松井咲子

日本のタレント、ピアニスト、AKB48の元メンバー (1990-)

松井 咲子(まつい さきこ、1990年平成2年〉12月10日 - )は、日本タレントピアニストで、女性アイドルグループ・AKB48の元メンバー。サムデイ所属。埼玉県蕨市出身[2]蕨市立中央東小学校、蕨市立第一中学校[3]東京音楽大学付属高等学校卒業[4][5]東京音楽大学音楽学部音楽学科器楽専攻ピアノ科入学[4]、その後休学・中退を経て[6]桐朋学園芸術短期大学芸術科音楽専攻に入学[7]、2017年3月同校を卒業[8]。夫は元お笑いコンビ・ゾフィー上田航平[9]

まつい さきこ
松井 咲子
東京湾岸警察署にて一日警察署長(2016年4月)
プロフィール
愛称 本文を参照
生年月日 1990年12月10日
現年齢 33歳
出身地 日本の旗 日本埼玉県蕨市
血液型 O型
公称サイズ(2013年10月[1]時点)
身長 / 体重 167.5 cm / kg
活動
ジャンル アイドル
備考AKB48メンバー
(7期研究生→チームK→チームA)
事務所 サムデイ
モデル: テンプレート - カテゴリ

略歴

2008年

2009年

  • 8月23日に日本武道館にて開催された『読売新聞創刊135周年記念コンサート AKB104選抜メンバー組閣祭り』の夜公演において、10月よりチームKメンバーに昇格することが発表され、2010年3月12日にチームKに昇格した。

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

2015年

  • 3月26日に開催された『AKB48春の単独コンサート~ジキソー未だ修行中!~』公演で発表された組閣発表において、チームKに異動することが発表された。
  • 5月29日、チームA「恋愛禁止条例」公演においてAKB48から卒業することを発表した[24]
  • 6月26日、AKB48劇場にて卒業公演を行い、AKB48を卒業した[25]
  • 8月9日、幕張メッセにて開催された「僕たちは戦わない」劇場盤発売記念大握手会をもって、AKB48としての活動を終了した[26]
  • 9月1日、出身地である蕨市のPR大使に任命[3]

2016年

  • 3月9日、埼玉県の魅力を全国に発信する「埼玉応援団」(愛称:「コバトン倶楽部」)に入団[27]
  • 3月31日、HBCラジオほか地方ラジオ局ネットにて冠レギュラー番組『松井咲子 呼吸するクラシック』が放送開始[28]

2017年

2018年

2019年

2020年

  • 1月25日、『芸能界特技王決定戦 TEPPEN』20回目の放送を記念して開催された歴代王者と上位入賞者が競い合う「グランドチャンピオン」大会 のピアノ部門で優勝。同番組での5度目の優勝を飾るとともに、グランドチャンピオンの座についた[32]
  • 9月1日、自身初の公式ファンクラブ「saki community」を開設[33]
  • 12月10日、8年4ヶ月にわたってMCを務めた『読響シンフォニックライブ』(日本テレビ)が放送終了[34]

2021年

2022年

  • 7月21日、2nd写真集『delusion』を発売[37]

