大倉忠義

日本のミュージシャン・歌手・俳優 (1985 - )

大倉 忠義(おおくら ただよし[7]1985年〈昭和60年〉5月16日[3] - )は日本歌手ドラマー俳優大阪府東大阪市出身[1]STARTO ENTERTAINMENT所属[8]SUPER EIGHT[注 1]のメンバーであり、主にドラムを担当している[9]

おおくら ただよし
大倉 忠義
大倉 忠義
2022年撮影
生年月日 (1985-05-16) 1985年5月16日(39歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府東大阪市[1]
身長 178 cm[2]
血液型 O型[3]
職業 歌手
俳優
ドラマー
ジャンル テレビドラマ映画CM雑誌
活動期間 1997年[4] -
著名な家族 大倉忠司(父)[5]
事務所
主な作品
テレビドラマ
シンデレラになりたい!
必殺仕事人』シリーズ
歌姫
ヤスコとケンジ
ROMES/空港防御システム
GM〜踊れドクター
生まれる。
三毛猫ホームズの推理
お天気お姉さん
Dr.DMAT
はなちゃんのみそ汁
ドS刑事
モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-
知ってるワイフ
映画
大奥
エイトレンジャー』シリーズ
100回泣くこと
クローバー
疾風ロンド
窮鼠はチーズの夢を見る
舞台
蜘蛛女のキス
夜への長い旅路
ラジオ番組
オールナイトニッポンサタデースペシャル 大倉くんと高橋くん
備考
SUPER EIGHT[注 1]のメンバー。
テンプレートを表示

来歴 編集

人物 編集

本人 編集

「忠義(ただよし)」という名前は、「忠義を尽くす男になるように」という意味が込められている[47]。なお、曽祖父から父まで名前に「忠」という字が入っていたため、大倉の名前を決める際にも「忠」という字を入れることは決まっていたという[47]

愛称は「たっちょん[48][49]。自身が中学2年生の時に、安田の友人から「忠義(ただよし)って呼びにくい」という理由から付けられた[48]。なお、メンバーの村上信五からは「たつくん」と呼ばれることがある[50]

幼少期は体が弱く、幼稚園の時に扁桃腺を切ったことがある[48]

家族 編集

3人兄弟の長男[10]。1歳下と5歳下の弟がいる[10]

父は居酒屋チェーン『鳥貴族』創業者で社長の大倉忠司[5]。小遣いもジャニーズJr.になった当初から貰わず、新聞配達のほか、父に「地元のコンビニで一番安い時給を調べて来い」と言われ、同じ金額で父の事務所の顧客登録のアルバイトをしていた[13]。なお父は「息子たちには家業(鳥貴族)を継がせない」と発言している[5]

交友関係 編集

シンガーソングライターの高橋優とは、2011年に開催された高橋の全国ツアーの千秋楽に安田と共に観に行ったことから交流が始まった[51]。後述の共演前からプライベートで交流があり、互いのライブに足を運び合うほど親交があったという[32][33]。その後、2014年には関ジャニ∞(後のSUPER EIGHT)として高橋から「」を楽曲提供され、2015年から2020年にかけて高橋と共にラジオ番組『オールナイトニッポンサタデースペシャル 大倉くんと高橋くん』(ニッポン放送)のパーソナリティを約5年間務めた[32][33][34]。また、あまり自宅に人を入れないという高橋が唯一大倉だけを招待したり[52]、高橋の地元・秋田県の実家に大倉を招き入れるなどの交流がある[53]

女優の大竹しのぶとは、高橋優をきっかけに知り合い[54]、大竹のことを「しのぶちゃん」と呼ぶほどの仲だという[55]。大竹は大倉のことを「凄く話しやすいし、なんだか正直になれる人」と語っており、よく食事に行っているといい[54]、大倉が初主演を務めた舞台『蜘蛛女のキス』の上演時には、大竹が楽屋暖簾を大倉にプレゼントした[55]。また、大竹とは「いつか一緒に共演したい」と話していたが、2021年の舞台『夜への長い旅路』で演技作品初共演を果たした[54]。その際に、大竹との共演に喜び戯曲の中身を見ずに即答で出演を承諾したため、同作の内容を改めて確認したところハードな内容で驚いたという[54]。なお、大竹の娘・IMARUとも親交がある[56]

このほか、EXILENESMITH松本潤らとも交流があり、『大倉くんと高橋くん』で大倉の誕生日企画を行った際に、大竹やNESMITHや松本、グループとして交流のある東京スカパラダイスオーケストラ谷中敦など、大倉に縁のある人物から寄せ書きが入ったギターが高橋からプレゼントされていた[57]

音楽活動 編集

初めて買ったCDは、安室奈美恵の『CAN YOU CELEBRATE?[58]

影響を受けた楽曲は、尾崎豊の「卒業[58]

尊敬しているドラマーはレッド・ホット・チリ・ペッパーズチャド・スミス[59]RIZE金子ノブアキ[59]X JAPANYOSHIKI[60]。YOSHIKIとは関ジャニ∞の冠番組『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系列)でX JAPANの「Forever Love」をセッションしており、番組内でドラム演奏の指南を受けている[61]

ドラムとの出会い、V.WEST・関ジャニ∞への加入 編集

タッキー&翼とジャニーズJr.のライブの際に、当時V.WESTでドラムを担当していたメンバーが「辞めたい」と丸山や安田に相談しており、その場に大倉も偶然居合わせたという[17]。そこで丸山と安田は引き止めるために励ましの言葉をかけていたというが、大倉は「こんなに沢山頑張っているJr.がおる中でバンドやらせてもらってるなんて、凄い恵まれているのに」という気持ちになり、当時の大倉は「俺はこんな中途半端なやつに負けたらあかん」と考えていたという[17]

後の関ジャニ∞のメンバーが全員出演していた2002年の舞台『ANOTHER』の数か月後、当時社長だったジャニー喜多川から「安田や丸山が、『大倉がリズム感あるから出来るんじゃないか』って言ってるんだけど」とV.WESTのドラム担当に誘われ、練習の猶予が次のライブのリハーサルまでの約1か月しか無かったが、「最後のチャンスや」と決意し、未経験ながらドラムを始めた[16][17][62]。この際に「今度は俺がその恵まれたチャンスを貰った」「これはとにかく一生懸命やらなあかん!」と思ったという[17][62]

高校生の時にギターの経験はあったものの、ドラムは全くの未経験だったため、一番最初だけドラムの先生からスネアドラムフロアタムなどの名称や基本的な叩き方だけを教わり、それ以外は家で本を叩くなど独学で習得していった[16][62]。また、本を叩いても正しい音が出ているか判断が出来ないため、スタジオでの練習時間でひたすら集中し、その感覚を覚えて家での練習を続けたという[16][62]

事務所からは大倉が1か月でドラムを習得出来なかった場合は「東京からドラムが出来るメンバーを連れてきてツインドラム体制にする」と言われていたものの、渋谷から「チャンスやで。お前が努力して、『大倉1人で十分や』ってなったら、お前の勝ちやで」と励まされたことが大きな心の支えになっていたという[16][62]

渋谷や安田らの協力のもと、約1か月の猛特訓の末、前述のリハーサル当日にドラムをジャニーと振付師の前で演奏すると、振付師からは「大倉で行こう!東京の子、呼ばなくて良いよ!」、ジャニーからは「ユーだけで大丈夫」と両者から認められ[16]、V.WESTへの加入が決定し、その後同年12月18日にV.WESTが出演していた『J³ KANSAI』(関西テレビ)の新メンバーとして加入と同時に関ジャニ8(後の関ジャニ∞)を結成[16][17][62][63]。翌19日の関ジャニ8結成後初ライブ『関ジャニ8 X'masパーティー2002』で、ドラマーおよび関ジャニ8として初ステージを飾った[64]

ドラマーとして意識が変わった出来事として、2010年に『ミュージックステーション』(テレビ朝日系列)に出演し、7人でのバンドスタイルを地上波で初披露したことを挙げている[65]。その時に演奏した「LIFE〜目の前の向こうへ〜」の間奏で、大倉が演奏を間違えたためにバンド全体のグルーヴが悪くなり、関ジャニ∞の演奏技術に疑問を持たれてしまい、その時の悔しさから「このままじゃダメだ」「違和感を持たれないくらいにはなりたい」と考えるようになったという[65]

後のインタビューでは、ドラムを始めたことでバンドが好きになり、積極的に音楽を聴くようになったと語っている[66]

使用器材 編集

俳優活動 編集

大倉の演技には定評があり、自身が主演を務めた映画『窮鼠はチーズの夢を見る』の監督である行定勲は、大倉の演技について「どんな俳優でも自分の気持ちや要求を優先する中で、それを全く出さない」ところを賞賛しており、行定が「ここもうちょっとこうできるかな?」と指示を出すと、大倉は「はい、やってみます」と答え、演技の強弱を含めその変化を結果として出せているという[69]

しかし、活動初期は演技の表現に対して苦手意識があったといいう[70][71]。2004年の舞台『DREAM BOY』に出演した際に、大倉がステージでセリフを喋ると目の前の観客に笑われたといい、この悔しさから「もっと出来るようになりたい」と考えるようになったという[70][72]

