金子 昇(かねこ のぼる、1974年10月18日 - )は、日本俳優タレント長崎県長崎市出身。オスカープロモーション所属。

かねこ のぼる
金子 昇
生年月日 (1974-10-18) 1974年10月18日(45歳)
出生地 長崎県長崎市
国籍 日本の旗 日本
身長 178 cm
血液型 O型
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画・舞台・OV
活動期間 1999年 -
配偶者 既婚
主な作品
テレビドラマ
百獣戦隊ガオレンジャー』(2001年)
ママはニューハーフ』(2009年)
映画
ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』(2003年)
テンプレートを表示

長崎総合科学大学附属高等学校長崎総合科学大学工学部建築学科卒業[1]。身長178cm、体重60kg。趣味はサッカーサーフィンフットサル。特技はテニスビリヤード、料理。既婚者(子供3人あり)。

来歴

1999年の『女医』(読売テレビ)でドラマデビュー[1]

2001年スーパー戦隊シリーズ第25作『百獣戦隊ガオレンジャー』に「獅子走 / ガオレッド」役(主演)で出演[1]。後に『海賊戦隊ゴーカイジャー』や『スーパー戦隊最強バトル!!』においても、同役でゲスト出演している。

2003年には、映画『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』で主演の「中條義人」役を演じた[1]

エピソード

学生時代はビートルズなどのコピーバンドとして活動していた[1]。その頃にビートルズを題材にした映画『バック・ビート』を観て俳優業に興味を持ち、映画好きでもあったことから俳優になることを決意した[1]。大学卒業後は、東京の企業に勤めながら演技のレッスンも受けていたが、大阪へ転勤になったことでレッスンを受けられなくなったため、退社してアルバイトをしながら本格的に俳優の道へと進んだ[1]

2000年平成仮面ライダーシリーズ第1作『仮面ライダークウガ』の五代雄介 / 「仮面ライダークウガ 役(主演)の最終オーディションまで残るも落選していた[1]2013年の『ハイパーホビー』5月号のインタビューでは、「今度は仮面ライダー役を演じてみたい」と語っている[要ページ番号]

『百獣戦隊ガオレンジャー』出演時は多忙であったが、それ以前は仕事がなくアルバイト中心の生活を送っていたため、撮影でスケジュールが埋まっていることに喜びを感じていたと語っている[1]。また、当時は共演者の酒井一圭と共に書店を訪れて関連書籍へのサインを申し出たり、DJが番組のファンであったラジオ番組へ出演を申し出るなど、ファンサービスに積極的であった[1]2016年朝日新聞社のニュースサイト「withnews」によるインタビューには(15年後の今も『ガオレンジャー』は)「僕にとっては財産であり宝。それをなくしたら僕の半分くらいはなくなっちゃう感じ」と語っている[2]

スポーツマンNo.1決定戦

  • 第9回芸能人サバイバルバトルに予選会を突破しての参戦。MONSTER BOX 17段の記録を出すも、IRON SQUATで怪我をして途中棄権の憂き目にあう。
  • 続く第10回大会ではBURN OUT GUYS 3位、POWER FORCE 2回戦進出、MONSTER BOX 17段、QUICK MUSCLE 5位、TAIL IMPOSSIBLE 6位の成績を収めて暫定総合4位でファイナリストに進むも、TAIL IMPOSSIBLEで足を痛めた影響で、3回全て失敗し、水内猛に逆転され、総合5位入賞に終わる。
  • 第11回大会では全種目で6位以内に入る活躍を見せ、SHOT-GUN-TOUCHでは3回全て成功を収め、総合3位入賞を果たす。
  • 第12回大会では初登場のSPIN OFFで決勝戦で池谷直樹を破り初めての種目別No.1を獲得。さらにMONSTER BOXとSHOT-GUN-TOUCHの2種目で自己記録更新を果たし、総合3位入賞を果たす。
  • そして3年ぶりに参加した第17回大会ではQUICK MUSCLEで自己記録を塗り替え、全種目で安定した活躍を見せて総合5位入賞と、ブランクを感じさせない活躍を見せた。
芸能人サバイバルバトル
大会 放送日 総合順位
第9回大会 2002年3月23日 途中棄権
第10回大会 2002年9月27日 5位
第11回大会 2003年3月31日 3位
第12回大会 2003年9月26日 3位
第17回大会 2006年10月4日 5位

