メインメニューを開く

吉田 喜昭(よしだ よしあき、1937年(昭和12年)4月5日 - 2001年(平成13年)1月24日)は、日本の脚本家絵本作家である[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13]日本脚本家連盟信託者[14]。生前は日本放送作家協会会員[1]東洋大学講師であった[2]。『ムーミン』『昆虫物語 みなしごハッチ』等のテレビアニメーションの脚本家として知られ[1]、『天才バカボン』『ど根性ガエル』『ジャングル黒べえ』『元祖天才バカボン』ではメイン作家であった[9][13]

よしだ よしあき
吉田 喜昭
生年月日 (1937-04-05) 1937年4月5日
没年月日 (2001-01-24) 2001年1月24日(63歳没)
出生地 日本の旗 日本 岐阜県中津川市
職業 脚本家絵本作家
ジャンル 劇場用映画現代劇)、テレビ映画(現代劇、テレビアニメ)、絵本
活動期間 1961年 - 2001年
配偶者 死別
主な作品
劇場用映画
ヤスジのポルノラマ やっちまえ!!
テレビ映画
忍者部隊月光
テレビアニメ
ムーミン
昆虫物語 みなしごハッチ
天才バカボン
ど根性ガエル
ジャングル黒べえ
元祖天才バカボン
ろぼっ子ビートン
銀河鉄道999

日本映画データベース等で混同されている[5][10][15]、同時代に活動した脚本家の吉田義昭(1932年 - 1989年)は同音異字の別人[2][14]テレビドラマデータベース等で混同されている[13][16]作詞家作曲家古田喜昭(1949年 - )は一字違いの別人[2][17]

目次

人物・来歴編集

シナリオ修業と実写映画の時代編集

1937年(昭和12年)、岐阜県恵那郡中津町(現:中津川市)に生まれる[1]雪室俊一によれば、吉田は幼少時に急性灰白髄炎 (小児マヒ)を患い「手足の動きが不自由だった」という[2]

1956年(昭和31年)前後に岐阜県立中津高等学校を卒業し、東京都文京区白山の東洋大学文学部に進学、やがて同学を卒業する[1]。満24歳になる1961年(昭和36年)8月に発行された『月刊シナリオ』(日本シナリオ作家協会)に掲載された「シナリオ修業の生活と意見」と題する座談会に、北村篤子(1933年 - )[18]日活蘇武道夫(生年不詳 - 1983年)[19]近代映画協会松田昭三(1928年 - )[20]、段野利世子、松竹今井金次郎[21]とともに出席しており、同時点ではすでに脚本家としての修業を開始している[22]。記録に残るもっとも早い時期の作品は、国際放映が製作した連続テレビ映画忍者部隊月光』(1964年 - 1966年)の第66話、1965年(昭和40年)4月9日に放映された『アース・クェイク作戦 前篇』(監督福原博)である[5][6][7][8][9][10][11][12][13]。同番組については途中の参加であったが、続篇の『新忍者部隊月光』も含めて、合計27話を書き、初期の代表作になる[9][13]。1966年(昭和41年)4月27日に公開された石原裕次郎主演の劇場用映画青春大統領』(監督江崎実生)の脚本に参加、「原案」とクレジットされた[6][7][8][9][10]

テレビアニメーションの時代編集

1967年(昭和42年)4月1日に放映を開始した連続テレビアニメ映画かみなり坊やピッカリ・ビー』でアニメ界に進出、同作の終了とともに1968年(昭和43年)4月6日に放映を開始した同じく『ファイトだ!!ピュー太』にも参加、毎日放送の子会社放送動画制作の製作物に脚本を提供した[4][9][13]。『忍者部隊月光』の原作者である漫画家の吉田竜夫(1932年 - 1977年)が竜の子プロダクション(現在のタツノコプロ)で製作した連続テレビアニメ映画『おらぁグズラだど』の放映が1967年10月7日に開始、同作にも脚本家として参加、続いて、東京ムービーが製作、1968年3月30日に放映を開始した同じく『巨人の星』にも参加、吉田は、生涯を通じて、この2社と深く付き合うことになる[9][13]。東京テレビ動画(のちの日本テレビ動画)が設立され、その第1作として製作された連続テレビアニメ映画『夕やけ番長』が1968年10月1日に放映を開始したが、同作にも脚本参加、以降、同社の作品も多く手掛けた[9][13]。同社が唯一製作した劇場用映画『ヤスジのポルノラマ やっちまえ!!』(1971年9月24日公開)にも、脚本を提供している[7][8][9][10]

1971年(昭和46年)9月25日に放映を開始した『天才バカボン』では、「第1話」(第1回)の作家に抜擢、第3話(第2回)、第6話(第3回)と、同作は吉田作品でスタートを切り、吉田は同番組において合計20話を執筆した[9][13]

従来、学習雑誌等の仕事もしていたが[1][2][3][4]、1976年(昭和51年)7月には、アニメーターアニメ演出家出崎統(筆名さきまくら、1943年 - 2011年)が絵を描き、吉田が文章を書くスタイルで絵本『ドングドンとことだま大王』を上梓する[1][3][4]。以降、吉田は脚本家の仕事の傍ら、絵本作家としての仕事もこなしていく[1][2][3][4]。タツノコ作品は、『おらぁグズラだど』に始まり、『ハクション大魔王』、『昆虫物語 みなしごハッチ』、『いなかっぺ大将』、『タイムボカン』と数多く手掛けてきたが、タイムボカンシリーズの第2作である『タイムボカンシリーズ ヤッターマン』では、1977年(昭和52年)7月30日に放映された第31話『ドビンソン・クロースルだコロン』以外は脚本を提供しておらず、同年9月5日に吉田竜夫が満45歳で死去[23]、以降、長らくタツノコから離れた[9][13]

1980年代に入ると、1980年(昭和55年)10月11日に放映を開始した土田プロダクションの『まんがことわざ事典』、1981年(昭和56年)9月3日に放映を開始したナック(現在のICHI)の『まんが 水戸黄門』といった東京12チャンネル(現在のテレビ東京)作品を手がけている[9][13]。1989年(平成元年)には、『昆虫物語 みなしごハッチ』がリメイクされたが、これに1話(第20話『おじいさんの秘密』)だけ参加している[9][13]。タツノコプロでの仕事は、吉田竜夫の没後、12年ぶりであった[9][13][23]