必殺仕事人』シリーズ(朝日放送テレビ朝日)で共演した藤田まことのことをとても尊敬しており、大倉がクランクインの時に、藤田がモニターで大倉の演技を見て「大したもんや」「君の良いところはカメラの向こうに客の顔が見えているところだ」と褒められたという[73]。大倉は藤田の言葉を「演技をするのに技術は当然必要だが、一番大事なのはお客さんのことを考えられているかどうか」だと捉え、俳優活動をする上で忘れられない言葉であると語っている[73]。また、『必殺仕事人2009』(同)で自身が演じた「からくり屋の源太」が殉職する展開になった際に、大倉は「きっと僕の演技が至らないからだ」と悔しくて誰にも相談できなかったほど自分を責めていたが、大倉の居ないところで藤田が「大倉くんを殺すなら俺を降ろせ。これじゃ育つものも育たないだろ」と自らプロデューサーに直談判していたことを知り、「もっと努力しなきゃいけない」と決意したという[70][74]。同作の最後に藤田に御礼の手紙を渡した際に、藤田から「これからも縁を作って、芝居を続けてくれよ」という言葉を貰い、この言葉はその後も大倉の胸に残っているといい[70][74][71]、「あの言葉がなかったら今こうしてお芝居の仕事を続けられている自信もなかったし、あの言葉があったから俺は今も芝居を続けなくてはいけないと思っている」と語っている[70]

ジャニーズ事務所主導ではない舞台作品に初出演にして舞台単独初主演を果たした2017年の舞台『蜘蛛女のキス』は、会社から「ちゃんと芝居に向き合った方が良いのでは」というアドバイスと共に大倉にオファーした作品だという[71]。また、同作でストレートプレイに初挑戦だったこともあり、同作の演出を務めた鈴木裕美と共演の渡辺いっけいが大倉に「舞台を嫌いにさせたくない」という気持ちが強かったという[75]。2017年当時、大倉は一度も演技指導を受けたことが無かったが、鈴木の指導を受けたことで「役を理解することって、演じることって、こういうことなんだ」と感じたといい、大倉はこの時間を「宝物」だと語っている[75]。後に大倉は同作を「本格的にお芝居に向き合った作品」と語っている[71]。また、自身と親交のある女優の大竹しのぶは同作を観劇した際に、大倉の演技について「役者として凄く素敵だな」と感じたという[76]

演技作品のオファーは、「声を掛けてくれたその気持ちに全て応えたい」との考えから、スケジュールの都合がつかないこと以外では出来るだけオファーは受けることにしているという[77]。そのため、大倉側から「何かをやりたい、やりたくない」という視点では選ばないという[77]

趣味・嗜好 編集

空手の習い事をしていた[48]

小学生の時はミニバスケットボールのクラブに所属していた[10][48]

中学生の時は1週間だけ軟式テニスのクラブに所属していた[48]

モンスターハンターシリーズの大ファンで横山や渋谷とツアー先のホテルでよくプレイしていたといい、シリーズのアニメ化作品『モンスターハンター ストーリーズ RIDE ON』(フジテレビ系列)の主題歌「パノラマ」を関ジャニ∞として担当した[78]

中学生の時からゆずのファンである[79]。ゆずの楽曲のコードがギター初心者にとって弾きやすいフレーズが多かったこともあり、ギターを始めた時もゆずの曲ばかり聴いていたという[79]

尾崎豊のファンであり、学生時代は同級生と一緒に尾崎の楽曲ばかり歌っていたという[80]。一番好きな曲は一つに決められないというが、一番印象に残っている曲は「シェリー」で、歌唱映像を観た際に途中でセリフを言いながら涙するパフォーマンスに胸を打たれたという[80]

2019年頃までは、音楽に関しては自分の嗜好を遮断し、好きな音楽のジャンルなどを追いかけることはしておらず、ヒットチャートの楽曲を聴く程度だったという[71][注 3]。これは、グループのアルバムに収録する楽曲を選定する時に、自分の好みを無意識でも優先してしまうと大衆性を失ってしまうと考えたからである[71]。しかし、関ジャニ∞の冠番組『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系列)でボイストレーニングの先生に出会い、「別に好みを追いかけても大丈夫ではないか?」と思えるようになったという[71]。そのため、大倉は「前よりも音楽に対して自由になれている」「音楽が楽しくなっている」と語っている[71]

下積み時代 編集

ジャニーズ事務所への入所後、初めて呼ばれた仕事はKinKi Kids堂本剛の番組のオーディションだったという[13]。その番組に出演するために強く柔軟をしすぎたために腰を痛めてしまい、以降のレッスンに遅れをとってしまったものの、当時社長だったジャニー喜多川から「ユーがいないと全然空気が違うよ。早く治して、もっともっと頑張って」と言われるなど期待されていたという[13]。その後、初めてのステージでは、関西ジャニーズJr.の先輩のバックで「ブルドッグ」を踊った[13]。そのステージには丸山と錦戸もいた[12]

しかし、Jr.時代の大倉は他の人より歯が少し出ており、周りからそれをいじられることに対してコンプレックスを抱いていたため、段々笑顔で踊れなくなっていき、ジャニーから「良くなくなった」と言われるほどに仕事が無くなっていったという[13]。その時期に同期がテレビに出演するのを見たり、後輩のバックで踊ることが悔しかったという[13][12]。また、中学生の時に5歳下の弟からは「兄ちゃん(芸能活動は)もう無理やろ」と言われたり、学校の先輩からもなかなかテレビ番組に出演出来ないことを馬鹿にされたり悔しい思いをしたというが、活動を辞めることは考えずに「頑張って見返したい」と思っていたという[13]。辞めようと思わなかった理由として、数少ない自分へのファンレターから「応援してくれる人がいるのに、こんな中途半端で終わるのは悔しい」と感じたからだと語っている[13]

その後、一時的に状況は好転していき、1998年6月には丸山・安田・錦戸らと共にB.I.G. WESTを結成し、らのバックで活動をしていた[13]。その頃に、一度ジャニーから「バンドをやって欲しい」と誘いがあったものの、「俺がやりたかったのはバンドじゃない」との考えから断った[13]。すると、再び仕事が減り始めてしまった[13]。この時期について大倉は「プライドを持つ場所を間違うな」「中途半端な位置におるやつほど、変なプライド、邪魔になるようなプライドを持っている」「本当にプライドを持つべき場所はそこじゃない。チャンスは何度もあるわけじゃないから」と分析している[13]

高校生になってからも仕事は少なく、新聞配達や父が社長を務める『鳥貴族』の事務所の顧客登録のアルバイトをしていた[13]。この時期で一番悔しかったこととして「同期の丸山や安田が所属していたV.WESTのバックダンサーとして踊ったこと」を挙げている[12]。大倉は「ヤキモチを焼くとか悔しいとか、そんなことを思える位置にも自分が立てていなかった」「全く土俵が違うくらいの差があった」と語っている[62]

自身の転機として、2002年に後の関ジャニ∞のメンバー8人が全員出演した舞台『ANOTHER』を挙げている[13]。しかし、他のメンバーと異なり、自身は個人の役名が無い「島の男」という役であり[81][注 4]、唯一のセリフが「この島から出て行け!」の一言だった[13]。この『ANOTHER』が終わった後にジャニーが「島の男で、右の岩の上に座っていたの誰?」とキャストに聞いたという[16]。その時、ジャニーが指している人物が自分であるという確信が無かった上に、当時の大倉は内向的で自分からアピールすることを苦手としていたが、前述したように2回もチャンスを棒に振ったことを悔やんでいたことから「次のチャンスをふいにしたら終わりやな」と考え、「僕かもしれません」と手を挙げ、初めて自分をアピールしたという[16]

その後、V.WESTのドラム担当として大倉に声がかかり、「最後のチャンスや」と思い、未経験ながら約1か月の猛特訓の末にドラムを習得し、V.WESTのメンバーに加入[16][17]。更に2002年12月18日に『J³ KANSAI』(関西テレビ)の新メンバーとして加入し、同時に関ジャニ8を結成[16][17]。関ジャニ8のメンバーとしての活動を始めた[16][17]

関ジャニ8結成後初ステージとなった『関ジャニ8 X'masパーティー2002』では、自身が関ジャニ8として初めてのステージであり、客前でドラムを演奏することも初めてだったことや、MCで自分に話が振られないかなど、様々な点で頭を使い、とても緊張したという[64]

しかし、グループ名はついていない状態だったものの、大倉の加入以前から『J³ KANSAI』など大倉以外の7人で活動することが多かったため、加入当初は関ジャニ∞のファンでさえも大倉への興味が薄いことが多く、最初のテレビ収録の際にメンバーが「今日から大倉が入ったから、みんな何か質問ある?」と客席に問いかけたものの、1人や2人ほどしか手が挙がらなったという[82]。しかし、メンバーは「頑張らなアカンで」と励ましの言葉を掛けたという[82]。更に、関ジャニ8結成後初となる2003年の舞台『DOUTON BOYS』のメンバーが登場する場面で、他の7人が登場する時までは拍手で湧いていた会場が、大倉の登場で一気に静まり返ってしまったといい、そこから「とにかく1人でもお客さんに見てもらえるようにならなくちゃ」と自分のキャラについて真剣に考えるようになったという[83]。しかし、どんなに模索しても自分のキャラが見つからなかったといい[83]、その時に活動初期からのファンから「私は大倉くんは大倉くんのままで良いと思います」という内容の手紙を貰い、「俺は俺でええんや」と気付いたという[84]。この時期に渋谷から言われた「この関ジャニ∞でチャンスを掴むか掴まへんかで、人生変わるぞ」という言葉がとても響いたという[83]

その後、これらの大倉の努力が実を結び、大阪松竹座の裏側で行っていたファンレターの受け取りの数が年を追うごとに増えていき、「自分のやっていることは間違っていないんだ」と自信がついたという[82]

