フォークダンスDE成子坂

かつての日本のお笑いコンビ

フォークダンスDE成子坂(フォークダンス デ なるこざか)は、桶田敬太郎村田渚で構成されていたお笑いコンビホリプロ所属。

フォークダンスDE成子坂
FOLKDANCE DE NARUKOZAKA
メンバー 桶田敬太郎
村田渚
別名 フォーク、成子坂
結成年 1989年
解散年 2000年
事務所 ホリプロ
活動時期 1989年 - 1999年12月31日
出身 関町立関中学校出身
出会い 中学校の同級生
現在の活動状況 解散
芸種 コント漫才
ネタ作成者 両者
現在の代表番組 なし
過去の代表番組 GAHAHAキング 爆笑王決定戦
爆笑オンエアバトル
など
受賞歴
GAHAHAキング 爆笑王決定戦」2代目チャンピオン
テンプレートを表示

メンバー編集

概要編集

三重県鈴鹿郡関町(現・亀山市)立関中学校の同級生同士で組まれたお笑いコンビ。何かするようで何もしない、わざとハズしにかかるシュールな芸風と桶田の特異な発言、村田の鋭いツッコミが特徴。コンビ名は所属事務所ホリプロの当時の社員が、ロバート・デ・ニーロから取った名前にしようと試行錯誤した末、「DE」(デ)だけが残ったといわれている。本人達はこの名前を気に入っておらず、改名しようとしていたが、改名前にテレビで名前が売れてしまったため改名できなかった。成子坂は、新宿区にある坂。略称はフォークフォークダンス成子成子坂FDN。『ボキャブラ天国』シリーズなどに出演した。

来歴編集

桶田敬太郎が兵庫県より、村田渚が大阪府より、共に小学生の途中で三重県鈴鹿郡関町に引っ越し、町立関中学校の同級生として、2人が出会う。1989年、高校生時代にコンビ結成。高校在学中に、ホリプロのネタ見せ勉強会に通い始める。

1990年、高校卒業と同時に上京。東京都品川区西小山のアパートに住み、アルバイトをしながら、毎週のホリプロネタ見せ勉強会に参加し始める。その後、ホリプロお笑いライブへの出演とレギュラー出演。

1991年、タレントとしてのテレビ出演をもってデビュー年としている。

1993年、『GAHAHAキング 爆笑王決定戦』で2代目チャンピオンになる。1994年より『ボキャブラ天国』シリーズにレギュラー出演。

1998年、単独イベント「自縛」を開催。10ヵ月で5回、全10公演。「全コントが新作または旧作をリメイク」というハードな条件だった。セル販売のみが主流だったお笑いのVHS作品だったが、この「自縛」に関しては、TSUTAYAとの提携でレンタルコーナーに置かれた(未DVD化)。その功績を生みだしてくれたマネージャーが、「自縛」の途中で新人に切り替えられたことで事務所側へ不満が生じ、桶田は「自縛」を最後までやり抜いたら引退しようと決意した。

1999年12月、解散を発表。末日をもって解散。なお、解散約半年前に「爆笑オンエアバトル」に1度だけ出場(1999年5月1日放送回)しており、見事オンエアを勝ち取っている(453KB・3位)。

2006年11月12日村田渚が、クモ膜下出血のため死去。(35歳没)

2019年11月23日桶田敬太郎が、癌のため死去。(48歳没)

出演番組編集

など

ビデオ編集

  • 1998年に行われた、全5回の単独ライブを収めた作品
    • 自縛1
    • 自縛2
    • 自縛3
    • 自縛4
    • 自縛5
    • 自縛蔵出し(1〜5でカットされたコント作品を収録したもの)
    以上の作品は、JIC VIDEOで購入可能。
  • ボキャブラ天国 公式ビデオ Vol.1 - 3
  • ホリプロお笑いライブ 芸腕グランプリ1・2
  • ギャグ・ウォーズ(2)

雑誌編集

関連項目編集

その他編集

出典編集

  1. ^ a b c “「ボキャブラ」で活躍 元「フォークダンスde成子坂」桶田さん死去していた 元相方は06年死去”. デイリースポーツ. 神戸新聞社. (2020年2月27日). https://www.daily.co.jp/gossip/2020/02/27/0013149232.shtml 2020年2月27日閲覧。