借王』(シャッキング)は、リイド・コミックで連載されていた、平井りゅうじ原作・土山しげる作画の漫画作品。

借王
漫画:借王
原作・原案など 平井りゅうじ
作画 土山しげる
出版社 リイド社
掲載誌 リイド・コミック
テンプレート - ノート

1997年から2002年に日活製作・配給により哀川翔主演で映画化された(全9作)ほか、2009年と2011年にWOWOWで連続ドラマとして、2014年にはテレビ東京で単発テレビドラマとして放送された。

ストーリー編集

ひかり銀行大阪中央支店で次長を務める安斉満は、東大卒のエリート銀行マン。周囲からは「出世街道まっしぐら」と言われ、大変期待されている存在。だが、一つだけ弱点があった。大金を預金している顧客・青柳様の15億円を使い込んでいたのである。青柳様から「黙っている代わりに1億ずつ返して欲しい」と言われ、首が回らなくなってしまった。たまたま出会った浪速南署の刑事・水沼正三警部補と、経営がうまく行かなくなった高級クラブ「バセロン」のママ・森下怜子の3人でビジネスパートナーシップを組み、悪質な仕事をしている会社及び人間を騙し、金を巻き上げる。

登場人物編集

  • 安斎満
    • 本作の主人公。

書誌情報編集

『借王』 リイド社〈SPコミックス〉

  1. 1996年3月発売、ISBN 978-4-8458-1378-0
  2. 1996年8月発売、ISBN 978-4-8458-1379-7
  3. 1996年11月発売、ISBN 978-4-8458-1328-5
  4. 1997年3月発売、ISBN 978-4-8458-1374-2

『借王2』 リイド社〈SPコミックス〉

  1. 2000年3月発売、ISBN 978-4-8458-1521-0
  2. 2000年9月発売、ISBN 978-4-8458-1522-7
  3. 2001年4月発売、ISBN 978-4-8458-1523-4

『新・借王』 日本文芸社〈ニチブンコミックス〉

  1. 2001年10月発売、ISBN 978-4-537-10033-4
  2. 2002年2月発売、ISBN 978-4-537-10064-8
  3. 2002年6月発売、ISBN 978-4-537-10095-2

映画・オリジナルビデオ編集

日活製作・配給にて哀川翔志賀勝夏樹陽子主演で映画化された。シリーズ第1作『借王』と第2作『借王2』は同日(1997年10月11日)に公開された。

シリーズ化され2002年まで全9作が製作された。借王3人(安斉満、水沼正三、森下怜子)が身元を偽装して相手方に取り入り、大型詐欺をおこなうストーリーである。ハードな役柄が多い哀川翔であるが、この作品ではクールな銀行マンを演じている。

第8作『狙われた学園』第9作『ファイナル』は同じキャスト・スタッフでオリジナルビデオとして公開された。

第1作完成時に当時の日活社長・中村雅哉は、「この作品を新生日活の看板映画として、超大作としてほしい」とコメントしている[1]

