[2]、インドに就航している外国航空会社では最大の運航便数である。 また、モルディブに最多数の直行便を運航する航空会社でもある。

航空券の座席予約システム(CRS)は、アマデウスITグループが運営するアマデウスを利用している[3]

2019年5月には月間定時到着率90.75%を記録し、FlightStats社の発表する月間定時到着率ランキングの「グローバル航空会社」「主要航空会社」の2部門において1位を獲得した[4]

歴史編集

 
エア・ランカ時代の機体(L-1011 トライスター
 
名称改称後の機体(エアバスA320-200

就航路線編集

スリランカ航空は、コロンボの南アジアでのハブ&スポーク機能を強める方針であり、インド路線などの増便を行っている他、2012年3月まで運行されていたモルディブのマレを経由してコロンボと日本の成田を結ぶ経由便も、全便がコロンボ/成田の直行便(週4往復運航)へと置き換えられている[19]。国内ではコードシェア便としてシナモン・エアの運行するセスナ208Aエアタクシーとして利用することができる[20]

以下、2019年8月現在[21]。ただしコードシェア便による就航路線は含まない。

自社国際路線を開設しているスリランカ国内の空港はバンダラナイケ国際空港である。

コードシェア提携航空会社編集

2019年8月現在、スリランカ航空とコードシェアを提携しているのは以下の会社[25]

ワンワールド加盟航空会社編集

その他航空会社編集

マイレージサービス編集

エミレーツ航空と「スカイワーズ」の名称でマイレージサービスを共通化していたが、2008年4月1日より「フライ・スマイルズ」(FlySmiLes)を開始。新プログラムは、利用状況によりゴールド、シルバー、ブルーの3つに分かれ、カテゴリーに応じた特典を提供する。ゴールドとシルバーは、コロンボ・バンダラナヤケ国際空港でのラウンジサービス、優先チェックイン、事前座席指定、空席待ちの優遇特典などが受けられる。なお、既存のスカイワーズ会員は2008年6月30日まで、保有するマイルを同レートで新プログラムに移行可能であった[8]

日本航空アメリカン航空ブリティッシュ・エアウェイズキャセイパシフィック航空などのワンワールドメンバーの他、エティハド航空とミヒン・ランカと提携している。

トピック編集

  • 2005年1月24日 スマトラ島沖地震災害から復興する為、スリランカ航空は1月29日から2月末まで「がんばれ!スリランカキャンペーン」を実施した。これは日本発パッケージ・ツアーの参加者の航空運賃分から、1人1万円を被災した小学校の再建に寄付するもので、スリランカン・ケア慈善基金を通じて教科書、ランドセル、制服などを提供する資金に充てられた[27]
  • 2011年2月、 国際トラベルケータリング協会(ITCA)のマーキュリー・アワード2010で、スリランカ・ケータリング機内食の残り物の廃棄にあたり、熱処理後、廃棄物としてではなく、再利用可能な肥料等にして農家などで利用し、その活動が環境に配慮していると評価され、2部門で表彰された[28]
  • 2012年8月29日 、従来の紙のマニュアルから、iPadを利用した「エレクトロニック・フライト・バッグ(EFB)」に切り替えた。2012年10月末までに、約300名のパイロットがiPadを使用する。同社ではiPadの採用で、正確かつ効率的にフライトが可能になるとしている[29]
  • 同社は機材の維持管理が行き届いておらず、また、社員教育のレベルも決して高くないため、大手旅行代理店のHISが公開している口コミ情報では、大多数の日本人利用者から低い評価を得ている[30]
  • 在スリランカ日本国大使館は、成田発コロンボ行きの機内で、複数の盗難や盗難未遂事案が発生していることを明らかにし、頭上の棚に収納する荷物には貴重品を入れないことや、就寝中などに盗難被害に遭う可能性があるとして、注意を怠らないよう呼びかけている[31]
  • 2019年2月19日、スリランカ航空が保有するエアバスA330-200のタイヤがチェンナイ空港着陸時にバーストする事故が発生した。当該機は10時間後にチェンナイ空港を離陸した[32]
  • 2019年4月21日に発生した、スリランカ同時爆発事件で亡くなった日本人女性の遺体とその家族を乗せたスリランカ航空機(ALK454便、A330型機)が25日朝、成田国際空港に到着した。空港では青いシートに包まれて花束が手向けられたが降ろされ、スリランカ航空の関係者や空港作業員が黙礼して出迎えた[33]

