永作博美

日本の女優、タレント、歌手 (1970-)

永作 博美(ながさく ひろみ[3]1970年10月14日[3] - )は、日本女優タレント歌手茨城県行方郡麻生町(現・行方市)出身[2][3]田辺エージェンシー所属。

ながさく ひろみ
永作 博美
本名 内藤 博美(ないとう ひろみ)
別名義 HIROMI NG
生年月日 (1970-10-14) 1970年10月14日(52歳)
出生地 日本の旗 日本茨城県行方市[1][2]
血液型 B型[3]
職業 女優歌手
ジャンル テレビドラマ映画舞台
活動期間 1989年[4] -
配偶者 内藤まろ2009年 - )[5]
事務所 田辺エージェンシー
公式サイト プロフィール
主な作品
テレビドラマ
世にも奇妙な物語』シリーズ
ひとり暮らし
青い鳥
週末婚
伝説の教師
Pure Soul〜君が僕を忘れても〜
婚外恋愛
ラストプレゼント 娘と生きる最後の夏
功名が辻
曲げられない女
ダーティ・ママ!
さよなら私
舞いあがれ!
映画
好きだ、
腑抜けども、悲しみの愛を見せろ
人のセックスを笑うな
その日のまえに
脇役物語
酔いがさめたら、うちに帰ろう。
八日目の蝉
四十九日のレシピ
さいはてにて-やさしい香りと待ちながら-
ソロモンの偽証
朝が来る
 
受賞
日本アカデミー賞
最優秀助演女優賞
2011年八日目の蝉
優秀主演女優賞
2020年朝が来る
ブルーリボン賞
主演女優賞
2011年『八日目の蝉』
助演女優賞
2007年腑抜けども、悲しみの愛を見せろ
その他の賞
高崎映画祭
最優秀助演女優賞
2006年好きだ、
受賞歴を参照
テンプレートを表示

略歴編集

茨城県立麻生高等学校卒業[6]

1988年、「オールナイトフジ 女子高生スペシャル」の美感少女コンテストでベストパフォーマー賞を受賞[5]

高校卒業後の1989年に、フジテレビバラエティ番組パラダイスGoGo!!』内の「乙女塾」から松野有里巳佐藤愛子との3人でアイドルグループ「ribbon」を結成し活動する[7][8]

1993年にはシングル「My Home Town」でソロデビュー[5]

その後「劇団☆新感線」を経て[7]1994年にドラマ「陽のあたる場所」で女優デビュー。第50回ブルーリボン賞助演女優賞、第35回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞第54回ブルーリボン賞主演女優賞などを受賞する[4]

2009年映像作家の内藤まろと結婚[5][8]2010年に第1子となる男児を、2013年に第2子の女児を出産した[8]

人物・エピソード編集

  • 「博美」という名前は、生まれた年、1970年に日本万国博覧会(大阪万博)が開催されたことに因んで祖父が名付けた[9]
  • 魔性の女を演じることが増えたため、永作自身もそうであると思われることがあるというが、本人はこれについては「それは私の口からはなんとも…ただ、素の私と役が重なって見えるのは、役者としてとても楽しいことです」とコメントしている[10]
  • フジテレビ系列で不定期に放送されている「世にも奇妙な物語」に出演する事が多く、2017年に放送された「春の特別篇」では歴代最多8回目となる主演を果たした[11][12]
  • 出身地の麻生町を母体にして2005年に成立した行方市について、永作は同市に関係のある著名人10人の中の一人、かつ唯一の俳優として、地域イメージの向上活動などを行う「なめがた大使」を受任している[6]

出演編集

テレビドラマ編集

配信ドラマ編集

映画編集

吹き替え編集

バラエティ番組編集

ドキュメンタリー番組編集

紀行番組編集

CM編集

舞台編集

  • タイムスリップ黄金丸(1993年)
  • Stand by me(1994年)
  • 下北ビートニクス(1996年)
  • 一人芝居「水物語」(1997年)
  • ラヴ・レターズ(1998年)
  • オレアナ(1999年)
  • 恋愛戯曲(2000年)
  • 人間風車(2003年)
  • ふたたびの恋(2003年)
  • LAST SHOW(2005年)
  • ドラクル God Fearing Dracul(2007年)
  • 幸せ最高ありがとうマジで!(2008年)
  • 雨(2011年)
  • シレンとラギ(2012年) - 主演・シレン 役
  • プルートゥ PLUTO(2015年) - ウラン/ヘレナ(2役)
  • 頭痛肩こり樋口一葉(2016年、シアタークリエ) - 主演・樋口一葉[43]
  • 人形の家PART2(2019年) - 主演・ノラ 役

ラジオ編集

ウェブマガジン編集

  • 大人の女性のためのトラベル・ウェブ・マガジン『旅色』旅色 SELECTION(2008年 - )