『夕やけ番長』、『男どアホウ!甲子園』等の東京テレビ動画作品、『星の子チョビン』等でともにテレビアニメーションの脚本を書くことの多かった雪室俊一は、吉田を「温厚で人当たりもよく、だれからも愛されていた。どんな素材をも器用にこなし、締め切りに遅れることもなかった」と評した[2]。雪室によれば、長年支えられていた妻を亡くした葬儀の日には、吉田は「弔問に訪れた演出家にすがりつき、子どものように号泣して悲しみをぶちまけた」という[2]。晩年、吉田は出身校である東洋大学で講師を務めていたが、2001年(平成13年)に死去した[2]。満63歳没。亡くなったのは、大学の講義を行った冬の日であったという[2]

フィルモグラフィ編集

特筆以外すべて「脚本」である[5][6][7][8][9][10][11][12][13]東京国立近代美術館フィルムセンター(NFC)、デジタル・ミーム等での所蔵状況も記した[6][24]

1960年代編集

  • 忍者部隊月光』 : 原作吉田竜夫、主演水木襄、製作国際放映、1964年1月3日 - 1966年3月31日放映(連続テレビ映画・全117話)
    • 第66話『アース・クェイク作戦 前篇』 : 監督福原博、1965年4月9日放映
    • 第67話『アース・クェイク作戦 後篇』 : 監督福原博、1965年4月16日放映
    • 第76話『ブルーサファイア作戦 前篇』 : 監督福原博、1965年6月18日放映
    • 第77話『ブルーサファイア作戦 後篇』 : 監督福原博、1965年6月25日放映
    • 第80話『コマンドS作戦 前篇』 : 監督山田健、1965年7月16日放映
    • 第81話『コマンドS作戦 後篇』 : 監督山田健、1965年7月23日放映
    • 第90話『ブラック・ファイヤー作戦 前篇』 : 監督福原博、1965年9月24日放映
    • 第91話『ブラック・ファイヤー作戦 後篇』 : 監督福原博、1965年10月1日放映
    • 第94話『ゴースト作戦 前篇』 : 監督山田健、1965年10月22日放映
    • 第95話『ゴースト作戦 後篇』 : 監督山田健、1965年10月29日放映
    • 第96話『ブラッドプラン作戦 前篇』 : 監督石川義寛、1965年11月5日放映
    • 第97話『ブラッドプラン作戦 後篇』 : 監督石川義寛、1965年11月12日放映
    • 第104話『特別指令マキューラ潰滅作戦』 : 監督石川義寛、1965年12月31日放映
    • 第105話『まぼろし仮面作戦 前篇』 : 監督土屋啓之助、1966年1月6日放映
    • 第106話『まぼろし仮面作戦 後篇』 : 監督土屋啓之助、1966年1月13日放映
    • 第109話『ビー玉作戦 前篇』 : 監督福原博、1966年2月3日放映
    • 第110話『ビー玉作戦 後篇』 : 監督福原博、1966年2月10日放映
    • 第113話『黄金狂作戦 前篇』 : 監督山田健、1966年3月3日放映
    • 第114話『黄金狂作戦 後篇』 : 監督山田健、1966年3月10日放映
    • 第117話『まぼろし対決作戦』 : 監督土屋啓之助、1966年3月31日放映
  • 新忍者部隊月光』 : 原作吉田竜夫、主演水木襄、製作国際放映、1966年7月3日 - 同年10月2日放映(連続テレビ映画・全13話)
    • 第118話『ロケット大作戦』 : 監督土屋啓之助、1966年7月3日放映
    • 第119話『第二の仮面作戦 前篇』 : 監督土屋啓之助、1966年7月10日放映
    • 第120話『第二の仮面作戦 後篇』 : 監督土屋啓之助、1966年7月17日放映
    • 第123話『3ドラム作戦 前篇』 : 監督福原博、1966年8月14日放映
    • 第124話『3ドラム作戦 後篇』 : 監督福原博、1966年8月21日放映
    • 第127話『サイボーグ作戦 前篇』 : 監督山田健、1966年9月11日放映
    • 第128話『サイボーグ作戦 後篇』 : 監督山田健、1966年9月18日放映
  • 青春大統領』 : 企画銭谷功メリー喜多川、監督江崎実生、脚本江崎実生・銭谷功、主演石原裕次郎、製作・配給日活、1966年4月27日公開(映倫番号 14392) - 池田淳と共同で原案、3分の上映用プリント(予告篇)をNFCが所蔵[6]
  • かみなり坊やピッカリ・ビー』 : 製作斎藤賢、監督光延博愛、原作ムロタニツネ象、声の主演千秋ちあき、製作放送動画制作、1967年4月1日 - 1968年3月30日放映(連続テレビアニメ映画・全53回) - 鈴木良武小川健一畑中国明とともに脚本
  • おらぁグズラだど』 : 製作吉田竜夫、監督笹川ひろし原征太郎西岡たかし坂本雄作瀬山義文高橋良輔西牧秀雄木下蓮三芹川有吾林純夫佐々木治次、原作笹川ひろし、声の主演大平透、製作タツノコプロダクション、1967年10月7日 - 1968年9月25日放映(連続テレビアニメ映画・全52回) - 笹川ひろし・鈴木良武・酒井仁村林信一・芹川有吾・伊東恒久山崎晴哉陣野修瀬間三枝子出崎哲草川隆板井れんたろうとともに脚本
  • 巨人の星』 : 監督長浜忠夫御厨恭輔斎藤博、原作梶原一騎川崎のぼる、声の主演古谷徹、製作東京ムービー、1968年3月30日 - 1971年9月18日放映(連続テレビアニメ映画・全182回) - 山崎忠昭松岡清治佐々木守辻真先・伊東恒久・伊上勝斉藤次郎松元力島修司さわきとおる・山崎晴哉・宇佐美寛林すみ子・鈴木良武・竹内泰之金子裕とともに脚本