2023年

人物

  • 絶対音感を持っており[39]、ピアノ関連のコンクールや大会に多数出場し、入賞歴もある[40]ピティナピアノコンペティションD級(中学生対象部門)本選で優秀賞を受賞したこともある[41]。また、簡単な曲であれば、ピアノに背を向けた状態で演奏することができる。[42]
  • 自他ともに認めるニオイフェチであり、過去に出演した番組では「一流のアイドルになるためにニオイフェチキャラをやめさせる」企画が組まれるほどである[43]
  • 趣味は深夜ラジオ鑑賞の他、お笑いや劇団四季のミュージカルを観劇すること[44]。また親も含め楳図かずおファンであり、自身の名前も漫画「漂流教室」の登場人物である“川田咲子”から取られている[45]
  • ラジオ愛が非常に強く、また自身のMC力の高さも評価されており、AKB48メンバーで唯一、在京AMキー局3局の深夜放送出演(TBSラジオJUNK山里亮太の不毛な議論』、文化放送リッスン? 〜Live 4 Life〜』、ニッポン放送AKB48のオールナイトニッポン』)を制覇している。とくに山里亮太のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』のヘビーリスナーとして知られている[46]Google+にて「『子供たちを責めないで』のコーナーで悪口を言われたい」と発言したことから[47]、一般的に知られるようになり、その後頻繁に番組にゲスト出演している。また、『AKB48のオールナイトニッポン』および『リッスン? 〜Live 4 Life〜』への出演回数も多い。その他、幼少期からのNACK5リスナーであることも明らかにしている[46]
  • 中学校3年間は音楽部に所属しており、3年連続でNHK全国学校音楽コンクールに出場した。2012年には、同コンクール全国大会の司会を務めた[48]。この司会の間、同コンクール小学校の部課題曲「希望のひかり」を作詞した遊佐未森がゲストに招かれたが、遊佐未森の楽曲が好きであることを自身のブログで語っている[49]。また、天才てれびくんミュージックてれびくん)を見ていたという[49]
  • Perfumeアイドリング!!!Every Little Thingのファンで、暇さえあればDVDを視聴している[50]。また、ももいろクローバーZのファンであることを公言し、イベントでコスプレを披露するなどしている[51][52]。アイドリング!!!の菊地亜美とはプライベートでも交流があり[53]フォンチーについては「フォンチー様」と呼ぶほどの大ファン[54]
  • ベッキーを尊敬しており[55]、自身の携帯電話も「ベッキーさん」と名付けている[56]。ちなみにオーディオプレーヤーの名前は「さくらこさん」[57]
  • オフィシャルブログのタイトル「さきっciao」は「さきっちょ」をもじったもの[58]

愛称

  • 2012年春まで公式サイトでは愛称は「さきっぺ」とされていた。そのほか、元3期生の片山陽加仲谷明香からは「咲子氏」、4期生の藤江れいなからは「さっちゃん」と呼ばれている[59]。2012年春、公式サイトでの愛称が「咲子さん」に変更された。2013年12月以降、卒業に至るまでは、公式サイトでの愛称は「さきこ」であった[60]
  • 山里亮太の不毛な議論では「どいねちゃん」の愛称でリスナーに親しまれており[61]、先述の「師匠」と合わせて「どいね師匠」とも呼ばれている。

AKB48

  • 研究生・チームKメンバー時代は特にキャッチフレーズを設けていなかったが、チームAメンバーになってから「あなたのドレミを奏でたい」というキャッチフレーズを使用していた。また、ラジオ出演時には「あなたのお耳の恋人」というキャッチフレーズを使用していた[62]
  • 同期の鈴木まりやと仲が良く、二人の出身地である埼玉県の愛称「彩の国」に由来する「彩ニング☆ガールズ」を名乗っていた[63]
  • AKB48に加入したきっかけは、元々AKB48が好きで見ている側で良いと思っていたが、親が勝手にオーディションに応募したからである[64]

AKB48在籍時の参加楽曲

シングル選抜楽曲

アルバムCD選抜楽曲

  • 神曲たち」に収録
    • 君と虹と太陽と
  • ここにいたこと」に収録
    • 僕にできること - 「チームK」名義
    • ここにいたこと - 「AKB48+SKE48+SDN48+NMB48」名義
  • 1830m」に収録
    • 家出の夜 - 「チームK」名義
    • 青空よ 寂しくないか? - 「AKB48+SKE48+NMB48+HKT48」名義
  • 次の足跡」に収録
    • 確信がもてるもの - 「Team A」名義
  • ここがロドスだ、ここで跳べ!」に収録
    • Oh! Baby! - 「高橋Team A」名義

劇場公演ユニット曲

チームA 5th Stage「恋愛禁止条例」(劇場初出演)

  • ハート型ウイルス
    川崎希卒業後は、川崎のアンダーとして出演(2009年3月1日 - )
  • スコールの間に(バックダンサー)

