城 みちる(じょう みちる、1957年11月18日[1] - )は、日本歌手タレント。本名は城谷 晃太郎(じょうやこうたろう)[1]ミュージック・オフィス合田所属。現在、広島を拠点に活躍している。

じょう みちる
城 みちる
本名 城谷 晃太郎
生年月日 (1957-11-18) 1957年11月18日(60歳)
出生地 日本の旗 日本広島県安芸郡音戸町(現・呉市
国籍 日本
身長 173cm[1]
血液型 A型[1]
職業 歌手タレント
活動期間 1973年 - 1976年
1985年 - 現在[2]

目次

来歴・人物編集

広島県安芸郡音戸町(現呉市)出身。音戸町は呉市から海を隔ててすぐの倉橋島にあり、城谷家は江戸期には、両替商として浅野藩藩札を扱っていた[3]明治になってから造り酒屋郵便局・電報局を始めて、父親の代で電器店を開いた。実家は八百坪の土地に、築二百年を越える木造建築で、二階は全てで百畳あり、六つの部屋がで仕切られていたという。裏山から引いた水を使い、現在も島で一軒だけ、水道契約をしていないという[3]

武田学園呉高校(現武田高校)→明治大学付属中野高校定時制→堀越高等学校卒業→駒澤大学中退。

1972年昭和47年)中学三年の時、「スター誕生!」の広島県予選で本選出場に残り、翌1973年(昭和48年)「スター誕生!」第7回のチャンピオンとなる。芸能事務所社長長良じゅんの自宅に1年間下宿[2]。同年『イルカにのった少年』東芝EMIより[補足 1]歌手デビューした。デビュー曲の曲名を決めたのも長良で、鑑賞していた映画に出てきた『沈没船船首のイルカに乗った少年の像』より曲名が決まった[2]

『イルカにのった少年』は50万枚の大ヒット[3]。童顔で細身のルックス、歌唱力で、一躍トップアイドルになる[3]。同時期にデビューしたあいざき進也豊川誕らと共に「新新御三家」と呼ばれる。 1975年(昭和50年)の沖縄海洋博では、日本代表として歌唱した[3]。10枚のシングルレコードを出し20歳で引退(芸能活動休止)。その後駒澤大学に入学したが中退。歌手活動は高校3年間だけで、その後は大学に行って家業を継ぐという父との約束通り、帰郷して1981年(昭和56年)から長い間、実家の電器店を経営[補足 2]した。 現在は電気店を閉じて不動産経営者 として社長もこなしている。

人気絶頂時に伊藤咲子と交際し、それをお互い認めた。当時のアイドルも、みんな恋愛はしていたが、アイドル同士というのは無かったので、大きく取り上げられたのではないかと話している[3]。伊藤とは4年くらい交際し、城の引退後もしばらく付き合っていたという[3]。24歳の時、一般の女性と結婚し1年で離婚。

1986年(昭和61年)、長良に誘われビートたけしと会食。ビートたけしは「イルカにのった少年はどこに消えた?」などと、城を漫才のネタに使っていたので、一言文句でもと思ったが、ビートたけしから「来月から始まる番組(「痛快なりゆき番組 風雲!たけし城」)に出ないか」と出演依頼があり[2][3]、悩んだ末、芸能界に復帰した[4]。芸能活動再開後はタレントとしても幅を広げ「しあわせ家族計画」や、懐メロ特集など多数のテレビ番組に出演している。

地元広島でリポーター業などを行う山本けいこ (山本敬子、城谷けいことも)と平成3年に結婚していた。夫婦で全国ネットのバラエティ番組に出演した。

娘は広島市の専用劇場を拠点に活動するアイドルグループひろしまMAPLE★Sの元メンバーで、ネットアイドルの城谷るりであり[5]、2016年4月20日に呉市文化ホールステージで父娘初共演を果たした[6]

老人ホームを中心とした施設への慰問コンサートを実施しており[7]、2015年10月に慰問施設が1000ヶ所を超えた[8]

人気絶頂期から続いているファンと関係者などへの感謝の気持ちを込めてThanksPartyを自身の還暦日に行う。

出演編集

レギュラー出演編集

テレビドラマ編集

映画編集

バラエティ編集

アニメ編集

情報番組編集

ディスコグラフィ編集

シングル編集

  • イルカにのった少年/真珠色の涙(1973年12月20日)
  • 君はエンジェル/角笛を吹く少年(1974年4月5日)
  • 君がまぶしい/みどり色の風(1974年6月20日)
  • 星空への誓い/緑の館(1974年8月20日)
  • チルチルみちる/情熱(1974年11月20日)
  • 大人への階段/一瞬の出来事(1975年3月5日)
  • 真夏の太陽/君だけを愛す(1975年6月5日)
  • サンゴ礁の娘/その時が来た(1975年7月20日)
  • 風のない日/ギターを弾くのはもうやめよう(1975年10月5日)
  • あの娘年下何年生/泣いちゃおうか泣いちゃおうか(1976年4月20日)
  • ファーストサムライ(1993年4月21日)※ビクターエンタテインメントよりリリース