この下積み時代に学んだこととして「諦めないこと」を挙げている[82]。高校生の時に前述の通り仕事があまり無かったことから、母親から「そろそろ将来のことを考えや」と言われ、大倉も反論したことで言い合いになったことがあったが、その際に父親が「頑張り続けろ。絶対諦めるな。夢は諦めなかったら、絶対叶うから」と言ったという[82]。大倉はこの言葉に影響を受けており、「僕の中で、ずっと親父がヒーロー」「いつか、僕も息子ができたら『諦めるな』って言ってあげたい」と語っている[82]

太鼓の達人 編集

関ジャニ∞のバラエティ番組『関ジャニの仕分け∞』(テレビ朝日系列)内でアーケードゲーム『太鼓の達人』を使用したリズム感対決にて、様々なバンドのドラマーや芸能人に勝利したことでその腕前が大きな話題を呼んだ[85][86][87][88]

企画開始当初は「最強アーティスト軍団にリズム感対決で勝てるか仕分け」というタイトルでグループ全員がゲームにチャレンジしていたが、メンバーの中で大倉が特に高い得点を叩き出していたことから、毎回ゲストが大倉に挑戦していく企画に変更された[85]

各界にも視聴者は多く、大倉が主演を務めた映画『100回泣くこと』の監督を務めた廣木隆一は、大倉の第一印象が「関ジャニ∞の太鼓の達人の人」だったという[89]。なお、同映画で共演した女優の桐谷美玲も同企画で大倉と対決しており、大倉が勝利している[90]

2013年には東京・六本木のテレビ朝日本社1階アトリウムにて、大倉が番組内で着用している衣装の展示と併せ、イベント用に曲目が追加された『太鼓の達人』を無料開放するイベントが開催された[91]

2015年の番組最終回の最後の企画として放送された際には、「おに」レベルでフルコンボを叩き出し、番組歴代最高得点となる98万5170点を記録した[86]

2022年には関ジャニ∞としてNintendo Switch版の『太鼓の達人 ドンダフルフェスティバル』のCMに出演した[92]

演出・プロデュース活動 編集

関ジャニ∞が8周年(2012年)の頃から基本的に大倉がグループのライブ演出を行っている[93]。活動当初はメンバー全員でアイデア出しなどの演出を担当していたが、徐々に個々の意見が強くなり、様々なことを多数決で決めることが多くなっていったという[93]。大倉的には多数決は「無責任」「票が多いこっち、ってなった時、責任を負う人が誰もいない」と考えていたため、「誰かが代表になって決めたものに対して肉付けをする方が効率的かな」と思い、演出を担当するようになったという[93]

2018年10月には自身の後輩にあたる関西ジャニーズJr.のワンマンライブ『関西ジャニーズ Jr. LIVE 2018 Fall in LOVE〜秋に関ジュに恋しちゃいなよ〜』のライブ構成や演出を横山と共に担当[38][94]。以降、関西ジャニーズJr.の演出およびプロデュースなどを担当している[39]

プロデュースをすることになった経緯として、ジャニーの代わりに関西ジャニーズJr.を偶然見る機会があり、そこで「才能ある子がいっぱいいるな」と感じ[39]、大倉は「ジャニーさんがやってきたことをちゃんとした形で受け継いでいけるのは、やっぱり直接教えてもらったタレント」と考えていたため、当時社長だったジャニー喜多川に「やらせてください」と直接志願したという[95]。大倉や横山が後輩のプロデュースに参加したことでジャニーとの会話が増え、後輩をプロデュースすることをとても喜んでいたことが大倉にとっても嬉しかったという[96]

2021年1月発売雑誌のインタビュー時点では、関西ジャニーズJr.の履歴書やオーディションを大倉が立ち会える範囲で見ているという[95]。しかし、「誰を合格させるか」までは決めていないという[95]

後輩との距離感について、最初は「話しやすい環境や間柄」の方が良いと考えていたというが、近過ぎるが故に感情が入り見えないところが出てくるため、一定の距離感を保ち、自分たちで考えさせることを意識しているという[97]。自分たちで考えさせることについては、関ジャニ∞が自分たちで考えて行動してきたからこそ、活動の土台が強くなり、様々な失敗を経験出来たため、グループとして長く活動出来ていると大倉は分析している[97]。そのため、「失敗しないように導く」ではなく、「失敗から自分たちで何を学べるか」という力を付けさせるように意識しているという[97]。また、後輩の内情は知り過ぎるとフィルターがかかってしまうため、スタッフからの情報程度に留めておき、適正な目で後輩を見るようにしているという[97]

各グループの特色も「こういうグループ」というイメージを大倉が新しく付けることはせず、後輩自らが「どういうグループにしたいのか」「このメンバーでいると、どういうカラーが出るんだろう?」と考え出した時に、大倉が「こういう面が良いよね」「そこは良いところだよね」と導く程度に留めているといい、「お手伝いは出来るけど、君たちの人生、まだ道のない所にレールを敷くのは俺じゃないよ」という考え方だという[97]

後輩が考えてきたセットリストを確認し、「ここはちょっと長くなりそう」や「この流れは良くなさそう」というアドバイスをよくするという[98]。これは、後輩の中には20代後半の人もおり、大倉が10代でデビューして10年間かけて経験してきたことを、20代後半でデビューして10年間かけていたらあまりにも遅すぎるため、関ジャニ∞がジャニーや振付師から言われていた「盛り上がらないところは、こう変えたら良い」ということを大倉が伝えたいと考えているからである[98]

後輩のライブをプロデュースしたことで「客観的に物事を考えられるようになった」「ライブに関わるそれぞれの分野の方とコミュニケーションをとる経験もできて、自分もまだまだだなと思った」といい、この経験を活かし、「関ジャニ∞の演出にも違う風を吹き込めたら」と語っている[99]。また、客観性が磨かれたことで、ステージに立つ上で大事なものが「気持ち」であることを再認識したという[100]。大倉曰く関ジャニ∞は「技術が追いつかなくても、気持ちを大事にただがむしゃらさでは負けないようにやってきた」というが、年齢を重ねるとそれが希薄になってくるため、それが間違いでなかったことを後輩へのプロデュース活動で確認できたことは大きかったという[100]。更に、後輩をプロデュースしている時はスタッフとして動いているため、「ここまで細部にわたって、気付かないようなことまでやってくれているんだ」という裏側の人間の苦労を感謝と共に知れたという[101]

ライブや舞台のプロデュースだけでなく、関西ジャニーズJr.に自身が作詞した「My dreams」や「Can't stop」などの楽曲提供も行っている[102][103]

このような大倉のプロデューススキルは、のライブ演出を担当している松本潤からも高く評価されており、関ジャニ∞のライブ演出については「ジャニーズのカテゴリーの中で、肩に力が入ってないラフさを感じる。大倉はそのラフさをすごく意識してると思う」、関西ジャニーズJr.での演出については「もっとコンパクトにテンポよく、それぞれのフォーマットに合わせて作ってる感じがする。実は細かいこともできるんだろうと思う」と評した[94]

2021年には自身がプロデュースを務めるグループとしては初めてなにわ男子がCDデビューを果たした[40]。なお、なにわ男子についてはCDデビューにより関西ジャニーズJr.を卒業した後もプロデュースを続けている[104]

疾病 編集

腸閉塞 編集

2016年1月17日、腸閉塞のため、関ジャニ∞のライブツアー『関ジャニ∞の元気が出るLIVE!!』の千秋楽である大阪・京セラドーム大阪公演を休演[35]。大倉は公式サイトで「僕の体調管理の至らなさで動けなくなり、京セラドームの最終公演に立つことができませんでした」と報告し、「7人の姿を見るためにずっと楽しみにしてくれていたファンのみんなの気持ちを考えると申し訳ない気持ちでいっぱいです」「いくら謝っても謝り足りませんが、みんなの前に1日でも早く元気な姿をみせられるように努めさせていただきます」とファンへの謝罪と共に無念の思いを吐露した[35]

他のメンバーは「大倉抜きでの公演は出来ない」と一時はライブの公演中止も検討していたが、「とりあえず(ステージに)出て行って、ファンの皆さんに聞いてみよう」との意見で一致し、ファンに事情を説明した上で、ファンからも開催が受け入れられ、アドリブを加えながら大倉が不在であることをカバーし、無事に公演が実施された[105][注 5]

同年1月20日、前日の19日より「徐々に食事も取れるようになり、回復に向かっている」ことから、仕事復帰を発表[36]。大倉は「迷惑をかけてしまったメンバー、関係者の皆さん、悲しい思いをさせてしまったファンの皆さんに自分の想いを返していけるよう、体調管理も万全に、新たな気持ちで頑張っていきたいと思います」と思いを綴った[36]

同年1月23日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送のラジオ番組『オールナイトニッポンサタデースペシャル 大倉くんと高橋くん』に生出演[105]。同番組にて、17日の朝に激しい腹痛に襲われて病院に行ったところ、医師から「普通じゃないね。入院ですね」と言われ、「腸閉塞」と診断されたことを明かした[105]。診断の際に、大倉は痛み止めを打ってツアーに強行出演することも考えたが、医師から「腸が破裂するかもしれない。医者の立場なので、絶対にYESとは言えない」とドクターストップがかかったという[105]

新型コロナウイルス 編集

2020年9月24日、新型コロナウイルスCOVID-19」への感染を公表[106]。前日の23日にメンバーにPCR検査を実施したところ全員陰性だったが、保健所の指導に基づく濃厚接触者の特定により、丸山とマネージャー1名が濃厚接触者に該当した[106]。感染時点で撮影中だった自身の主演ドラマ『知ってるワイフ』(フジテレビ系列)の共演者・スタッフ内にも濃厚接触者がおり、PCR検査の結果は全員陰性だったが、大倉が倦怠感を発症した同年9月20日から10日間の療養期間を目安に経過観察とされたため[106]、ドラマの撮影は大倉の体調が回復するまでは中止となった[107]。その後、同年10月12日より活動を再開した[108]