  • ファイトだ!!ピュー太』 : 原案ムロタニツネ象、構成斎藤賢・光延博愛・永沢詢、声の主演伊藤牧子、製作放送動画制作、1968年4月6日 - 同年9月28日放映(連続テレビアニメ映画・全26回)
    • 第2話『ねらわれた宇宙猿』 : 監督彦根のりお、1968年4月13日放映
    • 第7話『クビになったワルサー』 : 監督近藤英輔、1968年5月18日放映
    • 第9話『荒野の毛はえ薬』 : 監督正延宏三、1968年6月1日放映
    • 第14話『恐怖のプカプカ・マンション』 : 監督近藤英輔、1968年7月6日放映
  • 怪物くん』 : 監督大隅正秋、原作藤子不二雄Ⓐ、声の主演白石冬美、製作東京ムービー・スタジオ・ゼロ、1968年4月21日 - 1969年3月23日放映(連続テレビアニメ映画・全49回・全98話)
    • 第69話 『カメレオンマン来たるの巻』 :1968年12月15日放映
    • 第85話 『おれはかなしいヒヒ男の巻』 :1969年2月9日放映
    • 第86話 『第4のけらいの巻』 :1969年2月9日放映
    • 第97話 『ヒロシよさらばの巻』 :1969年3月23日放映
  • 夕やけ番長』 : 製作新倉雅美、監督木下蓮三・富野喜幸、原作梶原一騎・荘司としお、声の主演加藤みどり、製作東京テレビ動画、1968年10月1日 - 1969年3月29日放映(連続テレビアニメ映画・全36回) - 雪室俊一・山崎忠昭・辻真先とともに脚本
  • 六法やぶれクン』 : 監督岡部英二、原作佐賀潜、声の主演富山敬、製作東京ムービー、1969年4月28日 - 同年9月26日放映(連続テレビアニメ映画・全110回)
    • 第9話 『家を買ったらフスマやタタミは勝手に処分できない』 :1969年5月8日放映
    • 第12話 『身投げを助けたらぬれた着物は弁償してもらえる』 :1969年5月13日放映
    • 第13話 『結婚式の仲人はいつでも取りかえられる』 :1969年5月14日放映
    • 第29話 『「お帰りください」と云われて、帰らないと不退去罪になる』 :1969年6月5日放映
    • 第31話 『泥棒に目的の家を教えたら窃盗幇助罪になる』 :1969年6月9日放映
    • 第38話 『死ぬ前に全財産を使い果たしても相続人は文句は云えない』 :1969年6月18日放映
    • 第39話 『賭け麻雀を半年間に20回以上やると賭博常習犯になる』 :1969年6月19日放映
    • 第44話 『泥酔した友達を置き去りにすると一年以上の懲役になる』 :1969年6月26日放映
    • 第49話 『手のつけられないノイローゼには保佐人がつけられる』 :1969年7月3日放映
    • 第52話 『売れっ子のホステスを引き抜くと業務妨害罪になる』 :1969年7月8日放映
    • 第68話 『非行少年は相続人になれない』 :1969年7月30日放映
    • 第78話 『赤ん坊をかえりみない母親は親の資格を失い』 :1969年8月13日放映
    • 第81話 『他人の仕事場へ幽霊になって出ると業務妨害罪になる』 :1969年8月18日放映
    • 第84話 『なまけものの女房でも追い出すことはできない』 :1969年8月21日放映
    • 第87話 『売れっ妓を駆け落ちさせると業務妨害罪になる』 :1969年8月26日放映
    • 第92話 『ボインが小さいからでは婚約破棄の理由にならない』 :1969年9月2日放映
    • 第106話 『少女タレントの出演料は親が受け取ってはならない』 :1969年9月22日放映
  • ハクション大魔王』 : 原作・製作吉田竜夫、企画鳥海尽三、総監督笹川ひろし、声の主演大平透、製作タツノコプロダクション、1969年10月5日 - 1970年9月27日放映(連続テレビアニメ映画・全52回)
    • 第36回『ロボット大魔王の話』 : 監督高橋資祐、1970年6月7日放映
    • 第37回『ハクションカメラ作戦の話』 : 監督高橋資祐、1970年6月14日放映
    • 第40回『大魔王は大先生の話』 : 監督高橋資祐、1970年7月5日放映
    • 第42回『アクビ女王陛下の話』 : 監督高橋資祐、1970年7月19日放映
  • ムーミン』 : 原作トーベ・ヤンソン、声の主演岸田今日子、製作東京ムービー、1969年10月5日 - 1970年12月27日放映(連続テレビアニメ映画・全65話)
    • 第7話『さよならガオガオ』 : 監督大隅正秋、1969年11月16日放映
    • 第8話『ノンノンがあぶない』 : 監督大隅正秋、1969年11月23日放映 - 小沢洋と共同で脚本
    • 第12話『ムーミン谷のクリスマス』 : 監督大隅正秋、1969年12月21日放映 - 井上ひさしと共同で脚本
    • 第16話『謎のグノース博士』 : 監督大隅正秋、1970年1月18日放映
    • 第23話『ちびのミー大作戦』 : 監督大隅正秋、1970年3月8日放映
    • 第25話『おめでとうスノーク』 : 監督大隅正秋、1970年3月22日放映 - 松元力と共同で脚本
    • 第26話『ノンノンこっちむいて』 : 監督大隅正秋、1970年3月29日放映