音声ガイド編集

音楽編集

シングル編集

# 発売日 タイトル c/w 規格 規格品番 オリコン最高位
ポニーキャニオン
1st 1993年8月4日 My Home Town 届かぬ思い 8cmCD PCDA-00469 36位
2nd 1994年1月21日 Without You あなただけに 8cmCD PCDA-00528 45位
3rd 1994年6月17日 逢いにきて 恋と微笑みと花 8cmCD PCDA-00598 67位
東芝EMI / EASTWORLD
HIROMI NG 名義
1998年2月25日 9:01PM ひらめき 8cmCD TODT-5125 97位

アルバム編集

オリジナル・アルバム編集

発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン最高位
ポニーキャニオン
1st 1993年9月1日 N CD PCCA-00474 41位
2nd 1994年7月21日 Here and Now CD PCCA-00615 90位

ベスト・アルバム編集

発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン最高位
ポニーキャニオン
1st 2007年8月17日 永作博美 SINGLES コンプリート CD+DVD PCCA-02508 圏外

タイアップ編集

曲名 タイアップ 収録作品
9:01PM テレビ東京系『ASAYAN』オープニングテーマ シングル「9:01PM」

書籍編集

写真集編集

受賞歴編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 岩本直紀 (2016年11月8日). “行方市 防災情報発信のエリア放送開始/茨城”. 毎日新聞. THE MAINICHI NEWSPAPERS. 2016年12月10日閲覧。
  2. ^ a b 三次豪 (2016年8月21日). “弐湖の國映画祭 行方ゆかりの映画、鑑賞”. 茨城新聞. 茨城新聞社. 2016年8月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月10日閲覧。
  3. ^ a b c d 永作博美”. 株式会社田辺エージェンシー タレント. Tanabe Agency. 2016年12月1日閲覧。
  4. ^ a b なかおちぐさ (2015年4月24日). “永作博美さん【日経ヘルス表紙の人】”. 日経ウーマンオンライン. Nikkei Business Publications. 2016年12月1日閲覧。
  5. ^ a b c d 永作博美のプロフィール”. ORICON NEWS. Toricon ME (2008年12月1日). 2016年12月1日閲覧。
  6. ^ a b なめがた大使の紹介”. 行方市. 2021年5月16日閲覧。
  7. ^ a b 永作博美 (2015年5月25日). 永作博美 演技するのは恥ずかしいと思ってたアイドル時代. インタビュアー:林真理子. dot.,週刊朝日.. https://dot.asahi.com/wa/2015052200064.html 2016年11月5日閲覧。 
  8. ^ a b c 宮沢りえに永作博美、高齢出産の芸能人が増えている!?”. 日刊大衆. Futabasha (2016年12月28日). 2016年12月28日閲覧。
  9. ^ DUNK集英社)1990年10月号 ribbon特集(100-101頁)
  10. ^ 2008年8月号『日経エンタテインメント!』内、『テレビ証券推薦女優インタビュー』より
  11. ^ “永作博美『世にも奇妙な物語』歴代最多8回目の主演「時代を感じます」”. テレビドガッチ. (2017年4月21日). https://plus.tver.jp/news/44426/detail/ 2017年6月9日閲覧。 
  12. ^ “『世にも奇妙』最多主演・永作博美、サイコホラー作品で"完璧主義"主婦に”. マイナビニュース. (2017年4月21日). https://news.mynavi.jp/article/20170421-a015/ 2017年6月9日閲覧。 
  13. ^ ribbonで主演
  14. ^ くらげが眠るまで”. テレビドラマデータベース. 2021年6月21日閲覧。
  15. ^ “永作博美、3年ぶり連ドラ主演で“子持ちの女刑事”役”. ORICON NEWS. (2011年11月29日). https://www.oricon.co.jp/news/2004174/full/ 2017年7月26日閲覧。 
  16. ^ “永作博美、女ざかりの10年を演じる 脚本読んで「泣きました」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2014年1月15日). https://www.oricon.co.jp/news/2032988/full/ 2019年7月12日閲覧。 
  17. ^ “永作博美、瀧本監督作「私という運命について」に主演!江口洋介&宮本信子とタッグ”. 映画.com. (2014年1月15日). https://eiga.com/news/20140115/2/ 2019年7月12日閲覧。 
  18. ^ “永作博美、ドラマ『沈黙法廷』主演 悪女にも、聖女にも見える主人公に挑戦”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年8月7日). https://www.oricon.co.jp/news/2095262/full/ 2017年8月7日閲覧。 
  19. ^ 永作博美&石田ゆり子、入れ替わり役に混乱「難しかった」”. オリコンスタイル (2014年10月6日). 2014年10月14日閲覧。
  20. ^ 福岡発地域ドラマ「いとの森の家」”. NHK福岡放送局. 2017年8月7日閲覧。
  21. ^ 湊かなえ、三浦しをん、角田光代の短編小説を、オムニバスドラマ化。『女性作家ミステリーズ 美しき三つの嘘』”. とれたてフジテレビ (2015年11月25日). 2015年11月25日閲覧。
  22. ^ Hey!Say!JUMP・中島裕翔、異色刑事役に挑戦 演出は堤幸彦監督”. ORICON STYLE (2015年10月19日). 2015年10月20日閲覧。
  23. ^ 番組エピソード 家族の繋がりを育もう!【家族の日特集】-NHKアーカイブス