保有機材編集

 
エアバスA330-200
 
DHC-6-100

2018年現在、スリランカ航空は以下の機種で構成されている[34]

スリランカ航空 保有機材
機種 運航数 発注数 定員 機体番号 備考
J Y
エアバスA320-200 1 0 12 138 150 ABL
1 12 150 162 4R - MRE
3 16 120 136 4R-ABM/N/O
エアバスA320neo 0 2 12 138 150 4R-ANA/B
エアバスA321-200 2 0 16 153 169 ABQ/R カタール航空よりリース
エアバスA321neo 1 3 12 176 188 4R-ANC/D/E/F エアキャップよりリース[35]
エアバスA330-200 4 0 18 251 269 4R - ALA/B/C/D
1 18 252 270 4R – ALH
1 18 256 274 4R – ALJ
エアバスA330-300 7 0 28 269 297 ALL/M/N/O/P/Q/R
エアバスA350-900 0 7 TBA
DHC-6-100水上機仕様) 2 0 0 18 18 エアタクシー部門による運航
22 13

退役機材編集

 
ボーイング 707
 
スリランカ航空 エアバスA340-300

参照編集

  1. ^ SriLankan Catering posts Rs. 5.7 billion net profit” (英語). スリランカ航空. 2019年8月16日閲覧。
  2. ^ “スリランカ航空、ネットワークが過去最高の41都市に拡大 新機材も受領”. FlyTeamニュース. (2017年7月29日). https://flyteam.jp/airline/srilankan-airlines/news/article/82288 2019年8月16日閲覧。 
  3. ^ 日本発着路線をもつアルテア利用航空会社 (2015年6月現在)”. 2015年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月26日閲覧。
  4. ^ “スリランカ航空、5月のFlightStats定時到着率で世界1位”. FlyTeamニュース. (2019年6月11日). https://flyteam.jp/airline/srilankan-airlines/news/article/111082 2019年8月16日閲覧。 
  5. ^ “UL、インド路線を拡充、5都市に合計週9便を増便”. トラベルビジョン. (2003年12月15日). http://www.travelvision.jp/news/detail.php?id=15952 2019年8月7日閲覧。 
  6. ^ a b “スリランカ航空、東京/モルディブ直行便運航再開へ−コロンボ空港制限解除”. トラベルビジョン. (2007年9月10日). http://www.travelvision.jp/news/detail.php?id=31423 2019年8月7日閲覧。 
  7. ^ “スリランカ航空、コロンボ空港でオンライン・チェックインを導入”. トラベルビジョン. (2007年12月21日). http://www.travelvision.jp/news/detail.php?id=33227 2019年8月7日閲覧。 
  8. ^ a b “スリランカ航空、新たなフリークエントフライヤープログラムを開始”. トラベルビジョン. (2008年4月2日). http://www.travelvision.jp/news/detail.php?id=35021 2019年8月7日閲覧。 
  9. ^ “スリランカ航空、成田線増便、12月から週4便に”. トラベルビジョン. (2011年10月6日). http://www.travelvision.jp/news/detail.php?id=50625 2019年8月7日閲覧。 
  10. ^ “スリランカとオープンスカイ合意、12年から成田増便可能に”. トラベルビジョン. (2012年3月27日). http://www.travelvision.jp/news/detail.php?id=52798 2019年8月7日閲覧。 
  11. ^ 報道発表資料:日本・スリランカ航空当局間協議の結果について 国土交通省
  12. ^ “スリランカ航空、ワンワールド加盟に合意-正式加盟は13年後半予定”. トラベルビジョン. (2012年6月11日). http://www.travelvision.jp/news/detail.php?id=53696 2019年8月7日閲覧。 
  13. ^ スリランカ航空がワンワールド・アライアンスへの加盟に合意”. 日本航空. 2012年6月11日閲覧。
  14. ^ SriLankan Airlines Outlines Planned Operation from Hambantota from late-March 2013”. AIRLINE ROUTE (2013年3月). 2015年1月19日閲覧。
  15. ^ スリランカ航空、A350-900を4機とA330を6機発注へ Aviation Wire
  16. ^ ILFC、スリランカ航空とA350-900をリース契約 2016年引き渡し”. FlyTeam ニュース. 2013年10月7日閲覧。
  17. ^ SriLankan Airlines joins oneworld”. oneworld news. 2014年5月1日閲覧。
  18. ^ スリランカ航空、前大統領の地元にある国際空港の路線を廃止へ”. AFPBB (2015年1月18日). 2015年1月18日閲覧。