難聴・耳鳴りによる活動休止 編集

2022年4月29日、「右低音障害型難聴」と「両側耳鳴り」のため、一定期間の活動休止を発表[43][44]。1年半程前から耳鳴りの症状が出始め、症状が出る日もあれば、しばらく出ない期間もあったため、定期的に通院しながら様子を見ていたが、2022年4月以降、症状が悪化したために医療機関を受診した結果、医師から「この症状は再発を繰り返すと悪化する恐れがあることから、一定期間休養すべき」との指導を受け、活動休止となった[43][44]。また、同年7月開催の関ジャニ∞の野外ライブ『18祭』に「万全の状態で臨むために前向きに判断した結果」として、活動休止の決断を下した[43][44]。大倉はファンクラブサイトにて症状の原因がストレスによるものだと明かしており[2]、グループや個人の活動をはじめ、後輩のプロデュース業も務めているため、所属事務所も「その責任感の強さゆえ、本人の自覚以上に疲労が蓄積していたことは否めません」としている[43][44]

活動休止発表時のコメント以降、大倉自身による発信は無かったが、自身の37歳の誕生日である同年5月16日には、活動休止後初めて自身の公式Twitterで「みんな、ありがと。元気だよ[109]」とツイートを投稿し、感謝と体調を報告した[110]

その後、約2か月の療養を経て、同年6月17日に活動再開を発表[45][46]。前述の野外ライブ『18祭』のリハーサルから仕事復帰を果たした[45][46]。所属事務所は、「耳への負担に配慮しながら穏やかに療養生活を送ることができました。その結果、症状も安定してまいりましたので、医師と協議し、関ジャニ∞メンバーやスタッフとの話し合いを経て、この度、活動を再開することといたしました」と活動再開の経緯を説明した[45][46]。活動再開を受け、大倉は関ジャニ∞のファンクラブ会員に向け、「頑張りすぎないように身体と向き合いながらマイペースに働きます」とコメントした[111]。しかし、完治に至るほどに十分な時間を確保することが出来なかったため、「以前に比べて不安は軽減されているものの、今後も症状と付き合いながら活動していく」としており、これらの状況を踏まえ、当面の活動は『18祭』のリハーサルを中心に行い、徐々に他の活動も再開させていくとした[45][46]

同年7月2日に放送された音楽特番『THE MUSIC DAY 2022』(日本テレビ系列)にて、活動再開後初のテレビ番組への出演を果たした[112]

所属グループ 編集

※デビューしたグループのみ。

出演 編集

  • ドラマなどの主演作品は役名を太字で表記。
  • テレビ・ラジオ番組は2023年現在レギュラー放送中または不定期で放送中の番組を太字で表記。

ドラマ 編集

テレビドラマ 編集

再現ドラマ 編集

映画 編集

舞台 編集

劇場アニメ 編集

テレビ番組 編集

ラジオ 編集

CM 編集

インターネット配信 編集

  • 39やん!オンライン飲み会(2024年5月17日、FAMILY CLUB online)[163]

ライブ 編集

受賞歴 編集

楽曲制作 編集

  • 特記がない限りSUPER EIGHT(関ジャニ∞)の作品・メンバー。
  • 「初収録作品」にて、特定形態のみの収録などの詳細については個々のページを参照。

CD収録曲(楽曲制作) 編集

曲名 担当 アーティスト 初収録作品 作品コード 備考
∞レンジャー 作詞 関ジャニ∞ ER 128-7152-4 [注 15]
∞SAKAおばちゃんROCK ∞SAKAおばちゃんROCK/大阪ロマネスク 132-2489-1 [注 16]
まもりたい 大倉忠義 KJ2 ズッコケ大脱走 141-2031-3
∞o'clock 08 関ジャニ∞ 無責任ヒーロー 126-6072-8 [注 17]
fuka-fuka Love the Earth 151-1016-8 [注 18]
no-no-no 大倉忠義 PUZZLE 1A1-2449-1
『って!!!!!!!』 関ジャニ∞ 8UPPERS 701-2557-1 [注 19]
夜な夜な☆ヨーNIGHT 村上・安田・大倉 FIGHT 181-4604-0 [注 20]
狩(仮) 横山・渋谷・安田・大倉 JUKE BOX 708-6016-5 [注 21]
All is well 関ジャニ∞ 708-6015-7 [注 17]
元気が出るSONG 作詞・作曲 関ジャニ∞の元気が出るCD!! 713-6625-3 [注 22]
my store 〜可能性を秘めた男たち〜 作詞 丸山・安田・大倉 214-6958-0 [注 23]
My Story 関ジャニ∞ 友よ 731-3592-5
Re:LIVE Re:LIVE 256-2415-6 [注 24]
クリームシチュー 作詞・作曲 ひとりにしないよ 263-0626-3 [注 22]

CD未収録曲(楽曲制作) 編集

※初収録された映像作品を記述。

曲名 担当 アーティスト 初収録作品 作品コード 備考
∞o'clock 作詞 関ジャニ∞ Spirits!! 126-6072-8 [注 17]
最後の涙 大倉忠義 未収録 154-6043-6
だってアイドルだもん!! 154-6039-8
ありがとう 作詞・作曲 横山・渋谷・安田・大倉 KANJANI∞ LIVE TOUR JUKE BOX(特典DVD) 500-9977-9 [注 25]
Butterfly I Loved 作詞 大倉忠義 関ジャニズム LIVE TOUR 2014≫2015 134-1061-0
Hopeful melody グリーンレンジャー 関ジャニ'sエイターテインメント 224-5828-0 [注 26]
∞o'clock 19 関ジャニ∞ 十五祭 126-6072-8 [注 17]

楽曲提供 編集

曲名 アーティスト 担当 収録作品 作品コード 備考
My dreams 関西ジャニーズJr. 作詞 ジャニーズJr.『素顔4 242-0370-0
Can't stop 242-0657-1

ソロ・ユニット曲 編集

CD収録曲(ソロ・ユニット曲) 編集

  • 表記は発売および収録順。
  • 「初収録作品」にて、特定形態のみの収録などの詳細については個々のページを参照。
ソロ曲
タイトル クレジット 初収録作品 作品コード 備考
まもりたい 作詞:大倉忠義
作曲:宮崎歩、亜美
編曲:佐藤泰将
KJ2 ズッコケ大脱走 141-2031-3
no-no-no 作詞:大倉忠義
作曲:Erik Lewander, Iggy Strange-Dahi, R.P.P
編曲:加藤祐介
PUZZLE 1A1-2449-1
きっと幸せがキミを待ってる 作詞・作曲:市川喜康
編曲:大西省吾
8UPPERS 500-5981-5
One more night 作詞:宮本美季
作曲:宮本美季、koyabin
編曲:UTA
8BEAT 268-1785-3
ユニット曲
タイトル クレジット メンバー 初収録作品 作品コード 備考
太陽の子供 作詞:MASA
作曲:馬飼野康二
編曲:長岡成貢
横山・村上・丸山 KJ1 F・T・O 130-3709-9
Carnival 作詞・作曲:樋口了一
編曲:森俊之
丸山 130-3712-9
それでイイんじゃない 作詞・作曲:成海カズト
編曲:石塚知生
村上・錦戸 130-3729-3
ONE 作詞:SUBARU
作曲:安田章大
編曲:すばるBAND
渋谷・丸山・安田[注 27] 122-6124-6
二人の花 作詞・作曲:mArt、3104
編曲:葉山拓亮
丸山 マイホーム 174-6417-0
夜な夜な☆ヨーNIGHT 作詞:村上信五、安田章大、大倉忠義
作曲:安田章大
編曲:久米康隆
村上・安田 FIGHT 181-4604-0
狩(仮) 作詞:ヨシャオ族
作曲・編曲:大西省吾
横山・渋谷・安田[注 28] JUKE BOX 708-6016-5
アダムとイヴ 作詞:SHIKATA
作曲・編曲:SHIKATA、REO
横山 関ジャニズム 205-5673-0
my store 〜可能性を秘めた男たち〜 作詞:関ジミ3
作曲:TAKESHI、丸山隆平
編曲:高橋浩一郎
丸山・安田[注 29] 関ジャニ∞の元気が出るCD!! 214-6958-0
Steal your love 作詞:SHIKATA
作曲:SHIKATA、KAY
編曲:Peach
錦戸 パノラマ 715-8846-9
ノスタルジア 作詞:田中秀典
作曲・編曲:蔦谷好位置
丸山・安田・錦戸 ジャム 229-0987-7

CD未収録曲(ソロ・ユニット曲) 編集

  • 表記は50音順。
  • JASRAC公式サイトの「作品データベース検索サービス」[168]の検索結果をもとに記述。
ソロ曲
タイトル クレジット 初収録作品 作品コード 備考
最後の涙 作詞:大倉忠義
作曲:中條美沙
未収録 154-6043-6
だってアイドルだもん!! 作詞:大倉忠義
作曲・編曲:大西省吾
154-6039-8
Butterfly I Loved 作詞:大倉忠義
作曲:Mo'doo-!
関ジャニズム LIVE TOUR 2014≫2015 134-1061-0
Hopeful melody 作詞:グリーンレンジャー
作曲:長橋健一
関ジャニ'sエイターテインメント 224-5828-0 [注 30]
ユニット曲
タイトル クレジット メンバー 初収録作品 作品コード 備考
すばるBAND
Soul way 作詞:SUBARU
作曲:安田章大
渋谷・丸山・安田[注 27] 未収録 111-5171-4
Down up↑ 140-7441-9
High Position 137-0152-5
その他
明日 作詞・作曲:Gajin 丸山・安田 Spirits!! 126-6062-1
ありがとう 作詞・作曲:横山裕渋谷すばる、安田章大、大倉忠義 横山・渋谷・安田[注 31] KANJANI∞ LIVE TOUR JUKE BOX(特典DVD) 500-9977-9
Glorious 作詞:Samuel Waermo
作曲・編曲:Samuel Waermo, TJ Mixx
渋谷・錦戸 PUZZLE(特典DVD) 1A0-1387-7
torn 作詞:白鷺剛
作曲:飯岡隆志
編曲:CHOKKAKU
錦戸 無責任ヒーロー(特典DVD) 151-0963-1
モナコブルー 作詞・作曲:出口雅之 丸山・安田 未収録 128-7134-6