1970年代編集

  • 昆虫物語 みなしごハッチ』 : 製作・原作吉田竜夫、企画鳥海尽三、監督九里一平原征太郎・富野喜幸・鳥海永行、声の主演栗葉子、製作タツノコプロダクション、1970年4月7日 - 1971年12月28日放映(連続テレビアニメ映画・全91回) - 鳥海尽三・前里元義陳野修多地映一梅田智江滝三郎金沢文平柏戸比呂子能加平由起圭・山崎晴哉・桜井京介池端俊策とともに脚本
  • 男どアホウ!甲子園』 : 製作高橋修之、企画藤井賢祐、監督野々あきら、原作佐々木守水島新司、声の主演井上真樹夫、製作東京テレビ動画、1970年9月28日 - 1971年3月27日放映(連続テレビアニメ映画・全156回) - 佐々木守・井上知士田村多津夫・山崎忠昭・雪室俊一とともに脚本
  • いなかっぺ大将』 : 企画鳥海尽三・平谷寿敏、監督高橋資祐・笹川ひろし・高橋唯貴雄案納正美・富野喜幸・西牧秀雄鹿島昇、原作川崎のぼる、声の主演野沢雅子、製作タツノコプロダクション、1970年10月4日 - 1972年9月24日放映(連続テレビアニメ映画・全104回) - 鳥海尽三・牧野和夫城山昇武末勝・陣野修・柳川茂森忠明三宅直子・伊東恒久・平谷寿敏・太田イサム布川侑司小山高男とともに脚本
  • いじわるばあさん』 : 監督武田晴道杉山省一、原作長谷川町子、声の主演高松しげお、製作テアトルプロダクション、1970年10月3日 - 1971年8月18日放映(連続テレビアニメ映画・全40回) - 吉田進岡本欣三青野暉柳下長太郎・鈴木良武・伊東恒久・雨宮雄児とともに脚本
  • 昆虫物語 みなしごハッチ』 : 監督久里一平、原作吉田竜夫、声の主演栗葉子、製作竜の子プロダクション、配給東宝、1970年12月19日公開(映倫番号 23223) - 鳥飼尽三・陳野修・前里元義と共同で脚本
  • アンデルセン物語』 : 製作岩崎正美、原作ハンス・クリスチャン・アンデルセン、声の主演増山江威子山田康雄、製作虫プロダクション、1971年1月3日 - 同年12月26日放映(連続テレビアニメ映画・カルピス劇場・全52話)
  • 珍豪ムチャ兵衛』 : 企画河島治之、原作森田拳次、声の主演雨森雅司曽我町子、製作東京ムービー、1971年2月15日 - 同年3月22日放映(連続テレビアニメ映画・全26回・全49話)
    • 第4話『珍説桃太郎の巻』 : 監督大石力、1971年2月16日放映
    • 第47話『教育おやじの巻』 : 監督斉藤博、1971年3月19日放映
  • ムーミン』 : 製作黒川慶太郎、監督大隅正秋、原作トーベ・ヤンソン、声の主演岸田今日子、製作東京ムービー、配給東宝、1971年3月17日公開(映倫番号 23247)
  • ヤスジのポルノラマ やっちまえ!!』 : 製作渡辺清、企画吉沢京夫土橋寿男、監督三輪孝輝高桑信一郎、原作谷岡ヤスジ、声の主演鈴木やすし、製作東京テレビ動画、配給日本ヘラルド映画、1971年9月24日公開(映倫番号 16890-2)
  • 天才バカボン』 : 製作藤岡豊、原作赤塚不二夫、声の主演雨森雅司、製作東京ムービー、1971年9月25日 - 1972年6月24日放映(連続テレビアニメ映画・全40回・全79話)
    • 第1話『バカボン一家だコニャニャチハ』 : 監督吉川惣司、1971年9月25日放映
    • 第3話『モシモシ早く生まれておいでね』 : 監督吉川惣司、1971年10月2日放映
    • 第6話『ハジメちゃんがはじめてしゃべったのだ』 : 監督吉川惣司、1971年10月9日放映
    • 第13話『都の西北ワセダのとなり』 : 監督吉川惣司、1971年11月6日放映
    • 第20話『俳句で電報うったのだ』 : 監督吉川惣司、1971年11月27日放映
    • 第24話『いぬがパパでねこがバカボンなのだ』 : 監督吉川惣司、1971年12月11日放映
    • 第30話『たこあげはタコにかぎるのだ』 : 監督吉川惣司、1972年1月1日放映
    • 第36話『ガッコウの先生がせめてくる』 : 監督吉川惣司、1972年1月22日放映
    • 第40話『バカボンの学芸会なのだ』 : 監督吉川惣司、1972年2月5日放映
    • 第42話『パパの10万円は夢なのだ』 : 監督吉川惣司、1972年2月12日放映
    • 第45話『それでもパパはヒイキするのだ』 : 監督斉藤博岡部英二、1972年2月26日放映
    • 第47話『バカボンのクラス委員せんきょなのだ』 : 監督斉藤博・岡部英二、1972年3月4日放映
    • 第58話『別れはつらいものなのだ』 : 監督斉藤博・岡部英二、1972年4月8日放映
    • 第63話『バカボンのひとりたびなのだ』 : 監督斉藤博・岡部英二、1972年4月29日放映
    • 第67話『バカボンの結婚式なのだ』 : 監督斉藤博・岡部英二、1972年5月13日放映
    • 第69話『魚をつると密輸犯人にされるのだ』 : 監督斉藤博・岡部英二、1972年5月20日放映
    • 第74話『パパはゴルフでカッコいいのだ』 : 監督斉藤博・岡部英二、1972年6月3日放映
    • 第76話『パパのデベソは100円玉なのだ』 : 監督斉藤博・岡部英二、1972年6月10日放映
    • 第77話『パパが二人になったのだ』 : 監督斉藤博・岡部英二、1972年6月17日放映
    • 第79話『バカボン一家がサヨウナラ』 : 監督斉藤博・岡部英二、1972年6月24日放映
  • いなかっぺ大将 猫も歩けば雀に当る出ス 当るも当らぬも時の運だス』 : 製作吉田健二安達英男、企画鳥飼尽三・平谷寿敏、監督笹川ひろし・案納正美、原作川崎のぼる、声の主演野沢雅子、製作竜の子プロダクション、配給東宝、1971年12月12日公開(映倫番号 23340)
  • 正義を愛する者 月光仮面』 : 企画西野聖市、監督岡迫亘弘、原作川内康範、声の主演池水通洋、製作萬年社ナック、1972年1月10日 - 同年10月2日放映(連続テレビアニメ映画・全39話) - 山崎晴哉・井上知士・佐脇徹らとともに脚本
  • 『ムーミン』 : 製作岩崎正美、企画高橋茂人、原作トーベ・ヤンソン、声の主演岸田今日子、製作虫プロダクション、1972年1月9日 - 同年12月31日放映(連続テレビアニメ映画・カルピス子ども劇場・全52回)
    • 第4話『スナフキンが帰ってきた』 : 監督棚橋一徳、1972年1月30日放映
    • 第8話『ふしぎなスプーン』 : 監督不明、1972年2月27日放映
    • 第10話『署長さんがいなくなる』 : 監督不明、1972年3月12日放映
    • 第14話『メソメソ君のマイホーム』 : 監督不明、1972年4月9日放映
    • 第15話『ムダ騒動はムダ』 : 監督不明、1972年4月16日放映
    • 第16話『ミイってやさしいの?』 : 監督不明、1972年4月23日放映
    • 第25話『夏への扉』 : 監督小林三男、1972年6月25日放映
    • 第27話『ニョロニョロが怒った』 : 監督不明、1972年7月9日放映
    • 第31話『おかしなケンカ』 : 監督不明、1972年8月6日放映