アルバム編集

  • イルカにのった少年/城みちるファースト・アルバム(1974年3月5日)
    • SIDE A
      • イルカにのった少年
      • 個人授業
      • 真珠色の涙
      • 銀河をはしる少年
      • 叫びたくなるよ
      • 心の旅
    • SIDE B
      • あなたへの愛
      • あてのない旅
      • 美しすぎて
      • 口笛の街角
      • 魅力のマーチ
      • あの素晴らしい愛をもう一度
  • 君がまぶしい/みちるプレゼントII(1974年9月5日)
    • SIDE A
      • 君がまぶしい
      • 君は妖精
      • みどり色の風
      • 気ずいたら恋
      • 角笛を吹く少年
      • 君はエンジェル
    • SIDE B
      • カレンダー・ガール
      • ダイアナ
      • ハロー・メリー・ルー
      • 悲しき天使
      • カリフォルニアの青い空
      • 愛するハーモニー
  • みちるプレゼントIII(1974年12月1日)
    • SIDE A
      • 青い鳥
      • 夢見るひと
      • 星を数えて
      • りんごの木の下で
      • 少女と白い馬
      • 楽しくやろうよ
    • SIDE B
      • オー・キャロル
      • カラーに口紅
      • 君はわが運命
      • 恋の片道切符
      • I NEED YOUR LOVE TONIGHT
      • 渚のデイト
  • みちるの青春/大人への階段(1975年3月5日)
    • SIDE A
      • 大人への階段
      • 一瞬の出来事
      • ふれあい
      • 帰らざる日のために
      • よろしく哀愁
    • SIDE B
      • 若者たち
      • 愛の泉
      • 青年は荒野をめざす
      • あなたの心に
      • 君は今青春
  • 新しい旅立ち(1975年12月1日)
    • SIDE A
      • 風のない日
      • サボテンの花
      • 岬めぐり
      • 精霊流し
      • 22才の別れ
      • ギターを弾くのはもうやめよう
    • SIDE B
      • 人生を語らず
      • 我が良き友よ
      • シクラメンのかほり
      • 小さな街のプラタナス
      • 東へ西へ
      • 夕立
  • BIG ARTIST BEST COLLECTION 城みちる(1994年12月7日)
  • 城みちる GOLDEN☆BEST(2002年6月19日)
    • イルカにのった少年
      • 作詞:杉さとみ/作曲:林あきら/編曲:高田弘/歌:城みちる
    • 銀河をはしる少年
      • 作詞:杉さとみ/作曲:林あきら/編曲:竜崎孝路/歌:城みちる
    • 叫びたくなるよ
      • 作詞:杉さとみ/作曲:林あきら/編曲:竜崎孝路/歌:城みちる
    • あてのない旅
      • 作詞:杉さとみ/作曲:林あきら/編曲:竜崎孝路/歌:城みちる
    • 口笛の街角
      • 作詞:松井真佐子/作曲:林あきら/編曲:竜崎孝路/歌:城みちる
    • 君はエンジェル
      • 作詞:杉さとみ/作曲:林あきら/編曲:竜崎孝路/歌:城みちる
    • 君がまぶしい
      • 作詞:千家和也/作曲:林あきら/編曲:あかのたちお/歌:城みちる
    • 君は妖精
      • 作詞:杉さとみ/作曲:林あきら/編曲:竜崎孝路/歌:城みちる
    • 気づいたら恋
      • 作詞:杉さとみ/作曲:林あきら/編曲:竜崎孝路/歌:城みちる
    • 星空への誓い
      • 作詞:有馬三恵子/作曲:すぎやまこういち/編曲:すぎやまこういち/歌:城みちる
    • チルチルみちる
      • 作詞:川口文/作曲:すぎやまこういち/編曲:あかのたちお/歌:城みちる
    • 青い鳥
      • 作詞:たかたかし/作曲:牛車茂/編曲:あかのたちお/歌:城みちる
    • 夢見るひと
      • 作詞:有馬三恵子/作曲:すぎやまこういち/編曲:あかのたちお/歌:城みちる
    • 星を数えて
      • 作詞:増永直子/作曲:森田公一/編曲:あかのたちお/歌:城みちる
    • りんごの木の下で
      • 作詞:有馬三恵子/作曲:すぎやまこういち/編曲:あかのたちお/歌:城みちる
    • 少女と白い馬
      • 作詞:増永直子/作曲:森田公一/編曲:あかのたちお/歌:城みちる
    • 楽しくやろうよ
      • 作詞:たかたかし/作曲:牛車茂/編曲:あかのたちお/歌:城みちる
    • サンゴ礁の娘
      • 作詞:阿久悠/作曲:筒美京平/編曲:高田弘/歌:城みちる
  • NEW BEST1500(2005年8月24日)

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 実家が東芝チェーンストアーだったこともある。
  2. ^ イルカに乗った少年の銅像がある。

出典編集

  1. ^ a b c d 城みちるのプロフィール”. 城みちる オフィシャルサイト 【公式サイト】. 2017年1月1日閲覧。
  2. ^ a b c d 『私の師 歌手 城 みちるさん 自然に気配り思いやり』 - 中国新聞 2012年5月28日 15ページ
  3. ^ a b c d e f g h 「新 家の履歴書」『週刊文春』2013年5月23日号、p.94-97
  4. ^ 「'70〜'80年代アイドル"あの人はいま"」『週刊現代』2012年5月19日号、p.61
  5. ^ [シュージョプライム YOUのココロ刺激する]
  6. ^ “『イルカに乗った少年 城みちる』アイドル引退と恋愛、広島の実家や娘の画像 (page 2)”. Middle Edge(ミドルエッジ). (2016年4月25日). https://middle-edge.jp/articles/8Eeym?page=2 2016年5月9日閲覧。 
  7. ^ 「イルカに乗った少年」城みちるさんが慰問] - 赤穂民報 2008年7月29日
  8. ^ ひろしま神楽女子代表の住川さんに神楽の魅力を伺いました! - NHK広島放送局 2015年10月7日
  9. ^ サンゴ礁伝説 青い海のエルフィ”. 日本アニメーション. 2016年5月17日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集