参加作品 編集

  • 音源化されている楽曲のみ記述。
  • SUPER EIGHT(関ジャニ∞)への参加は割愛。
発売日 曲名 アーティスト 収録作品 備考
2009年2月4日 鏡花水月 The SHIGOTONIN 鏡花水月
涙枯れるまで

プロデュース・演出 編集

※基本的に全ての関西ジャニーズJr.の演出およびプロデュースを担当しているが[39]、本節では公に公開されているグループおよび公演を記述する。

プロデュース 編集

演出・構成 編集

SUPER EIGHT(関ジャニ∞)や自身がプロデュースを務めるグループは割愛。

日程 タイトル 担当 備考
2018年 10月24日 - 11月4日 関西ジャニーズ Jr. LIVE 2018 Fall in LOVE〜秋に関ジュに恋しちゃいなよ〜[38] 演出・構成
11月30日 - 12月25日 X'mas Party!!2018[102] [注 32]
2019年 1月3日・4日 関西ジャニーズJr. LIVE 2019 Happy 2 year!!〜今年も関ジュとChu Year!!〜[171]
2020年 1月11日 - 13日 関ジュ 夢の関西アイランド 2020 in 京セラドーム大阪 〜遊びにおいでや!満足100%〜[172] プロデュース
2021年 3月1日 - 31日 ANOTHER 新たなる冒険[173] 監修
12月19日 - 2022年1月10日 関西ジャニーズJr. LIVE 2021-2022 THE BEGINNING〜狼煙〜[174] プロデュース
2022年 1月31日 - 3月6日 THE BEGINNING〜笑劇〜[170] 企画・プロデュース
2023年 2月1日 - 26日 アンビリーバボー[175] 企画
2024年 4月10日 - 5月30日 WE ARE! Let's get the party STARTO!![176] 演出

ブログ 編集

※特記の無い限り、大倉自身によるブログ。

  • Johnny's web→FAMILY CLUB web[注 33]
    • 倉'mas(2006年 - 2020年)
      • 倉'mas(2006年12月18日 - 12月25日)
      • 倉'masリターンズ またきみに会えたね(2007年10月12日 - 12月25日)
      • 倉'yas(2009年9月17日 - 12月25日) - 安田との共同連載[177]
      • 帰ってきたくらすます episode8 〜君と僕、時々白米〜(2012年10月25日 - 2013年1月4日)
      • 倉'mas0(2014年10月14日 - 12月25日)[178]
      • くらすます 〜関ジュに恋しちゃったよ〜(10月26日 - 11月19日)[179]
      • ウルトラハイパーくらすます 全国制覇への戦いの日々(2019年10月25日 - 12月25日)[180]
      • ウルトラハイパーくらすます2020 全国制覇への戦いの日々(2019年10月25日 - 12月25日)[181]
    • くらりある(2008年2月14日 - 5月17日)
    • Oclub(2021年2月10日 - )[182][183]

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ a b c 2024年2月4日より[6]。結成(2002年)から2024年までは「関ジャニ8」および「関ジャニ∞」名義。
  2. ^ 詳細は「丸山隆平#二度のオーディション」を参照。
  3. ^ なお、好きなアーティストとしてゆずや尾崎豊などを挙げることはあった[79][80]
  4. ^ そのため、「島の男」という役も大倉のほかに3人いる[81]
  5. ^ 同ツアーの映像作品にもこの時の模様が収録されている。
  6. ^ 第12話・最終話は回想シーンのみの出演。
  7. ^ 1日限定上映[135]。同作を収めたDVDは同年10月20日発売の関ジャニ∞のアルバム『8UPPERS』の初回限定盤に収録。
  8. ^ a b 関ジャニ∞主演。
  9. ^ 発表当初は同年6月5日に公開予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴って公開が延期され[142]、同年9月11日の公開となった[143]
  10. ^ 関ジャニ∞主演。2003年・2004年は「関ジャニ8」。
  11. ^ a b c 関ジャニ∞(関ジャニ8)・KAT-TUN主演。
  12. ^ 不定期放送。
  13. ^ 高橋優とWパーソナリティ。
  14. ^ ウェブCM。
  15. ^ 関ジャニ∞として作詞。磯崎健史と共作。
  16. ^ 関ジャニ∞として作詞。久保田洋司と共作。
  17. ^ a b c d 関ジャニ∞として作詞。
  18. ^ 関ジャニ∞として作詞。TAKESHIと共作。
  19. ^ 安田章大と共作。
  20. ^ 村上信五・安田章大と共作。
  21. ^ 「ヨシャオ族」名義で横山裕渋谷すばる・安田章大との共作。
  22. ^ a b 関ジャニ∞として作詞・作曲。
  23. ^ 「関ジミ3」名義で丸山隆平・安田章大との共作。
  24. ^ 関ジャニ∞として作詞。「Eight × Eighter」名義。
  25. ^ 作詞・作曲共に横山裕渋谷すばる・安田章大と共作。10周年記念ライブ『十祭』で披露時のみ関ジャニ∞として全員で披露。歌唱パートは変更無し。
  26. ^ 「グリーンレンジャー」名義[167]
  27. ^ a b ユニット名「すばるBAND」。
  28. ^ ユニット名「ヨシャオ族」。
  29. ^ ユニット名「関ジミ3」。
  30. ^ 「グリーンレンジャー」名義の楽曲。
  31. ^ 10周年記念ライブ『十祭』のアコースティックコーナーのみ、7人全員で披露。
  32. ^ 横山裕と共同担当。
  33. ^ SMILE-UP.(旧:ジャニーズ事務所)の有料公式モバイルサイト。2022年5月25日までは、同サイトで「連載」と言う形で更新していた。同年5月26日のリニューアルからは同サイトでも「ブログ」と言う名称を用いる様になった。