キャスト(映画・オリジナルビデオ)編集

レギュラーキャラクター編集

安斉 満(銀行屋)
演 - 哀川翔
東大卒のエリートサラリーマンで、ひかり銀行大阪中央支店の次長。東京の銀座支店 京都の伏見支店を経て、異例の早さで出世しており、まさに「出世街道まっしぐら」であるが、大口顧客・青柳様の預金15億円を使い込み、青柳にバレた為、返済する羽目になった。このことは水沼、怜子、青柳以外は誰も知らない。借金残高15億円(第1作冒頭)。元来の頭の良さを悪事にフル活用し、悪質業者に売り込み、騙し、金を巻き上げる。東京でレストランをしている弟がいる。家族構成は妻ショウコ・娘ミサト。
水沼 正三(水沼はん)
演 - 志賀勝
大阪府警浪速南署捜査四課警部補競馬競輪などのギャンブル中毒で、常に女子高生と援助交際をしており、ねだられると何でも買ってしまう為、借金だらけで全く金が無く、常に借金の取立てから追い掛け回されている。借金残高不明。すぐに拳銃を出すのが癖。着メロ競馬GI西日本開催ファンファーレ。安斉と出会い、安斉の考案したアイデアに乗ることになる。
森下 怜子(怜子ママ)
演 - 夏樹陽子
大阪のクラブ・バセロンのオーナーママ。バブル期には大変繁盛し、ブティックなど多角経営していたものの、不景気により経営はうまく行っていない。借金残高5億円(第1作冒頭)。その美貌を武器に暴れまわる。
青柳 美乃(青柳様)
演 - 絵沢萠子
京都の大富豪で邸宅を構える。銀行担当者の安斉を信頼し、ひかり銀行に15億円を預金していたものの、安斉が全額使い込んでいたことを知る。口止めの代わりに、安斉に1億ずつ返済するよう要請する。口止めの一つなのか、安斉を自宅に呼んで性行為を迫ることもある。
支店長
演 - 浜田光夫(第1作・第2作)、村野武範(第3作 - ファイナル)
ひかり銀行大阪中央支店長。安斉を信頼しきっている。

スタッフ(映画・オリジナルビデオ)編集

シリーズ一覧編集

※印はオリジナルビデオ作品

1997年編集

1. 借王

10/11日公開

2. 借王2

10/11日公開

1998年編集

3. 借王3

7月4日公開

4. 借王4

7月4日公開

1999年編集

5. 借王THE MOVIE 沖縄大作戦

2月20日公開

6. 借王 ナニワ相場師伝説

7月24日公開

2000年編集

7. 借王 THE MOVIE 2000

7月22日公開

2001年編集

8. 借王 狙われた学園

1月26日発売

2002年編集

9. 借王 ファイナル

3月22日発売

テレビ放送(映画・オリジナルビデオ)編集

第7作「借王THE MOVIE2000」は、『金曜ロードショー』(日本テレビ系列)で放映された。

当日、金曜ロードショーの裏番組としてフジテレビ系列は『タイタニック』を放送していたが、『金曜ロードショー』が同時間帯で同局に次ぐ視聴率2位となった。

外部リンク(映画・オリジナルビデオ)編集

テレビドラマ編集

WOWOW編集

WOWOWの「ミッドナイト☆ドラマ」枠で連続ドラマとして2シーズン放送された。

シーズン1は2009年10月10日 - 11月28日に『借王〈シャッキング〉-銭の達人-』、シーズン2は2011年1月8日 - 2月26日に『借王〈シャッキング〉II-運命の報酬-』のタイトルで放送された。

キャスト(WOWOW版)編集

第1弾
第2弾

スタッフ(WOWOW版)編集

  • 脚本・監督 - 香月秀之
  • 主題歌 - パク・ヘジン
  • プロデューサー - 青木泰憲(WOWOW)、櫻井一葉(フレッシュハーツ)
  • 企画協力 - 柴田幹雄(リイド社)
  • 製作協力 - フレッシュハーツ
  • 製作著作 - WOWOW

テレビ東京編集

借王<シャッキング>〜華麗なる借金返済作戦〜
ジャンル テレビドラマ
脚本 香月秀之、呑繁
監督 香月秀之
出演者 哀川翔
製作
プロデューサー 濱谷晃一(TX)、不破敏之、桜井卓也(PROTX)、櫻井一葉(フレッシュハーツ)
制作 テレビ東京
放送
放送国・地域  日本
放送期間2014年12月17日
放送枠水曜ミステリー9
回数1
テンプレートを表示

2014年12月17日テレビ東京水曜ミステリー9枠で『借王<シャッキング>〜華麗なる借金返済作戦〜』のタイトルで放送。主演は映画版と同じく哀川翔。

キャスト(テレビ東京版)編集

スタッフ(テレビ東京版)編集

外部リンク(テレビドラマ)編集

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集