チームK 4th Stage「最終ベルが鳴る」

  • ごめんね ジュエル(バックダンサー)

チームB 4th Stage「アイドルの夜明け」

  • 片思いの対角線(バックダンサー)
  • 愛しきナターシャ
    田名部生来のアンダー

チームK 5th Stage「逆上がり」

  • 愛の色
    大堀恵のアンダー
  • わがままな流れ星(バックダンサー)

研究生「アイドルの夜明け」公演

  • 愛しきナターシャ

THEATRE G-ROSSO 「夢を死なせるわけにいかない」公演

チームK 6th Stage「RESET」

  • 明日のためにキスを

篠田チームA ウェイティング公演

横山チームA ウェイティング公演

高橋チームA「恋愛禁止条例」公演

  • 真夏のクリスマスローズ
    入山杏奈休演時は入山ポジションで出演(田北香世子が松井のユニットアンダー)
  • ハート型ウイルス
    宮脇咲良のアンダー

作品

アルバム

リリース日 タイトル 最高週間順位 販売形態 商品コード 備考
ポニーキャニオン
1 2012年10月3日 呼吸するピアノ 10位 CD+DVD
CD
PCCA-03680
PCCA-03681
2012 Billboard Japan 年間TOP CLASSICAL ALBUMS第1位

参加作品

リリース日 アーティスト名 タイトル 収録曲
2018年12月12日 Ange☆Reve イトシラブ カップリング曲:Angel Sign(ピアノ演奏)[65]

タイアップ

楽曲 タイアップ 収録作品 備考
心の譜面 CM:日清食品カップヌードル』「REAL」各篇 1stアルバム『呼吸するピアノ』
W.A.モーツァルト
ピアノソナタ第18番K.576ニ長調第1楽章
CM:江崎グリコアイスの実』「AKB48殺人事件」各篇 [66]

出演

テレビドラマ

バラエティ

テレビアニメ

その他のテレビ番組

ラジオ

映画

舞台

  • ザ・デッド・エンド(2011年10月26日 - 28日、銀座博品館劇場)- 月村美香 役
  • たやのりょう一座 冒険活劇 怪盗☆ドラゴンカンパニーvol.2「グレイン島のレジスタンスと禁断の果実」(2022年1月19日 - 23日、CBGKシブゲキ!!)※劇中ピアノ音楽の演奏を担当[77]

広報

ネット配信

  • AKB48 松井咲子殺人事件(2011年8月1日配信、東芝 REGZA × Get Navi) - 主演
  • AKB48 松井咲子ソロ・デビュー記念ニコ生特番(2012年10月6日、ニコニコ生放送[79]
  • 咲良咲子のふたりぼっちラジオ(2014年5月26日 - 9月22日、AmebaStudio
  • 咲良咲子の気まぐれ放送局~ラジオ風味を添えて~(2014年10月21日 - 2015年6月14日、AmebaStudio)
  • 土曜の夜は生にゅっと。(2015年8月15日 - 9月26日、ニコニコ生放送
  • 西浦秀樹のめざせ紅白!(2016年2月 - 、ニコニコ生放送・FRESH!) - 不定期出演
  • 松井咲子の爆笑クレッシェンド(2016年4月6日 - 、WALLOP放送局) - マエストロ(MC)
  • つかめ!夢のキャンパスライフ リア充バスターズ(2016年10月4日 - 12月26日、AbemaTV) - アシスタントMC[80]
  • マヨバカ学園(2023年5月2日 - 、マシェバラ) - MC[81]

PV

コンサート

イベント

書籍

写真集

  • 松井咲子1st写真集 咲子(2021年1月18日、KADOKAWA、撮影:田中智久)[35]ISBN 978-4-04-605096-0
  • 松井咲子2nd写真集 delusion(2022年7月21日、KADOKAWA、撮影:田中智久)ISBN 978-4-04- 605501-9

共著

  • 学校では教えてくれない 人生を変える音楽 (14歳の世渡り術)(2013年5月24日、河出書房新社)

