メインメニューを開く

大倉 忠義(おおくら ただよし[1]1985年5月16日[1] - )は、日本歌手俳優タレントであり、アイドルグループ[4]関ジャニ∞ドラマーである。

おおくら ただよし
大倉 忠義
生年月日 (1985-05-16) 1985年5月16日(34歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府[1]東大阪市[2]
身長 178 cm[3]
血液型 O型[1]
職業 歌手
俳優
ドラマー
タレント
モデル
ジャンル テレビドラマ映画CM雑誌
活動期間 1997年[2] -
事務所 ジャニーズ事務所
主な作品
テレビドラマ
シンデレラになりたい!
必殺仕事人2007
ヤスコとケンジ
必殺仕事人2009
ROMES/空港防御システム
GM〜踊れドクター
生まれる。
お天気お姉さん
Dr.DMAT
はなちゃんのみそ汁
ドS刑事
モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-
映画
100回泣くこと
クローバー
疾風ロンド
窮鼠はチーズの夢を見る
舞台
蜘蛛女のキス
備考
関ジャニ∞のメンバー

大阪府[1]東大阪市出身[2]ジャニーズ事務所所属。

関ジャニ∞では主にドラムを担当。

目次

来歴編集

人物編集

居酒屋チェーン「鳥貴族」社長の大倉忠司の長男[17]。5つ下に弟がいる[5]。「金持ち育ち」「ボンボン」と言われることがよくあるが、これについて大倉は「実家の店が大きくなったのはここ最近で、なんもボンボンらしい生活はしてない」と話している。小遣いもジャニーズJr.になった当初から貰わず、新聞配達のアルバイト経験もある。また、父親に「地元のコンビニで一番安い時給を調べて来い」と言われ、同じ金額で父親の経営する店の顧客名簿打ちのアルバイトをしたこともあるという[5]

V.WESTでドラムを担当していたメンバーがグループを辞めた際[6]安田章大丸山隆平が「大倉はリズム感がある」と社長のジャニー喜多川に伝えたことから未経験のドラムに抜擢される[5][6]。以前社長から「バンドをやってほしい」と打診された時は「(ダンスが好きやから)やりたくないです」と答えていたが、これが最後のチャンスだと考え、1か月の猛特訓の末、社長や振付師からOKを出され、グループへの加入が決定した[5]。もし1か月でできなければ東京からジャニーズJr.をもう1人呼び寄せてツインドラムにするという話もあったが、それを知った渋谷すばるから「チャンスやで。オマエが努力して、大倉ひとりで十分やってなったら、オマエの勝ちやで。」と励まされたことが大きな支えになったと語っている[5]

自身が関西ジャニーズJr.だった頃、東京のJr.に比べてチャンスが少ないと感じていたことや[18]、孤独や不安を抱えていた経験から、後輩を手伝ってあげたいという思いをもち[19]、2018年からはなにわ男子ら関西ジャニーズJr.の公演プロデュースも手掛けたり[20]、楽曲を提供したりしている[18]

出演編集

グループやユニットとしての出演はヤングジャニーズB.I.G. WestM.A.O.V.WEST関ジャニ∞参照。個人での出演のみ記載。

主演作品は太字表記

テレビドラマ編集

映画編集

声優編集

ラジオ編集

舞台編集

CM編集

コンサート編集

  • 渋谷すばるwith大倉BAND(2006年8月29・30日・9月17日)
  • OkuraTadayoshi concert 2008(2008年10月11日 - 21日、Johnny's Theater / 11月22日 - 30日、シアターBRAVA![10][29]

作品編集

楽曲制作編集

※グリーンレンジャー=大倉忠義[30]