    • 第37話『月夜になる鐘』 : 監督石黒昇、1972年9月17日放映
    • 第38話『赤い月の呪い』 : 監督立花遊、1972年9月24日放映
    • 第48話『こわれたくびかざり』 : 監督上梨満雄、1972年12月3日放映
    • 第52話『さらばムーミン谷』 : 監督上梨満雄、1972年12月31日放映
  • 新オバケのQ太郎』 : 企画川口晴年・藤井賢祐、監督長浜忠夫、原作藤子不二雄、声の主演堀絢子、製作東京ムービー、1971年9月1日 - 1972年12月27日放映(連続テレビアニメ映画・全70回・全135話)
    • 第59回『O次郎のお嫁さんの巻』 : 1972年10月11日放映
    • 第60回『オバケ新聞社の巻』 : 1972年10月18日放映
    • 第62回『正義の味方オバケ新聞社の巻』 : 1972年11月1日放映
  • 天才バカボン 別れはつらいものなのだ』 : 監督斎藤博、原作赤塚不二夫、声の主演雨森雅司、製作東京ムービー、配給東宝、1972年7月22日公開(映倫番号 23445-2)
  • ど根性ガエル』 : 原作吉沢やすみ、声の主演野沢雅子、製作東京ムービー、1972年10月7日 - 1974年9月28日放映(連続テレビアニメ映画・全103回・全206話)
    • 第4話『おとこ涙のサングラスの巻』 : 監督岡部英二、1972年10月14日放映
    • 第8話『かりもかりたりすごいものの巻』 : 監督岡部英二、1972年10月28日放映
    • 第10話『お礼はキッスの巻』 : 監督岡部英二、1972年11月4日放映
    • 第11話『ぼくのマリヤちゃんの巻』 : 監督岡部英二、1972年11月11日放映
    • 第14話『マリヤのヘンなクセの巻』 : 監督岡部英二、1972年11月18日放映
    • 第16話『ブラボー!ヨシコ先生の巻』 : 監督岡部英二、1972年11月25日放映
    • 第18話『おー!!わがとうちゃんの巻』 : 監督長浜忠夫、1972年12月2日放映
    • 第23話『どうするどうするクリスマスの巻』 : 監督長浜忠夫、1972年12月23日放映
    • 第29話『おヨメさんのためならの巻』 : 監督長浜忠夫、1973年1月13日放映
    • 第36話『ほれちゃあいけねえ先生の巻』 : 監督長浜忠夫、1973年2月10日放映
    • 第40話『出前もちひろしの巻』 : 監督長浜忠夫、1973年2月24日放映
    • 第47話『ちこくをしましょうの巻』 : 監督長浜忠夫、1973年3月24日放映
    • 第49話『キスマークチュッチュッの巻』 : 監督長浜忠夫、1973年3月31日放映
    • 第53話『おお!バカガエルの巻』 : 監督長浜忠夫、1973年4月14日放映
    • 第64話『ラーメン食べたばっかりにの巻』 : 監督長浜忠夫、1973年5月19日放映
    • 第68話『町田先生撃退大作戦の巻』 : 監督長浜忠夫、1973年6月2日放映
    • 第70話『誓いのホームランの巻』 : 監督長浜忠夫、1973年6月9日放映 - 石倉俊文と共同で脚本
    • 第71話『雨の中のふたりの巻』 : 監督長浜忠夫、1973年6月16日放映
    • 第72話『くじらくんの涙の巻』 : 監督長浜忠夫、1973年6月16日放映
    • 第76話『ピョン吉学校へくるなの巻』 : 監督長浜忠夫、1973年6月30日放映
    • 第83話『呪いの宿直室の巻』 : 監督長浜忠夫、1973年7月28日放映
    • 第86話『不思議な不思議な病気の巻』 : 監督長浜忠夫、1973年8月4日放映
    • 第90話『鐘がゴーンと鳴りゃうらめしや~ッの巻』 : 監督長浜忠夫、1973年8月18日放映
    • 第106話『大決闘!梅さん対新八!!の巻』 : 監督長浜忠夫、1973年10月13日放映
    • 第109話『ヨシコ先生の一日奥さまの巻』 : 監督長浜忠夫、1973年10月27日放映
    • 第111話『ギャーッ!大ケガの巻』 : 監督長浜忠夫、1973年11月3日放映
    • 第115話『ひっちゃかめっちゃか授業参観の巻』 : 監督長浜忠夫、1973年11月17日放映
    • 第123話『ひろし・京子の迷コンビスケーターの巻』 : 監督長浜忠夫、1973年12月15日放映
    • 第124話『さすが大物たちだ!!の巻』 : 監督長浜忠夫、1973年12月15日放映
    • 第127話『もちつきペッタン大騒動の巻』 : 監督長浜忠夫、1973年12月29日放映
    • 第129話『花のお江戸の平面ガエルの巻』 : 監督長浜忠夫、1974年1月5日放映
    • 第139話『美しき雪ダルマの巻』 : 監督長浜忠夫、1974年2月9日放映
    • 第141話『お弁当売りますの巻』 : 監督長浜忠夫、1974年2月16日放映
    • 第149話『親子ゲンカ大ゲンカの巻』 : 監督長浜忠夫、1974年3月16日放映
    • 第155話『おお!サングラスの君』 : 監督長浜忠夫、1974年4月6日放映
    • 第163話『学校荒しは誰だ!?』 : 監督長浜忠夫、1974年5月4日放映
    • 第177話『おお、孝行息子』 : 監督長浜忠夫、1974年6月22日放映
    • 第181話『おしかけた南先生』 : 監督長浜忠夫、1974年7月6日放映
    • 第195話『幽霊アパート』 : 監督長浜忠夫、1974年8月24日放映
    • 第203話『PTA会長はだれだ!?』 : 監督長浜忠夫、1974年9月21日放映
  • ジャングル黒べえ』 : 企画楠部三吉郎引野芳照石井照子、監督出崎統、原作藤子不二雄、声の主演肝付兼太、製作東京ムービー、1973年3月2日 - 同年9月28日放映(連続テレビアニメ映画・全31回・全61話)
    • 第2回『神さまさかだちベッカンコの巻』 : 1973年3月9日放映
    • 第6回『パンを守って恩がえしの巻』 : 1973年4月6日放映
    • 第6回『なにがなんでも背をのばせ!の巻』 : 1973年4月6日放映
    • 第8回『黒べえがママでーすの巻』 : 1973年4月20日放映
    • 第16回『パンツをはいたブルドッグの巻』 : 1973年6月15日放映
    • 第20回『強敵ガックあらわる!の巻』 : 1973年7月13日放映
    • 第20回『黒べえ対ガック、夕陽の決闘の巻』 : 1973年7月13日放映
    • 第26回『食っちゃうぞ!パクパクペリカンの巻』 : 1973年8月24日放映
    • 第27回『黒べえ涙の男泣きの巻』 : 1973年8月31日放映
    • 第29回『あっ、人魚姫が食べられたの巻』 : 1973年9月14日放映
  • ジャングル黒べえ』 : 監督出崎統、原作藤子不二雄、声の主演肝付兼太、製作東京ムービー、配給東宝、1973年3月17日公開(映倫番号 23583)
  • ゼロテスター』(『0テスター』) : 企画三輪弘岸本吉功、監督高橋良輔、原作鈴木良武、声の主演神谷明、製作東北新社、1973年10月1日 - 1974年12月30日放映(連続テレビアニメ映画・全66話)