出演

テレビドラマ

WEBドラマ

映画

バラエティ

ウェブテレビ

教育番組

広告

舞台

ビデオ

ゲーム

作品

CD

発売日 楽曲タイトル アーティスト名義 収録アルバム 最高
順位
2002年11月21日 大空への階段 ガオレンジャー
[ガオレッド(金子昇)、ガオイエロー(堀江慶)、ガオブルー(柴木丈瑠)、
ガオブラック(酒井一圭)、ガオホワイト(竹内実生)]
忍風戦隊ハリケンジャー VS 百獣戦隊ガオレンジャー -位
ガオレンジャー吼えろ!!
[オールキャスト・スペシャル・ヴァージョン]
ガオレンジャー&山形ユキオ
[ガオレンジャー:獅子走(金子昇)、鷲尾岳(堀江慶)、鮫津海(柴木丈瑠)、
牛込草太郎(酒井一圭)、大河冴(竹内実生)、大神月麿(玉山鉄二)]

書箱

  • 金子昇 / らいっ! (2001年、学研
  • 金子昇×要潤 / 抜群 (2002年、講談社
  • 金子昇 魅せるカラダ改造術 (2004年、宝島社

DVD

  • 金子昇 Myself(バップ)
  • 金子昇 逃げ水のむこうに(ZONE
  • 金子昇 PREMIUM EDITION(ベガファクトリー)
  • 金子昇 in RIDE ON STREET(KSS)

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ a b AbemaTVと名古屋テレビによる共同制作。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j スーパー戦隊21st 2017, pp. 14-15, 「SPECIAL INTERVIEW VOL.01 金子昇」
  2. ^ 元ガオレンジャーが語る、ヒーロー道 「タバコも買い食いもやめた」 - withnews
  3. ^ 「スーパー戦隊最強バトル!!」に結木滉星、市道真央、金子昇、出合正幸、古原靖久出演”. 映画ナタリー. ナターシャ (2019年1月27日). 2019年1月27日閲覧。
  4. ^ 24人の麻雀好き芸能人が24時間ぶっ通しで“打ち初め”開始/新春オールスター麻雀” (日本語). AbemaTIMES. 2020年1月5日閲覧。
  5. ^ 明治座九月公演「おたふく物語」を藤山直美が動画で告知”. ステージナタリー (2016年3月11日). 2016年3月11日閲覧。
  6. ^ 博多座「熱血!ブラバン少女。」博多華丸&星野真里インタビュー - ステージナタリー 特集・インタビュー”. ステージナタリー. 2019年11月27日閲覧。
  7. ^ シリーズ最新作、端島・軍艦島編最終章「月のバッキャロー!!」が12月に - ステージナタリー”. ステージナタリー. 2019年11月27日閲覧。
  8. ^ 人生を取り戻す中年の旅路「心は孤独なアトム」2018年版に金子昇、宮地真緒ら - ステージナタリー”. ステージナタリー. 2019年11月27日閲覧。
  9. ^ シブヤクチュアリー 演劇・ミュージカル等のクチコミ&チケット予約★CoRich舞台芸術!”. 2019年11月27日閲覧。
  10. ^ 浜中文一、8役演じています! 舞台『スケリグ』開幕 RanRanEntertainment ランランエンタメ!”. ランランエンタメ!. 2019年11月27日閲覧。
  11. ^ 舞台《桃源郷ラビリンス》公式サイト。2019-4-4~7:東京・なかのZERO 大ホール、4-13~14:岡山・おかやま未来ホール  キャスト”. 2019年11月27日閲覧。

参考文献

  • 『スーパー戦隊 Official Mook 21世紀 Vol.1 百獣戦隊ガオレンジャー』講談社〈講談社シリーズMOOK〉、2017年2月25日。ISBN 978-4-06-509512-6

外部リンク