雑誌・新聞連載

  • 月刊Piano(2011年10月号 - 2014年10月号、ヤマハミュージックメディア) - 「咲子のおと☆」→「咲子のおと★〜my new life〜」(2012年1月号より改題)→「勝手にチームP 〜ピアノ困りごとQ&A〜」(2014年5月号より改題)
  • マネーポスト(2013年夏号 - 2014年春号、小学館) - 「AKB48松井咲子の日本株LESSON」→「松井咲子のFXバイエル」(2015年春号-)

カレンダー

  • 松井咲子 2012年カレンダー(2011年11月19日、ハゴロモ)
  • 卓上 松井咲子 2013年カレンダー(2012年12月7日、ハゴロモ)
  • 卓上 松井咲子 2014年カレンダー(2013年12月6日、ハゴロモ)
  • 卓上 松井咲子 2015年カレンダー(2014年12月13日、ハゴロモ)
  • 松井咲子カレンダーブック2021(2020年12月10日、ABコンサルティング)[103]

脚注

注釈

  1. ^ 2013年4月30日までは「PigooHD」。
  2. ^ 2015年3月28日放送分までの番組名は『docomo presents 見たい! 行きたい! 話したい!!』であった。
  3. ^ 松井咲子 呼吸するクラシック (公式アカウント)
  4. ^ SOMEDAY「松井咲子」 出演情報【ラジオ】(ネット局の放送日時)