出典 編集

  1. ^ a b パンフレット 2008, p. 4
  2. ^ a b "関ジャニ大倉忠義が一定期間活動休止 右低音障害型難聴の治療専念「ストレスが原因だそうです」". スポーツニッポン. 2022年4月29日. 2022年4月29日閲覧
  3. ^ a b for No.∞ 2012, p. 64
  4. ^ a b c Myojo 2012, p. 159
  5. ^ a b c "関ジャニ∞大倉、父親の鳥貴族社長が「継がせない。自分の夢を追いかけて」". デイリースポーツ. 2017年5月2日. 2023年11月4日閲覧
  6. ^ a b "関ジャニ∞、新グループ名は「SUPER EIGHT」". ORICON NEWS. 2024年2月4日. 2024年2月4日閲覧
  7. ^ Dear Eighter 2012, p. 54, 「大倉忠義」
  8. ^ "STARTO社が正式始動 28組295人のタレントとの契約を報告「ともに新たなステージへと船出」". スポーツニッポン. 2024年4月10日. 2024年4月10日閲覧
  9. ^ 円堂都司昭「ミュージシャンとしての関ジャニ∞の軌跡」『ミュージック・マガジン』2017年9月号、株式会社ミュージックマガジン、2017年9月1日、35頁。 
  10. ^ a b c d e for No.∞ 2012, p. 61
  11. ^ for No.∞ 2012, p. 47
  12. ^ a b c d for No.∞ 2012, p. 62
  13. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p Myojo 2012, pp. 160
  14. ^ 『ジャニーズジュニア名鑑 2001 SPRING』 9巻、J-STATION、2001年、142-144頁。 
  15. ^ a b "大倉忠義〜セクシーな表情と笑顔のギャップにハマるリアリティのある「いい男」". シネマトゥデイ. 2020年9月11日. 2022年8月13日閲覧
  16. ^ a b c d e f g h i j k l m Myojo 2012, p. 161
  17. ^ a b c d e f g h i j Dear Eighter 2012, p. 55, 「大倉忠義」
  18. ^ a b "関ジャニ8、関西限定で演歌CDデビュー". 日刊スポーツ. 2004年7月30日. 2004年8月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月10日閲覧
  19. ^ a b "関ジャニ∞大倉ドラマ初主演…いきなりの1人2役". サンケイスポーツ. 2006年2月23日. 2006年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月24日閲覧
  20. ^ a b 根岸聖子「LIVE REPORT 渋谷すばる with 大倉BAND」『oricon style』2006年9月25日号 No.36-1360、オリコン・エンタテインメント、2006年9月16日、60頁。 
  21. ^ 大倉忠義「2007 大倉忠義」『完全保存版!関ジャニ戦隊∞レンジャーBOOK』、ジャニーズ事務所、2019年、376頁。 
  22. ^ a b "大倉忠義が土佐弁の大学生役を熱演". ORICON NEWS. 2007年12月7日. 2022年8月24日閲覧
  23. ^ a b 堤麻希子「LIVE REPORT -大倉忠義 コンサート 2008-」『月刊Songs』2008年12月号 vol.72、ドレミ楽譜出版社、2008年11月15日、49頁。 
  24. ^ a b "藤田まことが"復活仕事人"! 中村主水17年ぶり連ドラ復活". スポーツ報知. 2008年9月29日. 2008年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月24日閲覧
  25. ^ a b "東山&松岡&大倉 必殺ユニット結成". デイリースポーツ. 2008年12月10日. 2008年12月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月10日閲覧
  26. ^ a b "関ジャニ・大倉が連ドラ初主演…NHK「ROMES-」". スポーツ報知. 2009年8月4日. 2009年8月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月24日閲覧
  27. ^ a b "関ジャニ∞大倉が「大奥」で映画デビュー". 日刊スポーツ. 2010年2月16日. 2021年8月24日閲覧
  28. ^ "関ジャニ∞、新アルバム特典映像の上映会". サンケイスポーツ. 2010年9月13日. 2010年9月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月23日閲覧
  29. ^ a b "関ジャニ・大倉、映画単独初主演 ヒロインには桐谷美玲". ORICON NEWS. 2012年8月16日. 2021年8月5日閲覧
  30. ^ a b "関ジャニ・大倉、民放連ドラ初主演 ドクター役に初挑戦". ORICON NEWS. 2013年11月5日. 2021年8月24日閲覧
  31. ^ "関ジャニ大倉&横山、高卒認定試験に合格「頑張ってよかった!」". ORICON NEWS. 2015年1月17日. 2022年8月24日閲覧
  32. ^ a b c d "福山雅治『魂ラジ』後枠が決定 関ジャニ・大倉忠義&高橋優がパーソナリティに". ORICON NEWS. 2015年3月11日. 2022年2月27日閲覧
  33. ^ a b c d "関ジャニ∞大倉×高橋優「魂ラジ」後枠のANNパーソナリティに". 音楽ナタリー. 2015年3月11日. 2022年2月27日閲覧
  34. ^ a b c "関ジャニ∞大倉忠義&高橋優、ラジオ「大倉くんと高橋くん」3月末で番組終了を発表". デイリースポーツ. 2020年3月1日. 2022年2月27日閲覧
  35. ^ a b c "関ジャニ大倉が腸閉塞【コメント全文】". デイリースポーツ. 2016年1月17日. 2016年1月17日閲覧
  36. ^ a b c "関ジャニ∞大倉忠義が仕事復帰「新たな気持ちで頑張っていきたい」【コメント全文】". ORICON NEWS. 2016年1月20日. 2023年11月4日閲覧
  37. ^ a b "関ジャニ大倉、舞台単独初主演 渡辺いっけいと二人芝居「全力でぶつかっていきたい」". ORICON NEWS. 2017年3月28日. 2023年11月4日閲覧
  38. ^ a b c "関ジャニ大倉&横山、関西Jr.のライブ演出手がける国分太一が直撃取材". ORICON NEWS. 2018年10月24日. 2021年8月18日閲覧
  39. ^ a b c d e "Lil かんさい単独ライブが出来るまで…軌跡に独占密着 プロデューサー・大倉忠義が想い語る". ORICON NEWS. 2022年1月6日. 2022年1月6日閲覧
  40. ^ a b c "なにわ男子、11・12にCDデビュー決定 SixTONES&Snow Man以来1年10ヶ月ぶり". ORICON NEWS. 2021年7月28日. 2021年7月28日閲覧
  41. ^ 大倉忠義 / Producer [@J_ohkura_88] (2021年9月22日). "関ジャニ∞の大倉忠義です。". X(旧Twitter)より2021年9月22日閲覧
  42. ^ a b "関ジャニ∞大倉忠義、公式ツイッター開設 CDデビュー日の開始にファン歓喜「17周年おめでとうございます」". ORICON NEWS. 2021年9月22日. 2021年9月22日閲覧
  43. ^ a b c d e "関ジャニ∞大倉忠義、難聴のため一定期間活動休止". ORICON NEWS. 2022年4月29日. 2022年4月29日閲覧
  44. ^ a b c d e "関ジャニ∞大倉忠義、活動休止を発表 右低音障害型難聴と両側耳鳴りのため". モデルプレス. 2022年4月29日. 2023年11月4日閲覧
  45. ^ a b c d e "関ジャニ∞大倉忠義、活動再開を発表 スタジアムライブのリハーサルから仕事復帰". ORICON NEWS. 2022年6月17日. 2022年6月17日閲覧
  46. ^ a b c d e "関ジャニ∞大倉忠義、活動再開 ライブ「18祭」リハーサルから仕事復帰". モデルプレス. 2022年6月17日. 2023年11月4日閲覧
  47. ^ a b 「エイターのQに全員解答 ∞Questions」『Myojo』2012年2月号、集英社、2011年12月23日、147頁。 
  48. ^ a b c d e f パンフレット 2008, p. 14
  49. ^ "活動休止中の大倉忠義バースデー、関ジャニ∞メンバーが祝福「待ってるよ」". モデルプレス. 2022年5月16日. 2023年11月4日閲覧
  50. ^ "関ジャニ∞村上信五、北京オリンピック帰国後に驚いたメンバーの変化とは?「顔見たのも久しぶりやったから…」". E-TALENTBANK. 2022年3月15日. 2023年11月4日閲覧
  51. ^ 古河晋、川辺美希、武内彩夏「今こそ、関ジャニ∞の魅力と可能性を語ろう。スペシャルトークジャム×8!!!!!!!!」『CUT』No.385 2017年8月号、ロッキング・オン、2017年7月19日、23頁。 
  52. ^ "高橋優「バズリズム02」の友達紹介コーナーで熱愛疑惑の女性登場、降谷建志らのライブも". 音楽ナタリー. 2018年10月11日. 2023年11月4日閲覧
  53. ^ "関ジャニ∞ 大倉忠義、スカパラ谷中敦と語った"メンバーとの別れ"の経験 ライブへの熱い思いも". リアルサウンド. 2019年8月7日. 2023年11月4日閲覧
  54. ^ a b c d BEST STAGE 2023, p. 12, 「『夜への長い旅路』大倉忠義×大竹しのぶ」
  55. ^ a b "大竹しのぶ、関ジャニ∞大倉忠義への贈り物に込めた【本当の意味】". COCONUTS. 2023年4月7日. 2023年11月4日閲覧
  56. ^ "関ジャニ∞ 『駆けつけ20杯』『焼酎8割のレモンサワー』メンバー5人のお酒エピソード一挙公開!". COCONUTS. 2020年1月14日. 2023年11月4日閲覧
  57. ^ "関ジャニ∞ 大倉忠義、高橋優からのサプライズに感激 愛情溢れるバースデー放送を聞いて". リアルサウンド. 2018年5月23日. 2023年11月4日閲覧
  58. ^ a b "関ジャニ∞が『Love music』で語った音楽的ルーツ。東京事変、ミスチル、ゴイステなど". rockinon.com. 2017年11月22日. 2023年11月4日閲覧
  59. ^ a b パンフレット 2008, p. 37
  60. ^ "「行列」3時間SPでYOSHIKIがさんまと本音トーク、関ジャニ大倉は憧れの存在との対面に感動". 音楽ナタリー. 2022年1月9日. 2023年11月4日閲覧
  61. ^ "YOSHIKI、関ジャニ∞と初セッション 大倉にはドラム指南も". ORICON NEWS. 2015年8月17日. 2023年11月4日閲覧
  62. ^ a b c d e f g for No.∞ 2012, p. 63
  63. ^ 菊池泰絵、星野彩乃「関ジャニ∞ヒストリー」『ザテレビジョンZoom!!』vol.15、KADOKAWA、2014年1月29日、22頁。 
  64. ^ a b パンフレット 2008, p. 45