  19. ^ スリランカ航空、全便コロンボ直行便に変更-7月には増便、ハブ機能強化”. トラベルビジョン (2012年2月28日). 2015年1月18日閲覧。
  20. ^ “スリランカ航空、スリランカ国内を手軽に結ぶエアタクシー【動画】”. FlyTeamニュース. (2015年2月22日). https://flyteam.jp/airline/cinnamon-air/news/article/46116 2019年8月16日閲覧。 
  21. ^ Flight Route map| Flight Routes| SriLankan Airlines” (英語). www.srilankan.com. スリランカ航空. 2019年8月16日閲覧。
  22. ^ “スリランカ航空、コロンボ発着のインド3路線を開設 週4便ずつ運航”. FlyTeamニュース. (2017年7月27日). https://flyteam.jp/airline/srilankan-airlines/news/article/82220 2019年8月16日閲覧。 
  23. ^ “スリランカ航空、コロンボ/カラチ線の運航を再開 A320で週5便”. FlyTeamニュース. (2019年6月4日). https://flyteam.jp/airline/srilankan-airlines/news/article/110829 2019年8月16日閲覧。 
  24. ^ “スリランカ航空、コロンボ/メルボルン線に就航 A330でデイリー運航”. FlyTeamニュース. (2017年11月6日). https://flyteam.jp/airline/srilankan-airlines/news/article/86422 2019年8月16日閲覧。 
  25. ^ Code shares: Partners” (英語). スリランカ航空. 2019年8月16日閲覧。
  26. ^ “ジェットスター・アジアとスリランカ航空、シンガポール発着で共同運航”. FlyTeamニュース. (2015年2月16日). https://flyteam.jp/airline/srilankan-airlines/news/article/46389 2019年8月16日閲覧。 
  27. ^ “スリランカ、津波後の支援は「日本人が訪れることで再建に繋がる」”. トラベルビジョン. (2005年1月24日). http://www.travelvision.jp/news/detail.php?id=19239 2019年8月7日閲覧。 
  28. ^ “マーキュリー・アワード2010、スリランカ航空が2部門で表彰”. FlyTeamニュース. (2011年3月9日). https://flyteam.jp/airline/srilankan-airlines/news/article/1572 2019年8月7日閲覧。 
  29. ^ “スリランカ航空、iPadマニュアル採用-エアバス、フォッカー機材で導入”. FlyTeam ニュース. (2012年9月1日). https://flyteam.jp/airline/srilankan-airlines/news/article/14218 2019年8月7日閲覧。 
  30. ^ H.I.S. スリランカ航空のクチコミ・評判|海外旅行・ツアー、格安航空券の総合情報サイト” (日本語). H.I.S. | 海外旅行・ツアー、格安航空券の総合情報サイト. 2019年8月6日閲覧。
  31. ^ Traicy編集部 (2018年5月3日). “東京/成田発コロンボ行き機内で盗難相次ぐ 注意呼びかけ” (日本語). TRAICY(トライシー). 2019年8月6日閲覧。
  32. ^ “SriLankan Airlines Airbus A330 Bursts Tyre on Landing” (英語). Aviation Voice. (2019年2月19日). https://aviationvoice.com/srilankan-airlines-airbus-a330-bursts-tyre-on-landing-201902191225/ 2019年8月7日閲覧。 
  33. ^ “スリランカ連続爆破テロで犠牲 高橋さんの遺体が帰国”. 朝日新聞デジタル. (2019年4月25日). https://www.asahi.com/articles/ASM4T366KM4TUTIL007.html 2019年8月7日閲覧。 
  34. ^ Flight Facilities| Flight Information| SriLankan Airlines” (英語). www.srilankan.com. スリランカ航空. 2019年8月6日閲覧。
  35. ^ “エアキャップ、スリランカ航空に初のA321neoを引き渡し”. FlyTeamニュース. (2017年7月4日). https://flyteam.jp/airline/srilankan-airlines/news/article/81290 2019年8月16日閲覧。 
  36. ^ Goodbye old friends” (英語). serendib.btoptions.lk. 2019年8月6日閲覧。
  37. ^ “スリランカ航空、A340-300でラストフライト 4発機が完全退役”. FlyTeam ニュース. (2011年3月19日). https://flyteam.jp/news/article/58594 2019年8月7日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集