出典

  1. ^ 松井 咲子|::SOMEDAY:: - 所属事務所サムデイによる旧プロフィール(2013年10月23日時点のアーカイブ
  2. ^ 蕨市公式ホームページ、『広報蕨』平成27年 1月号、特集1 : 新春座談会閲覧。
  3. ^ a b 蕨市PR大使に松井咲子さん(元AKB48)が就任!蕨市HP、2015年9月1日
  4. ^ a b タワーレコードオンライン、アーティスト詳細プロフィール 2015年3月6日閲覧。
  5. ^ 【オリコン】AKB松井咲子、ピアニスト初の快挙! デビュー作が初登場10位オリコンスタイル(2012年10月9日) 2015年3月6日閲覧。
  6. ^ みなさんへ。ご報告。 - 本人オフィシャルブログ(2015年4月1日)
  7. ^ SMAP中居、問題は歌唱力 元AKB松井咲子が通う芸術大から入学拒否?オリコンスタイル(2016年7月7日) 2016年7月27日閲覧。
  8. ^ a b 2017年3月17日のツイート
  9. ^ a b “元ゾフィー上田航平&元AKB48松井咲子、結婚を正式発表「最も美しいハーモニーを奏でるパートナーだと確信」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2023年12月5日). https://www.oricon.co.jp/news/2305287/full/ 2023年12月5日閲覧。 
  10. ^ 「AKB48 22ndシングル選抜総選挙結果」 - AKB48公式ブログ(2011年6月10日)
  11. ^ 舞台「ザ・デッド・エンド」公演詳細情報 - 株式会社 アポロ5(2011年10月13日)
  12. ^ 本文最後に大切なお知らせがあります。 - 本人オフィシャルブログ(2011年10月4日)
  13. ^ 【エンタがビタミン♪】AKBメンバー初の快挙! 音大生松井咲子が“TEPPEN”ピアノ部門で優勝! - Techinsight(2012年1月9日)
  14. ^ [1]秋元康自ら「ぐぐたす選抜」発表 - webR25(2012年3月9日)
  15. ^ AKB48 27thシングル選抜総選挙 開票結果 - AKB48 Official Blog 〜1830mから~ Powered by Ameba 2012年6月6日
  16. ^ 組閣後新体制 - AKB48 Official Blog 〜1830mから~ Powered by Ameba 2012年8月24日
  17. ^ “AKB48松井咲子がピアノインストアルバムでソロデビュー”. 最新音楽ニュース ナタリー (ナターシャ). (2012年8月16日). https://natalie.mu/music/news/74802 2012年8月19日閲覧。 
  18. ^ 情報解禁だよ! - 本人オフィシャルブログ(2012年9月1日)
  19. ^ “AKBたかみな総監督、チームA初日に「100点」 新キャプテン篠田も達成感”. ORICON STYLE (オリコン). (2012年11月3日). https://www.oricon.co.jp/news/2018373/full/ 2012年12月10日閲覧。 
  20. ^ AKB48 32ndシングル選抜総選挙 開票結果 - AKB48 Official Blog 〜1830mから~ Powered by Ameba(2013年6月8日)
  21. ^ AKB48松井咲子が王者返り咲き、ピアノでTEPPEN制する - MusicVoice(2014年1月5日)
  22. ^ 松井咲子>出演情報 - SOMEDAY 2014年11月14日閲覧。
  23. ^ メンバー発表 - AKB48曲作りプロジェクトHP
  24. ^ 松井咲子がAKB卒業「夢に向かってがんばります」 日刊スポーツ、2015年5月29日
  25. ^ 6月26日(金)の公演メンバーのお知らせ AKB48 Official Blog 〜1830mから~ Powered by Ameba、2015年6月21日
  26. ^ 松井咲子の卒業について AKB48 Official Blog 〜1830mから~ Powered by Ameba、2015年6月16日
  27. ^ 埼玉応援団(コバトン倶楽部)に入団!!」 - 埼玉県 県政ニュース(2016年3月7日)
  28. ^ 「お知らせ!」 - 本人オフィシャルブログ(2016年3月16日)
  29. ^ AKB48松井咲子が王者返り咲き、ピアノでTEPPEN制する - MusicVoice(2017年1月14日)
  30. ^ 「気になる子さ〜〜ん」 - 本人オフィシャルブログ(2018年3月14日)
  31. ^ 「大感謝」 - 本人オフィシャルブログ(2019年8月10日)
  32. ^ 元AKB・松井咲子『TEPPEN』グランドチャンピオンに反響続々”. RBB TODAY. 2020年1月31日閲覧。
  33. ^ 「saki community」 - 松井咲子のファンコミュニティ
  34. ^ yomikyo_SLのツイート(1335130489196216323)
  35. ^ a b “元AKB48で、ピアニストの松井咲子、「妄想たっぷりな」初写真集”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2020年12月10日). https://hochi.news/articles/20201209-OHT1T50315.html 2020年12月10日閲覧。 
