ジェネレーションY

1980年〜1990年代中盤に生まれた世代(定義により2000年代序盤まで含む)。
ミレニアルズ (世代)から転送)
アメリカ合衆国世代
*=dates disputed, ^=Strauss and Howe
United States Age Pyramid.svg
○○世代 期間
^en:Puritan Generation 1588 - 1617
en:Puritan Awakening 1621 - 1649
^en:Cavalier Generation
^en:Glorious Generation
^en:Enlightenment Generation
^en:Awakening Generation
1618 - 1648
1648 - 1673
1674 - 1700
1701 - 1723
en:First Great Awakening 1727 - 1746
^en:Liberty Generation
^en:Republican Generation
^en:Compromise Generation
1724 - 1741
1742 - 1766
1767 - 1791
en:Second Great Awakening 1790 - 1844
en:Transcendentalist Generation
^en:Transcendental Generation
^en:Gilded Generation
^en:Progressive Generation
1789 - 1819
1792 - 1821
1822 - 1842
1843 - 1859
Third Great Awakening(英語) 1886 - 1908
^Missionary Generation(英語)
失われた世代
Interbellum Generation(英語)(戦間期世代)
G.I. Generation(英語)
Greatest Generation(英語)
1860 - 1882
1883 - 1899
1900 - 1913
1900 - 1924
1911 - 1924
ジャズ・エイジ 1918 - 1929
ビート・ジェネレーション
Silent Generation(英語)
ベビーブーマー
Generation Jones(英語)
1914 - 1929
1925 - 1942
*1946 - 1964
1954 - 1965
Consciousness Revolution(英語) 1964 - 1984
ジェネレーションX
^13th Generation
MTV Generation(英語)
Boomerang Generation(英語)
*1965 - 1980
1961 - 1981
1974 - 1985
1977 - 1986
文化戦争 1980s - present
ネットジェネレーション
デジタルネイティブ
ジェネレーションY
^Millennial Generation (Millennials)
ジェネレーションZ
^ニュー・サイレント・ジェネレーション
ジェネレーションα
*1970 - present
*1976 - present
*1981 - 1996
1981 - 1996
*1996 - 2010
1990 - 2009 ?
*2011 - 2025 ?

ジェネレーションY: Generation Y)、Y世代(ワイせだい)とは、アメリカ合衆国などにおいて1980年代序盤から1990年代中盤(または2000年代序盤)までに生まれた世代のことである[1][2][3]インターネット普及前の時代に生まれた最後の世代で、幼少期から青年期IT革命を経験したデジタルネイティブの最初の世代でもある。

ミレニアム(新千年紀)が到来した2000年前後か、それ以降に社会に進出する世代という意味で、ミレニアル世代(英: Millennial Generation)、あるいはミレニアルズ(英: Millennials)とも呼ばれる[4][5]

Y世代はZ世代以降が該当するiGen(スマホ世代)への過渡期に当たる世代である。Y世代後半がティーンエイジャーであった2000年代でもフィーチャー・フォンが主流で、不完全なブラウザ仕様や回線速度の制約でSNSには対応出来なかったことから、同世代間のメッセージ交換は電子メールあるいはブログ掲示板投稿に頼っていた。2000年代は高額な接続料金を別途支払えばモバイル端末のフルブラウザでインターネットが閲覧できるという時代で、最先端としてスマートフォンは存在していたが、前述の接続料金の問題だけでなく、機能的にも不十分で、高級機扱いにもなっていた。従って、当時のY世代にとってはインターネットをリアルタイムなコミュニケーションに使えず、ネットで面識のない他人と知り合う事も一般的でなく、リアルタイムな交流は未だ居住地域内に限定されていた点がiGenとの決定的な違いとなった。

特徴編集

ベトナム戦争終結後(1975年)からベルリンの壁崩壊1989年冷戦終結)を経てアメリカ同時多発テロ事件2001年)前までの時代に生まれた世代である。第二次世界大戦の終結後に生まれたベビーブーマーの子供世代(エコーブーマー、英: echo boomers)であり、「親が2人とも第二次大戦後生まれ」の子供たちである。日常生活のデジタル化の初期段階からIT革命を体験した世代であり、アナログ的な手段に理解を示しながらもデジタルデバイスを好む傾向にある。Web2.0時代が到来してからは、電子掲示板ブログTwitterInstagramなどに積極的に参加し、オンラインを前提とした新しいカルチャーを形成して来た。

