激論!どっちマニア

激論!どっちマニア』(げきろん どっちマニア)は、テレビ朝日2012年10月7日(6日深夜)から2013年3月31日(30日深夜)まで0:45 - 1:15(JST)に放送されていた討論番組バラエティ番組である。

激論!どっちマニア
HITORI×TSUCHIDA
ジャンル 討論番組/バラエティ番組
放送時間 毎週日曜0:45 - 1:15(毎週土曜深夜)(30分)
放送期間 2012年10月7日 - 2013年3月31日
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
出演者 劇団ひとり
土田晃之
久冨慶子
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

目次

概要編集

ライバル関係にあるマニア同士がより魅力的なのはどちらなのか激論を交わし、最終的に番組の判断として、劇団ひとりと土田晃之が独断と偏見で判定する。

2013年4月6日からは『あっちマニア』にリニューアル。出演者は続投[1]

出演者編集

放送リスト編集

ネット局と放送時間編集

放送地域 放送局 系列 放送日時 放送開始日 遅れ
関東広域圏 テレビ朝日(EX) テレビ朝日系列 日曜0:45 - 1:15(土曜深夜) 2012年10月7日 制作局
青森県 青森朝日放送(ABA) 火曜0:50 - 1:20(月曜深夜) 2012年10月16日 9日遅れ
福島県 福島放送(KFB) 水曜0:50 - 1:20(水曜深夜) 2012年10月18日 11日遅れ
山口県 山口朝日放送(yab) 月曜1:10 - 1:40(日曜深夜) 2012年10月29日 15日遅れ
日本全域 テレ朝チャンネル
テレ朝チャンネルHD
CS放送 日曜 22:00 - 22:30 2012年12月2日 約2か月遅れ
(再放送・字幕放送あり)
石川県 北陸朝日放送(HAB) テレビ朝日系列 月曜1:40 - 2:10(日曜深夜) 2013年1月21日 106日遅れ
近畿広域圏 朝日放送(ABC) 月曜2:28 - 3:03(日曜深夜)[4] 2013年2月4日 57日遅れ[5]
福岡県 九州朝日放送(KBC) 木曜1:45 - 2:15(水曜深夜) 2013年5月2日 約6か月遅れ[6]
  • 単発・不定期放送の局もある。
  • 一部地域を除き、2013年1月3日 23:20 - 翌0:50に新春スペシャルを放送。レギュラー放送終了後の2013年4月13日 16:25 - 17:25にもスペシャルを放送。

スタッフ編集

  • ナレーター:服部伴蔵門
  • 構成:石原健次、大平尚志、長谷川大雲、藤本昌平
  • TM:大島秀一
  • TD・SW:錦戸浩司
  • カメラ:栗林克夫
  • 音声:加藤翠
  • VE:木村朋宏
  • 照明:佐藤清隆
  • ロケ技術:テーク・ワン
  • 美術:井磧伸介
  • デザイン:加藤由紀子
  • 美術進行:吉居真夏(テレビ朝日クリエイト
  • 大道具:中沢誠
  • メイク:川口カツラ店
  • CGデザイン:形部まり子
  • 編集:加藤正朗、神宮寺暁
  • MA:梶山恭一、斉藤亮
  • 音効:岩谷知朗
  • TK:丸山和子
  • リサーチ:志田顕悟(スコープ
  • デスク:星野敬子
  • 宣伝:望野智美
  • 編成:森大貴
  • ディレクター:持田順也、嘉数真二郎、馬場良仁
  • AP:須貝マミ
  • プロデューサー:藤井裕久、小坂真由美、乾弘明
  • ゼネラルプロデューサー・演出:保坂広司
  • 製作著作:テレビ朝日

以前のスタッフ編集

  • 大道具:梅澤宏
  • 編成:二階堂義明、池田佐和子

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 文化通信.com (2013年3月8日). “深夜番組と言えばテレビ朝日が定着―4月注目の新番組は”. 2013年3月31日閲覧。
  2. ^ 関東芸人マニアが劣勢だと判断したひとりも参加。
  3. ^ ひとりが関東芸人マニアに参加したため、判定は土田と指原莉乃が行った。
  4. ^ ニチバラ!枠第2部。番組表上は『タモリ倶楽部』とセットになっている。
  5. ^ レギュラー放送開始以前も不定期に放送されていた(2012年11月10日に第1回、同年12月27日に第5回・第6回を放送)。レギュラー放送は第2回から放送(第7回・第11回・第14回から第17回まで・第19回から第21回まで・第24回は未放送)。
  6. ^ 第5回から放送。

外部リンク編集

テレビ朝日 日曜0:45 - 1:15(土曜深夜)枠
前番組 番組名 次番組
激論!どっちマニア