メインメニューを開く

土曜グランドスペシャル

土曜グランドスペシャル』(どようグランドスペシャル)は、1978年4月15日から同年8月26日までフジテレビ系列局が編成していたフジテレビ製作の単発特別番組枠である。全20回。編成時間は毎週土曜 19:30 - 20:54 (日本標準時)。

土曜グランドスペシャル
Yokohama Stadium 2007 -3.jpg
ニューヤンキースの試合が主に行われていた横浜スタジアム(写真は2007年当時のもの)
ジャンル 単発特別番組枠
制作 フジテレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
土曜グランドスペシャル
出演者 放送番組に準ずる
オープニング 前期:曲名不詳曲
ニューヤンキース
後期:「ザ・ベースボール」
スリーヤンキース
放送期間 1978年4月15日 - 1978年8月26日
放送時間 土曜 19:30 - 20:54
放送分 84分
回数 20
固有枠名無しの単発特別番組枠
出演者 放送番組に準ずる
放送期間 1979年4月7日 - 1979年8月25日
放送時間 土曜 19:30 - 20:54
放送分 84分
回数 21
テンプレートを表示

本項では、1979年4月7日から同年8月25日まで同系列局が同じ時間帯に編成していた固有枠名無しの単発特別番組枠についても触れる。

歴史編集

ニューヤンキースの第1戦(オールスターズ戦)が行われた後楽園球場
『オールスター紅白大運動会』の収録が行われた東京体育館のメインアリーナ
『オールスター!紅白水泳大会』の収録が行われた大磯ロングビーチ
『真夏の水中フェスティバル・女の子で一杯満員御礼』の収録が行われたとしまえんの入口

1977年4月、ナイター中継の裏で冠番組はやりたくない」という萩本欽一の意向[要出典]によって一旦中断し、同年9月に再開した『欽ちゃんのドンとやってみよう!』(欽ドン!)だったが、1978年4月に再び同じ理由で中断したためにフジテレビはつなぎ番組を放送することになったが、前年に放送した『がんばれ!ピンチヒッターショー』はまったく受けなかったので別の番組を企画した。

フジテレビは1978年度最大のイベントとして、女子プロ野球チーム「ニューヤンキース」を結成し、彼女たちを月に1回の割合で芸能人などのチームと試合をさせる企画を練っており、それをテレビ放送する枠が必要になってきた。だが、当時同系列局のゴールデンタイムでは唯一の単発特別番組枠『火曜ワイドスペシャル』(以降『火WSP』と略記)はレギュラー企画が一杯で、さらにプロ野球ナイター中継も行わねばならず、とても間に合わなかった。そこでこの時間帯に、ニューヤンキースの試合を中心に放送する枠を設けることにした。また、ニューヤンキース宣伝のために同枠の放送番組すべてにニューヤンキースを出演させ、オープニングで彼女たちに歌も歌わせることにした。さらに『欽ドン!』ファンのために、月に1回の割合で『欽ちゃんのドンとやってみよう! ○月編』(「○」には放送月が入る)を放送するようにした。なお、ニューヤンキースの試合はこの枠とは別扱いにされていたらしく、ニューヤンキースの試合を流す回では『土曜グランドスペシャル』のタイトルは使われなかった。また、ナイター中継と『欽ドン!』のみニューヤンキースのメンバーは出演せず、彼女たちによる歌も無かった。

なおニューヤンキースの試合は、主にこの年開場された横浜スタジアムで行っていたが、第1戦のみ後楽園球場で行い、また7月15日放送分では軽井沢で行った(地方ロケは唯一)。

こうして開始されたこの枠が同年8月に終了すると、フジテレビは予定通りに『欽ドン!』を再開した。これにより、ニューヤンキースの試合は日曜夕方の『日曜スペシャル』や『火WSP』で放送されることになり、1979年3月まで続けられた。

それから約半年後、『欽ドン!』が同じ理由で三度目の(そして最後の)中断状態に入ったため、同じ時間帯に固有枠名の無い単発特番枠が編成された。しかし前述の通り、ニューヤンキースの試合は同年3月をもって終了したため、前年に月曜20:00枠で放送されていた『アメリカ大リーグアワー』などのスポーツ番組、アニメ、映画などを放送していた。またナイター中継は、前年にヤクルトスワローズ(フジテレビが球団株を所有している)がセ・リーグ初優勝および日本一を達成した影響から、明治神宮野球場主催のヤクルト戦、それも巨人戦だけでなく他球団とのカードも放送するようになった。