例えば、1980年代に生まれた子供は幼少期に冷戦の終結と社会主義の没落に遭遇し、思春期を迎えるティーンエイジャーの頃にインターネットの爆発的普及を経験し、同時にキャッチアップも進めて来た。このため、インターネットを駆使して活躍する者が多いといわれている。また、成人を迎える頃にはアメリカ同時多発テロ事件に遭遇しており、政府の経済や社会政策への介入を肯定的に見る者が多い世代でもあり、バラク・オバマを大統領に当選させる原動力にもなった。不正を嫌う傾向にあり、アメリカ国家安全保障局 (NSA) が秘密裏に行ってきた個人情報収集の手口を告発したことで、世界から注目を集めたエドワード・スノーデンもこの世代である。

一方、1990年代にはインターネットの普及と共に高校生大学生といった若者の間で麻薬などのドラッグが広まった。それにより犯罪を犯し、刑務所から出所後も就職できずに再びドラッグの乱用や犯罪を繰り返す若者が急増し、彼らは「新たな失われた世代 (New Lost Generation)」とも呼ばれるようになった。

1980年代末から1990年代においては技術的な限界からアナログ的な手段も多用されていたが、幼少期からテレビゲームCDを始めとしたデジタル化された生活に慣れ親しみ(デジタルネイティブ)、成長期から青年期携帯電話パソコン、インターネットに触れ始め、それらの進化と共に成長したため(詳細は後節)、以前の世代とは価値観やライフスタイルなどに隔たりがあるとされる。少なくとも、オンラインでのデータのやり取りを前提として生活しており、何事にも新しさとスピードを追い求めるため、昔ながらのオフライン中心の生活(インターネットのない環境)には退屈する傾向を持つと言える。この世代でアナログ的で面倒な手段を楽しむ懐古趣味的なブームも起きているが、それもオンラインありきでの付加的な娯楽として楽しまれているに過ぎない。当該世代ではIT業界の人気が高く、第四次産業革命(4IR)の最初期の段階であるデジタルトランスフォーメーションの担い手にもなっている。

デジタル機器やインターネットとの関わり編集

ジェネレーションYの最大の特徴は史上初のデジタルネイティブ世代ということである。インターネットによる情報流通の民主化と文化革命が達成された瞬間を体験しているため、環境変化への適応力が高いと言える。

1990年代:空前のマルチメディアブーム編集

ジェネレーションYが幼少期に経験した1980年代末から1990年代末という時代は、マルチメディアブームの時代に当たる。この時代、最先端ではゲーム機以外にも、CGワークステーションGUI搭載パソコン、CD-iビデオCDPDAVR機器などインタラクティブ性を売りにする多種多様なマルチメディア機器が発売され、インターネットが民間に開放されると共に、当時の覇権国であるアメリカ合衆国のクリントン大統領とゴア副大統領も情報スーパーハイウェイ構想を発表する(この当時の中国は発展途上にありIT国家ではなかった)など、電子情報の流通や利活用に対して全世界的に期待が集まっていた。しかし、当時のインターネットは回線速度が低速度(ナローバンド)で利用料金が高額であり、文章閲覧や低解像度の画像閲覧という用途でしか実用的で無く、端末となるマルチメディア機器の値段は総じて数十万円以上と高価であると共に、家庭用の機器は性能も低かった。動画については画面解像度がVHS未満かつフレームレートも15fps程度しかなく、提供されるコンテンツも実験的な物ばかりで、品質は格段に低かった。

この当時のマルチメディア機器は何でも出来るという多機能性を売りにしていたが、商品としては焦点が定まらなくなり、ユーザーにとっては何が出来るかが分かりにくくなり、技術的な限界もあって各機能単体で見た場合に性能が貧弱になり実用性にも乏しいという結果になった。その後、既に普及して一般にも理解されていたゲーム機が性能競争の過程で文字、音声、静止画、動画、CGの全てに対応し、ゲームクリエイターが際限なく高度なエンターテインメントを志向してコンテンツ開発を続けた事で、コンピュータゲームとしてマルチメディアを一般化させた。MacintoshMYST3DODの食卓といったアドベンチャーゲームは最初期のマルチメディアの成功例として有名である。1994年プレイステーションセガサターンが登場し、大手ゲーム会社が参入すると、ゲームとしてマルチメディアの完成度が高められた。1997年ファイナルファンタジーVIIの大ヒットで、ゲームにおけるポリゴン動画の融合については完成したと言える。1998年ドリームキャストインターネット接続機能を搭載した、初めてのゲーム機となった。