曲名 収録CD 作品コード 備考
作詞・作曲
ありがとう 10th LIVE DVD & Blu-ray
KANJANI∞ LIVE TOUR JUKE BOX』 (初回限定盤)
500-9977-9 詞曲共に横山・渋谷・安田と共作
元気が出るSONG 8th Full Album
関ジャニ∞の元気が出るCD!!
713-6625-3 関ジャニ∞として作詞・作曲
作詞
∞SAKAおばちゃんROCK 4th Single
∞SAKAおばちゃんROCK/大阪ロマネスク
2nd Full Album
KJ2 ズッコケ大脱走
132-2489-1 関ジャニ∞として作詞し、久保田洋司と共作
まもりたい 2nd Full Album
『KJ2 ズッコケ大脱走』
141-2031-3 ソロ曲(JASRACでの名義は関ジャニ∞)
最後の涙[10] 未収録 154-6043-6 作曲は中條美沙
ソロ曲
だってアイドルだもん!! 未収録 154-6039-8 作曲は大西省吾
ソロ曲
Butterfly I Loved 12th LIVE DVD & Blu-ray
関ジャニズム LIVE TOUR 2014≫2015
134-1061-0 ソロ曲(JASRACでの名義は関ジャニ∞)
no-no-no 3rd Full Album
PUZZLE
1A1-2449-1 ソロ曲
∞o'clock 08 9th Single
無責任ヒーロー
126-6072-8 関ジャニ∞として作詞
fuka-fuka Love the Earth 9th Single
『無責任ヒーロー』
151-1016-8 関ジャニ∞として作詞し、TAKESHIと共作
『って!!!!!!!』 4th Full Album
8UPPERS
701-2557-1 安田と共作、作曲は安田
夜な夜な☆ヨーNIGHT 5th Full Album
FIGHT
181-4604-0 村上・安田と共作、作曲は安田
ユニット曲
∞レンジャー 21st Single
ER
128-7152-4 関ジャニ∞として作詞し、磯崎健史と共作
狩(仮) 6th Full Album
JUKE BOX
708-6016-5 ヨシャオ族(横山・渋谷・安田とのユニット)[31]として作詞
ユニット曲
my store 〜可能性を秘めた男たち〜 8th Full Album
関ジャニ∞の元気が出るCD!!
214-6958-0 関ジミ3として作詞
ユニット曲
Hopeful melody 16th LIVE DVD & Blu-ray
関ジャニ'sエイターテインメント
224-5828-0 エイトレンジャー内のソロ曲
グリーンレンジャーとして作詞
My dreams 未収録 242-0370-0 作曲は安田
関西ジャニーズJr.への提供曲[32]
Can't stop 未収録 242-0657-1 作曲は安田
関西ジャニーズJr.への提供曲[18]

ソロ曲編集

JASRAC公式サイトの「作品データベース検索サービス」において、アーティスト名に「大倉忠義」のみを含む楽曲の検索結果をもとに記述。

CD収録曲
  • きっと幸せがキミを待ってる(作詞・作曲:市川喜康) - JASRAC作品コード:500-5981-5。『8UPPERS〈通常盤〉』収録。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ このときのオーディションに後に同じ関ジャニ∞のメンバーになる丸山隆平安田章大錦戸亮がいた[5]