この固有枠名を持たない枠も終了した後、フジテレビの土曜ゴールデンタイムでは2003年10月に『プレミアムステージ』(後の『土曜プレミアム』)がスタートするまでの間、単発特番枠は改編までのつなぎで一時的に編成されたものを除いて24年間編成されなかった。

テーマソング編集

  • 前期のテーマソングはニューヤンキースが全員で歌っていたが、その曲のタイトルはもとより作詞者も作曲者も不明。
  • 後期のテーマソングは「ザ・ベースボール」(作詞:林春生 / 作曲:佐瀬寿一 / 歌:スリーヤンキース(橋本美砂子、松尾貴子、川崎志津子)。

放送番組一覧編集

以下のうち、特記の無いプロ野球ナイター中継回はすべて19:00 - 20:54に放送。その際には、通常は19:00から放送の『ズバリ!当てましょう』(第2期)は休止になった。

土曜グランドスペシャル編集

ニューヤンキースのメンバーは、プロ野球ナイター中継と『欽ドン!』以外の番組すべてに出演していた。『オールスター対抗!女子野球大会』の司会はおりも政夫が、主審は森山周一郎が務めていた。

放送日 放送番組 主な出演者 備考
4月15日 オールスター春の紅白バレーボール大会 司会:土居まさる
解説:元「東洋の魔女」メンバー
参加者:芸能人多数
[注 1]
4月22日 オールスター対抗!女子野球大会「×オールスターズ」 木之内みどり始球式)、フォーリーブス西城秀樹ずうとるび 後楽園球場で収録
4月29日 プロ野球中継ヤクルト×巨人
5月6日 オールスター対抗!女子野球大会「×オールスターズ」 ジョー・ディマジオ(始球式)、西城秀樹、清水健太郎、ずうとるび、フォーリーブス、狩人
5月13日 オールスター紅白大運動会 司会:土居まさる
実況:小林大輔
参加者:芸能人多数
[注 2]
5月20日 オールスター対抗!女子野球大会「×オールスターズ」 堺正章チェリッシュ宮尾すすむ草川祐馬
5月27日 ずうとるび、草川祐馬、宮尾すすむ、井上純一三笑亭夢之助青山孝
6月3日 激突!五種競技 ビューティ・ペアVSニューヤンキース ビューティ・ペア、おりも政夫
6月10日 オールスター対抗!女子野球大会「×オールジャパン」 浜崎真二青田昇豊田泰光ほか日本プロ野球OB
6月17日 欽ちゃんのドンとやってみよう! 6月編 萩本欽一、欽ドン劇団
6月24日 オールスター対抗!女子野球大会「×オールナインズ」 昭和九年会メンバー(一部)[注 3]岩崎宏美
7月1日 オールスター!紅白水泳大会 おりも政夫、芸能人多数 [注 4]
7月8日 オールスター対抗!女子野球大会「×オールスターズ」 (不明) [注 5]
7月15日 オールスター対抗!女子野球大会「×オールジャパン」 日本プロ野球OB、ピンク・レディー 軽井沢で収録
7月22日 オールスター対抗!女子野球大会「×オール日活フレンドリー」 宍戸錠長門裕之浜田光夫高品格桂小金治
7月29日 欽ちゃんのドンとやってみよう! 7月編 萩本欽一、欽ドン劇団
8月5日 激突!!女子スター選抜バレーボール大会 参加者:ビューティ・ペア、相本久美子シェリー岡崎ひとみ久我直子 [注 6]
8月12日 真夏の水中フェスティバル・女の子で一杯満員御礼 司会:小林大輔
参加者:ビューティ・ペア、榊原郁恵天馬ルミ子
[注 7]
8月19日 欽ちゃんのドンとやってみよう! 8月編 萩本欽一、欽ドン劇団
8月26日 プロ野球中継「ヤクルト×巨人」 [注 8]