1995年:インターネットの民間開放編集

1995年インターネットが民間に開放された後、Windows95が発売され、コマンド入力が不要のマウス操作やインターネット接続対応を売りにした事で、一般家庭にもパソコンが普及し始めた。この当時の教育機関では家庭に先駆けてインターネット接続環境が普及し、パソコン授業でインターネットに触れる児童が初めて現れた。しかし、一般家庭においてはインターネット接続は電話回線経由が主流で、内容に比してコストが掛かり、まだマニアの娯楽として認識されていた。しかし、先進的なIT企業によりWWWブラウザの開発は盛んに行われ、先進的なコンテンツクリエイターの間ではオンラインのマルチメディアを実現するWWWの活用について注目が集まった。インターネットは通信技術の総体であるが、一般層においてはマルチメディアの流行の一部として認識され普及が始まって行った。マスメディアから一方的に情報を受け取るしかなかった生活から、Webサイトで世界への情報発信が瞬時に行えるよう変化する事が一般人にとっては大きな衝撃であり、以後想定される社会の変化から一般人もパソコンに必要性を感じるようになって行った。

1990年代の一般人の生活編集

1990年代を通して、一般家庭ではマルチメディアやインターネットの流行を知りながらも、機器が高価で一般受けするコンテンツにも欠けていたため、アナログ的あるいは貧弱なデジタル的手段であるブラウン管テレビビデオテープカセットテープ、CD、ラジオフィルムカメラ葉書固定電話公衆電話ポケベルなどを多用せざるを得なかった。情報伝達は未だに中央集権的に行われ、一般人が遠隔地の情報を得る手段はマスメディアが中心で、一般人が自身の情報を広く公開することは殆ど不可能であった(他者との電気的な通信手段は専ら1対1の固定電話に限定され、これまでの世代と同様、電話に出た家族を通して話したい相手に電話を引き継いで貰うという形で行われた。当然の事ながら、SNSで行われるような不特定多数との交流は不可能であった。また、人同士の待ち合わせも同様で事前に連絡したランドマークとなる建物の周辺に集まるようにして行われていた)。従って、ジェネレーションYはITデバイス、インターネットによる文化的革命(IT革命)が起きる以前の中央集権的で縦割り型な世界を経験した最後の世代であり、ITデバイスの急速な普及、1990年代前半から始まったインターネットの急速な普及もリアルタイムに体験して育ってきた変革期の世代でもある。

2000年代前半:パソコンと携帯電話の普及編集

2000年代前半は常時接続が一般家庭に普及し、パソコンが大幅に安価になった時代である。ティーンエイジャーも携帯電話を持ち始め、メール交換を楽しんだ。一般家庭の回線速度も急激に伸び始めた。デジタルカメラやDVDやMDも普及した。従来のアナログデバイスは掛かる手間が大きく、徐々に見向きされなくなって行った。CGIの活用が進み、多数の企業により商業目的でWebアプリが作られるようになった。

2000年代後半:スマートフォン,SNS,動画共有サイトの始まり編集

2000年代後半に至り、現在の生活の原型が現れ始めた。2005年にYouTubeがサービスを開始した。2006年にTwitterがサービスを開始した。2008年にiPhone 3Gが発表され、スマートフォンとして初めて大ヒットした。これらが相互作用することによって、一般人の情報交換がより手軽な物になって行った(Web 2.0の普及)。その流れから一般人でありながら大きな影響力を持つインフルエンサーが数多く現れる事になった。インターネットトラフィックは従来のTier-1 ISPNTTコミュニケーションズAT&TVerizon,Liberty Global等)ではなく、大量のコンテンツを保持するhyper giants(Limelight[要曖昧さ回避]FacebookGoogleMicrosoftYouTubeAkamai等の総称)に集中するようになった。コンテンツプロバイダが自社内に巨大な自律システムを構築するようになり、Tierで明確に分けられていたインターネットの階層構造が崩れた。2000年代後半当時、携帯電話やスマートフォン等の移動体通信を介したインターネット利用は通信速度が遅い割にパケット代が高額で敷居が高く、オープンLANも広く普及していなかった。従って、この当時のインターネットアクセスポイントは専ら自宅か勤務先のLANに限定されており、モバイル端末からインターネットへの直接的な画像・動画投稿も殆ど存在しなかった。2006年頃よりオンラインを前提としたクラウドコンピューティングが騒がれ始めたが、基盤技術となる通信や仮想マシンの性能・安定性の面で、懐疑的な意見も数多く飛び交っていた。