出典編集

  1. ^ a b c d e 大倉忠義のプロフィール・ヒストリー”. オリコン芸能人事典. オリコン. 2014年7月18日閲覧。
  2. ^ a b c d 大倉忠義(関ジャニ∞)”. CDJournal. 2016年6月12日閲覧。
  3. ^ PROFILE(関ジャニ∞) - Johnny's web”. 2017年5月6日閲覧。
  4. ^ 「大切なお知らせ」がトラウマワード化 “あおりタイトル”に求められる変化とは ORICON NEWS (2018.04.22)
  5. ^ a b c d e f g h i 「10000字ロングインタビュー「裸の時代〜僕がJr.だったころ〜」」『Myojo』2012年5月号、集英社、2012年3月23日、 159-163頁。
  6. ^ a b c d e 向原康太 (2018年5月3日). “関ジャニ∞ 大倉忠義、グループ加入初期の苦悩を明かす「認めてもらってないなというのもあった」”. Real Sound. 2019年4月29日閲覧。
  7. ^ 「成長率200%!ヤングジャニーズ in Kyo to Kyo」『Winkup』1998年8月号、ワニブックス、1998年、 54-55頁。
  8. ^ 『ジャニーズジュニア名鑑 2001 SPRING』9巻 J-STATION、2001年、142-144頁。 
  9. ^ “第6回日刊スポーツ・ドラマグランプリ 内博貴「関西」初、目標はSMAP”. nikkansports.com. (2002年). http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/drama_gp/2002/dgp-0501shinjin.html 2019年4月29日閲覧。 
  10. ^ a b c “関ジャニ∞大倉が翔ぶ!初ソロコンサート”. SANSPO.COM. (2008年10月11日). オリジナルの2008年10月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081012195537/http://www.sanspo.com/geino/news/081011/gng0810110503001-n1.htm 2016年6月12日閲覧。 
  11. ^ “世代超え新ユニット!目標は「修二と彰」超え”. Sponichi Annex. (2008年12月10日). オリジナルの2009年5月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090515215234/http:/www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2008jani/KFullNormal20081210033.html 2018年2月12日閲覧。 
  12. ^ 市川遥 (2012年8月16日). “関ジャニ∞大倉忠義が初単独主演!桐谷美玲と極上ラブストーリー”. シネマトゥデイ. 2016年4月9日閲覧。
  13. ^ 関ジャニ大倉&横山、高卒認定試験に合格「頑張ってよかった!」”. ORICON STYLE (2015年1月17日). 2015年3月12日閲覧。
  14. ^ ドームツアー「関ジャニ∞の元気が出るLIVE!!」のファイナル
  15. ^ “関ジャニ・大倉 腸閉塞で休演/芸能/デイリースポーツ online”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2016年1月17日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2016/01/17/0008730198.shtml 2016年1月17日閲覧。 
  16. ^ “関ジャニ大倉、仕事復帰を報告「体調管理万全に頑張っていく」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年1月20日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/01/20/kiji/K20160120011892430.html 2016年1月20日閲覧。 
  17. ^ “関ジャニ∞大倉、父親の鳥貴族社長が「継がせない。自分の夢を追いかけて」”. デイリースポーツオンライン. (2017年5月2日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/05/02/0010150475.shtml 2017年7月12日閲覧。 
  18. ^ a b c ナカニシハナ (2019年3月14日). “【〇〇。をプロデュース】プロデューサーとして活躍するジャニーズたち”. dmenu映画. NTTドコモ. 2019年4月29日閲覧。
  19. ^ 関西ジャニーズJr.が登場! 先輩・大倉忠義&横山裕が語る魅力とは?”. インターネットTVガイド. 東京ニュース通信社 (2019年2月7日). 2019年4月29日閲覧。
  20. ^ 高橋梓 (2019年3月2日). “関ジャニ∞ 大倉忠義、横山裕、村上信五……関西ジャニーズJr.プロデュースで発揮する手腕”. Real Sound. 2019年4月29日閲覧。
  21. ^ 関ジャニ∞大倉忠義「悔しくて誰にも相談できなかった」ドン底から救ってくれた恩人との秘話が明らかに”. モデルプレス (2016年11月20日). 2017年4月1日閲覧。
  22. ^ 関ジャニ∞大倉が『仕事人』で壮絶な“殉死””. ORICON STYLE (2009年4月7日). 2016年8月18日閲覧。
  23. ^ 秋の特番&ドラマ ROMES/空港防御システム”. インターネットTVガイド (2009年). 2016年8月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月18日閲覧。
  24. ^ 24時間テレビ ドラマスペシャル『はなちゃんのみそ汁』”. 日本テレビ. 2014年7月18日閲覧。
  25. ^ 関ジャニ・大倉忠義&大島優子『疾風ロンド』出演 スキー&スノボの腕前披露”. ORICON STYLE (2016年4月26日). 2016年6月12日閲覧。
  26. ^ “大倉忠義と成田凌で水城せとな「窮鼠はチーズの夢を見る」映画化、監督は行定勲”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年2月12日). https://natalie.mu/eiga/news/319517 2019年2月12日閲覧。 
  27. ^ 関ジャニ大倉忠義&高橋優「オールナイトニッポン」パーソナリティーに!福山雅治の“魂”継ぐ”. シネマトゥデイ (2015年3月11日). 2015年3月12日閲覧。
  28. ^ 大倉忠義、世界的名作『蜘蛛女のキス』主演 - 渡辺いっけいと二人芝居”. マイナビニュース (2017年3月28日). 2017年4月1日閲覧。
  29. ^ “「関ジャニ∞」大倉がドンドコ太鼓を披露”. Sponichi Annex. (2008年10月11日). オリジナルの2008年10月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081019131152/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2008jani/KFullNormal20081011085.html 2019年4月29日閲覧。 
  30. ^ 関ジャニ∞・大倉、“担当色”グリーンに不満「レッドになりたい」”. ORICON NEWS. オリコン (2012年8月17日). 2018年3月7日閲覧。
  31. ^ 高橋梓 (2017年7月25日). “Kis-My-Ft2、V6、Hey! Say! JUMP、関ジャニ∞……個性豊かなジャニーズグループ内ユニット”. Real Sound. 2018年3月7日閲覧。
  32. ^ 関西ジャニーズJr.の未来に夢を見たくなるーーそれぞれの道を歩み始めた密着ドキュメンタリー第4回

外部リンク編集