  36. ^ “松井咲子、ポニテ×ハイヒールで魅せる美脚に釘付け!「写真集発売たのしみ!」”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2021年1月13日). https://web.archive.org/web/20210115141333/https://mdpr.jp/news/2391493 2023年5月4日閲覧。 
  37. ^ 松井咲子、大人の妄想を詰め込んだ2nd写真集「温泉のシーンは驚いてもらえる」”. ENTAME next. 徳間書店. 2022年8月10日閲覧。
  38. ^ “元「ゾフィー」上田航平が赤裸々トーク 愛の告白は松井咲子から「いつか付き合えませんか?」”. スポーツニッポン (Sponichi Annex). (2024年2月6日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2024/02/06/kiji/20240206s00041000501000c.html 2024年2月6日閲覧。 
  39. ^ “AKB松井咲子 大島優子の助言に感謝”. デイリースポーツ online (デイリースポーツ). (2014年2月5日). https://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2014/02/05/0006687427.shtml 2014年2月5日閲覧。 
  40. ^ “AKB48 松井咲子ピアニストデビュー「先輩の松下奈緒さんのように」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2012年8月16日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/08/16/kiji/K20120816003914470.html 2015年5月23日閲覧。 
  41. ^ “AKB松井咲子、現役音大生が得意のピアノでソロデビュー!”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2012年8月16日). https://web.archive.org/web/20120816020032/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20120815-OHT1T00242.htm 2012年8月19日閲覧。 
  42. ^ “【動画】AKB松井咲子が“ピアノ背面弾き”披露”. ORICON NEWS (oricon ME). https://www.oricon.co.jp/news/2033743/full/ 2020年1月31日閲覧。 
  43. ^ 松井咲子(AKB48)(2012.10.16 放送) - 東海テレビHP 芸能人更生バラエティバナナ塾
  44. ^ AKB48・松井咲子さんの趣味の世界を充実させるアプリ=後編= - R25スマホ情報局
  45. ^ https://twitter.com/skc1210/status/786134536849461248
  46. ^ a b 新お笑いラジオの時間(綜合図書 2015年4月)p.82 - 91 松井咲子インタビュー
  47. ^ “松井咲子”. google+. (2011年11月22日). https://plus.google.com/111700319553120354024/posts/BWfSqWYRqNf#111700319553120354024/posts/BWfSqWYRqNf 2013年1月3日閲覧。 
  48. ^ AKB48の松井咲子、「第79回 NHK全国学校音楽コンクール」司会に抜擢”. BARKS. グローバル・プラス (2012年9月22日). 2013年10月21日閲覧。
  49. ^ a b 本人オフィシャルブログ (2012年10月8日). “きもちひとつに。”. 2013年12月30日閲覧。
  50. ^ 「秘密のままの秘密兵器」 - 本人オフィシャルブログ(2011年11月27日)
  51. ^ 【エンタがビタミン♪】AKB48松井咲子の“ももクロ愛”を芸人が絶賛。「ライバルを褒める、まるで上杉謙信」 - Techinsight(2013年10月18日)
  52. ^ さよクロZの裏側。@大阪 - 本人オフィシャルブログ(2013年10月7日)
  53. ^ 「Happy→Go→Lucky!」 - 本人オフィシャルブログ(2011年8月17日)
  54. ^ 「夢のコラボと言わせてください。」 - 本人オフィシャルブログ(2011年11月29日)
  55. ^ 7期生研究生からチームK、そしてチームAへ昇格したAKB48松井咲子”. Yomerumo (2014年2月10日). 2015年5月23日閲覧。
  56. ^ 給食のオレンジの皮を口に入れて笑顔と共に見せるおちゃめな男子”. オフィシャルブログ さきっciao (2011年6月14日). 2015年5月23日閲覧。
  57. ^ 「1週年」ではなく「1周週」でしたことを深くお詫びry”. オフィシャルブログ さきっciao (2011年5月17日). 2015年5月23日閲覧。
  58. ^ はじめまして★ - 本人オフィシャルブログ(2011年5月9日)
  59. ^ さっちゃん - 藤江れいなオフィシャルブログ(2015年6月27日)
  60. ^ AKB48公式サイト|メンバー情報|松井 咲子”. 2014年12月20日閲覧。
  61. ^ お帰りなさい、咲子師匠 - 山里亮太の不毛な議論(2015年7月1日)