    • 第35回『出現!メカ植物ダイラー』 : 1974年5月27日放映
    • 第38回『ゼロロボット登場』 : 1974年6月17日放映
    • 第46回『妖怪ガマガロス』 : 1974年8月12日放映
    • 第52回『スリースター号発進』 : 1974年9月23日放映
    • 第59回『爆弾を脱出せよ!』 : 1974年11月11日放映
  • 空手バカ一代』 : 企画小澤英輔稲田伸生、監督岡部英二・出崎統、原作梶原一騎・つのだじろう、声の主演田中信夫、製作東京ムービー、1973年10月3日 - 1974年9月25日放映(連続テレビアニメ映画・全47回)
    • 第3回『正義と力の空手道』 : 1973年10月17日放映
    • 第4回『天狗と少年』 : 1973年10月24日放映
    • 第10回『耐えて耐えて耐えぬいて』 : 1973年12月5日放映
    • 第14回『血の脱獄』 : 1974年1月9日放映
    • 第15回『有明省吾は死んだ』 : 1974年1月16日放映
    • 第22回『命がけの脱出』 : 1974年3月13日放映
    • 第29回『カラテチョップ!力道山』 : 1974年5月8日放映
    • 第38回『人間風車カポエラ』 : 1974年7月24日放映
  • 星の子チョビン』 : 企画金原文雄田中大三広岡修忠隈昌、監督りん・たろう、原作石森章太郎、声の主演白石冬美、製作渡辺企画、1974年4月5日 - 同年9月27日放映(連続テレビアニメ映画・全26話) - 雪室俊一・加藤有芳浪江志摩藤川桂介・金子裕・いとうひさし・吉川惣司・高山由紀子星山博之とともに脚本
  • ドンチャック物語』 : 企画近藤伯雄西野清市西條克麿茂垣弘道、監督高垣幸蔵山本功、原作小泉志津男成田マキホ、声の主演沢田和子、製作後楽園スタヂアム・ナック、1975年4月5日 - 同年9月27日放映(連続テレビアニメ映画・全26話)
    • 第14回『ザワザワ森のカミナリさま』 : 1975年7月5日放映
    • 第15回『オイラは森の英雄だい!』 : 1975年7月12日放映
    • 第17回『ザワザワ森の怪事件』 : 1975年7月26日放映
    • 第18回『子どもの家をつくろう』 : 1975年8月2日放映
    • 第22回『不思議なおとしもの』 : 1975年8月30日放映
    • 第24回『パパの趣味はひとさわがせ』 : 1975年9月13日放映
    • 第26回『ザワザワ森の日食』 : 1975年9月27日放映(最終回)
  • わんぱく大昔クムクム』 : 企画柴山達雄、監督りんたろう、原作安彦良和、声の主演田上和枝、製作ITCジャパン、1975年10月3日 - 1976年3月26日放映(連続テレビアニメ映画・全26話) - 多地映一・安彦良和とともに脚本
  • 勇者ライディーン』 : 企画宮崎慎一・小澤英輔・岸本吉功、原作鈴木良武、声の主演神谷明、製作東北新社、1975年4月4日 - 1976年3月26日放映(連続テレビアニメ映画・全50話)  
    • 第6話『奪回!巨大トータスの人質』 : 監督富野喜幸、1975年5月9日放映
  • タイムボカン』 : 製作吉田竜夫、企画鳥海尽三・酒井あきよし柳川茂、総監督笹川ひろし、原作タツノコプロ企画室、声の主演太田淑子、製作タツノコプロダクション、1975年10月4日 - 1976年12月25日放映(連続テレビアニメ映画・全61話)  
    • 第3話『恐怖の魔女狩りだペッチャ』 : 監督岡本良雄佐々木皓一、1975年10月18日放映
    • 第10話『かっこいい忍者だペッチャ』 : 監督秦泉寺博、1975年12月6日放映
    • 第23話『黄門さまはステキだペッチャ』 : 監督案納正美・笹川ひろし、1976年3月13日放映
  • 元祖天才バカボン』 : 企画吉川斌、原作赤塚不二夫、声の主演雨森雅司、製作東京ムービー、1975年10月6日 - 1977年9月26日放映(連続テレビアニメ映画・全)
    • 第3話『もしもしカメよカメさまなのだ』 : 監督御厨恭輔、1975年10月13日放映
    • 第5話『わしは新聞にだまされたのだ』 : 監督高屋敷英夫、1975年12月20日放映
    • 第12話『おまわりさんの趣味は大きいのだ』 : 監督御厨恭輔、1975年11月10日放映
    • 第24話『わしはサンタクロースなのだ』 : 監督吉田茂承、1975年12月22日放映
    • 第25話『忘年会は命がけなのだ』 : 監督御厨恭輔、1975年12月29日放映
    • 第39話『九官鳥は王子なのだ』 : 監督さきまくら、1976年2月16日放映
    • 第41話『おまわりさんのバースデーなのだ』 : 監督御厨恭輔、1976年3月1日放映
    • 第47話『死にたい人ほど生きるのだ』 : 監督竹内啓雄、1976年3月15日放映
    • 第50話『絵かきさんは英語なのだ』 : 監督吉田茂承、1976年3月22日放映
    • 第51話『ガンクツ王の復讐なのだ』 : 監督高屋敷英夫、1976年3月29日放映
    • 第58話『ゆうかい犯人はオカシなのだ』 : 監督御厨恭輔、1976年4月19日放映
    • 第63話『母の日はピストルにうたれるのだ』 : 監督竹内啓雄、1976年5月10日放映
    • 第65話『ユカイカイカイキキカイカイなのだ』 : 監督さきまくら、1976年5月17日放映
    • 第83話『おとなはおとなとあそびなさい』 : 監督竹内啓雄、1976年7月19日放映
    • 第135話『脱走犯人はかわいそうなのだ』 : 監督さきまくら、1977年1月24日放映
    • 第139話『おまわりさんのシンマイなのだ』 : 監督吉田茂承、1977年2月27日放映
    • 第145話『こどものまねはいけないのだ』 : 監督さきまくら、1977年2月28日放映
    • 第150話『おまわりさんと旅をするのだ』 : 監督福富博、1977年3月21日放映
    • 第154話『バカ田大学想い出日記』 : 監督吉田茂承、1977年4月4日放映
    • 第160話『ともだちはライバルなのだ』 : 監督さきまくら、1977年4月25日放映
    • 第167話『命の恩人には弱いのだ』 : 監督御厨恭輔、1977年5月16日放映
    • 第169話『恐怖の反対人間なのだ』 : 監督棚橋一徳、1977年5月23日放映
    • 第174話『交番ジャックなのだ』 : 監督御厨恭輔、1977年6月13日放映
    • 第176話『おまわりさんはUFOなのだ』 : 監督御厨恭輔、1977年6月20日放映
    • 第181話『ドロボウ前の男なのだ』 : 監督棚橋一徳、1977年7月18日放映
    • 第184話『ゴの勝負のユーレイなのだ』 : 監督さきまくら、1977年7月18日放映
    • 第196話『ガマンで勝負なのだ』 : 監督馬場和雄、1977年8月29日放映