  65. ^ a b 金光裕史「関ジャニ∞ 諦めなかった7人」『音楽と人』2017年8月号、音楽と人、2017年7月5日、12頁。 
  66. ^ 古河晋、安田季那子「関ジャニ∞「初めて」のROCK IN JAPAN、そしてこれからを5人で語る」『ROCKIN'ON JAPAN』2023年12月号 VOL.564、ロッキング・オン、2023年10月30日、144頁。 
  67. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 「KANJANI∞'S LIVE EQUIPMENT'S」『オフィシャル・スコア 関ジャニ∞ / バンド・セレクション』、ドレミ楽譜出版社、2012年4月30日、16頁。 
  68. ^ a b c d e f g 長谷川幸信「Analyzing the Sound of KANJANI∞」『GiGS』No.528 2021年12月号、シンコーミュージック・エンタテイメント、2021年10月27日、15頁。 
  69. ^ 深田尚子「行定 勲監督が語る大倉忠義」『日本映画navi』vol.87、産経新聞出版、2023年5月7日、12頁。 
  70. ^ a b c d e Dear Eighter 2012, p. 60, 「大倉忠義」
  71. ^ a b c d e f g h 日経エンタテインメント 2021, p. 130
  72. ^ "大倉忠義、重岡大毅……関西ジャニーズ勢が役者として活躍するワケ 演技力が磨かれた背景とは?". リアルサウンド. 2016年11月26日. 2023年11月4日閲覧
  73. ^ a b Myojo 2012, p. 163
  74. ^ a b "関ジャニ∞大倉忠義「悔しくて誰にも相談できなかった」ドン底から救ってくれた恩人との秘話が明らかに". モデルプレス. 2016年11月20日. 2023年11月4日閲覧
  75. ^ a b BEST STAGE 2023, p. 6, 「『夜への長い旅路』大倉忠義」
  76. ^ BEST STAGE 2023, p. 13, 「『夜への長い旅路』大倉忠義×大竹しのぶ」
  77. ^ a b TVガイドPERSON 2020, p. 8
  78. ^ 江藤利奈、多田メラニー「PREMIUM COVER TALK 渋谷すばる&横山裕&大倉忠義」『TV LIFE Premium』Vol.19、学研プラス、2016年10月3日、10頁。 
  79. ^ a b c 堤麻希子「関ジャニ∞」『月刊Songs』2013年7月号 vol.127、ドレミ楽譜出版社、2013年6月15日、10頁。 
  80. ^ a b c 高瀬純「∞ BEAT SHOW!! Volume 352」『週刊TVガイド』2023年11月3日号、東京ニュース通信社、2023年10月25日、39頁。 
  81. ^ a b c 辻則彦『ANOTHER & 関ジャニスペシャルコンサート』大阪松竹座、2002年8月、4頁。 
  82. ^ a b c d e f Myojo 2012, p. 162
  83. ^ a b c Dear Eighter 2012, p. 56, 「大倉忠義」
  84. ^ Dear Eighter 2012, p. 57, 「大倉忠義」
  85. ^ a b "関ジャニ∞大倉、"太鼓の達人"王座決定戦! 結果発表". モデルプレス. 2012年12月30日. 2023年11月4日閲覧
  86. ^ a b "関ジャニ∞大倉忠義"太鼓の達人"悲願の勝利 有終の美で「仕分け」に幕". モデルプレス. 2015年3月21日. 2023年11月4日閲覧
  87. ^ "坂本冬美を太鼓の達人関ジャニ∞大倉ら応援! / 紅白". サンケイスポーツ. 2013年12月27日. 2023年11月4日閲覧
  88. ^ "横山裕 グループの"転機"を振り返り涙!?「俺らあのライブで強くなったよな」". フジテレビュー!!. 2020年10月8日. 2023年11月4日閲覧
  89. ^ 斉藤まこと「廣木隆一監督が語る役者・大倉忠義」『FREECELL』vol.13、プレビジョン、2013年5月31日、13頁。 
  90. ^ "桐谷美玲、関ジャニ∞大倉との決戦に反響続々「鳥肌が立った」". モデルプレス. 2013年6月14日. 2023年11月4日閲覧
  91. ^ "関ジャニ∞・大倉と対決! 「リズム感仕分け」仕様の「太鼓の達人」期間限定設置". ORICON NEWS. 2013年1月31日. 2023年11月4日閲覧
  92. ^ "関ジャニ∞、はっぴ姿で『太鼓の達人』CM出演 村上信五&横山裕の本気対戦は引き分け「永遠のライバルや」". ORICON NEWS. 2022年9月22日. 2023年11月4日閲覧
  93. ^ a b c 日経エンタテインメント 2021, p. 128
  94. ^ a b "関ジャニ∞ 大倉忠義、なにわ男子ら成長させるプロデュース力 松本潤も認める"ラフさ"と"細やかさ"". リアルサウンド. 2021年10月19日. 2023年11月4日閲覧
  95. ^ a b c 日経エンタテインメント 2021, p. 131
  96. ^ 日経エンタテインメント 2021, p. 132
  97. ^ a b c d e TVガイドPERSON 2023, p. 10
  98. ^ a b TVガイドPERSON 2023, p. 15
  99. ^ 川辺美希「関ジャニ∞6人それぞれの今」『CUT』No.403 2019年1月号、ロッキング・オン、2018年12月19日、15頁。 
  100. ^ a b 金光裕史「関ジャニ∞ 僕らは旅人」『音楽と人』2019年4月号、音楽と人、2019年3月5日、9頁。 
  101. ^ TVガイドPERSON 2020, p. 12
  102. ^ a b "関ジャニ横山&大倉、古巣で"演出"担当 関西jr.が感激「身が引き締まる思い」". ORICON NEWS. 2018年11月30日. 2023年11月4日閲覧
  103. ^ "V6 坂本&三宅、関ジャニ 大倉&安田、JUMP 中島&知念…ジャニーズ凸凹コンビの関係性を考察". リアルサウンド. 2019年5月21日. 2023年11月4日閲覧
  104. ^ "関ジャニ∞大倉忠義、なにわ男子のコンセプト明かす プロデューサーとしての展望も". モデルプレス. 2022年9月1日. 2023年11月4日閲覧
  105. ^ a b c d "関ジャニ∞大倉忠義「腸閉塞だった」 ラジオで生報告". ORICON NEWS. 2016年1月23日. 2021年7月25日閲覧
  106. ^ a b c "関ジャニ∞大倉忠義、新型コロナ感染 濃厚接触者・丸山隆平は陰性". モデルプレス. 2020年9月24日. 2023年10月17日閲覧
  107. ^ "陽性の関ジャニ∞大倉、フジ主演ドラマは撮影中止". 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社. 2020年9月24日. 2023年10月17日閲覧
  108. ^ "関ジャニ∞大倉忠義、新型コロナから回復 活動再開を発表". モデルプレス. 2020年10月9日. 2023年10月17日閲覧
  109. ^ 大倉忠義 / Producer [@J_ohkura_88] (2022年5月16日). "みんな、ありがと。元気だよ". X(旧Twitter)より2022年5月16日閲覧
  110. ^ "大倉忠義「みんな、ありがと。元気だよ」活動休止後の初ツイート きょう37歳の誕生日". ORICON NEWS. 2022年5月16日. 2022年5月16日閲覧
  111. ^ "難聴と耳鳴りで休養中の大倉忠義が活動再開「身体と向き合いながらマイペースに働きます」". サンケイスポーツ. 2022年6月17日. 2022年6月17日閲覧
  112. ^ "関ジャニ∞大倉忠義、活動再開後初TV生出演「おかえり」の声溢れる〈THE MUSIC DAY 2022〉". モデルプレス. 2022年7月2日. 2022年7月2日閲覧
  113. ^ "櫻井和寿、ジャニーズと初コラボ 総勢76人の期間限定ユニット『Twenty★Twenty』にチャリティーソング提供". ORICON NEWS. 2020年5月13日. 2022年8月10日閲覧
  114. ^ "STARTO ENTERTAINMENT14組75人が参加 チャリティーシングル収益を能登半島地震の被災者に全額寄付へ". ORICON NEWS. 2024年4月3日. 2024年4月17日閲覧
  115. ^ "「KAMIGATA BOYZ」SUPER EIGHT×WEST.×なにわ男子が集結 "夢のコラボ"サプライズ発表". ORICON NEWS. 2024年4月29日. 2024年5月2日閲覧
  116. ^ "インテリジェンス". 劇団演技者。 BACKNUMBER. フジテレビ. 2006年. 2006年7月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月24日閲覧
  117. ^ "関ジャニ∞新境地やねん! 7人全員でドラマ出演". スポーツニッポン. 2006年9月20日. 2006年11月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月7日閲覧
  118. ^ "東山&松岡で15年ぶり「必殺仕事人」". スポーツ報知. 2007年2月12日. 2007年2月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月24日閲覧
  119. ^ ""仕事人"東山 藤田まこととの共演に気合". スポーツニッポン. 2008年10月27日. 2008年10月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月24日閲覧
  120. ^ "関ジャニ∞大倉が『仕事人』で壮絶な"殉死"". ORICON NEWS. 2009年4月7日. 2021年8月24日閲覧
  121. ^ "広末エラそ〜!?エリカ様役で女優業再開". 日刊スポーツ. 2008年6月10日. 2021年8月24日閲覧
  122. ^ "ヒガシ主演ドラマチーム、W杯パラグアイ戦と撮影重なり意気消沈". ORICON NEWS. 2010年6月26日. 2021年8月24日閲覧
  123. ^ "堀北真希、母の高齢出産に悩む娘役を熱演". ORICON NEWS. 2011年2月23日. 2021年8月24日閲覧
  124. ^ "関ジャニ、"全員"で初のドラマ総出演〜グループ出演は24時間テレビ史上初". ORICON NEWS. 2011年7月19日. 2021年6月4日閲覧
  125. ^ "相葉雅紀、リーダー・大野と連ドラ対決「和気あいあいとやりたい」". ORICON NEWS. 2012年3月19日. 2021年8月24日閲覧
  126. ^ "錦戸亮、優香と結婚!? チャペルでドラマの製作会見". ORICON NEWS. 2012年4月16日. 2021年6月4日閲覧
  127. ^ "関ジャニ∞、メンバー全員がパパに挑戦 GWにSP番組放送決定". ORICON NEWS. 2012年4月25日. 2021年5月31日閲覧
  128. ^ "武井咲が「お天気お姉さん」に 関ジャニ大倉と初タッグ&大石静脚本で新境地". ORICON NEWS. 2013年2月27日. 2021年8月24日閲覧
  129. ^ "関ジャニ大倉、『24時間テレビ』ドラマ初主演 芦田愛菜&尾野真千子と家族の絆描く". ORICON NEWS. 2014年7月13日. 2021年8月24日閲覧
  130. ^ "多部未華子、連ドラで"ドS刑事"に! 関ジャニ・大倉を振り回す「強気で攻めたい」". ORICON NEWS. 2015年2月5日. 2021年8月24日閲覧