  62. ^ さいたまん。 - 本人オフィシャルブログ(2014年9月5日)
  63. ^ ちびっこからのロケット鉛筆の人気は異常 - 本人オフィシャルブログ(2011年6月4日)
  64. ^ インタビュー「松井咲子」 - Deview(oricon ME)
  65. ^ “元AKB48松井咲子、Ange☆Reveの楽曲に初ピアニストでレコーディング参加”. OKMUSIC. (2018年11月17日). https://okmusic.jp/news/305692 2019年1月6日閲覧。 
  66. ^ AKB48 : CM撮影中に殺人事件? CMとマンガ連動の大型プロジェクト始動(毎日新聞デジタル、2012年6月19日)2012年6月20日閲覧。
  67. ^ “松井咲子:今夜「TEPPEN」で前回王者・ハラミちゃんとピアノ対決 HKT森保、ゆりやんも参戦”. MANTANWEB(まんたんウェブ) (MANTAN). (2021年1月30日). https://mantan-web.jp/article/20210130dog00m200014000c.html 2023年5月4日閲覧。 
  68. ^ 松井咲子VS五条院凌のピアノ団体戦!7 MEN 侍・佐々木大光、菅生新樹らが新競技ドラム対決に参戦『TEPPEN2023 冬』”. TV LIFE WEB. ワン・パブリッシング (2023年2月3日). 2023年5月4日閲覧。
  69. ^ 「SNSポリス」に南海キャンディーズ・山里亮太が主演 SNS犯罪のエキスパート・警部役に”. アニメハック (2018年3月8日). 2018年3月11日閲覧。
  70. ^ "「SNSポリス」SNS取り締まる警部役は山里亮太! 4月より30分アニメとして放送". ナタリー. ナターシャ. 6 March 2018. 2022年11月1日閲覧
  71. ^ ““現役音大生”AKB松井咲子、『心プラ』で読響とコラボ”. ORICON NEWS (oricon ME). (2015年2月17日). https://www.oricon.co.jp/news/2048701/full/ 20230504閲覧。 
  72. ^ “松井咲子「Nコン」の司会に抜擢&YUIもゲスト参加”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2012年9月24日). https://natalie.mu/music/news/77076 2023年5月4日閲覧。 
  73. ^ “AKB48・松井咲子がアイドル情報番組のMCに! 「わたしKSDDなので…」”. GirlsNews (レゾリューション). (2013年3月28日). https://girlsnews.tv/notice/79702 2023年5月4日閲覧。 
  74. ^ 初のラジオ冠番組「松井咲子 呼吸するクラシック」が3月31日からスタートSOMEDAY ホームページ、2016年3月17日付、2016年3月31日閲覧
  75. ^ “現役音大生のAKB48松井咲子が映画初ヒロイン!山田悠介「ビンゴ」映画化!”. シネマトゥデイ. (2012年7月14日). https://www.cinematoday.jp/news/N0044062 2012年7月14日閲覧。 
  76. ^ INTRO&STORY - 映画『ビンゴ』公式ホームページ
  77. ^ “たやのりょう一座、冒険活劇の第2弾『グレイン島のレジスタンスと禁断の果実』を上演 内木志、天木じゅんら出演”. SPICE (イープラス). (2021年12月28日). https://spice.eplus.jp/articles/297100 2022年5月21日閲覧。 
  78. ^ “元AKB・松井咲子さんにPR大使委嘱 犯罪被害者支援で埼玉県警”. 産経ニュース (産経新聞社). (2020年12月18日). https://www.sankei.com/article/20201218-FU45D37N5VPTFGZ6LR4UKFOTFE/ 2023年5月4日閲覧。 
  79. ^ “松井咲子、ピアノソロデビュー記念にニコ生で特番配信”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2012年10月4日). https://natalie.mu/music/news/77734 2023年5月4日閲覧。 
  80. ^ つかめ!夢のキャンパスライフ リア充バスターズ♯11”. AbemaTV. 2024年2月1日閲覧。
  81. ^ マヨバカ学園が新MCに元AKB48『松井咲子』を迎えリニューアル!”. マシェバラ (2023年5月2日). 2024年1月29日閲覧。
  82. ^ “AKB48松井咲子、憧れアーティストのPVに初出演”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2010年11月24日). https://natalie.mu/music/news/41027 2023年5月4日閲覧。 
  83. ^ 「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン『熱狂の日』音楽祭2015」エリアコンサート - Marunouchi.com イベント情報
  84. ^ “ボカロ、シネマ、アニメの楽曲がヴァイオリニスト石川綾子によってクラシックに ゲストにMay J.、松井咲子、+α/あるふぁきゅん。も”. SPICE (イープラス). (2018年5月12日). https://spice.eplus.jp/articles/187897 2022年12月27日閲覧。 