  • ろぼっ子ビートン』 : 企画渋江靖夫・松島忠・忠隈昌、監督大隅正秋、原作大隅正秋・飛行船企画、声の主演桂玲子白石冬美、製作東北新社・東急エージェンシー、1976年10月12日 - 1977年9月27日放映(連続テレビアニメ映画・全50話)
    • 第1回『ジャーンと誕生!!』 : 監督立花遊、1976年10月12日放映
    • 第2回『あの子にドキドキ』 : 監督出崎哲、10月19日放映
    • 第3回『ヘトヘト!?誕生日』 : 監督小林三男、10月26日放映
    • 第16回『それ行け!宝捜し』 : 監督四辻たかお、1977年2月1日放映
    • 第17回『感激!涙の演奏会』 : 監督石黒昇、1977年2月8日放映
    • 第21回『流しビナのゆくえ』 : 監督四辻たかお、1977年3月8日放映
    • 第24回『初恋(秘)物語』 : 監督出崎哲、1977年3月29日放映
    • 第29回『鯉のぼり大空中戦』 : 監督出崎哲、1977年5月3日放映
    • 第38回『七夕の夜に天の川でネンネン星みつけた』 : 監督立花遊、1977年7月5日放映
    • 第45回『ドーンと花火騒動』 : 監督四辻たかお、1977年8月23日放映
    • 第46回『ネンネン大ピンチ』 : 監督坂田ゆう、1977年8月30日放映
    • 第48回『ゲンコツの思い出』 : 監督原田益次、1977年9月13日放映
  • 新ドン・チャック物語』 : 企画近藤伯雄、監督関田修、原作小泉志津男・成田マキホ、声の主演沢田和子、製作ナック、1976年4月7日 - 1978年3月25日放映(連続テレビアニメ映画・全73回) - 吉田進筒井ともみとともに脚本
  • おれは鉄兵』 : 企画大場伊紘別紙壮一、監督長浜忠夫・吉田茂承、原作ちばてつや、声の主演野沢雅子、製作日本アニメーション、1977年9月12日 - 1978年3月27日放映(連続テレビアニメ映画・全28回)  
    • 第6回『十二年目の再開』 : 1977年10月24日放映
    • 第7回『上杉家の亡霊』 : 1977年10月31日放映
    • 第10回『泣いてうれしい大暴れ』 : 1977年11月21日放映
    • 第15回『けんかならまかせてよ』 : 1977年12月26日放映
    • 第16回『やったぜけんか剣法』 : 1978年1月9日放映
    • 第21回『オヤジの脱出大作戦』 : 1978年2月6日放映
    • 第22回『帰ってきた暴れん坊』 : 1978年2月13日放映
    • 第23回『合宿って楽しいな!』 : 1978年2月20日放映
    • 第26回『対抗試合はもらった!』 : 1978年3月13日放映
    • 第28回『やったぜ鉄兵トンボ剣法!』 : 1978年3月27日放映
  • タイムボカンシリーズ ヤッターマン』 : 製作吉田竜夫・吉田健二、企画鳥海尽三・酒井あきよし、監督笹川ひろし、原作タツノコプロ企画室、声の主演太田淑子、製作タツノコプロ、1977年1月1日 - 1979年1月27日放映(連続テレビアニメ映画・全108話)  
  • 星の王子さま プチ・プランス』 : 企画西野清市・島谷陽一郎、監督安彦良和・関田修・鹿島典夫、原作サン・テグジュペリ、声の主演松野達也、製作ナック・明通企画、1978年7月4日 - 1979年3月27日ま放映(連続テレビアニメ映画・全35回)
  • 銀河鉄道999』 : 企画別所孝治横山賢二小湊洋市、原作松本零士、声の主演野沢雅子、製作東映動画、1978年9月14日 - 1981年3月26日放映(連続テレビアニメ映画・全113話)
    • 第3話『タイタンの眠れる戦士』 : 監督湯山邦彦、1978年9月28日放映
    • 第9話『トレーダー分岐点 前編』 : 監督湯山邦彦、1978年11月9日放映
    • 第10話『トレーダー分岐点 後編』 : 監督新田義方、1978年11月16日放映
    • 第15話『水の国のベートーベン』 : 監督新田義方、1978年12月21日放映
    • 第18話『泥のメーテル』 : 監督明比正行、1979年1月11日放映
    • 第20話『プロフェッショナル魂』 : 監督生頼昭憲、1979年1月25日放映
    • 第23話『原始惑星の女王』 : 監督明比正行、1979年2月15日放映
    • 第29話『サケザン大陸』 : 監督明比正行、1979年4月5日放映
    • 第32話『停時空間のかじられ星』 : 監督久岡敬史箕ノ口克己、1979年4月26日放映
    • 第36話『大酋長サイクロプロス』 : 監督井内秀治、1979年6月7日放映
    • 第58話『足音村の足音』 : 監督葛西治、1979年12月20日放映
  • 花の子ルンルン』 : 企画春日東山口康男、監督設楽博、原作神保史郎、声の主演岡本茉利、製作旭通信社・東映、1979年2月9日 - 1980年2月8日放映(連続テレビアニメ映画・全50話)
    • 第6話『ぶどう畑のお婆ちゃん』 : 監督本庄克彦、1979年3月16日放映
  • サイボーグ009』 : 企画小泉美明飯島敬鈴木武幸、原作石森章太郎、声の主演井上和彦、製作東映、1979年3月6日 - 1980年3月25日放映(連続テレビアニメ映画・全50話)
    • 第13話『姿なき暗殺者』 : 監督広川和之、1979年5月29日放映
    • 第15話『恐怖の異常植物』 : 監督三浦将則、1979年6月12日放映
    • 第17話『阻止せよ! Xの悲劇』 : 監督滝沢敏文、1979年7月3日放映
    • 第22話『ネオ・ブラックゴーストの挑戦』 : 監督三浦将則、1979年8月7日放映
    • 第28話『サイボーグ帝国をたたけ!』 : 監督滝沢敏文、1979年10月2日放映
    • 第35話『悲しき友情のケルン』 : 監督滝沢敏文、1979年12月4日放映
    • 第45話『東洋のイエス 前編』 : 監督井口宏一、1980年2月19日放映
  • こぐまのミーシャ』 : 製作本橋浩一、企画佐藤昭司、監督新田義方、声の主演横沢啓子、製作日本アニメーション、1979年10月6日 - 1980年4月5日放映(連続テレビアニメ映画・全26話)
    • 第6話『嵐の中のミーシャ』 : 1979年11月10日放映
    • 第7話『トド署長大いに怒る』 : 1979年11月17日放映
    • 第8話『奇怪千万な家出』 : 1979年11月24日放映
    • 第14話『飛行士ドビンスキー登場』 : 1980年1月5日放映
    • 第15話『小さなおまわりさんと大きな犯人』 : 1980年1月12日放映
    • 第17話『おかしな兄弟』 : 1980年1月26日放映
    • 第20話『アホー鳥はアホーじゃない!』 : 1980年2月16日放映
    • 第24話『トド署長牢屋に入る』 : 1980年3月22日放映
  • ドラえもん』 : 原作藤子・F・不二雄、声の主演大山のぶ代、製作シンエイ動画、1979年4月2日 - 2005年3月18日放映(連続テレビアニメ映画・全1787話) - 脚本(初期の1980年前後に参加)