  131. ^ "ディーン・フジオカ、連ドラ初単独主演で華麗なる復讐鬼に ターゲットは大倉忠義". ORICON NEWS. 2018年2月10日. 2021年8月24日閲覧
  132. ^ "関ジャニ∞・大倉忠義、広瀬アリスと夫婦役 ドラマ初共演で"恐妻家"に「M心がうずきます」". ORICON NEWS. 2021年8月12日. 2022年2月24日閲覧
  133. ^ "関ジャニ∞、クイズ番組で再現ドラマ主演 大倉忠義はジャパネットたかた前社長役に挑戦". ORICON NEWS. 2018年10月1日. 2021年12月5日閲覧
  134. ^ "関ジャニ大倉、再現ドラマでよしお兄さん演じる「もう、演じるキャラがいないのでは…」". ORICON NEWS. 2019年6月21日. 2021年12月5日閲覧
  135. ^ "関ジャニ∞「8UPPERS FEATURE MUSIC FILM」10.11(月・祝)プレミア上映決定!". TOHOシネマズ. 2010年9月29日. 2010年10月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月5日閲覧
  136. ^ "NEW関ジャニ∞お披露目 アルバム特典DVDで7人が演技". 中日スポーツ. 2010年9月13日. 2010年9月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月5日閲覧
  137. ^ "関ジャニ7人裏社会に生きる始末屋". 日刊スポーツ. 2010年9月13日. 2021年8月5日閲覧
  138. ^ "関ジャニ∞初主演、コンサートの名物企画『エイトレンジャー』を映画化". ORICON NEWS. 2012年3月5日. 2021年6月4日閲覧
  139. ^ "関ジャニ主演映画『エイトレンジャー』第2弾決定「単純にうれしい」". ORICON NEWS. 2013年11月9日. 2021年6月4日閲覧
  140. ^ "稚野鳥子「クローバー」武井咲×大倉忠義で実写映画化". コミックナタリー. 2014年3月13日. 2023年11月4日閲覧
  141. ^ "関ジャニ・大倉忠義&大島優子『疾風ロンド』出演 スキー&スノボの腕前披露". ORICON NEWS. 2016年4月26日. 2021年8月5日閲覧
  142. ^ "大倉忠義と成田凌の共演作「窮鼠はチーズの夢を見る」が公開延期に". 映画ナタリー. ナターシャ. 2020年5月1日. 2020年6月18日閲覧
  143. ^ "大倉忠義×成田凌共演『窮鼠はチーズの夢を見る』9・11公開". ORICON NEWS. 2020年6月18日. 2023年11月4日閲覧
  144. ^ "大倉忠義と成田凌で水城せとな「窮鼠はチーズの夢を見る」映画化、監督は行定勲". 映画ナタリー. ナターシャ. 2019年2月12日. 2019年2月12日閲覧
  145. ^ a b c "SUPER EIGHT バイオグラフィー 1998". STARTO ENTERTAINMENT. 1998年. 2024年4月10日閲覧
  146. ^ Dear Eighter 2012, p. 65, 「∞ペディア BIOGRAPHY 2002-2012」
  147. ^ Dear Eighter 2012, p. 67, 「∞ペディア BIOGRAPHY 2002-2012」
  148. ^ Dear Eighter 2012, p. 69, 「∞ペディア BIOGRAPHY 2002-2012」
  149. ^ a b Dear Eighter 2012, p. 70, 「∞ペディア BIOGRAPHY 2002-2012」
  150. ^ a b c Dear Eighter 2012, p. 66, 「∞ペディア BIOGRAPHY 2002-2012」
  151. ^ Dear Eighter 2012, p. 68, 「∞ペディア BIOGRAPHY 2002-2012」
  152. ^ "タッキー全開! 荒技「移動バンジー」". スポーツニッポン. 2006年3月10日. 2006年6月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年11月4日閲覧
  153. ^ Dear Eighter 2012, p. 74, 「∞ペディア BIOGRAPHY 2002-2012」
  154. ^ "大竹しのぶ主演で家族の確執描く「夜への長い旅路」4年ぶり舞台の大倉忠義が息子役". ステージナタリー. ナターシャ. 2021年1月18日. 2021年2月15日閲覧
  155. ^ 市川安紀『「夜への長い旅路」公演プログラム』株式会社東急文化村、2021年6月7日、2頁。 
  156. ^ "関ジャニ∞・村上信五と大倉忠義が声優に初挑戦だゾ". ORICON NEWS. 2011年3月5日. 2021年7月18日閲覧
  157. ^ "「関ジャニ∞のTheモーツァルト」にMay'n、SKE48東李苑ら参戦". 音楽ナタリー. 2016年9月26日. 2021年7月18日閲覧
  158. ^ "答えのない"アイドル"という仕事 密着 関ジャニ∞大倉忠義". NHK. 2022年. 2022年12月25日閲覧
  159. ^ "関ジャニ∞大倉忠義をNHKが特集、37歳のアイドルとしての思いに迫る". 音楽ナタリー. 2022年12月19日. 2022年12月19日閲覧
  160. ^ "関ジャニ∞・大倉、壇蜜に翻弄されたい!?". サンケイスポーツ. 2013年4月1日. 2013年4月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月10日閲覧
  161. ^ "関西Jr.新グループ・AmBitious、初のウェブCM出演 大倉忠義Pの指揮で"サステナブル"呼びかけ". ORICON NEWS. 2022年4月12日. 2022年4月12日閲覧
  162. ^ "関ジャニ∞大倉忠義、新CMで"理想の上司"役に起用「ぜひお楽しみください」". ORICON NEWS. 2023年4月10日. 2023年4月10日閲覧
  163. ^ "大倉忠義「39やん!オンライン飲み会」の生配信が決定しました!". FAMILY CLUB online. 2024年5月10日. 2024年5月10日閲覧
  164. ^ "TV LIFE 2007下半期ドラマ大賞結果発表!!". TV LIFE. 2008年. 2008年3月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年5月26日閲覧
  165. ^ "ドラマ・オブ・ザ・イヤー2012 [4月〜6月期] 結果発表!". TVnavi. 2012年. 2012年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年5月26日閲覧
  166. ^ "「鍵のかかった部屋」が4冠 / ドラマGP春". 日刊スポーツ. 2012年. 2023年5月27日閲覧
  167. ^ "関ジャニ∞・大倉、"担当色"グリーンに不満「レッドになりたい」". ORICON NEWS. 2012年8月17日. 2022年8月23日閲覧
  168. ^ "作品データベース検索サービス". JASRAC. 2017年6月11日閲覧
  169. ^ "Boys be 池川侑希弥14歳 山田涼介&道枝駿佑目指し「ほんまにもう元気です」主演映画24日公開". スポーツ報知. 2023年3月6日. 2023年11月4日閲覧
  170. ^ a b "大倉忠義が企画・プロデュース Aぇ! group・小島健ら関西ジャニーズJr.の"笑劇"舞台、1月から上演". ORICON NEWS. 2021年11月10日. 2021年11月10日閲覧
  171. ^ "「なにわ男子」大阪城ホールでライブ始動 西畑大吾「勝負の年、速足で進む」". スポーツ報知. 2019年1月3日. 2021年8月18日閲覧
  172. ^ "関西Jr. 西日本から風吹かせる 京セラD初単独公演! 4万5000人の前で完全燃唱". デイリースポーツ. 2020年1月14日. 2021年8月18日閲覧
  173. ^ "嶋崎斗亜らLil かんさい主演「ANOTHER」上演中、監修は関ジャニ∞の大倉忠義". ステージナタリー. 2021年3月6日. 2021年10月5日閲覧
  174. ^ "関西ジャニーズJr.大阪城ホールライブで末澤誠也「のろしを上げ続ける」とファンに誓う". スポーツ報知. 2022年1月4日. 2022年1月4日閲覧
  175. ^ "AmBitious、初の東京・大阪単独舞台が決定 企画は関ジャニ∞大倉忠義". ORICON NEWS. 2022年11月15日. 2022年11月15日閲覧
  176. ^ "松本潤と大倉忠義が新会社「STARTO ENTERTAINMENT」初イベントで演出を担当". 日刊スポーツ. 2024年4月10日. 2024年4月10日閲覧
  177. ^ "What's Johnny's web ?". Johnny's net. 2009年11月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月6日閲覧
  178. ^ "Johnny's web". Johnny's web. 2014年12月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月6日閲覧
  179. ^ "Johnny's web". Johnny's web. 2018年11月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月6日閲覧
  180. ^ "About Johnny's web". Johnny's net. 2019年12月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月6日閲覧
  181. ^ "About Johnny's web". Johnny's net. 2020年1月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月6日閲覧
  182. ^ "Oclub". FAMILY CLUB web. SMILE-UP. 2022年5月26日. 2023年11月4日閲覧
  183. ^ "About Johnny's web". Johnny's net. 2021年4月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年11月4日閲覧

参考文献 編集

  • 高橋令子『大倉忠義 コンサート 2008』エム・シィオー、2008年10月、1-48頁。 
  • 水野光博「10000字ロングインタビュー『裸の時代〜僕がJr.だったころ〜』[第13回] 大倉忠義」『Myojo』2012年5月号、集英社、2012年3月23日、159-164頁。 
  • 『Dear Eighter』エム・シィオー、2012年8月、1-88頁。 
  • 武市尚子『for No.∞』講談社、2012年10月10日、60-64頁。 
  • 高瀬純「今、大倉忠義を突き動かすもの。」『TVガイドPERSON』vol.93、東京ニュース通信社、2020年5月9日、4-15頁。 
  • 菊池陽子「関ジャニ∞ 魂の歌 第5回 大倉忠義」『日経エンタテインメント!』2021年2月号、日経BP、2021年1月4日、128-133頁。 
  • 中川實穂『BEST STAGE』2021年7月号、音楽と人、2021年5月27日、3-14頁。 
  • 根岸聖子「大倉忠義は諦めない」『TVガイドPERSON』vol.126、東京ニュース通信社、2023年2月9日、4-15頁。 

外部リンク 編集