2010年代:ビッグデータとAIのブーム,インフルエンサーの増加,米中冷戦時代への突入編集

4Gの登場で高速な移動体通信を介したインターネット接続が安価に利用できるようになり、モバイル中心の社会となった。また、クラウドコンピューティングが実用段階に入り、多種多様なサービスの急速な発展を下支えした。この変化により、オンラインの人気者が増々社会に台頭するようになって行く。例えばYouTuberやアルファツイッタラー等の出現である。同時に多数の利用者がアップロードするデータによりビッグデータが形成され、AIが実用的になり普及を開始した。結果として、チャットボットやスマートスピーカーデジタルサイネージを活用したAI案内所等が広く実用化され、バーチャルなキャラクターとの対話で情報を得られる時代となった。IT国家として中国が急速に台頭し、AIや5Gを巡って米国との間で過激な争いを展開するようになった。複雑な問題に急速に対処するという意味で、AIやスパコンによるシミュレーション環境が重要な社会インフラと化した。環境破壊により異常気象や新型ウイルスの流行が頻発するようになった。

2020年:コロナ・ショック編集

2020年に発生した新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックの際には、人類始まって以来続けられてきた対面での集会が禁止され、全社会的なテレワーク移行が起きた。ジェネレーションYの中でも、社会人数年目以内と言った若年期に体験している者が居る。この時代、マルチメディアインターネットは成熟し、テレワークにも十分耐えうるものに進化していた。大部分の人間関係はオンライン化され、ノマドワーカー的な労働者も徐々に増加している。ITの急速な進歩は続いているが、未だAIが人間の仕事を置き換えるには至っていない。

時代の移り変わり編集

この世代においては下記のように、生活の前提を覆す程の大きな変革が起きた。下記の変化はアナログ社会からデジタル社会への移行として語られる事が多い。

マルチメディアと通信の進歩編集

社会機能の分散化編集

アメリカ以外でのジェネレーションY編集

育った時代背景については「冷戦#ポスト冷戦時代(1991年-)」を参照するとわかりやすいであろう。

アメリカ以外でも、1975年1989年(もしくはそれ以降の1990年代)に生まれた世代は「ジェネレーションY」(Y世代)や「ミレニアル世代」(ミレニアルズ)と呼ばれることがある。

アメリカのジェネレーションYは、一桁台から10代でソ連崩壊グローバル資本主義に遭遇したため、プレカリアート非正規雇用労働者)の多い世代である。

一方、日本のジェネレーションYは「氷河期世代」と呼ばれているが、この他に「ロストジェネレーション」(アメリカではジェネレーションYの曽祖父母世代を指す言葉でもある)と呼ばれることも多い。さらに近年では幼少期〜青年期よりインターネットが身近にあって、それ以前と価値観や消費行動などが大きく異なる世代でもある「ミレニアル世代」(ミレニアルズ)という用語を日本における同時期の世代に当てはめて使用するケースもあり、また価値観などが類似している「さとり世代」に当てはめられることもある[5]

こうした時代背景は、政治・経済に対する意識にも影響を与えている。

ロシアのジェネレーションYは、一桁台〜10代でソ連崩壊に遭遇し、グローバル資本主義による不況(ロシア財政危機)に巻き込まれたことから、ウラジーミル・プーチン反米・大国路線を支持する者が多いという。

また、韓国のジェネレーションYは「88万ウォン世代」とも呼ばれており、10代でアジア通貨危機に遭遇したためにプレカリアートが多く、金大中政権が敷いた新自由主義に反発するが故に、李明博ハンナラ党)を大統領に当選させる原動力にもなった。

参考文献編集

  • 日本経済新聞 2009年2月15日付15頁「政治を動かす新世代」
  • 加納寛子『サイレント・レボリューション』ぎょうせい、2006年4月、ISBN 432407920X

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ Generations Defined. Mark McCrindle
  2. ^ Carlson, Elwood (2008). The Lucky Few: Between the Greatest Generation and the Baby Boom. Springer. p. 29. ISBN 978-1402085406. https://books.google.com/?id=zUJgaHde6YUC&lpg=PP1&pg=PT45#v=onepage&q=1983 
  3. ^ millennial”. OxfordDictionaries.com. 2019年3月23日閲覧。
  4. ^ 若者--新時代の到来を告げる「ミレニアルズ」(CNET Japan, 2006年1月12日)
  5. ^ a b 米国版さとり世代「ミレニアルズ」の破壊力(東洋経済オンライン, 2015年10月19日)

関連項目編集

外部リンク編集

先代:
ジェネレーションX
1965年-1980年
アメリカ合衆国の世代
ジェネレーションY
ミレニアルズ
1981年-1995年
次代:
ジェネレーションZ
1996年-2010年 ?