  85. ^ みんなでベートーヴェン!Beethoven Jubilee!ベートーヴェン生誕250年をみんなでお祝いしましょう!!12月28日から有料配信スタート!』(プレスリリース)キョードーメディアス、2020年12月22日https://www.atpress.ne.jp/news/2411422023年2月17日閲覧 
  86. ^ "【開催レポート】Animenzさん、松井咲子さん登壇!「北九州アニメソングピアノライブ 2021」記者会見を開催 北橋市長「世界の人と心をつなぐ事業にしたい」と意気込み" (Press release). 合同会社DMM.com. 26 October 2021. 2023年5月4日閲覧
  87. ^ “元AKB・岩佐美咲&松井咲子が初ジョイントライブ開催 AKB時代の楽曲など13曲で200人魅了”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2022年7月3日). https://www.sanspo.com/article/20220703-EBXVKD5M7BJSPNB3FBJTOXHO2Y/ 2022年7月3日閲覧。 
  88. ^ “岩佐美咲、松井咲子とジョイントライブ「相乗効果で、自分にはない雰囲気も出せた」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年7月3日). https://www.oricon.co.jp/news/2240850/full/ 2022年7月3日閲覧。 
  89. ^ “三越劇場が3年ぶりに再開 オーケストラによる『三越劇場“PREMIUM CONCERT” vol.19&20 〜イタリア映画音楽の魅力〜』開催へ”. SPICE (イープラス). (2022年4月3日). https://spice.eplus.jp/articles/301071 2022年12月27日閲覧。 
  90. ^ “元AKB48松井咲子 7月1日15周年 自分が全曲作曲ライブ”. 東スポWEB (東京スポーツ新聞社). (2023年6月12日). https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/266196 2023年7月1日閲覧。 
  91. ^ “岩佐美咲が仲良しの松井咲子とライブハウスツアー最終公演「人妻とただならぬ仲です」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2023年12月24日). https://www.sanspo.com/article/20231224-LVG3K7UGLRMM7CWVBV32IIMLCI/ 2023年12月29日閲覧。 
  92. ^ AKB・松井咲子が一日署長「身が引き締まる」 - スポーツ報知(報知新聞社) 2012年4月2日
  93. ^ 松井咲子、緊張のソロデビューイベントにファン800人 - 音楽ナタリー(ナターシャ) 2012年10月3日
  94. ^ ぽにきゃん!アイドル倶楽部 感謝祭『アイドル総勢55人が一堂に会したイベントに潜入!』 - オリコンスタイル(2013年9月13日) 2016年7月27日閲覧。
  95. ^ アイドリング!!!、ウェザーガールズ、さんみゅ~、Juice=Juice、bump.y、ベイビーレイズ! アイドルグループ6組が「ぽにきゃん!アイドル倶楽部 感謝祭」に大集合!! - GirlsNews(2013年9月13日) 2016年7月27日閲覧。
  96. ^ アイドリング!!!、ベビレら集合!ラストでおニャン子カバー - 音楽ナタリー(2014年5月12日)、ポニキャン所属アイドルが感謝祭 - デイリースポーツ(2014年5月11日)
  97. ^ 松井咲子(AKB48)など☆2/1~3/28は赤坂Bizタワーへ! - 日本クラシックソムリエ協会(2015年1月23日)
  98. ^ 【詳細】松井咲子生誕祭 - カオポイント石橋の“重力シンパシー” (2015年11月30日)
  99. ^ やったあー! - 本人オフィシャルブログ(2015年11月29日)
  100. ^ 【始球式名場面】高々と足を掲げる大胆フォーム 元AKB松井咲子さんの一球”. Full Count. Creative2 (2020-07-). 2023年5月4日閲覧。
  101. ^ “「やついフェス」第6弾で吉澤嘉代子、アイルネ、松井咲子、音楽ガハハ3人トークも”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年5月31日). https://natalie.mu/music/news/234876 2023年5月4日閲覧。 
  102. ^ Riki-Tanaka (2022年3月10日). “竹芝で音楽祭 アンバサダーに元AKB48の松井咲子さん「TAKESHIBA PORT MUSIC FESTIVAL」”. EVENT MARKETING. MICE研究所. 2022年5月21日閲覧。
  103. ^ 松井咲子(元AKB48)、初のソロカレンダーブック(30thメモリアル版)がいよいよ発売。本人からの《緊急SPメッセージ》!』(プレスリリース)ABコンサルティング株式会社、2020年11月30日https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000055415.html2020年12月16日閲覧 

外部リンク