1980年代編集

ビブリオグラフィ編集

国立国会図書館蔵書を中心とした一覧である[3][4]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 吉田・さき[1976], 奥付。
  2. ^ a b c d e f g h i j k アニメやぶにらみ 第10回 アニメライターの死雪室俊一スタジオ雄、2015年5月27日閲覧。
  3. ^ a b c d e 吉田喜昭Webcat Plus, 2015年5月27日閲覧。
  4. ^ a b c d e f 国立国会図書館サーチ検索結果、国立国会図書館、2015年5月27日閲覧。
  5. ^ a b c d Yoshiaki Yoshida(吉田義昭と混同), インターネット・ムービー・データベース (英語)、2015年5月27日閲覧。
  6. ^ a b c d e f 吉田喜昭東京国立近代美術館フィルムセンター、2015年5月27日閲覧。
  7. ^ a b c d e 吉田喜昭文化庁、2015年5月27日閲覧。
  8. ^ a b c d e 吉田喜昭KINENOTE, 2015年5月27日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 吉田喜昭allcinema, 2015年5月27日閲覧。
  10. ^ a b c d e f 吉田喜昭(吉田義昭と混同)日本映画データベース、2015年5月27日閲覧。
  11. ^ a b c 吉田喜昭日本映画製作者連盟、2015年5月27日閲覧。
  12. ^ a b c 吉田喜昭東宝、2015年5月27日閲覧。
  13. ^ a b c d e f g h i j k l m n 吉田喜昭テレビドラマデータベース、2015年5月27日閲覧。
  14. ^ a b 信託者検索・名簿 よ日本脚本家連盟、2015年4月23日付、2015年5月27日閲覧。
  15. ^ "吉田喜昭"+"青森県"検索結果(約783件)、Google, 2015年5月27日閲覧。
  16. ^ "吉田喜昭"+"作曲"検索結果(約2,050件)、Google, 2015年5月27日閲覧。
  17. ^ 作品データベース検索サービス検索結果、日本音楽著作権協会、2015年5月27日閲覧。
  18. ^ 北村篤子 - テレビドラマデータベース、2015年5月27日閲覧。
  19. ^ 蘇武道夫 - 日本映画データベース、2015年5月27日閲覧。
  20. ^ 松田昭三 - 日本映画データベース、2015年5月27日閲覧。
  21. ^ 今井金次郎 - 日本映画データベース、2015年5月27日閲覧。
  22. ^ シナリオ[1961], p.68-74.
  23. ^ a b 吉田竜夫コトバンク、2015年5月27日閲覧。
  24. ^ フィルムリスト検索結果、デジタル・ミーム、2015年5月27日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集