  24. ^ “高橋一生×永作博美 森絵都原作『みかづき』実写ドラマ化 NHKで来年放送”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2018年6月26日). https://www.cinra.net/news/20180626-mikazuki 2018年6月26日閲覧。 
  25. ^ “美智子さまの物語を初ドラマ化 主演・永作博美「とても心温まる作品」 総合司会はタモリ”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年4月15日). https://www.oricon.co.jp/news/2133585/full/ 2019年4月15日閲覧。 
  26. ^ ドラマスペシャル あの家に暮らす四人の女”. テレビ東京. 2019年10月1日閲覧。
  27. ^ “中谷美紀・吉岡里帆・永作博美・宮本信子が一つ屋根の下 ドラマSPで共演”. シネマトゥデイ. (2019年8月14日). https://www.cinematoday.jp/news/N0110548 2019年10月1日閲覧。 
  28. ^ “中川大志、「何回見ても胸が熱くなるシーン」に向けた役作りを熱く語る!<左手一本のシュート>”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2020年1月27日). https://thetv.jp/news/detail/220558/ 2020年3月3日閲覧。 
  29. ^ 芳根京子×永作博美「半径5メートル」制作開始!”. NHKドラマ. ドラマトピックス. 日本放送協会 (2021年1月29日). 2021年1月29日閲覧。
  30. ^ “芳根京子:週刊誌記者役で「ドラマ10」枠主演 永作博美とコンビで世の女性の“もやもや”に迫る”. MANTANWEB (MANTAN). (2021年1月29日). https://mantan-web.jp/article/20210129dog00m200024000c.html 2021年1月29日閲覧。 
  31. ^ “芳根京子&永作博美、女性週刊誌の編集&記者役で人生の機微と時代に迫る”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年1月29日). https://www.oricon.co.jp/news/2183063/full/ 
  32. ^ 小芝風花&吉岡秀隆共演 鹿児島発ドラマの追加キャストに永作博美、犬飼貴丈ら”. ORICON NEWS. 2021年11月5日閲覧。
  33. ^ 水川あさみ、池松壮亮、黒沢清が参加「モダンラブ・東京」Prime Videoで配信”. 映画ナタリー. ナターシャ (2022年3月30日). 2022年3月30日閲覧。
  34. ^ “永作博美と井浦新が河瀬直美の「朝が来る」で夫婦に、蒔田彩珠、浅田美代子も出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年11月22日). https://natalie.mu/eiga/news/356426 2019年11月22日閲覧。 
  35. ^ “永作博美が姉御肌な猫に息を吹き込む、CGアニメ「ペット」本編映像が公開”. 映画ナタリー. (2016年6月7日). http://natalie.mu/eiga/news/189867 2016年6月7日閲覧。 
  36. ^ CGアニメ「ペット2」バナナマンや永作博美の続投決定、最新映像も公開”. 映画ナタリー (2019年2月11日). 2019年2月13日閲覧。
  37. ^ 同番組の第1回放送として鹿島アントラーズを取り上げた回で担当。永作の出身地である行方市は同チームのホームタウンでもあり、NHKが開設する同局スポーツ部門の公式ツイッターでもコメントを寄せている。
  38. ^ 佐藤浩市、三浦友和ら豪華出演陣 クルマづくりの情熱描く動画公開”. スポニチアネックス (2015年10月28日). 2015年10月29日閲覧。
  39. ^ 「コフレドール」ポイントメイクCMに永作博美さんが初登場! 12月5日(水)よりオンエア開始”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2022年1月25日閲覧。
  40. ^ COFFRET D’ORが、May J.さんの新曲とタイアップ! 口紅の新TV-CMで永作博美さんとも共演します。”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2022年1月25日閲覧。
  41. ^ “永作博美、パンサー・尾形貴弘を一刀両断「前に出過ぎ」”. ORICON STYLE. (2016年5月19日). https://www.oricon.co.jp/news/2071889/full/ 2016年5月19日閲覧。 
  42. ^ TV CM 放映スタート︕『中⼩企業からニッポンを元気にプロジェクト』〜中⼩企業 全国 350 社と共に、⽇本経済活性化へ〜”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2022年1月13日閲覧。
  43. ^ “永作博美、樋口一葉になる!舞台熱演に意欲「やりたかった作品」”. SANSPO.COM (SANKEI DIGITAL INC.). (2015年10月12日). http://www.sanspo.com/geino/news/20151012/geo15101205010008-n1.html 2015年10月12日閲覧。 
  44. ^ “第35回日本アカデミー賞:永作博美が最優秀助演女優賞「感無量」”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2012年3月3日). https://mantan-web.jp/article/20120303dog00m200019000c.html 2021年1月27日閲覧。 
  45. ^ “第44回日本アカデミー賞は大激戦 「Fukushima50」「罪の声」が最多12受賞”. 映画.com (エイガ・ドット・コム). (2021年1月27日). https://eiga.com/news/20210127/1/ 2021年1月27日閲覧。 

外部リンク編集