参考:読売新聞読売新聞社、1978年4月15日 - 同年8月26日付のラジオ・テレビ欄。 

固有枠名無しの単発特別番組枠編集

放送日 放送番組 主な出演者 備考
4月7日 プロ野球中継「ヤクルト×横浜大洋 19:30 - 20:54に放送
4月14日 プロ野球中継「横浜大洋×巨人」
4月21日 アメリカ大リーグアワードジャース×アストロズ
4月28日 プロ野球中継「ヤクルト×巨人」
5月5日 こどもの日スペシャル
怪盗ルパン 813の謎
中村嘉葎雄島田陽子納谷六朗富山敬石丸博也
5月12日 アメリカ大リーグアワー「カブス×レッズ
5月19日 全日本空手道選手権大会 実況:出野徹之
解説:郷田勇三
ゲスト:マッハ文朱
5月26日 プロ野球中継「横浜大洋×巨人」
6月2日 体操ワールドカップ'79
6月9日 日ソ対抗バレーボール・女子
6月16日 喜劇 駅前飯店 森繁久彌フランキー堺伴淳三郎三木のり平山茶花究王貞治 1962年東京映画作品
6月23日 プロ野球中継「横浜大洋×ヤクルト」 19:30 - 20:54に放送
6月30日 トンデモネズミ大活躍 声:野沢雅子熊倉一雄杉山佳寿子石坂浩二 日生ファミリースペシャル
7月7日 喜劇団体列車 渥美清佐久間良子ミヤコ蝶々笠智衆 1967年東映作品
7月14日 プロ野球中継「中日×巨人」 東海テレビ制作
7月21日 夏休みスペシャル
ゴジラ・ガメラ・ウルトラマン!怪獣クイズだ大集合!!
高島忠夫井上孝雄青空球児・好児、怪獣マニアの一般児童
7月28日 プロ野球二元中継「ヤクルト×中日」・「広島東洋×横浜大洋」 「広×洋」戦はテレビ新広島制作
8月4日 プロ野球中継「ヤクルト×広島東洋」 19:30 - 20:54に放送[注 9]
8月11日 夏休み特別企画
長靴をはいた猫 80日間世界一周
声:なべおさみ神山卓三滝口順平大塚周夫はせさん治 1976年東映動画作品
8月18日 夏休み特別企画
シャーロットのおくりもの
声:岸田今日子谷啓ハナ肇、なべおさみ、石坂浩二 1973年アメリカ製アニメ
8月25日 第9回 日本の祭り

参考: 『読売新聞』 読売新聞社、1979年4月7日 - 同年8月25日付のラジオ・テレビ欄。 

エピソード編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 男女混合。同大会は通常は『火WSP』で放送されていたが、この年のみ本枠で放送された。同年11月21日には『火WSP』で4年ぶりに秋大会の放送が行われた。
  2. ^ 同特番の春の開催は1975年から長らく中断していたが、この年限定で行われた。その後は1983年大会まで再度中断。
  3. ^ TBSの裏番組『クイズダービー』で司会を務めていた大橋巨泉や、当時TBSのアナウンサーだった山本文郎は参加しなかった。また、森山周一郎については主審としての参加であり、チームメンバーとしては参加しなかった。
  4. ^ 男女混合。通常『紅白水泳大会』は『火WSP』で放送だが、この年のみ本枠で放送。なお冬放送の『寒中水泳大会』は、この年も通常通り『火WSP』で放送された。
  5. ^ プロ野球ナイター中継「ヤクルト×巨人」戦の中止によって放送。
  6. ^ 「スペシャル大会」として放送された唯一の女性限定大会。
  7. ^ 参加者は女性のみ。ロケ地は大磯ロングビーチではなく豊島園(後のとしまえん)だった。
  8. ^ 中継が延長されたため、21:00の『土曜劇場 白い巨塔』(田宮二郎主演版)も休止された。なお20:54では一旦中継を中断し、『FNNニュース』を放送した。
  9. ^ 当初は「中日×巨人」(東海テレビ制作)を19:00 - 20:54を放送する予定であったが、同カードが雨天中止になったため、予備カードとして用意されたこのカードを放送した(19:00には『ズバリ!当てましょう』を放送)。

関連項目編集

フジテレビ系列 土曜19:30枠
前番組 番組名 次番組
欽ちゃんのドンとやってみよう! (第2期)
(1977年9月 - 1978年3月)
土曜グランドスペシャル
(1978年4月15日 - 1978年8月26日)
欽ちゃんのドンとやってみよう! (第3期)
(1978年9月 - 1979年3月)
欽ちゃんのドンとやってみよう! (第3期)
(1978年9月 - 1979年3月)
固有枠名無しの単発特別番組枠
(1979年4月7日 - 1979年8月25日)
欽ちゃんのドンとやってみよう! (第4期)
(1979年9月 - 1980年3月)